FC2ブログ

Entries

映画「海猿」の続き・・・。

2010年9月27日(月)


9/18に公開になった 伊藤英明さん主演映画「THE LAST MESSAGE 海猿」(こちら)を、公開に先立ち、試写会で見た話は、公開日にアップした訳ですが・・(こちら)。

「海猿」シリーズは、何度も映像化され、2004年に『海猿 ウミザル』(こちら)として映画化、2005年7月には映画と同じ主要キャストによる連続テレビドラマ『海猿 UMIZARU EVOLUTION』(こちら)が放送され、2006年5月に映画『LIMIT OF LOVE 海猿』(こらら)が公開されています。
どれも1度としてチラリとも見た事がない 何の先入観、予備知識、期待感もなく見た私にとって、試写会で見た「THE LAST MESSAGE 海猿」は、その時にアップした記事に書いた(こちら)通り、全く「普通」の「どこで泣くのかも分からない 突っ込み満載の映画」で・・・・

翌日、会社で「映画、どうだった」って聞かれて、「普通・・」と言うと、「そんな事ないでしょぉ」的に「えっっ」って言われて・・・。

これも記事に書きましたが、「思い入れ」が無い人が見ると着いて行けない映画なのかな・・とか、もしかして、「『海猿 ウミザル』・『LIMIT OF LOVE 海猿』は好評だったので、『THE LAST MESSAGE 海猿』作ってみたけど、微妙になっちゃったパターン・・」って思ったんで、公開日とその翌週に放送された『海猿 ウミザル』・『LIMIT OF LOVE 海猿』を見てみて、「確認」してみました
(「私の感性がおかしいのかしら・・」と、わざわざ確認したくなる位、「普通」だったもんで・・・。)


まず、2004年公開『海猿 ウミザル』。

伊藤英明さん演じる 潜水士を目指す仙崎大輔とバディを組む 伊藤淳史さん演じる工藤始。
この工藤が意外とあっさりと亡くなってしまう設定、最後の「査問委員会」での「研修です」(でしたっけ)発言で、あの大の大人達があっさり引き下がる辺りは、突っ込みのポイントではあるのかも知れないですが、まぁ、okとして、そして、全体にアツいので、若干のクサさが出るにしても、海上保安庁に入り、潜水士を目指し様々な訓練を重ね、そして、晴れて潜水士になっていく展開は分かりやすく、また、友情、恋、挫折なども織り込まれて、見やすいストーリーで、共感も出来て、割と面白かったです

ま・・、加藤あいさんが異常に若いのと(6年前なので、これは仕方ない・・)、あと、海上保安大学校の職員(食堂の給仕員)・中追夏子を 歌手の杏子さんが演じているのですが、あの いつもの杏子さんの風貌そのままで あの食堂の給仕員と言う設定は、何か・・浮いていた・・と言うのが気になる位で、全体的には大きく問題なく、いい映画だったと思います


続いて、先週の土曜日に放送になっていた 2006年公開『LIMIT OF LOVE 海猿』。

この映画のアメリカ公開時に「あんな危機的状況下で長々とプロポーズするバカなどいない」と失笑を買った と言う 噂の あのプロポーズシーンとか、色々と突っ込み要素はあるにしても、また、最後の方、船があれだけ傾いているのに、煙突を垂直に昇るのはおかしい、横歩きなのでは・・とか、その煙突から落下したにも関わらず、タイミング良く水の浸かっていない所に避難してた・・とか、そもそも、妊婦がそこまで耐えれないでしょ・・とか、つじつまの合わない箇所は、なかなか多いですが、まぁでも、「映画だから・・」と、これも許容範囲として見れますかねぇ。

トータル的には、『海猿 ウミザル』同様、なかなか割と面白かったです

でも・・・。
『LIMIT OF LOVE 海猿』、展開が「THE LAST MESSAGE 海猿」と一緒ですよね・・
「THE LAST MESSAGE 海猿」が『LIMIT OF LOVE 海猿』と一緒・・と言う方が正しいですかね・・。
最後は助かる展開は、「水戸黄門的展開」として、それで良いとして、救出に向かい、要救助者と共に取り残され、そして、多難な中 脱出しようとするんだけど、バディーにトラブルが起きて取り残されて、そして、何故だかボンベが出て来て、そしてまた、要救助者が自分自身の事を話し始め・・って・・。
舞台になっているのが「客船」と「天然ガスプラント」の違いだけで、デジャブを見てるのかと思いました


・・・と言う事で、「検証」の為に、『海猿 ウミザル』、「THE LAST MESSAGE 海猿」を わざわざ 2週続けて見た訳ですが、この2つは、色々と突っ込みはあっても、割と面白かったと思うので、今回、「THE LAST MESSAGE 海猿」を見て感じた私の「普通の映画。そして、設定をダイナミック・大がかりにしてみたけど、ただそれだけで、ストーリーは ものすごく至って普通で、そして、所々、突っ込み満載な映画」と言う印象は、「THE LAST MESSAGE 海猿」が一番激しいですねぇ
「THE LAST MESSAGE 海猿」を見て、何の感動もしない自分に、「私の感性がおかしいのかしら・・」と、思ってたんですけど、感性はおかしくなかった・・と言う結論が出ました

「海猿」ファンの為の、「海猿」関係者の自己満足の映画、そして、「踊る大捜査線」も「海猿」も、1~2が評判良く、興行成績も良かったから、「お金目当て」の関係者が、出来を問わず作っちゃった、パート1・パート2は好評だったので、パート3を作ってみたけど、微妙になっちゃったパターン・・、パート2で辞めておけば良かったのにね・・みたいな感じかな・・と言う結論になりました

『海猿』ファンには楽しめる内容だったとして、だけど、キャストや監督さんは、あの出来でいいんですかねぇ・・と思っていたら、先日、伊藤英明さんの記事に、「涙で3Dメガネが曇った」って書いてあり、読みながら、「えぇ~~」って思って、出てるアナタも自己満足・・って思っちゃいました・・
失礼ですけど・・・。

そして、「映画なので・・」と見逃す部分も映画には必要なんですけど、でももう少し、つじつまを合うように設定をちゃんと考えてから撮影した方がいい映画ですねぇ
見てる内に 余計な所が色々気になって、感情移入もしにくくなっちゃいますよね・・。

あと、1つお願いしたいのは、今回の「THE LAST MESSAGE 海猿」がヒットしたからと言って、更に続編を作るのは勘弁して下さいねぇって事ですね。
「完結編」とは言え、「終わり」とは限りませんのでねぇ・・・


ヤフー映画(こちら)のサイトってご覧になった事あります・・

映画情報がたくさん載っているサイトなんですが、それぞれの映画に「作品ユーザーレビュー」と言うのがあって、ヤフーIDを持っている人が、映画に関する感想を 自由に書き込み出来るようになっています。

みんな好き勝手書いてるんですが、「なるほどぉ」とか「そうなのよ」とこちらが同調出来る意見、「そうかなぁ」と言う意見など、ホントに様々で、まぁでも、ユーザーが好きに書き込めるので、TVの番宣、あと、「大ヒット公開中」と うたって、「良かったです」とか言ってるCMなんかでは、「良い方の感想」ばかりが出て来る一方で、こちらは、ホントの一般的な観客の意見なんだろうな・・と思って、たまに参考にしています。
噂に聞くと、「良い意見」を書き込む「サクラ」的役割も居るとか何とか・・・
だけど、この手のものは、あくまでも参考にしないと、映画を見る前に見てしまうと、変に先入観を持ってしまうし、ネット上では、人って、「悪い意見」を大きく言いたい傾向にあるので、ネット上の評価と実際の評価では、違う傾向になっている場合もありますし、そこは要注意ですけどね

私、今回の「海猿」を見た思った感想(こちら)と、ものすごく似た感想を持った人が居て、その人のレビュー(こちら)を読んで、「私と同じだ・・」って思っちゃいました。

あと、「面白くない、つまんないなど言ってる方々、なんか言う前にあなたたちにはつくれるんですか?って感じです」って言うレビュー(こちら)があって、私、「そう言う方向性・・」って思っちゃいましたけどね・・・。
お金払って見に行くものは、ある程度、「見てよかった」と思わせる作品である必要があって、作品を見て「つまんない」って言う一般人に、「じゃぁ、あなたは これ以上のものを作れるの」と言う返し・・、ありですかね・・
監督業をしている方が言うならまだしも・・・。
相当な「海猿」ファンで、相当、ご立腹なんでしょうねぇ


ま・・。
TVドラマと比較し、映画の感想は より 十人十色だと思うし、映画はそれでいいと思うんで、人それぞれの感想を自由に言ったらいいんじゃないですかね




スポンサーサイト



Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索