FC2ブログ

Entries

世界選手権・団体男子予選終了!

2006年10月18日(水)

「私と体操」でも書いています通り(こちら)、現在、体操の世界選手権が、デンマークのオーフスで開催されていますね(こちら)。

今回の代表選手は⇒こちら
TVでの放送は、昨日の夜中から始まりましたね(こちら)。

とりあえず、男子の団体予選だけ見ました
(女子のは、まだ見てるトコです・・・。)

何せ。。。昨日の夜中am0時過ぎからの放送だったので、ビデオして、今朝、ご飯を食べながら見ました。
予選とは言っても大事な試合なので(↓以下、参照)、若干のドキドキと共に、何だか・・・、消化の悪い朝食となりました・・・(^^;)。

予選の結果はこちらです。
この予選で、団体の決勝出場国上位8ケ国、また、個人総合出場者(上位24名)・種目別決勝出場者(各種目上位8名)が決定するので、「予選」とは言っても、選手は気が抜けませんね!
 団体予選 ⇒ こちら
 個人総合・種目別決勝出場者 ⇒ こちら

男子団体2位
個人総合には、冨田洋之選手こちら)、中瀬卓也選手こちら、種目別決勝には、あん馬・平行棒・鉄棒に冨田選手平行棒・鉄棒に、唯一の大学生・森人選手こちら)が出場決定!!
冨田選手は、予選1位通過です。
おめでと~~
みなさん、今後も、自分の力をすべて出して、納得の行く成績を残してくださいね

多分、団体決勝には、予選の点数は持ち越ししないので、今日行われる団体決勝は、「ゼロ」からのスタートになります。

もしかして、現地では、団体決勝はもう終ってるのかもしれませんが、その結果は見ないで、今夜pm8時頃からのBS1での放送を楽しみに待ちたいと思います。

去年の世界選手権(冨田選手が、個人総合で金メダルだったあの大会ですね⇒こちら)では、団体は無かったので、アテネオリンピック以降、初めての団体になります。
若干の不安はありますが・・・、何とか、みんなで力を合わせて、頑張りましょう!

今回もですけど、毎回体操を見てると、ホントに、「この人たちって、『人間技』とは思えないなぁ・・」と思うんですよねぇぇ~。
つり輪のあの状態で、「倒立」が出来る事自体、考えられない!理解不能!!
女子に至っては、平均台なんて、幅10cmしかないんですよ~
あの上で、走るわ、飛ぶわ、そして、ジャンプ、宙返り・・・。
同じ人間とは思えない・・。
ホントに、体操選手を尊敬します!

ではでは・・・、今日の夜の放送を楽しみに、この辺で終わりたいと思います


◆関連記事
   '06/10 私と体操  ⇒ こちら
 ’06/11 全日本選手権 ⇒ こちら
 '06/11 TBS系「情熱大陸」 冨田洋之選手出演 ⇒ こちら
   '06/12 アジア大会 ⇒ こちら

「体操競技」との出会い・歴史<私と体操>【超大作】

2006年10月15日(日)

昨日から、体操の世界選手権が、デンマークのオーフスで開催されていますね(こちら)。
今回の代表選手は⇒こちら
TVでの放送は、17日の夜中からですね(こちら)。
今回も楽しみです。

確か、アテネオリンピックこちらで一緒に金メダルを取った鹿島選手こちら)・米田選手こちら)、中野選手こちら)は、ケガ中だったような・・。


さて、本題・・。(「超大作」ですので、覚悟を・・・)

私が「体操競技」(こちら)を初めて見たのは、今から22年前、'84年ロサンゼルスオリンピックこちら)での、森末慎二さんこちらの鉄棒競技でした。
そうです!!森末さんが10点満点を出したあの鉄棒です。
「わぁ~、体操ってすごーーーい」と思って見てました。

そして、その次、88年ソウルオリンピックこちら)では、体操団体で銅メダルを取り、池谷幸雄さんこちら)&西川大輔さんこちら)のコンビが大ブレイクしましたね~。
私も見てましたよ~。
学校の体操部の友達が、エラく盛り上がっていて、大会後に、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」を2人だけでやった時のテープまで、貸し出されちゃいました・・。
今思えば、現役の高校生、しかも単なる体操選手が、「オールナイトニッポン」をしちゃうなんて、スゴイ事ですよね。
もちろんスペシャル企画だったので、放送は1回だけでしたが・・。

そして、92年バルセロナオリンピックこちら)は、不覚にも、全然見てませんでしたぁ

そして93年夏、私が体操競技と「」が更に深くなる出来事が起こります。
それは、95年10月1~10日に、福井県鯖江市で開催された世界体操競技選手権・鯖江大会こちら)です。
場所:サンドーム福井(こちら
IMG_3442.jpg

「体操の世界選手権が、この地元で開催される!!」
「もうこうなったら、何かスタッフとして関わるしかない。」

そう思った私は、会社の先輩で、既に、何かスタッフをしているらしい人に、「あのぉぉぉ~。何かしてるんですよねぇぇぇ・・・?」と声を掛けました。
その先輩は、「・・・ん?? 来る?」と早速、集まりに来るように言われ、とりあえず、行きました。
それが、93年の夏のことです。

その先輩がしていたのは、この世界選手権・鯖江大会のPRボランティアMOVE」と言うもので、大会の2年前から、大会のPRをあらゆる所で行うと言うボランティアでした。
その活動には、100名以上のボランティアが居て、代表は、地元鯖江の ある40代の方でしたが、メンバーは10代から、上は50代の方まで居たのではないでしょうか?
中心は20~30代だったでしょうか。

週末毎にある 県内各地のいろんなイベント・お祭りに出掛け、グッズ販売やステージバフォーマンスなどをしたり、あと全国の体操の大会(ジュニアから国体まで)にも出掛け、大会をPRしました。
代表が、「福井県内、全市町村を回る」と言う考えがあり、ホントにたくさんの場所に出掛けました。
また、PRボランティアとして、やはり、体操の事、世界選手権の事、選手の事などなど、色々勉強もしなくては!!と、私が発起人で、みんなで勉強会もしました。
おかげで、かなり詳しくなりましたけどね。

94年に名古屋であった「わかしゃち国体」(こちら)に出掛けた時は、あのコマネチさんこちら)とご一緒しました。
コマネチさんは、この世界選手権・鯖江大会の広報も担当されていたのです。
コマネチさんは、かなりな強行スケジュールで、かなりお疲れの様子だったので、私、「Are you tired?」と聞いたら、「大丈夫よ(的な英語)(^o^)」とおっしゃっていました。
イメージでは、金メダリストですし、キツそうな怖そうな人かと思っていたのですが、結構優しそうな、フレンドリーな方でした。

そんなこんなで、体操に触れる2年間を過ごし、大会期間中は、大会ボランティアとして、また一般観客として、体操を楽しみました。
10日間、毎日、会場に行ってました
IMG_3449.jpg

開会式には、裏方スタッフとして参加させていただき、入場を待っている選手団の所でボランティアをしましたし、会場の観客席案内もしました。
会場の観客席案内・・・、ほとんど体操を見てましたけど・・・
これ、当時の会場の様子です。
IMG_3447.jpg

開会式には、秋篠宮ご夫妻も来られました。
とぉぉ~くで見てましたケド・・・。
IMG_3448.jpg

体操選手って、多分、みなさんの中では、現役選手で思いつく人って、そう居ないんじゃないでしょうか・・?
確かに、今は、去年の世界選手権で個人総合で金メダルを取った(こちら冨田洋之選手こちら)、親子金メダルの塚原直也選手こちら)などなど、一般的に有名な選手もいるので、思いつくかもしれませんね。
でも、当時の体操に対する世間のイメージは、「マイナー」だったので、世界選手権・鯖江大会の時も、客席にフツ~に世界の一流選手が座ってたり、廊下をプラプラ歩いてたりしてましたよ。
(今も、もちろん、その名残は全然ありますけどね・・)

私のイチオシ選手は、世界選手権・鯖江大会、そして96年のアトランタオリンピックで主将を務めた佐藤寿治さんこちら)です。
佐藤さんは当時、大和銀行の体操部に所属されていました。
顔がちーさくって、体全体のバランスがとてもよくて、何より、性格がいい!! 
大会期間中、お話しをさせていただく機会があったのですが、ホントに「好青年」でした。
一緒に撮っていただいた写真は、今 見ても、ちょっとニヤけちゃいます・・・。

・・・って、体操本体は・・?
体操でも、全日本選手権でも優勝、オリンピック・世界選手権の代表選手でもあり、一流の選手ですので、けっして、見かけ・性格だけが好きなのではありません・・・。

世界選手権・鯖江大会の、日本男子選手の結果は・・・。(敬称略)
男子代表選手:
 佐藤 寿治 / 田中  光 / 西川 大輔 / 畠田 好章 /
 前田 将良 / 増田 宏正 / 松永 政行
団体⇒銀メダル(2位)
種目別⇒田中光:平行棒3位、畠田 好章:あん馬2位、鉄棒2位
と言う好成績でした。
IMG_3446.jpg

最終日の夜は、鯖江市内の会場であった 選手団の為の「さよならパーティー」にもボランティアで参加でき、世界の一流選手にたくさんサインをしていただき、写真まで一緒に撮ったりして、かなり楽しかったです。

ちなみにこれは、IDカードなのですが、右の方が私のイチオシ・佐藤寿治さんのサインです。
IMG_3441.jpg

そんなこんなで、私が2年間の時間を捧げた世界選手権・鯖江大会、とうとう終ってしまった訳です。。。。


しかし、これでまだ終わりません

96/5、アトランタオリンピックの代表選考会を兼ねた体操のNHK杯が、神奈川県川崎市で開催され、これにも、はるばる行ってきました。
佐藤さんがプラプラと歩いておられたので、話しかけに行って来ました。
いやぁ・・、やっぱり好青年でした


そして、迎えた’96年アトランタオリンピックこちら)・・・。
代表選手(敬称略):
   佐藤寿治 / 畠田好章 / 田中光 / 前田将良
   塚原直也 / 栗原茂 / 内山隆
メダルは1つも無い・・・と言う結果でした(こちら)。。。
いや、メダルが全てでは無いのです。
選手が自分の力を出し切ったか?それが大事なのです・・。

しかし、これでもまだ終わりません
翌年、鯖江市が『97/10、「世界体操1周年メモリアルイベント」をする』と言い出したのです。
世界選手権・鯖江大会の組織委員会の方から、前述のPRボランティア「MOVE」の私たちに、「何か企画してくれないか?」とのお誘いがありました。
会場は、同じく、サンドーム福井。
テーマは、「体操」・「ボランティア」・「国際交流」・・・。
私達が担当するテーマは、「ボランティア」でした。
「何か難しそうだな・・・」と思いつつ、「MOVE」の3人で、企画・スタッフ探しから始めました。
そのイベント本体には、「世界選手権・鯖江大会に出場した選手を呼んで、サンドームで演技会をする」と言う★スバラシイ企画★(←私には・・?)もあったので、その選手に、ちょっと、私達の方にも、参加してもらう・・?って事になりました。

ただ、選手は、下手に、どこででも、演技は出来ないモノなのです。
ケガをしてしまったら大変ですし、たとえ、学校の体育館にあるような「マット」の上でも、演技はやってはくれません。。。
(クッションが違うので、身体を痛める原因になるそうです)
なので、「体操教室」と言う事で、チビッコ達に演技指導してもらおうではないか!?と、交渉を開始しました。

交渉担当は、「MOVE」のメンバーでもあり、世界選手権・鯖江大会の公式コンパニオンでもあり、イベント・開会式で佐藤寿治さんと何度も面識のある女性。その友達も、佐藤さんのファン。)になりました。
佐藤さんは、快くokして下さいました。

イベント当日、佐藤さんは、大和銀行の後輩の選手と参加をして下さって、和やかな楽しい雰囲気の中で無事、終わりました。
佐藤さんも、「とっても楽しかった」との事でした。
イベントの中での私の役目は、統括的な役割だったのですが、何せ、イチオシ佐藤さんがそこにいらっしゃるもんで、佐藤さんが来られている間は、佐藤さんの控えの所に居ました(*^o^*)。
だって。。。ねぇ・・・。
で、くだらない雑談なんかしたり、子供向けのバルーン風船を一緒にしたり(佐藤さんにはお子さんがいらっしゃるのですよね)、あとは、帰りの電車までの時間を、何人か一緒に喫茶店で過ごしたり。。。と公私混同・・・?
いやぁ・・、やっぱり好青年でした


これで終わると思ったら、大間違い

その翌年の98年、またまた、鯖江市で、今度は、体操のワールドカップこちら)が開催になる事が決まりました。(こちら
b_w_sabae.jpg

今回も、またまた鯖江市からの依頼を受けて、「選手も巻き込んだイベントを企画して欲しい」
との事で、準備に入りました。

今回は、子供への「体操教室」の他に、選手とのゲームも企画しました。
結構、盛り上がっていましたよ。

大会の結果自体は・・。(敬称略)
男子代表選手:
 米田功・塚原直也・栗原茂・笠松昭宏(すいません・・、あとは不明です・・・。)
種目別男子:
 ゆか⇒米田功(こちら) 3位
 つり輪⇒栗原茂(こちら) 3位
でした。

この時も、もちろん大会期間中は会場で見てましたし、大会ボランティアもしてました。
会場で見つけた佐藤寿治さんに、またまた、IDカードにサインをしていただきました。
この頃はもう引退されていたので、コーチとして来られていました。
サインの横の「88」は、日本代表になった年の事です。
IMG_3456.jpg

また、最終日の、選手との懇親会にも、無理やり(?)紛れ込み、世界の一流選手にたくさんサインをしていただき、写真まで一緒に撮ったりして、かなり楽しかったです。

アテネオリンピックの後に鹿島選手水鳥選手こちら)が話していましたが、この鯖江でのワールドカップを、会場で実際に見て、世界を意識したそうなので、一スタッフだった者として、それを聞いて、本当に嬉しかったです♪♪。

そもそも、95年の世界選手権・鯖江大会、98年のワールドカップと、なぜ鯖江で??とお思いでしょうか?
鯖江は、元々体操が盛んな地域で、体操専門の体育館(立待体育館)もあります。
そこに日本代表選手が合宿に来ていたり・・・していた事もあり、候補地になったようです。


そう言えば、99年だったか、富山で開催された全日本選手権にも、またまた前述の友達と行きましたねぇ・・・。

ストーカーじゃないよね・・


そして、迎えた2000年シドニーオリンピックこちら)・・・
代表選手(敬称略):
  岩井則賢 / 藤田健一 / 原田睦巳
  笠松昭宏 / 斉藤良宏 / 塚原直也
アトランタオリンピックに続き、またまたメダルは1つも無い・・・と言う結果(こちら)でした。。。
いや、メダルが全てでは無いのです。
選手が自分の力を出し切ったか?それが大事なのです・・。
団体は4位だったのですよね~
あと一歩・・・


そして、みなさんご存知の、2004年アテネオリンピックこちら)に続く訳です。
代表選手(敬称略):(こちら
  米田功/冨田洋之/水鳥寿思
  塚原直也/鹿島丈博/中野大輔
男子団体⇒1位
種目別/あん馬⇒鹿島丈博:3位
種目別/平行棒⇒冨田洋之:2位

その時の新聞です。
一面」での報道!嬉しかったです。
今でも、ビデオと共に、大切に保管してあります。
IMG_3459.jpg

IMG_3458.jpg

私、この時は、日夜逆転の生活してました~。
だた、男子団体の時は、ホントに怖くて見てられなくて、寝てました。
この13年間程、体操競技を見てて、集中し過ぎて頭痛くなるわ、吐きそうになるわ、手に汗握るわ、ドキドキしまくるわ・・・で、本当に身体に悪いんですよ・・・。
それに、今回は、期待されてのオリンピック参加だったので、「もし、失敗したら、どうする~」と、心配で心配で。。。
しかし、そんな心配をよそに、前述の友達からの、夜明けの「金メダル、取りそう」と言うメールがあって、その後、「金メダルだよ~♪」で、ようやくTVをつける事が出来ました。
伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ~」の名言を残しましたね(こちら)。
私、あのNHKの刈屋アナこちら)、以前から体操の中継ではお見かけしていましたが、今回は、神様に見えましたよ~。
しかも、初任地が福井県とは。。
本当に良かったです

この金メダルは、日本体操協会の努力・研究、そして、それを着実に実行して来た全国の体操関係者、そして、体操選手の努力などの結晶でしょうねぇ。
諸外国から、「日本に追いつけ!追い越せ!」で、本当に追い越されてしまった80年代の日本体操界。
低迷を続けた90年代。

そして、「追い越していった外国」の練習方法を再度研究し、「技のすごさ」ではなく、「体操の基本」に立ち返った日本体操界が、その基本に忠実にジュニアを教育して行き、それが、今の冨田選手・鹿島選手のような「美しい体操」を生んだ訳です。
本当にお疲れさまでした。
きっと、また何十年前かのように、「日本に追いつけ!追い越せ!」で来ると思うのですが、何とか頑張って欲しいです。


・・と、ちょっとしんみりしましたが。。。
その「アテネオリンピックの感動を再び」と、アテネオリンピックの後、'04/11、「凱旋演技会」が鯖江で開催されました。(こちら
IMG_3454.jpg

基本的には、選手のゆかりのある都市(地元・所属地)などで開催してたようですが、鯖江は、前述の通り、体操にゆかりのある場所である事、アテネオリンピックの前に、日本代表選手が合宿をした場所でもあるので、「凱旋演技会」開催となったようです。
IMG_3451.jpg

この日、鹿島選手は、ケガの為、演技は出来ませんでしたが、会場にはいらっしゃいました。
「演技会」と言う事もあり、本番通りの演技は見る事が出来ませんでしたが、でも、十分な演技は見る事が出来ました。
中野選手は、アテネオリンピックでは成功しなかった平行棒の下り技「ムーンサルト」(こちら)を、会場のリクエストに応じてやってくださって、無事、成功させていました。
「世界No.1の演技」としてみんなの演技を生で見る事が出来た事が、本当に夢のようでした。

閉会式の後に、選手が客席にサインボールを投げると言うコーナーがあり、無事、鹿島選手のをGetしました
会場の鯖江市総合体育館は、そんなに大きくないので、下で投げようとしている選手がかなり近いのですが、鹿島選手がすぐ近くに居たので、「ちょうだい」と言う感じで、両手を出したら、私の方に投げてくれました。
やったぁ

ちなみに、この日は、冨田選手の24歳の誕生日と言う事で、花束も渡されていました。


'05/7には、NHK杯こちら)が、またまた鯖江で開催されました。
(NHK杯兼世界体操競技選手権大会日本代表決定競技会兼東アジア競技大会日本代表決定競技会)
05nhk.jpg

もちろん、これにも行ってきました。
アテネオリンピック後の初めての大きな国内大会だったので、結構、世間の注目度の高かった大会でしたね。
IMG_0580.jpg

IMG_0581.jpg

IMG_0567.jpg

いつもはクールで、何事にも動じない冨田選手が、この日、今までに見た事ない位の「絶不調」で、「話しかけるな」「近寄るな」の雰囲気をかもし出していました。
前日に風邪をひいてしまって、熱もあり、体調は最悪だったようです。
ちなみに、この日の優勝は、水鳥選手でした。
NHK杯、初優勝!
おめでとう~
この大会で、05/11にオーストラリア・メルボルンで開催される世界選手権の代表が決定しました。
冨田選手は、NHK杯は惜しくも2位でしたが、世界選手権の代表には選ばれました。
3位は鹿島選手です。

この日、私は、初めて、鹿島選手の生の演技を見ました(こちら)。
身長169cmの股下86cm(体の半分以上、足ですよね・・。)と言う、超恵まれた体型でのあん馬の演技は、以前から「美しい」とは聞いていましたが、本当にすごかったです。
演技中、会場から、どよめきが出ました。
手足の長い選手と言うのは、演技にダイナミックさが出るんですよね~。
特に、足の長い選手のあん馬の演技は、特に・・・です。
一方、冨田選手は、いわゆる「逆三角形」の体操選手らしい体型です。

私が好きだった佐藤寿治さんは、前述の通り、もう引退されていて、「コナミスポーツ」(こちら)の体操部(こちら)でコーチをされています。
福井以外で開催される大会には行けないので、そんな時はTVで見ているのですが、よく選手の近くに居たり、サポートをしているのを見かけます。

発見 佐藤さん。。。
一番手前で立っている2人の左側です。
IMG_0570.jpg

今回、世界選手権・鯖江大会から10年と言う事で、あの時選手だった方が、コーチとして来られているのも見かけました。
佐藤さんもその1人ですが、畠田さん日体大こちら)のコーチとして来られていました。
日体大からは、84年ロサンゼルスオリンピックの個人総合優勝の具志堅幸司さんこちら)も来られていましたね~。
こんな2人に、指導・器具の調整なんかをしてもらってる日体大生!! 羨ましいぞぉ!!
見てる観点が違う私・・・。(「現役選手を見ろっ」と突っ込まれそうですね・・・。)

私は、「わぁ・・・、佐藤さんだぁ。。。」と思いつつ、「今回は、現役選手を見に来たんだわ」と心を落ち着けて見てたのですが、「佐藤さんに喋りかけに行こっかな~」などと、邪念も消えず・・。
でも、最後に会ったのが、もう・・、少なくとも6~7年前なので、「声掛けして、覚えててもらえなかったら、逆に悲しいわ・・」と思って、見てるだけにしました。
でも、「そうだわ♪ 一ファンとして話しかければいいのよ」と思い直し、試合が終わって、客席の通路を歩く佐藤さんに、「佐藤さん!!」って声掛けしました。
そしたら、佐藤さん、「あぁぁぁ~!!久しぶりですねぇ~」って
覚えててくれました!!!
佐藤さん:「何年ぶりですか? 10年ぶりですか?」(佐藤さんは、世界選手権・鯖江大会から10年と言う事で、「10年」と出て来たと思われます。私が地元の人間だと言う事も覚えて下ささってた訳です)
私:「いえ、6~7年ぶりですね」
佐藤さん:「あっそうか、全日本選手権の時にも会ってますよね。」
って~
ちょっとぉ~、富山での全日本選手権で会った事まで覚えてて下さったんですよね~
ホントに、やっぱり「好青年」です。
まぁ・・、もう「青年」と言う年齢ではないですけど・・、でも、爽やかな笑顔は、まだまだ健在でした♪

そして、しばし談笑をして、またまたサインをいただき、お別れしました。
(「いくつサインあるんやって?」と突っ込まれそうですね・・・。)
↓ 書いていただくものを持ってなくて、たまたま持っていたA4サイズの「クリヤーファイル」に書いていただきました。
IMG_3552.jpg

このNHK杯は、今だかつて体操の大会で見た事がない「黄色い声」を聞けました。
長い期間、「体操=マイナー」だった訳ですが、アテネオリンピックの後の大会だけはあり、急に増えた体操ファン(「にわか」じゃない事を祈ります)が押し寄せていました。
アテネオリンピックに出場した選手は、みんな美形だったので、そのせいもあるでしょうか。
米田選手があるファンに客席近くに呼ばれて、プレゼントを渡した後なんかは、そのファンの周辺、盛り上がって「キャ~」って言ってました。
若い女性が「出待ち」までしてたのを見た時は、「ホント、よかったなぁ~」と、母のような気持ちにもなりました・・。


そして、いよいよフィナーレ。
05/11オーストラリア・メルボルンでの世界選手権(こちら)になります。
詳しいレポートは、日本体操協会のサイトへ⇒こちら

代表選手(敬称略):
  水鳥寿思、冨田洋之、鹿島丈博、
  山田辰也、関口栄一
個人総合⇒冨田洋之:1位
個人総合⇒水鳥寿思:2位
種目別/あん馬⇒鹿島丈博:3位
鹿島選手は、3大会連続のメダルです(こちら)。(←この写真見ると、「足長い」って思うでしょ?)
表情から見ると、鹿島選手本人は、もう少し上位を狙っていたようですね。
でも、そんな長い期間、Topで活躍できる事自体、脅威です!!

個人総合優勝」、日本選手が一番上の表彰台に乗って、「君が代」を聞ける日が来るなんて、本当に夢のようです。
アテネオリンピックの団体金メダルとは、また全然違う感動です。

冨田選手が金メダルを取った時の実況は、またまた、あのアテネオリンピック団体金の時と同じ、NHKの刈屋アナでした。
金メダルアナ」と呼ばせてもらいます♪

ちなみに、この大会で、女子の黒田真由選手が、段違い平行棒4位でした(こちら)。
惜しかったぁ~。
演技を見てて、「メダル!イケた!」って思ったんですけどねぇ・・・。
でも、日本の女子選手がこんな上位に来るなんて、びっくり!
「日本選手として、16年ぶりに世界選手権の予選を突破」ですって。
嬉しかったです。


長々と「私と体操」について語ってきましたが、読んでいただき、お疲れ様でしたぁ


最後に・・・。
ここでは一度も名前の出てきていない選手で、私が好きな海外の選手を、男女1名ずつ紹介します。
たくさん居るのですが、悩みに悩んで、1人ずつ。

〔男子〕
アレクセイ・ネモフ(ロシア)こちら
95年、世界選手権・鯖江大会で、世界にデビュー(かな?)。
96年アトランタオリンピック、00年シドニーオリンピックで6個ずつ、4つの金を含む計12個のメダルを獲得しています。
アテネでは、取れませんでした。
身長も大きく、ダイナミックな演技をしますし、存在感やスター性も兼ね備えた選手です。
アテネオリンピックの鉄棒では、こんな事件がありました⇒こちら
採点に場内から大ブーイングが起き、得点が上方修正されました。
ありえない出来事ですよね。
その得点修正処理にかなり時間がかかってしまい、その上に、上方修正された点数に、まだ更にブーイングが起きたんです。
次の演技の選手がずっと待たされてた訳で、そんな状況に、ネモフは、演技台にあがり、「みんなありがとう! もう十分だよ!」的なジャスチャーをして、観客をなだめていたと言うか、応えていました。
ジェントルマン!!
ちなみに、マニアなサイトにこんなの見つけました⇒こちら

〔女子〕
スヴェトラーナ・ホルキナ(ロシア)こちら
95年、世界選手権・鯖江大会で、世界にデビュー。
10代の選手が多い中、10年間にも渡って世界のtopに君臨し続けた体操界の女王です。
男子選手のように、「技」に走る若手選手が多い中、彼女の体操には、技だけではなく、優雅さも兼ね備えていました。
手足も長く、本当に美しい体操をする選手でした。
世界選手権の個人総合優勝、アトランタオリンピック・シドニーオリンピックとも、段違い平行棒で優勝していますが、ただ、、、オリンピックの個人総合優勝には、結局、縁がありませんでした・・・。(アテネオリンピック・個人総合は、銀メダル
ホルキナが、オリンピックの個人総合で金メダルを掛けて、表彰台の一番高いとこにのぼる姿、見たかったです。

アテネオリンピックのホルキナで印象的だったのは競技後、ホルキナがロシア国旗を観客席から渡してもらい、演技台に立ったり場内一周したり、喜びの表情を見せていたことです。
今回が最後になるかもしれないオリンピックで、何とか金メダルをあげたい!!、そう思っていましたが、彼女自身は金メダルを逃した悲しみよりも、五輪で初の個人総合メダルに大変喜んでいたように見えました。
団体での銅メダルといい、彼女が決して暗い表情を見せなかった事にホッとしました。


体操の技が、動画アニメーションで解説されているサイトがありましたので、よければ・・⇒こちら
(これ見てると、ものすごい盛り上がるんですけど、私だけ・・ですよね・・・。)
日本体操協会の公式HPこちら


◆関連記事
 ’06/10 世界選手権 ⇒ こちら
 ’06/11 全日本選手権 ⇒ こちら
 '06/11 TBS系「情熱大陸」 冨田洋之選手出演 ⇒ こちら
   '06/12 アジア大会 ⇒ こちら



キンモクセイが★

2006年10月14日(土)

秋になって、「キンモクセイ」(こちら)が色んな所で咲いていて、いい香りがしますね

これは、私の通勤途中にある とある民家の庭先のものですが、会社の構内・会社の駐車場脇の民家などなどに咲いてて、一日を通して、見る事が出来ます。
IMG_3398.jpg

「キンモクセイ」の匂いをかぐと、私は、高校時代を思い出します。
高校の中庭に「キンモクセイ」の木があって、体育の時間や部活で、その中庭を通る度に、この季節は、とてもいい香りがしていました。
「香り」って、記憶を呼び覚ましますよね

毎年この時期になって、「キンモクセイ」が香ると、いつも高校時代を思い出して、懐かしい気分になっています。

鹿児島「フェスティバロ」のスイートポテト♪

2006年10月12日(木)

久しぶりに、「お取り寄せ」系のネタをupします

私がおススメするのは、鹿児島「フェスティバロ」(こちら)のスイートポテトラブリー」(こちら)です
「スイートポテト」とは書きましたが、HPでは、「唐芋レアケーキ」って書いてありますね。
mfestivalo4.jpg
もう1枚、ちょっとアップで
mfestivalo5.jpg

私がこの「ラブリー」を初めて食べたのは、今からもう、5年以上前になります。
ある日、会社で残業をしていたら、同僚の男性が、「鹿児島のお客さんがくれたやつ。1つ余ったので、あげる」とくれました。
何の気なしに口に入れた所、「ん。美味しい」と。
あまりの美味しさに、びっくりしてしまいました。

その後、たまたま読んだ秋元麻巳子さんこちら・作詞家・秋元康さんの奥さんですね)のお取り寄せの本「お茶の時間のお取り寄せ」(こちら)にも、秋元家の一品として載っていましたので、「マチガイナイ!!」と再認識しました。

・・で、2004/9、会社の同僚と、お取り寄せしてみました。
再び食べる「ラブリー」は、やっぱり美味でしたぁ

「ラブリー」以外に、「ホワイトラブリー」、「カプレス」なんかも美味しかったですよ。
私がお取り寄せした 2004/9には、確か、抹茶味のものもあったように思うのですが、今はないですね。
期間限定だったのでしょうか・・?
ちなみに、この抹茶のは、私がこよなく愛する「伊藤久右衛門」(こちら)とのコラボでした。
また作って欲しい~。。。


★ラブリー
5個入り:682円 から

★フェスティバロ
鹿児島県鹿屋市上野町1869




【報告】久石譲さんのコンサートに!!

2006年10月9日(月)

予告しました通り(こちら)、ハーモニーホールふくいこちら)であった ピアニスト・久石譲さんこちら)のコンサートに行ってきました。

IMG_3372.jpg

チケットと一緒に届いたチラシに、こんなのが書いてありました。
IMG_3374.jpg


久石譲さんと私の出会いは・・・
北野武監督の映画「あの夏、いちばん静かな海。」('91)(こちら・こちらのメインテーマ曲である「Silent LOVE」(こちら)と言う曲です。
久石譲さんの膨大な有名な曲の中で、私が一番好きな曲です。
あとは、「SUMMER」も好きです
これは、同じく、北野武監督作品「菊次郎の夏」('99)(こちら)の中の曲です。
これは、2000~2002年にかけて、トヨタ「カローラ」のCMにも使われていたので、聞いた事があるかもしれませんね。
今回は、この「SUMMER」も演奏予定との事で、かなり楽しみにしで出掛けました

さて、本題に・・・。
開演はpm5時過ぎ、終ったのは、pm7:20頃でしたので、2時間ちょっとしてたんですね。
でも、あっと言う間でした~。

今回のコンサートで、久石譲さんは、★初福井★だったようで、「会場もすばらしいし、天気も良いし、頑張ります」との事でした。
ちなみに、この「ハーモニーホール」、かなり立派な「音楽堂」なのですが、久石譲さんも「有数の施設です。」とおっしゃって下さいました。
こんな感じの施設です。
DSC_0744_g.jpg

DSC_0746_g.jpg

始まる前に、1枚、撮ってみました。(ホントはいけないのかな・・?)
このパイプオルガン、立派でしたぁ・・・
IMG_3369.jpg


コンサートの方は、とっても素晴らしかったです
10/4に出たNewアルバム「Asian X.T.C」こちらと言うアルバムが出たのですが、その11曲の内、6~7曲は演奏されていました。
その他、恐らく、スタジオジブリ作品・北野武監督作品、その他の映画で流れていたと思われる曲を多数、演奏されていました。
「聞いたことある・・・」と言う曲が何曲かあるのですが、でもそれが、「何だっけぇぇ・・・」って出て来ないと言うものもあったりしました。

久石譲さんの曲を普段、自分から聞かない方でも、絶対に耳にしていると思われる曲で、今回演奏した曲は、
 ・映画「もののけ姫」(こちら)のテーマソング
   ↑ 米良美一さんが歌った曲ですね
 ・サントリー 「伊右衛門」こちら)の「Oriental Wind
   ↑ 宮沢りえさん&本木雅弘さんのCM

 ・カネボウ シャンプー「いち髪」こちら)の「Venuses
   ↑ 深津絵里さんのCM
 ・北野武監督作品「菊次郎の夏」('99)(こちら)の「SUMMER
辺りでしょうか・・。

私の大好きな「Silent LOVE」の演奏はありませんでした


今回は、久石譲さんの他に、
バラネスク・カルテット(英国)、二胡、古筝(こちら)の奏者(中国)、マリンバ、ベース、パーカッション、サックスも演奏に加わっていました。
二胡が入ると、何て言うかな。。。中国の壮大な感じが出るんですよね~
久石譲さんは、中国・韓国の映画音楽も担当されていて、今回のNewアルバム「Asian X.T.C」では、その曲も入っているので、中国の楽器も登場したんでしょうね。

MCの時にお話しされていたいのですが、久石譲さんの大学時代の親友「ひらばやし君」が、この会場のある隣の隣の武生市(現・越前市)に住んでいらっしゃるそうです。
しかも、この「ひらばやし君」が、「久石譲」の名付け親だそうです。
在学中に、音楽家として活動する以上、それなりの名前が必要ということで、その「ひらばやし君」と話し合った結果、好きだった「クインシージョーンズ」こちらから名付けることとしたそうです。
「クインシー・ジョーンズ」=「久石譲」。。 ・・ん、、、響きは似てる・・・、若干、無理やり・・?
でも、思わぬ所で、福井とゆかりがあったんですね♪♪


ベースをされていた竹下欣伸さんって、私は気づかなかったのですが、一緒に行った方が、「あの人、『クライズラー&カンパニー』だった人じゃないの・・・?」と。
「クライズラー&カンパニー」とは・・⇒こちら
私は、「葉加瀬太郎さんが所属していた3人グループ」としか知らなくて、さっき、葉加瀬太郎さんの公式HPこちら)を見て、「おっ、確かに昨日居た!」と思いました。

久石譲さん始め、みなさんスーツなどのきっちりとした衣装を着ていた中で、竹下欣伸さんってば、ジーンズを履いていて、私の中では印象的でした。
何せ私は3列目で見ていたので、色んなものがクッキリと見えました。
バイオリンを弾く、何て言うんですかね? 右手に持ってる棒みたいなやつ。
あれって、確か馬の尻尾ですよね?
何本も一緒になって作ってありますが、それが弾いている内に切れていくのとかも見えちゃいました。


さて、若干話がそれましたが。。。
私の勝手なイメージでは、世界的に活躍されている久石譲さんは、写真の感じから、「巨匠タイプの気難しそうなおじさん」でした。
でも、実際の久石譲さんは、とっても優しい声でお話しをされる ニコニコ笑顔の「おじさま」でした。
他の出演者の方がメインで演奏された後でも、大きく拍手をされたり、1曲1曲、弾き終わる度に、客席に向かって、「ニコっ」と微笑み、会釈をされていました。
一緒に行った友人と、「良い人だぁ~」って言ってましたけど。。。

久石譲さんは、作曲だけでなく、編曲もされるそうで、ホントに「彼は天才だ」と思いながら、会場を後にしました。

とっても有意義な「秋の夜長」でした





【予告】久石譲さんのコンサートに!!

2006年10月8日(日)

明日ハーモニーホールふくいこちらである ピアニスト・久石譲さんこちらのコンサートに行きます。
IMG_3372.jpg

久石譲さん・・・と聞いて、「分からないわ」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、スタジオジブリこちら)の映画、北野武監督こちら)作品、またはCM曲・・・と、知らず知らずの内に耳にしている曲ばかりです。

スタジオジブリ作品で言えば、
 ・魔女の宅急便
 ・ハウルの動く城
 ・風の谷のナウシカ
 ・紅の豚
 ・もののけ姫
 ・天空の城 ラピュタ
 ・となりのトトロ     
・・・と、キリが無い。。。

北野武監督作品では、
 ・Dolls
 ・HANA-BI
 ・Kids Return
 ・あの夏、いちばん静かな海
 ・Sonatine
 ・菊次郎の夏     
・・・と、こちらもキリが無い。。。

CMで言えば、今、放送しているのは、
 ・サントリー 「伊右衛門」(こちら) 
   ↑ 宮沢りえさん&本木雅弘さんのCM

 ・カネボウ シャンプー「いち髪」(こちら) 
   ↑ 深津絵里さんのCM
なんかがありますね。

私の席は、S席・前から3列目の真ん中よりちょっと右です
10/4に出たNewアルバム「Asian X.T.C」こちら)も買って、ちゃんと予習したし、かなり楽しみ

また報告します~


結果報告は・・・⇒こちら


UAE・ドバイ旅行をupしました(*^o^*)

2006年10月7日(土)

遅ればせながら、、、去年年末に行って来たUAE・ドバイ旅行こちら)をupしました

今回も、またまた、長~くなっちゃいました・・。
ヒマ~な時に読む事をお勧めします





アラビアンナイト・・?? ★ドバイ旅行記★【5日目】

2005年12月27日(火)~31日(土)


up日:2006年10月7日(土)


かなり。。遅れましたが、去年年末に行って来たUAE(アラブ首長国連邦)のドバイ旅行記を、upします。

1日目⇒こちら
2日目⇒こちら
3日目⇒こちら
4日目⇒こちら

【5日目】
そして、私たちは、翌am3時発の飛行機で帰途に・・・。
ドバイ国際空港は、24時間営業の空港なので、夜中12時に空港に行っても、「昼間ですか・・・?」ってな位賑わっていて、お店も普通に開いてて、とってもビックリ!!
IMG_1169.jpg

IMG_1172.jpg

エミレーツ航空のCAの制服、ちょっと個性的ですよね。
IMG_1174.jpg

空港内の案内もこんな感じで、さっぱり分かりません。
もちろん、次の画面は英語で案内なので、ご安心を・・・。
IMG_1173.jpg

こちらは、機内食。
夕食・・・って、夜中の4時・・・
「こうどん」が、本当に美味しかった!!
IMG_1181.jpg

朝食(朝の10時頃)。
IMG_1184.jpg

さて・・、ホテルですが、
私の泊まったホテルグランドハイアット・ドバイ」(こちらもかなり立派でした。
何せ、7つ星の「バージュ・アル・アラブ」を見ちゃってるので、結構、質素に見えちゃいますが、実は
、このホテルも立派な5つ星ホテルなのです。
ロビーも朝食も豪華で、ロビーのレストランも森に囲まれたような緑一杯で、スパも結構立派らしかったです。
ちなみに、客室数は、ドバイNo.1です。

まず、ホテル概観。
これは、夜のライトアップです。
どうも、色は日替わりっぽいです。
IMG_1131.jpg

IMG_1130.jpg

ロビーです。
IMG_0994.jpg

IMG_1010.jpg

IMG_1024.jpg

ホテル内のベーカリーショップです。
IMG_1002.jpg

IMG_1003.jpg

IMG_1004.jpg

IMG_1005.jpg

IMG_1006.jpg

朝食はこんな感じ。
種類がものすごく充実してて、パンだけでも毎日20種類以上、フルーツも日替わりで10種類以上ありました。
「ここのパンは美味しい」との情報でしたが、確かに美味しかったです。
IMG_1015.jpg

奥にある茶色いもの、これって、最近話題のチョコレートフォンデュですよね。
溶けたチョコが沸いてきてましたぁ。。
私は食べてませんが、パンやフルーツにかけて食べると美味しいらしいですね
IMG_1016.jpg

IMG_1014.jpg

オーダーすると、ワッフルも焼いてくれます。
フレンチトーストもありました。
(彼女は、カンボジア出身でした。『「アンコールワット」に言ってみたい!』と話してみました
IMG_1019.jpg

さてさて、最後に。。。。
今回、何より驚いたのが、ドバイは、まさに『夢の国』で、世界を飛び回っている私でも、『こんな国があるんだなぁ・・』と思ったことです。

街中に『お金持ってるぞ!!』と言う雰囲気が漂い、『お金はあるトコには有るんだなぁ・・』・『お金は回るトコで回ってるんだなぁ・・』と、日々、しみじみしておりました。
欧米人のお金持ちとアラブのお金持ちは、お金を使う方向が違うって言うか・・。
私が今まで行った国のパターンだと、大概は、ホテルは豪華、でも、街中はそこそこ・・・とか普通、って言うのが多かったのに、今回ドバイは、ホテルも街中も変わらずキレイ。
夜に、女性だけで歩いても危険じゃないって国なんて、そう無いと思いません
ドバイは、「世界一安全な国」を目指して、日々、頑張っているようです(こちら)。

しかも、「世界の建設機器の30%がドバイに集まっている」と言われる位 日々建設ラッシュで、新しいビルやショッピングセンターをボンボン建ててるし、世界最大といわれるショッピングモールがオープンし、その施設内に、去年12月には、人工スキー場まで作ったらしいです。(敷地3000平方メートル)
ドバイは夏50℃くらいまで気温が上がるらしいので、その地にスキー場を作ろう・・・なんて、やっぱり発想が「アラブの大富豪?」のすることだですよね~。


いやいや・・・、実質3日しか居なかったけど、充実した、感心しっぱなしのドバイ旅行でした。


お買い物は ⇒ こちら


長~~くなってしまったけど、この辺です・・・
お疲れ様でした



アラビアンナイト・・?? ★ドバイ旅行記★【4日目】

2005年12月27日(火)~31日(土)


up日:2006年10月7日(土)


かなり。。遅れましたが、去年年末に行って来たUAE(アラブ首長国連邦)のドバイ旅行記を、upします。

1日目⇒こちら
2日目⇒こちら
3日目⇒こちら


【4日目】
この日は、金曜日。
金曜日はイスラム教の休日にあたるので、街中は休みの所が多く、昼過ぎまでホテルに。

9割が外国人だし、しかも、ホテル・ショッピングセンター・観光地で働いている人も外国人ばっかりなので、別に休まなくてもいいのでは・・・?とも思うんですがね・・・。
ホテルの部屋でエアメール書いたり、ホテル内のアジア料理屋さんで、ベトナム麺「フォー」を食べたりして過ごしました。
IMG_1142.jpg

この「フォー」、ベトナムで食べたフォーにかなり近くて、美味しかったです
IMG_1144.jpg

夕方からは、
ワーフィー・シティー」(こちらこちら)と言う、デパート・レストラン・スパ・ホテルが一緒になっている複合施設に行きました。
(このテの施設は、ドバイにたくさんあります。)
ワーフィー・シティー」は、エジプトをテーマにした施設で、概観もこのように、エジプトちっくです。
IMG_1152.jpg

店内の天井は、こんな風に・・。
ピラミッド風ですね。
IMG_1156.jpg

IMG_1155.jpg

店中には、ブランドショップ・服屋さん、などなど、、、あったのですが、こんな所も有りました。
フードコートですね。
IMG_1164.jpg

IMG_1162.jpg

その横のスイーツ()コーナー。
「デーツ」です。
きれいに並べてありますねぇ。。。
IMG_1157.jpg

これまたきれいに。。。
IMG_1159.jpg

これは、生のフルーツに見えますが、恐らく、アーモンドの粉で作ってある生菓子です(日本の抹茶についてる生菓子のような食感では・・と)
IMG_1160.jpg

こちらは、デーツの「ご贈答用」
IMG_1166.jpg

ワーフィー・シティー
」へ行った
目的は、クレオパトラ・スパ」(こちら)なるエステに行く為です。
エジプトだから、「クレオパトラ」・・・
IMG_1167.jpg

この「クレオパトラ・スパ」なるエステ、まず、内装も若干ライトが暗めで(やっぱり、イメージはエジプト・・)、まず、担当のお姉さんに体の具合なんか を聞かれるんですが、これが、その担当の人の国なまりの英語なので、イマイチはっきり分からず、そんな時は笑顔で・・・(^^;)。

そして、私はミルクバスに。
バラの花びらを浮かべた金色のバスタブに入り20分位。
金色って辺りが、まさに「クレオパトラ」!!
その後は、顔と全身(背中・腕・足)のマッサージ(恐らくオイルマッサージ)を30~40分位。
終わってからは、紅茶と、あと、温かい砂を袋に入れたものを首に巻いてしばし待つ・・・。
すっきりさわやかになりました。
色んなコースがあり、私がしたのはスタンダードなコースなんですが、インドの伝統的な「アーユルヴェーダ」(こちら)なども出来るようで、その場合は、担当の女性がインドの民族衣装サリーを着てやってくれるみたいで、何人か歩いていました。

◆クレオパトラ・スパ
Cleopatra's Spa)
営業時間:
<女性用> 土~木 9:00~20:00 金 10:00~20:00 
<男性用> 月~土 10:00~22:00 日 10:00~19:00

住所:Pyramids, Wafi City, P.O. Box 26631
TEL:04-3240000 / 3247700


5日目⇒こちら

お買い物は ⇒ こちら



アラビアンナイト・・?? ★ドバイ旅行記★【3日目】

2005年12月27日(火)~31日(土)


up日:2006年10月7日(土)


かなり。。遅れましたが、去年年末に行って来たUAE(アラブ首長国連邦)のドバイ旅行記を、upします。

1日目⇒こちら
2日目⇒こちら


【3日目】
まったくのフリーなので、ドバイにジャンジャン立っているショッピングセンター・デパート系に。
ドバイは税金が掛からないので、もしブランド品を買っても、日本より安く買えるとあって、友達は、スペインの「ロエベ」のバックを買ってました。
私はそんなものには興味がないので、いつものように、スーパーなんかでうろうろして、ドバイちっくなグッズを探しに・・・。
でも、ドバイに住んでいる人は9割が外国人だし、世界中からモノが入ってくるので、この「ドバイちっく」を探すのが本当に大変でした!!

私は、「City Center」(こちら)と言う大型ショッピングセンターに。
ここは日本のショッピングセンターに近い感じで、フードコートあり、食料品売り場・家電・ホームセンターなどなど、本当になんでもありましたね~。
IMG_1045.jpg

店内にも、観光客、地元の人など、世界各国の人が居ました。
アラブの女性の着ている黒ずくめの服を着た方も居ます。
本当は、アラブの女性の写真は、撮ってはいけないのですけどね・・・
IMG_1036.jpg

このような店内ミニ遊園地もありました。
IMG_1028.jpg

マックもこのような表記になります・・。
IMG_1030.jpg

こちらは、ケンタッキー
IMG_1031.jpg

フランス資本のスーパー「カルフール」もありました。
IMG_1046.jpg

「カルフール」の店内はこんな感じです。
(おっと、友達の後ろ姿が・・)
IMG_1039.jpg

IMG_1038.jpg

油とケチャップってどんな組み合わせ・・
IMG_1041.jpg

こちらにもスパイスコーナー。
IMG_1037.jpg

ホテル「バージュ・アル・アラブ」(こちら)でもいただいた「デーツ」。
こちらでは、チョコがけ、ナッツの挟んだものなどが売られていました。
IMG_1040.jpg

私はコレを買いました
大体、650円~700円くらいです。
IMG_1203.jpg

一気に食べてしまいました。
また食べたいと日本でも探しているのですが、なかなか同じ味に出会えないので、もし、「ここで買えるよーー」と言うのをご存知の方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

そして、海外旅行恒例、「世界のスターバックス巡り」
先にupしています 今年6月の上海旅行こちら)にも書いています通り、このドバイのスタバは、NY・メキシコシティーに続いて、3ケ国目です。

ドバイには、本当に、たくさんのスタバがあります。
ここは、
City Center」(こちら)内のスタバです。

アラビア語で書くと、こうなる訳ですね。。
最初、これがスタバには見えませんでした。
IMG_1032.jpg

店内は、至って普通です
「ドバイ色」は、あまり・・、ありません。
お値段も、日本並みです。
IMG_1044.jpg

そして、pm3時頃から、4WDに乗っての砂漠ツアー参加。
IMG_1048.jpg

「砂漠」と言っても、ドバイの市内から、車で1時間も走ると、このような一面の砂漠に入ってしまいます。
IMG_1053.jpg

10何台が一緒にツアーになって動くのですが、私たちの車が先頭
後ろを見ると、たくさんの車が付いてきていました。
IMG_1057.jpg

砂漠のドライブは想像以上に激しく、視界から地面が消えてしまったり、目の前に崖のような急坂が現れたりと迫力満点。
IMG_1062.jpg

道なき道をどんどん砂漠の奥へと進んでいくんです。
まさに、ジェットコースターに乗ってる感じで、私は、首が軽いムチウチで痛くなるわ、友達は「過呼吸」になるわ・・・で、結構激しかったです・・・。
IMG_1063.jpg

最初にラクダの放牧地を訪ね、ラクダといっしょに記念写真。
IMG_1049.jpg

途中、何箇所が止まってくれるのですが、こんなものを発見
砂に何かを書きたくなる。。。ってのは、万国共通ですね。
私も自分の名前を漢字で書いてみたのですが、漢字は砂漠に合いません・・・。
IMG_1079.jpg

友達と私の影です。
IMG_1072.jpg

「風紋」がきれいでした
IMG_1050.jpg

砂がサラサラでした。
我が家に今あります、この砂・・・。
IMG_1092.jpg

そして、砂漠に沈む夕日を見ました。
こうやって、みんなで座って見ました。
何の音もしない時間・・・。なかなか無いですよね
IMG_1089.jpg

IMG_1091.jpg

IMG_1094.jpg

ちなみに・・・、砂漠に沈む夕日を見ながら頭に浮かんだ歌は、「異邦人」でした。。。

その後、砂漠の真ん中のキャンプサイトに進み、ディナーを。
IMG_1100.jpg

ラクダに乗って、星空の下で散歩もしました。

月の灯りがともるころ、妖艶なベリーダンスこちら)を眺め、砂漠の中で過ごすひとときは、まさにアラビアンナイト!
(ただ、ベリーダンスを見るのが4回目の私は、あまり興味なし・・・
IMG_1105.jpg

IMG_1125.jpg

IMG_1121.jpg

他にも、砂漠のキャンプで一夜を過ごす「千夜一夜物語」というツアーもあるらしいです。

ちなみに、このディナーの場所では、「ヘンナ」(こちら)の無料体験もしました(インドでも しました)。
この「ヘンナ」
は、植物染料を使って描く「タトゥー」のようなもので、チョコレートの溶けたようなものを、ペン状のもので、皮膚に、フリーハンドで描きます。
乾いてから、こすり取ったら完成です。
1週間位で消えちゃうの残念・・・。

左腕にはバラ、右腕には蝶が描かれています。
IMG_1103.jpg

IMG_1129.jpg

乾くとこんな感じになります。
バラが、横広がりで、オカシな感じになってますけど・・・。
IMG_1139.jpg

また、イスラム教でよくある「水タバコ」も体験。
IMG_1000.jpg

たばこのように、けむいかと思いきや、全然
りんごの香りの空気を吸っているだけ・・って言う感じでした。意外


さて、ここでの夕食はこんなものでした。
ドバイでは、世界各国の料理が食べれるので、アラブの料理を食べる機会が無かったのですが、ここに来て、「まさにアラブ」と言う食事が出ました。
IMG_1102.jpg

IMG_1104.jpg

行き、砂漠の入り口からキャンプ地まで1時間以上掛かった上に、ジェットコースターかと思う位の上下激しいドライブだったので、これは帰りは食事もしてるし心配・・って思ってたら、これが意外に街に近くて、1時間程度でホテルに着いてしまいました。

さすが、本当は砂漠の地だったんだなぁ・・・と思わせました。


4日目⇒こちら
5日目⇒こちら

お買い物は ⇒ こちら

アラビアンナイト・・?? ★ドバイ旅行記★【2日目】

2005年12月27日(火)~31日(土)


up日:2006年10月7日(土)


かなり。。遅れましたが、去年年末に行って来たUAE(アラブ首長国連邦)のドバイ旅行記を、upします。

1日目⇒こちら

【2日目】
ドバイに着いたのは、現地時間am6時過ぎ。
いったんホテル(グランドハイアット・ドバイ」(こちら)に入り、ホテルの朝食を食べ、ツアーについている市内観光に。

まずは、「世界No.1づくし」のホテル「バージュ・アル・アラブ」(こちら)に。
今や、「ドバイと言ったらこのホテル」、まさしく「ドバイの象徴」ですよね
IMG_0949.jpg

ホテルの中には、宿泊者とレストラン・アフタヌーンティー予約者しか入れないので(←入り口でチェックされる)、それ以外の一般観光客は、遠めから見学だけ。
でも、観光コースに入っている位、誰もが見に来るホテルです。

☆7つ星ホテル☆で、世界には、ドバイにしかないとの事。
何がNo.1かと言うと・・。
 ①ホテルの高さが世界最高
 ②世界最高の高さにあるヘリポート
 ③世界最高の高さにあるテニスコート

世界最高の高さにテニスコートを作って、何の意味があるのか・・・??、日本人の私には不明なんですが、そこは、「アラブ人」の考える事・・・。
何でもNo.1がいいみたいですね

ちなみに、客室は、全室スイートで、1つ1つの部屋が2階建て、そして、各部屋に「執事」までいるそうです。。。


そして、「ジュメイラモスク」(こちら)へ。
ドバイで最も美しい」と称される、ビーチ沿いのモスク。
モスクなので、イスラム教徒以外は中に入ることは出来なくて、外からの見学のみ。
IMG_0906.jpg

IMG_0908.jpg

IMG_0909.jpg

その後「ドバイ博物館」(こちら)。
IMG_0915.jpg

砦のような形をしたこの博物館では、ドバイの歴史を昔から現在までの変遷を知ることが出来るんですが、今のこの裕福なドバイからは、想像も出来ない位、質素な暮らしだったんだなぁ・・って感じでした。
IMG_0916.jpg
(この赤い服を着ている方が、現地ガイドの方ですが、ドバイの方とご結婚されたそうです)

IMG_0917.jpg

それから、「クリーク」と呼ばれる川を、渡し舟「アブラ」で渡りました。
IMG_0923.jpg

IMG_0925.jpg

この渡し舟「アグラ」で遊覧していて、驚いたのが・・・。
普通、このようなのに乗ると、川にゴミがたくさん浮いていたり、臭いがしたりして、結構、ゲンナリするのですが、この川、何と!ゴミが落ちてないんです!!!
すごい


そして、「スパイス・スーク」へ。
「スーク」とは、アラビア語で市場のことです。
ドバイで有名なスパイスと言えば、やっぱり「サフラン」ですね。
私も買いました。
料理上手な知人にも、お土産で買いました
IMG_0929.jpg

IMG_0928.jpg

続いて、「ゴールド・スーク」です。
IMG_0930.jpg

アラブといえば金細工が有名ですが、「ゴールド・スーク」にも数多くの店が軒を連ねていて、金ピカですごかったです~。
こんなの一体、いつどこで身に着けるんでしょう・・・?
結婚式とか・・?
まさに、「アラブの大富豪」
IMG_0934.jpg

そして、各宗教の神様・仏様まで金ピカです
一番左は、「キリスト」ですよね。。
その奥には、「お釈迦様」?
その近くには、インドの「ガネーシャ」(こちら)まで・・・。
もう・・・、何でもアリ・・
IMG_0933.jpg

ココまでがツアーに付いている市内観光で、ここからはフリー。
私たちは、
「世界No.1」づくしのホテル「バージュ・アル・アラブ」(こちらの「アフタヌーンティー」に。
IMG_0946.jpg

右下に小さく、私が居ます・・。
これでも・・、ホテルから結構 離れて撮影したんですが・・、実際は、かなり大きなホテルです。
写真上部の中央に丸くで出っ張りがあるところが、さっき書いた「世界最高の高さにあるヘリポート」です・・。

まず、ホテルへの道路で、メールで送られてきた
「アフタヌーンティー」の「予約番号」なるものを見せて、中に入ってよし!!との了解を頂き、中に。。。
「バージュ・アル・アラブ」は、海の中に立っていて、1本の道路で繋がってるんですが、結構長い。

ホテルの中に入ると、こんな様子です。
「金ピカぶり」・「ゴージャスぶり」ドドンとお伝えします。
まず、ロビーです。
IMG_0957.jpg

IMG_0975.jpg

IMG_0976.jpg

エレベーターです。
あまりに光っていたので、最初、何かが分かりませんでした・・・。
IMG_0968.jpg

IMG_0966.jpg

ちなみに、これは「デーツ」(「なつめやし」)と言うお菓子です。
日本で言うと、「干し柿」のような食感と甘さで、大きさは、直径3~4cmの楕円形です。
結構美味しいかったです。
このホテルでは、ホテルに来た方に、入り口でこれをサービスしてくれるのですが、何と、玄関を入った所に、
 ・デーツを持った人
 ・アラビアンコーヒーを持った人
 ・おしぼりを持った人
が 1列に並んで待機してるんです・・・。
驚き・・・
IMG_0956.jpg

エスカレーターの横には、巨大水槽があり、熱帯魚が泳いでいました。
これが2箇所にあります。
↓↓ 魚、見えますか?
IMG_0955.jpg

そして、2機のエスカレーターの間にある噴水です。
IMG_0973.jpg

上から見ると、こんな感じの色がついています。
IMG_0964.jpg

エスカレーターで上がった所にある「第2のロビー」(?)はこのような感じです。
IMG_0963.jpg

ここにも噴水。
IMG_0959.jpg

そして、これが客室だそうです。
客室部分には入れないので、下から撮ってみました。
さっきも書きましたが、客室は、全室スイートで、1つ1つの部屋が2階建て、そして、各部屋に「執事」までいるそうです。。。
IMG_0953.jpg

IMG_0974.jpg

IMG_0960.jpg

ホントに!!至る所が金ピカで、「成金ですか・・?」と笑っちゃう位のホテルです・・・。

ちなみに、この、全部、ホンモノです!!


・・・あまりのゴージャスさに感動しきりで、そのまま「アフタヌーンティー」のレストランがある27Fへ。
27Fとは言っても、客室1つが2階建てですので、実際は54階分の高さがあり、このように見晴らし最高
ちなみに、写真の中にある高い建物「ジュメイラ・ビーチ・ホテル」も★7つ星ホテル★です。
IMG_0982.jpg

若干見ずらいんですが、あのベッカムが別荘を保有している「パーム・ジュメイラ」。
(マイケル・ジャクソンや、サッカーのオーエンも・・と言う話も聞きました。)
現在、建設中の、パームヤシの形をしている 海に浮かぶ人口島の大別荘群で、恐らく直径は2~3kmはあるようで、もっと高くに行かないと、全貌は見えないですねーー。
IMG_0983.jpg

この他に、これより少し小さい 同じく人口島の大別荘群の「THE WORLD」と言う、上から見ると世界地図をしているらしいものもあります。
「パーム・ジュメイラ」より2回り程大きい、同じパームヤシの形をしたものも建設中・・・。
これも、
もっと高くに行かないと、全貌は見えないですねーー。
IMG_0984.jpg

ここで本題の「アフタヌーンティー」へ。

シンガポールの「ウェスティンホテル」で行った時は、2000円程度だったし、これが相場だと思うんですが、何と!!1人6000円
サンドイッチ4切れ程・ミニパウンドケーキ3切れ、ミニケーキ3個、スコーン1個、チョコ2個、紅茶1杯。
↓ これでも2人分なんです。それで6000円。破格!!ドバイ価格
IMG_0977.jpg

6000円払ったと言う思いがあるからなのか、景色も雰囲気もよかったし、何でか、イタリア人ウェイターに、紅茶とサンドイッチのお代わりまでもらい、満足したアフタヌーンティーでした。
宿泊したら、ン十万円らしいし、ランチでも万単位らしいので、それよりはお手軽・・??って話かも知れません(^^;)。
とにかく、ゴージャスで、敷居の高い、紅白の小林幸子&美川憲一のようなホテルでした・・・。
あんなホテルに、1度は泊まってみたい


3日目⇒こちら
4日目⇒こちら
5日目⇒こちら

お買い物は ⇒ こちら








アラビアンナイト・・?? ★ドバイ旅行記★【1日目】

2005年12月27日(火)~31日(土)


up日:2006年10月7日(土)


かなり。。遅れましたが、去年年末に行って来たUAE(アラブ首長国連邦)のドバイ旅行記を、upします。
前もって書きますが、これも長~~いです・・・
IMG_0903.jpg

まず。。。

ドバイって言うのは、ご存知でしょうか
聞いたことあるような。。。でも、どこにあるの?って感じでしょうか?

ドバイとは・・・。(こちら
UAE(アラブ首長国連合)の中の7つの首長国の1つで、アラビア半島の東アラビア湾に面した、注目のリゾート地です。

もともとフリーポートとして、貿易面では注目をされていて、近年すさまじい勢いで、高級リゾートホテルが建設され、世界でも類を見ない、砂漠の巨大リゾートが完成されつつある街なんですって。
石油と外資系企業で財をなした地域で、でも、石油ではなく実際は、貿易が、ドバイを静かな村から、アラビア湾岸南部の主要港への変身を促進した推進力だったみたいです。
元々は、何百年にも渡って、アラビア湾(ペルシャ湾)で世界最高級の真珠を採っていたんだけど、1930年代の初頭、日本の「ミキモト」が真珠養殖を成功させた事により、真珠産業は大被害に見舞われたらしいです。
で、この財政問題を何とかしようと苦節20年
石油が発掘され、瞬く間に、今の豊かな暮らしになったらしいです。
・・・なので、ドバイと言うか、アラブ首長国連邦の歴史は、ここ30~40年・・・と思うと、スゴイ!!の一言。

これは泊まったホテル「グランドハイアット・ドバイ」(こちら)から撮った写真です。
朝撮ったので、ちょっと霞んでいますが、高層ビルが乱立しています!
ドバイが「中東のNY」と言われる理由も分かりますわ~

IMG_1133.jpg

ちなみに、ドバイに住む人の9割が外国人で、残り1割のドバイの現地人は、国の機関で働いていたり、主に管理職として働いているらしく、後は自営業か(勿論社長として)。
肉体労働を嫌うらしく、出稼ぎがするような仕事には従事しないらしいです・・・。

今回、ドバイには、12/27~12/31の3泊5日で行ってきました。
12/27と言っても、pm11:05発の飛行機だったので、1日目はたった45分・・・? 
サギのようなツアー・・・

今回利用したのは、ドバイのエミレーツ航空こちら)と言う航空会社の直行便だったのですが、これが想像以上に立派な飛行機でした。
IMG_1176.jpg

まず、行きは、飛行時間11時間半なんで、夕食(・・って言っても、am1時とかに出る・・)後の寝る時間になって、機内が暗くなると、機内の天井に、なぜか☆星★が登場ました。 
こんな演出初めて
IMG_1182.jpg

通常、飛行機の自分の席にある映画などが見れるスクリーンは、映画・TV・ゲームなど、各数チャンネルで、映画などは、始まる時間が決まってて、自分がその開始時間まで待ってないといけないですが、このエミレーツ航空のは、映画・ゲームなど、数えていないけど、100チャンネルは越えてて、しかも、各国の映画が見れ、しかも、自分の好きな時間に見れるという優れモノでした~。
まぁ。。。深夜出発なので、寝ちゃってて、あんまり意味ないんですけど・・・

こちら機内食。
夕食。
IMG_0882.jpg

そして、朝食。
IMG_0886.jpg



2日目⇒こちら
3日目⇒こちら
4日目⇒こちら
5日目⇒こちら

お買い物は ⇒ こちら





ドバイでこんなの買いました☆

2005年12月27日(火)~31日(土)



up日:2006年10月7日(土)



遅ればせながら。。。
去年年末の
UAE(アラブ首長国連邦)のドバイ旅行こちら)で買ったものをupしました。

ドバイ=税金なし=買い物天国なのですが、ブランドに興味の無い私は、「何か意味不明」のものばっかり、今回も買って帰ってきました。。。


スターバックスコーヒーの「
Frappuccino」シリーズこちら)です。
日本には売っていませんが、海外では、スーパーなんかに売っています。
6種類ありますが、
City Center」(こちら)の「カルフール」で、その内、4種類を見つけたので、買って来ました。
これが重いんだ・・・
ビンもちゃんと洗って、今は、飾ってあります
IMG_1191.jpg

デーツ」(「なつめやし」)と言うドライフルーツ。
ドバイでは、超メジャーなお菓子です。
日本で言うと、「干し柿」のような食感と甘さで、大きさは、直径3~4cmの楕円形です。
結構美味しいかったです
こちらも、「City Center」(こちら)の「カルフール」で買いました。

IMG_1203.jpg

★こちらは特に意味ありませんが、ちまちましたチョコ菓子です。
空港でお金を使い切る為に買ったものが多いです。
「キットカット」は、世界中にありますが、日本のが、やっぱり口に合います
IMG_1200.jpg

固形コンソメ
特に意味は無いのですが・・、日本でもおなじみの「マギー」、「クノール」などのメーカーのもので、単に、パッケージにアラビア語が書いてあったから、ちょっとしたお土産にウケるかも?と思って買ったものです。
こちらも、「City Center」(こちら)の「カルフール」で買いました。
IMG_1198.jpg

サフラン
ドバイは香辛料が有名なので、一番の有名どころ「サフラン」を購入しました。
私、会社の先輩、よく行くカフェのオーナーさん・・、と、3つ買いました。
お2人とも料理上手な方なのですが、カレーの時にサフランライスにして食べたそうです。
こちらも、「City Center」(こちら)の「カルフール」で買いました。
IMG_1197.jpg

「TWININGS」の紅茶
これまた、日本でもおなじみですね
これも別に意味が無いのですが、パッケージにアラビア語が書いてあったから、ちょっとしたお土産にウケるかも?と思って買ったものです。
こちらも、「City Center」(こちら)の「カルフール」で買いました。
IMG_1210.jpg
裏は、普通に英語です。
IMG_1211.jpg

★食器用洗剤・洗濯用洗剤
これまた全く意味が無いのですが、海外のスーパーで、洗剤を買って帰ってくる・・・って言うのが、たまにあります。

左の食器用洗剤ですが、この福井の冬に耐えれなかったのか、この冬、毎朝、我が家の台所で凍って、半透明になってました。
確かに、ドバイでは想定できない気温ですもんね・・。
そこまでの「寒冷地仕様」には なってなかったようです。
変質してなかったか心配ですが。。
ただ、色もド黄色で、香りもムセるような香りでした・・・。
こんなので洗っていいのかなぁ・・とは思いましたが。。。

右の洗濯用洗剤は、さすがに、使ってません
何か・・・、色柄物が色落ちしそうで、怖くて使えませんでした・・・。
飾ってあります。

こちらも、「City Center」(こちら)の「カルフール」で買いました。
IMG_1193.jpg


ここまで読んでいただいた貴方の心の中は、「この人、何買ってんの・・・?」でしょうねぇ・・。
確かに、その通りです・・・




中国限定・グリコ「コロン ~マンゴープリン風味~」

2006年10月6日(金)

昨日、ウチの会社の中国・上海の事務所から、出張者が来てて、「グリコ」こちら)の「コロン ~マンゴープリン風味~」をお土産に持ってきてくれました。
日本の観光地でもよく見かける「地域限定もの」です。
IMG_3325.jpg

IMG_3327.jpg

実は、今年の6月に上海に行った時(こちら)に空港で見かけ、かなり気になったのですが、結局買えなかったものなんです。
↓↓ その時、空港でたまたま撮っていた写真です。
IMG_1818.jpg
(この時は、真ん中の段の真ん中の「ポッキー ~烏龍茶風味~」を買いました。)

さてさて・・・、この「コロン ~マンゴープリン風味~の味ですが。。。
マンゴーっぽいっちゃぁ、マンゴーっぽいですが、まぁ、、、何か普通でした
ま、そんなモンですよね
IMG_3331.jpg






Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索