FC2ブログ

Entries

大晦日ですねぇ。

2013年12月31日(火)

今日は大晦日ですね。

毎年毎年、海外のどこかで年越しをしている ワタクシ「まっちゃな旅人」ですが、今年は何とも珍しく、家に居ります

ちょっと過去をさかのぼってみましょう・・・。

去年(2012年)・・。
トルコのイスタンブールに居ました。
ブログ→こちら

おととし(2011年)・・。
マレーシアの首都・クアラルンプールに居ました。
ブログ→こちら

2010年・・。
ニューカレドニアの首都・ヌメアに居ました。
ブログ→こちら

2009年・・。
カンボジアのアンコールワットからの帰国の途に着いていました。
ブログ→こちら

2008年・・。
東京に居ました。
ブログ→こちら

2007年・・。
台湾の首都・台北に居ました。
ブログ→こちら

って事で、日本で過ごす年末年始は2008年の5年ぶり、そして、旅行予定の無い年末年始は、何と、1999年の14年ぶりで、ワタクシ・・・、路頭に迷っております

「年末年始って、何するんだっけ・・」って思って、早数日・・。
お暇なお友達、ご連絡下さい

ま・・・、そもそも、何で今年は海外に行かないのか・・って話なんですが、毎年一緒に旅行に行っている友達が「今年は都合が悪い」って事になりまして。
で、私、別の友達で誰か海外に行く人 居ないかしら・・って、ちょっと探したのですが、誰も居ず、そして、1人で行く方法もあるかも・・とも思ったのですが、年末年始に1人ってのも、盛り上がりに欠けるなぁ・・なんて思いまして、家で過ごすと言う事になりました。


最後に・・・。
今年も、この「まっちゃな旅人」に ご訪問いただき、ありがとうございました
また来年もよろしくお願いします
あと少しですが、よいお年をお過ごし下さい。
来年もみなさまにとって、いい年でありますように




スポンサーサイト



「ユニクロ」との・・・・。

2013年12月8日(日)

先月、母に頼まれて「ユニクロ」(こちら)に「ウルトラライトダウンベスト」(こちら)を買いに行きました。

で、指定の色・サイズを購入して、家に帰って参りました。

で、ひとまず、私、自分の部屋で着てみました
私が・・ね。ひとまず。

そしたら、脇に「何か」が当たる・・・。
脱いで見てみたら、「防犯タグ」が付いたままになっていました

この「防犯タグ」って、商品から無理に外そうとすると 内部のインクが飛沫し、衣類などの商品価値を無効にしてしまうと言う万引き防止のタグですよね。
「ウルトラライトダウンベスト」に付いていたものと 同じものをたまたま見つけました。
こちら

ん・・
って事は何・・
私、また「ユニクロ」に行って、これを取り外ししてもらわないといけないの・・と思いまして・・。

それはどうかなぁ・・と。
距離的にも15キロ以上はあるし、車で30分位掛かるでぇ・・と。

・・と思い、ひとまず、電話をしました。

で、電話に出て来た女性に「あー、お店に来て下さい」と、若干、めんどくさそうに言われ(その人の元々の口調かも知れませんけど)、「えぇ~ ユニクロの人って、こんな対応だっけ・・」と思いつつ、「ちょっと距離有るんですけど」って言ったら、「少しお待ち下さい」と言われ、待っていた所、今度は、とびきり営業声のお姉さんが出て来て、「取り外しに伺います」との事で・・・。

その後は、「ご住所とお名前をお聞きしてよろしいですか」、「取りに伺う前に お電話をさせていただいてよろしいですか」、「お電話番号をお聞きしてよろしいですか」など、「丁寧語」の応酬があり、翌日に取り外しに来ていただきました。

私は会社だったので 家族が応対したのですが、菓子折りを置いて行かれたようで、それがこちら・・・。
CIMG2840.jpg

「バリエボヌール〔12個入〕」(こちら)ですかね。
CIMG2843.jpg

ま、、「シャトレーゼ」(こちら)の焼き菓子だった事には、若干、「」と思いつつも(←「ブツブツ文句を言うな」と言う意見もあるでしょうが)、恐らく、「ウルトラライトダウンベスト」の1/3~半額位のお値段はしているでしょうし、こう言うミスへの対応ってのは、なかなか大変ですよね。

何より、最初の 電話のお姉さんに「お店に来い」と言われた事が 一番気にかかる・・。
普通はそんな事、絶対に言わないよなぁ・・と。
「マック」とか「すき屋」とかでも、テイクアウトで 注文したものと違うもの入れてしまい、家に帰って気付いた時に電話すると、必ず「お宅にお持ちします」って言うらしいですもんねぇ・・。

ま、、色々思いつつ、お菓子はしっかり頂きました


葉加瀬太郎さんのコンサートに。

2013年11月12日(火)

11/9(土)、「福井フェニックスプラザ」(こちら)で開催された 葉加瀬太郎さんのこちら)コンサート「日医工presents 葉加瀬太郎 World Tour 2013 JAPONISM」(こちら)に行って来ました。
20131109_164213.jpg

私、以前は、毎年、葉加瀬さんが福井でコンサートをする度に行っていたのですが、他のスケジュールと重なっていたりして、2009年を最後に行けていませんでした
2009年のブログ → こちら

ですので、4年ぶりとなります。
8/21に発売の最新アルバム『JAPONISM』(こちら)も しっかりと予習して行きました。

お席は Aゾーンの最後列(平らなゾーンの最後の列)で21列目と言う事で、前の人の頭の隙間を縫って見てました。
CIMG2618.jpg

演奏している曲は今回のアルバムからが多かったと思います。
全部で第1部で8曲、休憩を挟み、第2部も8曲、アンコールで2曲です(ネットで見た 他の会場でのセットリストより確認)。

私は毎回、葉加瀬さんのコンサートで思うのは、「本当にエンターテイナーだなぁ」と思う事です。
バイオリンと言う 普通の人がなかなか接する事のない、そして、なかなかコンサートに行く機会のない楽器を「メイン」にまで昇格させ、そして、「クラッシック」の域を超え、誰もが耳馴染みのいい曲で聴かせると言う・・・。
自分で作曲をする事が出来る事も強いと思いますが、映画・テレビ・CM等のテーマソングに使われている曲も多いですよね。

今回、第1部には、「バイオリンを弾いてみよう」と言う事で、お客さんの中から「今までバイオリンを弾いた事の無い人」にステージに上がってもらい、弾いてみてもらうと言う企画がありました。
ステージ上には、7~8種類のサイズのバイオリンが置いてあり、子供でもokと言う事で・・。
私とお友達で 張り切って手を上げましたが、ステージ前列の方の小学生の女の子になりました。
残念・・・。
で、バイオリンの持ち方、弦の使い方等を教えてもらい、2音だけ練習し、そして、葉加瀬さんとのコラボを・・。
それも、TBS系「情熱大陸」(こちら)のエンディング曲「Etupirka」(こちら)を・・。
2音だけで行けるんだ・・とは思ったんですが、葉加瀬さん他の方々が主メロディを追ってくれるので、「Etupirka」になってる・・・。
でも聞きながら、「選ばれなくて良かった・・」と思いましたけどね・・
名曲「Etupirka」に参加するなんて、恐れ多い・・・。

また、毎回恒例との事で、「グッズ紹介」のコーナーも。
アルバム・コンサートパンフの他に、「はか扇雀札」、「はかせんす」、「たろうキティ」等々の「おもしろグッズ」も紹介してました。

「扇雀札」って、よく寺社の柱とかに名前の入ったお札シールが貼ってありますが、あの事です。
「葉加瀬太郎」、「満腹御礼」とか5種類入りです。

そして、「はかせんす」は、バブル時の「ジュリアナ東京」と彷彿とさせる 羽根つきの扇子で、第2部に予定している「情熱大陸」(こちら)で振りましょうと言うモノ。
色は5色あります。
( )で張り付けたYOUTUBEでも、最初と5分過ぎ頃に「はかせんす」を振ってますね。

そして、「たろうキティ」は、まさかの「サンリオ」(こちら)の「ハローキティ」(こちら)とのコラボで、キティちゃんが 葉加瀬さんバリに「もじゃもじゃヘアー」になっていると言うシロモノです。
キティちゃんは色んなものとコラボして、「何でも カブるなぁ・・」と常々思っていましたが、まさか、こんな事になるとは・・・。

「たろうキティ」、何気に欲しかったのですが、2000円と言う事で諦めましたが、「各会場で売り切れ続出」との事です。

で・・、第2部の最後は、この「はかせんす」を使っての「情熱大陸」ですが、最初に私が葉加瀬さんのコンサートに行ったのが2001年。
過去9回行っていますが、「情熱大陸」、ドンドンと違う曲になっている
まさか、扇子を振る曲になるとは・・。
「情熱大陸」は、みんなが知っている、そして、みんなが聞きたい、そして、盛り上がりたい曲なので、全然イイんですがね。

本来の「情熱大陸」の分数は 5分弱なんですが、今回は、10分超と言う事で・・。
途中、扇子を持ったステージ上の方々、葉加瀬さんを含め9名の皆さんがダンスをし、EXILEの「Choo Choo TRAIN」の振りをし、途中から私、「パパイヤ鈴木」(こちら)の「おやじダンサーズ」(こちら)に見えて来て、笑えて来ました

あ、これ、以前のコンサートで、まだ娘さんが小さい頃、『テレビに出ていたパパイヤ鈴木さんを見て、「パパだ」と言った』と言う話を 葉加瀬さん本人がMCでされてたんで、私が思ったのも仕方ない・・。

私は買いませんでしたが、客席にも沢山の色んな色の「はかせんす」が舞っていました。
(「羽」って、取れて 場内を舞っていましたけどね)
盛り上がりましたねぇ

いやいや・・・。
葉加瀬さん、今年も素晴らしかった
久しぶりに行きましたけど、また行きたいと思いながら会場を後にしました。


ちなみに、コンサートが行われた日は、既に、福井の冬の味覚「越前かに」(こちら)が解禁になっていたので、みなさん、コンサートの前日に しっかりと召し上がったようです。
スケジュール、合わせたか・・

そして、福井市にある 国特別史跡「一乗谷朝倉氏遺跡」(こちら)の魅力を著名人に全国発信してもらう「一乗谷DISCOVERY PROJECT」(こちら)のメンバー第1号として 葉加瀬さんが任命されたと言う事で、前日に「一乗谷朝倉氏遺跡」に行ったそうです。
その記事が11/10(日)の新聞に載っていました(こちら)。
今後、葉加瀬さんは「一乗谷朝倉氏遺跡」内でコンサートを開いたり、一乗谷をイメージした曲を作ったりすると言う事です。
コンサートでも「福井をPRして行きます」とおっしゃっていましたし、楽しみですね。



姪っ子から「ハロウィン」

2013年11月9日(土)

私には大学生になる姪っ子がおりまして、'13/8~'14/5の期間で、現在、アメリカ北部のオハイオ州にある大学に留学中でして。

そんな姪っ子から10/31にこんなお手紙が来ました。
ハロウィンですね~
CIMG2500.jpg

CIMG2504.jpg

私世代には どうも・・・ハロウィンは馴染みが薄く、かぼちゃのスイーツを食べたり、人がしているのを見る事には違和感は無いですが、自分で何かをすると言う事は・・正直ないですねぇ・・。
でも、姪っ子世代には、普通の事なんですかね。
しかも、アメリカですし。

姪っ子は長女と言う事もあり、とてもしっかり者で、非常に几帳面なんですが、それが表れた文章と言うか、イマドキ感の薄い言葉使いと言うか、「相変わらずしっかりした子だね」と思いましたがね
見た目は オシャレに気を使う 普通のイマドキの娘なんですけどね。

カードのしょっぱな、「●●さんへ」って 私の名前が書いてあるんですが、普段は「●●お姉ちゃん」と呼ばれてるんけど・・。
『「お姉ちゃん」って年じゃないじゃん』って、とうとう 気付いたか・・

で、カードの中に書いてある「お菓子はどうでしたか」と言う文ですが、少し前に 家への荷物の中に お菓子が入っていました。
「それがどうだったか」と言う質問ですね。

そのお菓子がコチラ・・。
マーブルチョコとマシュマロです。
CIMG2184.jpg

「オハイオの名産のもの」と言う言うリクエストをしたのですが、「特に無い」との事で、「アメリカっぽい、身体に悪そうなお菓子」と言うリクエストをしたのですが、そこまで悪そうでは 無いですけどね。

で、一緒に手紙が入っていました(家族全員に宛てた手紙)。
「履修」って言う字、違ってますけどね・・。
CIMG2187.jpg

こちらも「しっかりとした文章」で、イマドキ娘感はありません
読んでて、「テレビ番組で紹介しそうな手紙やな」と笑ってしまいましたが・・。


なお、姪っ子を含め、8人でシェアハウスしているそうで、外国人と一緒に住む事に なかなか苦労はしてるみたいですが、いい経験になってるでしょうね~。



お掃除ロボット

2013年8月10日(土)

我が家に「お掃除ロボット」があります。
「お掃除ロボット」と言うと「ルンバ」(こちら)が一番有名ですかね。

我が家にある「お掃除ロボット」は、人工知能が搭載されたと言う『シャープ』(こちら)の『COCOROBO(ココロボ)』(こちら)です。
CIMG0830.jpg

CIMG0834.jpg

これ、かなり売れているらしいですねぇ。
コミュニケーション機能の「ココロエンジン」(こちら)なる機能があるそうで、この「ココロボ」、喋ります。

少し前に 我が家の座敷を『ココロボ』に 掃除をお願いしたのですが、我が家の 純日本家屋の座敷には、『障害物』が段差や多く、それらにブチ当たって 『ココロボ』は、『うっ』と うめき声をあげていました

また、お掃除ロボットは、掃除が終わったり、充電が必要になったりすると、自分で 所定の場所に戻る様にプロミングされているんだと思うんですが、戻ったばかりな時に、無理矢理、『ココロボ』本体を持ち上げて、また掃除を再開させてみた所、『ココロボ』は『はい、はい』と やや面倒くさそうな声でボヤき、しぶしぶ 掃除を再開します

会話も出来るそうです。
「おはよう」や「おやすみ」等簡単な会話から、「キレイにして」と言うと「分かった」と返して来たり、「調子はどう」と聞くと、「最高の気分」等と返してくれるそうです。
言葉も、関西弁や、中国語、英語も話せるみたいです。

何だかペットみたいな存在感を放っている 我が家の『ココロボ』です。



あわら市「金津創作の森」の「蜷川実花展」

2013年7月27日(土)

あわら市の「金津創作の森」(こちら)に「蜷川実花展」(こちら)を見に行きました。
CIMG0856.jpg

CIMG0858.jpg

CIMG0862.jpg

開催期間は、7/20~9/29(日)までです。
入場料は700円ですが、下記を印刷して持って行くと、100円引きになります。
スマホでダウンロードして、画面を見せる方法でもokです。
割引チケット → こちら

写真家・蜷川実花さんこちら)の個展と言う事で非常に楽しみしていました。
蜷川実花さんの公式HP ⇒ こちら

2008/11に 東京に行った時に、「蜷川実花展 地上の花、天上の色」(こちら)が 東京・新宿の「東京オペラシティアートギャラリー」(こちら)で開催されていて、それを見に行った事があります(これを目的に行った訳ではなく、時間があり、たまたま見たんですが・・)。
その時のブログは → こちら

駐車場に車を止めて、入り口まで歩いている間に、こんなのがありました。
CIMG0860.jpg

中から見ると、「何か」なんでしょうね。

館内の展示スペースは、4箇所に分かれていて、廊下の展示、お部屋は2箇所が写真展示で、1箇所は映像でした。
その内の1箇所は、中を自由に写真を撮る事が出来ます。
こちらです。
CIMG0865.jpg

CIMG0868.jpg

CIMG0870.jpg

CIMG0872.jpg

CIMG0879.jpg

ちょっとアップで・・。
CIMG0873.jpg

CIMG0876.jpg

CIMG0877.jpg

CIMG0878.jpg

入場料を払って入るエリアの反対側の奥に 1枚だけ展示してあります(無料スペース)。
奥に・・見えますかね・・
CIMG0881.jpg

こちらです。
CIMG0883.jpg

外との景色もイイカンジです。
CIMG0884.jpg

蜷川実花さんの作品は、原色が多く、目にガツンと来ますよね。
そんな色合いが 普通に日常にあるの・・と思ってしまいますが、以前、インタビューで「そのままを撮影しています」って言っているのを聞いた事があり、やっぱり、着眼点と言うか センスと言うか、その辺りが非常に優れている・独特なのかも知れないですねぇ
夏にはピッタリの写真ですね。
パワーを貰えそう

蜷川実花さんは、映画監督でもあり、また、アーティストのPVも撮影されたり、写真以外でも幅広く活躍されている方なので、ファンも多いですよね。
今回のこの「蜷川実花展」は、全国を巡回するものではなく、この会場の為だけに企画されたものだそうです。
と言う事もあるんでしょうかね、私が行ったのは 平日だったのですが、県外№の車もあったりして、沢山のお客さんが来ていました。

先程写真をアップした 撮影していい展示スペースですが、ここ、休日なんかは、ものすごい人が居そうですし、写真も上手く撮れないでしょうねぇ・・・。
ゆっくり見たい方は、平日に行かれる事をオススメします。

こちらは 入り口入ってすぐにあるショップです。
入場料を払わなくても、どなたでもグッズを買えるスペースですが、蜷川実花さんの写真集・ポストカード等が売られています。
CIMG0863.jpg

こちらは駐車場の前にあったオブジェです。
CIMG0886.jpg


開催期間も長いですし、興味の有る方は、是非行ってみて下さい。



「ハス」の花

2013年7月18日(木)

この季節になると、道端に「ハス」(こちら)が咲いてますよね。
過去にもアップしています。
2008/7 → こちら
2011/8 → こちら

先日通った道の脇に咲いていましたので、撮ってみました。
20130715_113154.jpg

20130715_113305.jpg

20130715_113244.jpg

20130715_113202.jpg

20130715_113202-1.jpg

よく カエルが傘代わりにハスの葉を差している時に こんな感じで水が溜まっている図がありますよね。
20130715_113202-2.jpg


ハスを見ると、何か・・、ありがたい感じがしますよねぇ。


2013年7月2日(火)

生活に潤いをと思いまして、庭に植わっている&生えている草花を 部屋に飾ってみました。

あじさいです。
CIMG0653.jpg

CIMG0656.jpg

CIMG0658.jpg

入っている花器は、以前 南イタリアに行った時に買ったオリーブオイルが入っていたビンです。
CIMG0661.jpg

CIMG0664.jpg

部屋に緑があると、いいですよね



★ホタル★

2013年6月26日(水)

この前の日曜日の夜、家の中でこんなものを発見

ホタルです
CIMG0594.jpg

これは、「ゲンジボタル」(こちら)ですかね。

あの・・。
私の家がある場所は、田舎の割に 車の通りも多く、四六時中、夜中まで明るく、すぐ周りには 田んぼ等、水のある所等は無いんですよっ。
なので、ホタルを家の周りで見る事も無いのですが、何故・・・。
どっかから紛れ込んで来たんですかねぇ・・・。

光ってます
CIMG0444.jpg

裏にしてみました。
おぉ、光ってるぅ
CIMG0487.jpg

手に乗せてみました。
じっとしてくれないので、ちょっとボケちゃいましたが・・・。
CIMG0510.jpg

しばらく楽しんだ後、外に戻してあげました。


私、先日も 鯖江市の河和田地区(こちら)にホタルを見に行ったのですが、ホタルって、何か、テンション上がりますよねぇ


沖縄のお土産〔2〕 「キムサーストラップ」

2013年5月19日(日)

昨日に引き続き・・(こちら)ですが、友達が 沖縄石垣島に旅行に行ったんですが、こんなお土産をくれました。

「キムサーストラップ」と言う物です。
IMG_4263_20130414110335.jpg

笑顔が素敵
IMG_4265_20130414110337.jpg

バックショット。
IMG_4274.jpg

「キムサー」って何なんですかね・・
IMG_4267_20130414110452.jpg

・・と思い、ネットで調べてみました。
沖縄地方の人々の暮らしと共に親しまれているものに「シーサー」(こちら)があり、集落や家の入口などに置かれ、悪霊がもたらす様々な災害から人々を守ってくれますよね。
「キムサー」もその1つで 石垣島で「シーサー」と「キジムナー」(こちら)と言うのが合わさって生まれた との事です。
「キジムナー」とは、里に近い森の古木(一般的には ガジュマル)に住む可愛い童の妖精で、超能力で人助けをしたり、夢の中に入って来て、楽しく遊んでくれると語り継がれて来たそうです。
「キムサー」は 両方のエネルギーが結びついた 心の優しい妖精だそうです。

「アーケー」とは、沖縄の方言で「赤」と言う意味だそうです。
IMG_4273_20130414110457.jpg

福井弁でも「赤いもの」と言う意味の時に「あけーの」って言うんですが、ちょっと似てますね。
参考ですが、「青いもの」は「あぅえーの」、「黄色いもの」は「きいれーの」って言いますね。
ま、最近は言わないですが、50代中盤以上とかだと、今でも使いますかねぇ。

IMG_4270_20130414110455.jpg

持ってると言い事あるストラップかも知れませんねぇ

今日は・・・・・。

2013年5月16日(木)

わたくし、まっちゃな旅人の誕生日です

誕生日はお休みを取って、プラプラしてる事もあるんですが、去年同様、今年は仕事が立て込んでいる事もあり、仕事に行く事にしました。
チッ

1年間の抱負ったって、そんなに無いんで、健康でボチボチ生活して行ければいいですかねぇ



何故か(笑) さだまさしさん。

2013年4月13日(土)

4/11(木)、何故かさだまさしさんこちら)のコンサート「さだまさしアコースティックコンサートツアー2013」(こちら)に出掛けて来ました
IMG_4380_20130413150052.jpg

IMG_4383.jpg

さだまさしさんと言えば、「北の国から」(こちら)や「関白宣言」(こちら)、「秋桜」(こちら)等の数々の名曲を産み出された方ですが、さだまさしさんのファンの世代は、私よりお姉様・お兄様なんですかね。
私の中での さだまさしさんのイメージは「面白いおじさん」です。

私、毎年、年末年始に海外旅行に行くのですが、海外の大きなホテルでは、日本の放送局だと NHKだけが入る事が多く、毎年、何故か「紅白歌合戦」(こちら)を見てたりするんですよね
で、その後に、除夜の鐘が鳴る「ゆく年くる年」が放送され、その後に「今夜も生でさだまさし」(こちら)の新春版「年の初めはさだまさし」(こちら)が放送されるんです。
これらは全て生放送で、日本と同じタイミングで放送されているので、時差のあまり無い国だと夜中に、時差のある国だと昼間に放送されていたりします。
毎年海外で さだまさしさんと年末・正月を過ごしている訳です

そうなると、異国で見るさだまさしさんに 段々と親近感が沸いて来て、しかも、かなり面白トークな訳ですよ。
「さだまさしさんのコンサートのトークは面白い」と 巷で話題なので、「1度、コンサートに行ってみたい」と思い始めました。

さだまさしさんは、年間100本位 コンサートをされているようで、福井には 毎年位の感じで来られているようなのですが、今までタイミングが合わず行けなかったのですが、今回ようやく・・・・。

・・って事で、同じく「何か分かんないけど、行ってみたかった」と言う友達と一緒に出掛けて来ました

まぁだた、コンサートのテンション的なものがどんな雰囲気なのか、スタンディングなのかそうじゃないのか、まさか「ペンライト」は持ってないよね等、予想は付かないまま、会場である「福井フェニックスプラザ」(こちら)に向かいました。

お席は、前から22列目でした。
IMG_4277_20130413150044.jpg

IMG_4280_20130413150047.jpg

会場に入ると、うん、、、私達よりも相当上のお兄さま&お姉さま達が一杯で、50代中盤以上ですかねぇ。
着ておられる服も 落ち着いた色合いで、「おぐし」も白髪が相当混じった方も割と多く・・。
私達、若干浮いている・・

そして、さだまさしさんが登場し、拍手で迎えられ・・。
お客さんは立つ事は無く、最後まで着席でした。
「立たないのね」とは思って、でも、さすがに、コンサートでずっと座っていた経験の無い私達には、最後の方には、お尻は痛くなって来て、帰る時には、「こんなに『フェニックス』のイスを活用した事は無かったわ」と言いながら帰途に着きましたけどね。
帰り、駐車場までの道を歩いていたら、「座布団」を持っていた方が居ましたので、「なるほど~ 定番のファンは 準備万端だねぇ」と思いました。

先程も書きました通り、「さだまさしさんのMCは面白い」と言う事で、コンサートのMCだけを集めたCDも出ていて、歌の入っているCDより売れていると言う話もありますが・・

ホントに面白いんだなぁと思いましたねぇ。
そして、話の時間も長い。
話の内容もお友達の結婚の話から 時事ネタまで幅広い。
しかも、話がかなり「まとまっている」所にもウケてしまいました。
途中で、『今日は「トークショー」やったっけ・・』とか『ラジオの公開収録じゃないよね・・』とか『「噺家」じゃないよね・・』と思って。

私達が知っている曲は 先程書いた「北の国から」や「関白宣言」、「秋桜」位で、コンサートが始まって1/3位でこれら3曲が出尽くしてしまった為、「コレ以降は分からない曲だね」なんて話をしていたのですが、さだまさしさんって、意外と(失礼)声量もあって、迫力の歌声だったり、バイオリン&ギターを弾いたり、作詞作曲も本人でされているようですし、小説も書かれて映画化もされていますし、本当に多才な方なんですねぇ

1981年に公開された さだまさしさんが製作、監督、音楽、主演をされた映画「長江」(こちら)。
全編長期中国ロケによって、悠久なる「長江」の流域の雄大なる自然と人々の生活を描いた長編ドキュメンタリー紀行映画ですが、制作費をかけ過ぎた為、約35億円もの負債が残ったと言う 有名なエピソードがあります。
その時、さだまさしさんは29歳だったそうですが、その借金を2年前(さだまさしさんが58歳の時)に完済したそうです。
そして、その年、大阪で「借金完済のパーティー(打ち上げ)」をされたそうですが、何故大阪かと言うと「借金を完済(カンサイ)したから」と言うオチが付いていました。
これをコンサートのMCで話をされていたのですが、友達と「話が完全に出来上がってる」とウケてました。

コンサートは2時間半位でしたが、歌った曲は15曲でした。
普通の歌手の方だと、もっと歌うと思うので、曲数としては少なめですよね。
IMG_4379_20130413150049.jpg

でも、MCが相当長い(回数が多い)ので、時間的には2時間半です。
みなさん、さだまさしさんのお話を聞きに来てる感じ・・
みなさんの表情を見ていると、とても満足された&楽しまれた感じでした

さだまさしさん、現在61歳。
私、ここ数年、50代のアーティストの方々のコンサートに行く事があります。
2009/9の郷ひろみさんのコンサート(ブログは→こちら)、2011/5の小田和正さんのコンサート(ブログは→こちら)、2011/7の松任谷由実さんのコンサート(ブログは→こちら)、2011/11の山下達郎さんのコンサート(ブログは→こちら)、2012/10の桑田佳祐さんのコンサート(ブログは→こちら)、2013/1のスターダスト・レビューのコンサート(ブログは→こちら)、みなさん、この浮き沈みの激しい音楽業界の中で、長きに渡って活躍し続ける方々ですが、コンサートもさすがだなぁ・・って思いました。
今回のこのさだまさしさんもホントにすごいなぁと。
長年、第一線でやってる人は違うねっと。

歌とかトークとか、そう言う事じゃなく、「さだまさしさん」と言う存在がすごいと言うか。
今回の福井公演、チケットの「一般発売」をしていないんです。
ファンクラブやプレイガイドの「先行販売」で完売しているんですよね。
この年令の方々に そこまでのパワーを発揮させる存在もすごいですし、コンサートに足を運ばせるパワーもすごいです。
その辺をひっくるめて、すごいなぁと。
帰途に着きながら、「素晴らしいね」と言ってました。

ちょっと勇気が出た


ストラップ、当選★

2013年4月1日(月)

今日は 年度初めと言う事で、ちょっと嬉しかった出来事をアップしたいと思います。
去年の12月の事なので、少し前の事になるのですが・・・。

わたくし「まっちゃな旅人」御用達の京都の「伊藤久右衛門」(こちら)の抹茶スイーツの記事は 過去に数え切れない程アップしていますが・・。

去年の11月、お友達が京都に行く事があり、「伊藤久右衛門」の本店(こちら)に行って、抹茶スイーツを「おつかい」で買って来てくれたのですが(こちら)、その際、あるチラシをくれまして。
「伊藤久右衛門」の店舗(ネットではなく、実店舗)でお買い物をした人にのみ配られるチラシでした。

「伊藤久右衛門」オリジナルストラッププレゼントだったんですけど、1人1ケ月に1回、申し込みが出来て、毎日1人に当たると言うものでした。
何気に応募してたんですよね、私。

そうしたら、12月に当たってしまいました
1人1ケ月に1回、申し込みが出来るので、「毎月応募しよう」って思ってたのですが、最初の1回で当たりました。

こんなお手紙が同封されて・・・。
IMG_2230.jpg

こんなストラップが届きました。
IMG_2225.jpg

抹茶パフェがデザインされています。
IMG_2227.jpg

私、2006/12に「伊藤久右衛門」の本店の茶房(こちら)に行って、「宇治抹茶パフェ&わらびもち」をいただいたのですが(こちら)、それを思い出せるようなストラップですねぇ。

でも・・・。
勿体無くて使えない


スターダスト・レビューのコンサートに。

2013年1月27日(日)


わたくし、2012/12/28~1/3でトルコ・イスタンブールこちら)に行って参りました。
ずっと、その旅行記をアップしていますが(こちら)、今日から数日、違う話題をアップをアップします。


先週(1/20)、越前市の「越前市文化センター」(こちら)で開催されたスターダスト・レビューこちら)のコンサートツアー『STARDUST REVUE LIVE TOUR 「B.O.N.D.」』(こちら)に行って来ました。
IMG_3638_20130113180733.jpg

IMG_3640_20130113180734.jpg

スタレビのボーカルの根本要さん、現在、55歳。
私、スタレビの世代かと聞かれると、違うんですが、運転している時に 時々、FMラジオでやっている「要のある音楽」(こちら)に遭遇する事があり、「音楽好きな 面白いおじさん」と言う印象です(失礼・・)。

また、私がこよなく応援する 人気劇団「TEAM NACS」(こちら)の大泉洋さん(こちら)とコラボした曲「本日のスープ(2004年)」(こちら)も出してますしね。

しかもやっぱ、スタレビと言えば、「夢伝説(1984年)」(こちら)、「今夜だけきっと(1986年)」(こちら)、「木蓮の花(1993年)」(こちら)等の名曲も多いですしね。
これは生で聞く価値有りですよね。

多分、毎年位のスパンで福井には来られていると思うのですが、今までなかなか行く機会がなく、今年念願叶って・・と言う感じです。

余談ですが、前述のラジオ「要のある音楽」、以前、たまたま聞いた回で、CD発売に先駆けて、フルバージョンの携帯ダウンロードが出来ると言うPRに対し、リスナーから「そうするとCDのセールスが減ったりしないんですか」とのメールが来ていました。
確かに最近は、CD本体のセールスの為に、何パターンも出してみたり、何かをつけてみたりする位なのに・・。
それに対し、根本要さんの答えは、「僕達がすべき事は、CDを売る事ではなく、曲を聞いてもらう事だから、別にどっちでもいい」と。
それを車中で聞いていて、「素晴らしい さすが、長いだけ芸能界で活躍されているだけはあるなぁ。」と思いましたねぇ。

あと更に余談ですが、根本要さん、オノ・ヨーコさん(こちら)に似ていると言う鉄板ネタを自分で披露するらしいんですよね。
ちょっと面白い・・


コンサート自体は、3時間もありました。
最初のMCで「長いですよ」と言う前振りもありましたが、55歳の根本要さんを始め、みなさん50代の方々ですが、3時間と言う長丁場、、、さすがです。
で、何でそんなに長いんだろう・・と思っていたのですが、根本要さん、曲の合間に 1つ1つの曲の紹介と言うか、説明と言うか、、それをされるので、その影響かも。

今回のアルバム「B.O.N.D.」(こちら)に収録されている「晴れのち雨時々曇り」の解説の時には、「これがこうで、こうなって、そして・・・・・」と「全部するのかい」と思う勢いで、途中で私、おかしくなって来てしまいました

その他にも「今回の『B.O.N.D.』は、34枚目のアルバムですが、全部合わせても、SMAPの1枚の売り上げにもなってない』とか、『今から歌う「●○」は、・・ま・・、みんな知らないでしょ』的な ちょっとした自虐的と言うか、でも、その言い回しが、妙に面白いと言うか、絶妙と言うか・・。
前述の通り、FMラジオ「要のある音楽」をたまに聞く、そして、歌っている姿をたま~に見る と言う位の接点しか無い私には、「面白いおじさん度」が かなりアップしましたねぇ

でも、やっぱり、音楽の事が大好きな方々だと言う事は 本当に伝わって来ました。
デビューして31年目だそうですが、長く続けて行けている秘訣が ちょっと分かった来ました。

今回、ちょっとビックリと言うか、意外と言うか。
スターダストレビューのボーカルは 根本要さんで、他の3名の方は、演奏のみをされている と勝手に思い込んでいたのですが、『B.O.N.D.』に収録されている「B型を愛してください」、メンバーの柿沼清史さんが作詞作曲で歌われているのですが、コンサートでもそうでした。
そのほかのメンバーの方々も歌っていました。
また、スターダストレビューの4名、サポートメンバーになるんですかね、2名の 計6名のアカベラハーモニーは、それはもうキレイで、終わった後、会場が「おーーーーーーーーーーーーーー」と歓声が上がった位です。

もちろん、根本要さんの歌も非常に上手で素敵でした
聞きたかった「夢伝説」、「今夜だけきっと」、「木蓮の花」も歌って下さいました

55歳になっても ステキな歌を作り、全国の皆さんに直に伝え、そして、イキイキとされている皆さんを見て、「何か・・・いいなぁ」って思って、私も「ちょっと頑張ろっかな・・・」って思って、会場を後にしました。
行って良かったなぁって。

お客さんの年齢層は、私よりも上の方々が多く、でも、小さなお子さん連れの方もいらっしゃったりして。

帰り、出口で全員に こちらが配られました。
「大塚食品」(こちら)の「シンビーノ ジャワティストレート(sinvino JAVATEA)」(こちら)です。
IMG_3722_20130127101110.jpg

何ですかね。
チケットを見ても、「後援」とか「提供」には入ってないですし。
ま、、いっか






Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索