FC2ブログ

Entries

伊藤英明さん主演映画「THE LAST MESSAGE 海猿」を見ました

2010年9月18日(土)

【ネタバレあります。今から映画を見る方はご注意下さい】

伊藤英明さんこちら)主演映画「THE LAST MESSAGE 海猿」(こちら)を見ました。
1_20100911122902.jpg

今日から公開なんですよね
私、試写会に当たりまして、公開より先に見て来ました
2010091112290000.jpg

この「海猿」は、何度も映像化され、2004年に『海猿 ウミザル』として映画化、2005年7月には映画と同じ主要キャストによる連続テレビドラマ『海猿 UMIZARU EVOLUTION』が放送され、2006年5月に映画『LIMIT OF LOVE 海猿』が公開されています。
ま・・、私、どれも1度としてチラリとも見た事ないんですけどね・・・

ストーリーはこちらです。
大型台風が接近する中、巨大天然ガスプラント「レガリア」で事故が発生。
潜水士・仙崎大輔(伊藤英明さん)は、設計主任の桜木(加藤雅也さん)らと共に施設へ向かう。
だが、救出作業の中、突然爆発が起こり、大輔らは施設内に取り残されてしまう。
大輔は知り合ったばかりの第七管区の服部(三浦翔平さん)とバディを組み、要救助者と共に無事帰還する道を探るのだが…。
一方、ヘリも船も近づけない中、海上保安庁本庁では、救助の道を探ろうとする海上保安庁と、国益を最優先とする内閣参事官らが対立。
焦燥と憔悴に包まれていた。
そして、一人息子・大洋とともに大輔の無事を祈る環菜(加藤あいさん)は…。

です。

この映画、日本映画のメジャー映画での初「3D」って事で、注目されてますよね。
3D専用カメラによるものではなく、通常撮影した映像をポストプロダクション時に変換した3D映画だそうですが。
ただ、試写会は、「2D」でした。


感想です。

・・・。
・・・・。
・・・・・。
・・・「普通」・・・

「海猿」ファン、またはキャストのファンの方々はどう言う感想を持たれるのか分からないのですが、何か・・うん、ホントに普通・・・。

私、「試写会当たったんだ」って言ったら、結構な割合で「いいな~~」って言われて、その時に初めて、「『海猿』って、そんなに人気だったんだ」って知った位で

で、翌日、「映画、どうだった」って聞かれて、「普通・・」と言うと、「えっっ」って言われ、「そんな事ないでしょぉ」ばりな感じで・・・。

私は今まで、「海猿」を全く見た事がないので、何の先入観、予備知識、期待感もなく見たので、ある種、冷静に見て感じた事だったんですけどねぇ・・・・
申し上げておきますが、「つまらない」訳ではなく、「普通」なんですよね。
見た後に何も残ってない・・って言うか・・・。
映画のキャッチコピーは「愛する人に何を残すのか──。」なんですが、「見た私に何かを残してくれ」と思いましたけどね

映画を見終わって、私が今回思った事は、設定をダイナミック・大がかりにしてみたけど、ただそれだけで、ストーリーは ものすごく至って普通で、そして、所々、突っ込み満載な映画・・
そして、臨場感を出す為なのか、画面が揺ら揺らしてて、見慣れるまでしんどかったです

この手の「救援モノ」は、今回の「海猿」もそうですが、「LAST MESSAGE」と付けてみた所で、最終的に助かって、丸く収まるもので、その展開は、まぁいいとして、その過程が・・・何か・・雑・・
「雑」って言う表現が正しいかは分からないですが、大掛かりなセットを作る位のパワーがあるのであれば、もう少し他にする事があるんじゃないだろうか・・的な・・・。


今回の話は・・。
先程のストーリーへの補足になりますが、福岡沖に浮ぶ 巨大天然ガスプラント「レガリア」が舞台で、ここで事故が起きるんです。
この「レガリア」は、日本と韓国、ロシアの共同事業として 1500億円が投入された国家プロジェクトで、国としては、「レガリア」に何かあっては、韓国・ロシアとの国家間の問題になるので、どうしても避けたい。国益を最優先する訳です。
ここに、伊藤英明さん演じる仙崎大輔と、三浦翔平さん演じる服部拓也、そして、加藤雅也さん演じる「レガリア」設計主任の桜木浩一郎、そして、吹石一恵さん演じる「レガリア」内の医師の西沢夏、濱田岳さん演じる 作業員・木嶋久米夫 の5人が取り残されると言う所から始まります。

海上保安庁では、どのように救出するかを検討するんですが、超大型台風が接近しているので、海上保安庁のヘリも船も近づけない中、その手段のその決定が 何故か「レガリア」内に居る仙崎に任されてしまって、仙崎は、全員で無事帰還する方法を探るんですが、最終的に「レガリア」設計主任の桜木が出した結論が『「レガリア」を沈める』と言うものでね・・。
「えぇ~~中に居る人は、全体の状況を、客観的に判断出来てないでしょぉ」って思って・・・。
しかも、結構、あっさり決めちゃいましたしねぇ・・。
1500億円が投入された国家プロジェクトなんだし、もう少し何か他の展開があったでしょぉ・・って。

そして、最終的に「レガリア」を沈める方法は・・・「手動」で・・・。
こんなに大掛かりな1500億円も掛かって、コンピューター制御されたプラントで・・「バルブ」を開けて、海水を入れて、沈める その沈め方も、仙崎と服部が一生懸命「バルブ」を開ける・・的な・・。

劇中、服部が、ちょいちょい弱音を吐くんですよ。
それを、仙崎が「諦めるな」とか「頑張れ」と励ましたりする訳です。
そして、「バルブ」を開けて、要救助者3名(桜木、西沢、木嶋)の待機している所に戻る途中で、仙崎が足の骨を折ってしまうんですが、「もう行けない」といきなり諦めちゃって・・。
「さっき、『諦めるな』的な話してたやん・・」って思って・・・。
そして、仙崎は、大量に入り込んでくる海水に埋もれていくんですけどね。

で、「いやいや・・・」って、最大に突っ込みしたシーンがあって・・。
台風が去って行き、救出が再開されるのですが、海に沈んでる仙崎を ヘリに乗った「海猿」仲間が助けに行くんですが、それが・・・要救助者3名の前を通り過ぎちゃって、要救助者3名を助ける前に、「海猿」仲間が しかも「総出」で、仙崎を助けに行っちゃったんですよねぇ
「いやいや・・。まずは要救助者3名でしょ」って思って。
まぁ、実際は、要救助者3名を救出するヘリが別に行ってて、同時進行で救出してると言う事になっているとは思うのですが、そこを描かないと、私みたいに突っ込む人が居ますよね・・。

そして、その救出に向かう「海猿」仲間を見た要救助者3名・・。
「こいつらみんな繋がってる」って、感動してましたよ
感動する前に、普通は「助けてくれ」でしょ・・・って思っちゃいました。
しかも、「こいつら」「みんな」「繋がってる」が1人ずつのカット割りで、ちょっと引いちゃいました・・


あと、これは、私個人の思考の問題なので、別にいいんですけど・・。
仙崎が取り残された事を聞いた 妻・環菜、「大洋(息子)は私が守るけど、私は誰が守ってくれるの 大輔くんじゃなきゃ(居ないと)ダメなの。」と言うようなシーンがあるんですが、「私は誰が守ってくれるの」って・・・、『「潜水士の妻とあろう者、夫に何があっても、覚悟を決める」って言うもんじゃないの』って、ちょっと冷静になってしまったんですよねぇ・・。


泣けるらしい」と聞いていたのですが、泣く所か、「何なんだろう、、、この作品・・・」と思って、何だかすっきりしないまま、劇場を後にしました。。。
試写会だったからいいけど、お金払って見に行っていたら、ちょっと怒ったかも
周りで泣いている人も居ましたけど、「どこに泣くポイントがあったんだろう・・」って思っちゃいました

先程も書いた通り、私は今まで「海猿」を全く見た事がないので、「海猿」ファン、またはキャストのファンの方々はどう言う感想を持たれるのか分からないのですが、「思い入れ」が無い人が見ると着いて行けない映画なのかな・・とか、もしかして、「パート1・パート2は好評だったので、パート3を作ってみたけど、微妙になっちゃったパターン・・」って思ったんですよねぇ・・・。

今日と来週の土曜日に、パート1・パート2が放送されるので、それでも見て、確認してみたいと思います。


色々とつらつら書いてみましたが、私個人の感想なんで、「そんな事無かった」とか「感動した」とかの感想ももちろん沢山あると思うので、その辺はご了承下さいませ


・・・って言うか、「LAST MESSAGE」って思わせぶりなタイトルですよね・・・・。


見る前の期待度 ★★★★★★★☆☆☆
見た後の満足度 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆



スポンサーサイト



Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索