FC2ブログ

Entries

スイスにて・・・。

2009年8月7日(金)

今から7年前の夏、8/10~16の6日間、私は友達とスイスに行きました。

目的は、「ユングフラウ」(こちら)です。
アルプス山脈の山なのですが、標高4,158m

これ、私が行った時に実際に撮ったアルプス山脈の写真です。
かなりな快晴ですよねぇ・・・顔
IMG_5747_20090801162558.jpg

IMG_5745.jpg

「登山」と思いがちですが、「ユングフラウ鉄道」(こちら)が標高3,454mの「ユングフラウヨッホ」(こちら)まで運行しているので、この富士山の頂上辺りまでのこの高さまで行くにしても、かなりな軽装で、「普通の電車旅行感覚」で行けてしまいます。
↓もちろん、顔は隠します・・・笑
IMG_5741_20090801162557.jpg

↓こちらも、もちろん、顔は隠します・・・笑
IMG_5734.jpg

現に私、普通の革靴で行って、雪の上でツルツル滑りながら歩きましたわ・・・照れる
歩いたのは、「アレッチ氷河」(こちら)と言う世界遺産で、面積は117.6km²と言うアルプス山脈最大の氷河だそうです。
私が実際に「アレッチ氷河」を撮った写真です。
ホントにキレイな青空&氷の白で・・。
IMG_5744.jpg

ちなみに、ユングフラウヨッホ駅は、ヨーロッパで1番高い位置にある鉄道駅だそうです。
確かに、駅に「Top of Europe」って書いてありました。


で、これだけが目的と言う訳でもなかったので、色々と、スイス国内を旅行しました。


もちろん、ツアーで行ったんですけど、これが、今思うと・・なかなか・・なツアーで・・・。

「フリー」だったんですよ。
普通、海外でのフリーツアーって、1都市ないし、2都市滞在位で、毎日、同じホテルに戻る・・って感じのツアーですよねぇ。

それが、私達のツアーは違ってて・・・・。
IMG_5725.jpg

最初、「チューリッヒ」に入り1泊、そして、「ウェンゲン」に2泊、「ベルン」に1泊と言うのは最初に決まってて、ホテルも決まっているので、それにちゃんと合わせないといけない・・と。
もちろん、現地ガイドも添乗員も付いてないので、自分達のみで・・・。

ただ、この地名だけ聞くと、「距離感」って分からないじゃないですか・・はてな
「チューリッヒ」~「ベルン」って、直線距離で約230kmあります。
東京から名古屋の手前くらいまでですかねぇ・・。
その間を観光をしながら、列車で移動し、指定されたホテルに泊まって・・と旅を進める訳です。

かなり放任主義なツアーで・・・苦笑い、パンフにも、「お客様自身で電車を乗り継ぎ」とか、「ご自由な時間に移動して下さい」とか・・ね笑2
IMG_5728.jpg

IMG_5729.jpg

観光しながら、自分で、特急電車に乗って、スイスを横断する訳ですよ。
もし、時間を間違えて、電車を乗り過ごし、指定されたホテルに辿り着かないと、その日、泊まる所が・・・ない・・絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
しかも、駅の真ん前のホテル・・・って訳でも・・・ない・・・・。
探さないといけないので、おっきなスーツケースをガラガラと引っ張って、ホテルを探しながら歩く・・・と。

なんとまぁ・・・チャレンジャーなツアー・・・謝罪~!
一般人のするツアーか・・笑はてな
・・・と言うか、今思えば、何でこんな放任ツアーに申し込んだのかは謎ですが・・・笑2

で・・ですね、こちらが、外国人観光客用に売られている「<スイス・フレキシー・パス」(こちら)と言うものです。
パスポートと一緒に有効になるもので、これは、3日間のパスです。
今であれば、大人1人で、23,000円ですね。
IMG_5738.jpg

スイス国鉄、私鉄などの鉄道、チューリッヒ湖、レマン湖、ツーン湖、ブリエンツ湖などの遊覧船、チューリッヒなどのバス、市電、氷河特急なども乗れるチケットです。
(日本で言うと、JRに乗り放題なチケットと言うイメージです)
前述の「ユングフラウ鉄道」も乗れました。
遊覧船にも乗りましたし、普通に市内を走っているバスにも乗りましたよ。

何せ、自分達で列車の時間を見て乗って、乗り換えの場所で降りて、別の列車に乗って・・・ってしないといけないので、夜は「明日はどの電車に乗るか」の「会議」ですよ・・笑2
最寄駅で、その駅発着の時刻表を貰ってきて、路線図を見ながら考えて・・・・って・・・。
全部英語のものを見るので、時々、「はてな」ってなってしまうのですが・・・。

で、最初の頃は、慣れない海外旅行での列車の旅で、「行き過ぎた~絵文字名を入力してください」とか、「降りたはいいが、次の電車がまだまだ来ない・・・絵文字名を入力してください」など、かなりの無駄も出ていて、そして、かなり神経を使って疲れたのですが、これが、慣れると、意外に段々と快適になってきましたよ。
・・と言うのは、実に分かりやすいシステムになっていて、地理に詳しくない外国人観光客でも、あまり迷わずに旅が出来るシステムが出来ているから・・です。
終わりの方には、普通に市内を走っているバスにも乗っちゃいましたし・・・。
むしろ、よっぽど日本国内の方が分かりにくい・・・・絵文字名を入力してください

あと、観光をしていると荷物が邪魔になりますよねぇ。
そんな時には、駅から駅へと荷物を託送できるシステム 「ファスト・バッゲージ」 (旧名:ライゼゲペック)と言うものがあり、その区間に有効な乗車券を持っていれば、荷物1個につき、いくらか払うと、荷物だけ先に、目的駅へ送る事ができるシステムもあります。
そして、自分達が到着したら、その「受取所」に行って、荷物を受け取ればいいと言うものです。
これも、何回か使いました。

そんなこんなで、スイスを横断し・・・、結局、移動距離360~370km位の旅になりました。
その時に記念で取っておいたもので、黄色のマーカーした部分が、実際に列車に乗った路線です。
IMG_5730.jpg

IMG_5750.jpg

いやぁ・・・。
海外の列車の旅もいいもんですねぇ・・・にっこり

その後、味をしめた私は、ドイツでも「ジャーマンレイルパス」(こちら)を使って、列車で大移動しましたけどね・・・。
これも結構な「珍道中」でしたけど、所々で親切なドイツ人に遭遇し、何とか無事に旅行が出来ました。
ただ、英語ならまだしも、ドイツ語で親切に教えていただいた事もあって、「申し訳ないけど・・・絵文字名を入力してください、何も分かりません・・絵文字名を入力してください」って事もありましたなぁ・・・。

ヨーロッパって、列車がかなり普及していて、スイスでは、駅で、イタリア行きの列車も見かけました。
日本国内では、他国に行く列車を見る機会は無いので、とても新鮮でしたオレンジのきらきらオレンジのきらきら
また、各国に、私が使ったような「フリーパス」(こちら)があり、しかも、複数の国で使えるものもありましたよ。
外国人にも使いやすいんだなぁ・・って思いました。
日本国内でも、外国人用に、そのようなものがあるようですねぇ。

みなさんもヨーロッパに行かれる際には、ぜひ、鉄道の旅をしてみてはいかがでしょうか笑い。


ちなみに・・・。
スイスでの食べ物ですが・・・。
チーズを始めとした乳製品、ジャガイモ・・ですかねぇ・・。
朝食しか付いてないツアーで、列車に乗っていると食べ逃したりして、あんまりちゃんとは食べてないんですがね・・・絵文字名を入力してください
チーズは、そんなに「毎日食べても飽きない」って訳じゃないので、ホントに途中で飽きて、しんどかったです謝罪~!
でも、牛乳は美味しかった記憶があります♪
そして、スーパーで買ったような普通の板チョコも美味しかったので、やっぱ、牛乳が美味しいから・・はてなって思いましたねぇ・・。



スポンサーサイト



Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索