FC2ブログ

Entries

体操の世界選手権<その2>種目別決勝前半&女子個人総合

2009年10月18日(日)

昨日に引き続き(こちら)、現在、イギリス・ロンドン体操の世界選手権こちら)が開催されています。

「O2(オーツー)アリーナ」と言う 世界最大級の会場で、2012年のロンドンオリンピックの体操競技で使われる会場と同じ会場での開催です。

昨日の夜中、種目別決勝前半の 男子:あん馬、つり輪、ゆか、女子:跳馬、段違い平行棒 、また、女子個人総合の放送がありました。

日本からは、ゆかに、内村航平選手こちら)、また、ゆかのスペシャリスト・沖口誠選手こちら)、段違い平行棒鶴見虹子選手こちら)が出場しました。

そして、昨日アップしております通り、既にニュースで流れておりますが(こちら♪、女子個人総合では、鶴見選手が銅メダルを獲得し、五輪、世界選手権を通じて、日本女子の個人総合では、43年ぶりとなる快挙となりましたオレンジのきらきら

そして・・・・。
続いて行われた種目別で・・・・。
ピンクのきらきら鶴見選手、段違い平行棒で銀メダル、おめでとうピンクのきらきらこちら
新聞記事を写メしてみました。
2009101809290000.jpg

もう1つ・・・。
2009101809310000.jpg

いやいや・・・。
鶴見選手、スゴイです音符音符

優勝した中国の何可欣(ハー・クェイシン)(こちら)は、去年の北京オリンピックの段違い平行棒でも金メダルでしたが(こちら)、今回、改めてみて・・・、北京オリンピック同様、「大橋のぞみちゃんに似てる・・・」と思いました笑

そんな話題は さておいて・・・笑
何可欣の今回の点数、16.000点。
すごいですねピンクのきらきら
・・・とは言え、北京オリンピックの時の種目別では、16.725点が出ているので、「それよりは、低い」と言う事にはなりますね。
だた、今回、「技の正確性」を審査する「Eスコア」が厳し目に出ているようなので、その影響もあるかも知れませんけどね絵文字名を入力してください

何可欣、北京オリンピックの時もですが、演技中、途中で、「イエガー1/2ひねり」→「イエガー開脚宙返り」と言う 何可欣独特の演技が入るんですが、これが、難度的には、高いし、組み合わせ加点も入るんで、高い得点になるんですけど・・・。
「イエガー1/2ひねり」→「イエガー開脚宙返り」が、微妙に、「流れ」が止まるように見えてしまって、あと、「美しい体操」と言うより「変わった技をする雑技団」みたいに見えてしまい、あんまり好きじゃない・・・汗;;
あっ、私個人の意見ですからね・・、中国体操のファンの方、何可欣ファンの方、怒らないでね・・絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください

そして、2位の鶴見選手は14.875点と、点数的には差がありますが、「いつもの鶴見選手」の演技に、私には見えたし、姿勢もキレイで、落ち着いた演技で、良かったと思います♪

個人総合の日、ドーピング検査に時間がかかり、ホテルに戻ったのは午前2時過ぎだったそうです謝罪~!
疲れも溜まっていた状態での種目別の演技は大変だったと思いますが、大健闘だったと思います拍手 パチパチ拍手 パチパチ

「段違い平行棒」と言うと、北京オリンピック代表でもあった 黒田真由選手(こちら)が頭に浮かびますが、黒田選手は、世界選手権での最高順位は4位(2005年&2006年)で、今まで、惜しい所までは行っていたのですが、なかなかメダルに届きませんでした。
(もちろん、「世界で4位」もすごいんですよっ。でも、せっかく頑張ってるんだし、メダル、取らせてあげたいじゃないですかぁ・・・アップロードファイル
なので、今回の鶴見選手の「銀」、鶴見選手自身も非常に嬉しいのは間違いないと思うのですが、日本女子、いや、日本体操界にとって、嬉しい出来事ですね音符
銀メダルが決まった時、会場が映ったのですが、塚原光男選手団団長、そして、鶴見選手が所属する 朝日生命体操クラブの女子監督の塚原千恵子さんが、国旗を振って、笑顔で見ていましたね。
後ろに居た 鹿島丈博さん(こちら)も笑顔で「おぉ~~」と言う感じで拍手してましたねにこり

鶴見選手の段違い平行棒の技で好きなのがあるんですけど、「片手軸1回ひねり」(E難度)と言うものです。
高いバーの方で倒立姿勢の際に行う技なのですが、バーを片手で持ったまま、くるりと1回回るんです(・・って、説明になってない・・笑)。
これ、黒田選手もよくやっていたのですが、黒田選手も鶴見選手も非常にキレイに演技をするので、とても好きです笑。

優勝した中国の何可欣と鶴見選手、仲良しなんですねぇ顔
他の選手の演技を待っている時、2人で並んでカメラにVサインをして笑ってました。
ライバルでもあり、でも、毎回大会で顔を合わせていると、そうなるもんなんでしょうねぇpikachu

試合後のインタビューで、「カメラに向かってメダルを見せてください」と言われた鶴見選手、左手で銀メダルを持って、そして、「ありがとうございました顔」って。
「いやいや、こちらこそありがとうございました ですよぉ絵文字名を入力してください」って思いながら見てましたけどね。

毎回思うんですけど、鶴見選手、段違い平行棒で「プロテクター」しないんですよねぇ。
プロテクターって、結構な割合でみんなしてると思うのですが、しなくても、すべったりしないんですねぇ。
プロテクターには、指の第1~2関節あたりに、手幅位の直径1cm位の丸い「横棒」が付いていて、それで段違い平行棒のバーに引っかかるようになっているのですが、私が勝手に思うに(勝手にですけど笑。)、その引っかかりを利用すると 楽そうな気がするんですけどねぇ・・。
まぁ・・・、その横棒が邪魔をしてしまう事もあるかも知れませんけど・・・。

個人総合の方の鶴見選手ですが、ゆかで、最後の着地で大きく足が一歩、後ろに出て、ヒヤっとしたのか、演技が終わった後、「あ~、危なかったぁぁ~」と言うような表情をしていたのが、印象的でしたニコニコ。 横向き
鶴見選手って、あんまりそんな表情しないようなイメージなので・・にこり

また、跳馬で、鶴見選手、予定していた演技と違う演技をしてましたね。
跳馬と言うのは、最初に、「これをします」と事前に言ってから演技を行います。
それは、選手が助走する途中に置いてある「電光掲示板」に表示されています(通常は、選手が立っているスタート位置の少し奥にある事が多いように思いますが。)。
技の名前ではなくて、それぞれの跳躍についている3桁の「技番号」が表示されるのですが、今回、鶴見選手は、表示では「ユールチェンコ2回ひねり」だったようですが、実際に演技したものは「ユールチェンコ1回ひねり」だったようです。
これって、減点の対象にはならないんですかね・・・はてな
体操のルールは4年に1度改正されるので、今のルールでどうなっているか分からないのですが、「表示と違う演技をした」と言う事で、過去には、減点されてましたけどねぇ・・・sc04

ちなみに、「技番号」が表示されている電光掲示板、「技番号」の下に書かれている数字が満点の場合の点数です。
「D 6.20」と出ていたら、Dスコアが6.20点満点の技と言う事になります。
ですので、この跳躍は、跳躍も完璧にして、Eスコアが満点としても、16.200点の点数になります。
なので、跳馬は見てても、出てくる点数や点数の背景が分かりやすい種目ですよねにっこり


男子の種目別の結果ですが、ゆかに出場した内村選手は4位、沖口選手は5位でした(こちら)。
種目別決勝は、予選の上位8名が出場するスペシャリストの戦いです。
個人総合に出場するメンバーと全く違う選手が出場する事も多く、個人総合にはエントリーせずに、種目別だけに出て来ると言う選手も多いです。
そして、スペシャリストなだけに、失敗も少なく、一発勝負なので、非常に高難度の演技を見る事が出来ます。
内村選手のような「オールラウンダー」は、6種目を「ミスなく」演技をする事が大事で、各種目のスペシャリストではありません(もちろん、種目によって、「得意」と言うのはあると思いますけどね)。
試合後、「個人総合で目標を達成していたし、ぼくはスペシャリストではないので、そんなに悔しい思いはない」とコメントしていたようですが、ま、確かにそうかもな・・・苦笑い
とは言え、最終得点を見ると、ラインオーバーの あの0.1点減点が無かったら、3位に入っていたかと思うと、非常に残念でなりませんが、「あの時こうだったら・・」は言ってもキリが無いので、仕方ないですけど・・・涙
だけど、沖口選手は今回、ゆかしかエントリーしてなかったので、メダル、取って欲しかったなぁ涙

去年引退した 2004年アテネオリンピック・団体金メダリストの 米田功さん(こちら)が今回の男子の「解説」をされていますが、ゆかの演技の中に、着地の際の減点の話をしていました。
肩幅以内におさまれば0.1点、それ以上だと0.3点の減点だそうです。
・・って事は・・ですよ、肩幅の広い外国人選手なんかは得って事ですかね・・・はてな

外国の選手では、ゆかの超スペシャリスト、ルーマニアのドラグレスク(こちら)、2004年のアテネオリンピックのゆかで銀メダリストですが、今回、優勝と言う事で、やっぱりスゴイなぁ・・・オレンジのきらきら
ドラグレスク、自身の名前が付いている跳馬の技も持つ位、跳馬にも強い選手で、今夜の種目別決勝では、予選2位で通過しているので、こちらも期待ですねグッ

私、カタカナに若干弱く笑2、外国人が、若干・・・一緒な顔に見える笑2ので、体操選手とか技の名前とか、覚えるのがそんなに得意ではないのですが笑2、このドラグレスクがTV画面に登場した時、「ルーマニアの・・・・何だっけ・・・・・・・絵文字名を入力してください ラドクリフ・・・はてな」って思って、で、紹介されたの名前が「ドラグレスク」・・笑2笑2
「ラドクリフ」は「ハリーポッター」じゃん・・笑2と自分に突っ込みしました笑笑

ゆか2位の中国・鄒凱(ズウカイ)〔こちら〕ですが、私、今まで、「スウガイ」だと思ってましたけど・・・。
中継でも「スウガイ」って、ずーーーっと言ってませんでしたぁ・・絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
NHKでは今まで、中国の選手は、漢字を「日本語読み」にして呼んでたので、「スウガイ」で、今回は、現地読みなので、「ズウカイ」なんでしょうねぇ。
英語表記で書くと、「ZOU KAI」ですしねぇ。

女子の段違い平行棒の金メダリスト・何 可欣も、今回「ハー・クェイシン」って呼んでますが、今までは「カ・カキン」って言ってましたよね・・絵文字名を入力してください

紛らわしい・・・。
どっちかにして欲しい・・・。

話がグチに行ってしまいましたが絵文字名を入力してください、鄒凱は、2008年の北京オリンピックのゆか&鉄棒の金メダリストです。
前々から思っていましたが、私の元同僚に似ているので、若干、親しみが「勝手に」あります絵文字名を入力してください
今夜行われる種目別・鉄棒では、予選1位で通過していますので、こちらも要チェックですねpikachu


昨日のブログにも書きました通り(こちら)、今回は民放放送と言う事で、今までのNHK放送時には無い趣向がありました。
昨日と同様、途中途中に「種目」の解説VTRが入ったり、また、Replayの時に、「技」の名前と難度が画面に出て分かりやすくなっていました。
女子の「段違い平行棒」の時に「空中3D劇場」ってVTR説明があり、ちょっとウケちゃいましたが笑2、確かにそうかも知れないですねニコニコ。 横向き
体操をよく見る方々にとっては、既に、見慣れているものでも、そうじゃない方々にとっては、人間技とは思えない事が連続して行われている訳ですもんね。
フジテレビも上手い事言いますねぷぷ

ただ・・・、選手にインタビューしていた フジテレビの遠藤玲子アナ(こちら)。
男子個人総合の時に続き(こちら)、今回もビミョウやったなぁ・・・sc04
何か・・・、もっと上手くインタビュー出来ないんかねぇ・・・絵文字名を入力してください

実況は、男子は塩原恒夫アナ(こちら)、女子は、森昭一郎アナ(こちら)でした。
森アナと言えば・・・。
2004年のアテネオリンピック 女子バレーボール世界最終予選で、日本が出場を決めた時に、感動のあまり号泣し、高橋みゆき選手にマイクを取られると言う「大エピソード」を残した あのアナウンサーです笑2
今回、塩原アナ、森アナ・・・、森アナは、普通に技の名前をパパっと言っていたし、いい感じでしたけど、塩原アナは、何か・・・イマイチ・・・。
TV見てても分かるような実況しかしてなかった・・・。
勉強不足・・・v

それと、昨日のブログで書きましたが(こちら)、個人総合では、「Dスコア」(技の難易度)と、「Eスコア」(技の正確度)の合計しか表示されていなかったものが、種目別決勝では、D/Eの内訳、更には、ペナルティ(ラインオーバー等)も表示されて、非常に分かりやすかったですOK
これは、フジテレビが・・と言う訳ではなく、イギリスから発信されてくる国際映像がそうなんだと思いますけどね。


鶴見選手、現在17歳。
今年春のNHK杯で優勝した時には、「今回の試合は、代表がかかって、すごいプレッシャーがあったんですけど、先生方に励まされたので、その言葉を自分の力にする事が出来ました」って言ってました。
以前のブログにもアップしておりますが、鶴見選手を見ていると、「強くなりたい」と言う気持ちがものすごくある選手のような気がするんですよねぇ。
今回出場している選手は、もちろん、世界トップの選手ばかりな訳で、上位に来る選手は、みんなそう思っているのはもちろんだと思うのですが、鶴見選手の 以前からのインタビューなどを聞いていると、人一倍そう思っているような印象があって、「若いのにスゴイなぁオレンジのきらきら」(おばちゃんかっ笑)とか「体操に命懸けてるんだなぁ顔」と感心してしまいます。

内村選手にしても、鶴見選手にしても、20歳、17歳で、ホントにすごいなぁと思います。
私、こんな時期、何してたんやろ・・・・・笑笑


それと、同じく個人総合に出場した 上村美揮選手(こちら)。
今回の大会で現役を引退するそうですね。
オリンピック初代表だった 2008年の北京オリンピックでは、女子・団体決勝で、24年ぶりの団体決勝の舞台で、しかも、5位入賞(こちら)と言う素晴らしい成績を残しましたが、その女子代表チームの主将をつとめた上村選手。
いつも笑顔で、お姉さん的存在で、私、結構好きだったんですよねぇ♪
現在、朝日生命体操クラブ所属で、選手の傍ら、体操教室コーチらしいので、そのままコーチをするんですかね。
23歳かぁ・・・、女子選手の選手生命は短いなぁ・・・。
いずれにしても、お疲れ様でしたオレンジのきらきらオレンジのきらきら


今日の夜、フジテレビ系で 23:55~25:25に種目別決勝後半の 男子:鉄棒、平行棒、跳馬、女子:平均台、ゆかの放送があります。
最終日です。

日本からは、鉄棒に、内村航平選手こちら)、また、平行棒に田中和仁選手こちら)、平均台鶴見虹子選手こちら)が出場します。

こちらもまたまたビデオして、翌日見たいと思います。
会社帰ってから・・だから、夕方から・・ですかね・・・。


スポンサーサイト



Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索