FC2ブログ

Entries

「花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~」が終わって・・・。

2007年9月20日(木)

この「まっちゃな旅人」で「この夏イシオシ」のドラマ「花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~」(略して「花君」)。

フジテレビの公式サイトは ⇒ こちら
雑誌「花とゆめ」の公式サイトは ⇒ こちら

えぇぇ・・・っと・・・。
放送が終わってから、2日目・・。
何だか・・・、「運動会とか文化祭に全神経を注いで、その後の脱力感・空虚感で一杯」・・みたいな感じですねぇ。
雑誌とかで、主要キャストの堀北真希さん・小栗旬さん・生田斗真さん、この3名のインタビューとか読んでると、この3人、そして、他のキャストの方々も、本当に撮影を楽しんでいたようで、「終わってしまうのは、本当に淋しい・・・」って書いてありましたねぇ。
そりゃそうでしょう・・・・。


ちょいとここらで・・。
おとといの最終回は別格なので、それを除く 1~11話の中で色々思い出に残るシーンを考えてみましたぁ。

【イベント部門】
そりゃぁ、何と言っても、第11話の「チアダンス」ですねぇ。
アヴリル・ラヴィーンの曲に合わせて、第1~3寮のみんなが、一生懸命踊ってる訳ですよぉ。
TVで見てるだけでも、こっちまで感動しましたよぉ。
NHK BS1で毎年放送してる「チアリーディング選手権」見た気分でしたよ・・・。

ビデオを撮ってあるので、何回か見たんですけど、よくよく見ると・・・。
第3寮・寮長のオスカー・M・姫島こと 姜 暢雄くん・・・。
途中、結構、ヘタばってますねぇ・・・(^^;)。
さすが・・、28歳・・・(^^;)。
あとは、中津こと 斗真くん。
さすがジャニーズ事務所ですねぇ。
1つ1つの踊りがキレイですもんねぇ。
きっと、「覚え」も一番早かったんでしょうねぇ。


【佐野のカッコいい名言部門】
第7話ラスト。
佐野が練習中にハイジャンを跳んだ事を知り、「自分の役目を終えた」と思った瑞稀が、アメリカに帰ることを決意し、学校を去ろうとした時に 追いかけてきた佐野に言われた言葉。
「ちゃんとした舞台で、オマエの前で、まだ跳んでねーだろ。だから、行くなよ。」
ちょっとぉ~、佐野ぉ~。
超カッコいいんですけど~~。


【中津の1人芝居部門】
第9話、SMAP・稲垣吾郎さんがゲストで出演された回ですね。
佐野&瑞稀の部屋で、中津と瑞稀が一緒に試験勉強しているシーン。
(瑞稀の言葉)「中津も一緒じゃないと、オレも楽しくないぜっ」
マチガイねぇ・・・。
瑞稀の心は確実にオレへと動いてる・・・。
カミングアウトして、早、数週間。
今やオレは、「ホモセクシャル」と言う言葉に対して、何の抵抗も持たなくなってきている。
いや、むしろ、性別を超越した恋愛の形に、ある種の誇りさえ抱き始めている。
瑞稀もあと一押しすれば、禁断の恋に目覚めてくれるはず。
イケイケ
Go!Go!、オレGo!Go!
このシーン。。
見てて、もう・・、笑っちゃいましたよぉ。
盛り上がる中津の後ろで、佐野が冷~静に見てるのが対照的で、更に、おかしかったです。


【瑞稀と佐野の会話部門】
第6話で、仲がおかしくなってしまった佐野と瑞稀が、中津に仕組まれて中庭に呼び出されたシーンですね。
売り言葉に買い言葉で、
瑞稀 『何だよ。鬼太郎みて~な髪型しやがって』
佐野 『鬼太郎だぁ~!?だったら、おめ~は、目玉のオヤジだなっ!!!』
瑞稀 『目玉のオヤジ~!?』
佐野 『じゃぁ~なぁ!! 父さん!!』
瑞稀 『おい、鬼太郎!!!!』
何じゃぁ~!?この会話・・・(^^;)。
もう・・、大爆笑しちゃいましたよ。


【その他】
第9話、SMAP・稲垣吾郎さんがゲストで出演された回の『定期テスト打ち上げライブ』での第3寮の出し物「森のくまさん」ですよ・・。
これ、寮長のオスカー・M・姫島こと 姜 暢雄さんがですねぇ・・・。
超・・・・・おかしいんですよぉ・・(^^;)。
基本的に、オスカーには、いつも大爆笑をもらってるんですけど、この回の被り物と言い、テンションと言い・・、最高ですよぉ。


この「花君」を、12話通して見て思った事が・・・。
「瑞稀」役の真希ちゃん・・・。
この役は、まさに真希ちゃんにしか出来なかった役なのでは・・?と。
男性の中に入っても、全く違和感が無い・・のはもちろんですが、私達女性から見てみても、「嫉妬」もなく、「瑞稀頑張れ!!」、「も~、中津でいいじゃない!!」と、応援が出来てしまうキャラクター。
番宣とかでTVに、旬くんとか斗真くんと出てる時に見ても、「女性が1人居る」と言うのではなくて、「仲間」としてそこに存在出来てるように思って、そんな真希ちゃんが演じたからこそ、みんなが「瑞稀」をここまで応援して、感情移入できたドラマなんだなぁ・・って思いましたねぇ。

あと、今回の「花君」キャストの中で、やっぱり一番際立ったのは、中津役の生田斗真さんですねぇ
旬くん演じる佐野と言う「静」のキャラクターと相対する 中津の「動」の演技を、過剰でもなく、不足でもなく、実に「良い加減」で演じてましたよね。
劇中の「1人芝居」(?)も、とっても面白かったですよねぇ

先週月曜日の『「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」について考えてみた』(こちら)の記事の中で触れてますが・・・。
以前に舞台で「生」で見た 斗真くんについて、私、「すごい演技が上手」って思った って話。
斗真くんの このドラマ出演が決まった時、「あぁ~、このドラマに出る事で、きっと、斗真くんは、世間・(TVを中心とした)メディアに注目・認知され、演技力を高く評価され、人気が出るんだろうなぁ・・」って思ったんです。
実際、私が想像通りになった訳ですが、その事が自分でもビックリです・・・(^^;)。
舞台では、元々、とても評価が高いそうですが、舞台には足を運べない人も多いから、一般的には、目に触れる機会も少なくなってしまいますけど、今回のこの注 目度をTV・雑誌で見て、「TVの連ドラに出る」って事は こう言う事なんだなぁ・・・、やっぱり「TVの力」って凄いんだなぁ・・・って実感しました。


それはそうと、劇中、「桜咲学園」として使われていた 茨城県牛久市にあるワイン醸造所「シャトーカミヤ」(こちら)、これ・・・、HP見てみて下さいよぉ・・・。
これ・・・・、まさに「桜咲学園」ですねぇ。
ここ、普段から観光客が多い場所だそうですけど、撮影風景を見れて、羨ましいですねぇ・・・・。
これから、更に増えそうですね。
・・・でも、ここって、東京から結構ありますけど、キャスト・スタッフのみなさんは、通ってたんですねぇ。
大変だぁ・・・・。


さてさて・・・・。
ホント・・・・。
今日から、何しよ・・・!?!?!?!?
何を楽しみに暮らそう・・・!?!?!?!

ではでは・・・・。
わたくし「まっちゃの旅人」、明日からは、通常通り、「旅」、「美味しいもの」、そして、「体操」に関する記事投稿に戻りたいと思います。
この3ケ月間、全く興味の無い ドラマの事も読んで下さった方々・・・、ありがとうございましたぁ。


最後に・・・・。




ベイベー

スポンサーサイト



Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索