FC2ブログ

Entries

鯖江市のイタリアン「Vivace (ビバーチェ)」にてランチ。

2011年5月31日(火)

鯖江市のイタリアン「Vivace(ビバーチェ)」(こちら)でランチをして来ました。
4月の終わりに行ったんで、随分前の事・・ですが
IMG_4504_20110505162218.jpg

こちらは、以前、お隣りの越前市にあった「ランポーネ」と言う多国籍料理店が移転したもので、私、ずっと、「『ランポーネ』はどこに行ったんだろう」って思ってて、勝手に、「閉店した」事にしていたのですが、まさか、店名まで変わって移転していたとは・・・

私が行った日は日曜日だったのですが、日曜日って、お昼に営業はしていても、「ランチメニュー」が無いお店が多い中、こちらは、日曜日でもちゃんと「ランチメニュー」があって、ありがたいですね。
そして、その影響もあるのか、元々人気があるお店なのか、私はちゃんと予約をして行ったので大丈夫ですが、お店の前には、「本日は予約で満席です」って書いてありました。

ランチコースには、Aランチ1,050円、Bランチ1,470円、Cランチ1,890円の3種類があり、私は真ん中の1,470円にしました。

まず、サラダです。
IMG_4506_20110505162218.jpg

パンです。
IMG_4507.jpg

パスタは、トマトベースのチーズ入り(だった・・か)です。
IMG_4510_20110505162217.jpg

こちらメインのお肉です。
お肉の上には生ハムがのり、下には、筍とリゾットがしいてあります。
IMG_4513.jpg

デザートのティラミス&コーヒーです。
IMG_4515.jpg

ティラミスのアップで。
IMG_4517.jpg

どれも美味しくいただけました
1,470円でしたが、もう少しお値段がしてもいいような内容だったと思います
そして、店内の雰囲気も可愛らしい感じで、とても落ち着きましたよ。


★Vivace(ヴィヴァーチェ)
住所:福井県鯖江市神明町4-7-21
TEL:0778-42-8414
営業時間
 11:30~13:30(L.O)
 18:00~20:30(L.O)
定休日:火曜



スポンサーサイト



越前市「萬坐」にてランチ。

2011年5月30日(月)

〔2013/4/12 追記〕
--既に閉店しています--


少し前ですが、越前市「萬坐」(こちら)にてランチをして来ました。
GWに行ったんで、随分前の事・・ですが
IMG_4601.jpg

IMG_46011.jpg

こちらは「蔵の辻」(こちら)と言う場所にあるのですが、この地区は江戸時代以降、関西から北陸方面への物資の中継地区として栄えていて、それぞれ商人たちの蔵が並んでいました。
その蔵の外観はそのままに、現在は、店舗や住宅として再生しています。
中華料理店、日本料理店、喫茶店、バーなどなど、色々あります。
夜に行くと、ライトアップがされていて、とてもキレイです。

こちら「萬坐」は、同じ越前市内にある「萬谷」(こちら)と言う料亭がやっているお蕎麦屋さんなのですが、こちらももちろん、「蔵」を改装したお店で、とても雰囲気がいいお店です。
あと、「萬那」(こちら)と言うイタリアンもあるのですが、4年程前に、このブログでもアップした事があります(こちら)。

私達は、ランチメニュー3つの中から1,200円のこちらにしました。
まず、「萬谷」の煮鯖寿司です。
IMG_4593.jpg

セイロ蒸し(筍、豆腐、こんにゃく)です。
上にかかっているのは、味噌です。
IMG_4596.jpg

かき揚げです。
IMG_4597_20110505160116.jpg

福井県の名産の「おろしそば」(こちら)です。
IMG_4600.jpg

1,200円でこれって、とってもお得ですよね
そして、とても美味しかったですし、使ってあったお皿もとても素敵でした

お昼のセット的なものは、他にも2種類あるのですが、2,000円のコースは、あと更に2品付いて、そして、デザートとして「わらび餅」も付いていました。
私が食べた1,200円のコースでも割とお腹がいっぱいになったのですが、2,000円だとかなり満腹になりそうですね。
かなりリーズナブルで良心的なお店ですね。
また、他にも そば や うどん も単品で食べれます。

そして、夜には、そばを織り込んだコースメニューがあり、1回、夜に行った事があるのですが、こちらもコースのお値段の割に 中身が良くて、とても美味しかった&満腹になりましたよ


★萬坐  
住所:福井県越前市蓬莱町5-24 蔵の辻 内
電話:0778-22-3080
営業時間: 
  11:30~15:00(L.O)
  17:30~23:00(L.O)
定休日:月曜


「福井西武」で開催していた「北海道物産展」

2011年5月29日(日)

少し前になりますが、GWに「福井西武」(こちら)で開催されていた「北海道物産展」(こちら)に行って来ました。

「北海道物産展」って、色んな所でちょいちょいやってますし、西武でもやってますが、かなり久しぶりに足を運びましたねぇ。

海産物からスイーツ、お弁当系、惣菜など色々あって、迷ってしまいましたが、こちらを買いました。

まず、小樽ルタオ」(こちら)です。
ここは、「ドゥーブルフロマージュ」(こちら)が有名なお店ですよね。
私も過去に何回か食べた事があります。
また、過去に「ホワイト レアチョコレート[ナイアガラ]」/「プチカレ」をアップした事があります(こちら)。

今回初めて見ましたが、「抹茶ドゥーブル」を買いました。
直径12センチの1,680円です。
IMG_4574.jpg

IMG_4575.jpg

IMG_4580.jpg

IMG_4584.jpg

ベイクドクリームチーズにイタリアのチーズを代表するマスカルポーネの抹茶ベースのレアチーズを重ねています。
IMG_4587.jpg

食べた感想ですが、美味しかったですよ。
個人的な好みとしては、下の層のベイクドクリームチーズの方にも抹茶があると良かったかな、口の中でまとまり感が出たかなとは思いました。


そして、続いて買ったものは、こちら・・・。
札幌「シュガーバー(Sugar bar)」(こちら)の「生かりんとう」です。

今回販売していた味は3種類ありました。
約150グラムで381円でした。

まずは、「黒糖」。
IMG_4542_20110505154843.jpg

IMG_4549.jpg

そして、「きなこ」。
IMG_4544_20110505154843.jpg

IMG_4552_20110505154843.jpg

そして、「いちご」。
IMG_4547_20110505154842.jpg

IMG_4554_20110505154842.jpg

食べた感想です。
今まで食べた事がない食べ物と言う感じで、美味しかったです。
こちらは、「米粉」(北海道産のもち米粉)を使用しているそうで、「かりんとう」と言うより、「もっちもちのドーナツ」と言う食感です。
翌日に残った分は、トースターで温めて食べましたが、また違う食感でした。
すっかり食べ終わってから思いましたが、温めた生かりんとうを、アイスクリームと一緒に食べても美味しそうですね。




宮崎県「育みの里 しろはと」のスイートポテト

2011年5月28日(土)

宮崎県「育みの里 しろはと」(こちら)のスイートポテトをいただきました。
1箱に5個入りで、「さつまいも」、「栗」、「抹茶」の3種類ありました。

こちらは抹茶です。
IMG_4416_20110502142941.jpg

IMG_4421.jpg

IMG_4423.jpg

こちらは「栗」です。
IMG_4490_20110502142940.jpg

最後にノーマルな「さつまいも」です。
IMG_4474_20110502142940.jpg

3つ共、とても滑らかで、とても美味しかったですねぇ

また食べてみたいなぁと思って、ネットで調べても、このスイートポテト・・、出て来ないですねぇ・・

そして、この「白ハト」のHP見たら、他にも美味しそうなさつまいもスイーツが山のように載ってて、かなり見入ってしまいました


「サークルK・サンクス」/「シェリエドルチェ」シリーズの「京はやしや とろける抹茶ぷりん」

2011年5月27日(金)

サークルK・サンクス」(こちら)の「シェリエドルチェ」シリーズ(こちら)の「京はやしや とろける抹茶ぷりん」を買いました。
IMG_4877.jpg

IMG_4879.jpg

京はやしや」(こちら)は、宝暦3年(1754年)創業の 京都にある老舗茶舗です。
このブログでも、「京はやしや」の抹茶スイーツはちょいちょい登場しています(こちらこちらこちらこちら

こんな風に「あずき」が3粒のって、生クリームが敷き詰めてあります。
IMG_4918_20110521110143.jpg

中の写真を撮ろうと思ったのですが、美しく撮影出来ず、何だか・・汚くなってしまって、断念・・・

生クリームの下に とろっとした抹茶プリンがあって、その下に抹茶ゼリーがありました。
抹茶ゼリーは角切りになっていました。

私個人の感想ですが、まぁまぁ・・・・かな・・・と言う感じですかね。
「とろける抹茶ぷりん」って書いてあるので、全部がプリンかと思ったら、いきなりゼリーが登場して、ビックリしたと言うのと、プリンにゼリーの食感が入る事で、プリンの「とろける感」があまり感じないまま・・となってしまって、食べた後に「とろける抹茶ぷりん」と言う感じでは無くなってしまった・・と言いますか・・ね
「とろける抹茶ぷりんとゼリーの・・」的に書いてくれていれば良かったのかも知れませんが・・・。

1つ190円です。





「京みがわ」の「京のお抹茶プリン 濃い味」

2011年5月26日(木)

こちら、京都のお土産「京のお抹茶プリン 濃い味」(こちら)です。
この商品は、神戸「トーラク」(こちら)と、京都「京みがわ」(こちら)との共同開発商品だそうです。
IMG_4337.jpg

IMG_4339_20110417120815.jpg

IMG_4346_20110417120815.jpg

IMG_4349_20110417120815.jpg

食べた感想ですが・・。
もったり(もっちり)した食感で、抹茶感もかなりあって、美味しい抹茶プリンでした



「グリコ乳業」の「ドロリッチ 抹茶ゼリークリームin」

2011年5月25日(水)

グリコ乳業」(こちら)の「ドロリッチ」(こちら)から「抹茶ゼリークリームin」(こちら)が出ています
こちら、東日本・中日本での限定発売です。
IMG_4147_20110417120225.jpg

HPによると、「宇治抹茶を使用した香り高い抹茶ゼリーとバニラ風味のクリームがほどよくミックスされ、しっかりとした抹茶風味が味わえます。」との事です。

個人的な話・・。
私、「ドロリッチ」は「・・・まぁまぁかな・・・」と思っているので、今回のこの抹茶バージョンも同じく・・でしたかね。





兵庫・尼崎市「バックハウス イリエ」のラスク

2011年5月24日(火)

3月に大阪に行った時に、「大丸梅田店」(こちら)地下1階にある 兵庫・尼崎市「バックハウス イリエ」(こちら)のラスクを買いました。

ここのクリームパンは、行列が出来る位有名ならしいのですが、それには何故か目もくれず、焼き菓子コーナーにあった 金粉付きのラスクを手に取りました。
IMG_4026_20110502135235.jpg

実はこの日、JR大阪駅前にある「阪神百貨店」(こちら)にある このブログでも以前にもアップした事がありますが(こちらこちらこちら)ラスクで有名な「ガトーフェスタ・ハラダ」(こちら)の関西唯一の支店に行ったら、開店間際な平日だったにも関わらず、ものスゴイ人で、とても買える状態でもなく・・・(ネットでも買える事は買えるのですが)。
すっかり心が折れて、歩いている時に見つけたのが、風貌が似たこのラスクでした。

「こっちで同様な味だったら、これでもいいかな・・」なんて思いまして、チョコと抹茶を1つずつ買いました。

こちら「チョコ」です。
IMG_4271.jpg

「ハラダ」より、色が濃いので、ビター系のチョコですかね。
IMG_4273.jpg

こちら「抹茶」です。
IMG_4275.jpg

IMG_4277_20110502135234.jpg

食べた感想ですが・・・。
うん・・、ラスクはやっぱり「ハラダ」やな・・
パンの部分が私の好みでは・・ない気がします
ま、ここは「パン屋」さんなので、ラスク専門の「ハラダ」と比較する事自体違うと思うので、こちらのお店では、次回、イチオシのクリームパンを買ってみたいと思います


★バックハウス イリエ
住所:大阪府北区梅田3-1-1 大丸梅田店 B1F
TEL:06-6343-1231
営業時間&定休日:大丸梅田店に準ずる


大阪への旅 まとめ
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ル・コントワール・ド・ブノワ」にてランチ→こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ジパング・バイ・ナダマン」にてディナー→こちら
大阪駅「デザートテラス」内「スティチュリア・デリチュース」のチーズケーキ→こちら
京都市東山区「文の助茶屋」の「抹茶わらびもち」→こちら
東京・青山の「十火」の「丸」と「紗」→こちら
広島県三原市「八天堂」の「くりーむパン」→こちら
兵庫・尼崎市「バックハウスイリエ」のラスク→こちら
「サブウェイ」の「抹茶マフィン」→こちら




「サブウェイ」の「抹茶マフィン」

2011年5月23日(月)

3月に大阪に行った時、泊まりで行ったんですけど、朝ご飯で行った「サブウェイ」(こちら)の「抹茶マフィン」を食べました(160円)。
IMG_4062.jpg

これだけ食べた訳ではないのですが、サイドメニューとしていただきました。

しっとりしてて、結構美味しいマフィンでしたねぇ

「サブウェイ」って福井県に無いんで、なかなか行く機会がないのですが、この日食べた「えびアボカド」(こちら)も、エビがプリプリで、パンもふっくら美味しく、野菜もシャキシャキしてて、とても美味しかったです


大阪への旅 まとめ
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ル・コントワール・ド・ブノワ」にてランチ→こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ジパング・バイ・ナダマン」にてディナー→こちら
大阪駅「デザートテラス」内「スティチュリア・デリチュース」のチーズケーキ→こちら
京都市東山区「文の助茶屋」の「抹茶わらびもち」→こちら
東京・青山の「十火」の「丸」と「紗」→こちら
広島県三原市「八天堂」の「くりーむパン」→こちら
兵庫・尼崎市「バックハウスイリエ」のラスク→こちら
「サブウェイ」の「抹茶マフィン」→こちら


「ブルボン」の「Mini Bit 抹茶」

2011年5月22日(日)

ブルボン」(こちら)の「Mini Bit 抹茶」(こちら)を買いました。
IMG_4496.jpg

IMG_4498_20110502143853.jpg

HPによると、「ミルクチョコレートの中に、宇治抹茶を練り込んだ香り高い抹茶チョコレートを閉じ込めました。宇治抹茶の豊かな香りと深い味わいをお楽しみください。」との事です。
IMG_4499.jpg

「Bit」の抹茶は以前からあるのでそれと同じですが、今回はこの袋入りのタイプは初めて見たので買ってみました。
通常サイズの「Bit」より、ちょっと小さいサイズで、食べやすい大きさで、美味しくいただけました。


「グリコ」の「パピコ 抹茶ラテ」

2011年5月21日(土)

グリコ」(こちら)の「パピコ」(こちら)から、ついに「抹茶ラテ」(こちら)が出ました
IMG_4775.jpg

IMG_4778.jpg

私が記憶する限り、「パピコ」から抹茶が出るのは初めてなんですけど(違いましたかね・・)、元々「パピコ」は小さい頃から好きなので、心待ちにしていました~
今回は「石臼挽き抹茶使用」との事です。

「パピコ 抹茶ラテ」・・。
これ、超美味しい
「ラテ」ってなっているので、ミルク感がたっぷりで、ちょっと甘めだったら嫌だな・・って思ってたのですが、そんな事なくて、とっても絶妙な加減でした

「パピコ」って、2本に分かれているので、1本食べて、もう1本は取っておいてもいいんですが、何故が2本まとめて食べてしまうって事ないですか・・
「パピコ 抹茶ラテ」も同じく、2本まとめて食べ切ってしまいました
そして、ストック分も買って来て、現在、冷凍庫に入ってます

私はコンビニで買ったのですが、1袋126円でした。



「ファミリーマート」/「Sweets+」の「ダブルチョコエクレアアイス(抹茶)」

2011年5月20日(金)

ファミリーマート」(こちら)の「+Sweets」(こちら)の「ダブルチョコエクレアアイス(抹茶)」(こちら)を買いました。
2011042918000000.jpg

HPによると、「宇治抹茶の旨味と豊かな風味を引き出したアイスと、アイスの中とシュー皮の外側で食感の違うチョコを組み合わせました。」との事です。
2011042919260000.jpg

2011042918010001.jpg

ん・・・。
わたし的には70点・・・・。
上のチョコも抹茶だと良かったなぁ・・と思いました。

半年程前にもアップしていますが(こちら)、「宇治抹茶のエクレア」(こちら)もわたし的にはちょっと微妙だったし、今回もちょっと微妙なので、「ファミマ」の「抹茶エクレア」とは私、相性悪いのかも・・

1ケ月位前にアップした(こちら)「サークルK・サンクス」(こちら)の「シェリエドルチェ」シリーズ(こちら)の「抹茶ダブルエクレア」、これ美味しかったので、これを「アイス」にした感じの方が、わたし的は好きです。

1個158円でした。



「ロピア」の「とっておき 西尾の抹茶ロール」

2011年5月19日(木)

ロピア」の「とっておき 西尾の抹茶ロール」(こちら
IMG_4763.jpg

パッケージには、「西尾の抹茶を使用した抹茶スポンジに、抹茶ホイップクリーム、小倉餡を合わせたロールケーキです」と書いてありました。
IMG_4767.jpg

恐らく・・ですが、「ロピア」と言うメーカーさんは、スーパーなどに卸している会社だと思います。
私も近くのスーパーで買いました。
128円でした。
過去に、ここの「絹ごし濃厚抹茶プリン」をアップした事があります(こちら)。

こちら、袋を開けたとこです。
IMG_4769.jpg

アップで・・。
IMG_4771_20110515131133.jpg

食べたんですけど・・・。
パッケージを開けた時に、もう少し、鮮やかな抹茶の色が出ている方が 栄え的に良さそう・・。
味も含め、わたし的には、77点かな・・。
このブログでも過去にアップしていますが(こちらこちら)、これに似たようなタイプであれば、「ローソン」(こちら)の「プレミアムロールケーキ」(こちら)の「プレミアム宇治抹茶ロールケーキ」(こちら)の方が、好きかな
ま・・、ローソンの方は180円、こちらは128円なんで、お値段がかなり違うし、単純比較は出来ないですけどね・・。

あと一息欲しいかなぁ

「アンディコ(栄屋乳業)」の「釜だし 宇治抹茶ケーキ」

2011年5月18日(水)

アンディコ(栄屋乳業)」(こちら)の「釜だし 宇治抹茶ケーキ」(こちら)を買いました。
こちら、愛知県名古屋市のメーカーさんなのですが、私は、「ローソン」(こちら)で買いました。

抹茶すふれと抹茶ぷりんのしっとり贅沢2層仕立て」との事です。
IMG_4734.jpg

IMG_4736.jpg

まず、パッケージを開けたとこ。
IMG_4755_20110515130338.jpg

1層目の「抹茶すふれ」です。
この下に「抹茶ぷりん」の層があります。
IMG_4762_20110515130338.jpg

食べた感想ですが・・・。
これ、1つ158円なのですが、このお値段でこの仕上がり・・。
かなり美味しい

「抹茶すふれ」の方はふわふわです。
「抹茶すふれ」も「抹茶ぷりん」も抹茶がほろ苦くて、その苦さと甘さのバランスもよくて、とても美味しかったです




「サークルK・サンクス」/「シェリエドルチェ」シリーズの「京はやしや 抹茶シュークリーム」

2011年5月17日(火)

サークルK・サンクス」(こちら)の「シェリエドルチェ」シリーズ(こちら)の「京はやしや 抹茶シュークリーム 」(こちら)を買いました。
IMG_4781.jpg

京はやしや」(こちら)は、宝暦3年(1754年)創業の 京都にある老舗茶舗です。
このブログでも、「京はやしや」の抹茶スイーツはちょいちょい登場しています(こちらこちらこちら

シュークリーム本体の生地は、ソフトタイプです。
IMG_4783.jpg

HPには、『「京はやしや」の抹茶を使用した抹茶シュークリームです。京はやしやの抹茶「千代の白」を使用し、洗練された苦味にまろやかな甘味が絶妙にブレンドされた抹茶クリームとホイップクリームとの2層仕立てです。』とあります。
IMG_4787.jpg

抹茶クリームが割とたっぷり目に入っていて、なめらかで、そして、抹茶の苦さもいい感じであって、とても美味しいクリームでした

1つ150円でした。





★誕生日★

2011年5月16日(月)

今日は、わたくし「まっちゃな旅人」の誕生日です

去年は、誕生日を挟んで、フィンランドのヘルシンキに1人旅をして来た(こちら)私ですが、今年はおとなしくしております・・・。


先日やっていた テレビ朝日の「シルシルミシル」(こちら)で、誕生日毎の人口ランキング(こちら)を見ました。

5/16生まれは、142位でした~



小田和正さんのコンサートに行きました。

2011年5月15日(日)

昨日、福井県の「サンドーム福井」(こちら)で開催された小田和正さんこちら)のコンサート「明治安田生命 Presents 『KAZUMASA ODA TOUR 2011』どーもどーも~その日が来るまで~」(こちら)に行って来ました

こちら、サンドーム福井に置いてあったツアートラックです。
会場回りに5台は置いてありました。
IMG_4803.jpg

ちょっとアップで。
IMG_48031.jpg

アリーナFブロック1列目と言う事で、アリーナに何本かあった「通路」の真ん前でした。
ですので、小田さんが通路を通っている時には、1メートル先で見れました
IMG_4740.jpg

『その日が来るまで』と言うサブタイトルは、3/11の東日本大震災の後に付けられたものです。
小田さんは東北大学出身と言う事で、今回の震災へ向けたメッセージタイトルなんでしょうね。
IMG_4742.jpg

私、特別、「小田和正ファン」と言う訳では無いのですが、小田さんの声って、とても透明感があり、また、作る曲は「聞く人」を選ばず、幅広い年代の方の耳に馴染みやすい曲ですし、また、CM・ドラマ等で使われている曲も多いですし、CD・アルバムを持っていない方でも知っている曲もかなり多いですよね。

で、今回は、4/20に発売された最新アルバム「どーも」(こちら)、そして、過去に出た 2002年「自己ベスト」(こちら)・2007年「自己ベスト2」(こちら)を聞いて、ちゃんと予習して出掛けて行きました

コンサートは、pm6時過ぎに始まり、アンコールが2回あり、pm9時過ぎに終わったので、3時間近くありました。
通路を歩いている時(時には走っていました)にも、みんなに手を振ったり、お辞儀をして歩いている小田さんは、TVで見ていたイメージより、華奢で小柄だった印象です。
MCの時には、比較的静かに喋る感じなのですが、歌に入ると、声量もあって、小田さん、現在63歳だそうですが、パワフルさに感心してしまいました~
小田さんの歌声は「天使」のようで、透明感があって、とても素晴らしかったです
今、日本がこんな状況なので、震災で被害に遭った人へも、そうでない私達へも、とても「励み」とか「救い」、「勇気」になるような、そんな歌声だったと思います

私は「オフコース」時代の曲はほとんど知らないのですが、オフコース時代の曲から、最新アルバムまで、かなりたくさんの歌を歌っていたと思います。
1991年の鈴木保奈美さん&織田裕二さん出演の月9ドラマ「東京ラブストーリー」(こちら)の主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」、この売上げ約270万枚は、「オリコン」の「1991年年間シングルチャート」で第1位を獲得した不朽の名作ですが、今回のコンサートでは2曲目に歌いました。
ですが・・ね・・
小田さんが通路を歩いて、そのまま下に下りて客席の方にマイクを向けてお客さんが歌うと言う 「おっとっと」と言う演出だったので、小田さんの歌で聞きたかった私としては、かなり残念
「東京ラブストーリー」、ドラマが放送されていた頃は、私はまだ学生だったのですが、毎週欠かさず見ていましたねぇ
小田さんの生歌でフルで聞きたかったなぁ

ま、それは置いておいて・・。

途中、小田さんの「着替え」の時間ですかね。
会場内スクリーンに 金曜日に福井入りされた小田さんが 県内の名所を巡ったVTRが流れました。

しょっぱなが、JR鯖江駅前の映像から始まり、鯖江市の本町通り商店街、「めがねミュージアム(めがね会館)」(こちら)、そして、何故か「APITA」でカレーうどんを食べている様子が出てました。
「APITA」って、福井市内に2つありますが、友達は「Lpa」(こちら)の方ではないかと言ってましたが。
その後、坂井市の「東尋坊」(こちら)、永平寺町の「永平寺」(こちら)などに行かれたようです。

福井に来られたアーティストの方々は、大抵、「ソースカツ丼」か「おろしそば」辺りを食べているのですが、何故に「APITA」でカレーうどんを食べたんでしょうかね・・
そして、鯖江を散歩されたのであれば、今ちょうど「つつじ」が満開の「西山公園」(こちら)に行って欲しかったですねぇ~

・・と言う事で、昨日、コンサート前に「西山公園」に行って来た画像を・・
47,000株のつつじが、ちょうど満開でしたぁ
IMG_4793_20110515121123.jpg

IMG_4794.jpg

IMG_4797.jpg

IMG_4796_20110515121122.jpg

IMG_4801.jpg


ちなみに・・。
「めがねミュージアム」のHPには、来館の様子がアップされてますねぇこちら

いやいや・・・・。
とても素敵なコンサートでした
行って良かったです

ちなみに・・。
サンドーム福井でのコンサート自体は、今日もやってます。
昨日はSOLD OUTだったのですが、今日は 当日券があるようなので、興味がある方は是非に



京都市東山区「文の助茶屋」の「抹茶わらびもち」

2011年5月14日(土)

3月に大阪に行った時に、JR大阪駅前にある「阪神百貨店 梅田本店」(こちら)の地下食品売場にある 京都市東山区「文の助茶屋」(こちら)の「抹茶わらびもち」を買いました。
IMG_4208.jpg

IMG_4210_20110502131048.jpg

IMG_4213.jpg

プルプルでとても美味しいわらび餅でした
他にも美味しそうな抹茶和スイーツが色々あったのですが、他も買ってくれば良かった・・と後悔

「文の助茶屋」のHPを見ると、「店舗」としては「阪神百貨店」あるようには書いてないのですが、和菓子コーナーのくちゅっと集まったエリアにありました。
(それか、期間限定の特設的な感じのお店だったのでしょうか・・


大阪への旅 まとめ
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ル・コントワール・ド・ブノワ」にてランチ→こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ジパング・バイ・ナダマン」にてディナー→こちら
大阪駅「デザートテラス」内「スティチュリア・デリチュース」のチーズケーキ→こちら
京都市東山区「文の助茶屋」の「抹茶わらびもち」→こちら
東京・青山の「十火」の「丸」と「紗」→こちら
広島県三原市「八天堂」の「くりーむパン」→こちら
兵庫・尼崎市「バックハウスイリエ」のラスク→こちら
「サブウェイ」の「抹茶マフィン」→こちら


東京・青山の「十火」の「丸」と「紗」

2011年5月13日(金)

3月に大阪に行った時に、JR大阪駅に直結している「大丸梅田店」(こちら)の地下1階(こちら)にある 東京・青山の「十火」の「」(こちら)と「」(こちら)を買いました。

「丸」と「紗」・・。
何の事・・とお思いですよね

「十火」とは、明治35年、大阪・阿波座で創業した あられ・おかき製造のメーカーです。
お米と塩、そして、厳選された素材を使ったスイーツで、ものすごくオシャレにスタイリッシュにパッケージされてて、見ているだけで、素敵な気分になるお菓子です。
「丸(まろ)」と「紗(しゃ)」は、その中の商品名です。

まずは、「丸 maro 抹茶・桜」(こちら)(630円)
IMG_4037.jpg

IMG_4039_20110502124414.jpg

直径1センチ位の大きさです。
HPには「柔らかく粘りと腰の強さが特徴のヒメノモチを用い、やさしく丁寧に煎り焼きする事で、独特のふんわりとした口溶けを実現しました。」と記載があります。
IMG_4355_20110502124414.jpg

「抹茶」(こちら)です。
HPによると、「色鮮やかで香り高い京都宇治の高級抹茶を使用しました。和三盆のまろやかな甘みと、風味付けに使用した練乳が、ほろ苦くもマイルドなコクに仕上げています。」だそうです。
IMG_4357_20110502124414.jpg

「桜」です。
HPには、今、記載がないので、これは春だけの期間限定商品だったのかも知れませんね。
IMG_4359_20110502124413.jpg

見た目・手に持った感じは「ひなあられ」に似てます。
ですが、口に入れると、しゅわーーっと溶けてしまう位にホロホロです
抹茶の方はほろ苦くて、大人な味がします。

そして、「紗 sya 抹茶」(こちら)です(630円)。
IMG_4032.jpg

IMG_4035.jpg

「丸」と同じく、直径1センチ位です。
HPによると、「例えて言えば、プチフールや らくがん のよう。ひとくち含めば、ほろほろとお口の中でやさしく崩れる米焼き菓子に仕上げました。」との事です。
IMG_4363_20110502124708.jpg

こちらは表面に「砂糖」が見えていますが、HPによると、「色鮮やかで香り高い京都宇治の高級抹茶と、風味付けに練乳を使用しました。ほろ苦くもマイルドなコクに仕上がっています。」との事です。
IMG_4364_20110502124708.jpg

こちらもホロホロしてるんですが、「丸」よりは少しだけしっかりした食感があるかと思います。


どちらもかなり美味しかったですねぇ
パッケージもオシャレですし、ちょっと変わったお菓子とも言えるので、お土産なんかにも かなり良さそうです
しかも、軽いので、持ち運びにも、かなり便利ですねぇ。


★十火 大丸梅田店
住所:大阪府大阪市北区梅田3丁目1番1号
営業時間
 水曜~土曜 10:00~21:00
 日曜~火曜・祝日 10:00~20:00
tel:06-6343-1231(代表)


大阪への旅 まとめ
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ル・コントワール・ド・ブノワ」にてランチ→こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ジパング・バイ・ナダマン」にてディナー→こちら
大阪駅「デザートテラス」内「スティチュリア・デリチュース」のチーズケーキ→こちら
京都市東山区「文の助茶屋」の「抹茶わらびもち」→こちら
東京・青山の「十火」の「丸」と「紗」→こちら
広島県三原市「八天堂」の「くりーむパン」→こちら
兵庫・尼崎市「バックハウスイリエ」のラスク→こちら
「サブウェイ」の「抹茶マフィン」→こちら



広島県三原市「八天堂」の「くりーむパン」

2011年5月12日(木)

3月に大阪に行った時に、JR大阪駅構内で売っていた 広島県三原市「八天堂」(こちら)の「くりーむパン」(こちら)を買いました。

これ、旅行で大都市()に行った時に、駅とかでたまに見かけますし、テレビ・雑誌などでも広島県三原市の本店(こちら)の様子が紹介されているので、前から気には なってたんですが、なま物なので、なかなか買う機会が無く・・。
ようやく買えました

種類は結構あったのですが・・・。
私はこれ「とろける抹茶くりーむ」(220円)です。
HPによると、「お茶に適した気候から、品質評価も高く、玉露生産量日本一の福岡県の八女茶をくりーむと合わせました。抹茶のすがすがしい香りとほのかな苦みが、特に女性のお客様に好まれているようです。 」だそうです。
IMG_4128_20110502122442.jpg

表面がつやつやしてますね。
IMG_4140_20110502122441.jpg

中のクリームはふわふわです。
IMG_4143.jpg

そして、定番の「とろけるカスタードくりーむ」(200円)です。
HPによると、「あっさりシンプルなカスタードクリームに最高級の純生クリームを合わせた」だそうです。
IMG_4130_20110502122441.jpg

IMG_4148_20110502122440.jpg

こちらもふわふわです。
IMG_4153_20110502122440.jpg

袋から出した時点で、既に美味しそうな雰囲気満載で、そして、クリームもふわふわで、とても美味しくいただけました
パン生地もとても美味しかったです

「クリームパン」と言うくくりには入れられない「スイーツ」と表現した方が良さそうなパンでした


大阪への旅 まとめ
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ル・コントワール・ド・ブノワ」にてランチ→こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ジパング・バイ・ナダマン」にてディナー→こちら
大阪駅「デザートテラス」内「スティチュリア・デリチュース」のチーズケーキ→こちら
京都市東山区「文の助茶屋」の「抹茶わらびもち」→こちら
東京・青山の「十火」の「丸」と「紗」→こちら
広島県三原市「八天堂」の「くりーむパン」→こちら
兵庫・尼崎市「バックハウスイリエ」のラスク→こちら
「サブウェイ」の「抹茶マフィン」→こちら

大阪駅「デザートテラス」内「スティチュリア・デリチュース」のチーズケーキ

2011年5月11日(水)

3月に大阪に行った時に、JR大阪駅構内にある「デザートテラス」内にある「パスティチュリア・デリチュース」(こちら)のチーズケーキ「デリチュース」を買いました。
店名と商品名が同じと言う事で、それだけイチオシ商品と言う事でしょうか
なお、「デリチュース」の本店は、箕面市にあるようですが(こちら)、大阪駅の方が遥かに行きやすいですよね。

IMG_4133_20110502121114.jpg

ケーキに使っているチーズは、チーズの王様「ブリー・ド・モー」(こちら)と言うものをフランスの農家から熟成途中で仕入れ、93%の湿度でじっくり熟成しているそうです。
IMG_4138_20110502121114.jpg

こちら、焼いたタイプのチーズケーキなのですが、中の白い部分は、レアチーズケーキに近く、かなりねっとりもったりした感じのケーキです。
今までに食べた事があまりない感じのチーズケーキで、とても美味しかったです


★パスティチュリア・デリチュース 大阪店
住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-1
   JR大阪駅デザートテラス内
TEL:06-6345-1322
営業時間 10:00~22:00
定休日:無休


大阪への旅 まとめ
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ル・コントワール・ド・ブノワ」にてランチ→こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ジパング・バイ・ナダマン」にてディナー→こちら
大阪駅「デザートテラス」内「スティチュリア・デリチュース」のチーズケーキ→こちら
京都市東山区「文の助茶屋」の「抹茶わらびもち」→こちら
東京・青山の「十火」の「丸」と「紗」→こちら
広島県三原市「八天堂」の「くりーむパン」→こちら
兵庫・尼崎市「バックハウスイリエ」のラスク→こちら
「サブウェイ」の「抹茶マフィン」→こちら

大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ジパング・バイ・ナダマン」にてディナー

2011年5月10日(火)

昨日のブログ(こちら)の大阪繋がりですが・・・。

3月の東日本大震災でブログをお休みしてたので、今更ながら・・のアップになりますが、3月に大阪に行ったので、大阪・梅田の ビジネスオフィス&レストラン&ファッションshop&多目的劇場が併設する超高層ビル「ブリーゼブリーゼ」(こちら)内 33階ある和風ダイニング「ジパング・バイ・ナダマン」(こちら)でディナーををして来ました。
IMG_4080.jpg

こちらは、1830年創業の日本料理店「なだ万」(こちら)の系列ですが、「なだ万」は、現在、日本国内に25店舗、日本以外は、香港・シンガポール・クアラルンプール・ジャカルタ・北京・上海・広州等にお店があります。
戦前から、住友財閥・三井財閥・三菱財閥などを含む政財界の要人、夏目漱石、森鴎外などの文豪に親しまれた由緒正しい老舗です。
その「なだ万」の「和風ダイニング」が、こちら「ジパング・バイ・ナダマン」です。
(オープン前に撮った写真なので、シャッターが下りてますが・・)
IMG_4160.jpg

地上約160Mから見下せる窓際席に座りました。
IMG_4117_20110417143809.jpg

IMG_4125.jpg

IMG_4127_20110417143805.jpg

IMG_4078.jpg

夜のコースは4,800円からあり(こちら)、私達は『カナンコース』(6,000円)にしました。

こちらは「旬菜」です。
IMG_4083_20110417143701.jpg

(メニューより)ぼんじり、竹の子、赤葱、酒盗クリームです。
IMG_4084_20110417143701.jpg

(メニューより)菜種、焼椎茸胡麻浸し
IMG_4086_20110417143700.jpg

(メニューより)南京豆腐、べっこう
IMG_4088_20110417143700.jpg

次に「冷菜」です。
(メニューより)信州サーモンと青利烏賊のサラダ仕立 粒マスタードソース 生姜ジュレ
IMG_4091_20110417144545.jpg

信州サーモンです。
IMG_4093_20110417144545.jpg

青利烏賊です。
奥は、アボカドです。
IMG_4094_20110417144545.jpg

生姜ジュレです。
こうやって生姜じょうゆをジュレ風にすると言うのもいいですね。
IMG_4099_20110417144544.jpg

続いて、「温菜」です。
(メニューより)春の旬を盛り込んだ小鍋 アイナメ ホタルイカ 蛤しんじょう 春野菜 玉子とじ
IMG_4100.jpg

IMG_4102_20110417144906.jpg

そして、「メイン」です。
(メニューより)牛フィレ肉テンダーロイングリル 旬野菜 赤ワインソース
IMG_4105.jpg

IMG_4107_20110417144905.jpg

じゃがいも、パプリカ、しめじ、あとは・・、何かは分からないですが、ネギ系ですね。
IMG_4109_20110417144905.jpg

こちらは、お友達の「長崎漁港からの鮮魚グリル 木の芽の香り」です。
立派なお皿に盛りつけられていたので、まずは遠目で撮影。
IMG_4110.jpg

IMG_4112.jpg

そして、「食事」です。
(メニューより)桜海老と春玉葱釜炊き御飯 味噌椀 香の物
IMG_4114_20110417145314.jpg

IMG_4116_20110417145313.jpg

最後に「デザート」です。
「マスカルポーネの白いお汁粉」です。
IMG_4121_20110417145313.jpg

IMG_4123_20110417145313.jpg

こちらはお友達の「グラマラッカ」です。
ココナッツミルクにアイスクリームと小倉が浮かんでいます。
「グラマラッカ」とは、ヤシ砂糖の黒糖から作ったシロップや、それを使ったかき氷の事らしいです。
IMG_4119_20110417145728.jpg


すごく美味しかったです
たまに行く日本料理屋さんで出て来る料理って、食材は季節季節で変わっていても、調理法が似てるので、いつも代わり映えがしないな・・って思ってたのですが、ここ「パング・バイ・ナダマン」は、季節のものがたくさん出て来て、しかも、調理法や味付けが ちょっと趣向を凝らしてあって、そして、その凝らし方が「行き過ぎ」ていないので、とても興味を持てて、そして、とても美味しくいただけました


★ジパング・バイ・ナダマン
住所:大阪府大阪市北区梅田2-4-9
   ブリーゼブリーゼ 33F
TEL:06-4797-3311
営業時間
 LUNCH:11:00~15:00
 DINNER:17:00~23:00
定休日:不定


大阪への旅 まとめ
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ル・コントワール・ド・ブノワ」にてランチ→こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ジパング・バイ・ナダマン」にてディナー→こちら
大阪駅「デザートテラス」内「スティチュリア・デリチュース」のチーズケーキ→こちら
京都市東山区「文の助茶屋」の「抹茶わらびもち」→こちら
東京・青山の「十火」の「丸」と「紗」→こちら
広島県三原市「八天堂」の「くりーむパン」→こちら
兵庫・尼崎市「バックハウスイリエ」のラスク→こちら
「サブウェイ」の「抹茶マフィン」→こちら


大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ル・コントワール・ド・ブノワ」にてランチ

2011年5月9日(月)

ここ数日間のブログの大阪繋がりですが・・・。

3月の東日本大震災でブログをお休みしてたので、今更ながら・・のアップになりますが、3月に大阪に行ったので、大阪・梅田の ビジネスオフィス&レストラン&ファッションshop&多目的劇場が併設する超高層ビル「ブリーゼブリーゼ」(こちら)内 33階あるフランス料理「Le Comptoir de Benoit(ル・コントワール・ド・ブノワ)」(こちら)でランチをして来ました。
IMG_4076_20110417142507.jpg

IMG_4080.jpg

IMG_4157_20110417134828.jpg

33階なので、見晴らしもかなりいいです。
IMG_4165_20110417141224.jpg

パリのオテル・プラザ・アテネのレストラン「アラン・デュカス」や、モナコのレストラン「ルイ・キャーンズ(Louis XV)」の他、世界各地でレストランを経営している 巨匠アラン・デュカス氏(こちら)のお店で、史上最年少で3つ星を獲得したモナコ国籍のシェフです。
ミシュランから異なる国で3つ星をつけられた、史上初のシェフだそうです。
そんな事もあり、行ったのは、東日本大震災の翌週の土曜日だったのですが、ランチでも、席は満席でした。

ここ「ブリーゼブリーゼ」には、過去にも行った事があります(こちらこちらこちら)。


ランチメニューは1,800円から4種類あるのですが(こちら)、私達は、3,800円コースにしました(前菜1つ、主菜1つ、デザート、コーヒー)。
IMG_4161 - コピー

こちら、食事前に 全テーブルに運ばれるものだと思うのですが、カリカリに焼いた薄切りのパンにチーズをオリーブオイルで合えたものを載せて食べます。
IMG_4163_20110417134827.jpg

IMG_4166_20110417134827.jpg

あっさりしてて美味しかったです。
IMG_4169_20110417134826.jpg

IMG_4168_20110417135235.jpg

こちらは私の「前菜」である「“パンバーニャ”春野菜をたっぷりのせて」です。
IMG_4171.jpg

説明が難しいんですが、丸いパンの間に 生ハム、魚、ゆで卵、チーズ、トマト、パプリカなどの春野菜が挟んである サラダ感覚のハンバーガー的なものですかね。
IMG_4178.jpg

こちらは お友達の「テリーヌでつくったブーダンノワール サラダとリンゴのコンポート」です。
IMG_4174_20110417135234.jpg

「ブーダン・ノワール」とは、フランスではよく食べられているソーセージで、豚の血液・豚の皮・耳・背脂とたっぷりのオニオンで作ったソーセージだそうです。
IMG_4176_20110417135233.jpg

そして、こちらが私&友達共通の「主菜」の「フランス産 鴨もも肉のフォンダン 練り上げたセモリナ粉のグラチネ添え」です。
「グラチネ」って言うのは「焼き付け」と言う意味らしく、「グラタン」のようなものです。
IMG_4180.jpg

そして、こちらがデザートで「ミルフィーユ・トラディショネル」です。
IMG_4186_20110417140010.jpg

IMG_4188.jpg

こちらはお友達の「アールグレイの香るムースショコラオレンジのマーマレードと」です。
IMG_4182_20110417140010.jpg

オレンジのソルベがついてました。
IMG_4184_20110417140008.jpg

コーヒー、紅茶、ハーブティーなどから選べますが、私はコーヒーにしました。
IMG_4189.jpg

普段、あまりフランス料理を食べる機会が無いので、メニューに書いてある「カタカナ」がどう言うものなのかがよく分からないまま注文したので、ちょっと意外なものが出て来たり・・と言うのはありましたが、どれも美味しくいただけました。
(希望を言うのであれば、メニューに「※」で説明を書いていただけるとありがたいですがね)

私が選んだ前菜・デザートは、積み重なった系の かなり食べにくいものを選んでしまいましたが、ミルフィールは、スタッフの方が、どう食べると上手く切れるかを教えていただき、その通りにやってみたら、上手に切れました


参考ですが・・。
33階から見た景色は、こんな感じでした。
IMG_4072.jpg

IMG_4074_20110417142058.jpg

IMG_4073_20110417142059.jpg

IMG_4077.jpg

IMG_4081.jpg

写真右の建物は、「劇団四季」(こちら)の劇場「大阪劇団四季」(こちら)が入っている「ハービス」(こちら)です。
IMG_4079_20110417142057.jpg


★ル・コントワール・ド・ブノワ
住所:大阪府大阪市北区梅田2-4-9
   ブリーゼブリーゼ 33F
TEL:06-6345-4388
営業時間
 LUNCH:11:00~15:00
 DINNER:17:00~23:00
定休日:不定


大阪への旅 まとめ
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ル・コントワール・ド・ブノワ」にてランチ→こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「ジパング・バイ・ナダマン」にてディナー→こちら
大阪駅「デザートテラス」内「スティチュリア・デリチュース」のチーズケーキ→こちら
京都市東山区「文の助茶屋」の「抹茶わらびもち」→こちら
東京・青山の「十火」の「丸」と「紗」→こちら
広島県三原市「八天堂」の「くりーむパン」→こちら
兵庫・尼崎市「バックハウスイリエ」のラスク→こちら
「サブウェイ」の「抹茶マフィン」→こちら

井上真央さん主演映画「八日目の蝉」を。

2011年5月8日(日)

井上真央さんこちら)主演映画「八日目の蝉」(こちら)を見ました。
せみ

ストーリーは・・。
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の2人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。
子供を身ごもるも、相手が結婚していたために出産を諦めるしかない希和子(永作博美さん)は、ちょうど同じ頃に生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。
希和子は子供を「薫」と名づけ、各地を転々としながら、流れ着いた小豆島でひと時の安らぎを得る。
楽園のようなこの地で、薫に様々な美しいものを見せたいと願う希和子だったが、捜査の手は迫り、福田港のフェリー乗り場で4年間の逃避行は終わりを迎えた。
4歳で初めて実の両親に会い、「私達こそが正真正銘の家族だ」と言われても実感が持てなかった。
世間からはいわれのないない中傷を受け、無神経に事件が書きたてられる中、家族は疲弊して行った。
誘拐した希和子を憎む事で自分を殺し、誰にも心を開かないまま、大学生になった恵理菜(井上真央さん)は家を出て一人暮らしを始める。
そして、家庭を持つ男・岸田孝史(劇団ひとりさん)の子供を妊娠してしまう。
そんな頃、恵理菜のバイト先にルポライターの安藤千草(小池栄子さん)が訪ねて来る。
千草は「あの誘拐事件を本にしたい」と言う。
恵理菜を度々訪れ、親しげに生活に立ち入ってくる千草。
だが、恵理菜は放っておいて欲しいと思いながらも、なぜか千草を拒絶する事が出来なかった。
千草に励まされながら、恵理菜は今までの人生を確認するように、希和子との逃亡生活を辿る旅に出る。
そして最終地、小豆島に降り立った時、恵理菜は記憶の底にあったある事実を思い出す・・。

です。

ストーリーを読むだけで・・暗い・・・

見た感想ですが、いい映画だったと思いました
永作さん演じる希和子の苦悩や辛さ、また、一方で、自分が生んだ娘でありながら、「親子」として成立しない人生になってしまった 森口瑤子さん演じる実母・恵津子の苦しみ的なものも上手く表現されていたと思います。
「誰が悪い」と言ったら、それは 全に希和子で、誰がかわいそうと言えば、恵津子・恵理菜なのですが、「誘拐を正当化する」と言う事では無いのですが、そうとも言えない気分になって来る・・と言うか・・・。
・・と言う感想です。


見る前の期待度 ★★★★★★★☆☆☆
見た後の満足度 ★★★★★★★★☆☆

大阪「インスタントラーメン発明記念館」に。

2011年5月7日(土)

おとといアップしましたが(こちら)、5/4、落語家の笑福亭鶴瓶さん(こちら)の「McDonald's 鶴瓶噺2011」(こちら)を 大阪「森ノ宮ピロティホール」(こちら)で見て来ました。

見たのは夜公演だったので、昼間、大阪「インスタントラーメン発明記念館」(こちら)に行って来ました
IMG_4637.jpg

IMG_4641.jpg

IMG_4638_20110505124726.jpg

「インスタントラーメン発明記念館」とは、世界で初めて商業的に成功したインスタントラーメンである「チキンラーメン」を1958年に発明した 「チキンラーメン」や「カップヌードル」で有名な「日清食品」(こちら)創業者・安藤百福 氏(こちら)の業績を記念して、1999年、ゆかりの地である大阪府池田市に建てられた施設です。

こちら、百福さんの像。
IMG_4640.jpg

ちょっと見えにくいですが、手には「チキンラーメン」を持っています。
IMG_46401.jpg

ここでは、小麦粉をこねて、のばして、味つけして「チキンラーメン」を手作り出来る「チキンラーメン手作り体験工房」(こちら)や、自分でデザインしたカップに 好きなスープと具材をトッピングして、世界で1つだけの「カップヌードル」を作る事が出来る「マイカップヌードル・ファクトリー」〔1食300円〕(こちら)と言った体験工房があったり、インスタントラーメンの歴史や、世界各国&歴代パッケージなどの展示があったり、全国の地域限定品が発売されていたり・・・と、年代層幅広く楽しめる施設です

私、ここの存在は10年以上前から知っていて、会社の慰安旅行で・・と言う事も考えた事もあったのですが、「チキンラーメン手作り体験工房」は、予約がなかなか取れないらしく、諦めた・・と言う経験があります

今回は、ここに来ようと思い立ったのが3週間位前で、しかも、時間もあまり無いので、「チキンラーメン手作り体験工房」は諦め、施設見学だけをして来ました(予約をしていない方でも、この工程をガラス越しに見学する事は可能です)
ちなみに、「マイカップヌードル・ファクトリー」は予約不要で、行ってすぐ出来るのですが、GWで混んでいたので、私達の時間の関係上、出来ませんでした。

「チキンラーメン手作り体験工房」は3ケ月前から予約を開始するそうなので、今度、「ツアー」を組んでみようかな・・


さて・・、館内へ・・・・。
なお、入場料は無料です。

入っていすぐ右にあるショーケースの中には、化石風な石と、カップラーメンが・・。
何ですかね、これ。。
IMG_4687.jpg

チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」です。
IMG_4679_20110505131447.jpg

IMG_4680.jpg


そして、ラーメンの歴史をお勉強するコーナー。
IMG_4644.jpg

IMG_4646.jpg

IMG_4647.jpg

こちらは何かと言うと・・。
IMG_4648.jpg

1995年の阪神大震災でも「チキンラーメン号」が出動したそうです。
今回の東日本大震災でも出動しているんでしょうか・・。
IMG_4649.jpg

IMG_4651_20110505130426.jpg

IMG_4650_20110505130043.jpg

スペースシャトルの宇宙食です。
野口さんが行った時のようですね。
そう言えば、食べてるのを見ましたねぇ。
IMG_4652_20110505130426.jpg

あとで売店の様子の写真が出ますが、その売店で、これ、売ってくれたら良かったのに・・。
以前、アメリカの「ケネディ宇宙センター(NASA)」(こちら)に行った事があるのですが、その時は、売店(こちら)で、宇宙食売ってましたけどねぇ・・・(こちら)。

話を戻し・・・。

こちらは、商品&パッケージの歴史です。
IMG_4681_20110505130425.jpg

IMG_4654.jpg

IMG_4682_20110505130425.jpg

そして・・、現在。
こんなに発売されてるんですねぇ・・・。
IMG_4683.jpg


そして、世界各国のインスタントラーメン。
IMG_4665_20110505131448.jpg

こちら、中国の上海・広東地方です。
IMG_4666_20110505131252.jpg

シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピンです。
IMG_4667.jpg

ロシア、ブラジルです。
真ん中にある「出前一丁」って、香港で見た事・買って来た事あります。
ここには日本と同じオレンジのパッケージと、あと、ピンクがありますが、他にも水色とか、色んな色を見ましたねぇ。
IMG_4668_20110505131252.jpg

ブラジルです。
IMG_4669_20110505131252.jpg

IMG_4662_20110505131251.jpg

IMG_4663_20110505131251.jpg

IMG_4664_20110505131448.jpg


そして、1食300円で体験出来る工房「マイカップヌードル・ファクトリー」(こちら)なんですが・・。
館内に入っていきなり、目に飛び込んで来たのが、こちら「140分待ち」でした
ま・・、元々、出来ないと思ってたんで、いいですけどね・・・。
IMG_4642.jpg

IMG_4655_20110505125037.jpg

最初に、自販機で、「カップ」を300円で買います。
IMG_4656.jpg

こちらが、用意してある具・粉末スープです。
IMG_4657_20110505125036.jpg

ここで入れて、蓋をします。
IMG_4661_20110505125702.jpg

そして、ここで、買ったパッケージに絵を書きます。
IMG_4670_20110505125701.jpg

最後に、薄いビニールで真空パックにして、こんな風に、完成したカップヌードルを空気入りの風船のようなものに入れてくれて、首から下げれるようにしてくれます。
IMG_4643_20110505125037.jpg

IMG_4672.jpg


「チキンラーメン」を手作り出来る「チキンラーメン手作り体験工房」(こちら)です。
体験しなくても、ガラス張りの工房を見学出来ます。
IMG_4673_20110505132203.jpg

みんな、「チキンラーメン」のバンダナをしています。
IMG_4674_20110505132202.jpg

IMG_4677_20110505132202.jpg

こちら、麺をこねたり、作った麺を伸ばす工程ですね。
残念ながら、何もしていない時間帯だったのですが・・・。
IMG_4676.jpg

ものすごい本格的ですね。
せっかくなら、「チキンラーメン」の可愛いデザインの機械にしたら良かったのに・・
IMG_46761.jpg

スタッフの方がキレイにお掃除をしていました。
IMG_4675.jpg


そして・・。
こちら売店です。
チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」のグッズや、食器、全国の地域限定品が発売されています。
IMG_4684_20110505132840.jpg

IMG_4686_20110505132840.jpg

IMG_4685.jpg

こちら「Cセット(どん兵衛 東西味比べ・JALですかい2品)」(400円)を買いました。
IMG_4696_20110505132839.jpg

パッケージに「E」(西日本)と「W」(東日本)が書いてあります。
普通にスーパー・コンビニで売っている場合も、ちゃんと書かれてるんですよ、知ってましたかぁ
IMG_4697_20110505132839.jpg

IMG_4699_20110505132839.jpg

「E」(西日本)
・つゆ→昆布の旨み
・あげ→ダシで甘く煮た味
「W」(東日本)
・つゆ→醤油、鰹の旨み
・あげ→甘辛く煮付けた味
だそうです。

そして、「JALですかい」シリーズ(こちら)の「ラーメンですかい」・「うどんですかい」です。
IMG_4707.jpg

こちらは、JAL国際線のビジネスクラス以上で出されるものなので、私は食べた事がないのですが、機内誌のショッピングページでよく見ます。
気圧の低い機内食用に開発した、約85度と低い沸点でも戻りやすく 伸びにくい特殊麺を使用しているそうです。
今回は、「ラーメンですかい」・「うどんですかい」ですが、他にも「そばですかい」・「カレーうどんですかい」もあります。


・・と言う事で、いい大人()2人で行ったのですが、割と楽しんで来ました。
GWの真っ只中と言う事もあり、かなり混んでいて、家族連れもかなり多かったですねぇ。
これ・・、子供は楽しいでしょうねぇ。


★インスタントラーメン発明記念館
住所:大阪府池田市満寿美町 8-25
TEL:072-752-3484
開館時間9時30分~16時(入館は15時30分まで)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日が休館)、年末年始
入場料:無料


大阪への旅 まとめ
大阪に向かっています → こちら
「McDonald's鶴瓶噺2011」を見て来ました。 → こちら
大阪「インスタントラーメン発明記念館」に。 → こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「京やさい料理接方来」にてランチ → こちら
京都「然花抄院」の「抹茶カステララスク」 → こちら


大阪「ブリーゼブリーゼ」内「京やさい料理 接方来」にてランチ

2011年5月6日(金)

昨日アップしましたが(こちら)、おととい、落語家の笑福亭鶴瓶さん(こちら)の「McDonald's 鶴瓶噺2011」(こちら)を 大阪「森ノ宮ピロティホール」(こちら)で見て来ました。

見たのは夜公演だったので、大阪・梅田の ビジネスオフィス&レストラン&ファッションshop&多目的劇場が併設する超高層ビル「ブリーゼブリーゼ」(こちら)内にある「京やさい料理 接方来」(こちら)でランチをして来ました。
IMG_4612_20110505115212.jpg

ここ「ブリーゼブリーゼ」には、過去にも行った事があります(こちらこちら)。
また、「京やさい料理 接方来」には、以前、京都の方のお店に行った事があります(こちら)。

「京やさい料理 接方来」は、京都ならではの繊細な味付けとヘルシーさが特徴で、京町家を 現代解釈した落ち着いた店内と京野菜中心とした和食は、女性に人気だそうです。
こちらは、私達が通していただいた 半個室になっているテーブルです。
IMG_4613_20110505115212.jpg

壁には「夢」と書いた書道がありました。
IMG_4614.jpg

箸入れには、京野菜「賀茂茄子」の絵が書いてあります。
友達の方は違う野菜でしたよ。
IMG_4619.jpg

ランチメニューには3種類あり(こちら)、「旬菜ランチ」(1,500円)、「高瀬川」(2,000円)、「鴨川」(3,000円)で、私は一番お高い「鴨川」にしました
IMG_4616_20110505115212.jpg

【先附】 おぼろとうふ
IMG_4620.jpg

続いて、こちらです。
IMG_4622_20110505115605.jpg

【取肴】 鴨ロース、出し巻、ホタテとろろ山椒焼、里芋唐揚げ、生麩田楽、ねぎの牛ロール
IMG_4629.jpg

【向附】 鮪、鯛、烏賊、あしらい一式
IMG_4624.jpg

【焼物】 サーモン柚庵焼、菜の花辛子和え
IMG_4625.jpg

【煮物】 季節野菜の焚き合せ(ごぼう、大根)
IMG_4627.jpg

【吸物】 季節の吸物、【御飯】 季節の炊き込み御飯、【香の物】 京漬物三種
IMG_4630_20110505115754.jpg

IMG_4632_20110505115754.jpg

【油物】 京野菜(コーン、しいたけ、ししとう、オクラ)と海老の天ぷら
IMG_4634_20110505115753.jpg

【水物】 祇園辻利(こちら)の抹茶アイス
IMG_4636.jpg

です。

とても美味しくいただけました

「ぐるなび」のページからクーポン(こちら)を印刷して持って行くと、8.31%引きになります。
私、「8.31%って何だ・・」って思ったら、「やさい」なんですねぇ


★京やさい料理 接方来 ~ブリーゼブリーゼ~
住所:大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼブリーゼ5F
TEL:06-4797-8738
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:30)
※ ランチ 11:00~15:00
定休:不定休


大阪への旅 まとめ
大阪に向かっています → こちら
「McDonald's鶴瓶噺2011」を見て来ました。 → こちら
大阪「インスタントラーメン発明記念館」に。 → こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「京やさい料理接方来」にてランチ → こちら
京都「然花抄院」の「抹茶カステララスク」 → こちら


「McDonald's 鶴瓶噺2011」を見て来ました。

2011年5月5日(木)

昨日アップしましたが(こちら)、昨日、落語家の笑福亭鶴瓶さんこちら)の「McDonald's 鶴瓶噺2011」(こちら)を 大阪「森ノ宮ピロティホール」(こちら)で見て来ました。
IMG_4692.jpg

この「鶴瓶噺」とは、笑福亭鶴瓶さんが身の回りで起こった面白い話を 2時間ぶっ通しで話し続ける独演会です。
1994年にスタートして以来、今回で18年目だそうで、チケットは、毎年、即完売だったそうです。
毎年、東京だけで開催していたのですが、今年は、大阪・名古屋でも開催される事になりました
・・と言う事で、張り切って大阪公演のチケットを取りました。
全部で1,036席の劇場ですが、運良く11列目でしたぁ
IMG_4471_20110417125227.jpg

こちら、ロビーにあったお花です。
まずは「笑っていいとも」から。
IMG_4689_20110505112049.jpg

そして、テレビ大阪「きらきらアフロ」(こちら)から。
2011050417280000.jpg

見た感想ですが、かなり面白かったです
最終的に、2時間20分位あったのですが、鶴瓶さんは間も開けずに次から次へと話をされるんですが、もちろん、何も見ずに・・。
そして、全部実話だそうですが、「そんなに面白い事がそんなに起こるんだ」とか、「その面白い出来事を忘れずによく覚えてられるなぁ」、そして、「もしかして普通に起こっている事でも、話し方1つで面白くもなるもんだなぁ」などど感心してしまいました
笑いっぱなしの2時間20分でした

今回の「鶴瓶噺」ではお母さんのお話も割と出来ているので、鶴瓶さん、お母さんの事がとても好きだったんだなぁと分かりましたねぇ。
途中、「落語」のような話があって、鶴瓶さんとお母さんとの話なのですが、バックにシルエットで割烹着を着たお母さんの動画が映し出されるんです。
そのお母さんがかなり面白い方だったんだなぁと思う方だったのですが、亡くなる時に「あんたよりはウチの方が面白いで」だったか「面白さでは負けへんで」だったか、そのような事を言って亡くなったとか
で、そのお母さんの声をされていたのが、女優の池脇千鶴さん(こちら)で、ご本人も最後、登場されました。
池脇さん自身、大阪出身のようですね。
そして、とても素敵なお着物を着てて、とってもキレイでした

私も一緒に行った友達も、笑い続けていたのですが、たまに涙が出そうになる位に可笑しかったので、いやぁ、ホントに行って良かったです


話は変わり・・。
今、「笑っていいとも」見てるんですが、鶴瓶さん、出てますねぇ
昨日、大阪で「鶴瓶噺」が終わったのが、pm8:20。
そして、そのまま・・か、今朝、東京に戻って、そして、今日もまた、pm6時から大阪での「鶴瓶噺」なんですねぇ
今日、「鶴瓶噺」は大阪最終日ですが、頑張って下さい


大阪への旅 まとめ
大阪に向かっています → こちら
「McDonald's鶴瓶噺2011」を見て来ました。 → こちら
大阪「インスタントラーメン発明記念館」に。 → こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「京やさい料理接方来」にてランチ → こちら
京都「然花抄院」の「抹茶カステララスク」 → こちら

大阪に向かっています

2011年5月4日(水)

現在、大阪に向かってます。
IMG_4488_20110417125845.jpg

落語家の笑福亭鶴瓶さんこちら)の「McDonald's 鶴瓶噺2011」(こちら)を 大阪「森ノ宮ピロティホール」(こちら)に見に行きます。
IMG_4472_20110417123602.jpg

この「鶴瓶噺」とは、笑福亭鶴瓶さんが身の回りで起こった面白い話を 2時間ぶっ通しで話し続ける独演会です。
1994年にスタートして以来、今回で18年目だそうで、チケットは、毎年、即完売だったそうです。
毎年、東京だけで開催していたのですが、今年は、大阪・名古屋でも開催される事になりました

・・と言う事で、張り切って大阪公演のチケットを取りました。
お席は11列目で 割と前なので、それも楽しみです

今年の2月、『初笑い寄席2011「春風亭小朝独演会」』を見に行って(こちら)、落語家の方の話って面白いんだなぁって思って、その時に、「今度は、笑福亭鶴瓶さんのを見てみたい」と思っていたので、今日、楽しみです
今回は「落語」ではありませんが、TVで見る笑福亭鶴瓶さんのお話はとても面白いので、okです

では、行って参ります


大阪への旅 まとめ
大阪に向かっています → こちら
「McDonald's鶴瓶噺2011」を見て来ました。 → こちら
大阪「インスタントラーメン発明記念館」に。 → こちら
大阪「ブリーゼブリーゼ」内「京やさい料理接方来」にてランチ → こちら
京都「然花抄院」の「抹茶カステララスク」 → こちら




京都「森半」の「抹茶クッキー」

2011年5月3日(火)

お友達から、京都「森半」(こちら)の「抹茶クッキー」(こちら)をお土産でいただきました
IMG_4156_20110417120816.jpg

「森半」は、175年前の天保7年(1836年)創業の老舗の抹茶のお店です。
以前にもアップしていますが(こちら)、3年前に出た「ヤマザキ」の「ランチパック/抹茶&小倉」の抹茶クリームも、ここ「森半」の抹茶でした。

こちらがクッキーです。
IMG_4292.jpg

とっても美味しいクッキーですねぇ
抹茶の苦さがちゃんといい感じで生かされていて、そして、材料に「ショートニング」が使われているから・・なのか、サクサクしていて、食感もとてもイイです







福井県立美術館で開催中の「『2011年NHK大河ドラマ特別展 「江~姫たちの戦国~」(福井展)』を。

2011年5月2日(月)

福井県立美術館こちら)で開催中の『2011年NHK大河ドラマ特別展 「江~姫たちの戦国~」(福井展)』(こちら)を見に行って来ました
2011050113070000.jpg

こちら、チケットです。
IMG_4562.jpg

こちら、チラシです。
IMG_4564_20110501170225.jpg

私、現在、NHKで放送中の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」(こちら)を毎週欠かさず楽しみに見ています

私、2008年の「篤姫」(こちら)は最後の方の5話位は見ましたが、大河ドラマを今まで1度も「全話」通して見た事が無く、「江」は始まる時点でかなり不安でしたが、CMも無く一気に見れるし、また、登場人物も超有名人ばかりなので、見飽きず、取り残される事無く、楽しく見れています。

去年4月の「越前時代行列」を見に行った時のブログでもアップしましたが(こちら)、私、「江」放送開始をかなり楽しみに1年間待っていたので、また、私は元々、江戸時代の「大奥」に関する事に興味があるので、2年前に 福井市立郷土歴史博物館(こちら)でやっていた「大奥展」(こちら)も見て来ましたし(こちら)、ドラマ共々、この『2011年NHK大河ドラマ特別展 「江~姫たちの戦国~」(福井展)』もかなり満喫して来ました

」は、元亀4年(1573年)、近江の戦国大名・浅井長政こちら)と織田信長こちら)の妹・こちら)の間に生まれました。
三姉妹の末っ子で、長女は茶々(淀・豊臣秀吉〔こちら〕側室)〔こちら〕、次女は(小浜藩主京極高次〔こちら〕正室)〔こちら〕です。

生後間もなく父を、11歳の時には 母と義父の越前北庄(今の福井市中心地)城主・柴田勝家こちら)を戦で失います。
その後、2度の結婚を経て、最後に2代将軍・徳川秀忠こちら)の正室となります。
秀忠との間には 2男5女に恵まれ、嫡男・家光こちら)は3代将軍となり、5女・和子(こちら)は御水尾天皇(こちら)に嫁ぎました。
そして、寛永3年(1626年)、江戸城で54歳の生涯を閉じました。

福井県民の方々には、越前北庄城主であった柴田勝家・お市は非常に馴染みのある歴史上の人物ですよね

江の3番目の夫であり、後に2代将軍となる徳川秀忠との間に生まれた家光は、最終的に、3代将軍になる訳ですが、徳川幕府265年の間に居た「正室」の中で、自分の生んだ男子が将軍になったのは この江のみだそうです。
また、江は、「将軍の妻」でもあり、「将軍の母」でもあり、また、自分の娘(5女・和子)を天皇に嫁がせているので「天皇の義母」でもあり、その後、和子が生んだ子供が天皇になっているので、「天皇の祖母」でもあります。
つまり、今の日本の天皇の先祖と言う事にもなりますね。
かなりなスーパーセレブぶり

今回の展覧会では、この江と 彼女を取り巻く人々の遺品や歴史資料、約150点を展示しています。

もちろん写真は撮れませんので、チラシに載っていた3つの展示物のご紹介をしますね。
チラシを撮ったものなので、そんなにキレイじゃないと思いますが・・・。

【市指定】淀消息 京極高次宛〔滋賀・知善院蔵〕
「消息」とは「手紙」の事で、江の姉・淀が 初の夫の京極高次に出した手紙です。
IMG_4570_20110501170224.jpg

【重要文化財】浅井長政夫人・お市像〔和歌山・高野山持明院蔵〕
IMG_4572.jpg

【重要文化財】青井戸茶碗 銘柴田(あおいどちゃわん めいしばた)〔東京・根津美術館蔵〕
柴田勝家が織田信長から拝領した茶碗。本県初公開。
IMG_4568.jpg

あと、チラシに写真がありませんでしたが、一番奥に、一番広いスペースを取って立派に大々的に展示してあった「崇源院宮殿(すうげんいんくうでん)」(こちらこちら)もありました。
「崇源院」(こちら)とは、江の法名です。
「宮殿」とは、仏像や位牌を安置する厨子の一種です。
当初は、徳川家康のものとされていましたが、修復の過程で崇源院の為に作られた事が判明しました。
内外前面にハスの花などの装飾が施されています。
江の息子・忠長(家光の弟)が亡き母の為に作ったものですが、これを作った事が後々、家光の怒りを買う事になる訳ですが・・・。

前述の2年前に見に行った(こちら)福井市立郷土歴史博物館でやっていた「大奥展」もなかなか見ごたえがありましたが、今回の『2011年NHK大河ドラマ特別展 「江~姫たちの戦国~」(福井展)』もかなり・・でしたよ
展示物もかなり多く、江、市、信長、秀吉、家康などが描かれた掛け軸、直筆の書状、調度品もかなりありましたし、また、賤ケ岳の合戦を描いた屏風(びょうぶ)など、福井ゆかりの品も多く並んでいます。
江が姉の初に宛てた直筆の手紙2点も展示してあります。

歴史上の有名な人物が多く絡む時代の展示なので、展示してあるものもかなり有名な方々のものも多いですし、今から400年以上前のものもあったりする訳ですが、そのようなものが今でもちゃんと見れる事にかなり感動をしました
戦争や1923年の関東大震災(こちら)が無かったら、もっともっと残っていたんでしょうねぇ。

あと、博物館・美術館によくある「音声ガイド」、今回は、NHK大河ドラマで、江の母役を演じている女優の鈴木保奈美さんが 3人の娘達の人生や周辺の人々を紹介する という趣向で、「本日はようこそお越し下さいました」という挨拶から始まり、母親目線での優しい語り口になっています。
私は今回、これを借りて(500円)回りました。
かなり良い感じです

今、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」を見ている方には勿論、オススメですし、また、そうでない方に取ってもとても興味深く見れる内容になっていると思うので、是非とも・・
「江~姫たちの戦国~」をご覧になっている方は、この人はドラマでは●○さんが演じてる人で・・とオーバーラップして見ると、より分かりやすいかも知れませんね
江、茶々、初、市、信長、秀吉辺りはすんなり入るんですが、京極龍子(こちら)とか 北政所(おね)〔こちら〕とかになって来ると、よく分かんなくなって来ちゃいそうなので、京極龍子は鈴木砂羽さん、北政所は大竹しのぶさん・・・と置き換えて見てました。

余談ですが、ドラマでは前田健さんが演じている 家康の次男であり、秀吉の養子である秀康(こちら)は、「結城秀康」となって、北ノ庄藩(福井藩)の初代藩主となります


私が行ったのは、昨日(日曜日)の午後で、GWの真っ只中の休日だった事もあり、かなり混んでましたねぇ。
わざわざ日曜日に行かなくても、今日とか平日に行けば良かった・・


それと・・・。
今日のpm7:30~8:43のNHK総合の「鶴瓶の家族に乾杯」(こちら)には、「江~姫たちの戦国~」で次女・初を演じる、水川あさみさん(こちら)が出演され(こちら)、柴田勝家の居城があった福井市を回るそうです。
楽しみですね
これ、私、雑誌(テレビ誌)を見てて、楽しみに待っていた放送なのですが、実は、ホントは、震災の直後に放送予定だった分なんです
震災で放送がなくなったのなぁって思っていたのですが、放送決定して良かったです
なお、再放送は、5/4(水)のpm1:05~2:20にあります。


◆福井県立美術館
住所:福井県福井市文京3‐16‐1
TEL:0776-25‐0452
開催期間:4/22(金)~5/29(日)
開館時間:午前9時から午後5時まで
 ※毎週金曜日は午後8時まで。
  入館はいずれも閉館30分前まで
休館日:5/9(月)、5/23(月)
観覧料:一般1,200円、大高生800円、中学生以下は無料


Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索