FC2ブログ

Entries

「マリメッコ」のファブリックを・・。

2011年7月21日(木)

今年の5月にフィンランドのヘルシンキに1人旅をして来た私ですが(こちら)・・・。

その時に「マリメッコ」にも行って来ました(こちら)。

「マリメッコ」は、フィンランド発祥の 世界的にも有名な 1951年創業のブランドです。
大きな花柄「ウニッコ柄」(こちら)で有名ですが、それ以外にも、かなりのデザインがあり、毎年新作が発表されています。
ファブリック(布)、洋服(スカート、シャツ、スーツ、コート等々)、日用雑貨(食器、タオル、ベッド・クッションカバー等々)、バッグ、子供用品(子供服以外に、哺乳瓶、よだれ掛け、おもちゃもありました)など、生活全般の商品を扱っています。

ヘルシンキ市内には、ヘルシンキ中心地から、地下鉄(メトロ)で約15分、「HERTTONIEMI(ヘルットニエミ)」に、「マリメッコ」の工場&アウトレットもあります。
そこでアウトレットのファブリックを買って来ました。

日本で「マリメッコ」のファブリックを買うと、「ウニッコ柄」の場合、HP記載価格(こちら)で、1m:5,250円なんですよ
日本国内の「店舗」でもその程度だと思います。。
1m:5,250円なんて、ありえない位の価格ですが、フィンランドで売っている正規品価格は、大体、その1/2位です。
そして、このアウトレットで売っている「量り売り」の場合は、1kgで17ユーロ(旅行時レートで約1,972円)と破格のお値段でした。
アウトレットとは言え、見た目、どこがダメなのか、分からないのもかなり多かったですねぇ。

アウトレットなので、こんな風に贅沢な量をインテリアにしてみました

こちら部屋の中。
IMG_5133.jpg

廊下。
IMG_5137.jpg

トイレ。
IMG_5737_20110716125947.jpg

これも「マリメッコ」です。
IMG_5733_20110716125946.jpg

こんな風に、端っこにロゴが入っています。
IMG_5735.jpg

「マイヤ・イソラ」って書いてありますが、彼女は、「マリメッコ」のテキスタイルデザイナーで、10年前に亡くなりましたが、一番有名な花柄の「ウニッコ柄」を作り出した方です(こちら)。
この黒ラインのデザイン「JOONAS/ヨーナス」(こちら)も、彼女のデザインです。
IMG_5734_20110716125946.jpg


部屋が「フィンランド」になってます


スポンサーサイト



フィンランドの「ムーミングミ」

2010年10月13日(水)

今年の5月にフィンランドのヘルシンキに1人旅をして来た私ですが(こちら)、こんなお土産を買って来ました。

こんな箱に入っています。
大きさ的には、4CM四方位です。
IMG_1836.jpg

こちら裏。
両面を見ても、何が書いてあるか、全く分かりません・・
IMG_1839_20101002115208.jpg

何が入っているかと言うと・・。
このような直径1センチ強の大きさのフルーツ味のグミが入っています。
IMG_1845.jpg

これは、フィンランドで超有名なチョコメーカー「Fazer(ファツェル)」(こちら)の商品です、フィンランドが世界に誇るアイドル「ムーミン」ですし、また、「キシリトール」も配合されているので、「フィンランド感」満載な感じです

味はですね、日本のグミよりも若干歯ごたえがあって、「キシリトール」の効果なのか、すっきりした後味で、普通に美味しかったです

コンパクトで 可愛らしい割にお値段もお手軽だったので、たくさん買って来て、周りにお土産として差し上げたのですが、きっと気に入っていただけたと思います



フィンランドの「サルミアッキ」

2010年9月10日(金)

今年の5月にフィンランドのヘルシンキに1人旅をして来た私ですが(こちら)、その際、「フィンランドと言えば・・」と言う食べ物を買って来ました

こちらなんですが、「サルミアッキ」(こちら)ってご存知ですか・・
IMG_2599.jpg

中身はこちらです。
直径1センチ強の丸い物体です。
IMG_2601.jpg

真っ黒で、かなりグロテスクな見た目ですが、これは、フィンランドで人気のお菓子で、塩化アンモニウムとリコリス(甘草の一種)で作られています。
フィンランド以外では、北欧の他の国でも食べられているそうで、また、同様のものとして、オランダの「ドロップ (drop) 」もあります。
余談ですが、日本の飴「ドロップ」の語源は、このオランダの「ドロップ」だそうですが、味は全く違います。

そんな 北欧・オランダでは絶大な人気を誇っていて、スーパーでは必ず見かける このお菓子ですが、「世界一まずい飴」と言われる位にまずいです
私、以前にお土産でいただいた事があって、外装のこの素敵な北欧デザインに「まぁ、素敵」と思いながら口に入れてみて、ビックリしました
吐き出しましたねぇ

ですが、「フィンランドと言えば『サルミアッキ』」と言う事で、今回、お土産として買って来ました。
1箱あげても絶対に完食出来ないので、1個ずつあげましたが、みんなのリアクションは、ほぼ同じですねぇ。
私が最初に食べた時と同じです
ほとんど、「嫌がらせ」か拷問ですが・・

で・・。
私、ガイドブックで、「スティックタイプのサルミアッキ」とやらを見かけてて、それも買って来ました。
IMG_1643.jpg

ほら・・。
これ、フィンランドが世界に誇るアイドル「ムーミン」仕様で、実にカワイイじゃないですかぁ
こちらは、リトルミイ(こちら)ですが、パッケージは色んなものがあって、他にもたくさんのムーミンのキャラクターが居ましたよ。

ですがね・・。
「スティックタイプ」にした所で、「サルミアッキ」に変わりないんであれば、みんなに受け入れられないんで、まずは1つ買ってみて、私が食べてみました

粒状の「サルミアッキ」は黒くて固いんですが、この「スティックタイプ」は柔らかくて、ゴム管やケーブルのようにも見えたりするんですが、中にこんなペーストのような甘めのものが入っていました。
IMG_1646.jpg

味はですね・・。
意外とイケる・・・

粒状の「サルミアッキ」は、ホントにマズいんですが、これは、クセはありますが、粒状の「サルミアッキ」に比べたら、全然大丈夫

・・と言う事で、この「スティックタイプ」を大量購入して、お土産にしました
しかも、私も大好きな フィンランドで超有名なチョコメーカー「Fazer(ファツェル)」(こちら)の商品ですし、ムーミンですし、「フィンランド感」満載ですよ

友達にお土産を渡す際、とりあえず「サルミアッキとは何か」と言うのを説明し、あと、ホントの「サルミアッキ」のマズさを体感して貰う為に 粒状の「サルミアッキ」も食べてもらい、「これよりは全然美味しいから」と説明し・・・。
ま、数日後、「あのスティックタイプもマズいけど」って言うリアクションがほとんどでしたけどね


なかなか食べる機会の無い フィンランドのお菓子を みなさんに食べてもらう事が出来て、とても良かったです
ちなみに、「サルミアッキ」だけだど、「フィンランドのお菓子はマズい」ってインプットされちゃうので、他にも普通のお菓子も一緒に渡していますので、ご安心を・・・


フィンランドの「Fazer」のチョコ

2010年8月26日(木)

今年の5月にフィンランドのヘルシンキに1人旅をして来た私ですが(こちら)、その際、フィンランドで超有名なチョコメーカー「Fazer(ファツェル)」(こちら)のチョコをたくさん買って来ました
私、「Fazer」のチョコが結構好きなんで・・。
IMG_2358.jpg

チョコって、結構、重量感があるので、こんだけ買ったら、結構重かったですねぇ・・
帰国して、お土産で分けたり、また、自分用でも 色々と大切に食べました
その辺をアップしたいと思います。

ちなみに・・。
ヘルシンキでは、「Fazerカフェ」にも行きましたよ(こちら)。


こちら箱入りタイプです。
IMG_0719.jpg

こんな風に個装されていて、私が最初に「Fazer」と出会ったのも、このチョコでした。
IMG_0730.jpg

何も入ってないんですが、これ、結構美味しいです
IMG_0733.jpg

こちらの板チョコは、結構大きいです。
A4サイズの半分位はあって、ズッシリとした重みのあるチョコです。
IMG_0721.jpg

IMG_0819.jpg

IMG_0821.jpg

こちらは、マカダミアナッツ入りです。
IMG_0723.jpg

こちら、以前にもアップしていますが(こちら)、何故か「GEISHA(ゲイシャ)」。
その際、この箱入りバージョンをアップしましたが、パッケージに芸者の絵が描いてあり、チョコの形が「扇」でした・・・。
↓こちらも、マカダミアナッツ入りです。
IMG_0725.jpg


やっぱ美味しいなぁ・・
・・でも・・、あと、「GEISHA」が1つ残るだけになってしまいました・・・。





フィンランド滞在記【35】まとめ〔2〕

2010年7月5日(月)

昨日(こちら)締めくくりましたが、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記、今日は、この旅でアップしたブログの記事をまとめたいと思います

空港・飛行機編
ではでは・・。⇒ こちら
関西空港にて・・。 ⇒ こちら
飛行機編(行き) ⇒ こちら
飛行機編(帰り) ⇒ こちら
帰国しました。 ⇒ こちら

ホテル編
ホテル紹介 ⇒ こちら
客室 ⇒ こちら
朝食 ⇒ こちら
SPA ⇒ こちら

映画『かもめ食堂』編
カハヴィラ・スオミ[1] ⇒ こちら
カハヴィラ・スオミ[2] ⇒ こちら
カハヴィラ・スオミ[3] ⇒ こちら
ヘルシンキにて・・。 ⇒ こちら
カフェ・アアルト ⇒ こちら
カフェ・ウルスラ ⇒ こちら
その他 ⇒ こちら

スポット編
ヘルシンキ大聖堂&元老院広場 ⇒ こちら
ウスペンスキー寺院 ⇒ こちら
テンペリアウキオ教会 ⇒ こちら
スオメンリンナ島 ⇒ こちら
エスプラナーディ公園 ⇒ こちら
マーケット市場〔1〕 ⇒ こちら
マーケット市場〔2〕 ⇒ こちら
ヘルシンキ中央駅 ⇒ こちら
スーパー・コンビニ<1> ⇒ こちら
スーパー・コンビニ<2> ⇒ こちら
郵便局 ⇒ こちら
マリメッコ ⇒ こちら
トラム ⇒ こちら
メトロ ⇒ こちら
街並み色々[1] ⇒ こちら
街並み色々[2] ⇒ こちら

食べ物編
「Fazerカフェ」 ⇒ こちら
マーケット市場で買ったいちご ⇒ こちら
牛乳 ⇒ こちら
アイス ⇒ こちら
スーパーで買って来た夕食 ⇒ こちら

その他編
ヘルシンキにて・・・。 ⇒ こちら
ヘルシンキ滞在3日目 ⇒ こちら
まとめ〔1〕 ⇒ こちら


いやいや、今回も、結構・・頑張りましたよぉ
みなさんも、お付き合い、ありがとうございました






フィンランド滞在記【34】まとめ〔1〕

2010年7月4日(日)

昨日(こちら)まで、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしておりました

今日は、この旅をまとめたいと思います。


2006年に小林聡美さん主演で制作・公開された オールフィンランドロケの映画「かもめ食堂」(こちら)、私、この映画が大好きで、「フィンランドに行ってみたい」と思ったのも、この映画の影響で、劇中に出て来る 小林聡美さん演じるサチエが営む「かもめ食堂」として登場したレストラン「カハヴィラ・スオミ(Kahvila Suomi)」(こちら)が、ヘルシンキに今も営業しているので、いつか、このお店にも行ってみたいと思っていました

とは言え、フィンランドって、周りに行った事がある人があまり居なくて、私自身もあまり印象がありませんでした。
映画と実際では雰囲気も違うでしょうし・・・。

そんな時に、「誕生日休暇」を取る事が出来たので、1人で行って来た訳ですが・・。

ヘルシンキは、とても素敵な街でした

「かもめ食堂」の世界観が、比較的そのままな感じがしました。
また、私が行った時期は、日本の連休にもカブっていないせいか、街なかに、日本人がほとんど居ない(アジア人すら、あまり居ない)し、「観光地に来た」と言う感覚より、ヘルシンキの素を見れた気がします。

私が街なかをぶらぶらして感じたヘルシンキは、いい意味でシンプルな街で、街を歩いている方々(恐らく、かなりの割合が地元の方)のファッション・化粧を見ても、過度なものではないのに、すごく似合っていて、日本人に多い 不自然にメイクし過ぎな人も居ないし(・・って、フィンランドの方は、元々、目鼻立ちがはっきりしてるから必要が無いんでしょうが・・)、自然な感じが、とても好印象でした


そして、皆さんが思っている「フィンランドって、寒いの・・」ですが・・。
私が行ったヘルシンキは、フィンランドでも一番南にあり、海に面しています。
東京の緯度36度、北海道・稚内市(最北端)の45度に対して、ヘルシンキは緯度60度なので(北極圏は緯度66度)、ヘルシンキは寒い都市と思われがちですが、実際は、メキシコ湾から注がれる暖流のおかげで温暖な気候で、四季もはっきりしています。

私が行った5月中旬の日中の最高気温は、20度を超えていて、かなり暑かったです
汗ダクダクでしたし・・。
ちなみに、夏の最高気温は、25度を超えるそうですよ。
日差しも強いので、体感温度は より高く感じるそうです。


そして、「北欧=白夜」と言うイメージもありますよね
「白夜」(こちら)は、北半球では 夏に起こる 真夜中になっても薄明、または太陽が沈まない現象の事ですが、緯度が66.6度以上の地方で起こるそうなので、ヘルシンキでは、白夜には ならないようです。
フィンランドでも、もっと北の方に行けば、白夜だったのかも知れませんけどね。
ですが、私が行った5月中旬では、pm10時頃になって、ようやく暗くなり始める感じで、朝はam4時頃に日が昇り始めてました。
1日がかなり長く感じますよねぇ。


そして、「北欧=オーロラ」と言うイメージもありますよね
「オーロラ」(こちら)は、北極または南極の近くで見る事ができる、太陽の放出物質と地球の磁場が織りなす地球電磁気学的現象の事で、緯度が、大体65度から80度で見れます。
・・と言う事で、ヘルシンキでは見る事が出来ません。

あと、「オーロラ=冬」って言う印象ってありませんか・・
オーロラ自体は、実は、一年中出現しているんですって
ですが、発光される光が私達の目で見えるか見えないか・・の問題で、夏の期間は辺りが暗くならない為、「オーロラを 人間の目で見ることが出来ない=見れない」と言う事になるのです。
ですので、一般的には、午後11時には暗くなる 8月下旬から4月頃までがオーロラ鑑賞に適しているみたいですよ。
ですので、みんな、暗い時間がより長い「冬」に鑑賞しに行く訳ですねぇ。


フィンランドの観光地、見所・・と言えば・・。
多分、思いつく事と言えば、さっきの「オーロラ」とか、あと「サンタクロース」、「ムーミン」・・とかですよね。

「サンタクロース村」(こちら)がフィンランド北部のロヴァニエミ市近郊・北極線上にあり、ここには、サンタクロース・オフィス、サンタクロース郵便局、クリスマスグッズの店などが建てられており、毎年、世界中から何十万人もの人々が訪れるフィンランド随一の観光スポットだそうです。
サンタクロース村では、毎日サンタクロースに会う事が出来、また、サンタクロース郵便局では、事前に申し込むと、エアメールでクリスマス前にサンタクロースから手紙が届くそうです

「ムーミンランド」(こちら)が、フィンランド南西の港町ナーンタリにあります。
「ムーミンランド」は街中にあるのではなく、ひとつの島が丸ごとテーマパークになっているそうです。
ヘルシンキ市内にも「ムーミンショップ」があったり、また、「観光編〔10〕(郵便局)」でアップしましたが(こちら)、切手にデザインされていたり、スーパー&コンビニでも、ムーミンのキャラクター達がデザインされたお菓子が普通に売っていたり・・と、「国民的スター」のようです。

あとは・・。
フィンランドと言えば、ガムでもお馴染み「キシリトール」(こちら)とか、「サウナ」の発祥地だったり(こちら)・・と、色々あります。

ですが、世界的に有名な観光地が目白押し・・と言う訳でも無いですし、ヘルシンキ自体は、街がそれ程大きくないので、観光地を見て回るのにも、そんなに日数は掛かりませんし、「観光に忙しい」と言う事にはならないので、ブラブラして「地元の生活を見てみる」とか、そんな楽しみ方もあるかも知れませんね


最後に、是非ともここに書いておきたいのですが、治安です。
フィンランドって、安全な国かそうでないか・・と言うと、超安全です。
ネットで見ても、「夜、女性1人でも出歩けます」って書いてあるものもありました。
もちろん、どんな国でも犯罪は起こりますので、絶対に安全な国はありませんが、世界の中でもかなり治安のいい国であると言うのは間違いないようです。

フィンランド・ヘルシンキ滞在記の中でもちょいちょいアップしておりますが、「物価の高さ」・・。
「ALV(付加価値税)」っと言う、日本で言うと「消費税」のようなものがあり、食料品にかかる税率は17%、最高は22%まで掛かっています。
フィンランドは、教育、医療、福祉が充実し、女性の社会進出が当たり前で、老後の不安に駆られる事もない。
先進国を初めとする世界41ヶ国・地域で実施の「経済協力開発機構(OECD)」による「国際的な学習到達度調査(PISA)」では、2004年・2007年に、フィンランドが総合1位となったそうです。
また、政治がクリーンで、税金の使途の透明性が高いそうです。
そのような国だからこそ、税金が高くても、でも、その税金がちゃんと国民に還元されている実感があるからこそ、それに大きな反発も起きない・・って事なんですかね・・
ちなみに、合計のGDPは、人口が少ないから目立ちませんが、一人一人の稼いでる額では、日本を抜いてるらしいですし、世界トップクラスだそうです。
そんな国は、生活レベルも高いでしょうし、安全なんですかねぇ・・(推測ですが)


と言う感じです。
フィンランドについて、ちょっとイメージ出来ましたか・・

明日はホントに最後、ブログの記事をまとめます。


旅のまとめ → こちら


フィンランド滞在記【33】飛行機編〔2〕(帰り)

2010年7月3日(土)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、アップし忘れていた「飛行機編〔2〕(帰り)」です。

「飛行機編〔1〕(行き)」はアップしていたのですが(こちら)、「帰り」は、アップし忘れてました


「行き」でアップしました通り(こちら)、今回は、フィンランド航空(こちら)で行って参りました。
飛行時間は、行きは10時間ちょいですが、帰りはもっと短くて、9時間半です。

こちら、ヘルシンキのヴァンター国際空港こちら)です。
IMG_2470_20100627112253.jpg

こちらは、ヘルシンキ中央駅(こちら)から空港まで出ているバスで、これに乗って空港まで来ました。
所要時間30分位で、5.9ユーロ(684円)です。
IMG_2471.jpg

ここで降りました。
IMG_2468.jpg

IMG_2472.jpg

こちら空港内です。
IMG_2473.jpg

IMG_2474.jpg

IMG_2476.jpg

IMG_2482.jpg

IMG_2483.jpg

空港内にあったオブジェ・・
IMG_2475.jpg

空港内にあった「ゴミ箱」です。
分別するようになっていて、左から「紙」、「ビン・缶」、「生ごみ(果物の皮など)」、「プラスチック」です。
IMG_2479.jpg

こちらも同じくゴミ箱です。
一番上の「KIITOS」がフィンランド語で「ありがとう」と言う意味です。
IMG_2481.jpg

搭乗口近くにあった「観光案内」のようなものです。
・・搭乗口にあって・・どうする・・
IMG_2501.jpg

IMG_2498.jpg

IMG_2485.jpg

「その他諸々編〔1〕 (スーパー・コンビニ<1>)」でもアップしておりますが(こちら)、「KIOSKI」(キオスキ)と言う「コンビニ」的なものです。
IMG_2486.jpg

こちら、搭乗口近くにあったカフェです。
IMG_2496.jpg

IMG_2495.jpg

ここで、こちらをいただきました。
カフェオレ(2.9ユーロ〔約336円〕)とバニラアイス(4ユーロ〔約464円〕)です。
IMG_2493.jpg

「その他諸々編〔8〕(牛乳)」でもアップしておりますが(こちら)、フィンランドは牛乳が美味しいので、バニラアイスも濃厚で美味しいに違いないと踏んで、普段は食べないバニラアイスをオーダーしてみましたが、普通でしたわ

こちらそのショップ内にあったセルフサービスのドリンクのカップ置き場なんですが・・・。
見えますかね・・
カップがムーミンなんですよ。
さすが、「フィンランドの国民的アイドル」ですね
IMG_2491.jpg

乗るのは、関西空港行き AY77便 pm5:20発の飛行機です。
IMG_2490.jpg

こちらに乗ります。
IMG_2484.jpg

IMG_2502.jpg

IMG_2508.jpg


現在、貨物を搬入中。
意外にラフな格好ですよね。
IMG_2505.jpg

IMG_2515_20100627113726.jpg

こちら機内です。
IMG_2503.jpg

パーソナルモニターには、飛行ルートが出ていました。
通常、ヨーロッパに行く時には、このルートより少し南を通りますが、フィンランドの場合は、ユーラシア大陸の北側(北極側)を通るので、近いんです。
IMG_2513.jpg

こんな風に色んなメニューあって、飛行時間中も飽きないようになっています。
私は、レオナルド・ディカプリオの「シャッターアイランド」(こちら)、サラ・ジェシカ・パーカー、ヒュー・グラントの「噂のモーガン夫妻」(こちら)、ジョージ・クルーニーの「マイレージ、マイライフ」(こちら)の豪華3本立てを見ました。
どれも今年公開された映画で、劇場で見たかったんですが、見れてなかったので。。
ちなみに、私の斜め前の 多分、韓国人女性が、1997年公開のレオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレットの「タイタニック」(こちら)を見て、嗚咽(おえつ)する位に大号泣してました
IMG_2550.jpg


いよいよ・・離陸しました。
首都のヘルシンキでさえ、上から見ると、こんな風に緑が一杯です
IMG_2519.jpg

IMG_2520.jpg

フィンランドは「森と湖の国」と言われているのですが(こちら)、これを見ると納得しますよね
森林は、国土の69%を占めているそうですよ。
また、フィンランドには数えきれないほどの湖があり、国土面積の10%を占めているそうです。
特に「湖水地方」と呼ばれる東部では、陸と湖の面積の比率がほぼ「1:1」だそうです。
IMG_2521.jpg

IMG_2524.jpg

こちら、機内食です。
「YAKINIKU(焼肉)」と書いてありましたが・・・。
IMG_2535.jpg

焼肉には・・見えない
サイコロっぽいスタイルで、しかも、焼いてないし・・。
IMG_2538.jpg

「焼肉」と言い張る肉の横には「マッシュポテト」があり、また、「茶そば」、「サラダ」、「パン」がありました。
焼肉はイマイチでしたが、マッシュポテトは、クリーミーで美味しかったです。
また、サラダは、セロリ・パプリカなどのみじん切りがドレッシングで和えてあったのですが、美味しかったです。
IMG_2537.jpg

そして、こちらが朝食です。
卵料理とパン、ヨーグルトです。
卵料理は、パセリかバジルか、その辺りの緑モノ入り薄焼き卵に、トマトソースと・・黄色のものは・・何か分かりませんでした。
卵はパサパサでした
IMG_2576.jpg

さて、ここからは、外を撮った写真をドドンとアップしますね。
結構キレイだったので。

フィンランド航空の機体の青・白と、空の青、雲の白のコントラストがキレイですよね
IMG_2528.jpg

IMG_2542.jpg

IMG_2551.jpg

IMG_2554.jpg

IMG_2556.jpg

これ、幻想的ですよね。
IMG_2564.jpg

夜明けです。
IMG_2566.jpg

IMG_2568.jpg

IMG_2570.jpg

IMG_2574.jpg

IMG_2579.jpg

もうすぐ大阪です。
IMG_2580.jpg


33回に渡ってお送りしてきたフィンランド・ヘルシンキ滞在記も今日で終わりです。
明日は、これを一気にまとめたいと思います


旅のまとめ → こちら


フィンランド滞在記【32】その他諸々編〔12〕(街並み色々[2])

2010年7月2日(金)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

昨日に引き続き「その他諸々編〔12〕(街並み色々[2])」です。

昨日は街並みの中でも「建物」でしたが、今日は、「看板などなど、街なかで立ってるもの、ぶら下っているもの・・など」について・・です。
IMG_1479.jpg

IMG_1843.jpg

この手の信号を見ると、「外国だなぁ・・」って思いますよね。
IMG_1673.jpg

IMG_2222.jpg

IMG_1574_20100627103951.jpg

IMG_1796.jpg

IMG_1580_20100627103951.jpg

こちらは「駐禁」系の看板ですよね。
日本と同じですが、色合いも一緒・・ですかね
IMG_1868.jpg

何屋さんの看板なんですかね
IMG_1838.jpg

アップにしてみました。
食べ物系・・
IMG_1839.jpg

こちらも、何屋さんの看板なんですかね
壁面にレリーフのようなものまであり、かなり重厚そうですよねぇ。
IMG_2322.jpg

ヘルシンキ市内は、大小関わらず、「通り」には必ず名前が付いていて、こんな風に建物にプレートが張ってあります。
「KAKU」が「通り」と言う意味かな・・と思います。
ちなみに・・、多分・・ですが、これ、フィンランド語とスウェーデン語が2段書きされてます。
IMG_1827.jpg

「1928」と書いてある辺りから見ると、年代の事だと思うので、何か歴史的に意味があるんでしょうねぇ。
IMG_2381.jpg

この日、私の誕生日の5/16(日)だったのですが、日曜日だから・・なのか、何なのか、町中にこんな風に国旗が掲揚してありました。
誕生日を祝ってくれているようで、勝手に喜んでました
IMG_1983.jpg

IMG_2324.jpg

最後に・・・。
街なかで見た「マンホール」です。
それぞれ・・何となく、微妙に違いますよね。
IMG_1772.jpg

IMG_1594.jpg

IMG_1773_20100627105643.jpg


昨日・今日と見て、どうでしょうか
もちろん・・ですが、日本とは全く違う街の雰囲気ですし、また、他のヨーロッパとちょっと違った印象も受けませんか・・・


明日は、アップし忘れていた「飛行機編〔2〕(帰り)」をアップします。


旅のまとめ → こちら


フィンランド滞在記【31】その他諸々編〔11〕(街並み色々[1])

2010年7月1日(木)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は「その他諸々編〔11〕(街並み色々[1])」です。

「観光編〔6〕(エスプラナーディ公園)」でも触れましたが(こちら)、ヘルシンキの建物は、既に、歴史がある雰囲気が かなり漂っているものばかりです。
何となく・・ですが、「見た目」が「ヨーロッパでよく見かける建物」と言う印象ではないんですよね。
ガイドブックには、「帝政ロシア時代の ネオ・クラシカルな建物と、スウェーデン領時代の名残、水準の高い近代建築」と書かれているので、それかも知れないですね。

そんな街なかの写真を色々と撮ってみました

IMG_1463_20100627101338.jpg

IMG_1477.jpg

IMG_1480_20100627101336.jpg

IMG_1481.jpg

IMG_1503.jpg

IMG_1842.jpg

IMG_2403.jpg

IMG_2405.jpg

IMG_2406.jpg

IMG_2408.jpg

IMG_2409.jpg

IMG_2439.jpg

こちら「FORUM」(こちら)と言う120軒以上のショップが集まるショッピングセンターです。
地下にはフードコートもあります。
IMG_1676.jpg

「ショッピングセンター」と言うより、「高級デパート」と言う外観ですね
IMG_1675.jpg

マックさえ、こんな重厚な趣のお店になっちゃいます。
IMG_1677.jpg

こちらは「ヘルシンキ大聖堂」(こちら)前に建っていた普通のビルの壁にあったプレートです。
書いてある事は全く分かりませんが、「1722」とか書いてあるので、「何かが1722年」って事なんでしょうね。
歴史を感じます。
IMG_2023.jpg


明日は、その他諸々編〔12〕(街並み色々[2])です。


旅のまとめ → こちら


フィンランド滞在記【30】 その他諸々編〔10〕(スーパーで買って来た夕食)

2010年6月30日(水)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は「その他諸々編〔10〕(スーパーで買って来た夕食)」です。

私、今回、1人で旅行していたので、素敵なレストランに入るにはちょっと遠慮してて、また、かなりな物価の高さなので、結構、「そこら辺」で食べたり、スーパーなどで買って来たものを食べてたんです。

こちらは、その内の1つです。
(光が反射して、よく見えてない・・ですが・・)
左上がヨーグルト、右上がココア、手前がシナモンロールです。
IMG_1484_20100619190209.jpg

シナモンロールのみ、アップにしてみました。
IMG_1487.jpg

フィンランドのシナモンロールは、日本でよく見かける アメリカタイプの「アイシング」と呼ばれる砂糖衣がのっているものとは 少し違います。
作り方としては、パン生地を大きめの長方形に伸ばし、表面にバターを薄く塗り、シナモン、砂糖をまんべんなくふりかけ、ロール状に巻きます。
それを一人前ごとに輪切りにし、切り口を上にしてオーブンで焼きます。
焼き上がったものに、北欧で一般的な「ニブシュガー」というゴマ粒状の砂糖をトッピングします。

「フィンランド滞在記【21】 その他諸々編〔1〕 (スーパー・コンビニ<1>)」でもアップしておりますが(こちら)、フィンランドのスーパーのパンは、セルフサービスの量り売りが多かったです。
それぞれ、ケースに入っているので、近くに置いてある袋に好きなだけ入れます。
そして、近くにある「はかり」に乗せて、ケースに書いてあった番号を打ち込むと、シールが出て来て、それを袋に張ります。
番号を打ち込む事で、登録してあるキログラムの単価と重さを計算して金額が算出され、その金額を表すバーコードが付いています。
最初、「1キロも同じパンは要らないんですけど・・」って思っていたら、近くの女性が、袋に2個位だけ入れて、「はかり」に乗せて・・ってやってたので、「そうするんだぁぁ」と学習し、「シナモンロール」を1つだけ買いました(1.03ユーロ〔約119円〕)。

一番最初の写真の右上にあるココア。
パッケージはフィンランド語のみで、全く分からず、色的に、「カフェオレ」かと思って買ったら、ココアで・・。
私、あまりココアを飲まないので、ちょっとショック・・

で、ヘルシンキ滞在も数日してくると、色々とフィンランド語に見慣れて来て、牛乳は「maito」、コーヒーは「KAHVI」と言う事が分かり始めました。

・・・と言う事で、それが分かってからは、これを買えました
(写真が ちょっと斜めってますが・・
IMG_1933.jpg

「maito」に「KAHVI」で、「コーヒー入りの牛乳」ですよぉ
IMG_1934_20100619190207.jpg


明日は、その他諸々編〔11〕(街並み色々)です。


旅のまとめ → こちら



フィンランド滞在記【29】 その他諸々編〔9〕(アイス)

2010年6月29日(火)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は「その他諸々編〔9〕(アイス)」です。

昨日触れております通り(こちら)、フィンランドは、世界屈指の牛乳消費量らしく、日本の3倍以上も消費しているらしいです。
酪農も非常に盛んらしいのですが、そんな地域にたくさんあるものと言えば、「アイス」ですよね

こちら「Ben&Jerry's」(こちら)です。
・・って、まぁ、これはアメリカのメーカーですがね・・
IMG_1478.jpg

ここで、こちら「チョコナッツ」だったか・・、を買いました。(3ユーロ〔約348円〕)
IMG_1476.jpg

ものすごく美味しかったかと聞かれると、それは分からないですが、「普通に美味しかった」です。

ヘルシンキ市内を歩いていると、アイスを食べながら歩いている大人も結構多く、もちろん、男性も。
日本って、結構、「アイスは 子供や女性の食べるもの」のようなイメージですが、フィンランドでは、大人も子供も、男性も女性も みんながアイスが好きなんでしょうねぇ。
フィンランドの長い、そして、極寒の冬にも・・食べるんですかね・・

ちなみに1枚目の写真見ていただきたいのですが、このアイスのお店の入っているビル、かなり重厚そうじゃないです・・
このお店は、ヘルシンキ中心部にある 細長い小さな「エスプラナーディ公園」公園の脇の「ポホヨイスエスプラナーディ通り」(こちら)と言う ショッピング・レストランの通りにあります。
「フィンランド滞在記【23】 その他諸々編〔3〕 (マリメッコ)」でアップした(こちら)の近くにありました。
この通りのお店は、みんなこんな感じで、趣のある 重厚そうなビルばかりでした


明日は、その他諸々編〔10〕(スーパーで買って来た夕食)です。


旅のまとめ → こちら


フィンランド滞在記【28】 その他諸々編〔8〕(牛乳)

2010年6月28日(月)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は「その他諸々編〔8〕(牛乳)」です。

この「フィンランド滞在記」で何回か触れていますが(こちらこちら)、牛乳は、濃くて、ホントに美味しかったです
普段、牛乳だけで飲む事って無いんですが、ヘルシンキ滞在中は、ゴクゴクと牛乳を飲んでましたねぇ
毎朝、ホテルでの朝食で、コーヒーと牛乳を半々にして カフェオレを作って飲んでたのですが、カフェオレの牛乳分が かなり強く出てましたよ

朝食で飲むのだけでは足りず、スーパーで買って来ました
「maito」と言うのが、牛乳と言う意味です。
IMG_2341.jpg

500mlで 0.82ユーロ(約95円)なんで、物価の高いフィンランドにおいては、かなり安いです
フィンランドは、世界屈指の牛乳消費量らしく、日本の3倍以上も消費しているらしいです。
酪農も非常に盛んらしいので、これは納得ですね

牛さんマークで可愛いパッケージですね。
IMG_2344.jpg

ちなみに、これ、常温保存用の牛乳なのですが、家でも飲みたかったので、買って帰りました
我が家の冷蔵庫には、今、これが2つ入っています。
賞味期限はまだまだあるので、いつ飲もうか、かなり楽しみです
IMG_2686.jpg


明日は、その他諸々編〔9〕(アイス)です。


旅のまとめ → こちら


フィンランド滞在記【27】 その他諸々編〔7〕(マーケット市場で買ったいちご)

2010年6月27日(日)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は「その他諸々編〔7〕(マーケット市場で買ったいちご)」)です。

「フィンランド滞在記【12】 観光編〔8〕(マーケット市場)」でアップしておりますが(こちらこちら)、「マーケット市場」(こちら)に行った際、「いちご」を買いました

量り売りとパック詰めの両方があり、私はこちらを買いました(4ユーロ〔約464円〕)。
これで464円って・・・、かなり高いですよね。
でも、これが「フィンランド価格」なんですよっ
IMG_1755.jpg
ちなみに、↑、イチゴの入ってた「木箱」もタダで もらい、日本に持って帰って来ましたけどね

そのいちごを、ホテルの冷蔵庫に入れておいて、ちょいちょい食べてました。

おしゃれに、コップに入れてみました
IMG_1929.jpg

アップにしてみました。
IMG_1930.jpg

味はですね、日本のいちごより、大きいせい・・なのか、一番外の部分が、少ししっかりしています。
歯ごたえがあると言うか、多少、硬めと言うか。
まぁでも、美味しかったですよっ
もう少し安かったら、毎日、もっと食べたかったですが・・・

ちなみに・・。
買って来たいちご、洗わないといけないんですよね。
洗うにしても、洗う所って、洗面所しか・・ない。
(ま・・、ミネラルウォーターで洗う手もありますけど・・)

でもですね、フィンランドの水質は世界一と言われており、日本で買ったガイドブックの「基礎情報」の欄にも「水道水が飲めます」って書いてあるんですよ。

すごくないですか・・
私達日本人は、清潔志向過ぎて、外国では水道水だけでなく、氷でさえ、お腹を壊す危険があるので、外国に行った場合には、水道水を飲むなんて有り得ないし、私、今までかなり海外に行っていますが(こちら)、「水道水が飲めます」なんて書いてあるガイドブックは見た事が無いです。

でも、フィンランドのガイドブックには書いてあったので、かなりビックリしました。
ですので、心置きなく、このイチゴも洗面所で洗いましたよぉ
ま・・、さすがに、飲み水は買いましたけどね・・。


明日は、その他諸々編〔8〕(牛乳)をアップします。


旅のまとめ → こちら




フィンランド滞在記【26】 その他諸々編〔6〕 (「Fazerカフェ」)

2010年6月26日(土)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は「その他諸々編〔6〕 (Fazerカフェ)」(こちら)です。

その他諸々編〔1〕 (スーパー・コンビニ<1>)でもアップしておりますが(こちら)、フィンランドで超有名なチョコメーカー「Fazer(ファツェル)」(こちら)と言うのがあります。

以前にアップしておりますが(こちら)、以前、会社の人のお土産で、この「Fazer」のチョコをもらった事があり、そして、結構好きなタイプのチョコだったんです。
海外のチョコって、ちょっと日本と違う味だったりして、食べにくい(食べなれない)場合もありますが、この「Fazer」のチョコは、とても美味しかったんです
もらった時に「フィンランドのチョコ」って言われて、後日、パッケージに書いてあった「Fazer」と言うメーカーをネットで調べてみたら、チョコだけじゃなくて、お菓子(グミ・あめ)全般、パンなどを製造していて、そして、カフェも経営しているフィンランドの大手メーカーだと知りました。

今回、フィンランドに行くと言う事で、「Fazerのチョコをたくさん買って買えるぞ」って思ってたんですよ。

先程、「カフェも経営している」と書きましたが、私が泊まっていたホテル「GLO」(こちら)の前に、そのカフェがあったんです。
たまたま・・です。
しかも、ホテルを出て歩き出して、「ん・・ ・・・・・」って発見したんですよ。
ビックリ

・・と言う事で行って来ました。

まずは、外観から・・。
オープン時間前の写真です。
IMG_1702.jpg

オープン時間になると、ここにたくさんのテーブルと椅子が並べられます。
IMG_2369.jpg

IMG_2371.jpg

この左の絵が、創業者「カール・ファツェル」です。
カフェ自体は、1891年創業で、その3年後にチョコの製造を始めたそうです。
ですので、「Fazer」のチョコは、既に100年以上の歴史があります。
IMG_2368.jpg

オープン時間前で入れないので、ショーケースに へばり付いて撮りました
IMG_1703_20100619172740.jpg

ディスプレイの仕方も、ラッピングも、非常に可愛らしいですよねぇ
IMG_1704.jpg

IMG_1705.jpg

pm1:30頃に、カフェしに行きました。

こちらのカフェは、コーヒー、ティーともメニューが豊富で、ベリー風味の煎茶もあります。
ケーキ類やアイスクリームなどのスイーツだけでなく、軽食メニューもあり、平日朝7:30、週末も朝9:00から開店しているので、朝食利用も可能です。
ランチ・アイスクリームなども食べられ、アイスクリームにはトッピングが種類豊富に揃っています。
フィンランドに多いですが、こちらもカフェテリア方式なので、カウンターで、ショーケースに入っているものを店員さんに伝えて「トレイ」に入れて、最後にまとめてお金を払い、好きな席に座ります。

お店はかなり広く、まず、一番賑わっているのは、お店前のオープンカフェのエリア、そして、店内の窓際、そして、店の奥のエリアです。
広さ的には、奥のエリアが大きいのですが、そこは「太陽に当たりたい北欧人」、日の当たる場所が人気なんでしょうねぇ。
私は「太陽に当たりたくない日本人」なんで、奥のエリアに行きました。

天井が高いです。
明るさ的には、ちょっと暗いのですが、その天井の高さのせいか、圧迫感はありませんでした。
IMG_1844.jpg

IMG_1856.jpg

私がいただいたのは、こちらです。
IMG_1846.jpg

あまり見えてませんが、下に薄いパンがあるオープンサンドなのですが、上には、サーモンの蒸したもの、サラダ菜ですかね、そして、チーズ風味のクリームがのっています。
IMG_1849.jpg

これ、すごい美味しかったんですよ
サーモンがふっくらしてました。
お値段は 、オープンサンドが 8.2ユーロ(約951円)、コーヒーは 2.9ユーロ(約336円)、合計11.1ユーロ(約1,288円)なんで、お値段を聞いてしまうと、高さにガックリするんですけど、このお店が高い訳ではなくて、物価が高いんで、仕方ないです

そして、せっかくなので、ケーキを食べようと思って、「Fazer」と言えばチョコなので、チョコ系のこちらのケーキにしました。
IMG_1853.jpg

チョコムースに、中にはオレンジ系ですかねぇ、それをジャム風に甘酸っぱく煮詰めたものが入っていました。
お値段は 5ユーロ(約580円)です。
IMG_1854.jpg

ムース系は、そんなに得意では無いのですが(じゃ、何故に注文した・・)、しつこくなくて、美味しかったです
さすが、チョコメーカー

ちなみに・・。
ケーキの上にのっている「ほおずき」みたいなもの、私、「コレ・・、何だ・・ 飾り・・」って思って、食べなかったんですよ。
そしたら、この前、TVで、女優・仲間由紀恵さんが同じものを食べてまして、「ストロベリートマト」(こちら)と言うものらしいです・・
「食用ほおずき・トマティーノ」と言う名前が正式名称っぽいですが。
「セレブフルーツ」らしいですよ・・。
食べれるんだぁ・・。
勿体ない事しちゃいました・・

こちら、意味は無いんですけど、青い方が、「Fazer」の一番有名なチョコで、お店の方が、1つくれました。
最初の方に書いた 私が以前もらったお土産(=「Fazer」との初めての出会い)も、このチョコでした。
下は、普通の砂糖です。
IMG_1851.jpg


明日は、その他諸々編〔7〕(マーケット市場で買ったいちご)です。


旅のまとめ → こちら



フィンランド滞在記【25】 その他諸々編〔5〕 (メトロ〔地下鉄〕)

2010年6月25日(金)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は「その他諸々編〔5〕 (メトロ〔地下鉄〕)」(こちら)です。

昨日は(こちら)「トラム」でした。
何が違うのかと言うと、「トラム」は「路面電車」で、「メトロ」は「地下鉄」です。
ですが、「トラム」と同じく、「ヘルシンキ市交通局」(こちら)によって運営されています。

「トラム」と異なり、「メトロ」は、1路線しかありません。
全長21.1kmで、17の駅があり、ヘルシンキ中心部と東部の住宅地(ヴオサーリ地区とメルンキュラ地区)とを結んでいて、年間の利用者数は5,600万人(2005年)、運賃は均一で、2ユーロ(約238円)です。
「フィンランド滞在記【23】その他諸々編〔3〕(マリメッコ)」でも多少触れましたが(こちら)、地下鉄とは言え、地下を走るのは少しです。

こちら、アップ済みのヘルシンキ中央駅(こちら)直結の「Rautatientori(ラウタティエントリ)」駅です。

こちらが券売機です。
IMG_1636_20100619164859.jpg

出て来たチケット(レシートです)。
IMG_1604_20100619144745.jpg

チケットを買うのに、5分位格闘しました
フィンランドは、「超カード社会」なので、この券売機もクレジットカードは使えるんです。
でも、何故か・・私のクレジットカードは受け付けてくれない・・・。
何故だ・・・
何回かトライしてもダメで、そんな所にやって来た親子に聞いてみました。
そしたら、私のクレジットカードには、「ICチップ」が付いてなくて、これが影響してました・・。
↓これが「ICチップ」です。
ic.jpg
と言う事で、現金で買いましたけどね。
「ICチップ」までは気がつかなかったぁ・・。
・・でも、スーパー・コンビニ系など、街なかでは、私のクレジットカード、どこででも使えたんですけど、何故に、メトロでは「ICチップ」付きクレジットカードじゃないとNGだったんですかねぇ・・。

私のように、チケットを買っている方もいましたが、地元民らしき方々が、この機械に「カード的なもの」をかざしていたので、定期券的なものだったのでしょうかねぇ。
IMG_1972_20100619161231.jpg

結構急なエスカレーターを降ります。
IMG_1601.jpg

ホームです。
IMG_1602_20100619163648.jpg

IMG_1605.jpg

電車の車体の色は、鮮やかなオレンジです。
IMG_1614.jpg

こちら車内です。
中もオレンジです。
IMG_1609.jpg

ちょっぴり、お尻が痛くなりました
IMG_1611_20100619163646.jpg


こちら、私が泊まっていたホテル「GLO」(こちら)の最寄り駅「 Kaisaniemi(カイサニエミ)」駅です。
IMG_1616.jpg

IMG_1638_20100619164857.jpg

IMG_1637_20100619164858.jpg

そして、またまた急なエスカレーターを使って、地上に上がります。
ちょっと派手なエスカレーターですよね
IMG_1639_20100619164857.jpg


明日は、その他諸々編〔6〕(「Fazerカフェ」)です。


旅のまとめ → こちら




フィンランド滞在記【24】 その他諸々編〔4〕 (トラム〔路面電車〕)

2010年6月24日(木)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は「その他諸々編〔4〕 (トラム〔路面電車〕)」です。
IMG_1461.jpg

トラムは、「ヘルシンキ市交通局」(こちら)によって運営されている路面電車です。
停留所も行き先も分かりやすく、観光客でも利用しやすいし、分かりやすいです。
現在、8路線で12系統が運行されていて(こちら)、特に3番(3T、3B)は、主な観光地を通っているので、利用しやすい乗り物です。
3T、3Bは環状線なので、中心地を1周出来ます。

チケットは、乗った時に、ドライバーから直接買うパターン(2.5ユーロ〔約290円〕)、または、券売機(2ユーロ〔約232円〕)で事前に買うパターンがあります。
あとは、「ヘルシンキカード」(こちら)でもOKです。
私が乗りたい停留所には、何故か券売機が無く、毎回、ドライバーから直接買うパターンでした(0.5ユーロ〔約58円〕高くなるんですよねぇ)。
なお、購入後、1時間以内のトラムの乗り降りや乗換えが自由に出来ます。

こちらチケットです。
下の方に「ALV」って書いてあるのは、日本で言う「消費税」のようなもので、この乗車代には「8%」掛かっています。
モノによって違うのですが、最高は22%です。
2010061916270000.jpg

これは別の場所にあったものなのですが、トラム内にも同じものがあって、乗って来た方が「カード的なもの」をかざしていたので、定期券的なものだったのでしょうかねぇ。
IMG_1972_20100619161933.jpg

降車したい場合は、手すりなどについている黒いボタンを押します。
但し、車内アナウンスはないので、車内に表示される停留場名を参考にします。
私の場合は、乗った駅からの停留所の数と、その表示に注意してました。
ヘルシンキは、この手の乗り物には、フィンランド語とスウェーデン語が併記されるのですが、お隣りの国な割に、結構、表記が違うので、降りる停留所を 間違えそうになりました

こちらが停留所なんですが、これは、私が泊まっていたホテル「GLO」(こちら)の近くにあった「Aleksanterinkaku」です。
「Kaku」って、多分、「通り」と言う意味っぽいです。
IMG_1491.jpg

IMG_2378.jpg

IMG_1785_20100619161116.jpg

こちら、トラム内です。
IMG_1787_20100619161115.jpg

IMG_1791.jpg

ちょっと見えにくいですが、料金表です。
IMG_1788.jpg


路面電車だけに、そんなに速い速度で走っていないんです。
なので、そのゆっくりさが ある意味、心地よい感じがしました


明日は、メトロ(地下鉄)をアップします。


旅のまとめ → こちら




フィンランド滞在記【23】 その他諸々編〔3〕 (マリメッコ)

2010年6月23日(水)

誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップ中ですが(こちら)、一旦中断して、しばし、違う話題をUPしておりましたが、今日から、また復活したいと思います。

10日程前(こちら)に引き続き、「その他諸々編〔3〕 (マリメッコ)」です。

「マリメッコ」は、1951年創業のブランドです。
大きな花柄「ウニッコ柄」(こちら)で有名ですが、それ以外にも、かなりのデザインがあり、毎年新作が発表されています。
ファブリック(布)、洋服(スカート、シャツ、スーツ、コート等々)、日用雑貨(食器、タオル、ベッド・クッションカバー等々)、バッグ、子供用品(子供服以外に、哺乳瓶、よだれ掛け、おもちゃもありました)など、生活全般の商品を扱っています。

1960年のアメリカ大統領選挙で、ジョン・F・ケネディ候補夫人のジャクリーン・ケネディが「マリメッコ」のドレスを愛用していた事が報道された事で、アメリカでの知名度が急上昇したそうです。
2009年現在、「マリメッコ」は、フィンランド・スウェーデン・ドイツ・イギリスに合計26の直営店を持ち、さらに世界各国には、1,000を超える店舗があるそうです。
ちなみに、「マリメッコ」とは、「小さなマリーのためのドレス」と言う意味だそうです。


今までアップした中でも、何度か・・は触れておりますが(こちらこちらこちら)、日本でも人気のフィンランドのブランド「マリメッコ」(こちら)は、ヘルシンキ市内に何店舗もあります。
私がヘルシンキ滞在中に行っただけでも、4店舗・・、あっ、空港にもあったので、5店舗ですかね。

こちらは、ショッピングセンター「K遵。MP GALLERY(カンプ・ガレリア)」(こちら)内にある2階建ての店舗です。
ヘルシンキ中心部にある 細長い小さな「エスプラナーディ公園」公園の脇の「ポホヨイスエスプラナーディ通り」(こちら)と言う ショッピング・レストランの通りにあります。
私が泊まっていたホテル「GLO」(こちら)の真横にありました。
IMG_1764.jpg

IMG_1765.jpg

IMG_1771.jpg

IMG_1767.jpg

IMG_1769_20100619141352.jpg

これは、開店前に、外から ガラス越しに撮影したものです。
さすがに・・営業時間内に店内では・・撮れないんで・・
営業時間中に、店内には 入りましたけどね
IMG_1766.jpg

こちら2階建ての方の「マリメッコ」の建物は、1907年に建てられたもののようです。
IMG_1770.jpg

ちなみに、「K遵。MP GALLERY(カンプ・ガレリア)」の店舗内から見ると、こんな入り口です。
IMG_1595_20100619143123.jpg


こちらは、上記店舗の斜め前(歩いて1分位・・)、「ポホヨイスエスプラナーディ通り」の通りを挟んだ反対側にあります。
IMG_1473.jpg

IMG_1592.jpg

こちらの店舗の方は、結構、セール品が置いてありましたよ
IMG_1672.jpg

入り口のドアには、こんなデザインがありました。
「ヤモリ」ですかね・・
IMG_1591.jpg

IMG_1593_20100523120840.jpg


上記の2店舗は、ヘルシンキ中心地にあるのですが、ヘルシンキ市内には、ヘルシンキ中心地から、地下鉄(メトロ)で約15分、「HERTTONIEMI(ヘルットニエミ)」に、「マリメッコ」の工場&アウトレットもあります。
IMG_1607.jpg

IMG_1615.jpg

チケットは 2ユーロ(約232円)です。
IMG_1604_20100619144745.jpg

地下鉄とは言え、地下を走るのは少しで、中心地を少し離れると、こんな風景が見えて来ます。
IMG_1613.jpg

駅から歩いて10分弱の場所にある こちらが、工場&アウトレットです。
これ・・、ちゃんと調べて行かないと、これが「マリメッコ」って気づかないかも・・
IMG_1618_20100619143521.jpg

IMG_1619.jpg

IMG_1620.jpg

しかも・・、入り口は、かなり簡素な どこにでもありがちなアルミのドアですしね。
IMG_1621.jpg

こちらは、ギャラリーも兼ねているんですかね、「本社」って感じです。
天井から床まで吊るされたファブリックがあったり、ソファーがあったりします。
従業員オンリーって事で、「アウトレットはあっちです」って追い出されましたけどね
なので、横っちょから撮影してみました
IMG_1622.jpg

「マリメッコ=ビタミンカラー」と言うイメージがありますが、こちらのディスプレイは「黒」がベースになっていて、雰囲気も落ち着いていました

こちらがアウトレットです。
アウトレットとは言え、正規価格のエリアと、格安エリアとあります。
ですので、よ~く値札を見て買いましょう
IMG_1626.jpg

IMG_1625.jpg

IMG_1624.jpg

IMG_1623.jpg

ここで、私は、ファブリックの量り売り2kg、マグカップ、ナプキン、バック、缶を買いました。
IMG_2597.jpg

IMG_2594.jpg

日本で「マリメッコ」のファブリックを買うと、「ウニッコ柄」の場合、HP記載価格(こちら)で、1m:5,250円なんですよ
日本国内の「店舗」でもその程度だと思います。。
1m:5,250円なんて、ありえない位の価格ですが、フィンランドで売っている正規品価格は、大体、その1/2位です。
そして、このアウトレットで売っている「量り売り」の場合は、1kgで17ユーロ(約1,972円)と破格のお値段です。
(もちろん、普通の正規品のファブリックも大量に売ってました)
この量り売りは、正規品ではなく、多少のプリントミスがあったりするものなのですが、うまく使えば、全然問題ないし、かなりお得ですよね。
見た目、何がNGなのか、全然分からないものもありますし、私は「ウニッコ柄」を買いましたが、他のデザインも一杯あって、また、「量り売り」とは言え、細かいものではなく、長さ2m以上ある大きなファブリックも ザラにありました。
まぁ・・とは言え、2kgも買ったら、かなり重くなってしまいましたが・・・
「マリメッコファン」のお友達にお土産であげたのですが、「枠」をつけて、インテリアにしてましたよ

あとは、マグカップが8ユーロ(約928円)、ナプキン2.8ユーロ(約325円)、缶4ユーロ(約464円)、バック10ユーロ(約1,160円)でした。
フィンランドで買う正規品の2/3位の価格ですかね。
日本で買う価格の・・やっぱり1/2位です。

ちなみに、地下鉄「ハカミエミ駅」の「マーケットホール」内にも、隠れた「お得マリメッコ」があるみたいです。
ファブリックが安く売っている・・とか。

こちらは、市内の普通の「マリメッコショップ」で買ったキーホルダーです。
5.5ユーロ(約638円)でした。
IMG_2355.jpg

で、同じく、横長ポーチ(がま口タイプ)です。
11.8ユーロ(約1.369円)でした。
IMG_2655.jpg


色々と商品を見ていると、フィンランドで買う正規品と日本で買う価格、比較すると、フィンランドで買う正規品は大体が 1/2位なので、「マリメッコファン」の方には、このアウトレットと共に、是非お勧めしたいですが、買い過ぎに注意・・ではありますかね

私が行った時には、このアウトレットには、日本人のスタッフさんが1人いらっしゃったので、日本人観光客も来ると言う事なんですかね
とは言え、「マリメッコ」、私がヘルシンキ市内で行ったどの店舗にも、日本人はほとんど居なくて、私から見たら、現地の方々ばかりだったので、「マリメッコ」は、ホントに地元で愛され、地元の方々が普段使っているブランドなんだなぁ・・と思いました

余談ですが・・。
これ、ショップで入れてもらった袋とか、あと、小分け用にもらった袋、一緒にくれた「マリメッコステッカー」です。
「マリメッコファン」のお友達に、丸ごと全部、お土産としてあげました
IMG_2353.jpg


ちなみに、この夏、NTTドコモ(こちら)から「マリメッコ」とのコラボケータイが発売されます(こちら
気になりますねぇ
・・とは言え、私、ドコモではあるのですが、私の携帯は まだまだ使えるので、買いたいけど、買えないですが・・


明日は、その他諸々編〔4〕 (トラム〔路面電車〕)です。


旅のまとめ → こちら




フィンランド滞在記【22】 その他諸々編〔2〕 (スーパー・コンビニ<2>)

2010年6月12日(土)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

昨日(こちら)に引き続き、「その他諸々編〔2〕 (スーパー・コンビニ<2>)」です。

昨日(こちら)は、スーパー・コンビニの様子を書いたんですが、今日は、スーパーで買ったペットボトルについて書きたいと思います。

私、スーパーでペットボトル(1.5L)を買ったんですよぉ。
これ、その時のレシートなんですけどね。
2010060618530000.jpg

で、ホテルに帰り、レシートを見て、スーパーで買ったのはペットボトルだけなのに、何故に2つの商品・・って思って・・。

結構考えて、出した答えが「もしや、『ペットボトル』の本体の価格・・」と。

で、こちらが、その時に買ったペットボトルがこれなんですが・・。
IMG_1922.jpg

裏を見てみたら、レシートに書いてある「0.4ユーロ」と言う文字が・・・。
IMG_1923.jpg

何・・
これ、「0.4ユーロ」、戻って来る的雰囲気・・って思って。
IMG_1925_20100606185556.jpg

で・・・、ここからが問題で、これをどうしていいのか・・が分からない訳ですよ

私が泊まっていたホテルには、フロントの横にパソコンが置いてあり、自由に使ってよくて、しかも、日本語も見れるんで、「調べてみよう」と意気込んだのはいいものの、よく分からず・・

ま・・、「0.4ユーロ」って、約46円なんで、別にいいんですけど、何か気になるし・・と。

で、結局、レシートを持って、ホテルのフロントに行って、聞いたんですよ。

(以降英語)
〔私〕私、今日、このペットボトルを買ったんですけど、(レシート指差して)これはどうやったら戻ってくるんですか
〔フロント〕これはスーパーに持って行けば、戻って来ます。
〔私〕どこのスーパーでもokなんですか(買ったスーパーは、遠かったので)
〔フロント〕そうです。
〔私〕どうやったら戻って来るんですか
〔フロント〕スーパーに機械があるので、その中に入れると、レシートが出てくるので、それをレジに持って行けばokです。
と。
なるほどぉと思い、翌朝、出掛ける前に、スーパーに行く事にしました。

あ、ちなみに、上記で、さも、流暢に英語の会話をした雰囲気で書いてますが、私の英語は、名詞を繋げた 実にたどたどしいもので、フロントの方の英語は、聞こえてくる単語から推測し、「こんな感じを言ってたっぽい」って言う感じです
フィンランドの方は、みんな英語が喋れるので、喋る英語もかなり早くて、何を言っているのか、よく理解出来ない・聞き取れない事も結構ありました・・。


で、翌朝、スーパーに行きました。

そしたら、こんなコーナーがありました。
IMG_1974.jpg

IMG_2388.jpg

で、ペットボトルを投入したら、こんなレシートが出て来ました。
IMG_2390.jpg

そして、これを持って行けば、そのまま返金もしてくれるし、あとは、お支払いの足しにも出来るそうです。

何かね・・。
私がここに行った時、アジア系(顔の感じから推測するに、東アジア系かなぁ)の方がたくさん、この周りに居て、大量のペットボトル&缶を持っていました。
自分の家でここまで出ないでしょ・・って思ったんで、例えば、街なかに落ちていたり、捨ててあったもの、イベント会場なんかで拾ったものとかなのかな・・って思いました。
これ、マメに拾って行ったら、結構な金額になりますよねぇ

ま・・。
レシートを見て、「これは何だ・・」と思い、考え、ネットで調べ、フロントに聞いて、そして、歩いてわざわざスーパーに持って行って・・・と、すごい体力を消耗した割に「0.4ユーロ」って、約46円なんですけどね・・
いや・・、お金じゃなくて、地球に良い事をした訳で、そして、ちょっと「地元民」になった気もして、嬉しかったですけどね

ちなみに、一番最初にアップしたレシートの写真、下の方に「ALV」って書いてあるのは、日本で言う「消費税」のようなもので、この水本体には「12%」、ペットボトル本体には「22%」掛かっています。
モノによって違うのですが、最高がこの22%です。


明日は、一旦、フィンランド・ヘルシンキ滞在記から離れ、違う話題をアップしたいと思います


旅のまとめ → こちら



フィンランド滞在記【21】 その他諸々編〔1〕 (スーパー・コンビニ<1>)

2010年6月11日(金)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日からは、「その他諸々編」で、今日は、「スーパー・コンビニ<1>」です。

この「まっちゃな旅人」をよく読んでいただいている方にとっては「恒例」となりますが、私は、現地のスーパー・コンビニに行くのが好きで、行けた場合は、毎回アップしています。
今回は、全くのフリーでしたので、毎日行ってました

私のホテルの付近には、スーパーでは、フィンランド大手の2大スーパーマーケット「K-MARKET」(こちら)・「S-MARKET」と言うのがありました。

こちらは、ヘルシンキ中央駅の記事(こちら)でもアップしましたが、駅の地下にある「K-MARKET」です。
IMG_1969.jpg

こちらが、「S-MARKET」です。
IMG_1866.jpg

同じく、「S-MARKET」です。
こうやって、何かのビルの地下に入っている場合もあります。
IMG_2391_20100606180220.jpg

で、「KIOSKI」(キオスキ)と言うものがあるのですが、日本でもお馴染みな名前ですが、置いてあるものも、日本と大体同じ印象ですが、フィンランドの「キオスキ」は、駅構内だけでなく、街なかにもあるので、「コンビニ」的なイメージですかね。
ポストカードも売ってます。
黄色と青の、かなりポップな外観で、とても可愛いですよね
IMG_2410.jpg

IMG_1968_20100606180557.jpg

IMG_1979.jpg

IMG_2321.jpg

IMG_2382.jpg

で、ここからは、スーパーの店内の様子を・・。
何店舗か混ざってますし、一部、「KIOSKI」のも含む・・かも知れません。
IMG_1514.jpg

IMG_1629.jpg

野菜コーナー。
IMG_1579.jpg

IMG_1578.jpg

IMG_1533.jpg

IMG_1631_20100606181037.jpg

IMG_1873.jpg

IMG_1632.jpg

IMG_1532_20100606180913.jpg

フィンランドのスーパーの野菜は、セルフサービスの量り売りが多かったです。
それぞれ、野菜がケースに入っているので、近くに置いてある袋に好きなだけ入れます。
そして、近くにある「はかり」に乗せて、野菜のケースに書いてあった番号を打ち込むと、シールが出て来て、それを袋に張ります。
番号を打ち込む事で、登録してあるキログラムの単価と重さを計算して金額が算出され、その金額を表すバーコードが付いています。

野菜だけでなく、お店で作っているらしいパンもそうでした。
(普通に、最初から袋入りのパン〔どこかの工場で作って、持って来たようなパン〕も売っています)
最初、「1キロも同じパンは要らないんですけど・・」って思っていたら、近くの女性が、袋に2個位だけ入れて、「はかり」に乗せて・・ってやってたので、「そうするんだぁぁ」と学習し、「シナモンロール」を1つだけ買いました。

袋入りパンはこんな風に・・(ちょっと空き空きの所を撮ってしまいました)。
IMG_1519.jpg

そして、飲み物コーナーです。
牛乳色々です。
IMG_1973.jpg

同じく。
IMG_1576.jpg

ちなみに、牛乳は、濃くて、ホントに美味しかったです
普段、牛乳だけで飲む事って無いんですが、ヘルシンキ滞在中は、ゴクゴクと牛乳を飲んでましたねぇ

パック入りのジュースです。
IMG_1874.jpg

同じく(常温長期保存のタイプですかね)。
IMG_1522.jpg

アルコール類です。
IMG_1524.jpg

ヨーグルト類①。
IMG_1517.jpg

ヨーグルト類②。
すごく種類が多かったです。
IMG_1523.jpg

こちら、可愛い卵パックです。
基本的に、卵はみんな、こんな風に「紙」のパッケージで売ってました。
IMG_1521.jpg

何だろ・・
ソース系ですかね。
IMG_1525.jpg

ピクルスとかですかね。
IMG_1526.jpg

何故か、絶賛販売中の山積み小麦粉・・。
IMG_1633.jpg

そして、お菓子コーナー。
フィンランドで超有名なチョコレートメーカー「Fazer(ファツェル)」(こちら)のチョコがずらりと並んでいます。
IMG_1527.jpg

見えますかね
ここにも「Fazer」が並んでます。
IMG_1536.jpg

袋入りのお菓子です。
小さくて見えないとは思いますが、ここにも「Fazer」が並んでます。
IMG_1531.jpg

クッキー系ですね。
IMG_1516.jpg

「KIOSKI」には、「TOTO」と書いたマークシート式のくじ売り場があり、また、「スロットマシーン」もあって、意外にも、みんな普通にやってます。
IMG_2320.jpg

この用紙に記入します。
言葉はが分からないのですが、いろんな種類の紙・・、何が違うんですかねぇ。
IMG_1961.jpg

そう言えば・・私、「KIOSKI」で買い物してたら、40代ですかね、現地の男性が(以降、英語)「中国人か・・」って声を掛けてきたので、「日本人です」って言ったら、「僕は友達に日本人がいるんだ」とか言って来て、何故か「君に、スロットマシーンをさせてあげるよ」と、自分の財布からコインを出し、マシーンに投入してくれ、「ここを押せ」と3つのボタンを指差し、そして、私が押す・・って言う会話を繰り広げました・・。
何だったんだろう・・・


フィンランドのスーパー・「KIOSKI」では、袋には入れてくれません。
自分で持って来るのが当たり前のようです。
ですので、どんな人でも(男性でも・・ね)、マイバックを持って来て、そこに入れています。
日本では、スーパーではほとんどの所で実施していますが、コンビニでは、まだまだ、入れてくれるのが普通ですよねぇ。
日本も真似したらいいのに・・・


明日も引き続き、「スーパー・コンビニ<2>」です。


旅のまとめ → こちら





フィンランド滞在記【20】 映画『かもめ食堂』編〔6〕(その他)

2010年6月10日(木)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、昨日(こちら)に引続き、「映画『かもめ食堂』編〔6〕(その他)」です。

2006年に小林聡美さん主演で制作・公開された オールフィンランドロケの映画「かもめ食堂」(こちら)に出て来る場所ですが、実際に歩いてみると、実はヘルシンキ中心地の 結構狭い範囲で撮影をしているんだなぁ・・と言うのが分かります。

昨日までにアップして来たものもそうですが、今日は、その他の分をアップしてみたいと思います

ものすごいピンポイントなんですけど、もたいまさこさん演じるマサコが「荷物(スーツケース)が着かないんですけど・・」とか「(着いた)荷物が違うみたいなんですけど・・」と電話をしているシーン。
これ、先日アップした(こちらこちら)「マーケット市場」でした。

こちら↓が劇中のシーンです。
マーケット市場④

↑これは、「マーケット市場」で、私が撮った写真なんですけが、上の写真で もたいさんの右奥に映っている船と同じですもんね。
帰国して、『かもめ食堂』を見直しして気づいたので、同じ構図での写真は撮れていないのですが・・
IMG_20361.jpg

IMG_2036.jpg

こちら↓が、同じく劇中のシーンです。
マーケット市場③

↑これは、「マーケット市場」の近くにある「ウスペンスキー寺院」(先日アップしています ⇒ こちら)に行く途中にある場所です。
「ウスペンスキー寺院」をアップした時に、「ウスペンスキー寺院」から「マーケット市場」(オレンジのテントのある場所)方面を見下ろして撮った写真があって、その中にあるかな・・と思ったら・・無く、仕方ないので、「丸」をつけてみました
この「丸」の場所で、海側から撮っている映像です。
これまた、帰国して、『かもめ食堂』を見直しして気づいたので、同じ構図での写真は撮れていないのですが・・
IMG_2215-1.jpg


そして、こちら、同じくもたいさんが荷物が届かないので・・と、洋服を買いに行ったと言うシーンです。
(これは私がTV画面をデジカメで撮りました
IMG_0379_20100606155845.jpg

↑こちらは、先日アップした(こちら)「エスプラナーディ公園」北側の「ポホヨイスエスプラナーディ通り」にある 日本でも人気のフィンランドのブランド「マリメッコ」(こちら)ですね。
「マリメッコ」は、この通りに2店舗ありますが、2階建ての店舗の方の1階です。
IMG_1764.jpg

IMG_1765.jpg

IMG_1771.jpg

これは、開店前に、外から ガラス越しに撮影したものです。
さすがに・・営業時間内に店内では・・撮れないんで・・
営業時間中に、店内には 入りましたけどね
IMG_1766.jpg


続いて・・。
小林聡美さん演じるサチエが営む「かもめ食堂」に、「日本かぶれ」のフィンランド人(若い男性)がやって来て、サチエに「ガッチャマンの歌を教えて欲しい」と言うシーンがあり、サチエは、「誰だ、誰だ、誰だ~」までしか歌えず、それがずっと気になっていて、歩きながらも歌っている・・と言うシーンで出て来ている街路樹です。
(これは私がTV画面をデジカメで撮りました
2010060616180000.jpg

先日アップした(こちら)「エスプラナーディ公園」の両脇にある ショッピング・レストランの通り「エテラエスプラナーディ通り」、「ポホヨイスエスプラナーディ通り」(こちら)どちらかです。
映像を見て、私の撮った写真を見ても、この2つの通りが似てるので、どっちの通りか分からないんですけど・・

「エスプラナーディ公園」の南側の「エテラエスプラナーディ通り」です。
IMG_1860.jpg

IMG_2398.jpg

こちらは、反対側(「エスプラナーディ公園」の北側)の「ポホヨイスエスプラナーディ通り」です。
わたし的には、こっちかな・・・って思ってるんですけど・・。
IMG_2329.jpg

IMG_2335.jpg


片桐はいりさん演じるミドリが、自転車を必死にこいで、男の人を抜く坂の道です。
メリカツ通り①

↑これ、「メリカツ通り」と言う通りらしいんですが、「メリカツ通り」までは行きましたが、色々探したものの、「ココ」と言う場所までは見つけられませんでした
IMG_24401.jpg

通りの名前の所をアップにしてみます。
IMG_2440.jpg

こんな感じで、素敵な家がいっぱいあるエリアでしたねぇ。
IMG_2449_20100606171856.jpg


「映画『かもめ食堂』編」として、いくつかアップして来ましたが、何でこんな詳細までロケ地が分かるのか・・と言う事なんですが、実は、「地球の歩き方」の北欧に、こんな特集記事があるんです
IMG_0268.jpg

IMG_0273.jpg

IMG_0270.jpg

IMG_0276.jpg

IMG_0281.jpg

IMG_0279.jpg

IMG_0285_20100606172843.jpg

こちらは、少し遠いので行っていませんが、もたいまさこさん演じるマサコが「キノコ狩りに行った森」として登場す場所です。
IMG_0283.jpg

↓劇中の映像。
森①

映画『かもめ食堂』のパンフにも出て来ます。
IMG_0286.jpg

あと、小林聡美さん演じるサチエと片桐はいりさん演じるミドリが買い物に出かける「ハカミエミのマーケット市場」ですが、これ、メトロ「ハカミエミ駅」の駅前にあるらしいのですが、私、劇中のマーケット市場が、「ハカミエミ駅にあるとは、その時知らず、別件で この駅まで行ったのに、この市場に行けていませんでした
ちょっとショック・・・


では、明日からは、その他色々をアップします。


旅のまとめ → こちら






フィンランド滞在記【19】 映画『かもめ食堂』編〔5〕(カフェ・ウルスラ)

2010年6月9日(水)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、昨日(こちら)に引続き、「映画『かもめ食堂』編〔5〕(カフェ・ウルスラ)」(こちら)です。

2006年に小林聡美さん主演で制作・公開された オールフィンランドロケの映画「かもめ食堂」(こちら)に 小林聡美さん演じるサチエ、もたいまさこさん演じるマサコ、片桐はいりさん演じるミドリ、そして、劇中に出て来るフィンランド女性、この4名で、休日に ある海辺のリゾートちっくなカフェに行って、並んでビールを飲む・・と言うシーンがあります。
それが、この「カフェ・ウルスラ」です。(こちら

ここは、私の泊まっているホテルから・・歩いて・・40分位の場所にありましたかねぇ。
結構遠かった
さすがに、帰りは、途中からトラムに乗りましたけどね・・

「カフェ・ウルスラ」は、「カイヴォプイスト公園」(こちら)と言う公園の横にあります。
この公園は、街の南東に位置し、周辺は大使館もある高級住宅街で、芝生の間を小道が縫い、木陰にベンチが点在する市民の憩いの公園だそうです。
海沿いの散歩道もあり、夏には野外コンサート等も開かれるそうです。
私が行った日は、土曜日で、天気もよくて暑く、かなりたくさんのグループが、芝生でピクニック的な事をしていました。
年間を通した日照時間が少ないフィンランドだから・・なのか、日が照っている時には、日に当たりに行く、そして、焼く為に、服を脱ぐ・・と言う 日本人とは真逆の考え方で、みんな日陰より日のあたる場所に座り、上半身も裸、もしくは水着と言う人も結構居ましたねぇ
もちろん、誰1人、「日傘」なんて差してません
(↓これら写真は、あえて、人が居ない場所を撮ってます)
IMG_1908.jpg

IMG_1909.jpg

IMG_1915.jpg

IMG_1916.jpg

そして、この公園を突き切った海沿いに「カフェ・ウルスラ」があります。
IMG_1892.jpg

IMG_1878.jpg

2010051515080001.jpg

IMG_1900.jpg

2010051515280000.jpg

こちら店内。
こちらで注文して、支払いを済ませ、そして、自分で、好きな場所に持って行くスタイルです。
IMG_1898.jpg

IMG_1897.jpg

IMG_1885.jpg

私は、カフェオレ(4.2ユーロ〔約487円〕)とシナモンロール(3.0ユーロ〔約348円〕)をオーダーしました。
(白くなっちゃって、よく分かんないと思いますが・・
IMG_1886.jpg

・・ってか、これで、7.2ユーロ〔約835円〕って、やっぱり、物価の高さをしみじみ実感しますねぇ・・
もちろん、この場所にあるから・・と言うのもあるとは思いますが・・・。
下の方に「ALV」って書いてあるのは、日本で言う「消費税」のようなもので、このカフェ代には「22%」掛かっています。
モノによって違うのですが、最高が、この22%です。
2010060615080000.jpg

ちなみに、劇中で4人が座っていたのはどこか・・と言うと、多分・・、この 街灯が立ってる席付近だと思います。
IMG_1903.jpg

こちら↓が劇中のシーンです。
角度がちょっと違いますが、街灯の位置とか・・、どうですか・・
ウルスラ?

この「カフェ・ウルスラ」には、海沿いに、こんな遊歩道があり、散歩している人、ペットを連れて散歩、あとジョギングをしている方々も結構居ました。
(またまた、白くなっちゃったんですけど・・)
IMG_1882.jpg

IMG_1893.jpg

私、歩いてて、「あれっ ここ・・、見覚えが・・」と思ったんですよね
この石垣の雰囲気に・・。

こちら↓が劇中のシーンですが、映画の始めの方、もたいまさこさん演じるマサコが海辺で、かもめに餌を投げているシーンです。
この写真では分かりにくいんですけど、石垣が同じなので、ここですねぇ
実際は、↓の海の中に「土」が盛り上がっている場所があるので、私の写真の場所と完全に一致はしてないのですが、この「土」の場所、ありましたよ、覚えてます。
かもめがたくさん休憩してました。
ウルスラ?

あと、小林聡美さんがCMをしているパンメーカー「Pasco」の「超熟」(こちら)のCMで、「かもめ食堂編」と言うのを何パターンか放送していましたが、それにも登場しています
↓ちょっと粗いですが、こちらCMの画像です(ネットで見つけました)。
CM?

いやいや・・、私、まさか、この風景まで記憶しているとは思いませんでしたわ

ここ海沿いだけに、風がキツくて、髪の毛はボサボサ、紙系は飛んでいく・・と言う感じでしたが、雰囲気、景色はとても良かったです。
毎日24時まで営業しているのもいいですね


明日は、映画『かもめ食堂』編〔6〕(その他)をアップします。


旅のまとめ → こちら




フィンランド滞在記【18】 映画『かもめ食堂』編〔4〕(カフェ・アアルト)

2010年6月8日(火)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、昨日(こちら)に引続き、「映画『かもめ食堂』編〔4〕(カフェ・アアルト)」です。

2006年に小林聡美さん主演で制作・公開された オールフィンランドロケの映画「かもめ食堂」(こちら)に出て来る 小林聡美さん演じるサチエが営む「かもめ食堂」に、「日本かぶれ」のフィンランド人(若い男性)がやって来て、サチエに「ガッチャマンの歌を教えて欲しい」と言うシーンがあり、サチエは、「誰だ、誰だ、誰だ~」までしか歌えず、それがずっと気になっていて、そして、ある本屋さんのカフェでお茶をしている 片桐はいりさん演じるミドリに声を掛け、「ガッチャマンの歌の歌詞が分かりますか」と聞くシーンがあります。
そのカフェが「カフェ・アアルト」です

こんなシーンです(私がTV画面を撮影しました)。
2010060616150000.jpg

2010060616170000.jpg


「カフェ・アアルト」は、先日アップした(こちら)「エスプラナーディ公園」北側の「ポホヨイスエスプラナーディ通り」にある「アカデミア書店(Akateeminen Kirjakauppa)」(こちら)の2Fにあります。
「アカデミア書店」は、創業1893年という歴史ある書店です。
フィンランドが生んだ 20世紀を代表する世界的な建築家・都市計画家・デザイナーのアルヴァ・アアルトこちら)〔←ユーロ導入まで使用されていた 50フィンランド・マルッカ紙幣に 肖像が描かれていたそうです〕設計の3階建ての店内に、フィンランドに関する書籍や写真集などがたくさん扱われています。
日本の漫画とか、あと、「盆栽」の本もありましたねぇ。
フィンランドの風景やムーミンの絵葉書なども売られています。

こちらは、私の泊まっていたホテルから、歩いて5分弱の場所にありました。
ちなみに、「アカデミア書店」の通りを挟んだ真ん前には、日本でも人気のフィンランドのブランド「マリメッコ」(こちら)のお店があります。

IMG_1670_20100606134413.jpg

IMG_1669.jpg

IMG_1668.jpg

2Fから下方向を撮ってみました。
吹き抜けになっていて、とても開放感がある キレイな書店です。
IMG_1667.jpg

で、こちらが、2Fにある「カフェ・アアルト」(こちら)です。
IMG_1659.jpg

IMG_1662.jpg

ちなみに、小林聡美さん演じるサチエと片桐はいりさん演じるミドリが話をしていた席は、この写真のボーダーのTシャツを着た女性が座っていた席か、そのもう1つ左向こうの席と思われます
IMG_1661.jpg

ケーキ、飲み物以外に、パン、サンドイッチ・サラダ系も充実してて、AM9時からの「朝食メニュー」あります。
ちなみに、私の顔を見たスタッフさん、英語で「日本語のメニュー見ますか」と、日本語のメニューを見せてくれました
IMG_1664.jpg

IMG_1658.jpg

ちょっとお腹が空いたので、クロワッサン(ちょっと大きめでした)を頂きました。
IMG_1655_20100606134625.jpg

ここで、日本のお友達へのエアメールを書いてみました
左のムーミンのデザインのものは、先日アップしましたが(こちら)、自分に出してみました
IMG_1663.jpg

結構、落ち着けるカフェでした


明日は、映画『かもめ食堂』編〔5〕(カフェ・ウルスラ)をアップします。


旅のまとめ → こちら



フィンランド滞在記【17】 映画『かもめ食堂』編〔3〕(カハヴィラ・スオミ[3])

2010年6月7日(月)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、昨日(こちら)に引続き、「映画『かもめ食堂』編〔3〕(カハヴィラ・スオミ[3])」です。

おととい(こちら)・昨日(こちら)もアップしましたが(こちら)、2006年に小林聡美さん主演で制作・公開された オールフィンランドロケの映画「かもめ食堂」(こちら)に出て来る 小林聡美さん演じるサチエが営む「かもめ食堂」として登場したレストラン「カハヴィラ・スオミ(Kahvila Suomi)」(こちら)が、ヘルシンキに今も営業しているので、そこに行って来ました

私、この映画が大好きで、「フィンランドに行ってみたい」と思ったのも、この映画の影響で、いつか、このお店にも行ってみたいと思っていました

おととい(こちら)・昨日(こちら)では、お店の様子、食べたものをアップしたので、今日は、映画との比較的なものをしてみたいと思います。

基本的に、外観は一緒です。
今も、お店の前には「かもめ食堂」と書いてあります。
ですが、店内は、雰囲気は残っていますが、レイアウト的なものが違います。
比較してみましょう

外観
〔劇中〕
かもめ食堂32

〔私が撮った写真〕
IMG_1541_20100606163315.jpg

店内
〔劇中〕
かもめ食堂③

〔私が撮った写真〕(方向が多少違いますが)
IMG_1549_20100606164906.jpg
(方向が逆ですが)
IMG_2412.jpg

〔劇中〕
かもめ食堂29

〔私が撮った写真〕(方向が多少違いますが)
IMG_2411.jpg

〔劇中〕
かもめ食堂23

かもめ食堂⑰

〔私が撮った写真〕(方向と場所の詳細は多少違いますが)
IMG_2417.jpg

〔劇中〕
かもめ食堂28

〔私が撮った写真〕(方向と場所の詳細は多少違いますが)
IMG_2414.jpg

〔劇中〕
かもめ食堂⑬

〔私が撮った写真〕(方向と場所の詳細は多少違いますが)
IMG_1554_20100523180149.jpg

キッチン
〔劇中〕
かもめ食堂30

かもめ食堂⑥

かもめ食堂⑫

〔私が撮った写真〕
IMG_1567_20100523180532.jpg

IMG_1547.jpg

キッチンは場所が違っていて、劇中にキッチンがあった場所は、こんな感じです。
IMG_1566.jpg

IMG_1548_20100523175822.jpg


ちなみに、これは、ほぼ、同じ方向ですね。
〔劇中〕
かもめ食堂②

〔私が撮った写真〕
IMG_1567_20100523180532.jpg


こうやって比較して行くと、似てる所もあり、キッチンなんかは全く違う所もあり・・なんですが、全体の印象は、「そのまま」って思わせてしまう所はあります
全体的に、劇中の方は、色合いが淡いんですが、実際は、比較的濃い目ですよね。

比較してみると・・、ちょっと面白い


明日は、映画『かもめ食堂』編〔4〕(カフェ・アアルト)です。


旅のまとめ → こちら



フィンランド滞在記【16】 映画『かもめ食堂』編〔2〕(カハヴィラ・スオミ[2])

2010年6月6日(日)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、昨日(こちら)に引続き、「映画『かもめ食堂』編〔2〕(カハヴィラ・スオミ[2])」です。

ヘルシンキ滞在中にアップしましたが(こちら)、、2006年に小林聡美さん主演で制作・公開された オールフィンランドロケの映画「かもめ食堂」(こちら)に出て来る 小林聡美さん演じるサチエが営む「かもめ食堂」として登場したレストラン「カハヴィラ・スオミ(Kahvila Suomi)」(こちら)が、ヘルシンキに今も営業しているので、そこに行って来ました

私、この映画が大好きで、「フィンランドに行ってみたい」と思ったのも、この映画の影響で、いつか、このお店にも行ってみたいと思っていました

昨日はお店の様子をアップしたので(こちら)、今日は、食べたものをアップしたいと思います

ここ「カハヴィラ・スオミ」は、私の泊まっていたホテルから、歩いて15分位の場所にありました。
せっかくですので、今回のヘルシンキ滞在中に2回行きました
心残りの無いように・・ね・・

まず、1回目にいただいたのは、こちら。
映画『かもめ食堂』でも登場する「シナモンロール」(プッラ)とコーヒーです。
奥にガラスの器に入っているのは、チョコレートクリームですかね。
お店の方がサービスでくれたのですが、少しだけつけてみましたが、無い方が好みでした
IMG_1563.jpg

アップにしてみました。
IMG_1564_20100529111354.jpg

フィンランドの「シナモンロール」の作り方は、映画でも出て来ますが、パン生地を大きめの長方形に伸ばし、表面にバターを薄く塗り、シナモン、砂糖をまんべんなくふりかけ、ロール状に巻きます。
それを一人前ごとに輪切りにし、切り口を上にしてオーブンで焼きます。
焼き上がったものに、北欧で一般的なニブシュガーというゴマ粒状の砂糖をトッピングします。
この「カハヴィラ・スオミ」にあるものも、一般的な「シナモンロール」ですね

ちなみに、お代は、セットで2.5ユーロ(約290円)でした。
〔「シナモンロール」だけで買うと、1.8ユーロ(約209円)です。〕
「ALV」って書いてあるのは、日本で言う「消費税」のようなもので、この食事には「22%」掛かっています。
モノによって違うのですが、最高22%まであります。
2010052918380000.jpg


そして、2回目はこちら。
ミートボール」(lihapy醇rryk醇Bt) です。
こちらのお店では、人気のメニューのようです。
フライドポテトとサラダが添えてあって、セルフサービスのサラダとパン、スープ、飲み物が付いています。
結構・・、量ありましたねぇ・・・
IMG_2425.jpg

本来は、フライドポテトではなくて、マッシュポテトだったのですが、私が行った時は、ランチよりも早めの時間だったので、まだ準備が出来ていなくて、フライドポテトに変更しました。

アップにしました。
ミートボールは、結構スパイスが効いていて、そして、掛かっているソースは、ちょっとクリーム系でした。
IMG_2428.jpg

これ、甘酸っぱいベリー系のソースです。
フィンランドでは、お肉にベリーのソースを添えて食べます。
私は、さすがに勇気がなかったので、パンにつけて食べましたが・・
IMG_2432.jpg

これで、お代は、セットで10.8ユーロ(約1,253円)です。
物価の高いフィンランドで、この量でお値段は、結構お得だと思います
ランチの時間に行くと、9ユーロ(約1,044円)程度で食べれるようです。

テーブルに置いてあった ケチャップ・マスタード、ソースのトレイに、キッコーマンの醤油がありました
IMG_2430.jpg

このお店のサラダもそうですが、フィンランドで何回か食べた人参、「生」も「火の通ったもの」もあるのですが、甘くて美味しかったですねぇ


私、このお店でミートボールをいただいた後、ホテルに帰り、そのまま荷物をまとめて帰国したのですが、地元のお友達で、映画「かもめ食堂」のファンの方が居て、その方に、この「シナモンロール」を2つ、お土産にしました。
日本に帰国して、家に帰る途中にその方の家に寄って、この「シナモンロール」を渡して帰りました

お店で買ってから、その方に渡すまで22時間。
多少硬くなったかも知れませんが、後日、「美味しかったよ」とメールを頂きました


明日は、映画『かもめ食堂』編〔3〕(カハヴィラ・スオミ[3])をアップします。


旅のまとめ → こちら


フィンランド滞在記【15】 映画『かもめ食堂』編〔1〕(カハヴィラ・スオミ[1])

2010年6月5日(土)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、「映画『かもめ食堂』編〔1〕(カハヴィラ・スオミ[1])」です。

ヘルシンキ滞在中にアップしましたが(こちら)、2006年に小林聡美さん主演で制作・公開された オールフィンランドロケの映画「かもめ食堂」(こちら)に出て来る 小林聡美さん演じるサチエが営む「かもめ食堂」として登場したレストラン「カハヴィラ・スオミ(Kahvila Suomi)」(こちら)が、ヘルシンキに今も営業しているので、そこに行って来ました

私、この映画が大好きで、「フィンランドに行ってみたい」と思ったのも、この映画の影響で、いつか、このお店にも行ってみたいと思っていました

ここ、映画の中では、日本の「おにぎり」をメインメニューにする日本食のお店でしたが、実際は、ミートボール (lihapy醇rryk醇Bt) 、シナモンロール (korvapuusti) などの 伝統的なフィンランド料理を提供する 地元の人で賑わうお店だそうです。
私が行った時も、1人で来ている男性や年配の女性など、ご近所の方かしら・・と言う方がいらっしゃいました。
その日のメニューの中から好みのものをレジで注文するタイプのカフェテリア方式で、店内メニューはフィンランド語のみですが、店員は英語で対応してくれ、映画公開後、訪れる日本人が増えたらしく、日本語のメニューやサイトもあります(こちら)。

私の泊まっていたホテルから、歩いて15分位の場所にありました。
行く前に、お店に行った方のブログを見ていたら、多少分かりにくい場所にあるような事が書いてあったので、「グーグルMAP」で詳細の地図を印刷して行ったので、それ程迷いませんでした

この「PURSIMIEHENKATU」と言う通りにあります。
住宅地の中にありました。
IMG_2438.jpg

お店の様子はこちらです。

まずは、外観。
IMG_1572.jpg

お店の表の感じはそのままですね
IMG_1541.jpg

IMG_2434.jpg

IMG_1571_20100523174856.jpg

日本語で「かもめ食堂」とそのまま書いてあります
IMG_1543.jpg

IMG_2418.jpg

右の方、見えますか・・
「かもめ食堂」のポスターも貼ってありました。
IMG_2419.jpg

IMG_1569.jpg

IMG_2420.jpg

フィンランド語で書いてあるのですが、こちら、「月~金曜日の9~21時営業」と言う意味です。
IMG_1573.jpg

IMG_2421.jpg

そして、いよいよ中に・・・。
なお、お店の方に、「写真を撮ってもいいですか」と許可をいただいて、撮影させていただいております

劇中のレイアウトと、現在のレイアウトは、多少違い、キッチンの場所や様子はかなり違いますが、店内の水色をベースにした辺りはそのままです。
私の行った時間が平日のam9:30頃だったので、多分、時間的なもののせいで、お店には、まだ人は居ません。
IMG_1554_20100523180149.jpg

IMG_2411.jpg

IMG_2412.jpg

IMG_2414.jpg

IMG_2415.jpg

IMG_1552.jpg

このガラスの雰囲気もそのままですね
IMG_2417.jpg

天井の青い感じもそのままですね。
IMG_2413.jpg

IMG_2416.jpg

見えますか・・
奥には、「かもめ食堂」のポスターも貼ってありました。
IMG_1567_20100523180532.jpg

IMG_1547.jpg

黒板メニューですが、全く・・分かりません
IMG_1545.jpg

ランチ時間近くに書き直していたので、「本日のランチ」とかを書いてるんですかね。
IMG_1566.jpg

こちらがセルフサービスの飲み物です。
コーヒー、紅茶です。
IMG_1548_20100523175822.jpg

IMG_1546.jpg

サンドイッチ系ですね。
左はチーズ入りでしょうか(2.7ユーロ〔約313円〕)、右がハムが入ったハンバーガーですかね(3.8ユーロ〔約441円〕)。
IMG_1558.jpg

ケーキもありました。
IMG_1557.jpg

こちらの牛乳もセルフサービスの中に入っています。
パック入りの「maito」は牛乳です。
IMG_1559.jpg

こちら、手前にあるのが、劇中にも登場した「シナモンロール(プッラ)」です。
IMG_1562_20100523180146.jpg

ちょっとウケるのが、こちら。
「かもめ食堂」と書道で書かれていて、「命」、「浄」って・・
小さくてわかりにくいですが、右の方に、折り紙で「お雛様」を折ったものも飾ってあります。
IMG_1551_20100523175822.jpg


お店の名前「カハヴィラ・スオミ」ですが、どう言う意味かと言うと、フィンランド語で「カハヴィラ(Kahvila)」は「カフェ」、「スオミ(Suomi)」は「フィンランド」です。
「カフェ・フィンランド」、ある種、かなりスタンダードな店名ですよね

「Youtube」に、ヘルシンキで撮影した「パスコ」の「超熟」のCMで、「かもめ食堂バージョン」があったので、興味があれば、見てみて下さい。
このお店で撮影しているCMもあります。
こちら
こちら
こちら


今日はここまでで、明日は、ここでいただいた食べ物をアップしたいと思います


旅のまとめ → こちら

フィンランド滞在記【14】 観光編〔10〕(郵便局)

2010年6月4日(金)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、「観光編〔10〕(郵便局)」です。
(「観光地」と言うくくり は、多少違いますが・・)

「posti」と書いてあり、何か、ペットの名前みたいですが、こちら、ヘルシンキ中央郵便局です。
昨日アップした(こちら)ヘルシンキ中央駅の真ん前にあります。
IMG_1471.jpg

何か・・、このオレンジとブルー、「ポップ」な郵便局ですよね
IMG_1681.jpg

ポストも同じオレンジとブルーで、街なかに結構置いてあり、結構目立っています。
IMG_1472_20100523162136.jpg

こちら、窓口の営業時間が記載してあるものなんですが、月~金が am7時~pm9時まで、土日がam10時~pm6時までです。
ここは中央郵便局なので、他の郵便局より営業時間が長いし、土日も営業していますが、平日の朝7時からって、すごいですね
ちなみに、日本の郵便局と違い、扱っている業種は「郵便事業」だけです。
IMG_1950.jpg

全てがポップですねぇ。
IMG_1683.jpg

こちら、伝票を書くコーナーですね。
IMG_1680.jpg

で、他の国と、このフィンランドの郵便局が違うのは、窓口じゃない 広いスペースがある事なんですよっ
↓こちらです。
IMG_1678.jpg

IMG_1679.jpg

IMG_1976.jpg

これらは何かと言うと、封筒や宅配BOXの売り場でもあり、また、お土産を売っている場所でもあるんです。
封筒や宅配BOXも、オレンジをベースにしたノーマルなもの(こちら)から、フィンランドのマスコットキャラクター・ムーミンのもの、また、バラやポップな花のデザインのもの、また、さすがフィンランドと思わせるのが、日本でも人気のフィンランドのブランド「マリメッコ」(こちら)の封筒や宅配BOXもあります。
お値段は、ノーマルのも他のもそんなに変わらなかったと思います。
ちなみに、「マリメッコ」の直営店や「ムーミンショップ」でも売っていないものもあるそうです。

封筒や宅配BOXの他にも、「マリメッコ」のマグカップ、ポーチ、紙ナプキン、エプロン、キーホルダなどの、あまりサイズの大きくないものが色々、また、他の 例えば、フィンランドを代表するテーブルウェアブランド「イッタラ」(こちら)のもあったかな・・
他にも、サンタクロースやムーミンのグッズ、他にお菓子など、比較的サイズの小さめなものが、かなりな種類、取り揃えられていて、ここで選んで、封筒や宅配BOXに入れて送る事が出来るようです。
すごい充実してましたよ

しかも、この中央郵便局は2階にもこんなエリアがあり、2階には、カフェ「WAYNE'S COFFEE」(こちら)と言うスウェーデン生まれのカジュアルコーヒーショップまで併設していて、郵便局に用事がない人も来てそうでしたねぇ。

この中央郵便局は規模が大きかったですが、私が行った別の郵便局は ↓ こんな感じで、ちょっと小さいものでしたが、ちゃんとグッズ売り場もありました。
IMG_1628.jpg

IMG_1627.jpg


ここから、日本のお友達にエアメールを出したんです。
で、窓口で「切手下さい」って言ったら、何も言わずに出て来たのが、このムーミン切手でした。
IMG_1687.jpg

6枚で1setになっていて、ポストカード1枚につき、この切手を1枚貼ります。
IMG_16871.jpg

ちなみに、6枚で4.8ユーロ(約557円)、1枚93円です。
↓2セット買いました。
下の方に「ALV」って書いてあるのは、日本で言う「消費税」のようなもので、この切手代には「22%」掛かっています。
モノによって違うのですが、最高が、この22%です。
2010052316470000.jpg

で、今回初めて、自分にも送ってみたんです。
IMG_2693.jpg

フィンランドの国民的スターのムーミンのハガキです。
このムーミンのハガキは、空港でも、街なかでも、駅でもどこででも売ってます。
IMG_2695.jpg

切手もムーミンです。
IMG_2696.jpg

郵便局の窓口に出してから、6日で着きました。
滋賀県の大津に住む知人の家には、4日間で着いたようです。
海外から送った割には、かなり早く着きますよねぇ
普通、エアメールとは言え、1週間、2週間は掛かりますもんね。
フィンランドの郵便事情、かなり優秀

で、何だか気になったので、「マリメッコ宅配box」も買いました
↓ サイズ的には、A4位のを2箱買いました
1つ2.9ユーロ(約336円)です。
こちらにも、同じく、22%の消費税が掛かっています。
「マリメッコ」として考えたら、高くはないかも知れないですね
2010052316490000.jpg

こちらです。
ちなみに、郵便局では「青」の封筒・BOXだけを扱っているみたいです。
IMG_2351.jpg

で、「買ったはいいが・・、どうやって持って帰るか・・」と考えました。
箱を分解しても(潰しても)、完全にぺったんこにならず、結局、箱を組み立てたのままにして、中に色々入れて、スーツケースに入れました


では・・。
明日は、「映画『かもめ食堂』編〔1〕(カハヴィラ・スオミ)」をアップします。


旅のまとめ → こちら



フィンランド滞在記【13】 観光編〔9〕(ヘルシンキ中央駅)

2010年6月3日(木)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、「観光編〔9〕(ヘルシンキ中央駅)」です。
(「観光地」と言うくくり は、多少違いますが・・)

この前「飛行機編〔1〕(行き)」(こちら)をアップした際、多少触れましたが、この「ヘルシンキ中央駅」、フィンランドの建築家 エリエル・サーリネン(こちら)の設計で 1919年に完成したもので、1日に約20万人もの人々がこの駅を利用し、フィンランドで最も利用客のある建物の1つだそうですよ。
ヘルシンキからフィンランド国内の各都市に向かう長距離列車の大部分と、全てのヘルシンキ近郊列車は、この駅から出発するそうです。

まずは外観から・・・。
IMG_1449.jpg

他の外壁。
IMG_1450_20100523150640.jpg

更に、他の外壁。
面によってデザインが違うので、見ていても、色んな発見があります。
IMG_2385.jpg

時計塔がありますが、実はこれ「午後8:30」です。
この時期は、pm10時過ぎまで明るいんで、この時間は、まだまだ明るいです。
IMG_1490.jpg

白くなっちゃいましたが、「ランプを持った像」がありました。
高さ48.5mのものが 左右に計4体あるのですが、この像は、駅舎管理を担当している「VR」(こちら)のテレビCMに使われるなど非常に有名で、この像を題材としたラップ曲もリリースされているそうです。
IMG_1600.jpg

「HELSINKI-HAMEENLINNA 1862-1962」って書いてあるのですが、「HAMEENLINNA」(ハメーンリンナ)とは、ヘルシンキの西にある ジャン・シベリウス(こちら)と言う 1865年生まれのフィンランドの作曲家の生まれ育った町だそうです。
このプレート、何なんですかね・・
100年間、この区間で列車が走っていたと言う事ですかね・・
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
IMG_1465_20100523150639.jpg

駅構内に入るドアも、こんな引き戸で、歴史を感じますねぇ。
結構、重量感があるドアでした
IMG_2387.jpg

IMG_1956.jpg

そして、駅構内です。
天井が高くて、開放感がありますねぇ。
IMG_1466_20100523152536.jpg

こちらは、「VR」の中長距離列車です。
IMG_1469_20100523152534.jpg

IMG_1468_20100523152535.jpg

私、以前、ドイツを列車旅行した事があるんですが、その時に乗った「ドイツ鉄道(DB)」(こちら)の駅もこんな感じだった印象があります

行き先を見ても分かりませんが、フィンランド国内が中心ですが、ロシアへ国際列車も運行されているそうで、サンクトペテルブルグ へは、1日2便、モスクワ へは、寝台列車が1日1便運行されているそうです。
モスクワまでは、13時間掛かるそうですよ。
IMG_1966_20100523152923.jpg

IMG_1470_20100523152534.jpg

こちら自動券売機ですかね。
大きな窓口もありました。
IMG_1963_20100523152924.jpg

この駅の真下には、ヘルシンキ地下鉄〔メトロ(地下鉄)〕のラウタティエントリ駅があり、駅前には、トラム(路面電車)の停留所があるので、ここには、その自動券売機もあります。
IMG_1965.jpg

駅構内には、売店やカフェなどが並んでいて、切符売り場のそばには、持ち帰り寿司の売店もありました。

こちら、売店「KIOSKI」(キオスキ)です。
日本でもお馴染みな名前ですね。
置いてあるものも、日本と大体同じ印象ですが、フィンランドの「キオスキ」は、駅構内だけでなく、街なかにもあるので、「コンビニ」的なイメージですかね。
ポストカードも売ってます。
IMG_1467.jpg

IMG_1962_20100523152924.jpg

駅構内には、こんな風にサンドイッチ系を売っているお店もあります。
IMG_1958.jpg

外観がかなり立派で、フィンランドで一番大きい駅と言う割には、構内は、比較的こじんまりしてる印象は受けましたかねぇ
とは言え、地下に行くと、地下鉄の駅だけじゃなくて、フィンランド大手のスーパーマーケット「K-MARKET」(こちら)の店舗があり、食料や日常品を購入出来ますし、その他、マック、もう1つ「ヘスバーガー」(こちら)と言うフィンランド版マックのハンバーガー屋さん、再びキオスキなどなど、たくさんのお店があったので、1階と地下を合わせると、結構、お店の数は多いんですかね


では・・。
明日は、「観光編〔10〕(郵便局)」をアップします。


旅のまとめ → こちら




フィンランド滞在記【12】 観光編〔8〕(マーケット市場)

2010年6月2日(水)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日も、昨日に引き続き、「観光編〔8〕(マーケット市場〔カウッパトリ〕<2>)」(こちら)です。

こちらは、先日アップした(こちら)「ヘルシンキ大聖堂&元老院広場」や、同じく、先日アップした(こちら)「ウスペンスキー寺院」、同じく、先日アップした(こちら)「エスプラナーディ公園」の近くにあり、同じく、先日アップした(こちら)世界遺産「スオメンリンナ島」行きのフェリーの発着地にもなっている所です。

月~土のAM6:30から開かれています。
夏(5月中旬~)には、「サンデーマーケット」も開かれています。

夏の期間だけ開催されている「サンデーマーケット」に行ってみたので、今日はその写真を・・・。

右手奥の茶色い建物が「ウスペンスキー寺院」です。
そして、その左手にある白い建物が、恐らく「大統領官邸」です。
IMG_2319.jpg

IMG_2313.jpg

IMG_2024_20100523135204.jpg

IMG_2027.jpg

IMG_2240.jpg

昨日アップした平日のマーケットと、今日のこのサンデーマーケット、何か、お店の種類がちょっと違うような・・
とは言え、平日のマーケットは朝行ったので、まだ準備してる途中のお店も多かったし、このサンデーマーケットはpm3時頃だったので、私の行った時間帯の問題かも知れませんけどね・・。
IMG_2028_20100523135204.jpg

IMG_2241.jpg


こちらで遅めのランチをいただく事にしました。
IMG_2239.jpg

IMG_2243.jpg

IMG_2228.jpg

IMG_2229.jpg

IMG_2235.jpg

焼いたサーモンに、丸ごと茹でたじゃがいも、見えていませんが、下には、炒めた玉ねぎと、サラダ(レタスと人参にヨーグルトがかかっている)があります。
これで、8ユーロ(約929円)です。
IMG_2231.jpg

やっぱり、物価高いですよね・・
この手の場所で食べる この位の食べ物で、約929円ですから・・

でも、サーモンもじゃがいもも、とても美味しかったですし、「サラダにヨーグルト」も最初はどうかな・・と思いましたけど、まぁまぁイケました。
量もかなり多くて、食べきれず、残しちゃいました・・・。


ここは、港に面しているので、「かもめ」さんがたくさん飛んでいます。
IMG_2208.jpg

IMG_2232.jpg

いつもたくさんの「かもめ」さんが、食べこぼしを狙って飛びまわっていて、 意外に勢いがよいです
IMG_2226.jpg

IMG_2261.jpg


ネットで見たら、「多くは観光客向け」って書いてあったんですが、私から見て「外国人」はあまり居なかったので、地元でないフィンランドの方が多かったんですかね
フィンランドの方に親しまれているスポットなんでしょうねぇ


では・・。
明日は、「観光編〔9〕(ヘルシンキ中央駅)」をアップします。


旅のまとめ → こちら


フィンランド滞在記【11】 観光編〔7〕(マーケット市場)

2010年6月1日(火)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、「観光編〔7〕(マーケット市場〔カウッパトリ〕<1>)」(こちら)です。

こちらは、先日アップした(こちら)「ヘルシンキ大聖堂&元老院広場」や、同じく、先日アップした(こちら)「ウスペンスキー寺院」、同じく、先日アップした(こちら)「エスプラナーディ公園」の近くにあり、同じく、先日アップした(こちら)世界遺産「スオメンリンナ島」行きのフェリーの発着地にもなっている所です。

月~土のAM6:30から開かれています。
夏(5月中旬~)には、「サンデーマーケット」も開かれています。

着いた日の翌々日の朝(金曜日)に行ってみたので、まずはその写真を・・・。

ジャガイモ、エンドウ豆、レタス、トマトなどの野菜を売っているお店です。
IMG_1757.jpg

同じく。
IMG_1732_20100523131835.jpg

IMG_1731_20100523131836.jpg

こんな風にイチゴを運んできて・・・。
IMG_1733.jpg

アップにしてみました。
IMG_1734.jpg

こうやってディスプレイして売っています。
IMG_1735.jpg

量り売りとパック詰めの両方があり、私はこちらを買いました(4ユーロ〔約464円〕)。
これで464円って・・・、かなり高いですよね。
でも、これが「フィンランド価格」なんですよっ
IMG_1755.jpg

ちなみに、↑、イチゴの入ってた「木箱」もタダで もらったんです。
どうやって日本に持って帰ろうか・・と試行錯誤し、スーツケースに入れて、中に服を入れて、何とか持って帰って来ました

お花も売っています。
切花のお値段を聞いてみたのですが、意外に高かったです。
どれも10ユーロ(1160円)以上でしたので、買うのをやめました・・。
IMG_1756.jpg

IMG_1759_20100523133532.jpg

他にも手作りの雑貨とか服、ジャムなどを売っているお店もありましたよ。

こちらで一休憩してみました。
IMG_1750.jpg

朝7:30なんで、まだ人も居ないですが・・・。
IMG_1749_20100523132626.jpg

IMG_1748_20100523131929.jpg

IMG_1751_20100523132625.jpg

IMG_1743_20100523131930.jpg

IMG_1745.jpg

IMG_1746_20100523131929.jpg

コーヒーとアップルパイをいただきました(4ユーロ〔約464円〕)
IMG_1738.jpg

アップルパイをアップで・・。
りんごがシャキシャキしてて、中にはカスタードクリームも入ってました。
ちゃんと「粉糖」も振ってありますね。
IMG_1739.jpg


こちら、マーケット市場の横にある「オールドマーケット」です。
IMG_1723.jpg

最初ね・・、あまりに重厚な建物だったので、何かの博物館か何かかな・・って思ったんですけど、このプレートを見つけて、「オールドマーケット」だと分かりました。
IMG_1724.jpg

IMG_1716_20100523133733.jpg

こちらは屋内型のマーケットで、マーケット広場にほとんど露店が出ない冬季でも、このホール内では営業しているそうです。
青果や鮮魚もありましたが、先程アップした屋外のマーケットより「加工モノ」が多かったです。
私が入った時、まだオープン時間前だったので、全貌がはっきりとは分からないですが、チーズ、サンドイッチ、お菓子、カフェ、エビ専門店、お惣菜系もありましたよ。
日本食のお店もあるそうですよ。
IMG_1717.jpg


では・・。
明日は、「観光編〔8〕(マーケット市場<2>)」をアップします。


旅のまとめ → こちら




フィンランド滞在記【10】 観光編〔6〕(エスプラナーディ公園)

2010年5月31日(月)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、「観光編〔6〕(エスプラナーディ公園)」です。

「エスプラナーディ公園」は、ヘルシンキ中心部にある 細長い小さな公園で、両脇には「エテラエスプラナーディ通り」、「ポホヨイスエスプラナーディ通り」(こちら)と言う ショッピング・レストランの通りがあり、夜まで多くの地元の方々で賑わっている 非常に人気のスポットです。
私の泊まっていたホテルから、歩いて2分位の場所にあり、滞在中、私も何度も通りました

こんな風に広場があります。
この写真を撮影した時間帯は空いていましたが、休日や仕事の終わった時間帯以降は、相当の人で賑わっていました。
IMG_1590.jpg

こっちは休日に撮ったものなのですが、分かりますかね・・
たくさんの地元の方々が、シートを敷いて、ピクニック的な事をしたり、本を読んだりしていました。
「太陽に当たりたい北欧人」は、上だけ水着になっている女性とか、上半身裸の男性など、一杯居ました。
IMG_1652.jpg

IMG_1708.jpg

IMG_2396.jpg

これ・・何の像だっけ・・・
IMG_2395.jpg

この公園は港に近いので、「かもめ」さんもたくさん居ます。
像の頭の上に乗っちゃいましたねぇ・・
IMG_2333.jpg

「エスプラナーディ公園」の南側の「エテラエスプラナーディ通り」です。
IMG_1860.jpg

IMG_2398.jpg

こちらは、反対側(「エスプラナーディ公園」の北側)の「ポホヨイスエスプラナーディ通り」です。
IMG_2329.jpg

IMG_2335.jpg

この通りの建物は、「見た目」で、既に、歴史がある雰囲気が かなり漂っているものばかりです。
ただ、ヨーロッパでよく見かける建物と言う印象ではないんですよね。
ガイドブックには、「帝政ロシア時代の ネオ・クラシカルな建物と、スウェーデン領時代の名残、水準の高い近代建築」と書かれているので、それかも知れないですね。

こちらはカフェです。
オープンカフェにもたくさんの人が居ました。
IMG_1653_20100523121122.jpg

IMG_2330.jpg

IMG_1706_20100523121411.jpg

ちなみに、この4枚・・撮影したのは、PM10時過ぎです。
明るいですよねぇ
IMG_1695.jpg

IMG_1693.jpg

IMG_1696.jpg

IMG_1698.jpg

古い自転車のかごに「水仙」が植えてありました。
「水仙」って日本のイメージだったのですが、色んな種類の水仙が、色んな場所に植えてありましたよ。
IMG_1762_20100523121410.jpg

IMG_1694.jpg


ちなみに、日本でも人気のフィンランドのブランド「マリメッコ」(こちら)は、この通りに2店舗あり、1店舗は2階建てでした。
IMG_1473.jpg

IMG_1592.jpg

IMG_1593_20100523120840.jpg

IMG_1764.jpg

IMG_1765.jpg

こちら2階建ての方の「マリメッコ」の建物は、1907年に建てられたもののようです。
IMG_1770.jpg

そう言えば・・。
この夏、NTTドコモ(こちら)から「マリメッコ」とのコラボケータイが発売されるそうですね(こちら

他にも、世界50ヶ国もの国々で愛され続けている フィンランドを代表するテーブルウェアブランド「イッタラ」(こちら)のショップもありました。
ブランドには興味が薄い私が見逃しているショップも 結構あったのでは無いかと思いますが・


では・・。
明日は、「観光編〔7〕(マーケット市場<1>)」をアップします。


旅のまとめ → こちら



Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索