FC2ブログ

Entries

インド旅行記 その⑦「観光編」

2007年10月5日(金)

以前(こちら)、2002年の年末に行ったインドでのお土産をUPしました。
その時に、「インド旅行記は、また後日 書くとして・・」と書いたので、今回、UPしてみたいと思います。

昨日、6日目のテーマは、「インド人男性って・・・、何頭身??」でしたが(こちら)、7日目、最終日の今日は、スタンダードに「観光編」で。

「インド」と言えば、有名な観光地として・・・・。
そうです、アグラ(こちら)にある「タージ・マハル」(こちら)ですねぇ
ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーン(こちら)が、22年の歳月をかけて建造させたといわれているインド=イスラーム文化の代表的建築で、世界遺産にも指定されています。
シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズ・マハル(こちら)の死を悼んで建設したという話は、非常に有名ですね。
完成は、1653年。今から、約350年前ですね。
シャー・ジャハーンは、「タージ・マハル」が面しているヤムナー川の対岸に、黒大理石を基調とした「黒タージ・マハル」を建設しようとしていましたが、結局、夢叶わず・・・。

ここに行った時の写真は、これです。
若干の「曲がり」は、無視して下さい・・(^^;)。
DSCF0002.jpg

「これを見に、インドに行った」と言っても過言ではないですよぉ。
キレイな白亜の建物で、左右対称の非常に美しい建築物でした。
中にも、入る事が出来ます。
現在、タージ・マハル内には、シャー・ジャハーン帝とムムターズ・マハルの棺が並べて安置されていて、それも、確か、見れると思います。確か・・・。

これ・・・、日本テレビ系「さんま御殿」のオープニングのシーンって、これから来てるんですかねぇ・・?


あとは、ジャイプール(こちら)にある「風の宮殿」(こちら)ですね。
赤砂岩造りのジャイプールの古い街並みの中に、忽然と姿を現わす宮殿です。
凸凹のテラスに、無数の窓や 透かし彫りのスクリーンを持ち、風の吹き抜けが良いことからこの名前が付けられました。
マハラジャの宮殿に住む宮廷の女性たちは、この窓から賑やかな祭の様子や人々の往来をこっそりと覗いていた と言います。
これ・・・、奥行きが かなりありそうに見えますが、意外に薄い建物なんですよねぇ。


他にも色々行きましたが、この2つにしておきますね。


・・・って事で、7回に渡ってお送りしてきましたインド旅行記ですが、総括して、「インド人、恐るべし!!」と言うのが私の感想です。
また行ってみたいところですねぇ
今度は、ウダイプールの湖に浮かぶ宮殿ホテル「レイクパレスホテル」に泊まり、また、世界遺産にも指定されている「インド・ダージリン・ヒマラヤ鉄道」(こちら)に乗ってみたいですねぇ・・・。


スポンサーサイト



Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索