FC2ブログ

Entries

「ロッテ」の「パイの実 京都宇治抹茶のプリンパイ」

2010年7月31日(土)

ロッテ」(こちら)の「パイの実 京都宇治抹茶のプリンパイ」(こちら)を買いました。
IMG_0974_20100724172732.jpg

HPによると、「64層にじっくり焼き上げたパイ生地に、宇治抹茶プリン風味のチョコをたっぷり入れました。渋みを押さえた上品な抹茶の風味が、お口の中に広がります」だそうです。
IMG_0977_20100724172731.jpg

IMG_0978.jpg

食べた感想ですが、「抹茶」はもちろん分かりますが、「プリン」であるかは、分かりません
私は冷蔵庫に入れてから食べたので、完全にチョコが固まった状態で食べたのですが、常温に置いておいたものを食べると、「プリン」な感じが出るんですかねぇ

まぁでも、普通に美味しい「パイの実」でしたよ

ちなみに、パッケージに坂本龍馬の絵が描いてあるのですが、今、話題沸騰中の坂本龍馬ゆかりの地である 京都・高知・長崎・鹿児島にちなんだ名産品を使用した商品を発売中だそうです(こちら)。
「パイの実 京都宇治抹茶のプリンパイ」以外には、『高知ゆずガム』、『大人のトッポ〈長崎のハニーカステラ〉』、『クランキー〈鹿児島産紫芋のタルト〉』、 『高知ゆずクッキー』、『鹿児島さつま芋ケーキ』があるみたいです。
「パイの実 京都宇治抹茶のプリンパイ」のパッケージ裏面には、「龍馬紹介」と「龍馬ゆかりの地」、「龍馬ゆかりの人物」を紹介しているそうです(全2種)。

いやいや・・。
みんな・・、龍馬に「たかる」ねぇ・・・


1箱168円でした。



スポンサーサイト



「ブルボン」の「プチケーキ 抹茶トルテ」

2010年7月30日(金)

ブルボン」(こちら)の「プチケーキ 抹茶トルテ」(こちら)を買いました。
IMG_0918.jpg

1個3センチ位の大きさで、8個入りです。
IMG_0923_20100724165549.jpg

サイトによると、「バター風味のクッキーの上に小豆を散りばめた抹茶ケーキをのせて焼き上げた、かわいいサイズの和風トルテケーキ」だそうです。
IMG_0925_20100724165548.jpg

完全に「1口サイズ」で、パクパクと一気に食べたら、あっと言う間に無くなっちゃいました
美味しかったです

「森永乳業」の「和みの時間 香り立つ 抹茶プリン」

2010年7月29日(木)

森永乳業」(こちら)の「和みの時間 香り立つ 抹茶プリン」(こちら)を買いました。
IMG_0907.jpg

フタを取ってみました。
IMG_0911.jpg

すくってみました。
IMG_0915_20100724165549.jpg

サイトによると・・。
① 上品な香りとまろやかな味わいの「京都産宇治抹茶」を使用しました。ほろ苦く口どけなめらかな抹茶プリンをお楽しみ下さい。
② 抹茶と相性の良い「沖縄産黒糖」を使用し、コク深い甘みを加えました。
③ 1個あたり80kcalとカロリーを控えました。
との事でした。
カロリーが少ないのは、嬉しいですね

1番上の写真のパッケージに書いてあるのですが、「豆腐」を使っているそうです。
だから、カロリーが少ないんですかね
だけど、食べると、あっさりし過ぎていないし、まったりというかねっとりして食べ応えがあります。

1つ110円でした。



「ファミリーマート」の「京都宇治 辻利 抹茶ババロア」

2010年7月29日(木)

ファミリーマート」(こちら)の「京都宇治 辻利 抹茶ババロア」(こちら)を買いました。
IMG_0761.jpg

辻利』(こちら)とは、京都・祇園にあるお茶を販売している老舗で、京都市内で2店、東京・汐留で1店、「茶寮 都路里」(こちら)と言う抹茶カフェを経営している所・・と言った方が馴染みがありますかね

HPによると、「京都宇治の老舗『辻利』の抹茶を使用した苦味のきいた抹茶ババロアに、小倉あん、ホイップクリームを絞り、栗のダイスカットをトッピングしました。」だそうです。
IMG_0770.jpg

小倉あん、ホイップクリームが、結構ドッサリと入っていますね。
抹茶ババロア自体は、甘みを抑え苦みがきいたタイプのものです。
全体のバランスも良くて、結構、美味しかったです

1つ230円です。



「ミスタードーナツ」の「ミスドの夏抹茶」

2010年7月28日(水)

ミスタードーナツ」(こちら)で、6/3から「ミスドの夏抹茶」(こちら)を開催中です

おととし、去年と続き、今年で3年目です。
おととしのブログ⇒こちら
去年のブログ⇒こちら

今月頭、張り切って「ミスド」に行った所、「抹茶オレ 黒みつゼリー」(こちら)・「抹茶オレ ミルクゼリー」(こちら)は、予想を超える売れ行きにより 販売中止でこちら)、ドーナツだけを買って来た訳ですが・・(こちら)。

7/7から発売再開したので、またまた張り切って行って来ました

抹茶オレ 黒みつゼリー」(こちら)と、ドーナツは、「ボン・デ・ダブル抹茶」(こちら)と「抹茶葛あずきフレンチ」(こちら)です。
IMG_1020.jpg

IMG_1023.jpg

「ボン・デ・ダブル抹茶」は「抹茶を練り込んだポン・デ・リングに、さらに抹茶チョコをコーティングしました」、「抹茶葛あずきフレンチ」は「ふわふわのフレンチ生地に北海道産あずきと抹茶の入ったぷるぷるの葛入りフィリングをサンドし、抹茶チョコをコーティングしました」だそうです。
どちらも、とても美味しかったです

今月頭に行った時に食べたのは、「ポン・デ・抹茶 ミルククランチ」(こちら)と「抹茶あずきクリーム」(こちら)だったのですが、今回食べた2つの方が あっさりした甘さで 軽く食べれました

「抹茶オレ 黒みつゼリー」は、「ほろ苦い宇治抹茶に まろやかなミルクがマッチした抹茶オレ。黒みつゼリーのやさしい甘さと、ぷるぷるとした食感が楽しめます」との事ですが、飲みやすくて、とても美味しかったです
黒みつゼリーがあっさりしてて、ストローに入ってくる食感もいいです

「抹茶オレ ミルクゼリー」の方もチャレンジしてみたいです。
ただ、HPによると、「9月末までの販売予定ですが、在庫状況により、7月26日(月)以降 なくなり次第販売終了」って事なんで・・・、もう・・無いかも・・・




「チロルチョコ」の「涼風チロル」

2010年7月27日(火)

チロルチョコ」(こちら)から「涼風チロル」(こちら)が出ました。
IMG_0981.jpg

「出ました」と、いかにも最近出た風に書いてますが、もう1ケ月以上前に出てるみたいです

ミルク金時」(5個)・「くずもち黒蜜仕立て」(4個)の2種類入りです。
IMG_0984_20100724161640.jpg

「くずもち黒蜜仕立て」です。
「くずもち風味のチョコレートの中に黒みつソースと寒天ゼリーを入れて食感と味を再現した」そうです。
IMG_0987.jpg

IMG_0990.jpg

「ミルク金時」です。
「練乳と小豆の風味を生かした2層構造のチョコにザラメを加えてカキ氷の食感を表現した」そうです。
IMG_0989.jpg

IMG_0994_20100724161639.jpg

2つ共、結構、それっぽく仕上がってると思います
「ミルク金時」の方は、ザラメが「ガリガリ」なので、ホントにカキ氷みたいですし。

ちなみに、カロリーゼロの天然甘味料の「エリスリトール」を入れているそうですが、溶ける時に「吸熱反応」を起こすそうで、その冷却の程度は、人間でも体感位だそうですよ。
夏にピッタリのチロルですね

9個入りで、105円でした。

育って来ました。

2010年7月26日(月)

春に、「ゴーヤ」の苗をいただいたんですよ

私、基本的に「育て物」が苦手で、すぐに枯らせてしまうんですよね・・。
今回は、3センチ弱の苗を2つもらったのですが、1つは、早々に枯らせてしまいました

で、1つの方は何気に大きくなって来たので、庭に植えてみました
庭と言っても、畑用ではなくて、ホントに普通の庭で、土もあまり良くないので、そんなに育たないんだろうなぁとは思ってました。
しかも、水をあげてるだけなんで、そんなに面倒見も良くないですし・・・

ですが、勝手にどんどんと大きくなって、現在、高さ3メートル位になりました。
IMG_1035.jpg

IMG_1036_20100724141817.jpg

そして、5センチ位の小さなゴーヤが実るまでになりました
IMG_1034_20100724141817.jpg

IMG_1037_20100724141817.jpg

こんな赤ちゃんゴーヤも居ました
2010072513350000.jpg

以前、「庭で実った」と言うゴーヤをいただいた事があるのですが、売り物よりもかなり小さくて、長さ10センチも無かったと思います。
色も少し黄緑だった気がします。
最終的には、我が家のもそれくらいなのかなぁ・・と思うのですが、これって、いつ頃に収穫したらいいもんなんでしょうねぇ

これって、人間が「受粉」をしてあげると、もっとキチンと実がなるそうですね・・。
知らなかった・・


世間では、ゴーヤを「緑のカーテン」として暑さ対策に利用する動きもありますよね。
成長も結構早いから、育て甲斐もありますし、結構、横にも広がって行きますし、我が家でも、来年はもう少しちゃんと育ててみようかなぁ・・などと思っちゃいました


「ゆず」の富山ライブに行って参りました。

2010年7月25日(日)

先週7/21(水)、「ゆず」(こちら)の富山・オーバードホールこちら)でのライブに行って参りました。
個人的には、「ゆずの大ファン」と言う事ではないのですが、ファンの友達が居るので、「誘われて・・」と言う感じです。
この友達に「誘われて・・」、過去に、2回、行っています(こちらこちら
ゆずって、「ファンじゃない人」でも楽しめるコンサートですし、曲も耳なじみがある曲が多いですしね。

今回のライブは「FUTATABI」(こちら)と言う ゆず2人だけの弾き語りライブで、ドーム公演と違って会場も小さいですし、チケットは、なかなか入手困難だったみたいです

こちら、会場のオーバードホールです。
IMG_0999.jpg

IMG_1000_20100724145756.jpg

会場内です。
IMG_1005_20100724145756.jpg

IMG_1011.jpg

この「祝 初富山 きのどくな」ってのは、ゆずが書いたんですかね・・
ファンが書いたんですかね・・
IMG_1006_20100724145756.jpg

「きのどくな」って言うのは、恐らく富山弁だと思うのですが、福井弁にも「きのどくな」って言うのがあります。
同じ北陸ですし、使い方は似てそうですね。
「気の毒」は、標準語で言うと、「他人の不幸や苦痛などに同情して心を痛める事」、「他人に迷惑をかけて申し訳なく思う事」と言う意味ですが、福井弁の「気の毒」は、もっと軽くて、会話の中で、「悪いねぇ」とか「あらぁ・・」と言う意味合いで使ったりしますので、この富山弁もそうなんじゃないかなと思います。

みんなが自由にメッセージを書けるようになっていました。
IMG_1009.jpg

IMG_1007.jpg

IMG_1008.jpg

アップにしてみます。
IMG_10083.jpg

はるばる、韓国から・・だそうです。
IMG_10082.jpg

この場所は、チケットが無くても入れる場所にあったので、こうやって、「外で応援してる」と言う方々も書く事が出来ます。
IMG_10081.jpg

このフラッグは、ライブの終盤にステージに掲げられていましたよ

席は2階のN列だったのですが、2階とは言えど、この席の配置では、普通は「1階」と言いますねぇ
普通に1階席と続きの席ですし、結局、前から19列目って感じですね。
IMG_1026.jpg

チケットの裏です。
IMG_1028_20100724151117.jpg

こちら会場内です。
多分、写真はNGなんでしょうけど、終演後、みんな普通に撮ってたし、スタッフさんも静止してないので、私も撮っちゃいました
IMG_1015_20100724151116.jpg

IMG_1012.jpg

このオーバードホールは、総客席数2,200席なんですが、普通のコンサートホールではなくて、クラシックや演劇も上演されたりするホールで、「音響家が選ぶ優良ホール100選」に選ばれる位のホールです。
なので、構造もこんな風にちょっと円形っぽく、3階席以上はこんな風に前にせり出た構造になっています。
5階まであります。
IMG_1014_20100724151116.jpg

左右にはこんな席もあります。
各階8席位あったのですが、結構目立ってました
IMG_1016_20100724151116.jpg

こちら終演後の会場前です。
IMG_1019_20100724152210.jpg

こんなヘアスタイルをした方がみんなに撮影されていました
IMG_1017.jpg

↓こちらの今回のライブのツアー名とキャラクターをイメージしてるみたいですね
IMG_1031_20100724152209.jpg


ライブの感想です。

今回のライブは、先程も書いた通り、ゆず2人だけの弾き語りライブで、ギターを中心とした構成でした。
今回のライブ用にアルバムが出ている訳ではないので、私は、友達に、2005年に発売された 1997年~2005年の曲を収録したベスト『Going Home』をコピーしてもらい、それを聞いて出かけて行ったのですが、結構、分かりました

会場がそんなに大きい会場では無く、客席の最前列とステージには開きがほとんど無かったようで、最前列の方は、ホントに「すぐそこ」「真ん前」に居る感じだったみたいです。
ホントに見上げる感じだったようです。
私の席からでも、結構近い印象を受けましたもんねぇ。

途中、2004年に出た アテネオリンピックのNHKのテーマソング「栄光の架橋」をマイク無しの「生歌」、ギターも、機械を何も通さずに、そのままの音源で弾いてました。
体操ファンの私にとって、この歌は忘れられない曲なので、生声を聞けて、とても嬉しかったです
分かりますかね・・
2004年のアテネオリンピック、男子体操団体決勝の最終演技の鉄棒の最終演技者の冨田洋之さんの着地で金メダルが決まっ訳ですが、下り技の時に、「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ」とNHKの刈谷アナが名言を残してましたよね

あと、途中、悠仁さんの「会場で今日、誕生日の方~」と言う質問に手を挙げた中で、一番前だった方の席まで、悠仁さんが出掛け、直接インタビューすると言うのがあったり、前の方に居た子供に、悠仁さんが「お手製マラカス」をプレゼントしたり・・と、結構、フレンドリーなライブでしたよ

通常、ドーム公演だと、会場内にスクリーンがあって、そのカメラに悠仁さんが目線を送ったり・・なんて言うシーンも多々あったりする訳ですが、今回はスクリーンが無いので、常時、客席に向いている感じで、ある種、この方がいいんだろうなぁ・・と思いました。


ところで・・。
ゆずは、富山は「初」なんですね。
確かに・・・。
福井県に「サンドーム福井」(こちら)が出来てから、北陸公演は「サンドーム福井」のみ、または、北信越で、「サンドーム福井」と新潟の「朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター」(こちら)のみの開催になったりしてて、全体的に、富山でのコンサートって、多くないのかも知れないですね


いやいや・・。
みなさん、お疲れ様でしたぁ




「トーラク」の「ご褒美抹茶プリン」

2010年7月24日(土)

トーラク」(こちら)の「ご褒美抹茶プリン」を買いました。
IMG_0898.jpg

「トーラク」と言えば、「神戸プリン」(こちら)が有名ですよね

上ブタを取ると、こんな感じです。
IMG_0900.jpg

スプーンですくってみました。
IMG_0903_20100711123043.jpg

ものすごく柔らかい、トロトロ滑らかプリンです。
甘さは、甘すぎず、ちょうどいい感じです
パクパク食べれてしまい、あっと言う間になくなってしまいました

1つ148円でした。
私は「ローソン」で買いました。



「チロルチョコ」の「コーヒーゼリー」

2010年7月23日(金)

チロルチョコ」(こちら)から「コーヒーゼリー」(こちら)が出ました。
IMG_0880.jpg

「ビター味のコーヒーチョコの中にコーヒーゼリーを閉じこめ、チョコの上部にホワイトチョコをあしらい、味も見た目もフレッシュをかけたコーヒーゼリーのようにした。」だそうです。
IMG_0905.jpg

確かに・・。
食べた感じは、コーヒーゼリーっぽい雰囲気でした。
ま・・・、「ホワイトチョコ」が「フレッシュをかけたコーヒーゼリーのようにした」って言うのは、ネットで見るまで気づかなかったですが、コーヒー感・ゼリー感は出ていましたよ。

1つ21円でした。





京都に行って来ました【8】 買って来た抹茶スイーツ〔2〕 「グラマシーニューヨーク」の「グリーンティー ニューヨーク チーズケーキ」

2010年7月22日(木)

昨日に引き続き(こちら)、先月行って来た京都の記事をアップします。

今日は、自分用に買って来た抹茶スイーツ2つ目です

こちらは、四条河原にある「高島屋京都店」(こちら)地下1階の「グラマシーニューヨーク」(こちら)の「グリーンティー ニューヨーク チーズケーキ」です。
IMG_0672.jpg

4個入りで1,050円です。
IMG_0674.jpg

IMG_0680.jpg

こちらです。
「ひょうたん」の形を模しているそうです。
IMG_0686.jpg

断面はこのような2層になっています。
ここでは見えていませんが、中に、栗と金時豆が入っています。
IMG_0689.jpg

一見、フワッフワな感じにも見えるのですが、思うよりはしっかりしていました。
とても美味しかったですねぇ
また食べたいんですが、これ、「高島屋京都店」限定だそうで、JR京都駅では買えず、四条河原まで行かないといけないので、なかなか買えませんねぇ・・・


【今回の旅のまとめ】
「二条城」→こちら
「IYEMON SALON KYOTO」→こちら
「よーじやカフェ」→こちら
「御料理光安」へディナー→こちら
坂本龍馬の奥さんの・・・?→こちら
「京都デザインハウス」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔1〕「おたべ」の「京茶の葉あわせ(抹茶)」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔2〕「グラマシーニューヨーク」の「グリーンティーニューヨークチーズケーキ」→こちら


京都に行って来ました【7】 買って来た抹茶スイーツ〔1〕 「おたべ」の「京茶の葉あわせ(抹茶)」

2010年7月21日(水)

昨日に引き続き(こちら)、先月行って来た京都の記事をアップします。

今日は、自分用に買って来た抹茶スイーツ1つ目です

こちらは、生八つ橋で有名な「おたべ」(こちら)から出ている「京茶の葉あわせ(抹茶)」(こちら)です。
IMG_0638_20100710181541.jpg

10枚入りで、1,050円です。
IMG_0675.jpg

IMG_0681.jpg

HPによると、『京都生まれの素材にこだわりおつくりした「お茶」と「豆乳」のラングドシャです。茶の葉をかたどり薄く焼き上げたラングドシャ生地は、京都産茶葉と京都の湧水で仕込み、京都産の豆乳を合わせました。中には、お茶を混ぜ入れたホワイトチョコレートをサンド。香り高いお茶の香りと、豆乳のまろやかな旨味がお口の中で広がります。』と書いてあります。
IMG_0694.jpg

断面、分かりますかね・・
IMG_0698.jpg

抹茶感が結構あって、チョコもパリパリしてて、とても美味しいと思います
私の好きなタイプです。

ちなみに、これ、JR京都駅の中央改札を出た斜め前の売店(Daily-in)のレジ前で買えます。
JR京都駅の伊勢丹やお土産屋さんはPM8時で閉まってしまう所が多いですが、ここはもっと遅くまでやっているので、ここで買えるのはとても嬉しいですね

この「京茶の葉あわせ」には「ほうじ茶」のバージョンもあります。
横に並んで売っているのですが、買った事がないので、今度買ってみたいと思います


【今回の旅のまとめ】
「二条城」→こちら
「IYEMON SALON KYOTO」→こちら
「よーじやカフェ」→こちら
「御料理光安」へディナー→こちら
坂本龍馬の奥さんの・・・?→こちら
「京都デザインハウス」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔1〕「おたべ」の「京茶の葉あわせ(抹茶)」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔2〕「グラマシーニューヨーク」の「グリーンティーニューヨークチーズケーキ」→こちら






京都に行って来ました【6】 「京都デザインハウス」

2010年7月20日(火)

1日開きましたが、おとといに引き続き(こちら)、先月行って来た京都の記事をアップします。

「三条通り」(こちら)を少しだけ入った所に、こんなお店を見つけました

京都デザインハウス」(こちら)です。
IMG_0552.jpg

IMG_0553.jpg

2005年4月に、三条高倉オープンしたそうなのですが、去年、ここに移転したそうです。
このビルは、世界的建築家・安藤忠雄建築研究所設計の「俄ビル(NIWAKA Building)」です。

「京都の技術や素材にこだわったセレクトショップ」と言う感じですかね。
「京もの」を中心に、文具・食器・インテリア・ファッションアイテムなど、常時1500点以上を揃えています。
お店自体もすごくオシャレで、置いてあるものもお上品で、「和」を上手に取り入れる事が出来そうな感じで、見てても、飽きない気がします

私はこちら「京飴」を買いました。
IMG_0890.jpg

何かと言うと・・。
「飴」が入っています。
IMG_0892.jpg

苺ミルク、抹茶、ゆずの3種類入りです。
「チョコ豆」もあったのですが、この日はとても暑かったので、持ち運びに便利な 飴の方にしました。
IMG_0894.jpg

ガイドブックより・・。
こんな感じの飴が入っています。
IMG_0439.jpg

1箱5センチ強四方なのですが、上ブタは、舞妓さんや大文字焼きなど 京都らしいデザインのたくさんの種類の中から好きなものを自分で選ぶ事が出来ます。
また、冠婚葬祭など向けににアレンジもしてくれるらしく、結婚式の引き出物として、上ブタに 2人の名前を入れたりする事も出来るみたいです。
1箱500円(「チョコ豆」は600円)なので、買いやすいですね
私もお友達のお土産として買いました。

こんな風に素敵にラッピングしていただきました。
ヒモの色も選べました。
IMG_0887.jpg


★京都デザインハウス
住所:京都市中京区福長町105 俄ビル1F(富小路通三条上る)
TEL:075・221・0200
営業時間:11時~20時
定休日:無休(年末年始を除く)


【今回の旅のまとめ】
「二条城」→こちら
「IYEMON SALON KYOTO」→こちら
「よーじやカフェ」→こちら
「御料理光安」へディナー→こちら
坂本龍馬の奥さんの・・・?→こちら
「京都デザインハウス」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔1〕「おたべ」の「京茶の葉あわせ(抹茶)」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔2〕「グラマシーニューヨーク」の「グリーンティーニューヨークチーズケーキ」→こちら



映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」を見ました。

2010年7月19日(月)

織田裕二さんの主演映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」こちら)を見て来ました。
EIGA_20100717102731.jpg

「踊る大捜査線」は、私の中で、「面白いか面白くないかは別にして、毎回見に行く事にしている映画」なんで、今回もとりあえず見に行って来ました

1998年公開「踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!」(以下、パート1)、2003年公開「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ」(以下、パート2)、スピンオフの 2005年公開『交渉人 真下正義』も、ちゃんと劇場で見ています。
何故か、2005年公開『容疑者 室井慎次』は見てないんですが

基本的に、「踊る」は、「ストーリー」より「世界観」を見に行く映画って言うか・・、最終的な犯人が誰かとかは、映画館を出る頃に忘れちゃったりしてるんですが、イベントみたいなもんですね

今回のストーリーはこんな感じです。
湾岸署を襲った連続殺人事件から7年。
海外からの要人が降り立つ空港が近くにあり、高速道路や変電所などが立ち並ぶお台場は、テロリストの標的となっていた。
その為 湾岸署は、よりセキュリティー設備が充実した新湾岸署への引っ越しをすることになる。
引っ越しの作業を一任された青島(織田裕二さん)は、部下と一緒に取り掛かるものの、湾岸署管内で次から次へと事件が発生し……。


見た感想ですが、今回も「踊る」の世界観は全開で、途中途中に笑えるシーンもあり、青島くんとすみれさん(深津絵里さん)のほろりとするシーンもあり(ま、勘違いですけど)、面白かったですよ
そして、今回も、「犯人の印象は薄い」映画でしたけどね

今回の残念なポイントは、青島と室井(柳葉敏郎さん)の直接絡みがかなり少なかった事と、真下(ユースケ・サンタマリアさん)の奥さん役である雪乃(水野美紀さん)の登場がなかった事ですかね
ま・・、これは色々と言われている「大人の事情」で仕方ないんでしょうけど・・(こちら)。


今回、テレビシリーズ・映画シリーズで、過去に犯人をしていた方々も出演しています。
リアルタイムの映像として出てくるのは、小泉今日子さん、ナイナイの岡村さん、伊集院光さん、そして、SMAPの稲垣吾郎さんなのですが、稲垣さんは出演時間:10秒位ですかねぇ。
なのに、最後のエンドロールの「メイク」の箇所には、しっかりと「稲垣吾郎担当」と言う方が居ました
ちょっとウケちゃいましたけど


7/10(土)に、パート1が、おとといは、パート2が放送されていましたが、パート1は12年前、パート2は7年前って事で、みなさん、若いですね~
「スリーアミーゴス」は変化が分かりませんでしたが

今、過去のものを改めて今見ると、新しい発見がありますよね。
「チョイ役」で出てた方が今はTVでよく見る俳優さんになっている・・とか。
パート1では、津田寛治さん(こちら)とか木村多江さん(こちら)、パート2では、佐々木蔵之介さん(こちら)や幼い頃の神木隆之介くん(こちら)、眞島秀和さん(こちら)を見つけちゃいました

木村多江さんは、分かりやすかったですかね
最後の最後、負傷後、青島が入院した病院の女性看護師役で、復帰を目指してリハビリを行なう青島を見守る役で 1~2分位出てましたね。

津田寛治さんは、結構、分かりずらかったですが・・
SIT捜査員で、青島に大量の検証写真を見せ徹夜させると言う役でした。
この後にも、最後の方の突入シーンでも、ちらっと登場した気がします。

神木隆之介くんは、スリ一家の長男役でしたが、当時10歳だったようですが、でももうその時点で有名子役だったから、チョイ役と言う感じではないですかね。

佐々木蔵之介さんや眞島秀和さんは、ホントに、「いち捜査員」でしたよね

そんな楽しみ方もあった「踊る大捜査線 THE MOVIE」でした


ちなみに、私、映画を見に行ったのは昨日の15:40上映開始の回だったんですけど、何と、満席でした
公開されたのは、7/3で、15日経っていたので、大分落ち着いたかなぁと思っていたんですが・・・、「踊る」・・、侮れず
以前、人気作品を見に行こうと思って、それなりに前持って行ったのにチケットがもう無かった事があったので、今回は余裕を持って、上映開始の3時間40分前に買いに行った為、ベストポジションで見れましたが、ギリギリで行ってたら、危なかったですねぇ
良かったぁぁぁ


そうそう。
今回の映画で、最後の最後、犯人役の少年に対して、青島が「以前どこかで会った事がある」的な話をしてましたが、テレビシリーズの第1話と歳末スペシャルに出てるらしいです。

他には、ドラマ「お金がない」(1994年)で、織田裕二さんと共演してた子役の子〔織田裕二さんの兄弟でブタの貯金箱持ってた子〕だそうです。
ピンポイント過ぎ・・


見る前の期待度 ★★★★★★☆☆☆☆
見た後の満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

京都に行って来ました【5】 坂本龍馬の奥さんの・・・?

2010年7月18日(日)

昨日に引き続き(こちら)、先月行って来た京都の記事をアップします。

現在、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」(こちら)効果で、坂本龍馬が盛り上がっていますよね。
私が今回京都に行く際に持って行った「るるぶ京都」にも、「坂本龍馬特集」と言うものがあり、坂本龍馬ゆかりの場所を紹介したページが 何ページにも渡って書いてありましたもん。
元々、人気の人物ですし、「より盛り上がっている」と言う感じでしょうかね

ここ数日アップし続けているブログを見ていただくとお分かりかと思いますが、今回は、三条付近でうろうろしてるのですが、「三条通り」(こちら)を少しだけ入った所に、こんなものを見つけました

IMG_0546_20100710174903.jpg

IMG_0548.jpg

IMG_0551.jpg

坂本龍馬のお龍(おりょう)」、大河ドラマでは、真木よう子さんが演じていますが、そのお龍の実家がこの辺・・って事ですよね・・(こちら

大河ドラマのHPの「人物紹介」のページを見ると、お龍は、「京都の医者の娘。龍馬と出会った頃は、父を失い、母と妹2人と弟2人を抱えて一家の大黒柱として艱難(かんなん)辛苦のなか生きていた。」と書いてありますが、このプレートによると、ここに住んでいた当時は、「お龍には、父母のほか、弟妹が4人もおりましたが、家事を任されることもなく、華道、香道、茶道などのお稽古事に専念できたようです。父在世中は、いわば良家のお嬢様として、裕福に暮らしていたと言えます」 と書いてありました。

歴史上の人物が、ここで実際に生活していた その痕跡を見れるってスゴイですよね

ちなみに、今は、美味しいお酒と「京のおばんざい」を出している「麺どころ」になってるみたいですけどね・・


【今回の旅のまとめ】
「二条城」→こちら
「IYEMON SALON KYOTO」→こちら
「よーじやカフェ」→こちら
「御料理光安」へディナー→こちら
坂本龍馬の奥さんの・・・?→こちら
「京都デザインハウス」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔1〕「おたべ」の「京茶の葉あわせ(抹茶)」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔2〕「グラマシーニューヨーク」の「グリーンティーニューヨークチーズケーキ」→こちら



京都に行って来ました【4】 「御料理 光安」へディナー

2010年7月17日(土)

昨日に引き続き(こちら)、先月行って来た京都の記事をアップします。

夕食は、地下鉄烏丸線丸太町駅から歩いて数分の所にひっそりとある「御料理 光安」(こちら)へ行きました。

何かね・・。
ここ、結構・・いや、かなり好きな感じです

ネットで見たら、「10席のみ(1日2組限定)」って書いてあったので、敷居が高そうに思ったのですが、ジーンズ姿の私達にもちゃんと対応していただいて(・・ま、それが普通か・・)、全然居づらくなかったです。
すごくくつろげました。

こちら外観です。
周りに馴染みすぎていて、一瞬、分かりませんでした
ネットで見ると「再生した京町家」を利用したお店のようです(こちら)。
IMG_0585.jpg

IMG_0586.jpg

こちらお店の中です。
ネットで見る様子と実際のお店は、実際のお店の方がややコンパクトに見えました。
IMG_0587.jpg

IMG_0592.jpg

IMG_0590.jpg

IMG_0591.jpg

IMG_0589.jpg

IMG_0623.jpg

IMG_0588.jpg

夜の懐石には3種類あって(こちら)、6,300円、8,400円、そして、私達のオーダーした 野菜中心のミニ懐石「野菜小懐石」(3,990円)がありました。
1日2組なのに、一番安いので申し訳ない

こちらがお料理です。
器や盛り付けが素敵だったので、「ひき」と「アップ」の2枚ずつを載せていきます。

こちらは「冬瓜」を炊いたものです。
IMG_0593.jpg

出汁も 優しくて いいお味でしたぁ
IMG_0595.jpg

続きまして・・。
こちらは、焼き物で「ハモ」です。
IMG_0598.jpg

「ハモ」、多分、生まれて初めて食べましたが、そんな私でも「上手く焼いてあるなぁ」って分かるような焼き方でした。
IMG_0599.jpg

野菜の蒸し物です。
IMG_0606.jpg

さつまいも、コーン、万願寺唐辛子、じゃがいも(インカのめざめ)です。
どれも、持っている「甘み」がよく出ていて、とても美味しかったです
IMG_0604.jpg

そして、こちらは「そばがき椀」(白味噌)です。
IMG_0608.jpg

私、割と「そばがき」が好きなんですけど、こんな風にして食べた事がないので、新鮮でした。
白味噌も甘くて美味しかったです。
IMG_0609.jpg

どうも・・こちらの名物のようなのですが、「卵黄の味噌漬け」です。。
IMG_0611.jpg

私達、お酒を飲まずに、ウーロン茶だったのですが、これ、日本酒が好きな方は、大好きでしょうねぇ。
IMG_0615.jpg

そして、焼きあゆの混ぜご飯です。
IMG_0616.jpg

「おこげ」も付いていて、「みょうが」ものっています。
IMG_0618.jpg

IMG_0621.jpg

こちらデザートです。
IMG_0626.jpg

ライチの上に細かく切ったキウイがのっています。
IMG_0628.jpg

1つ1つの量は多くないですが、最終的には、結構、お腹が膨れていました
電話で予約をした時にも、「食べれないものはないですか」と気を使っていただきましたし、お店の雰囲気もとても静かで、また、丁寧に料理をしている感じが伝わってくる料理ばかりで、とても優雅な気分になった夕食でした

今回は一番お安いコースでしたが、また行って、上のコースを食べてみたい気になっています


★御料理 光安
住所:京都府京都市中京区東洞院夷川上ル東
TEL:075-212-3381
営業時間:
ランチ→12:00~14:00(L.O.13:00) 
 ディナー→18:00~21:30(L.O.20:00) 
定休日:日曜日


【今回の旅のまとめ】
「二条城」→こちら
「IYEMON SALON KYOTO」→こちら
「よーじやカフェ」→こちら
「御料理光安」へディナー→こちら
坂本龍馬の奥さんの・・・?→こちら
「京都デザインハウス」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔1〕「おたべ」の「京茶の葉あわせ(抹茶)」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔2〕「グラマシーニューヨーク」の「グリーンティーニューヨークチーズケーキ」→こちら








京都に行って来ました【3】 「よーじやカフェ」

2010年7月16日(金)

昨日に引き続き(こちら)、先月行って来た京都の記事をアップします。

あぶら取り紙で有名な「よーじや」(こちら)がやっている「よーじやカフェ」(こちら)に行って来ました

私が行ったのは、「三条店」(こちら)なのですが、前に、何気に「三条通り」を歩いている時に見つけ、気になっていました

こちらお店の外観です。
IMG_0580_20100710161530.jpg

IMG_0579.jpg

IMG_0578.jpg

IMG_0575.jpg

IMG_0574.jpg

こちらメニューボードです。
デザート(こちら)・飲み物(こちら)だけでなく、モーニング・ランチなどの食事メニュー(こちらこちら)も充実しています。
夜には、京野菜が織り込まれたコース(こちら)もあります。
IMG_0577.jpg

こちら店内です。
禁煙と喫煙が分かれています。
左手の方は喫煙で、奥の方が禁煙です。
IMG_0568.jpg

喫煙の方にはソファもあり、こちらの方が広めでした。
私達は、禁煙が良かったのですが、喫煙の方に誰も煙草を吸っている人が居なかったので、喫煙の方に座りました。
IMG_0563.jpg

テーブルの上に置いてある紙も「よーじや」デザインです。
IMG_0561.jpg

ここでは、ピザは「本格釜」で焼き上げるそうで、それも気になったんですけど、中途半端な時間だったので、カフェのみにして、「定番」のこちらにしました
IMG_0569.jpg

よーじや特製カプチーノ」(600円)です。

・・・怖いんですけど・・
友達にメールしたら、同じく、「怖いよ~」と返信がありましたわ・・。

少し方向を変えて撮ってみました。
カップに「よーじや」のロゴが入っています。
IMG_0571.jpg

横風が吹いてる感じを出してみました
IMG_0573.jpg

写メ撮ったりして、3分位盛り上がった後は、勢いよく、スプーンで混ぜて飲みました
こう言うのって、どうするのが正しい方法なんですかねぇ・・

そして、デザートはこちらです。
「黒豆きなこロール」(650円)です。
手前のは栗のアイス(だったかな)と八ツ橋です。
IMG_0565.jpg

こちらのお皿にも、「よーじや」のロゴが入っています。
これらの食器類は、SHOPの方で購入する事が出来ます。

ちなみに・・・。
「銀閣寺店」(こちら)は、ここ「三条店」とはかなり雰囲気が違い、広間で座布団と高足盆で、きれいなお庭が眺められる雰囲気のある和室のお店だそうで、「よーじや特製カプチーノ」の抹茶版「抹茶カプチーノ」があるそうです。
抹茶粉で描いた「よーじや」のキャラクター・・、これも怖いんだろうか・・・


★よーじやカフェ 三条店
住所:京都府京都市中京区三条通麩屋町東北角弁慶石町39 TCビル 1F
TEL:075-221-4503
営業時間:9:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:無休


【今回の旅のまとめ】
「二条城」→こちら
「IYEMON SALON KYOTO」→こちら
「よーじやカフェ」→こちら
「御料理光安」へディナー→こちら
坂本龍馬の奥さんの・・・?→こちら
「京都デザインハウス」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔1〕「おたべ」の「京茶の葉あわせ(抹茶)」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔2〕「グラマシーニューヨーク」の「グリーンティーニューヨークチーズケーキ」→こちら





京都に行って来ました【2】 「IYEMON SALON KYOTO」

2010年7月15日(木)

昨日に引き続き(こちら)、先月行って来た京都の記事をアップします。

サントリー」(こちら)から発売されているお茶「伊右衛門」(こちら)が出しているカフェ「IYEMON SALON KYOTO」(こちら)が京都にあります。

前に、何気に「三条通り」を歩いている時に見つけ、気になっていました
その日は土曜日だったのですが、めちゃくちゃ混んでました

ここに行って来ました
IMG_0545.jpg

IMG_0519_20100710152443.jpg

IMG_0514_20100710152441.jpg

私は平日に、しかも、AM11時少し前だったので、空いていました

こちら、店頭に置いてあったメニューのボードです。
「IYEMON SALON」は、AM8時から営業していて、「朝ごはん」も食べれます。
IMG_0518_20100710152437.jpg

こちらは、飲み物ととデザートのボードです。
IMG_0517_20100710152438.jpg

AM11時少し前に行ったもんで、ランチメニューのボードが出ていませんでしたが、こんな感じです。
IMG_0539_20100710152947.jpg

店内はこんな雰囲気です。
入り口を上から撮ってみました。
IMG_0521.jpg

入り口入ったすぐ場所では、お茶・茶器以外には、こんな風に「伊右衛門」のグッズなんかを売っています。
IMG_0520.jpg

入ってすぐのテーブル以外に、奥の方にも、広いスペースがあります。
IMG_0528_20100710152943.jpg

IMG_0527_20100710152944.jpg

IMG_0536.jpg

時間が「朝ごはん」から「ランチ」に切り替わったばかりの時間だったので、かなり空いていましたが、平日なのに段々と混んで来て、お昼には、ほぼ満席になってました。

私は、女性2人で行ったのですが、女性グループだけでなくて、男性2人、女性1人と言うような方も居て、テーブル・椅子の種類も色んなものがあって、開放感もあって、結構、快適に過ごせそうですよぉ

座るとまず出てくるのが、お水ではなくて、水出しのお茶(玄米茶)でした。
さすが「伊右衛門」
IMG_0522.jpg

お店の接客担当のスタッフさんは、比較的若い男女なのですが、1人、女性の方で、それらしくない ちょっと落ち着いた感じの女性が居たんですが、動きを見ていたら、「お茶」を専門に入れている風な方でした。
3枚上の写真の真ん中に写っている女性です。

箸が入っている入れ物も、ちょっとだけ「和」をかもし出しています。
IMG_0526_20100710153919.jpg

私はランチメニュー(こちら)から「チキンのオーブン焼き御膳」(1000円)にしました。
チキンのオーブン焼き、サラダ、小鉢(切り干し大根)、ご飯、味噌汁、漬物です。
IMG_0531_20100710153919.jpg

チーズがのっています。
IMG_0535.jpg

ランチメニューには、この他に、お魚の御膳や週替わりのどんぶり、週替わりのパスタ、週替わりのカレーなどもあります。

ちなみに、ご飯は「会津継承米 かまど炊きご飯」だそうで、オープンキッチンの一番前に、「釜」がいくつか置いてありました。
お代わり自由だそうです。

食後に、「IYEMONパフェ」(930円)を頂きました。
月替わりだそうです。
私のこれは、6月分です。
ほうじ茶・・だったかな・・
IMG_0541_20100710153917.jpg

上から撮ってみました。
IMG_0542.jpg


「IYEMON SALON KYOTO」のメニュー(こちら)、全ての食事メニューに「お茶」が全面押しで使われているのかと思っていたのですが、食事メニューは、結構、普通のカフェメニューです。
デザートや、あと、飲み物(こちら)には、「氷出し碾茶」、「抹茶ビール」、「抹茶きなこ豆乳ラテ」など、「お茶感」が出ています。

また、夜のディナーコースもあるようなので(こちら)、こちらもいつか行ってみたいです。


★IYEMON SALON KYOTO
住所:京都府京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80 千總ビル1F
TEL:075-222-1500
営業時間:8:00~24:00
定休日:不定休
     ※ 年末年始は営業時間の変更有


【今回の旅のまとめ】
「二条城」→こちら
「IYEMON SALON KYOTO」→こちら
「よーじやカフェ」→こちら
「御料理光安」へディナー→こちら
坂本龍馬の奥さんの・・・?→こちら
「京都デザインハウス」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔1〕「おたべ」の「京茶の葉あわせ(抹茶)」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔2〕「グラマシーニューヨーク」の「グリーンティーニューヨークチーズケーキ」→こちら



京都に行って来ました【1】 「二条城」

2010年7月14日(水)

誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップし続けていた(こちら)ので、タイミングが無かったのですが、先月、京都に行って来たんですよっ

世界遺産二条城」(こちら)に行って来ました。
IMG_0513.jpg

私、「二条城」に行くのは2回目です。
福井県の小学生は、修学旅行で、京都・奈良に行きます。
私の小学校ももちろんそうだったのですが、そして、コースに「二条城」が入っていたのですが、時間の関係で、目の前を通っただけ・・と言う結果で、大人になってから、「修学旅行で行けなかったし・・」と言う事で行ったので、それ以来です。

私が行ったのは、平日だったのですが、平日だけはあり、制服姿の修学旅行生、遠足の子供達で一杯でした
外国人観光客も結構いましたねぇ・・。

そもそも、「二条城とは何か・・」と言う話なんですが、徳川家康が、京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として造営したもので、築城は、江戸幕府が始まった年と同じ1603年です。
そして、江戸幕府最後の将軍・15代将軍 徳川慶喜により、1864年に、あの「大政奉還」(こちら)が行われた場所でもあり、江戸時代の栄枯盛衰を見守っていた場所なんですねぇ
そんな歴史的場所が、今、ここにあるって、すごいですよね
さすが京都

まず、こちら、堀川通に面した正門です。
東大手門」です。
屋根は、本瓦葺で入母屋造り、妻は木連格子、棟には鯱(しゃち)が飾られています。
形式は櫓(やぐら)門で、石垣と石垣の間に渡櫓(わたりやぐら)を渡して、その下を門とした形式になっています。
IMG_0496_20100710140135.jpg

1994年に世界遺産登録されています。
IMG_0499_20100710140134.jpg

今現在、私が立っているのは、左下の「橋」のようなが掛かっている所付近です。
IMG_0500_20100710140133.jpg

こちら「唐門(からもん)」です。
切妻造、桧皮葺(ひわだぶき)の四脚門で、その前後は唐破風造となっています。
彫刻がふんだんに使われています。
IMG_0501_20100710140133.jpg

ちょっとアップにしてみました。
豪華絢爛ですねぇ。
IMG_0502.jpg

唐門を入った先にある 「車寄せ」と言う建物です。
欄間彫刻は、表と裏のデザインを変えており、表側には五羽の鸞鳥(らんちょう)・松・ボタン、上部には雲、下部には笹を見ることができます。
屋根は、「唐門」と同じく、桧皮葺(ひわだぶき)になっており、床は牛車で中に入れるように四半敷になっています。
IMG_0504_20100710143918.jpg

IMG_0503_20100710140131.jpg

ここから「二の丸御殿」(こちら)です。

・・・が・・・。

内部は「撮影禁止」になっているので、何もありません・・・・
HPの方でご覧ください(こちら)。

「二の丸御殿」は、桃山時代の武家風書院造りの代表的なもので、「車寄せ」に続いて、「遠侍(とおさむらい)」、「式台(しきだい)」、「大広間(おおひろま)」、「蘇鉄の間(そてつのま)」、「黒書院(くろしょいん)」、「白書院(しろしょいん)」の6棟が東西から南北にかけて雁行に立ち並んでいます。
建物面積3,300平方メートル、部屋数33、畳は800畳あまり敷かれています。
かなり豪華絢爛で、そして、かなりな広さでしたねぇ

「二の丸御殿」内には、さっき書いた通り、たくさんの部屋があるのですが、所々に「ボタンを押すと音声で説明してくれる案内」が置いてあり、分かりやすくなっています。
1864年の「大政奉還」が行われた場所も残っており、そして、公開もされていますし、また、江戸時代の狩野派を代表する絵師・狩野探幽(かのうたんゆう)〔こちら〕作の障壁画なども3000枚以上あり、非常に見応えもあります

ちなみに、「二の丸御殿」は、明治4年には、京都府庁舎となったそうですよぉ。

こちら、外から見た「二の丸御殿」です。
日光から内部を保護する為に、戸は全て閉めてあります。
IMG_0505.jpg

↑の写真で、中央付近で廊下を覗き込んでいるグループが居るの、見えますか・・
何をしているかと言うと、「うぐいす張り」の構造を見ているんですよっ。
「うぐいす張り」とは、廊下の木に、あるが仕組みが施してあり、敵が忍び込んだ事を「音」で知る為に作られたものです。
廊下を歩くと「キュキュ」と音がします。
私の記憶があっていれば、以前ここに来た時には、ここを歩けた気がするのですが、この前行った時には、歩けなったんですよね。。。

こちら、「二の丸庭園」(こちら)です。
二条城が造営された時に、建築に調和させて作庭されたものだそうです。
IMG_0506.jpg

IMG_0508_20100710143915.jpg

IMG_0507.jpg

多分・・、「本丸櫓門」です。
IMG_0509_20100710143914.jpg

こちら「本丸御殿」(こちら)です。
15代将軍慶喜の住居として作られたらしいです。
二の丸御殿にほぼ匹敵する規模をもっていて、内部は、狩野派の障壁画で飾られていました。
非公開なので、外観だけ・・・。
IMG_0510_20100710145930.jpg

↑「本丸御殿」の屋根って、少し「弧」を描いてますねぇ。

本丸には、五層の天守閣がそびえていましたが、1750年、落雷のため焼失したそうです。
一応、上に登ってみました。
IMG_0512.jpg

天守閣があった当時はもっと高い位置から見渡していたんでしょうねぇ。
IMG_0511.jpg


「二条城」、わたし的には結構おススメなので、興味があればどうぞ



【今回の旅のまとめ】
「二条城」→こちら
「IYEMON SALON KYOTO」→こちら
「よーじやカフェ」→こちら
「御料理光安」へディナー→こちら
坂本龍馬の奥さんの・・・?→こちら
「京都デザインハウス」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔1〕「おたべ」の「京茶の葉あわせ(抹茶)」→こちら
買って来た抹茶スイーツ〔2〕「グラマシーニューヨーク」の「グリーンティーニューヨークチーズケーキ」→こちら




鯖江市「Italian Dining Pietro ピエトロ」へランチ

2010年7月13日(火)

鯖江市「Italian Dining Pietro ピエトロ」(こちら)へ行きました。
2010061212220000.jpg

ここ「ピエトロ」は、以前、お隣りの越前市にあったイタリアンなのですが、一時クローズしていたのですが、鯖江に移転して、4年ぶりに復活です
ここ、元々、喫茶店でしたよね。
外観は、その時とあまり変わってませんね。

1年半程前に、鯖江市「夢花」に行った記事をアップしましたが(こちら)、その時のブログにも書いていますが、この「夢花」、鯖江市にあった 日本料理「よしむら」と、元々、越前市にあった「ピエトロ」の2人の職人が和と洋を融合させたお店との事で、大期待で行った割にはイマイチだったので、「ピエトロ」の復活を心待ちにしていました

そんな方が多かったのか、ここ、結構人気らしく、私が行った時にも一杯でした。
私が通していただいたのは、奥の「バンケットルーム」の方でした。
ここも、私達で満席になってしまいましたが・・。
2010061213100000.jpg

ここの売りは「明治からの手打ち製法を守るデュラム小麦・卵白・塩のみで作られる“生パスタ”」だそうです。

ランチコースには3種あり、私は「Bコース」の1,380円にしました。
オードブル3品・4種から選べるパスタ・パン・デザート・コーヒーのセットです。

まずは、左がサラダで、右がオードブル3品です。
2010061212350000.jpg

左が鶏の胸肉ですかね。
そして、右がナスのトマトマリネのようなもの、奥がお魚だったと思います。
2010061212360000.jpg

パスタは、ナスとベーコンのトマトソースにしました。
麺は、もちろん「生パスタ」で、少し平たい感じです。
2010061212460000.jpg

パンです。
2010061212350001.jpg

デザートとコーヒーです。
デザートはジェラートだったと思います。
2010061213160000.jpg

とても美味しくいただきました
今度はディナーに行ってみたいです


★Italian Dining Pietro ピエトロ
住所:福井県鯖江市有定町1-8-10
TEL:0778-52-1323
営業時間
 ランチ(月~土)11:30~(L.O 14:00)
 ディナー 17:30~(L.O 22:45)
 日・祝は~(L.O 21:00)
定休日:水曜(祝日の場合営業)


越前市「トラットリア・デル・クアドリフォリオ」にてランチ

2010年7月12日(月)

越前市「トラットリア・デル・クアドリフォリオ」(こちら)にてランチして来ました。
「クアドリフォリオ」とは、イタリア語で「四つ葉のクローバー」を意味するそうです。

店頭も可愛らしい感じでまとまっています。
IMG_0240.jpg

「本格生パスタ」と書いてありますね。
IMG_0241.jpg

こちら店内です。
IMG_0242.jpg

私は「Bランチ」(1,280円)にしました。
サラダと前菜(生ハム、ナスのトマト煮など)です。
IMG_0243.jpg

パスタは、ベーコンと・・何だったっけぇ・・、青菜系のトマトベースでした。
IMG_0245.jpg

サイズ的には、ハーフ位の量です。
IMG_0247.jpg

こちらは、鶏肉を薄く切って、ミラノ風カツレツのような感じにしてあるものです。
上に載っているのはチーズです。
IMG_0249.jpg

アイスコーヒーとシフォンケーキ、ベリー系のシャーベットです。
アイスコーヒーは追加でオーダーしたので、Bランチには含まれて居なかったと思います。
IMG_0250_20100627174529.jpg

とても美味しくいただきました。
この日は日曜日だったのですが、満席でした。


★トラットリア・デル・クアドリフォリオ
住所:福井県越前市上太田町29-15-1
TEL:0778-21-2116
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:30
   (土・日曜、祝日は11:30~21:30)
定休日:月曜

越前市「Cool D'z cafe(クールディーズカフェ)」へ

2010年7月11日(日)

越前市「Cool D'z cafe(クールディーズカフェ)」(こちら)へ行きました。
IMG_0252.jpg

ここに来るのは2回目です。
前回のブログ ⇒ こちら

白をベースにした オシャレな建物です。
IMG_0260.jpg

IMG_0253.jpg

IMG_0254.jpg

前回はこちらに座りました。
IMG_0261_20100627172928.jpg

天井はこんな感じ。
IMG_0255.jpg

カフェオレとイチゴのロールケーキにしました。
前回のブログを見たら、前回も私、このイチゴのロールケーキにしてますね
IMG_0256.jpg

生地はもっちりしてるタイプのロールケーキです。
出来れば・・なんですが、この生クリームの飾り方をもう少しアレンジすると、よりオシャレ感が増すんですけどね
IMG_0259.jpg




東京に行って来ました〔4〕 「Cafe' hors et dans(カフェ オール エ ダン)」

2010年7月10日(土)

昨日に引き続き(こちら)、先月、東京に行って来たので、それをアップしています

「東京に行って来ました〔1〕」で、原宿の「表参道ヒルズ」(こちら)に行って、ランチして来た話はアップ済みですが(こちら)・・。

「青山通り」(国道246号)(こちら)から、その「表参道ヒルズ」に向かって歩いてる時に、何気に見たお店に・・・かなりの見覚えがありました。

「これって・・・・」と。

念の為、写真を撮って帰りました。
それがこの写真です。
IMG_0327.jpg

IMG_0328.jpg

お店の名前は、「Cafe' hors et dans(カフェ オール エ ダン)」(こちら)と言う 南欧リゾート風カフェです。
飲料メーカーの「ポッカ」が経営しているみたいですね(こちら)。

何に見覚えがあったかと言うと・・。
↓コレです・・。
画像を探しましたぁ・・。
2010062715310000.jpg

2010062715320000.jpg

何かと言うと、これは、2年前の2008年7~9月にTBS系で放送されていた嵐の大野智さん&生田斗真さん主演のドラマ「魔王」(こちら)の第4話の あるシーンです。

空ちゃんを連れ去ったのが山野であると考える 斗真くん演じる芹沢が、空ちゃんに面通しをするカフェですね。
斗真くんと山野がカフェの下に居て、成瀬演じる大野くんや空ちゃん達が上のカフェに居て、上から覗いて、山野の顔を確認してましたねぇ。

・・ってか、私、記憶良すぎじゃないですか・・

私、このドラマを見てて、このシーンの直前のシーンが、どうも「表参道ヒルズ」の前の通りだなぁ・・って思ってて、「よくこんな所でロケしてるなぁ」って思ってたんですよね。
ですけど、このカフェがどこにあるのかも知らなかったんです。

ですが、この日、「表参道ヒルズ」に向かって歩いている途中に、ホントに何気に見たカフェがここで・・・。
タイミングが良かったですねぇ


「魔王」にハマって見ていた私としては、是非ともここに行ってみたいので、次回、東京に行く事があれば、お茶しに行ってみたいと思います
場所は、「表参道ヒルズ」の前を30~40m位先(交差点「表参道」の方に向かう)行った所にあります。
「表参道ヒルズ」と同じ通りです。


★「Cafe' hors et dans(カフェ オール エ ダン)」
住所:東京都渋谷区神宮前4-11-6 表参道千代田ビル 2F
営業時間:11:00~22:00
   (金・土曜は~23:00、日曜は~21:00)
TEL:03-5775-5433
定休日:無休


【今回の旅のまとめ】
「表参道ヒルズ」→こちら
「東京スカイツリー」→こちら
「新宿アカシア」のロールキャベツ→こちら
「Cafe' hors et dans(カフェ オール エダン)」→こちら


東京に行って来ました〔3〕 「新宿アカシア」のロールキャベツ

2010年7月9日(金)

昨日に引き続き(こちら)、先月、東京に行って来たので、それをアップしています

JR東京駅のエキナカ商業施設「GRANSTA(グランスタ)」(こちら)。
デパ地下みたいに色んなお店があります。

テイクアウトのお弁当も、結構な種類があって、どれも美味しそうなのですが、前から気になっている「新宿アカシア」(こちら)のロールキャベツのお弁当を買ってみました

「新宿アカシア」って、よくTVに出てくる洋食屋さんで、1963年(昭和38年)に、「ロールキャベツシチュー」のお店として新宿にて開業したお店です。
それ以来、45年間同じ味を守り続けているそうですよ。
で、TVで見る度にこのお店が気になっていました。
そして、「グランスタ」の入り口に「新宿アカシア」があるので、このお店も気になっていました

今回、いよいよ・・買ってみました

私が買ったのは、ご飯以外は、2つを選べるタイプのもので、「ハヤシ」と「ロールキャベツ」にしてみました。
これで1000円です。
「ハヤシ」も「ロールキャベツ」も温かいものをその場で入れてくれます。
IMG_0371.jpg

「ロールキャベツ」をアップにしてみました。
IMG_0372.jpg


食べた感想ですが、美味しいんですけど、新幹線の中で、不安定な小さいテーブルに置いて、揺れつつ食べるってのも何か・・雰囲気が出ませんねぇ
このようなコッテリ汁系のものって、ちゃんとテーブルに座って、落ち着いて食べる物ですね・・・

今度はお店に行ってたべてみたい


【今回の旅のまとめ】
「表参道ヒルズ」→こちら
「東京スカイツリー」→こちら
「新宿アカシア」のロールキャベツ→こちら
「Cafe' hors et dans(カフェ オール エダン)」→こちら




東京に行って来ました〔2〕 「東京スカイツリー」

2010年7月8日(木)

昨日に引き続き(こちら)先月、東京に行って来たので、それをアップしています

東京で今一番の盛り上がりと言えば・・・。

そうです
東京スカイツリー」(こちら)ですよね。

東京都墨田区に建設中の最終的な高さが634.0mの電波塔です。
着工当初は、高さを610.6mとする計画だったそうですが、計画を変更し、634.0mにしたそうです。
完成すれば、自立式電波塔としては、世界一の高さとなるそうです。
2011/12から、遅くとも2012年早春に竣工の予定だそうです。

ネットで調べて知ったんですが、東京スカイツリーの建設目的は、東京都心部に建てられている超高層ビルの増加に伴う東京タワーから放送の電波障害を低減する事であって、地上デジタル放送の為に建設計画が持ち上がった訳ではないそうです。

私が見に行った時点での高さは398mでした。
この時点で、東京タワーは越えてますよね

最寄り駅は、東武伊勢崎線の業平橋駅らしいんです(こちら)。
タワー建設地は、元々、業平橋駅の側線があった場所らしいので、もちろん目の前になる訳ですが、逆に近すぎて全体像が見えないらしいので、私達は、隅田川の向こう側から見る事にし、都営地下鉄・浅草駅で下りました。

浅草駅から外に出ると、もう既に「東京スカイツリー」が見えていました。
IMG_0365.jpg

こちらは、隅田川にかかる「駒形橋」(こちら)です。
IMG_0364.jpg

IMG_0363_20100627160649.jpg

IMG_0366.jpg

一番手前の ある種「東京スカイツリー」より目立っている「金色のうんこ」のようなものは「炎のオブジェ」と言うそうです。
その左奥にある 22階建ての「アサヒビールタワー」は、琥珀色のガラスと頭頂部の白い外壁で、泡のあふれるビールジョッキをイメージしているそうで、「炎のオブジェ」は、そのアサヒビールの「スーパードライホール」の屋上にそびえ立っているものです。
フランスの著名なデザイナー、フィリップ・スタルク氏デザインだそうです。
IMG_0358.jpg

ちなみに、「駒形橋」の隣の「吾妻橋」(こちら)の方から見ると、この「アサヒビールタワー」の壁面ガラスに建設途中の「東京スカイツリー」がちょうど映り、きれいだそうです。
今の高さの状態で、「アサヒビールタワー」の壁面にキッチリ映るそうで、もう少し大きくなると、入りきらなくなるそうなので、今しか見れない景色ですよね。

「東京スカイツリー」だけをアップにしてみました。
IMG_0356.jpg

澄川喜一氏、安藤忠雄氏の監修でデザインされたそうですが・・・。
世界的建築家・安藤忠雄氏のファンの方には申し訳ないですが、何か、地味・・・
「白い神戸ポートタワー」(こちら)って感じ・・
東京タワーの方が、色も形も見栄えがして、私個人としては好きです


今回、建設途中の「東京スカイツリー」を見に行った訳ですが、このようなタワー系の建設途中を見る機会はなかなか無いので、貴重な体験でした
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(こちら)で、昭和33年に建設された東京タワーの建設途中の様子も出て来ていましたが、私も何十年後かに、若い人達に「東京スカイツリーの建設途中の様子を見た事がある」などと自慢げに話してるんでしょうか・・


【今回の旅のまとめ】
「表参道ヒルズ」→こちら
「東京スカイツリー」→こちら
「新宿アカシア」のロールキャベツ→こちら
「Cafe' hors et dans(カフェ オール エダン)」→こちら





東京に行って来ました〔1〕 「表参道ヒルズ」

2010年7月7日(水)

誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップし続けていた(こちら)ので、タイミングが無かったのですが、先月、東京に行って来たんですよっ

近くまで行ったので、原宿の「表参道ヒルズ」(こちら)に行って、ランチして来ました

「表参道ヒルズ」に行くのは、3年半ぶりですが、・・とは言え、その時のブログ(こちら)でアップしました通り、その時は、不幸にも・・、その時開催されていた「SMAP SHOP」の最終日で、前に相当な人が居て、その人ごみに圧倒されてしまい、「表参道ヒルズ」にも入らずに退散したので、実質、今回が初めてだったんですけどね

こちら外観。
IMG_0344.jpg

IMG_0345.jpg

こちら中です。
入ったすぐにはこんな感じに、天井からぶら下っているオブジェ的なものがありました。
IMG_0343.jpg

らせん状に斜めってる通路を歩いて降りていくと言う、ちょっと変わった造りです。
・・ですけど、目の前の店に行くのに、グルッと回る必要があるので、ちょっと面倒・・。
IMG_0342.jpg

お店の外観を撮るのを忘れてしまいましたが、入ったお店は、3Fの「洋食ミヤシタ 」(こちら)です。
IMG_0329.jpg

私は「和牛ホホ肉のデミグラスソース煮込み・サラダセット」(3,200円)にしました。
パンorライス、スープ、食後の飲み物付きです。

こちらは、生姜のスープです。
この日、めちゃくちゃ暑かったのですが、生姜は・・暑いやろ・・とは思いましたが・・
カップスープ位の大きさです。
IMG_0331.jpg

こちらはアスパラとベーコン(だったか)のサラダです。
アスパラが3本丸々入っています。
結構、食べ応えのあるサラダでした。
IMG_0333_20100627150515.jpg

こちらが、和牛ホホ肉のデミグラスソース煮込みです。
IMG_0338_20100627150515.jpg

ホホ肉は、2~3口位分の少なめの量で、付け合せは、ブロッコリー、にんじんのソテー、そして、さつまいものマッシュポテトです。
さつまいものマッシュポテトって珍しいですよね。

これにパンがつきます。
そして、食後のコーヒーです。
IMG_0341_20100627150514.jpg


こちらがお友達の分で、サラダは タコのサラダで、ドレッシングには、「アマランサス」(こちら)が入っていました。
「アマランサス」とは、「雑穀」の一種で、ケシの実みたいな粒々したもので、私はたまにご飯に混ぜて炊いてます。
IMG_0335_20100627150513.jpg

ポークソテーです。
IMG_0337_20100627150513.jpg

こちらもサラダセット(パンorライス、スープ、食後の飲み物付き)にして、2,700円です。


ランチにしてこの価格って、やっぱ「表参道ヒルズ」ですねぇ
しかも、アマランサスがこんなに「おしゃれ」に扱われてる雰囲気も「表参道ヒルズ」って感じがします

このお店の横に「やさい家めい」(こちら)と言う野菜をメインにしたお店があったのですが、そこにも行列が出来ていて、店頭には「有機野菜」なんですかね、お洒落にディスプレイされていました。
私と友達は、ま・・一言で言うと「田舎の子」で、農薬の少ない野菜とか季節季節の野菜をご近所から よくただいたりするので、普段からこのお店に出てくるような野菜を食べている事になるのですが、この店の前を通りながら、「私ら、普段からこんな食事だけどね。こんなにお洒落に扱われて、野菜も幸せやなぁ」って話してました。

「表参道ヒルズ」、恐るべし・・・
ま、たまにはいいけどね。
そして、「おしゃれ感を味わう」にもいいけどね・・


★表参道ヒルズ
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号
営業時間: ショッピング・サービス/11:00~21:00 
       レストラン/~24:00 
       カフェ/~23:00
定休日: 無休(年4日休館予定)

★洋食ミヤシタ
TEL:03-5785-0707
営業時間:11:00~24:00
  ※ ラストオーダー:22:30/日曜21:30
定休日: 無休(表参道ヒルズに準ずる)


【今回の旅のまとめ】
「表参道ヒルズ」→こちら
「東京スカイツリー」→こちら
「新宿アカシア」のロールキャベツ→こちら
「Cafe' hors et dans(カフェ オール エダン)」→こちら



「ミスタードーナツ」の「ミスドの夏抹茶」

2010年7月6日(火)

ミスタードーナツ」(こちら)で、6/3から「ミスドの夏抹茶」(こちら)を開催中です

おととし、去年と続き、今年で3年目です。
おととしのブログ⇒こちら
去年のブログ⇒こちら

張り切って「ミスド」に行った所、「抹茶オレ 黒みつゼリー」(こちら)・「抹茶オレ ミルクゼリー」(こちら)は、予想を超える売れ行きにより、現在、販売中止だそうですこちら)。
明日、7/7から発売再開だそうです。

と言う事で、仕方ないので、この2つのみを買いました

1つ目は、去年も買いましたが、「ポン・デ・抹茶 ミルククランチ」(こちら)です。
HPによると、「ポン・デ・抹茶に、カリカリの食感が楽しいあられ入りミルククリームをサンドし、さらに抹茶チョコをコーティングしました」だそうです。
IMG_0734.jpg

IMG_0739.jpg


2個目は、「抹茶あずきクリーム」(こちら
HPによると、「ふんわり、しっとりの生地に北海道産あずきの入った抹茶味のホイップクリームを詰め、抹茶チョコをコーティングしました」だそうです。
IMG_0741.jpg

去年同様、「ポン・デ・抹茶ミルククランチ」の中にサンドされている「玄米パフ入りのミルククリーム」が、若干甘かったですが、ま、これはこれで美味しかったと思います。
「抹茶あずきクリーム」の方は、抹茶クリームの中にあずきが入っていて、量的に抹茶クリームの方がかなり多かったので、ふわふわ感が出てて、美味しかったです

明日から販売再開する「抹茶オレ 黒みつゼリー」・「抹茶オレ ミルクゼリー」、早めに行ってGetしなくては・・。
・・って、すっかりミスドに踊らされてる気がしないでも・・ない・・

来年もこの企画をするのであれば、食事系の抹茶のメニューを出してみてはどうでしょう・・
飲茶シリーズに何か抹茶を取り入れてみる・・とかさ。
抹茶あずきの中華まんとか・・さ。
どうでしょう・・



フィンランド滞在記【35】まとめ〔2〕

2010年7月5日(月)

昨日(こちら)締めくくりましたが、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記、今日は、この旅でアップしたブログの記事をまとめたいと思います

空港・飛行機編
ではでは・・。⇒ こちら
関西空港にて・・。 ⇒ こちら
飛行機編(行き) ⇒ こちら
飛行機編(帰り) ⇒ こちら
帰国しました。 ⇒ こちら

ホテル編
ホテル紹介 ⇒ こちら
客室 ⇒ こちら
朝食 ⇒ こちら
SPA ⇒ こちら

映画『かもめ食堂』編
カハヴィラ・スオミ[1] ⇒ こちら
カハヴィラ・スオミ[2] ⇒ こちら
カハヴィラ・スオミ[3] ⇒ こちら
ヘルシンキにて・・。 ⇒ こちら
カフェ・アアルト ⇒ こちら
カフェ・ウルスラ ⇒ こちら
その他 ⇒ こちら

スポット編
ヘルシンキ大聖堂&元老院広場 ⇒ こちら
ウスペンスキー寺院 ⇒ こちら
テンペリアウキオ教会 ⇒ こちら
スオメンリンナ島 ⇒ こちら
エスプラナーディ公園 ⇒ こちら
マーケット市場〔1〕 ⇒ こちら
マーケット市場〔2〕 ⇒ こちら
ヘルシンキ中央駅 ⇒ こちら
スーパー・コンビニ<1> ⇒ こちら
スーパー・コンビニ<2> ⇒ こちら
郵便局 ⇒ こちら
マリメッコ ⇒ こちら
トラム ⇒ こちら
メトロ ⇒ こちら
街並み色々[1] ⇒ こちら
街並み色々[2] ⇒ こちら

食べ物編
「Fazerカフェ」 ⇒ こちら
マーケット市場で買ったいちご ⇒ こちら
牛乳 ⇒ こちら
アイス ⇒ こちら
スーパーで買って来た夕食 ⇒ こちら

その他編
ヘルシンキにて・・・。 ⇒ こちら
ヘルシンキ滞在3日目 ⇒ こちら
まとめ〔1〕 ⇒ こちら


いやいや、今回も、結構・・頑張りましたよぉ
みなさんも、お付き合い、ありがとうございました






フィンランド滞在記【34】まとめ〔1〕

2010年7月4日(日)

昨日(こちら)まで、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしておりました

今日は、この旅をまとめたいと思います。


2006年に小林聡美さん主演で制作・公開された オールフィンランドロケの映画「かもめ食堂」(こちら)、私、この映画が大好きで、「フィンランドに行ってみたい」と思ったのも、この映画の影響で、劇中に出て来る 小林聡美さん演じるサチエが営む「かもめ食堂」として登場したレストラン「カハヴィラ・スオミ(Kahvila Suomi)」(こちら)が、ヘルシンキに今も営業しているので、いつか、このお店にも行ってみたいと思っていました

とは言え、フィンランドって、周りに行った事がある人があまり居なくて、私自身もあまり印象がありませんでした。
映画と実際では雰囲気も違うでしょうし・・・。

そんな時に、「誕生日休暇」を取る事が出来たので、1人で行って来た訳ですが・・。

ヘルシンキは、とても素敵な街でした

「かもめ食堂」の世界観が、比較的そのままな感じがしました。
また、私が行った時期は、日本の連休にもカブっていないせいか、街なかに、日本人がほとんど居ない(アジア人すら、あまり居ない)し、「観光地に来た」と言う感覚より、ヘルシンキの素を見れた気がします。

私が街なかをぶらぶらして感じたヘルシンキは、いい意味でシンプルな街で、街を歩いている方々(恐らく、かなりの割合が地元の方)のファッション・化粧を見ても、過度なものではないのに、すごく似合っていて、日本人に多い 不自然にメイクし過ぎな人も居ないし(・・って、フィンランドの方は、元々、目鼻立ちがはっきりしてるから必要が無いんでしょうが・・)、自然な感じが、とても好印象でした


そして、皆さんが思っている「フィンランドって、寒いの・・」ですが・・。
私が行ったヘルシンキは、フィンランドでも一番南にあり、海に面しています。
東京の緯度36度、北海道・稚内市(最北端)の45度に対して、ヘルシンキは緯度60度なので(北極圏は緯度66度)、ヘルシンキは寒い都市と思われがちですが、実際は、メキシコ湾から注がれる暖流のおかげで温暖な気候で、四季もはっきりしています。

私が行った5月中旬の日中の最高気温は、20度を超えていて、かなり暑かったです
汗ダクダクでしたし・・。
ちなみに、夏の最高気温は、25度を超えるそうですよ。
日差しも強いので、体感温度は より高く感じるそうです。


そして、「北欧=白夜」と言うイメージもありますよね
「白夜」(こちら)は、北半球では 夏に起こる 真夜中になっても薄明、または太陽が沈まない現象の事ですが、緯度が66.6度以上の地方で起こるそうなので、ヘルシンキでは、白夜には ならないようです。
フィンランドでも、もっと北の方に行けば、白夜だったのかも知れませんけどね。
ですが、私が行った5月中旬では、pm10時頃になって、ようやく暗くなり始める感じで、朝はam4時頃に日が昇り始めてました。
1日がかなり長く感じますよねぇ。


そして、「北欧=オーロラ」と言うイメージもありますよね
「オーロラ」(こちら)は、北極または南極の近くで見る事ができる、太陽の放出物質と地球の磁場が織りなす地球電磁気学的現象の事で、緯度が、大体65度から80度で見れます。
・・と言う事で、ヘルシンキでは見る事が出来ません。

あと、「オーロラ=冬」って言う印象ってありませんか・・
オーロラ自体は、実は、一年中出現しているんですって
ですが、発光される光が私達の目で見えるか見えないか・・の問題で、夏の期間は辺りが暗くならない為、「オーロラを 人間の目で見ることが出来ない=見れない」と言う事になるのです。
ですので、一般的には、午後11時には暗くなる 8月下旬から4月頃までがオーロラ鑑賞に適しているみたいですよ。
ですので、みんな、暗い時間がより長い「冬」に鑑賞しに行く訳ですねぇ。


フィンランドの観光地、見所・・と言えば・・。
多分、思いつく事と言えば、さっきの「オーロラ」とか、あと「サンタクロース」、「ムーミン」・・とかですよね。

「サンタクロース村」(こちら)がフィンランド北部のロヴァニエミ市近郊・北極線上にあり、ここには、サンタクロース・オフィス、サンタクロース郵便局、クリスマスグッズの店などが建てられており、毎年、世界中から何十万人もの人々が訪れるフィンランド随一の観光スポットだそうです。
サンタクロース村では、毎日サンタクロースに会う事が出来、また、サンタクロース郵便局では、事前に申し込むと、エアメールでクリスマス前にサンタクロースから手紙が届くそうです

「ムーミンランド」(こちら)が、フィンランド南西の港町ナーンタリにあります。
「ムーミンランド」は街中にあるのではなく、ひとつの島が丸ごとテーマパークになっているそうです。
ヘルシンキ市内にも「ムーミンショップ」があったり、また、「観光編〔10〕(郵便局)」でアップしましたが(こちら)、切手にデザインされていたり、スーパー&コンビニでも、ムーミンのキャラクター達がデザインされたお菓子が普通に売っていたり・・と、「国民的スター」のようです。

あとは・・。
フィンランドと言えば、ガムでもお馴染み「キシリトール」(こちら)とか、「サウナ」の発祥地だったり(こちら)・・と、色々あります。

ですが、世界的に有名な観光地が目白押し・・と言う訳でも無いですし、ヘルシンキ自体は、街がそれ程大きくないので、観光地を見て回るのにも、そんなに日数は掛かりませんし、「観光に忙しい」と言う事にはならないので、ブラブラして「地元の生活を見てみる」とか、そんな楽しみ方もあるかも知れませんね


最後に、是非ともここに書いておきたいのですが、治安です。
フィンランドって、安全な国かそうでないか・・と言うと、超安全です。
ネットで見ても、「夜、女性1人でも出歩けます」って書いてあるものもありました。
もちろん、どんな国でも犯罪は起こりますので、絶対に安全な国はありませんが、世界の中でもかなり治安のいい国であると言うのは間違いないようです。

フィンランド・ヘルシンキ滞在記の中でもちょいちょいアップしておりますが、「物価の高さ」・・。
「ALV(付加価値税)」っと言う、日本で言うと「消費税」のようなものがあり、食料品にかかる税率は17%、最高は22%まで掛かっています。
フィンランドは、教育、医療、福祉が充実し、女性の社会進出が当たり前で、老後の不安に駆られる事もない。
先進国を初めとする世界41ヶ国・地域で実施の「経済協力開発機構(OECD)」による「国際的な学習到達度調査(PISA)」では、2004年・2007年に、フィンランドが総合1位となったそうです。
また、政治がクリーンで、税金の使途の透明性が高いそうです。
そのような国だからこそ、税金が高くても、でも、その税金がちゃんと国民に還元されている実感があるからこそ、それに大きな反発も起きない・・って事なんですかね・・
ちなみに、合計のGDPは、人口が少ないから目立ちませんが、一人一人の稼いでる額では、日本を抜いてるらしいですし、世界トップクラスだそうです。
そんな国は、生活レベルも高いでしょうし、安全なんですかねぇ・・(推測ですが)


と言う感じです。
フィンランドについて、ちょっとイメージ出来ましたか・・

明日はホントに最後、ブログの記事をまとめます。


旅のまとめ → こちら


フィンランド滞在記【33】飛行機編〔2〕(帰り)

2010年7月3日(土)

昨日(こちら)に引き続き、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしております

今日は、アップし忘れていた「飛行機編〔2〕(帰り)」です。

「飛行機編〔1〕(行き)」はアップしていたのですが(こちら)、「帰り」は、アップし忘れてました


「行き」でアップしました通り(こちら)、今回は、フィンランド航空(こちら)で行って参りました。
飛行時間は、行きは10時間ちょいですが、帰りはもっと短くて、9時間半です。

こちら、ヘルシンキのヴァンター国際空港こちら)です。
IMG_2470_20100627112253.jpg

こちらは、ヘルシンキ中央駅(こちら)から空港まで出ているバスで、これに乗って空港まで来ました。
所要時間30分位で、5.9ユーロ(684円)です。
IMG_2471.jpg

ここで降りました。
IMG_2468.jpg

IMG_2472.jpg

こちら空港内です。
IMG_2473.jpg

IMG_2474.jpg

IMG_2476.jpg

IMG_2482.jpg

IMG_2483.jpg

空港内にあったオブジェ・・
IMG_2475.jpg

空港内にあった「ゴミ箱」です。
分別するようになっていて、左から「紙」、「ビン・缶」、「生ごみ(果物の皮など)」、「プラスチック」です。
IMG_2479.jpg

こちらも同じくゴミ箱です。
一番上の「KIITOS」がフィンランド語で「ありがとう」と言う意味です。
IMG_2481.jpg

搭乗口近くにあった「観光案内」のようなものです。
・・搭乗口にあって・・どうする・・
IMG_2501.jpg

IMG_2498.jpg

IMG_2485.jpg

「その他諸々編〔1〕 (スーパー・コンビニ<1>)」でもアップしておりますが(こちら)、「KIOSKI」(キオスキ)と言う「コンビニ」的なものです。
IMG_2486.jpg

こちら、搭乗口近くにあったカフェです。
IMG_2496.jpg

IMG_2495.jpg

ここで、こちらをいただきました。
カフェオレ(2.9ユーロ〔約336円〕)とバニラアイス(4ユーロ〔約464円〕)です。
IMG_2493.jpg

「その他諸々編〔8〕(牛乳)」でもアップしておりますが(こちら)、フィンランドは牛乳が美味しいので、バニラアイスも濃厚で美味しいに違いないと踏んで、普段は食べないバニラアイスをオーダーしてみましたが、普通でしたわ

こちらそのショップ内にあったセルフサービスのドリンクのカップ置き場なんですが・・・。
見えますかね・・
カップがムーミンなんですよ。
さすが、「フィンランドの国民的アイドル」ですね
IMG_2491.jpg

乗るのは、関西空港行き AY77便 pm5:20発の飛行機です。
IMG_2490.jpg

こちらに乗ります。
IMG_2484.jpg

IMG_2502.jpg

IMG_2508.jpg


現在、貨物を搬入中。
意外にラフな格好ですよね。
IMG_2505.jpg

IMG_2515_20100627113726.jpg

こちら機内です。
IMG_2503.jpg

パーソナルモニターには、飛行ルートが出ていました。
通常、ヨーロッパに行く時には、このルートより少し南を通りますが、フィンランドの場合は、ユーラシア大陸の北側(北極側)を通るので、近いんです。
IMG_2513.jpg

こんな風に色んなメニューあって、飛行時間中も飽きないようになっています。
私は、レオナルド・ディカプリオの「シャッターアイランド」(こちら)、サラ・ジェシカ・パーカー、ヒュー・グラントの「噂のモーガン夫妻」(こちら)、ジョージ・クルーニーの「マイレージ、マイライフ」(こちら)の豪華3本立てを見ました。
どれも今年公開された映画で、劇場で見たかったんですが、見れてなかったので。。
ちなみに、私の斜め前の 多分、韓国人女性が、1997年公開のレオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレットの「タイタニック」(こちら)を見て、嗚咽(おえつ)する位に大号泣してました
IMG_2550.jpg


いよいよ・・離陸しました。
首都のヘルシンキでさえ、上から見ると、こんな風に緑が一杯です
IMG_2519.jpg

IMG_2520.jpg

フィンランドは「森と湖の国」と言われているのですが(こちら)、これを見ると納得しますよね
森林は、国土の69%を占めているそうですよ。
また、フィンランドには数えきれないほどの湖があり、国土面積の10%を占めているそうです。
特に「湖水地方」と呼ばれる東部では、陸と湖の面積の比率がほぼ「1:1」だそうです。
IMG_2521.jpg

IMG_2524.jpg

こちら、機内食です。
「YAKINIKU(焼肉)」と書いてありましたが・・・。
IMG_2535.jpg

焼肉には・・見えない
サイコロっぽいスタイルで、しかも、焼いてないし・・。
IMG_2538.jpg

「焼肉」と言い張る肉の横には「マッシュポテト」があり、また、「茶そば」、「サラダ」、「パン」がありました。
焼肉はイマイチでしたが、マッシュポテトは、クリーミーで美味しかったです。
また、サラダは、セロリ・パプリカなどのみじん切りがドレッシングで和えてあったのですが、美味しかったです。
IMG_2537.jpg

そして、こちらが朝食です。
卵料理とパン、ヨーグルトです。
卵料理は、パセリかバジルか、その辺りの緑モノ入り薄焼き卵に、トマトソースと・・黄色のものは・・何か分かりませんでした。
卵はパサパサでした
IMG_2576.jpg

さて、ここからは、外を撮った写真をドドンとアップしますね。
結構キレイだったので。

フィンランド航空の機体の青・白と、空の青、雲の白のコントラストがキレイですよね
IMG_2528.jpg

IMG_2542.jpg

IMG_2551.jpg

IMG_2554.jpg

IMG_2556.jpg

これ、幻想的ですよね。
IMG_2564.jpg

夜明けです。
IMG_2566.jpg

IMG_2568.jpg

IMG_2570.jpg

IMG_2574.jpg

IMG_2579.jpg

もうすぐ大阪です。
IMG_2580.jpg


33回に渡ってお送りしてきたフィンランド・ヘルシンキ滞在記も今日で終わりです。
明日は、これを一気にまとめたいと思います


旅のまとめ → こちら


Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索