FC2ブログ

Entries

名古屋「ミッドランドスクエア」の「上海老飯店」にランチ。

2011年10月31日(月)

先週アップしました通り(こちら)、わたくし、JR名古屋駅にある「名鉄百貨店」(こちら)にある「名鉄ホール」(こちら)で行われた大泉洋さんこちら)の舞台「大泉ワンマンショー」(こちら)を見に行って来ました

その際、こちらでランチをして来ました。

JR名古屋駅前にある「ミッドランドスクエア」(こちら)4階にある「上海老飯店」(こちら)です。IMG_6979.jpg

IMG_6980.jpg

こちら「上海老飯店」は、130年の歴史を誇る上海料理発祥の店として名高い老舗「上海老飯店」の日本第1号店だそうです。
本店より料理人を招聘し、伝統の味を再現した約70種類の正統派上海料理をいただけるそうです。

本店は、上海・豫園(よえん/ユーユアン)〔こちら〕周辺にあるそうで、私も豫園に行った事がありますし(こちら)、もしかして、目にしているかも知れませんねぇ。

「どこに行こうか・・と悩んだ結果、「普段あまり食べない中華・点心」と、こちらにしました

こちら店内です。
オープンとほぼ同時に入ったのですが、既に1/3位は座っていましたので、誰もまだ居ない方の席を撮りました。
IMG_6983_20111028195423.jpg

ランチメニューは、全部で6種類あります(こちら)。
その他に、この「スペシャル点心セット」(2500円)があったので、こちらにしました。
IMG_6981.jpg

これで1人分です。
IMG_6984.jpg

小籠包です。
IMG_6986.jpg

花巻蒸しパンです。
IMG_6989.jpg

餅米入り花焼売です。
IMG_6991.jpg

大根餅です。
IMG_6993.jpg

上海蟹みそ入り汁そばです。
IMG_6995.jpg

麺を持ち上げてみました。
IMG_6996.jpg

杏仁豆腐です。
IMG_6999.jpg

どれもとても美味しかったです
食べる前は、「少ないかな・・」と思いましたが、満腹になりました。
汁そばのスープには、上海蟹が沢山沈んでいたので、もれなく飲み干しました
杏仁豆腐はフルフルでした。
杏仁の香りも良かったですし。



★上海老飯店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
   ミッドランドスクエア4F
TEL:052-527-8823
営業時間
 平日 11:00~15:00
   17:30~23:00
土日 11:00~15:30
   17:00~23:00
定休日:不定休(ミッドランドスクエアに準ずる)






スポンサーサイト



★夢のコラボ★

2011年10月30日(日)

既にアップ済ですが(こちら)、今月、世界体操・東京大会(こちら)、4日程 観戦に行った私ですが・・

その時に、「セブンイレブン」(こちら)にて、こんな品々を発見しました

チロルチョコ」(こちら)と「森永製菓」(こちら)、そして、「ユーラク」(こちら)のコラボです(こちら
首都圏の「セブンイレブン」限定発売だったようです。
買えてラッキー

なお・・・。
「ユーラク」は、「ブラックサンダー」(こちら)を作っている会社です。
こちら、「ブラックサンダー」(32円)。
IMG_6914_20111028211456.jpg

こちらは、「チロルチョコ」と「森永製菓」の「チョコボール」(こちら)のコラボです(74円)。
IMG_6945_20111028213146.jpg

IMG_6949_20111028213146.jpg

IMG_6947_20111028213146.jpg

そして、「チロル」に「チョコボール」が入ったパターン。
まずは「ピーナッツ」〔こちら〕(32円)。
IMG_6902_20111028213259.jpg

IMG_6936_20111028213258.jpg

そして、「キャラメル」〔こちら〕(32円)。
IMG_6904_20111028213258.jpg

IMG_6939_20111028213258.jpg

IMG_6940_20111028213257.jpg

IMG_6942.jpg


そして、こちらは「チョコボール」と「ブラックサンダー」のコラボです(74円)。
IMG_6951_20111028213145.jpg

IMG_6952_20111028213145.jpg

こちらは「ブラックサンダー」と「チロル」のコラボ2品です。
まずは、「ブラックサンダー」に「チロル」が入ったパターン(32円)〔こちら〕。
IMG_6916.jpg

IMG_6917.jpg

IMG_6919.jpg

こちら逆の 「チロル」に「ブラックサンダー」が入ったパターン〔こちら〕(32円)。
無題

IMG_6910.jpg

IMG_6912.jpg

他に、「ブラックサンダー」に「チョコボール」が入ったパターン(こちら)もあったのですが、買い忘れ・・
(それか、行ったお店にたまたま無かっただけ・・

食べてみたのですが、「チロル」や「チョコボール」に「ブラックサンダー」が入ると、「ブラックサンダー感」が割と出ますが、他はよく・・分からない・・

「チロル」と「ブラックサンダー」・・。
同じ32円なんですけど、「チロル」が高く感じますよね
「チロル」が「ブラックサンダー」・「チョコボール」とコラボすると、大きくなって、「お得感」が出ますが、逆に、「ブラックサンダー」が「チロル」になると、小さくなって、何か損した気分・・・。




世界体操・男子団体決勝の時に内村選手&田中佑典選手が食べていた・・・。

2011年10月29日(土)

既にアップ済ですが(こちら)、今月、体操の世界選手権 東京大会こちら)、4日程 観戦に行った私ですが・・
Poster.jpg

10/12(水)男子団体決勝の時にですね、内村航平選手(こちら)・田中佑典選手(こちら)が、5種目目の平行棒の演技後、演技台下の椅子に座って、チョコを仲良く食べていた光景がテレビ中継に出てましたね。

田中佑典選手から、「これ食べる」的に内村選手に差し出し、内村選手は「うん、食べる」的会話をしてそうな感じでした
(あくまで、私の勝手な想像です

その画像がこちらです(テレビを撮影してみました)。
左が田中佑典選手で、右が内村選手。
IMG_6929_20111028193158.jpg

田中佑典選手の手元をアップにしました。
IMG_6932.jpg

私、この日、会場である東京・渋谷の「東京体育館」に居ましたが、この様子は会場には流れていない映像でして、家に帰ってから、テレビで見ました。
そして、抹茶スイーツ大好きな私は、これが何か、テレビを見て、即分かりましたぁ

こちらです。
明治製菓」(こちら)の「Green Tea」です
2011101719290000.jpg

テレビ画面と角度を合わせてみました
2011102819380000.jpg


田中佑典選手、抹茶好きなんかなぁ
もしそうなら、私とおんなじだぁ

内村選手はチョコが大好きですねぇ。
2008年の北京オリンピックの時にも、競技の待ち時間、チョコを食べている映像が流れてましたよね。


・・・でも・・・、すごいですよね・・・・
内村選手は、試合の時にも緊張をした事がない、前日は「明日が楽しみ」と思う人だそうですし、田中佑典選手は 団体決勝の最終演技の鉄棒で落下し、「金メダル」が泡と消えた この日、『みんなが応援してくれて、みんなが見ているので、演技していて気持ちが良かった』と言ってた位、度胸が座ってるし・・。
「チョコ食べる」・「うん、食べる」って言う余裕があるって事ですよねぇ。
緊張をし過ぎない、心に「ある程度」余裕を持つって言うか・・。
さすがだ・・・・


世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら






「グリコ」の抹茶クッキー「Shall we?」

2011年10月28日(金)

グリコ」(こちら)のクッキー「Shall we?」(こちら)の「チョコが甘さを添える濃厚抹茶クッキー」(こちら)を買いました。
IMG_6484.jpg

京都の老舗のお茶屋さん「辻利」(こちら)を使っているそうです。
創業151年だそうです。

こちらが11枚入っています。
IMG_6496.jpg

「辻利抹茶を使用したほろ苦いおいしさのクッキーに甘いチョコチップを加え、さっくりと焼き上げました。抹茶のほんのりしたほろ苦さの中にチョコのスイートなおいしさが楽しめます。」との事です。
IMG_6547.jpg

パッケージを開けると、キレイな抹茶色で、そして、抹茶の香りがします。
抹茶がほろ苦くて、大人のクッキーですね。
「クッキー」と言うか、「サブレ」に近い気もしました。
「チョコチップ感」がイマイチ感じられなかったのですが、たまたま・・

11枚入りで290円するのですが、もう少しお値段が安いといいですね




岐阜県「弁天堂」の「栗粉餅」

2011年10月27日(木)

岐阜県「弁天堂(ベンテンドー)」(こちら)の「栗粉餅」(こちら)をいただきました。
IMG_6488.jpg

栗と言えば岐阜県ですよね

「栗粉餅」は、以前、岐阜県の違うお店のものをお取り寄せした事があり、このブログでもアップしています(こちら)。
「栗粉餅」、美味しいですよね

1口サイズが10個入っています。
IMG_6654.jpg

丸い柔らかいお餅に、裏ごしした栗がたっぷりとまぶしてあります。
IMG_6657.jpg

栗の甘さ、裏ごしした栗のフワフワ感がとても美味でございました


★弁天堂
住所:岐阜県岐阜市神田町5-12
TEL/FAX:058-262-1397
営業時間:10~18:30
定休日:不定休


「ファミリーマート」の「宇治抹茶と黒糖のシュークリーム」

2011年10月26日(水)

ファミリーマート」(こちら)のオリジナルスイーツ「Sweets+」(こちら)に「宇治抹茶と黒糖のシュークリーム」(こちら)が出ています。
9/9から発売されているそうです。
IMG_6620.jpg

IMG_6624_20111010101405.jpg

HPによると、「石臼挽き宇治抹茶を使用した香り高くほろ苦い抹茶カスタードクリームと黒糖ホイップクリームを黒糖を配合したシュー生地に詰めました」との事です。
IMG_6626.jpg

美味しいシュークリームでしたが、抹茶クリームの色がちょっと黒めだったので、もう少し鮮やかな緑のままだと、より見ため的に美味しそうかな・・とは思いました。

1つ120円です。



舞台「大泉ワンマンショー」を見て来た。

2011年10月24日(月)

昨日アップしましたが(こちら)、JR名古屋駅にある「名鉄百貨店」(こちら)にある「名鉄ホール」(こちら)で行われた大泉洋さんこちら)の舞台「大泉ワンマンショー」(こちら)を見に行って来ました
IMG_7004.jpg

大泉洋さんが所属する北海道の劇団「TEAM NACS」(こちら)は、今年結成15周年で、今年は、メンバー5人がそれぞれソロで舞台をしています(こちら)。
その内の大泉洋さんの分を見て来ました。
IMG_70231.jpg

12列目だったので、割とよく見えました。
IMG_7024.jpg

「TEAM NACS」の舞台を見るのは、前回の「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。(2009年)」(こちら)以来、2回目です(こちら


あの
私、「大泉ワンマンショー」って言う演目のお芝居かと思って行ったのですが、大泉さんのトークあり、歌あり、落語あり、モノマネあり・・と言う まさに、ホントに、「大泉さんのワンマンショー」でした
『「ワンマンショー」ってそう言う事だったの』と。
「舞台」と言うより「ファンの集い」のようなものって言う感じ・・

真剣に歌を歌う大泉さんを見て、途中で、笑けて来ましたがね

今回、「TEAM NACS」5人がそれぞれ別に舞台をしている訳ですが・・・。
大泉さんによると、リーダー・森崎博之さん(こちら)の「LOOSER 6」(こちら)、戸次重幸さん(こちら)の「totsugi式」(こちら)、ここまでは、「舞台らしいもの」らしいのですが、音尾琢真さん(こちら)の「Ottey Ottoman」(こちら)は、ドレッドヘアの音尾くんが延々と歌い、安田顕さん(こちら)「港町13番勝負 安田顕ひとり語り~おもだって、僕の父親の話です。」(こちら)は、安田くんが延々とお父さんの事を話すと言う内容だとか

大泉さん・・、最近、かなり多忙と言う事で、「時間が無かったか・・」と言う感じは多々あった「大泉ワンマンショー」ですが、大泉さんのトークは基本的に面白くて好きなので、終始、爆笑でしたが。
ただ、大泉さん自身いわく「『連れて来られた方』にとっては、訳が分からないでしょうけどね」との事で、確かに・・・


セットチェンジ、衣装チェンジの際に「間」が持たないと言う事で、「転換VTR」なるものが用意され、登場したのは、藤村くんと嬉野くんですよ
北海道テレビの人気番組「水曜どうでしょう」(こちら)のディレクター陣・藤村忠寿さん&嬉野雅道さんですが、彼らに、「転換VTR」を依頼する所からVTRは始まり、大泉さんの太鼓・殺陣などが企画され、おもしろおかしく進行して行くと言う「どうでしょう色」満載のVTRです。
ま・・・、セットチェンジ、衣装チェンジと言う割に、幕が開いても、毎回、あまり変化はないんですが・・

モノマネの所では、「水曜どうでしょう」ではお馴染み「いとこのみっちゃん」のHDDのくだり(誰も「みっちゃん」本人を知らないですが、超有名人な「みっちゃん」)、大河ドラマ「龍馬伝」で共演した福山雅治さんの「名言集」、大泉さん主演映画「探偵はBARにいる」のシーンを再現すると言うものなどなど・・・。
途中で、「『連れてこられた人』は本当に大丈夫か」と心配になりましたが・・。

入り口で入った所で、袋を渡されるのですが、その中に、「名鉄ホール」で開催される舞台とかTEAM NACSの舞台などの情報のチラシが入っていまして、その中に「サイリウム」(こちら)が1本入ってまして・・。
これ、棒状になっていて、真ん中で「パキッ」と折り、コンサート・釣りなんかで使う光る液体の入ったものですが、開演前、スタッフさんが出て来て(後の大泉さんの話では、マネージャーさんでした)、「折って、自由に振って下さい」との事でした。
「自由に」って思いつつ、何に使うんだろう・・って思ってましたが、大泉さんの歌の時に使うと言う事でしたね。

東京公演では、AKB48の前田敦子さんも来て、「何で私、大泉さんの舞台でサイリウムを振らなきゃいけないんですかー」って言っていたそうですが。


こちら、会場外にあったお花です。
IMG_7001.jpg

前回の舞台を見に行った時(こちら)にもありましたが、こちら、前述の藤村Dのお母さんで、名古屋で喫茶店「ラディッシュ 」(こちら)をされています。
「水曜どうでしょう」でも登場する喫茶店で、「どうでしょうファン」には「聖地」のような場所らしいなので、私も今回、行ってみたかったのですが、日曜日は定休日と言う事で、今回は断念しました。

ちなみに、私が行った昨日の夜公演には、藤村くん母も見に来る事になっているとか・・・。


こちらはグッズとして売っていた「大泉ワンマンジュー」です。
トートバック付きで1300円
IMG_7032_20111024104403.jpg

IMG_7034_20111024104403.jpg

「まんじゅう」です。
IMG_7036.jpg

IMG_7038.jpg

IMG_7041.jpg


「大泉さんのファンの集い」・・、私は面白かったですよ

なお、「TEAM NACS」としての3年ぶりの本公演「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」(こちら)は、来年開催との事なので、ちゃんとしたお芝居はこちらで見たいと思います



名古屋に向かってます

2011年10月23日(日)

先週、先々週は、世界体操東京大会(こちら)の観戦&東京遠征に忙しかった私ですが・・・(こちら)。

今日は名古屋に向かっています
現在、名古屋に向かう高速バスの中です。
2011101010500000.jpg

何か・・、忙しいな・・・

今日はですね・・・。
JR名古屋駅にある「名鉄百貨店」(こちら)にある「名鉄ホール」(こちら)で行われる大泉洋さんこちら)の舞台「大泉ワンマンショー」(こちら)を見に行きます
2011101010520000.jpg

大泉洋さんが所属する北海道の劇団「TEAM NACS」(こちら)は、今年結成15周年で、今年は、メンバー5人がそれぞれソロで舞台をしています(こちら)。
2011101010510000_20111024100109.jpg

その内の大泉洋さんの舞台を見に行きます。

「TEAM NACS」としては、舞台は2年振りで、前回の「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」(こちら)も名古屋に見に行っています(こちら

今回はなかなか良い席のようなので、とても楽しみです





世界体操 東京大会、閉幕。

2011年10月22日(土)

少しお休みを頂いておりましたが、今日から再開します。

日曜日までアップしておりました通り(こちら)、体操の世界選手権 東京大会、無事、終わりました
Poster.jpg

世界選手権 東京大会 公式サイト⇒こちら


1995年に地元・福井県の鯖江市で開催されてから16年。
再び日本での開催となった世界体操。
人生で2度も「生」で見れるとは思っていませんでした


まずは、ブログ記事をまとめます。

色々
2011年、体操の世界選手権、日本で開催 ⇒こちら
★あと30日★ ⇒こちら
あと10日!!!⇒こちら
世界体操、本日開幕!⇒こちら
明日のフジテレビ「ボクらの時代」に・・・。⇒こちら
応援グッズ製作(笑)⇒こちら

団体予選
世界体操2日目<女子団体予選>⇒こちら
世界体操3日目<男子団体予選>⇒こちら
世界体操4日目<男子団体予選>⇒こちら

女子団体決勝
世界体操5日目<女子団体決勝>⇒こちら

男子団体決勝
東京へ!⇒こちら
会場に到着!!⇒こちら
世界体操・男子団体決勝終了!⇒こちら
東京→福井へ⇒こちら
世界体操・男子団体決勝の時に内村選手&田中佑典選手が食べていた・・・。⇒こちら

女子個人総合決勝
世界体操・女子個人総合決勝終了!⇒こちら

男子個人総合決勝
再び東京に向かってます。⇒こちら
世界体操・男子個人総合決勝終了!⇒こちら

男女種目別決勝
今日は世界体操・男女種目別決勝1日目★⇒こちら
会場に着きました~~。⇒こちら
世界体操・男女種目別決勝1日目を見て来た⇒こちら
今日は世界体操・男女種目別決勝2日目★⇒こちら
世界体操・男女種目別決勝2日目を見て来た⇒こちら
東京⇒福井に⇒こちら


今回、私が会場で「生」で見たのは、10/12(水)男子団体決勝こちら)、10/14(金)男子個人決勝こちら)、10/15(土)~16(日)男女種目別決勝こちらこちら)です。
それ以外の予選、女子団体決勝、女子個人総合はTVで見ました。


閉幕して1週間。
今思い起こしても、今回、日本は、男子も女子も、ホントによくやってくれたなぁと思います
日本での開催と言う事も大きいでしょうし、また、来年のロンドン・オリンピックへの前哨戦と言うのもあるでしょうし・・。

男子は、団体で銀メダル内村航平選手こちら)は、個人総合3連覇ゆかで金メダル鉄棒で銅メダル沖口誠選手こちら)は、跳馬で銅メダル山室光史選手こちら)は、個人総合で銅メダルつり輪で銅メダル獲得、また、内村選手は、『エレガンス賞』受賞
また、女子は、念願の『団体』としてのロンドンオリンピック出場権獲得と、ホントにホントに素晴らしい


私、16日の日曜日の夜、福井に帰って来まして、ここ1週間で、会場で見た試合を再び、録画で見てました。
会場に居ると、臨場感・一体感・盛り上がりはあるのですが、解説・実況は無いので、詳細までは分からないのと、あと、スクリーンには映らないので、選手の表情とか、演技終了してから得点が出るまでの様子が分からないですし、また、当然、スロー再生も無いんで・・。
(種目別決勝だけは、会場のスクリーンに出てましたが)

あと、会場では、どうしても、日本選手を見てしまうので、外国の選手の演技が見れていないんで、それも見たかったですし。

今回、個人総合で前人未到の3連覇を達成した内村選手。
会場で見てても、TVで見てても、圧巻の演技でしたよね
「独走」してて、2種目のあん馬で既にトップになっていましたが、会場で見てた私には、それがよく分からなくて、4種目目の跳馬位から「独走体制」である認識が出来、イケるかもと思いました。

個人総合の内村選手の演技は、着地も姿勢もどれも完璧で(平行棒で多少、着地が弾みましたね)、終始「ショー」を見ているかのような、また、内村選手の今までのNo.1の演技を集めた映像を見ているかのような印象でしたねぇ

「前人未到」、つまり、「今まで誰も出来なかった=それだけ難しい」と言う事で、技術・美しさだけでは達成出来ない、色んな状況が重なって出来るものでもある気がするので、内村選手とは言え、それを達成出来るかは・・分からない、そう思って迎えたこの日だったのですが、跳馬の辺りから、「もしかして出来るかも知れない」と思って、そして、内村選手を見ても、会場の中で 唯一、「負けそうにないオーラ」を放っていましたねぇ。

そして、「人類未踏の3連覇」を達成し、「史上最強の体操選手」が誕生した訳ですが・・。

とにかく、素晴らしい、スゴイしか言えませんでしたねぇ。
会場は、体操競技では珍しく、会場内「スタンディングオベーション」で喜び、また、私もそうですが、私の周りでも「スゴイ、スゴイ」と、「すごい」しか言葉が出ない状態でしたねぇ。

ここ最近のオリンピック・世界選手権を見てても、個人総合で優勝する人も、割と失敗はしてる傾向にありますよね。
着地で大きく乱れたり、鉄棒で落ちそうになったり・・。
でも、男子は6種目あるので、仮にどこかでミスをしても、それまでに「貯金」があったり、ミスの後の挽回、また、他の選手の失敗で、優勝する事も多々あるのですが、今回の内村選手のように、完璧な演技で優勝すると言うのは、私自身は、最近見た事なく、その「完璧な演技で優勝」と言う所にも、こんな選手、見た事ないですし、「とにかくスゴイ」と思わせる要因でしたねぇ。

種目別決勝2日間の内村選手は、跳馬以外の5種目に出場してましたが、メダルを取った鉄棒、ゆか以外は、平行棒での倒立の乱れ、あん馬の落下、つり輪でもミス・・と、種目別用に難度を上げた為なのか、連戦の疲れなのか、きっと、内村選手自身は納得してないのかな・・とは思いましたが・・。
でも実際は、笑顔が出ていたり、「失敗しちゃった」的表情をしていたものも割とありましたねぇ。
もしかして、内村選手、来年のロンドン・オリンピックに向けた 何て言うんですかね、、、「連戦の中で難度を上げるとどうなるのかの試し」をしてみたのかもそんな風にも見えました。

唯一、平行棒だけは、得点が出てて、4位と分かり(3位との差が0.033)、かなり残念そうに「あ゙ーーーー」って言ってましたね。
(倒立の曲がりが 無ければ、完全にメダルでしたしねぇ)

ま、、、いずれにしても、種目別決勝で「オールラウンダー」が戦う事程難しい事は無いと思います。
その中で5種目出場し(本人は跳馬も出場するつもりだったようですが)、結果を残す。
ホントに「史上最強の体操選手」ですねぇ。


今回、団体決勝で、小林研也選手(こちら)・田中佑典選手(こちら)・内村選手が落下してしまい、振り返ってみると、この落下が「メダルの色」を分けた事になるのですが(ま、決定打は田中佑典選手ですがね・・)、確かに「銀メダル」は本当に残念でした。
「見えていた金」だけに・・。

「東京開催で33年ぶりの金メダル」と言う光景を、この目でホントに見たかったし、獲得する事で、日本体操界が活気付き、体操をしているジュニアの子供達にも「夢」を持たせる事が出来、そして、今の震災後の日本を少しでも勇気付け出来、「日本は元気なんだぞ」と世界にアピールも出来たと思います。

ですが、銀だった事は、もしかして、「ロンドン・オリンピックでは金」への強烈な思いをより強く選手に持たせた気がして、逆にプラスにもなるのかなと思いました。
田中佑典選手が持ったはずの「団体決勝で自分が落下して、金を逃した」と言う後悔、これを持ち続ける事で、来年への強い思いを持ったと思います。
田中佑典選手、でないと、「2011年全日本学生選手権優勝」(こちら)、今回の鉄棒予選1位の名がすたるで

田中佑典選手、現在、まだ21歳。
若いだけじゃなくて、足先までホントにキレイな演技をする「Eスコア」(正確性・美しさの判定項目)を取れる選手ですし、また、「度胸もかなり座っている選手」と見たので、緊張をした事がない内村選手と、この度胸が座った田中佑典選手、この2人でこれからも頑張って欲しいです。
練習の鬼・内村選手と今回チームメイトになった事で、かなりいい影響を受けたみたいですし。
とにかく、来年、ロンドンの地では、「自分自身」で雪辱を晴らして下さいよっ

しかし・・。
団体予選のゆかで首を強打し、そのまま棄権してしまった田中佑典選手。
その後、団体決勝から復帰してきましたが、首・肩のテーピングが・・、ホントに痛々しかった・・。
痛さの残ったままの演技だったようですねぇ・・・。


そして、今回大躍進の山室選手。
力技系の種目が得意で、鉄棒・平行棒はそれ程、「Dスコア」(難度)が高くない構成と言う事なので、後半にかけて盛り上がる個人総合では、鉄棒が大得意な選手より、どうしても、若干、印象が薄くなってしまいますが・・・
つり輪、跳馬で見せた山室選手の力は、素晴らしかったなぁと思います。

ちょっとウケたんですがね・・・。
個人総合の時、1班の最終種目・鉄棒の最終演技者の内村選手が終わり、内村選手の優勝が確定し、山室選手が3位、わーーーーいと会場中、スタオベで、大盛り上がってたんですよ。

そしたら、ゆかでまだ演技をしている人が居て・・。
会場のみんな、そんな事はすっかり忘れてて、3位確定したもんだと思い込んでしまって・・・。
会場のみなさん、それに気づいて、「あら、失礼・・」的に、ぞろぞろと一旦座りましたねぇ・・。



会場で実際見ていると、TVでは見れない色んなものが見えるのですが・・。

まず・・。
アメリカのダネル・リーバ選手(こちら)19歳。
幼い頃に、キューバから家族で亡命して来て、義父がコーチなんですが、TVでも「アメリカ版・アニマル浜口」と報道されている通り、かなりアツいお父さんな訳ですよ
何せ、会場ではリーバ選手よりも目立っている・・

個人総合では鉄棒で落下があり、そのまま棄権してしまい、残念な結果になってしましたが、平行棒で優勝しました。
その平行棒では、演技をする前、1人前の選手が終わった時点で、お父さん、盛り上がる
ま、盛り上がると言うか、暑苦しい位に気合いを入れる・・

人間って、「動くもの」に目が行く習性なので、どうしても、お父さんを見てしまう訳です。
リーバ選手より・・
一緒に行った友達は、リーバ選手の平行棒より、お父さんの一挙手一投足を見てましたわ

種目別の平行棒は最終日なので、毎日会場に来ていると、「お父さんがスター化」して行く様子が分かるんですが、後半には、私、お父さんが歩いてるだけでおかしくなって来て・・・
平行棒の表彰式では、観客席に移動して、感慨深げに息子を見守るお父さんの方を見てましたわ、私

TV中継では画面に見える人しか見れないので、選手の演技に集中できますが、会場では好きな所を見れてしまうので、うっかり、お父さんを目で追ってしまう・・、そんな人も多かったと思います。

リーバ選手の後、田中和仁選手(こちら)の演技だったのですが、田中和仁選手が出て来て、器具に炭酸マグネシウムを付けて準備している間(リーバ選手の点数が出る間)、会場内スクリーンにリプレイ映像・スロー映像が出てるんですが、ここでもまたお父さんがアップになって、会場内大爆笑
今から田中和仁選手が演技するのに、どうしてもそっちが気になる・・・
ただ、かなりざわざわしてしまったていたので、田中和仁選手には少し不利と言うか、集中力大丈夫かなぁ・・と心配しちゃいましたねぇ。
結果的に、田中和仁選手、入りで失敗してしまい4位だったので、もしかしてお父さんの作戦って思っちゃいましたけど。
ま・・・、そんな事は無いでしょうし、それで集中力が途切れるようでは、世界で戦っていけませんけどね


そして、ドイツのフィリップ・ボイ選手(こちら)。
去年の世界体操で「エレガンス賞」を受賞(こちら)した「ミスターエレガント」で、今回の個人総合では2位、種目別の鉄棒では落下の為7位でしたが、日本国内にも、かなりファンの居る選手です。

個人総合の日、私のごく近くに 明らかに日本人なのに、ドイツ国旗を持って応援している人が居て、あまりに盛り上がるので、その周り居た私を含めた数人が、最終的にボイ選手を応援してしまっていたと言う・・。(勿論、内村選手の次に・・ですよ)

個人総合の時には、私達が座っていた席が、選手が入退場するエリアのごく近くだったのですが、表彰式が終わって、先頭・内村選手、その後にボイ選手、最後に山室選手が歩いて来る時、選手間の距離は割とあったと言う事もあるのですが、内村選手が行った後、私達の周辺、私も一緒に、何故か「ボイーーーーーー」と盛り上がる・・的な感じ・・
(勿論、内村選手、山室選手の方が盛り上がってますよ・・)

ちなみに、ボイ選手、内村選手に非常に憧れていて、今大会期間中のインタビューで「内村選手はアイドルのような存在」と言っていましたねぇ。
個人総合4位のイギリスのダニエル・パービス選手(こちら)も同様な事を言ってましたしねぇ。
世界のトップレベルの体操選手が憧れる体操選手、それが内村選手と言う事ですね。

そう言えば、2004年アテネオリンピック団体金メダリスト、2005年世界選手権個人総合金メダリストであり、現在は、順天堂大学スポーツ助教であり、日本オリンピック委員会専任コーチである冨田洋之さん(こちら)、冨田くんが現役の頃も、彼もこのような感じで、試合前の練習場で冨田くんが練習を始めると、他の国の選手が練習を中断して、冨田くんの演技を見ていた・・と聞いた事があります。

ちなみに・・。
ダニエル・パービス選手、つま先まで神経が行き届いて、非常に体線・姿勢が美しい選手ですねぇ。
去年の世界選手権では個人総合5位でしたが、今年は個人総合4位。
来年のロンドン・オリンピックは地元開催となる訳ですし、注目選手になるかも知れませんね


TV中継では全く出てないのですが、会場では、まず、審判団が入場し、その後、選手が入場して来るんですが、その際、選手ゲートの両脇から、勢い良くスモークが出て来て、何か・・今から格闘技が始まるみたいな感じなんですよ。
しかも、会場内ナレーションが「Welcome to GYMNAST」(合ってる 他にも何か言ってたかも知れませんけど)って言うかなり盛り上がった声なので、何か、かなりワクワクする、大きなイベントが始まるぞっ的な感じで、すごく盛り上がりましたねぇ。


今回、あん馬でハンガリーのクリスティアン・ベルギ選手が優勝したのですが、私、初めて、ハンガリー国歌と言うものを聞きました。
何か、、ホントに壮大で、映画音楽のような曲で、東欧が目に浮かぶような素敵な曲ですねぇ。
体操だと、中国・ロシア・アメリカ・ルーマニアなどの国歌を聞く事が多いので、新鮮でした。


会場に来ている人って、大きく2つに分かれると思うんですよね。
まず、「体操が好きな人・体操をしている人」、つまり、「体操」と言うものを見に来ている人。
もう1つは、選手個人のファン、つまり、「人」を見に来ている人。
ま、アイドルのような存在として、体操選手を見ている人達かも知れないですし、また、今回は、ナビゲーターをしている嵐の相葉ちゃんファンも割と居ましたかね。

で、前者の「体操ファン」、私もコレに入りますが、勿論、日本選手も応援してるんですが、さっき書いたドイツのボイ選手ではないですが、どこの国と言うより、みんなを応援していると言う人もかなり居るんですよね。

体操の応援で、「○●さん、ガンバー」(「頑張って」の意味ですね)って言うのがありますが、何故か、「ボイ、ガンバー」って応援してる人(しかも、会場内に割と通る)、その他にも、日本選手だけじゃなく、各国の選手をも応援している同じ人達(勿論、日本人ですよ)が毎日、どこかには居ましたよね。
日本開催とは言え、体操自体が好きで、そして、選手みんなにケガなく、持っている力を全て発揮して欲しい・・。
そんな思いで、「○◎(←外国人選手の名前)、ガンバー」なんでしょうねぇ。
ただ、「ガンバー」なので、そこは、その選手の母国語か英語にしてみたらいいのに・・・と毎日思ってましたがね・・。


さて、今回、自作の応援グッズ(A4サイズの日の丸旗)を製作し(こちら)、会場に行った訳ですが・・・。

男子団体決勝は、1人だったので、振れず・・。
男子個人総合以降は、友達と2人だったので、友達にも「はい、これ」と渡したものの、「私は振らん」と言うもんで、私が2本持って、振ってた訳ですよ。

私、今回、前から1列目とか2列目で見てたので、私の方から見たら「近いなぁ」と言う印象だったのですが、逆から見るとどうなのか分からないので、より、選手に届くよう、高く、大きく振っていたんですよね。

そして、あれは男子個人総合の日、試合が終わり、ホテルに帰って、遅れて始まったTV中継を見てたら、友達からメールが来て、「映ってたよーーー」と・・・。
私・・・、「ん・・」と。

で、その日、ニュースを見てみたら、日の丸を派手に振る私らしき人が・・・
でも、小さいので、私達は分かるけど・・・位の大きさなので、「友達、よく分かったなぁ・・・」って思ったんですよね。
その後も、ちょいちょい映る私の日の丸に、2人で「映り込み過ぎ」とTVに突っ込みましたけどね。

そして、大会最終日、家に帰り、録画を見ていました。
男子個人総合の表彰式、国歌が終わり、会場に手を振る内村選手の奥に、割とデカめに映る私が・・・
これかぁ・・と思い、その画像を写メして友達に送ったら、「コレこれ」と・・・。

こりゃちょっと目立ってるなぁ・・・と自分で笑ってしまいましたねぇ・・・。
しかも、張り切り過ぎ・・・。
前人未到の3連覇、しかも、完璧な演技を見た後ですし、会場内も大盛り上がりだったので、この張り切りっぷりは仕方ない・・・とは思いつつ・・・。

そして、翌日会社に行ったら、隣の席の後輩が、「映ってましたねぇ めっちゃ振ってましたねぇ」と。
私が行っている事は知っていても、どこで見ているかまでは知らなかったのですが、TVで見て、「あーーーー、映ってるーーーー」と思ったみたいで・・・
そんなに・・・とちょっと反省しました
まぁでも、あの映像は、「国際映像」なので、ある意味、世界デビューですけどね
いい記念になりましたわ。

そして、録画を全部見終えて・・・。
結果、かなり映り込んでました・・・

いやね・・・・。
場所が場所だけに、映り込みは仕方ない・・。
跳馬のスタート位置に選手が待機している時とか、平行棒で始まる前に立っている時に奥に私・・とか。
しかも、かなりの確率で、私、祈ってる・・・・
(他にも祈ってる人、多数・・・)

先程も書きました通り、種目別決勝の2日間だけは、会場内スクリーンに映し出されていたんですよ。
沖口選手の跳馬の演技前に、「会場が映ってるなぁ・・」と思いつつ、「映るかも」と、旗を振り振りしてみたんでよ。
会場内スクリーンは、スクリーン自体が遠く、また、遠目に全体を映していたので気づきませんでしたが、録画で見たら、映り込み成功
しかも、「映るかなぁ・・」とスクリーンを見ながら映ろうとしている私と、絶対に映りたくなく顔をうちわで隠す友達・・・。

そんな事が出来るのも、会場での観戦ならでは・・ですね。
内村選手・沖口選手・田中佑典選手と「同じフレーム」に入った事ですし、この映像、保存版にしとこ


今回、圧巻の演技だった内村選手の個人総合ですが・・・。
内村選手と言えば、2007年位から国際大会に出始め(こちら)、世間一般に名が知れ渡ったのは、2008年の北京オリンピックの団体2位、個人総合2位の頃からですかね。

今大会の個人総合では、超完璧な演技をしていた訳ですが、北京オリンピックの個人総合の内村選手は、あん馬の2回落下の印象がかなりあって、でも、その他はどんなだったっけ・・・と思い、私の「思い出の体操DVD BOX」を出して来て、北京オリンピックの個人総合の内村選手の映像を振り返りました。

それを見て思ったのは、2008年⇒2011年の間に、内村選手が恐ろしく進化してる・・、そして、安定感が桁違いに増してると言う事ですねぇ。

そして、しかも何より・・・。
内村選手が「大人」になってる(←親戚のおばちゃんかっ)

北京オリンピックの頃は19歳でしたからねぇ。
映像では「ガキんちょ」です・・

そして、「思い出の体操DVD BOX」を見たら、内村選手が 初出場の世界選手権で初優勝した2009年の大会の録画まであり・・・。
こちらも見てみましたが、これよりも更に今年は進化してましたねぇ。

そして、この時から3連覇した訳ですねぇ。

で、、、2連覇の2010年の世界選手権の録画は・・・無い・・。
あれ・・

しかも、、、いつもは オリンピック・世界選手権、男子・女子、個人総合、種目別と、記事を分けて書いている私ですが、去年の世界選手権のブログを見ると、全部1つにまとめているので(こちら)、何か、忙しかったのか、他に気を取られる何かがあった時期なのか・・・・。

去年のブログを読むと、内村選手のつり輪の演技の時に 冨田くんがサポートをしてて、TV画面に2人が大きく映っていたようですねぇ。
まぁ・・・、何と素敵な「夢の2ショット」
今年の世界選手権では、既に書きました通り(こちら)、種目別決勝の鉄棒で、田中佑典選手のサポートを冨田くんがすると言う「夢の2ショット」がありました。
(田中佑典選手は順天堂大・体操部、冨田くんは順天堂大学で教えているから・・ それは関係無い・・
会場では、この2ショットに、多少ざわざわした感がありましたが(私の思い込み・・)、TV中継では、ちょうど田中佑典選手に隠れてしまって、冨田くんが はっきりとは映らないと言う残念な事になってましたねぇ。
・・ま・・、「残念」って、見てる観点がおかしいですが・・

跳馬を見てて気づいたのですが・・・。
内村選手、2008年の北京オリンピック、2009年の世界選手権、そして、今年の世界選手権、個人総合の跳馬は「シューヘルト」(Dスコア:6.6)と言う同じ技を跳んでるんですねぇ。
2010年は映像がないので、分からないですが・・。


で、その「思い出の体操DVD BOX」には、2005年に冨田くんが世界選手権で金メダル(日本人としては、31年ぶり)を獲得した時の映像とか、2004年のアテネオリンピックで 男子団体が28年ぶりの金メダルを獲得した時の映像とか、思い出に残したい映像が一杯で・・・。
うっかり見ちゃいましたわ


そして、今大会、ルーマニアの男子チームにウルジカがコーチで帯同してました。
2004年アテネオリンピックの種目別あん馬で銀メダルを獲得し、私の中では「おひげの体操選手」です。
そのウルジカを会場で見つけ、「あ、ウルジカだ」と思っていたら、後ろに座ってた 恐らく、日体大体操OBも「ウルジカ居るじゃん」って言ってて、何故か大きく頷く私・・・。

ちなみに、その時に銅メダルを獲得したのは、鹿島丈博さん(こちら)です。
2004年アテネオリンピック団体金メダリストでもありますね。
そして、2003年の世界選手権の種目別・鉄棒&あん馬で金メダル、2002年の世界選手権では あん馬で銅メダル、2005年の世界選手権では あん馬で銀メダルです。

「思い出の体操DVD BOX」には、2004年アテネオリンピックの種目別決勝のあん馬の映像もありましたが、鹿島さんのあん馬、久々に見ました。
とにかく素晴らしい。

「あん馬の鹿島」と言われた位で、鹿島さんは、とにかく手足が長い。
身長は169cmなのですが、足の長さは股下86cmですって。
半分以上、足です。
手の長さも64cmあり、あん馬を持っても、高い位置に腰が来ますよねぇ。
その長い手足から繰り出す演技には、迫力があります。

アテネオリンピック翌年の2005年のNHK杯は、地元・福井県で開催されたんですが、私、会場まで見に行ったんですよね。
その時に鹿島さんのあん馬を初めて「生」で見ましたが、ビックリしました
演技を始めると、その足の長さと、その長い足から繰り出す演技の大きさに 会場がとどめきましたねぇ・・・。
あの「どよめき」は今だに忘れられないです。

ちなみに、その時に冨田くんも出場してましたが、下痢により体調絶不調の為、演技中、ずっと「話しかけないでオーラ」を放ってました
・・とは言え、そんな状況でも、2位になるんですから、スゴイなぁ・・って思ってましたが・・・。



私の中の最強の体操選手と言うのは、2008年北京オリンピック・団体&個人総合、そして、2006年&2007年世界選手権・個人総合金メダルの中国の楊威(ヨウイ〔ヤン・イー〕)〔こちら〕と冨田くんなんです。
「強さ(難度)」の楊威、「美しさ」の冨田くん。

「強さ(難度)」と「美しさ」って、なかなか共存しないと言うか・・。
難度を上げると美しくない、美しさを求めると、難度が上がりにくい・・・。

「強さ(難度)」と「美しさ」、この両方を持った選手って、なかなか居ないと思うのですが、内村選手はそれを持ってますねぇ。
過去の映像を見ても、過去の時点で、既に、美しい体操はあって、それに「強さ(難度)」が加わった。
そして、「美しさ」も増した。
そして、「強さ(難度)」を加えても、「美しさ」が落ちない選手。
ホントに「史上最強の体操選手」ですね

ロンドンオリンピックまで、更に進化して行くと思うのですが・・。
ただ・・・・・、ケガだけは、ホントにホントに注意して欲しいです
ホントに・・・・。



今回、大会を見て思ったのは、「日本の体操はやっぱり美しい」と言う事でした。

内村選手は特に顕著ですが、内村選手以外も、最年少の田中佑典選手までも、本当につま先までキレイ。
鉄棒で離れ技をしても、足が離れない・・・。
日本国内の大会を見ていると、みんながそうなので、「普通」に思ってしまいますが、国際大会を見ると、日本選手の体操の美しさは桁違いだなぁと実感します。

今回、Eスコアがちょっと厳し目に採点されている節があり、それにより、より美しい体操をする選手に評価をされた傾向にありますが、冨田くんの信念である「美しくないと体操ではない。ただ派手な技をやるだけならサーカスと変わらない」、こんな精神が日本体操界に受け継がれていけばいいなぁと思います。
そして、冨田くんと共に北京オリンピックを戦った内村選手、そして、順天堂大で(恐らく)指導を受けている田中佑典選手、彼にも引き継がれていると、大会を見て思いました。

2004年のアテネオリンピックの後、採点規則が大幅に代わり、「10点満点」が廃止され、その後の2008年の北京オリンピックでは、ルールに馴染めていないのか何なのか、「何だコレ・・」と言う体操が散見され、「キレイじゃない体操は体操じゃない」と、見てて、失望した事を覚えていますが、来年のロンドンでは、そんな事のない、素晴らしい体操をたくさん見れると信じたいと思います。



さて・・・、参考として・・・。
日本で行われる直近の大会としては、こちらです・・・・。
11/4~6 全日本体操競技団体・種目別選手権大会(千葉ポートアリーナ)
11/26~27 ワールドカップ個人総合東京大会〔こちら〕(東京・国技館)
12/10~11 豊田国際体操競技大会〔こちら〕(愛知・豊田市総合体育館)

全日本の出場予定選手の中に、植松鉱治選手(こちら)が居ますねぇ。
植松選手は、去年の全日本選手権で内村選手に次いで2位の選手です。

今年4月、右膝前十字靱帯断裂し(こちら)、私、この靱帯断裂の事を知って、世界体操・東京大会はもう・・アカンと思いましたねぇ・・。

結果的には、その代わりに・・となるんでしょうか(わたし的にはそう思っている・・)、新生・田中佑典選手のような選手が出場出来る事になり、結果的には大丈夫でしたが、今だに「もし、植松選手が居たら、どうなっていただろう」とは思いますねぇ。
今季は絶望的との事でしたが、出場出来るんですねぇ
安心しました。
来年のロンドンオリンピックには是非とも出場して欲しいです。
(わたし的には、日本体操界No.1のイケメンですしね



・・・と、文がかなり長くなってしまいましたが・・・・・。
まとめに入りたいと思います。

いつの大会でも、私達見る側からは 嬉しさと残念さ、選手自身には 達成感と後悔、これから混ざっていると思います。
今回の大会もまさにそうだと思うし、そして、嬉しさ・達成感ばかりの大会は この先だって、きっと無いと思います

その残念さ・後悔を次に繋げて行って、より強く、より美しく、そんな体操を見せて欲しいなぁ・・と思います

みんなが目指すロンドンオリンピック。
日本を始め、世界各国の選手が、ケガ無く迎える事が出来、そして、一番高い壇の上に 内村選手他 日の丸を付けたユニフォームの選手たちが立ち、そして、「君が代」が流れる事を切に願います。

その時まで・・・。
ガンバレ、ニッポン


東京⇒福井に

2011年10月16日(日)

先程アップしました通り(こちら、本日まで開催していた体操の世界選手権 東京大会を見て来ました
Poster.jpg

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

結果は先程アップした通りですが、明日は午後から仕事に行かないといけないので、余韻に浸るヒマも無く、福井に帰ります

既に、北陸線『しらさぎ』に乗ってます。


1995年に地元・福井県で開催された鯖江大会から16年。
まさか、また日本で世界体操が開催されると思ってもいなくて、だけで、それが実現して、全部で4日間も生で観戦出来て、本当に良かったです

この16年で、こんなに体操が強くなった事にも感慨深いものがありますし、それに、フジテレビ系でゴールデンタイムに中継される位になるなんて、夢のようです。

ここまで来るには、日本体操協会を始め、日本の体操関係者の方々のご苦労は計り知れないものがあったのだと思います。
また、全国のコーチ陣の指導に対して、真摯に努力し、練習を積み重ねた選手達も尊敬します。

日本の選手のみなさん、監督・コーチ・その他スタッフの方々、本当にお疲れ様でした

今年の世界選手権の先には、来年のロンドンオリンピックがあります。
私はロンドンまでは行けませんが、選手たちを影から応援したいと思います。


この1週間、TV観戦、東京を2回往復し会場で観戦、その間にも会社に行き、そして、このブログを書いて・・・、と、超多忙でしたわ・・
明日から、仕事、ちゃんとしよ・・(笑)


しばしお休みをいただいて、また、週末に再開したいと思います。

今日はこの辺で・・・。


世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら



世界体操・男女種目別決勝2日目を見て来た

2011年10月16日(日)

朝アップしました通り(こちら、現在、東京にて、現在開催中の体操の世界選手権 東京大会の今日は大会最終日、男女種目別決勝2日目を見て来ました
Poster.jpg

世界選手権 東京大会 公式サイト⇒こちら


今日行われた種目は、
<男子>跳馬・平行棒・鉄棒
<女子>ゆか・平均台

です。

日本からは、今日は、男子は、内村航平選手(こちら)が平行棒、鉄棒、田中和仁選手(こちら)が平行棒、沖口誠選手(こちら)が跳馬、田中佑典選手(こちら)が鉄棒に出場しました。

今日は、女子は出場はありませんでした。


結果は、内村選手が鉄棒で銅メダル、沖口選手が跳馬で銅メダルでした~~
おめでとう

こちら、会場に張ってあった結果の紙です。
まずは、鉄棒の内村選手。



次に、跳馬の沖口選手。



内村選手の鉄棒は、最後の演技者だったんですが、既に終えていた7人の内、3人が16点以上出ていて、内村選手が完璧に演技をしないと、メダルは厳しいかな・・と思いました
他の3人があまりに完璧な演技だったんで、正直、内心では、内村選手が完璧に演技しても、無理かな・・とも思ってました
(私が勝手に思ってた話なんで、『そんな事はない』と言う意見も、勿論あるでしょうが
だけど、内村選手は、きっと、順位より『自分の演技を完璧にする』と言う事を考えてそうな気がしました。

結果、内村選手の演技は、完璧、着地までバシッと決めて、そして、銅メダルを獲得しました~~

途中、離れ技の時に、ほんの多少、体がブレた箇所があったように思うので(『ミス』までではないですよ、勿論)、それが無ければ2位だったかも知れませんが、『内村選手の全ては出せた』、見ていた私はそう感じました

内村選手も演技終了後、ガッツポーズでしたし、自分の演技に満足していたようですし、また、会場も盛り上がったし、大会最終日の最後の演技に、ホントにふさわしかったです


そして、沖口選手。
ホント、素晴らしい

種目別決勝の跳馬は、2本違う技を跳んで、2本の平均をとるんですが、両方共、Dスコアが7.0の跳躍で、着地は足が出たり、また、ライン減点が0.1あったりしましたが、でも、3位
素晴らしかったと思います

沖口選手の表彰台を見れると思ってなかったので(←失礼)、すごく嬉しいです
跳馬でのメダル獲得は20年ぶりらしいです。

沖口選手、ケガに苦しんでいた時期、試合に出れなかった時期もかなりありましたし(今、完治してるかまでは、私、情報無し・・)、この3位、私はかなり嬉しいです
『跳馬の沖口』、ここにありですね


その他の種目&日本人選手のは、平行棒は、内村選手は4位、田中和仁選手は8位、また、田中佑典選手の鉄棒は、6位でした。

内村選手の平行棒は、途中、倒立が流れた部分がありました
それ以外は、着地まで決まったんですがね・・
種目別になると、その辺りまでキッチリ決めないと、3位までには入れないですもんね

また、田中和仁選手の平行棒は、序盤に、バーに足が当たってしまった(もう少しで、座りそうになってしまった)・・と言うか、そのミスがあり、8位でした
こちらも、そのミス以外は良かったんですがね
ただ、田中和仁選手だから、当たっただけで済んだ、座らなかったのでは・・と言う気が、私はしましたが・・。

また、田中佑典選手の鉄棒、演技自体は良かったですが、最後の着地で、大きく足が出てしまい、手を付いてしまいました
着地で失敗後、ポーズをして、その後、ボーゼンとしていましたが、何かあったのか、着地の失敗がショックだったのか、何だったのか、気になります

今回の種目別決勝・鉄棒は、上位は、かなりレベルが高かったので、手を付かなくても、田中佑典選手のメダルは、厳しかったかなぁ・・とは思いましたが

ただ、世界選手権デビューとしては、すごくいい経験が出来た、ロンドンオリンピックに向けて、楽しみな新生が出て来たと思わせた今回の田中佑典選手でした
試合後のインタビューでは、内村選手とチームメイトとして一緒に練習し、戦えた事がかなりいい刺激・経験になったとのコメントをしていたようですし。

まあだけど、田中兄弟にとっては、多少、悔いの残る大会になったかも知れませんね
これを、来年のロンドンオリンピックに向けた力にして欲しいな~~と思いました


今日、かなりテンションが上がった事が・・。

田中佑典選手は、現在、順天堂大学の学生なんですが、今日、彼のコーチで登場したのが、2004年アテネオリンピック団体金メダリスト、2005年世界選手権個人総合金メダリストであり、現在は、順天堂大学スポーツ助教であり、日本オリンピック委員会専任コーチである冨田洋之さん(こちら)でした
盛り上がる~~
私が・・ですが(笑)

会場に入ったら、選手がまだ練習してる時間で、見たら、田中佑典選手に、冨田くんがついてると。

演技に入る前に、コーチが選手を鉄棒まであげるサポートをしますが、つう事は、『夢の2ショット』が見れると、テンション、劇上がりで・・
横に座っていた友達に言ったら、『見てるポイントがおかしい(笑)』と言われましたが
試合では、ちゃんと『夢の2ショット』、見れましたよ

でも、会場内も、冨田くんの登場には、微妙にザワザワしてた気がするんで、みなさんも、気になってたように、私は思いましたが


あと・・。
今回、表彰式で、かなりウケた事が・・(笑)

鉄棒の表彰式で、銅メダルの内村選手、一番最初に名前を呼ばれるんですが、内村選手、うっかり(笑)、銀メダルの台に上ってしまい、しかも、全く気付かず・・(笑)
会場内はみんな『そっちじゃないよ』と突っ込んでたはずですが・・(笑)

暫くして、周りから言われたんですかね
慌てて、銅メダルの台に移動してましたが、その移動していた時の内村選手の表情と歩き方が、かなりおかしかったんで、会場内、大爆笑でしたよ
ウケる
愛嬌ある(笑)

最後にもやってくれましたわ~~


私、今日、会場に向かう電車を降り、都営地下鉄・青山一丁目駅を歩いていたら、内村選手のお母さんに会いまして

私が会場に居た4日間、全日会場でお見かけしていましたが、外で会ったのが嬉しかったんですかね、私(笑)
思わず、『お母さん』と呼び止めてしまいまして(笑)(笑)

で、『おめでとうございます。今日、私も行きます』なんて言っちゃいました(笑)(笑)
お母さんは、最初、びっくりされていたんですが、笑顔で去って行きました

そして、会場内では、お母さんが『客席ウェーブ』の陣頭指揮を取り、盛り上げてくれました
お母さん、パワーあるなぁ



いやいや・・。
今日で、世界体操東京大会、無事終了です。

今回は、男子は、団体で銀メダル、内村選手は、個人総合3連覇、ゆかで金メダル、鉄棒で銅メダル、沖口選手は、跳馬で銅メダル、山室選手は、個人総合で銅メダル、つり輪で銅メダル獲得ですね
また、内村選手は、『エレガンス賞』受賞。
ホントにホントに素晴らしい


また、女子は、念願の『団体』としてのロンドンオリンピック出場権獲得と。
おめでとう


今回は、東京大会と言う事で、期待とプレッシャーがハンパなかったと思いますが、みなさん、素晴らしかった
私達をすごく楽しませてくれたし、体操を見た事ない人にも、体操の面白さを伝えられた気がして、私は、すごく嬉しいです・・。


『まとめ』は、また、しばし後にアップするとして、今はこの辺りで・・


日本選手のみなさん、また、海外の選手のみなさん、本当にお疲れ様でした
そして、いい演技を感動をありがとうございました



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら





今日は 世界体操・男女種目別決勝2日目★

2011年10月16日(日)

昨日アップしました通り(こちら、現在、東京におり、現在開催中の体操の世界選手権 東京大会を観戦中です。
Poster.jpg

世界選手権 東京大会 公式サイト⇒こちら

今日は男女種目別決勝2日目を見に行きます
大会最終日です。

今日行われる種目は、
<男子>跳馬・平行棒・鉄棒
<女子>ゆか・平均台

です。

日本からは、男子は、内村航平選手(こちら)が平行棒、鉄棒、田中和仁選手(こちら)が平行棒、沖口誠選手(こちら)が跳馬、田中佑典選手(こちら)が鉄棒に出場します。

女子は、今日は出場はありません。


こちら本日のチケットです。
IMG_6617_20111009164249.jpg


会場は、渋谷の「東京体育館」(こちら)です。
1964年の東京オリンピックの体操競技が開かれた事もある施設だそうで、最大観客数1万人だそうです。
なお、会場内の撮影は禁止になっておりますので、中の様子はお見せ来ませんが、今日、16:00~17:25にフジテレビ系で放送がありますので、そちらをご覧下さい。
(放送日程は⇒こちら


昨日朝同様、記念に、コンビニでスポーツ紙を買って参りました

こちら、『サンスポ』、『スポニチ』、『ニッカン』です。
裏一面がカラーで、昨日のゆかの『早くひねり過ぎて、審判がひねりを1回分見逃した誤審』の話題も大きく出てます
ホテル内の微妙に薄暗い照明撮影したんで、ぼんやりしてますが


その他3紙は、中の方の記載で、白黒です。




3/11に発生した東日本大震災の原発問題の影響で、東京大会の開催も危ぶまれたり、また、計画停電で、練習も十分に出来なかった選手もたくさん居たと聞いています。
会場に入ると、そんな事はすっかり忘れてしまいがちになるんですが、会場内のアナウンスで、『緊急地震速報が発令されたら、競技を中止する事があります』と言うのを聞くと、今だ余震が続いている状況を思い出させられ・・。
今の所、無事に何事も無く、進行出来てますが・・。
あと1日、無事に済んで欲しいです


いよいよ、最終日
悔いの残らないよう、全選手、自分自身の演技をして、大会を締めくくっていただきたいです
あとは、ケガ無く・・。


では~~。
ガンバレ、ニッポン



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら



世界体操・男女種目別決勝1日目を見て来た

2011年10月15日(土)

昼過ぎアップしました通り(こちら、現在、東京にて、現在開催中の体操の世界選手権 東京大会の今日は男女種目別決勝1日目を見て来ました
Poster.jpg

世界選手権 東京大会 公式サイト⇒こちら


今日行われた種目は、
<男子>ゆか・あん馬・つり輪
<女子>跳馬・段違い平行棒

です。

日本からは、男子が、内村航平選手(こちら)がゆか、つり輪、あん馬に、山室光史選手(こちら)がつり輪に、女子は、鶴見虹子選手(こちら)、寺本明日香選手(こちら)が段違い平行棒に出場しました。


結果は、内村選手がゆかで、山室選手がつり輪ででした~

こちら会場に張ってあった結果の紙です
まずは、内村選手のゆか。


次に、山室選手のつり輪。



また、内村選手のあん馬は、落下があり5位、つり輪は、途中、止めないといけない場所で止まり切れず6位でした

内村選手、2種目めのあん馬、3種目めのつり輪でのミスがありましたが、やはり、さすがにに連戦で疲れていたんでしょうか

昨日、個人総合決勝が終わったのは21時位で、今日のゆかのスタートは、13:30ですからね~


そして、女子の方は、段違い平行棒に出場した鶴見選手は、途中、倒立が流れてしまい7位、寺本選手は、ミスはありませんでしたが、5位でした。

倒立が流れた時、あのまま落下してしまったり、また、次の演技が崩れてしまうのかと思いましたが、それはなく、さすが、鶴見選手だと思いました

鶴見選手、2009年の世界体操では、段違い平行棒で銀メダルを獲得していたので、今回も・・と、少し期待しましたが・・、残念でしたね


内村選手のゆかの着地自体は、出来としては、全て決まっていた昨日の個人総合決勝の方が良かった気がしますが、ですが、北京オリンピックのゆかのチャンピオンの中国の鄒凱(ズーカイ)を破っての、素晴らしいと思います

世界体操のゆかで金メダル獲得は、37年ぶりだそうです

ちなみに、内村選手、演技終了後に出た得点では、2位だった(かな)んですよ
その後、0.2点上方修正され、1位に上がりました
その時は『Dスコアの修正がありました』との説明だけだったんですが、さっき、ネットニュースで見たら、演技序盤に行なった最高難度Gの『後方抱え込み2回宙返り3回ひねり』を、審判が『後方抱え込み2回宙返り2回ひねり』と、ひねりが1回少ない技に『早過ぎて見間違えた』らしいんです

日本のコーチ陣からの直訴で見直されたらしいんですが、『早過ぎて』って・・(笑)(笑)
いずれにしても、きちんと取っていただけて、良かったです


また、昨日に続き、再び『君が代』を聞けて、ホントに良かったです

昨日の表彰式の際の心残りだった『座っていた場所的に、揚がる国旗が全く見えなかった』については、今日は、昨日よりは多少、見えました
しかも、国旗の方を向く選手達の顔も正面から見える位置でしたし


また、寺本選手は、今回、急成長&知名度も上がり、寺本選手にとって、すごく意味のある大会になりましたね~


男子は2日連続メダル獲得と言う素晴らしい結果になり、本当に嬉しく思います
内村選手、山室選手、(お礼は変ですけど)ありがとうございました


他の国の選手で気になったのは、中国の陳一氷(チェン・イービン)のつり輪です。
オリンピック&世界選手権合わせて5連覇を達成し、向かうとこ敵無しです

さすがな演技でした


また、女子の跳馬で銅メダルを獲得したドイツのチュソビチナ。

私、彼女が出場している事を、今日、私が会場に入り、跳馬の練習をしている彼女を見るまで知らず、本当にびっくりしました

チュソビチナ、年齢は36歳なんです
1991年に当時ソ連から出場した世界選手権で金メダルを獲得し、跳馬では、2003年の世界選手権では金メダル、2008年の北京オリンピックでは銀メダルを獲得し、今回、銅メダル。

実に、20年に渡っての世界クラスでの活躍
選手生命の短い女子体操で、36歳になった今もなお、世界のトップで活躍出来るレベルをキープしている事に、ただただ脱帽です

世界デビューしてからの20年の間には、ソ連崩壊、息子さんの病気の治療の為のドイツへの移住・帰化、アキレス腱断絶・・と、波瀾万丈な選手生活を送って来たチュソビチナ。
そんな彼女に、今日私は、思い切り、拍手を送りました


あとは、段違い平行棒で優勝したロシアのコモワですかね。
13日の女子個人総合では2位だったので、かなり悔しかったでしょうが、今回、雪辱を晴らしましたね

しかも・・。
まあ、何と可愛らしい選手なんでしょう
お人形さんみたい


今日、競技が終わって帰る時、国立競技場駅に向かって歩いている途中、プレスセンターの前で、今回の世界体操で解説を担当している 2004年アテネオリンピック・団体金メダリストの米田功さん(こちら)と、嵐・相葉ちゃんと中継を担当している フジテレビの遠藤アナを見掛けました

米さま(笑)が解説をしているのは、勿論知っていましたが、会場内、どこに座っているのかが全く分からず、会場内では姿を見る機会がなかったんで、今日、初めて見ました

実物の米さま、相変わらず、爽やかですね~~

我が家には、1998年、地元・福井県の鯖江市で開催された体操のワールドカップの時に 米さまに書いてもらったサインがありますよ~~


さぁ
明日は大会最終日です

男女種目別決勝2日目を観戦します。
日本からは、今日は、男子は、内村選手が平行棒、鉄棒、田中和仁選手(こちら)が平行棒、沖口誠選手(こちら)が跳馬、田中佑典選手(こちら)が鉄棒に出場します。
女子の出場はありません。

田中和仁選手、田中佑典選手、沖口選手。
団体の悔しさを、明日、ぶつけて、また、自分自身が納得する演技をして、世界体操・東京大会を締めくくっていただきたいです

ガンバレ、ニッポン



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら





会場に着きました~~。

2011年10月15日(土)

朝アップしました通り(こちら、現在、東京におり、現在開催中の体操の世界選手権 東京大会を観戦中です。
Poster.jpg

世界選手権 東京大会 公式サイト⇒こちら

今日は男女種目別決勝1日目です


会場である 東京・渋谷の『東京体育館』に着きました~~

こちら、会場をバックに、昨日、男子個人総合の内村航平選手(こちら)の大会3連覇と言う歴史的快挙を共に応援した『手作り日の丸旗(笑)』を撮ってみました~



こちら、昨日、会場に入った所でもらったうちわです。
11月に、東京で、体操のワールドカップがあるんですね



では、会場に入ります
また後で


ガンバレ、ニッポン



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら







今日は 世界体操・男女種目別決勝1日目★

2011年10月15日(土)

昨日アップしました通り(こちら、現在、東京におり、現在開催中体操の世界選手権 東京大会を観戦中です。
Poster.jpg

世界選手権 東京大会 公式サイト⇒こちら

昨日、男子個人総合の内村航平選手(こちら)の大会3連覇と言う歴史的快挙を目の当たりにし、感慨無量でした


記念に、コンビニでスポーツ紙、買って参りました

右が『サンスポ』で、表一面、左が『ニッカン』で、裏一面です。
ホテルの照明がやや薄暗いんで、多少、ぼんやりしてますが


で、こちら、『スポーツ報知』で、中が見開きで2ページ掲載されています



今日は、感動そのまま、男女種目別決勝1日目を見に行きます

今日行われる種目は、
<男子>ゆか・あん馬・つり輪
<女子>跳馬・段違い平行棒

です。

日本からは、男子が、内村選手がゆか、つり輪、あん馬に、山室光史選手(こちら)がつり輪に、女子は、段違い平行棒に鶴見虹子選手(こちら)と寺本明日香選手(こちら)が出場します。


こちら本日のチケットです。
IMG_6616.jpg


会場は、渋谷の「東京体育館」(こちら)です。
1964年の東京オリンピックの体操競技が開かれた事もある施設だそうで、最大観客数1万人だそうです。
なお、会場内の撮影は禁止になっておりますので、中の様子はお見せ来ませんが、今日、15:30~17:00にフジテレビ系で放送がありますので、そちらをご覧下さい。
(放送日程は⇒こちら


では~~。
昨日の勢いそのままに、ガンバレ、ニッポン



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら






世界体操・男子個人総合決勝終了!

2011年10月15日(土)

アップしました通り(こちら、現在、東京にて、現在開催中の体操の世界選手権 東京大会の 日付は変わり、昨日は男子個人総合決勝を見て来ました
Poster.jpg

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

日本からは、日本のエース・内村航平選手(こちら)、山室光史選手(こちら)が出場しました。
内村選手、予選では、全選手の中で1位、山室選手は4位の成績でした

内村選手の前人未到の3連覇が掛かっていて、世界中の体操ファンが注目していた訳ですが・・・。


内村選手、前人未到の3連覇、おめでとう

そして、山室選手、3位、おめでとう

こちら、会場に張ってあった結果の紙です



いやあ
会場内、ホントに大・大・大盛り上がりでしたよ~~

内村選手も山室選手も、予選上位6名の居る第1班での演技でしたが、2人とも、ホントに素晴らしい演技でした~~

内村選手、ほとんど着地も決まっていたし、終始、安定してましたよね

演技の合間も、リラックスした感じでしたし。


会場で見てた私達には、4種目の跳馬の後、内村選手、『ホントに行けるかも感』が出て来て、そして、山室選手もメダルかもと思い始め、5種目の平行棒の前には、私は、内村選手の優勝を確信しました

いつもは、『いくら「確実」と言われていても、どうなるかは、最後まで分からない』と思いながら見ているんですが、でも、昨日は、4種目め位から、かもし出す雰囲気に、『失敗する気が全くしない』と、ある意味、落ち着いて見れました
もちろん、ドキドキはしてましたが

最終演技の鉄棒では、演技前には既に、2位との差が2点以上あったんで、落下してもイケると思ったんですが、その前に演技したアメリカの選手が、落下→そのまま棄権となった為、やはり、落下も危険ですし、とにかく、内村選手には、内村選手自身が納得する演技で締めくくって欲しいと、会場中が見守りました。

結果、完璧な演技で、Eスコアも9点を超えて来てましたね~~

独走体制でも、離れ技を減らす事はなく、果敢にチャレンジしていたのも、会場内大盛り上がりの要因の1つですね

ちなみに、つり輪以外5種目で、Eスコアが9点台でした
ホントに、全てにおいて素晴らしかった
ちなみに、内村選手の今回の93.631点と言うスコアは、内村選手のベストスコアであり、世界最高スコアでした~~

表彰台に日本人選手が2人も乗る光景。
そして、『君が代』が流れる光景。

私、日本で過去に行われた世界体操(1995年の鯖江大会)、ワールドカップ(1998年鯖江大会)、両方、会場で『生』で見てますが、今まで『君が代』を『生』で聞いた事がなかったので、ホントに感慨無量でした
私、少し涙が出ましたよ

欲を言えば・・。
私が座っていた場所的に、『君が代』が掛かっている時に揚がる国旗が全く見えなかったので(真横に見える位置でした)、それをちゃんと見たかったと言う事ですかね


また、内村選手は、『エレガンス賞』も受賞しました

内村選手も山室選手も、ホントに嬉しそうで、競技終了後の退場の時や、表彰式の入退場、内村選手の『エレガンス賞』の表彰式の入退場&表彰式の時に、会場の観客に満面の笑みで手を振ったりして、また、観客も拍手したり、日の丸振ったり、『おめでとう』と言ったりと、会場全体が祝福の嵐でした~~


ちなみに、私は、『お手製日の丸旗』を振り振り応援してました


電車に乗り、ホテルに帰る途中もワンセグで見てたんですが、ホテルに着いたら、ちょうど、鉄棒の山室選手前で、テレビで再び、見てました

テレビでの中継が終わった後、友達から『表彰台の向こうに映ってたよ~』とメールが来ましたがね(笑)

やった
映り込んだ

で、ニュースで見たら、私、奥に、かなりな頻度で映り込んでる(笑)(笑)
かなり日の丸旗を振り振りしてる(笑)
友達と、テレビ見ながら、『映り込み過ぎ~~(笑)』と大爆笑

ま、分かる人にしか分からない映り込みですが、ヨシです


いや~~

ホントに内村選手、すごい
ホントに・・。
すご過ぎる・・。


史上初の3連覇。
こんな歴史的快挙を会場で見れて、同じ会場で体感出来て、ホントに良かったです
夢のようでした


昨日会場に居た有名人は・・。
フジテレビ・体操ナビゲーターの嵐の相葉ちゃん、また、フジテレビの中野美奈子アナ・生野アナ、また、今回のテーマソングを担当したゆずの2人、また、私が座っていた席の反対側正面には、2004年アテネオリンピック団体金メダリスト、2005年世界選手権個人総合金メダリストであり、現在は、順天堂大学スポーツ助教であり、日本オリンピック委員会専任コーチである冨田洋之さん(こちら)が、また、関係者席には、デザイナーの『コシノ3姉妹』の・・内2人・・(誰が誰か分からない)、また、内村選手ママも見掛けました~

内村ママは、会場入り口で見掛けましたが、すごく小柄でびっくりしました~
テレビで見る内村ママは、すごくパワフルな方だったので、小柄さに驚き

結果が分かった後、会場の内村ママは、メディアや観客に囲まれてましたわ

冨田くんは、会場で内村選手、山室選手の演技を見守る日本男女の選手達と一緒に座っていたのですが、3連覇が決まって、すごく嬉しそうでした~~


さあ
今日は、種目別決勝1日目を観戦します。

ゆかには内村選手、あん馬にも内村選手、つり輪にも内村選手、そして、山室選手も出場します。

ちなみに、種目別決勝2日目の16日の跳馬には沖口誠選手(こちら)、平行棒には、内村選手・田中和仁選手(こちら)、鉄棒には、内村選手・田中佑典選手(こちら)が出場します。

内村選手、種目別決勝は跳馬以外に全て出場です
跳馬は、予選の着地で手とヒザを着いてしまいましたからね・・
(でも、これだけ出場して、体力、大丈夫でしょうか


ガンバレ、ニッポン



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら



再び東京に向かってます。

2011年10月14日(金)

昨日アップしました通り(こちら、現在、わたくし、またしても東京に向かっています。
現在、新幹線に乗っています。
IMG_6608_20111002163915.jpg

現在開催中の体操の世界選手権 東京大会の今日は男子個人総合決勝を見に行きます
Poster.jpg

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

おとといは、既にアップしました通り(こちら)、男子団体決勝を観戦しました。

会場は、渋谷の「東京体育館」(こちら)です。
1964年の東京オリンピックの体操競技が開かれた事もある施設だそうで、最大観客数1万人だそうです。
なお、会場内の撮影は禁止になっておりますので、中の様子はお見せ来ませんが、今夜、21:00~23:22にフジテレビ系で放送がありますので、そちらをご覧下さい。
(放送日程は⇒こちら


こちら本日のチケットです。



個人総合決勝には、先日行われた団体予選の上位24名が出場します。 (1カ国2名まで)

日本からは、日本のエース・内村航平選手こちら)、山室光史選手こちら)の2名が出場します。

ここ最近の成績は、内村航平選手現在、大会2連覇しています。
もし、今日、3連覇した場合、前人未到となります。
その分、日本だけでなく、世界中の期待も掛かっているので、見てる方も手に汗握りそうですねぇ
また、現在は引退されていますが、順天堂大学スポーツ助教であり、日本オリンピック委員会専任コーチである冨田洋之さん(こちら)は、2005年に金メダル、2006年には銀メダルを獲得しています。


おとといの男子団体決勝は、1人で観戦したのですが、今日は、お友達と一緒です。
「体操を見た事もない」と言う友達なので、一抹の不安はありますが、嵐&ゆずファンの彼女には、
①今回の大会の「フィールドナビゲーター」が嵐の相葉ちゃん
②今回の大会のテーマソングを ゆず が担当
③今回の大会の会場のすぐお隣りには、この夏、嵐がコンサートを行った「国立競技場(国立霞ヶ丘陸上競技場)」(こちら)がある(彼女は、このコンサートに、2days共 行っています)
って事で、そっちのラインから楽しみにしていると言う事です
大丈夫か・・

ところどころ、解説しながら観戦したいと思います。


では、また後で。
・・と言うか、緊張のあまり、やっぱ、、、私、、、、熱出そう・・・

ガンバレ、ニッポン



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら






世界体操・女子個人総合決勝終了!

2011年10月13日(木)

現在、体操の世界選手権 東京大会開催中です。
Poster.jpg

自宅にて、TV観戦中です。

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

今日は、女子個人総合決勝が行われました。
個人総合決勝には、先日行われた団体予選の上位24名が出場します。(1カ国2名まで)

日本からは、日本のエース・鶴見虹子選手こちら)、去年の世界選手権で、日本女子初の「エレガンス賞」を受賞した田中理恵選手こちら)の2名が出場しました。

フジテレビの放送を見ましたが、かなりコンパクトに編集されていましたし、わたくし、イマイチ、盛り上がり切れず・・

しかも、ゴールデンタイムに放送する場合、日本人選手がメインで出てないと、多少、インパクトに欠けちゃうかも知れませんね


鶴見選手、メダルとなると、なかなか厳しい所ですが、今日の女子個人総合では、どこまで上位に食い込めるか、そして、田中選手が去年より順位を上げれるかが注目ポイントだったかなと思います。

結果は、鶴見選手が15位、田中選手が20位でした。

鶴見選手は、段違い平行棒で落下、田中選手は、ゆかで手をついてしまい、共に、1点減点されてしまいましたね

2人共、思う程、点数は伸びませんでしたが、共に、美しい体操だったと思います

田中選手は、今日の個人総合で今大会の演技は、全て終了となりました。
お疲れ様でした

また、鶴見選手は、あさっての種目別決勝の段違い平行棒に出場します。


今日のフジテレビの放送では、1976年のモントリオールオリンピックで、史上初の10点満点を出し、今もなお 体操界のスーパースターであるナディア・コマネチさんがいらっしゃいましたね

16年前の1995年に地元・福井県で開催された世界体操鯖江大会で、コマネチさんは広報を担当されていて、私もイベントで一緒になった事がありましたが、大会期間中、会場のサンドーム福井で一緒に写真を撮っていただきました~~
私の顔は、紙で隠しましたが


あと、こちらは、田中選手が『憧れの選手』として挙げている こちらも体操の永遠のスター ロシアのスヴェトラーナ・ホルキナさんと、鯖江大会の時に一緒に撮ったものです
こちらも顔は伏せました(笑)


16年前の写真だから・・か、何か、少し、色褪せしてますね


明日は、再び東京に向かい、会場で、男子個人総合決勝を観戦します。



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら






東京⇒福井へ

2011年10月13日(木)

昨日アップしました通り(こちら、現在開催中の体操の世界選手権 東京大会昨日行われた 男子団体決勝を見て来ました
Poster.jpg

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

結果は昨日アップした通り『2位』ですが、余韻に浸るヒマも無く、今日は午後から仕事に行かないといけないので、福井に帰ります
既に新幹線に乗ってます。
IMG_6605.jpg

こちら、昨日、会場で買った公式プログラムです






他にも、ストラップやら、タオル、Tシャツ、ボールペンなどなど、たくさんのグッツが売られてましたが、『世界体操クッキー』とやらもあり、うっかり買ってしまいました(笑)


昨日のネットニュース見てたら、鉄棒で落下した田中佑典選手(こちら)、客席に日本人だらけのあの光景を、『みんなが応援してくれて、みんなが見ているので、演技していて気持ちが良かった』と言ってました。
今回、初出場の世界体操でこの発言・・
タダ者ではないと思いました

私なら、逆にプレッシャーに感じてしまい、冷静さに欠けますねぇ
いや、その前に卒倒してますね
ま・・、私が世界体操に出る日は来ませんが・・(笑)

内村航平選手(こちら)も、今まで、試合前も試合中も、緊張した事が無いみたいですし

さすが、世界で戦う体操選手達です
精神力が違います


会場での次の試合観戦は、明日 金曜日夜の男子個人総合決勝で、また、再び東京に参ります。


では~


そうそう

昨日、会場で観戦していて、フジテレビの体操ナビゲーターの嵐・相葉ちゃん、『めざまし』の生野アナ・加藤アナ、そして、その隣に 『謎解きはディナーのあとで』の番宣で来ていた 嵐・櫻井くんと北川景子さんを見た話は 昨日、アップ済みですが・・。

私、生野アナ・加藤アナが 2人並んで座ってるのは見付けてたんですが、『隣に かなり場違いな おカタい黒いスーツを着た 執事みたいな人が居るな~~』と思い、よくよく見たら、櫻井くんで、『完全、執事じゃん(笑)』とウケてました

あとは、体操関係の方々で、(多分)仙台大学体操部の小西監督(記憶が正しければ、1988年ソウルオリンピックのメダリスト)や、また、演技中のチームについてる監督かコーチを またまた見ていたら、ドイツに ワレリー・ベレンキや、ウクライナに 多分・・ですが、コロブチンスキーが居ましたねぇ

ベレンキ、コロブチンスキー、共に、16年前の1995年に 地元・福井県の鯖江市で開催された 世界体操・鯖江大会に『選手』として来ていた方です。

ベレンキは、全く変わってなかったんで、すぐさま分かりましたが、コロブチンスキーは、ふくよかになっていたんで、すぐには分かりませんでしたわ~

他にも、たくさん、過去のメダリスト、国際大会出場者、また、芸能人が来てたんでしょうねぇ

1976年、カナダ・モントリオールで行われたオリンピックで、史上初10点満点で金メダルを取った 体操界の永遠のスーパースター ルーマニア(現在は、確か、アメリカ在住でしたよね)のナディア・コマネチさんも、今回、この大会の広報担当で来日されてるみたいですが、昨日は気づきませんでしたけど。

コマネチさんは、鯖江大会でも広報を担当されていて、私、一緒に広報のイベントで、名古屋に行った事があり、一緒に写真を撮っていただきましたよ~


再び、では~



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら





世界体操・男子団体決勝 終了!

2011年10月12日(水)

日中アップしました通り(こちら)、現在、わたくし、東京におり、現在開催中の体操の世界選手権 東京大会本日行われた 男子団体決勝を見て来ました
Poster.jpg

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

会場は、渋谷の「東京体育館」(こちら)です。

なお、決勝は、6名の選手の中から3名が演技し、その全ての得点が種目のチーム得点となります。
予選は6名の選手の中から5名が演技し、その上位4名の得点が種目のチーム得点となり、1名まではミスが許されましたが、決勝はそんな訳には行かず、選手も見てる方も、手に汗握り、かなりドキドキだった訳ですが・・

さっき、ホテルに帰って来ました

結果は・・。
もう既にご存知だとは思いますが、去年に引き続き、2位となりました

前々回・前回2大会連続の団体銀メダルと言う事で、今年こそは「金」を期待されておりましたけどね


国際大会を 生で会場で見たのが1998年のワールドカップ以来だったんですが、会場で見ると、解説・実況、何も無いから、実は、よく分からないんですよ・・

テレビで見てると、選手に近い位置から撮ってますし、誰がやってるか分かるし、また、スロー再生もあるから、実に、分かりやすいんですね~

会場で見てて、会場の電光掲示板を見てても、4種目まで、何がどうなってるか全く分からず、5種目の平行棒で、ようやく日本の位置が分かって、暫定1位と分かったら、息切れして来て、熱出て来て…(笑)

鉄棒の前には、あまりに体力を使ったのか、不覚にも、眠くなって来ました・・(笑)


2種目のあん馬で、小林研也選手(こちら)が落下してしまい、ただ、それは、種目が進む内にカバー出来て来て、その後のつり輪・跳馬・平行棒も順調で・・。

最終種目の鉄棒で、1人目の田中和仁選手(こちら)、かなり慎重に演技して終え、で、次の演技者である弟・田中佑典選手(こちら)が落下してしまい、この落下で、点差から、中国の1位が確定しましたね

最終演技者の内村航平選手(こちら)、緊張が切れた部分もあるんですかね
落下してしまいました


今、冷静に振り返ると、落下以外は、良かったんじゃないですかね

山室光史選手(こちら)、小林研也選手のつり輪、沖口誠選手(こちら)の跳馬も良かったですし。

また、団体予選のアクシデントで、今日の決勝への出場自体が危ぶまれた田中佑典選手も出場出来て、また、平行棒も良かったと思いますねぇ
田中和仁選手の平行棒も


1位の中国との点差が、確か、3点以内でしたよね。

落下が、1回で1点の減点ですから・・。

と言う事は、今回は、1位が完全に射程圏内でしたんで、3回の落下が、かなり悔まれますわね

いつも、体操の記事の時には書いてますが、考えても意味無いんですが、今回も、『落下が無かったら・・』と 思ってしまいますが、ただ、あの場で落下をしない中国が やはり強いと言う事なのかも知れませんね

『失敗しない者が勝つ』

これが、体操競技の鉄則だと、私は思います


私は、『日本が勝つ』のも勿論見たいですが、『強い人が勝つ』のも見たいので、今回の中国は、さすがとは思いました

中国のメンバーを見ても、オリンピック・世界選手権のメダリストだらけですもん
逆に日本、よくやりました


今日の中継、ゴールデンタイムに放送していたので、『体操をマジマジと見たのは初めて』と言う方もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか

日本の体操って、きれいだと思いませんでしたか

どんな時も足がピッタリくっついたまま、つま先まで神経が行き届いた演技。

これは、今日演技した日本選手、全てそうだったと思います

今日出てた海外の選手には、世界でもトップクラスの選手もたくさん居ましたが、難しい技もたくさん入れてるけど、足が割れたり、姿勢がイマイチだったり・・と言う選手も割と居ますから、今日みたいに色んな国の選手と一緒に日本選手の演技を見ると、日本選手の美しい体操は、かなり際立つと思います


私の後ろに、多分、日体大の卒業生と思われる元気な一団が居ました

体操のよくある応援『○○、ガンバ~~』を連呼してましたし、しかも、小林研也選手以外を名前呼び捨てで、『航平、ガンバ~~』とか『誠、ガンバ~~』と言ってましたし、話してる内容から、『同時期に、同じ場所で一緒に体操してたのかな』と言う印象でした

後から合流して来た方が、『テレビ中継でも、掛け声聞こえたよ』と言っていたんで、かなり通る大きな声で応援してたと言う事ですね

私は、跳馬のスタート位置辺りから見てたんですが、その辺りに選手が来た時に、選手に掛け声掛けて、話してましたしね

で、さすが体操経験者と思ったのが、私が熱を出してた(笑)5~6種目め辺りでも、普通に雑談的なものを言いながら、演技を見てたりしてましたもん

私、緊張・発熱のあまり、完全無言・思考能力ゼロでしたんで・・(笑)

大会の中継を見てると、試合中の選手がよく、笑顔で雑談みたいなのをしてる様子が映りますが、私いつも、『そんな時に、よく雑談出来るな~』と思ってるんですが、緊張し過ぎない、そして、ある程度の余裕を持つと言うのが、体操選手には不可欠なのかも知れませんね


会場に ナビゲーターの嵐・相葉ちゃんが居て、かなり近くから、後ろ姿を見ました

あと、「めざまし」の生野アナ、加藤アナ、嵐・櫻井くん、北川景子さん が4人並んで見てましたわ



では、今日はこの辺りで・・・。
明日は会社に行かないといけないので、明日の朝、福井に帰ります。

次の試合観戦は、あさっての金曜日の男子個人総合決勝で、また、再び東京に参ります。
何か・・。
「敏腕営業マン」のようなハードスケジュール・・・


あ、ホテルの部屋から、ライトアップされた東京タワーが見えてます



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら







会場に到着!!

2011年10月12日(水)

先程アップしました通り(こちら)、現在、わたくし、東京におります

現在、体操の世界選手権 東京大会開催中で、本日、男子団体決勝が行われますが、それを観戦する為です
Poster.jpg

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら


会場は、渋谷の「東京体育館」(こちら)です。
ちなみに、すぐお隣りには、この夏、ジャニーズの嵐さんがコンサートを行った「国立競技場(国立霞ヶ丘陸上競技場)」(こちら)がありますねぇ。
コンサート時に、「7万人収容」でしたっけ・・


こちら「東京体育館」、1964年の東京オリンピックの体操競技が開かれた事もある施設だそうで、最大観客数1万人だそうです。
なお、現在、もう会場内に居るのですが、会場内の撮影は禁止になっておりますので、手前まで・・で・・。




1995年に 地元・福井県鯖江市で行われた世界選手権から16年・・。
あの時も足しげく会場に通いましたが、まさか、また再び、会場で「生」で見れるとは思ってませんでした~。

あ~、何かドキドキしますねぇ
・・緊張のあまり、私、、、、熱出そう・・・


こちら本日のチケットです。
IMG_6611.jpg
席に来てみたら、前から2列目でした

平行棒と跳馬のスタート位置が目の前にあります

一番遠いのは、あん馬です。


試合開始はもうすぐで、今、選手が入ってきました。
そして、さっき、チラリと、ナビゲーターの嵐の相葉さんを見ました~



私が見る男子団体決勝は、ここ最近は以下の成績です。
2010年⇒1位:中国、2位:日本、3位:ドイツ
(2009年⇒個人・種目別のみ)
(2008年⇒オリンピック開催の為、世界選手権の開催なし)
2007年⇒1位:中国、2位:日本、3位:ドイツ
2006年⇒1位:中国、2位:ロシア、3位:日本
です。

みなさん、「金」を期待していると思うのですが、中国の壁は大きいですからねぇ
日曜日の団体予選は、日本は、1位通過でしたが、どうなるでしょうか
みんなで応援しましょう

なお、決勝は、6名の選手の中から3名が演技し、その全ての得点が種目のチーム得点となります。
予選は6名の選手の中から5名が演技し、その上位4名の得点が種目のチーム得点となり、1名まではミスが許されましたが、決勝はそんな訳には行きません
選手も見てる方も、手に汗握り、かなりドキドキするのは必至です


私は会場で応援しますが、今日は、19:00~21:24にフジテレビ系で放送がありますので、是非、見て下さいね~
(放送日程は⇒こちら


今日はたくさんの有名人が来るんでしょうねぇ
そちらも気にはなりますが・・(笑)


では、、、この辺で、一旦締めたいと思います。
また後で
ガンバレ、ニッポン



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら




東京へ!

2011年10月12日(水)

現在、わたくし、新幹線に乗っています。
東京に向かっています。
IMG_6604.jpg

・・・と言うのは・・・。

現在、体操の世界選手権 東京大会開催中で、それを観戦する為です
Poster.jpg

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

今日は、19時から 男子団体決勝が行われます。
フジテレビ系で、生中継(ですかね)がありますので、是非、ご覧下さい。
私は会場で観戦です



あのですね・・。

現在、私が乗ってる新幹線の同じ車両に、福井県の体操の名門校鯖江高校体操部の男子達が居ますね~~

去年のインターハイの個人総合チャンピオンの岡くんとか3~4人位ですかね

新幹線に乗り換えるJR米原駅で岡くんを見掛け、思わず、『岡くん』と言いそうになりましたが、私が一方的に知ってるだけでしたわ(笑)

かなりびっくりして、テンション上がりましたが、ま・・、彼ら、私服なんで、分かる人にしか、分かりませんね・・

私、おとなしく見守る事にします(笑)


しかも、同じく、JR米原駅で会社の同期に会いました

彼女は仕事、私は体操観戦です



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら





世界体操5日目<女子団体決勝>

2011年10月12日(水)

現在、体操の世界選手権 東京大会開催中です。
Poster.jpg

自宅にて、TV観戦中です。

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら


日付が変わりましたので、昨日になりますが、女子団体決勝が行われました。
土曜日に行われた女子団体予選で、日本女子は5位通過しています(こちら)。
去年の世界選手権の団体決勝でも5位でした(こちら
去年より少しでも上に行って欲しいなぁ・・・と思いつつ、この日を待ちました。

先週土曜日の団体予選の跳馬の競技直前の練習中に転倒し、跳躍板に左ひざを強打して切り傷を負い、車いすで退場・離脱した飯塚友海選手(こちら)の代わりに 補欠の大島杏子選手(こちら)が出場しました(こちら)。
大島選手は国際経験も豊富で、今回が8度目の世界選手権出場となる超ベテランで、日本代表として、何と10年間も活躍しています。
ゆかに定評のある選手です。
補欠で大島選手が居てくれて、良かったです。


なお、決勝は、6名の選手の中から3名が演技し、その全ての得点が種目のチーム得点となります
予選は6名の選手の中から5名が演技し、その上位4名の得点が種目のチーム得点となり、1名まではミスが許されましたが、決勝はそんな訳には行きません


女子団体決勝の放送は、昨日深夜でしたので、私の取った作戦は、『早めにまず寝る。そして、早朝に起きて、録画したものを見る。』と言う事で、昨夜は、pm10:20に寝て、今朝は、3:30に起きました


で、コーヒーも淹れて、張り切って録画を見ようと思ったら・・・。

あら
録れてない

何故だ

しかも、『すぽると』も録れてない

何故だ

『やっぱ、起きて見とけば良かった』と激しく反省しましたが、時既に遅し・・


録れてないものは録れてない、見れないので、スッパリと諦め、ネットニュースを一通り見ました

7位だったんですね

日本のエース・鶴見虹子選手(こちら)が段違い平行棒で落下したんですね

田中理恵選手(こちら)もゆかでミスしたみたいで

でも映像を見てみないと全体が分からないですね

救いは、今日の日中に、『BSフジ』の方でも放送があるんで、そちらを確認したいと思います


予選が5位だったので、それよりは上に行って欲しいなぁとは希望を込めて思ってましたが、結果は7位と言う事で、去年より2つ、順位を下げましたね

世間のみなさまは、メダルを期待されていた部分もあるのかも知れませんが、メダルは厳しいかなとは思っていたので、わたし的には、多少、予想はしていた結果ですかね

また、失敗出来ない決勝の採点方法(3人演技し、3人全員の得点が加算される)なども選手の心理状態に影響したんですかね

まあでも、『失敗しない者が勝つ』と言う体操競技。
優勝したアメリカは、やはり、さすがですね

今日の日中の録画部で、アメリカの演技も確認したいと思います


いずれにしても、女子のみなさん、お疲れ様でした
まずは、第1目標だった『ロンドンオリンピックへの団体出場権獲得』は達成出来たので、それに関しては非常におめでたいと思います

13日の女子個人総合には、鶴見選手と田中理恵選手が出場します

メダルに近いのは、おととしの世界選手権で個人総合で3位だった鶴見選手ですが、おととしは、鶴見選手への色んな追い風的なものがあったと言う部分もありますし、今年は、アメリカ・ロシアの選手で、『コマネチの再来』と言われる『新生』が居ますので、メダルはなかなか難しい部分もあるかなとは思いますが、鶴見選手の体操は、姿勢や体線も非常に美しいので、その辺りも注目したいです

また、田中理恵選手は、今年は2度目の世界選手権、また、最近、メディアでかなりの注目を受けていると言う事で、去年とは違うプレッシャーもかなりあると思いますが、種目別決勝には出場しないので、東京大会では個人総合が最後の演技になりますし、田中理恵選手らしい、エレガントな美しい演技を期待したいですね

去年の世界選手権で獲得した『エレガント賞』、田中理恵選手が憧れる かつての体操のスーパースター ロシアのスヴェトラーナ・ホルキナも2年連続獲得しているんで、田中理恵選手にも期待したいです


さぁ
今日の男子団体決勝は、わたくし・・・、いよいよ会場で「生」で観戦ですよぉ
世界選手権を生で観戦するのは、16年前に地元・福井県で開催された鯖江大会以来です
その時も、男子団体決勝、この目で生で見てました。
その時の結果は、団体2位でしたので、今回は、国民の皆様が期待する「33年ぶりの(世界選手権での)団体金」、これに向かって頑張って欲しいです。
・・とは言え、私の希望は、日本を含めた海外の全選手が怪我無きよう、自分の力を全部発揮して戦っていただきたいと言う事です。
そうすれば、結果も付いてくるかな・・・と。

なお、9日の団体予選のゆかで脳しんとうを起こし、途中棄権した田中佑典選手(こちら)は、平行棒と鉄棒に出場に予定だそうです。

大丈夫なんですかね
『首を痛めた』・『補欠の野々村選手が緊急召集された』と言う報道もありましたが、また、頭なんで、後々の心配もありますし、ちゃんと病院で検査して、問題ないと言う判断の元での出場ならいいんですけど・・

田中佑典選手は、予選のゆかまでは絶好調で、ゆかまでの4種目の合計は、世界王者・内村航平選手(こちら)の得点を上回っていたので、田中佑典選手の出場は、日本には必須なんですが・・。
今日、会場で確認するまでは、まだ安心は出来ないですね


では・・。
ガンバレ、ニッポン


ただ今、am4:50・・。
とりあえず、また一寝入りしようかな



再び・・。
ただ今、・・am7:20。

一寝入り・・と思いましたが、そのまま起きてて、かなり早い朝ごはんを食べ、東京行き用荷物を作ってました。

今日は、午前中は会社に行くんですが、仕事もバタバタしているし、何だか、忙しいな

観戦に緊張して来たのか、胃腸の調子が悪い・・(笑)



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら



世界体操4日目<男子団体予選>

2011年10月11日(火)

現在、体操の世界選手権 東京大会開催中です。
Poster.jpg

自宅にて、TV観戦中です。

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

昨日、あ、もう日付が変わり、おとといになりましたね・・アップしましたが(こちら)、男子団体予選が2日間に渡って開催され、初日に演技をした日本は1位通過しており(こちら)、2日目の昨日 演技をした 去年の世界選手権の団体決勝金メダル、しかも、大会4連覇中の中国の演技の結果待ちでした。

結果、トータルでの1位通過は日本でした
中国は、思いの外・・と言うか、3位でしたね。
2位はアメリカでした。


わ~~い
まず最初の『目標』と言うか、むしろ『責務』に近かった『予選1位通過』が出来て、安心しました

日本もちょいちょい細かいミスをしていたので、私の予想では、1位通過は中国かな・・と思っていましたが、中国も何かちょいちょいミスをしたのかしら・・と思い、先程放送されていた後半の男子団体予選の放送を見ました。

・・と言うか、明日、いや・・、今日、朝から普通に会社に行かないといけないのに見てる場合か・・とは思いましたが、中国の誰がどんな演技をしたのか、かなり気になりまして・・


見たとこ・・、中国のメンバー、過去のオリンピック・世界選手権のメダリストがズラリ・・と。

そんな強力メンバーを揃えた中国。
ただ、中国の予選6種目、全ての選手の演技を見たのですが

ん・・、何か中国らしくない演技と言うか、最初から最後まで覇気が無いと言うか、見てても、どんよりしちゃいました

ものすごい失敗した訳でもなかったんですが、みんなが微妙に・・みたいな感じでした
何だ、これ・・

結果的に、このちょっとずつ微妙なのが日本との点差をつけて、最終的には、5点以上の差を付けてしまいましたね

見てて、『拍手』したくなる演技をしたのは、つり輪4連覇中、向かう所敵無しの陳一氷(チェン・イービン)のつり輪位で・・。


予選は、6人の内5人が演技をし、上位4人の得点を加算する採点ですが、水曜日の決勝は、6人の内3人が演技をし、3人全員の得点を加算する採点なので、予選と決勝では戦い方が異なるでしょうし、予選の中国の雰囲気がそのまま決勝に繋がる訳ではないとは思いますが、ただ、『中国、どうした』感は否めない

とは言え、そこは中国だから、決勝までに必ず修正して来るでしょうし、たとえ、日本が予選1位通過でも、気は抜けませんねぇ

ちなみに、12日の決勝には、予選の点数は持ち越しされないので、予選の順位は無関係ではあるのですが、日本には、この勢いのままで行って欲しいですね


で・・。
2008年の北京オリンピック団体金メダルメンバーであり、ゆか・鉄棒のオリンピックチャンピオンの鄒凱(ズーカイ)、去年の世界大会は出てないみたいで、久しぶりに見ましたが・・。
前にも書きましたが、以前に同じ職場だった「仲村くん」に相変わらず似てる・・(笑)
ま・・、分かる人にしか分からない話題ですが・・


さて、予選が終わり、14日の個人総合決勝、15~16日の種目別決勝への出場選手も決まりました。

個人総合決勝には、上位24名が、種目別決勝には、それぞれの種目で上位8名が出場します。
1カ国2名までしか進めませんので、もし仮に、同じ国で3名入っていたとしても、2名までしか出れず、次の国に権利が与えられます。
また、権利は「選手」ではなく、「国」に与えられるので、どの選手が出るかは、その国で決める事になります。

日本からは、個人総合決勝に、日本のエース・内村航平選手(こちら)、山室光史選手(こちら)の出場が決まりました。
しかも、内村選手は、全選手の中で1位、山室選手は4位の成績だったようです


また、種目別決勝には、15日のゆかに内村選手、あん馬に内村選手、つり輪に内村選手・山室選手、16日の跳馬には沖口誠選手(こちら)、平行棒には、内村選手・田中和仁選手(こちら)、鉄棒には、内村選手・田中佑典選手(こちら)が出場します。

内村選手、跳馬以外に全て出場ですね
予選の着地で手とヒザを着いてしまいましたからね・・
(でも、これだけ出場して、体力、大丈夫でしょうか

また、予選のゆかの演技中、頭を強打して脳しんとうを起こして、途中退場した田中佑典選手、出られるのでしょうか
気になります
田中佑典選手は、予選の鉄棒では、内村選手よりも高い得点を出しているので、是非とも出場して欲しい所ですが、無理もいけませんしね…


今回の予選を見てて思いましたが、演技の出来映えを採点する『Eスコア』がかなり厳しいですね

予選初日の日本の演技を見ててもそう思いましたが、日本以外でもそうですねぇ

日本の体操は、かなり美しい体操なので、それでも点数が出ないと言う事は、他の国の選手は、もっと出ないと言う事になるので、今大会、日本にいい風が吹いてるかも知れませんね


、もうam1:50過ぎてる
寝なきゃ



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら







応援グッズ製作(笑)

2011年10月10日(月)

現在、体操の世界選手権 東京大会開催中です。
Poster.jpg

自宅にて、TV観戦中です。

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら


ラクラクと戦えるかと思っていた男子団体予選
昨日もアップしました通り(こちら)、大波乱な展開となりました


あさって水曜日の男子団体決勝は、会場で「生」で観戦する事になっているのですが、その日の為に、こんなモノを製作してみました
IMG_6664.jpg

IMG_6666.jpg

布製のお手頃サイズの日本国旗はどこに売ってるのか分からず、A4サイズで、パソコンで作ってみました
棒部分は、「さいばし」ですよ

良かったですよ、日本で・・。
」だけでいいですし
ポルトガルやメキシコとかだったら、確実に、断念してましたねぇ


日本女子も男子もトラブル続出で、明日、あさっての団体決勝を見るのが非常に怖いですが・・。
特に、33年ぶりの(世界選手権での)金メダルを期待されている男子団体、大丈夫かしら・・
せっかく日本での開催なんで、会場内が「日の丸づくし」だったら、選手にもプラスに働くかしらと思いまして、そんな思いで、昨日、急遽作った日の丸です


ま・・。
何せ「紙製」なんで、パタパタ振ってる間に破れて来そうですけどね


思い起こしてみたら・・。

16年前の1995年。
地元・福井県で開催された世界体操・鯖江大会。

その時の男子団体決勝の日、私も会場のサンドーム福井に居ましたが、会場内が日の丸で一杯になってたんですよね。
その景色が、実に爽快でした。
今回もそんな会場にしたいですね

会場に行かれる方、是非とも国旗持参で来て下さいね



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら







世界体操3日目<男子団体予選>

2011年10月9日(日)

現在、体操の世界選手権 東京大会開催中です。
Poster.jpg

自宅にて、TV観戦中です。

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

今日・明日と男子の団体予選が行われています。
日本は今日出場で、去年の世界体操の団体優勝の ライバル・中国は明日出場です。

この「団体予選」と言うのは、12日に行われる団体決勝の予選でもあり、また、14日に行われる男子個人総合決勝、15~16日に行われる種目別決勝の予選でもあり、また、来年のロンドンオリンピックの「団体」での出場権も掛けた予選であり、予選とは言え、気が抜けません
男子は、12日の決勝にも、また、「団体」としてオリンピックに行けるレベルでもあるので、そこに関しての問題はありませんが、今の日本に求められているのは、「決勝に進めばいい」と言う事ではなく、予選1位で通過して、明日演技するライバル・中国にプレッシャーを与えると言う事なので、私もドキドキして見ていました

なお、予選は6名の選手の中から5名が演技し、その上位4名の得点が種目のチーム得点となります。
なので、1名まではミスが許される事にはなりますが、チームの雰囲気的にも、ミスは無い方がいいですよね。
(ちなみに、決勝は、6名の選手の中から3名が演技し、その全ての得点が種目のチーム得点となります)


地上波での放送は、今日の夜中24:35~25:35に行われますが、「BSフジ」では、11:00~13:25に生中継されていました。
私は「BSフジ」の生中継の方を見ていました。
(放送日程は⇒こちら

通常、オリンピックや世界選手権などの国際大会を始め、国内の大会でも「予選」の放送をされる事はまず無いですが、今回は、日本での開催と言う事で、予選から放送されている訳ですが・・・。
今朝アップした 昨日の女子団体予選の記事(こちら)で「男子の場合、団体予選を見ても、当然、既にオリンピック出場圏内と言うか、出場自体は確定しているレベルなので、そんなに緊張しませんが」なんて書いちゃいましたが・・・・。
・・・超緊張したわ・・・
昨日の女子団体予選と同様、私、途中で、拝み始めたし・・


女子では、3種目目の跳馬で、飯塚友海選手(こちら)が本番直前、しかも、数分前のウォーミングアップ中に ひざをロイター板(踏切板)に強打し、ヒザがパックリ割れ、出血が止まらず、自分で歩く事も出来ず、車椅子で退場・・・と言うアクシデントに見舞われると言う大事件が起きましたが、今日の男子団体予選でも、今大会 絶好調の田中佑典選手(こちら)が 5種目目のゆかの演技中に頭を強打し、脳しんとうでフラつき、演技続行不可能⇒途中棄権 となり、点数が出ないと言う 大アクシデントが起きました(こちら

弟・田中佑典選手の前にゆかの演技をした 兄・田中和仁選手(こちら)が、最後の着地で失敗し、大きくラインオーバーをしてしまったので、田中佑典選手は失敗を出来ない状態で、掛かるプレッシャーも大きかったですが、今回の田中佑典選手は絶好調で、ゆかの前までのつり輪・跳馬・平行棒・鉄棒までの5種目合計点は、世界王者・内村航平選手(こちら)よりも上回っていたので、このまま行くかも・・とも思っていたので、本当にビックリしましたし、1種目1人までのミスしか許されない採点方法なので、かなり焦りました。

しかも、この先控えている 最後の種目・あん馬にも田中佑典選手は出場予定でしたので、田中佑典選手の代わりに (私の中では)あん馬のイメージのあまり無い沖口誠選手(こちら)が出場すると言う事になり、大波乱な展開となりました

その前にも、跳馬に絶対的持っている内村選手が 着地で 前に手を付いてしまう失敗があったり、また、最後の種目・あん馬の最初の演技者である田中和仁選手が落下をしてしまうと言う失敗が起き、しかも、その次の演技者が代打・沖口誠選手では、電光掲示板の演技者の名前が違って表示されているにも関わらず、演技時間のカウントを始めてしまう と言うトラブルもあり・・で・・・。
これがちゃんと正しく表示し直され、カウントもリセットされないと、沖口誠選手の得点も加算されない事態になってしまう可能性もあったので、見てて、もう、、、ヒヤヒヤしました


結果、何とか無事にあん馬の演技を終え、第1日目の班では、1位通過しましたが・・・(こちら)。
IMG_6668_20111010091407.jpg

明日の中国がどのような点数になるか、、かなりポイントですね。
ちなみに、去年の世界選手権の団体では、予選の順位(1位:中国、2位:日本)が そのまま決勝の順位になっています(こちら)。
中国も 来年のロンドンオリンピックに向けて、更に強くなっているでしょうし、何せ・・、世界最大の人口・13億人の中の精鋭が選ばれている訳で、国家的プロジェクトでスポーツに取り組んでいる国ですから、強敵なのは間違いない・・


良かった点としては、跳馬で沖口選手が、つり輪では山室光史選手(こちら)がすごくいい演技をした事とか、田中佑典選手の代打で急遽あん馬に出場した沖口選手がピンチを救ってくれた・・など、決勝に期待を持てる部分もありましたので、その辺は明るい話題ですね

田中佑典選手、ゆかの演技で途中棄権した訳ですが、最後まで会場には居ましたし、あさっての決勝は出場するのでしょうかねぇ。
また、ゆかの演技の後、内村選手が足に多少の違和感を見せる表情もしたので(こちら)、その辺りも気になります。
先週の公式練習で、ふくらはぎがつると言う事もありましたしねぇ・・・・。
その辺もキーになって来ると思うので、決勝の演技者にも注目ですね。


私、12日の男子団体決勝、14日の男子個人総合決勝、15~16日の種目別決勝は、東京の会場で「生」で見る事にしているのですが・・。
男子団体決勝、男子個人総合決勝は、緊張のあまり、やっぱ、私、、、、熱出そう・・・


ケガで思い出しましたが・・。
1995年に地元・福井県で行われた世界体操・鯖江大会の団体の時、ウクライナのイゴール・コロブチンスキー(こちら)、ゆかの着地失敗でアキレス腱を断絶し、そのまま病院に行ってしまいましたねぇ・・。
私、会場でそれを見てましたが、会場内が騒然とした記憶があります・・。

<イゴール・コロブチンスキー>
1989年の世界選手権 個人総合で金
1992年バルセロナオリンピック(当時EUN)団体で金、平行棒で銅
1996年アトランタオリンピックで団体で銅



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら







世界体操2日目<女子団体予選>

2011年10月9日(日)

現在、体操の世界選手権 東京大会開催中です。
Poster.jpg

自宅にて、TV観戦中です。

世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

おととい、昨日と、女子の団体予選が行われました。
この「団体予選」と言うのは、11日に行われる団体決勝の予選でもあり、また、13日に行われる女子個人総合決勝、15~16日に行われる種目別決勝の予選でもあり、また、来年のロンドンオリンピックの「団体」での出場権も掛けた予選であり、予選とは言え、気が抜けません
女子は「団体」としてオリンピックに行けるかのギリギリのラインなので、私もドキドキして待ってました。

なお、予選は6名の選手の中から5名が演技し、その上位4名の得点が種目のチーム得点となります。
なので、1名まではミスが許される事にはなりますが、チームの雰囲気的にも、ミスは無い方がいいですよね。
(ちなみに、決勝は、6名の選手の中から3名が演技し、その全ての得点が種目のチーム得点となります)


結果は、何と、5位での予選通過です(こちら
すごい
IMG_6660_20111009113815.jpg

地上波での放送は、昨夜、夜中25:35~26:35に行われていたのですが、「BSフジ」では、昨日の夜(20:00-21:55)、生中継されていました。
(放送日程は⇒こちら
私は「BSフジ」の生中継の方を見ていたので、まぁ・・・緊張したわ・・・・
男子の場合、団体予選を見ても、当然、既にオリンピック出場圏内と言うか、出場自体は確定しているレベルなので、そんなに緊張しませんが、女子予選・・・、こんなに緊張すると思いませんでしたわ。

あと、「録画」で放送される場合って、たとえ、結果を知らないで見てたとしても、編集の方法とか時間尺で、見てる内に結果が見えて来る時ってありますが、生中継なので、当然、全く分からず・・。

しかも・・・、3種目目の跳馬で、飯塚友海選手(こちら)が本番直前、しかも、数分前のウォーミングアップ中に アクシデントに見舞われました
跳馬の助走中に転倒し、ひざをロイター板(踏切板)に強打し、TV画面でで見てても「傷の深さ」が分かる位に重症で、出血が止まらず、自分で歩く事も出来ず、車椅子で退場と言う事態に・・。
会場全体に不穏な空気が流れてました。
もちろん、TVの前の私も・・・。

と言うのは、飯塚友海選手は、跳馬を最も得意としている選手で、日本では彼女しか出来ない「ユルチェンコ2回半ひねり」を持っていて、女子でこの技を使えるのは、世界に5人程しかないと言われている大技で、世界王者・内村航平選手(こちら)からも一目置かれている跳馬です。
手足も非常に長く、151センチの身長以上にダイナミックに見える選手です。
彼女の欠場は、、、、かなり痛い・・・。
そして、この大会が世界デビューなので、彼女の思いを考えると・・ねぇ・・・。

しかも、そのような状況に突然置かれたチームメイトには動揺が走り、精神状態を考えると、いつもの演技も出来なくても不思議じゃない・・・と思うと、11日に行われる団体決勝には行けない・・、そして、来年のロンドンオリンピックにも「団体」で行けない・・と言うのが頭をよぎって来ました。
オリンピック団体への出場は、もし、ここで逃しても、まだチャンスはあるのですが、ここ東京大会で決めたいと言うのが、みんなの願いですしねぇ・・。

そんな中、飯塚選手のアクシデントの数分後に始まった まずはトップバッター・新竹優子選手(こちら)の演技。
さすがな安定感で、トップバッターの責務を果たし、そして、順調に進み、最終演技は、飯塚選手の代打で急遽出場する事になった寺本明日香選手(こちら)でした。
飯塚選手のアクシデントは本番数分前のウォーミングアップ中なので、多分、、、寺本選手はウォーミングアップ自体をしてないと思うのですが、あの緊張感の中、そして、彼女、まだ15歳で、しかも、今回が世界デビューなんですが、その寺本選手が決めてくれ、ピンチを切り抜ける事が出来ました。
IMG_6661_20111009113815.jpg

私、この跳馬の頃から、拝みながらTV見てましたよ・・・

そして、最終種目の段違い平行棒は、5人が5人、全員がミス無く着地も決めて演技をして、結果5位での予選通過、ロンドンオリンピック出場を決めた訳ですが・・。
予選でここまでハラハラすると思わなかった・・
合計、1時間は拝んでましたかねぇ・・

予選を通過する事ってこんなに大変なものなんだ・・って改めて思いましたねぇ。

私、2004年のアテネオリンピックの男子団体決勝で金メダルを獲得したあの大会、あまりに緊張して、リアルタイムに見れず、金メダルと言う結果を聞いてからようやく見れたんですよね。
そして、4年後の北京オリンピックの男子団体決勝も同じく・・で(こちらこちら)。
世界選手権の場合は、結果を見ないで見るには見るんですが、ものすごい緊張するんで、観戦後はホトホト疲れて、グッタリ・・

私、12日の男子団体決勝、14日の男子個人総合決勝、15~16日の種目別決勝は、東京の会場で「生」で見る事にしているのですが、男子団体決勝、男子個人総合決勝は、緊張のあまり、熱出るかも知れん・・

今日・明日と、今度は、男子の団体予選が行われます。
男子の場合は、予選通過は当然何の問題もないと思うのですが、怪我無きよう戦っていただきたいです。


ちなみに・・・。
女子の予選が終わり、13日の個人総合決勝、15~16日の種目別決勝への出場選手も決まりました。

個人総合決勝には、上位24名が、種目別決勝には、それぞれの種目で上位8名が出場します。
1カ国2名までしか進めませんので、もし仮に、同じ国で3名入っていたとしても、2名までしか出れず、次の国に権利が与えられます。
また、権利は「選手」ではなく、「国」に与えられるので、どの選手が出るかは、その国で決める事になります。

日本からは、個人総合決勝に、日本のエース・鶴見虹子選手こちら)、去年の世界選手権で、日本女子初の「エレガンス賞」を受賞した田中理恵選手こちら)の2名、そして、種目別決勝には、15日の段違い平行棒鶴見虹子選手と、昨日大活躍した 15歳の寺本明日香選手が出場します。


ガンバレ、ニッポン



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら




明日のフジテレビ「ボクらの時代」に・・・。

2011年10月8日(土)

体操の世界選手権東京で開催中です

世界選手権 東京大会 公式サイト⇒こちら

昨日の10/7(金)から始まっていて、本日は、女子の予選が行われます。

明日10/9(日)のフジテレビ系am7時~7:30「ボクらの時代」(こちら)に 1984年のロサンゼルスオリンピックで、鉄棒で金メダル(10点満点)、跳馬で銀メダルを獲得した森末慎二さんこちら)、2008年の北京オリンピック個人総合銀メダル、団体・銀メダルを獲得し、2010年・2011年の世界選手権・個人総合チャンピオンで、今年の東京大会で3連覇を目指す内村航平選手こちら)、内村選手の大学の同級生でもあり、現在、「コナミ」(こちら)でもチームメイトであり、2010年の世界選手権・団体2位メンバーである山室光史選手こちら)が出演します。
興味がある方はどうぞ~



世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら





世界体操、本日開幕!

2011年10月7日(金)

本日体操の世界選手権 東京大会開幕です
Poster.jpg

IMG_6650_20111009113815.jpg


世界体操 東京大会 公式サイト⇒こちら

いやぁ・・・。
4年前の6月に「2011年、体操の世界選手権、日本で開催」とアップ(こちら)して、もう、開幕ですよっ

〔大会日程〕
10/7(金) オープニングセレモニー
11:30 女子団体・個人予選
10/8(土) 11:30 女子団体・個人予選
10/9(日) 11:15 男子団体・個人予選
10/10(月) 11:15 男子団体・個人予選
10/11(火) 19:00 女子団体決勝
10/12(水) 18:00 男子団体決勝
10/13(木) 18:00 女子個人決勝
10/14(金) 19:00 男子個人決勝
ロンジンエレガンス賞授与式
10/15(土) 13:30 男女種目別決勝 [男子:ゆか・あん馬・つり輪、女子:跳馬・段違い平行棒]
10/16(日) 14:00 男女種目別決勝 [男子:跳馬・平行棒・鉄棒、女子:平均台・ゆか]
クロージングセレモニー

フジテレビ系(地上波・BSフジ等)で、独占中継があります。
予選などは深夜放送のようですが、11日以降は、大体、リアルタイム放送(ゴールデンタイム、及び、日中)のようですね。
(放送日程は⇒こちら
「月刊テレビジョン」でも確認しました所、福井県でも、無事、放送がありました

チケットも入手済、ホテルも予約済、JRチケットも購入済です

私は、こちらを観戦予定です。
10/12(水) 男子団体決勝
10/14(金) 男子個人決勝
10/15(土) 男女種目別決勝 [男子:ゆか・あん馬・つり輪、女子:跳馬・段違い平行棒]
10/16(日) 男女種目別決勝 [男子:跳馬・平行棒・鉄棒、女子:平均台・ゆか]

楽しみです


なお・・、昨日、『「世界体操 東京2011」記念切手1,000万枚発売!』(こちらこちら)しました。
切手のデザインは、男子選手のあん馬と女子選手のフィニッシュポーズそれぞれのシルエットを描いたものです。


買って参りました





世界体操・東京大会 掲載ブログ記事まとめ ⇒ こちら








「チロルチョコ」の「カフェチロル」

2011年10月6日(木)

チロルチョコ」(こちら)から「カフェチロル」(こちら)が出ています。
「リラックマ」(こちら)の可愛いデザインです。
IMG_6507.jpg

「ローソン」(こちら)限定品で、10円サイズのチロルが9個入って、137円です。
IMG_6515_20111002124208.jpg

ミルクコーヒーマシュマロ」です。
IMG_6517.jpg

IMG_6629_20111010095545.jpg

カプチーノ」です。
IMG_6518_20111002124208.jpg

IMG_6636_20111010095601.jpg

こちら、裏なんですが、「カプチーノ」っぽいですね。
IMG_6637_20111010095601.jpg

コーヒーバニララテ」です。
IMG_6520.jpg

IMG_6632.jpg


「リラックマ」と「チロル」って、かなり頻繁にコラボしてますよね。
私のブログに載せているだけでも、これだけあります・・・。
2008/10「3色だんご」⇒こちら
2009/3「いちごショートケーキ」&「苺みるく大福」⇒こちら
2010/3「ボンジュールチロル」⇒こちら
2010/3「ダブルシュークリーム」⇒こちら





Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索