FC2ブログ

Entries

世界選手権・種目別決勝2日目終了!

2006年10月23日(月)

さてさて、今まで5日に渡って長々と書いて参りました デンマークのオーフスで開催されていました 体操の世界選手権、最終日の報告です(こちら)。

最終日は、種目別決勝の2日目です。
行われた種目は、男子が跳馬・平行棒・鉄棒女子が平均台・ゆかです。

まずは、男子から。
結果は⇒こちら

最初は、跳馬です。
1位は、ルーマニアのドラグレスクこちら)。
自分自身の名前のついた「ドラグレスク」を行い、去年の世界選手権の跳馬の金メダルに続き、2連覇です。
2位は、カザフスタンのカスピアロビシュ、3位は、今回の世界選手権の個人総合の銅メダリストである、ドイツのハンビュヒェンです。

続いて、平行棒
こちらには、冨田洋之選手
こちらと森人選手こちらが出場しました。
冨田選手は、めでたく銀メダル獲得です(こちら
今回の大会は、冨田選手、珍しく…と言うか、着地が動いてしまう事が多々あり、『どうしたのかな~』と心配してたのですが、この平行棒では、ピタリと決まりました
冨田選手の力の入ったガッツポーズ笑顔を見る事が出来ましたぁ。
採点のB得点(10点満点)が選手の中で1番高い9.650点だったそうです
B得点とは、技の実施の部分の得点で、冨田選手の『美しい体操』が評価された事になりますね。
ちなみに、A得点は技の難度部分の得点です。

優勝は、中国の楊威
団体・個人総合に続き、またまた金メダル獲得です。
そして、今回、冨田選手と同着2位の、韓国のYoo Won Chui選手です。
優勝した中国の楊威と冨田選手との点差は、わずか0.125…。
冨田選手の金メダルも可能な点差だったなぁ~。

ちなみに、森選手は、7位でした。
森選手も、なかなか大健闘。
何か雰囲気が、アテネオリンピックでのムードメーカー・中野大輔選手に似た明るい選手ですね。
まだまだ若い大学生、今後に大期待の選手が登場しましたね

平行棒には、またまた、ベラルーシのイワン・イワンコフ登場。

最後は、『男子体操の華』鉄棒です。
こちらにも、冨田洋之選手と森
人選手が出場しました。
冨田選手、またまた着地をピタリと決めてくれました。
…が、途中で少し、止まっちゃった~
それが唯一の惜しい所でしたが、それ以外は、完璧。
ピタリと決まった着地は、あのアテネオリンピックと同じ『伸身の新月面』。
止まっちゃったのが、やっぱり…、惜しかった
なので、4位こちら)。

優勝は、オーストラリアのリッツオ
ギンガーの1回ひねりが良かったですね。
2位は、スロベニアのペガン。
32才だそうで…、しかも、去年の世界選手権のこの鉄棒でも金メダルでした。
すごい。
自身の名前のついた技『ペガン』(前方に2回回って、半ひねり⇒こちら)、下り技は伸身の新月面の選手が多い中、3回宙返り。
膝が開いてて、あんまりキレイじゃなかった…。
でも、技自体がすごいから、高い点が出るのかしら。
3位は、ギリシャのマラス。
マラスも今回金メダルのペガンの名前のついた『ペガン』を入れていました。

私、今回、初めてこの『ペガン』と言う技を見ました。
まあ…、私が勝手に『初めて』見たんだろうとは思うんですけどね。
今回、ロシアのクリュコフが、『ゲイロード』をやってましたが、久しぶりにこの技を見ました。
私の記憶の中では、『コバチ』が流行る前に、『ゲイロード』してる人、チラホラ居ませんでしたぁ?

森選手は、とてもいい演技だったのに、着地で前に手をついてしまい、6位
でも、最後に手を上げてポーズをする時も、ポジウム(演技台)から下りて、冨田選手と喋ってる時もずっと笑顔で、とても楽しかったんだろうなぁ~とこっちまで笑顔になる様な感じでした。
ピリピリしたり、また、手をついたりなんかしたら、普通は、暗い表情になったりする選手が多い中、何か…、うん、いい感じです。
私、TV見ながら、『笑いすぎ』と突っ込みしちゃいましたよ。
まぁ、突っ込みながら、私も笑っちゃいましたけどね
冨田選手がおとなしい、あまり感情を表に出さないタイプの選手だから、尚更、森選手が明るく見えました~

次に女子です。
結果は⇒
こちら

まずは、平均台
優勝は、ウクライナのクラスニンスカ
開脚の姿勢が、すごくすばらしいですね。
2位が、今回の個人総合の銅メダリスト、ルーマニアのイズバシャです。

最後は、『女子体操の華』ゆかです。
今回のゆかは、すごいレベルが高かった。
高難度が続々と登場しました。

優勝は中国の
程菲(テイヒ)選手こちら
彼女の『新月面』(
こちらG難度は、何とまあ、すごい高さ
しかも、着地まで決めてました。
2位は、アメリカのビガー。
着地が全て決まってたのが、すごい。
今回の世界選手権では、メメルとリューキンがケガで欠場し、代わりに…と言う訳ではないけど、大活躍した彼女。
私の中では、『アメリカには、まだまだすごい選手がたくさん居るんだな~』と感心しちゃいました。
3位は、今回の世界選手権の個人総合金メダリスト、段違い平行棒の銅メダリストであるイタリアのフェラリ。
彼女はまだ15才なのに、G難度の『新月面』に続き『ムーンサルト』などを次々と決め、しかも着地までピタリと決めていて、素晴らしかった。


と言う訳で、私が書き綴った、書き殴った今年の世界選手権も、ようやく終わりました
これで、しばらくは安らかに眠れそうです。

…と、ここでは終わらない・・・
次は、『まとめ』をupしますね。
(『もういい・・!!』と言う意見もあろうかと思いますが…)


◆関連記事

   '06/10 私と体操  ⇒ こちら
 ’06/11 全日本選手権 ⇒ こちら
 '06/11 TBS系「情熱大陸」 冨田洋之選手出演 ⇒ こちら
   '06/12 アジア大会 ⇒ こちら


スポンサーサイト



世界選手権・種目別決勝1日目終了!

2006年10月22日(日)

現在、体操の世界選手権が、デンマークのオーフスで開催されています(こちら)。

種目別決勝1日目。(昨日夜、NHKで放送してましたね)
種目別決勝には、団体予選(こちら)の各種目の上位8名が出場します。
各種目の「スペシャリスト」が出場し、しかも、1回きりの演技なので、どの選手も、とにかくすごい演技の連続なんです
個人総合(男子⇒こちら、女子⇒こちら)とは違った楽しみがあります。
メンバーも、個人総合では見かけない選手が登場する事もよくあります。

1日目に行われた種目は、 
 男子⇒ゆか、あん馬、つり輪
 女子⇒跳馬、段違い平行棒
です。
日本からは、男子は、冨田洋之選手こちら)があん馬に、女子は、黒田真由選手段違い平行棒に出場です。

結果は⇒こちら

まず、男子。
最初は、「ゆか」です。
優勝は、ルーマニアのドラグレスク
アテネオリンピックでも金メダルを獲得した選手ですね。
2位が、ブラジルのイポリト。
去年の世界選手権のゆかの金メダリストです。
2人とも、確か「新月面」(こちら)をしていたと思います。
新月面・・・、「 後方2回宙返り2回ひねり」・・。後ろに2回回りながら、2回ひねる・・・。
ん・・、もう・・・、よく分からない・・・

次に「あん馬」です。
冨田選手が出場しました。
結果は7位でしたが、ここ最近の冨田選手のあん馬は、とっても不安定で、見ててもハラハラしてましたが、それを考えると、今回は良かったです
個人総合(こちら)の時の硬い表情とは違い、演技が終った後は、笑顔まで出て、ホッとしました
ちなみに、冨田選手は8人中最初の演技者でした。
(1人目の選手には点数は出にくいんですよねぇ・・・)
anba.jpg
でも、3大会連続のあん馬での種目別決勝出場
すごいです

優勝は、中国の肖欽(ショウキン)
去年の金メダルと2連覇ですね。
肖欽の演技は、スピード・大きさが抜群でしたし、開脚旋回の時の腰の高さも、非常に高かった!
2位は、オーストラリアのセラツァイ、3位は、アメリカのアーテネフでした。
3位のアーテネフは、コーチであるお父さんが88年のソウルオリンピックの金メダリストだそうです。
今回の個人総合(こちら)の時に鉄棒で3回も落下し、優勝争いから脱落していったので、今回の銅メダル、本当に良かったです。
アーテネフの開脚旋回は、スピードがとてもすごく、旋回の技の数も多かったし、腰の高さも、非常に高かったし、会場からどよめきが出ていました。

最後に「つり輪」です。
優勝は、中国の陳一氷(チンイチヒョウ)です
陳一氷は、下り技も、男子の最高難度「F難度」である伸身の新月面」(こちら)で締めくくり、最後の着地の乱れもなく、完璧な演技。
2位は、ブルガリアのヨブチェフ。
何と彼は33歳!!
随分と長い間、世界で活躍してますよね~。
長い間、その肉体・精神力を保てる事が何よりすごい。
しかも、33歳になった今でも銀メダルを取れるポジションにいるなんて。。。
3位は、去年の金メダリストのオーストラリアのファンヘンデル。

つり輪には、またまた、ベラルーシのイワン・イワンコフも出てました。
彼も31歳
「私と体操」(こちら)でも触れた95年の福井県鯖江市で行われた世界選手権にも来ていた選手で、今回の個人総合(こちら)にも出場し、私、驚いていたら、何と、種目別にまで・・。
ホントにすごい選手です。

続いて、女子。
まず「跳馬」。
種目別の跳馬は、2本跳んで、2本の平均が得点となります。
2回とも失敗は出来ません。
優勝は、今回の団体こちら)の金メダルメンバーである中国の程菲(テイヒ)選手こちら
最終演技者の程菲の2本目の跳馬は、着地がピタリ!
姿勢も良く、足もピッタリくっついたままで、すばらしい演技でした(2本目:16.000)。
2位は、去年3位のアメリカのサクラモネ。
3位は、ドイツのチュソビチナです。
何と彼女は31歳
今回の銅メダルで、世界選手権で8つ目のメダル獲得だそうです。
自分の名前の付いた跳躍での演技でした。
31才の今、世界の第一線で活躍できるって・・・、考えられないですよね。。。
しかも、彼女は、体操選手には 超・まれな「ママさん選手」なんです。

そして、最後は「段違い平行棒」。
これには、日本の黒田真由選手こちら)が出場しました。
2年連続の種目別決勝出場&2年連続の4位、おめでとう~
IMG_3507.jpg

IMG_3510.jpg

この新聞記事にも書いてある通り、着地が動いてしまったのは残念ですが、他は、すばらしい演技でした(得点:15.400)。
バー上での「片手軸一回ひねり」も良かったし、今回の日本女子選手の中で最年少の15歳、この先の可能性を感じた演技でした。
試合後のインタビューもまだまだ慣れないのか、一生懸命考えて答えている所が印象的でした。
優勝は、イギリスのトゥエドル
私のお気に入り技「ホルキナ飛び越し」を、今回、全選手の中で唯一、やってくれた選手です。
2位は、アメリカのリューキン。
足首のケガの為、個人総合も欠場して、この段違い平行棒だけに出場です。
去年の金メダリストです。
足もピッタリ離れず、さすが!と言う演技です。
3位は、今回の個人総合(こちら)の金メダリストであるイタリアのフェラリです。

やっぱり、さすがに種目別
どの選手を見ても、見ごたえのある演技ばかりでした。

最後に・・・、前々から、どうしても気になってる事を3つ・・・
①跳馬の助走、みんな走り方、おかしいよね・・・
②やっぱり・・、あん馬の得点のポイントはわかりにくい。
③中国の女子選手のお化粧は、ちょっと変だよね・・・


今夜は最終日。
男子は、跳馬・平行棒・鉄棒、女子は、ゆか・平均台です。
日本からは、平行棒・鉄棒に冨田選手、唯一の大学生・森人選手こちら)が出場決定!!
朝、うっかり。。新聞で、平行棒の結果を見てしまったのですが(時差があると、うっかり・・、こんな事になってしまう・・・。)、鉄棒はまだ見てないので、こっちは楽しみに今夜の放送を見たいと思います。



◆関連記事
   '06/10 私と体操  ⇒ こちら
 ’06/11 全日本選手権 ⇒ こちら
 '06/11 TBS系「情熱大陸」 冨田洋之選手出演 ⇒ こちら
   '06/12 アジア大会 ⇒ こちら

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索