FC2ブログ

Entries

マレーシアの旅【17】/観光編≪8≫ オールドタウン〔8〕チャイナタウン〔2〕

2012年1月31日(火)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『観光編≪7≫ オールドタウン〔7〕チャイナタウン〔1〕』(こちら)に引き続き、今日は、「チャイナタウン」(こちら)で食べた「亀苓膏」(こちら)をアップします。

「亀苓膏」とは、亀の腹側の甲羅を干して粉末にした物に、甘草やドブクリョウ(土茯苓)、仙草(センソウ)、カマニン(火麻仁、アサの実)、スイカズラ(忍冬)などの生薬を器に入れて蒸し、ゼリー状に固めて作られる 中華圏の薬膳・デザートです。
私、以前、香港で1度食べた事があります。

日本では、「亀ゼリー」と言われています。
去年の夏、「ローソン」(こちら)で「フルーツと薬草ゼリーのスイーツ」(こちら)として、期間限定で売っていたらしいです。


「恭和堂」(こちら)はガイドブックにも載っている有名店です。
IMG_8396.jpg

ショーケースには、亀ゼリーだらけです。
IMG_8397_20120129105224.jpg

IMG_8402_20120129110032.jpg

IMG_8403_20120129110031.jpg

大が11リンギット(約275円)、小が8リンギット(約200円)です。
IMG_8398_20120129105224.jpg

小をオーダーしましたが、割と大きめです。
IMG_8400_20120129105223.jpg

左にあるポットには 甘いシロップが入っていて、それをかけながら食べます。
IMG_8401_20120129105223.jpg

こちらはお茶です。
どちらも健康茶です。
右の「清潤五花茶」は 甘くて お肌にいいらしいです。
左は「清熱王走吉」と言う 苦くて 臭いお茶らしいです。
1杯1.3リンギット(33円)です。
IMG_8405_20120129110348.jpg


「亀ゼリー」は健康に良い食べ物なので 年配の方々や健康に気を使った人が食べているものかと思っていたのですが、実は色んな世代の男女に愛されており、この日も、家族、カップル、グループでみんなで亀ゼリーを食べに・・と言う光景でした。

以前私が香港で食べた「亀ゼリー」よりは食べやすい気が「何となく」しました。
こっちの方が 苦味が少なかった「気」が。



明日は『観光編≪9≫ マラッカ〔1〕オランダ広場』です。



スポンサーサイト



マレーシアの旅【16】/観光編≪7≫ オールドタウン〔7〕チャイナタウン〔1〕

2012年1月30日(月)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『観光編≪6≫ オールドタウン〔6〕セントラルマーケット〔2〕』(こちら)に引き続き、今日は、『観光編≪7≫ オールドタウン〔7〕チャイナタウン〔1〕』です。

チャイナタウン」(こちら)は、植民地時代からの古い町並みの中に、屋台や露店が並んでいます。
お菓子やフルーツなどの食品から雑貨、靴まで 様々な物が売られています。
ブランド品の偽物もたくさん売ってました。
また、外国人旅行者にも人気の安宿も多く、地元の若者に人気のカフェエリアもあります。
路地が入り組んでいて、迷路のように、今、どこを歩いているのか分からなくなってしまいます。

「チャイナタウン」って、日本にも3箇所(横浜・神戸・長崎)ありますし、また、世界各国にありますよね。


特に行きたい場所って言うのは無かったので、まずはぶらぶらしてみました。

日本にある中華街にも、様々なデザインの「門」がありますが(横浜は→こちら)、こちらはこんな感じです。
IMG_8429.jpg

「茨廠街(ししょうがい)」と書いてあります。
IMG_8407_20120129101207.jpg

クアラルンプールの祖とされる廣東客家華僑・葉亞來(亜来)〔ようあらい〕と言う人物が当地に建てた「木茨粉」(タピオカ粉)の工場「茨廠」にちなむ名だそうです。

IMG_8406_20120129101207.jpg

この日、12/31だったので、世の中的には「大晦日」なんですが、中華圏のお正月は旧暦ですので、今年は1/23がお正月になります。
ですので、この時期は、日本で言う「12月に入ってこれから色々忙しくなるぞ」と言うような時期ですかね。
こんな風に中華圏のお正月を迎える「赤いグッズ」がたくさん売られています。
IMG_8393.jpg

こちら3枚、別の場所で撮影した写真です。
IMG_8129_20120129102454.jpg

日本で言う「ポチ袋」みたいなもんですよね、多分。
IMG_8147_20120129102453.jpg

IMG_8146_20120129151348.jpg


チャイナタウンらしく、子供用のチャイナ服を売っているお店です。
IMG_8408_20120129101206.jpg

色んな屋台です。
こちら「天津甘栗」です。
IMG_8409.jpg

「豆腐花」(こちら)と言う豆腐(豆乳)プリンのようなスイーツです。
台湾で食べた事があります。→ こちら
IMG_8411_20120129102706.jpg

「羅漢果(らかんか)」(こちら)・「龍眼(りゅうがん)」(こちら)のシロップのかかったかき氷ですかね。
看板に「冰」と言う「にすいに水」の漢字が書いてありますが、これ、中国語の「氷」と言う意味です。
IMG_8412_20120129102706.jpg

丸焼きの鶏・・ですかね・・。
IMG_8414_20120129102705.jpg

「ランブータン」(こちら)です。
これ、美味しいですよね。
IMG_8343_20120129102705.jpg

食堂的な こんな場所もあります。
IMG_8394_20120129102705.jpg


年末と言う事もあってか、非常に活気のあるチャイナタウンでした。


明日は、チャイナタウンで食べた「亀ゼリー」をアップします。



マレーシアの旅【15】/観光編≪6≫ オールドタウン〔6〕セントラルマーケット〔2〕

2012年1月29日(日)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『観光編≪5≫ オールドタウン〔5〕セントラルマーケット〔1〕』(こちら)に引き続き、今日も『セントラルマーケット』(こちら)です。
IMG_8314_20120115145358.jpg

昨日アップした通り、クアラルンプールにある『セントラルマーケット』は、英国統治時代に生鮮食品市場として活躍していたものであり、改装して空調の効いた コロニアル様式の建物のマーケットになり、マレー、インド、中国のゾーンに分かれている 観光客向けのお土産物を取り扱うショップやフードコートがあります。

その中にこんなものを見つけました
IMG_8386_20120115152638.jpg

IMG_8385.jpg

よくテレビで出て来る「ドクターフィッシュ」(こちら)です。

「ドクターフィッシュ」はコイ科の淡水魚で、人の古くなった皮膚(角質)を吸い取るようについばむ習性を持っています。
また、ついばむ際の小刻みな刺激によって皮膚代謝を促進させる効果が期待できると言われています。
トルコやドイツではアトピー性皮膚炎や乾癬、ニキビなどの皮膚疾患の治療に用いられており、ドイツでは「ドクターフィッシュ」による治療が保険適用の医療行為としてカリキュラムに導入されています。
この事から、現地では、通称「ドクターフィッシュ(魚のお医者さん)」と呼ばれるようになったそうです。

日本でも、東京・お台場の「大江戸温泉物語」(こちら)に「フィッシュ・セラピー」(こちら)がありますよね。
前から気になっていたので、こんな所で偶然出会えるとは・・と。

そもそも・・・。
「セントラルマーケット」内を歩いていたら、どこからともなく大騒ぎする声がして、「何だ・・」と思って、声のする方に行ったら、彼らの足元がこんな事になってました。
IMG_8380.jpg

「私もやってみたい」と思いチャレンジしましたが・・・。

恐る恐る足を入れたら、こんな風に「ドクターフィッシュ」が足に寄って来て、足を突っつくんですよね
IMG_8370_20120115152638.jpg

当然のごとく、今まで魚に足を突っつかれた事が無いので、くすぐったくて、「ギャーーーーーー」と騒ぐ私達。
さっきの騒ぎっぷりは、コレだったのね・・と思いました。
痛くは無いんですが、くすぐったいんですよね。

で、騒いで足を動かしてしまうと、「ドクターフィッシュ」がビックリして、足から離れてしまうので、じっと我慢。
IMG_8381_20120115152638.jpg

私がテレビで見た「ドクターフィッシュ」は、体長3~4センチ位のものだったのですが、ここのは大きくて10センチ位ありました。
なので、口も大きいので、「食べられてる」と言うのが分かるんで、尚更、くすぐったい
IMG_8377_20120115152638.jpg

5分で125円位です。

ちなみに・・・。
こちらは「手」用です。
足と同じく、5分で125円位です。
IMG_8384_20120115154715.jpg

こちらは「ドクターフィッシュ」も、体長3~4センチ位のものでした。
また、足用でも体長3~4センチ位のもの場所もありました。

終わって、足を出してみたら、かかと辺り、ホントにツルツルになってましたよ


明日は、「観光編≪7≫ オールドタウン〔7〕チャイナタウン」です。



マレーシアの旅【14】/観光編≪5≫ オールドタウン〔5〕セントラルマーケット〔1〕

2012年1月28日(土)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『観光編≪4≫ オールドタウン〔4〕クアラルンプール駅(旧中央駅)』(こちら)に引き続き、今日は、『観光編≪5≫ オールドタウン〔5〕セントラルマーケット〔1〕』です。


クアラルンプールにある『セントラルマーケット』(こちら)は、英国統治時代に生鮮食品市場として活躍していたものであり、改装して空調の効いた コロニアル様式の建物のマーケットになり、マレー、インド、中国のゾーンに分かれている 観光客向けのお土産物を取り扱うショップやフードコートがあります。
IMG_8314_20120115145358.jpg

1888年と書いてありますが、なかなか趣がありますね。
IMG_8353_20120115145358.jpg

IMG_83521.jpg

IMG_8308_20120115145358.jpg

バティック(インドネシア・マレーシアの ろうけつ染め布地の特産品)、民族楽器、絵画、マレー凧といったマレーならではの工芸品から、アジアンモダンな雑貨、衣類、靴など、マレーシアのものが一同に集まっており、お土産探しにも最適です。
IMG_8354_20120115145848.jpg

IMG_8355_20120115145848.jpg

IMG_8357_20120115145848.jpg

IMG_8358_20120115145848.jpg

IMG_8360_20120115145848.jpg

IMG_8361_20120115150154.jpg

IMG_8364_20120115150154.jpg

IMG_8387_20120115150154.jpg

IMG_8368_20120115150154.jpg

1階はこんな感じで明るく、吹き抜けで開放感があります。
IMG_8359_20120115145848.jpg

しかも・・。
このマーケット、室内にあって、しかも、クーラーが効いていて、とても快適です。
外は暑いので、ありがたいです。

フードコートでは郷土料理以外でも、クアラルンプールで有名なマレー料理店やニョニャ料理店、カフェ店なども出店しています。
IMG_8367_20120115150428.jpg

IMG_8366_20120115150428.jpg

IMG_8365.jpg

IMG_8362_20120115150428.jpg

IMG_8363_20120115150428.jpg


また、建物の外にも屋台風のお店がたくさんありました。
こんな風にアーケードになっています。
IMG_8388_20120115150634.jpg

フルーツやドリンク系もあります。
手前が「ランブータン」(こちら)、奥が「リュウガン(龍眼)」(こちら)ですね。
IMG_8392_20120115150633.jpg

手前は、左に、多分・・「グァバ」(こちら)、中央・右が梨、奥はりんごとマンダリン(みかん)ですね。
IMG_8391_20120115150633.jpg

手前は、左が「マレーアップル」(こちら)、右が多分「グァバ」、左奥が「マンゴスチン」(こちら)、右がりんごですね。
IMG_8390_20120115150633.jpg

「マレーアップル」、生まれて初めて聞いたフルーツだったのですが、1つ買ってみたので、後日、アップします
IMG_8657.jpg

こちら飲み物なんですが、色合いが・・・スゴイ・・・
IMG_8389_20120115151829.jpg


周りはこんな感じです。
IMG_8350.jpg

IMG_8316_20120115151829.jpg

セントラルマーケットのすぐ横に立ってた高層ビルなのですが、白に青が映えています。
IMG_8351_20120115151829.jpg

セントラルマーケットの脇にあった屋台です。
IMG_8312_20120115151829.jpg

IMG_8313_20120115151829.jpg


思っていたより、遥かにキレイなマーケットでした


明日も、「観光編≪6≫ オールドタウン〔6〕セントラルマーケット〔2〕」です。


マレーシアの旅【13】/観光編≪4≫ オールドタウン〔4〕クアラルンプール駅(旧中央駅)

2012年1月27日(金)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

前回の『観光編≪3≫ オールドタウン〔3〕関帝廟』(こちら)に引き続き、今日は、『観光編≪4≫ オールドタウン〔4〕クアラルンプール駅(旧中央駅)』です。


クアラルンプール駅(旧中央駅)」(こちらこちら)は、マレー鉄道の駅で、1886年に開業した クアラ・ルンプール市内最古の駅です。
現在の 白亜の宮殿のような駅舎は、海峡植民地時代の1910年に建設された英国風建築様式で、観光名所の1つとなっています。
2001年にKLセントラル駅がオープンするまで、鉄道の玄関口として使用されていました。
現在でも、マレー国鉄の一部の列車が停車し、駅として営業されています。
また、駅舎内部には、100年の歴史を持つ「ヘリテージステーションホテル」(こちら)があります。
(「ヘリテージ」は、「遺産」の意味です)

どうにもこうにも「全体」が入るスポットを見つけれず・・・で
IMG_8421_20120115140640.jpg

IMG_8422.jpg

IMG_8427_20120115140639.jpg

IMG_8428_20120115140639.jpg

IMG_8424_20120115140639.jpg

西側構内は、マレー鉄道の博物館も設置されています。
鉄道マニアにとっては、見逃せない展示施設です。
マレー鉄道で使用されていた備品や制服、駅設備品などが展示されています。
また模型を使って展示している一画もあり、昔のクアラルンプール駅や、車両を展示していて、入場は無料です。
IMG_8420_20120115140639.jpg

こちらプラットホームです。
改札は無いので、ホームに自由に入れちゃいました。
IMG_8419_20120115140812.jpg

IMG_8417_20120115140812.jpg

IMG_8418_20120115140812.jpg


こちらは「マレー鉄道事務局ビル(KTMビル)」(こちら)で、クアラルンプール駅後ろ正面にあるマレー鉄道の事務局ビルです。
古代ギリシャやオスマン帝国などアジアとヨーロッパの建築様式が見事にミックスされた建物は見ごたえ充分です。
IMG_8423_20120115140811.jpg


明日は、「観光編≪5≫ オールドタウン〔5〕セントラルマーケット」です。



マレーシアの旅【12】/観光編≪3≫ オールドタウン〔3〕関帝廟

2012年1月26日(木)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

前回の『観光編≪2≫ オールドタウン〔2〕スリ・マハ・マリアン寺院』(こちら)に引き続き、今日は、『観光編≪3≫ オールドタウン〔3〕関帝廟』です。


クアラルンプールにある「関帝廟」(こちら)は、「チャイナタウン」(こちら)に隣接する 三国志の武将である「関羽」〔?~建安24年(219年)〕(こちら)を祭った寺院です。
商売の神様だそうです。
廟内の碑文によると、建立は光緒14年(1888年)で、その後、1994年に大規模な修復工事が行われたそうです。

ちなみに・・。
「チャイナタウン」のある所には、「関帝廟」があるそうで、日本の横浜、神戸の中華街にもあるらしいです。


ビルの谷間に建つ こじんまりとした寺院です。
IMG_8328.jpg

「廣肇會館」とありますが、こちらは、中国・広東出身者の互助組織も兼ねていたそうです。
IMG_8331_20120115123912.jpg

中に入ると、線香の煙がモクモクしてます。
IMG_8332.jpg

こちら、うずまき状の線香です。
IMG_8333.jpg

観光客と思われるのは私達位で、あとは、現地の方々ばかりでしたねぇ。
IMG_8334.jpg

IMG_8335_20120115123912.jpg

IMG_8336.jpg

私、2007年の年末年始に台湾・台北に行っていたのですが(こちら)、そこで行った(こちら)「龍山寺」(こちら)にもあったんですけど・・。
これ、「おみくじ」なんですよね。(1回 25円位)
IMG_8339_20120115124814.jpg

この筒に入っている棒を1本取ります。
棒の先に番号が書いてあるので、それを覚えておき・・・。
IMG_8337_20120115124814.jpg

台湾では「神杯」って呼んでいたのですが、この赤い2つ1組のものを地面に落とします。
片方が表、片方が裏であればokです。
IMG_8338.jpg

で、さっきの棒に書いてあった番号のおみくじをおみくじ処で引きます。
IMG_8340_20120115124814.jpg

こちらです。
私はやっていないので、これは友達のものです。
「中吉」って書いてあるので、まぁまぁですかね
IMG_8342_20120115124814.jpg


明日は、「観光編≪4≫ オールドタウン〔4〕クアラルンプール駅(旧中央駅)」です。



鯖江市「サバエシティーホテル」内/「メゾン・ド・レトワール」にてランチ

2012年1月25日(水)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

旅日記をアップ中ですが(こちら)、一旦休憩し、今日は、ランチの話を書きたいと思います。

鯖江市「サバエシティーホテル」(こちら)内のフレンチ「メゾン・ド・レトワール」(こちら)でランチをして来ました。

1月の頭に行った時の写真なので、まだ「お正月」な感じの写真ですが・・。
IMG_8816_20120115131049.jpg

IMG_8815_20120115131049.jpg

私自身は、何となく・・の印象ですが、「ちょっと敷居が高そう」と言う感覚があり、「ホテルのレストランに行く」と言う習慣があまり無いのですが、お客さんは割といらっしゃいましたねぇ。
IMG_8814_20120115131049.jpg

8階にあるので、見晴らしはいいです。
「西山公園」(こちら)が見えます。
4月の桜、5月の「つつじ」の季節は、ここからの眺めもキレイそうですね。
ま、今は冬の景色なので、寒々としてますが・・
IMG_8801.jpg

ランチメニュー(こちら)の中から、私はこちら「Menu B+デザート(2,250円)」にしました。
IMG_87831.jpg

美食家風フレンチデリ・サラダ」です。
こちらは2人分です。
一見、「葉っぱだけ」に見えるのですが、下に、カブ・人参、また、数種類のマヨネーズで和えたサラダが入っていました。
IMG_8794_20120115132115.jpg

IMG_8797_20120115132115.jpg

炙りサンマと大葉のスパゲティー」です。
IMG_8790.jpg

アップにしました。
IMG_8792.jpg

鶏肉のモッツァレラ包みパン粉焼き トマトクリームソース」です。
IMG_87991.jpg

アップにしました。
IMG_8799.jpg

私のイメージでは、もも肉が1枚位出て来て・・・と思っていたので、この形状は意外でした。


噛みしめるほど小麦の味を感じるパン」です(お替わり自由)。
「こだわりバター&僅か3週間だけ収穫され る緑の果実オリーブジュース(有機栽培エキストラ・ヴァージンオリーブオイル)とご一緒に」との事です。
IMG_8788.jpg

これ、パンと一緒に出てくる「パテ」のようなものですが、お肉ベースだったと思います。
ちょっと「肉系の味」がしたので、私はちょっと苦手かも・・・。
IMG_8786.jpg

食後のお飲み物とフランス風小菓子」です。
カフェオレにしました(お替わり自由)。
IMG_8812_20120115132536.jpg

IMG_8810_20120115132536.jpg

抹茶のミニミニパウンドケーキとマシュマロ(いちご)です(2人分)。
IMG_8808_20120115132536.jpg

デザートの「2011年版『るるぶ』に掲載されているマンゴープリンパフェ」です。
IMG_8802_20120115132851.jpg

IMG_8804_20120115132851.jpg

IMG_8807_20120115132851.jpg

ここ「サバエシティーホテル」のマンゴープリン、過去に、このブログでもアップしていますが(こちら)、「マンゴーの王様のプリン」(こちら)は有名ですよね

「マンゴーの王様のプリン」、美味しいのですが、お値段も安くはないので、なかなか食べる機会が無いのですが・・・
5年半ぶりに食べましたが、非常に美味でございました


ちなみに・・。
こちらは、お友達のオーダーした「Menu A+デザート(1,950円)」の前菜「上庄地区 田中さんの作った里芋とゴルゴンゾーラのキッシュ」です。
IMG_8784.jpg


こちら、地元福井県の食材を使ったものがあって、上記の「キッシュ」の「上庄地区 田中さんの作った里芋」も大野市の「上庄さといも」(こちら)ですし、他にも 芦原産あんぽ柿「越の甘柿」(こちら)を使ったメニューもありました。
「上庄さといも」の煮っころがしは、ものすごく美味しいですよね。
普通の里芋は 柔らかいですが、「上庄さといも」は しっかりとした歯ごたえで、非常に美味しいです
あの地域でしか、あの食感の里芋は作れないそうですよ。


★メゾン・ド・レトワール
住所:福井県鯖江市桜町3-3-3
TEL:0778-53-1122
営業時間
 ランチタイム 11:00~15:00
 ディナータイム 18:00~22:00(予約制)
定休日:火曜日



坂井市/イタリア食堂「ドマーニ」にランチ。

2012年1月24日(火)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

旅日記をアップ中ですが(こちら)、昨日・今日は一旦休憩し、今日は、ランチの話を書きたいと思います。


昨日アップしましたが(こちら)、坂井市「ハートピア春江」(こちら)で行われた『初笑い寄席2012 桂文珍独演会』(こちら)に行って来ました
坂井市まで行く機会は、普段、あまり無いので、これを機会に、坂井市のレストランでランチをして来ました。

行ったのは、イタリア食堂「ドマーニ」こちら)です。

こちら、以前は、福井市の飯塚(「アピタ」近く)にありましたよね。
その時に、1度行った事があります
前回の記事(2007/6)→ こちら


IMG_8871.jpg

「第4日曜日は定休日」になっていますが、今年から、ランチだけ営業する事にしたそうです。
IMG_8872_20120122180352.jpg

ランチメニューは5つ、「パスタランチ」、「ピッツァランチ」、「パスタピッツァランチ」、「ドマーニランチ」、「膳菜・パスタ膳」です。

私は「ドマーニランチ」にしました(1,650円だったかな)。

サラダです。
IMG_8855_20120122180352.jpg

パン1つ(お替わり無し、バター無し)。
IMG_8857_20120122180352.jpg

パスタは、「アマトリチャーナ」(玉ねぎとベーコンのトマトソース)〔こちら〕にしました。
IMG_8860_20120122180352.jpg

こちらは友達の「ペペロンチーノ」です。
IMG_8859_20120122180351.jpg

「白身魚のレモンバターソース」です。
白身部分がフワフワしてました。
IMG_8864.jpg

ドリンクは、私はコーヒーにしました。
IMG_8865_20120122181711.jpg


ランチメニューはここまでで、デザートは別オーダーです。
こちら、私オーダーの「抹茶のティラミス」(580円)です。
IMG_8870_20120122181711.jpg

こちらは友達の「シフォンケーキ」(セットメニューの食後のオーダーだと280円)です。
IMG_8867_20120122181710.jpg


美味しかったんですが、わたし的には 多少、ちょいちょい気になるポイントはありましたけど・・
パンは温かくて美味しかったんですが、小さめのものが1つだったので、もう1つ欲しかったかなと思いました。
サラダも もう少し量があっても良かった気もします。
パスタと白身魚は 多少、味が濃い(しっかり味が付いている)かなと思ったので、どちらかを もう少し、味付けを控えめにした方がいいかなぁとは思いました。

お店の雰囲気は「和」をベースにしたおしゃれなお店で、雑貨を売っているスペースもありました。
お客さんも一杯でした。


★イタリア食堂「ドマーニ」
住所:福井県坂井市春江町江留上昭和8-5
TEL:0776-58-0311
営業時間
 ランチ 11:30~14:00
 カフェ 14:00~17:30
 ディナー 17:30~22:00
定休日:月曜


「初笑い寄席2012 桂文珍独演会」を見に行った。

2012年1月23日(月)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日まで旅日記をアップしておりましたが(こちら)、今日は一旦休憩し、昨日行った「落語」の話を書きたいと思います。


昨日、坂井市「ハートピア春江」(こちら)で行われた『初笑い寄席2012 桂文珍独演会』(こちら)に行って来ました
IMG_8842_20120115160130.jpg

去年の同時期は、春風亭小朝さんこちら)の『初笑い寄席2011「春風亭小朝独演会」』(こちら)を見ました(こちら)。

「落語が好き」と言う事ではないのですが、「興味」で 初めて見た去年の落語はスゴく面白かったので、「次回は、桂文珍さんのを見てみたい」と思ってたので、ちょうど良かった


今回も、とても面白かったです
今の世の中の話題を取り入れた話から、江戸時代の落語から、まさに情景が浮かぶような感じで、「間」の取り方も絶妙で、「さすが、上手いねぇ」と言いながら、会場を後にしました


「ハートピア春江」、去年は春風亭小朝さん、今年は桂文珍さん・・と、落語の世界でも有名な方々を呼んでいますが、来年は どなたなんだろ・・
桂三枝さん(こちら)とか いかがでしょう・・



マレーシアの旅【11】/観光編≪2≫ オールドタウン〔2〕スリ・マハ・マリアン寺院

2012年1月22日(日)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『観光編≪1≫ オールドタウン〔1〕マスジット・ジャメ』(こちら)に引き続き、今日は、『観光編≪2≫ オールドタウン〔2〕スリ・マハ・マリアン寺院』です。


クアラルンプールにある「スリ・マハ・マリアン寺院」(こちら)は、「チャイナタウン」(こちら)に隣接するヒンドゥー寺院で、クアラルンプールで最も古く精巧な建物の1つです。
現在の建物は1999年に改装されていますが、建立は1873年で、マレーシア最大のヒンドゥー寺院で、昼夜問わず祈りを捧げにインド系の人々やって来るそうです。
22mの壮麗な門塔とポーチは複雑に彫られたヒンドゥー教の神々の像で飾られています。
IMG_8318.jpg

横長サイズに。
IMG_8319_20120115114522.jpg

IMG_8323_20120115114522.jpg

ヒンドゥー教の色んな神々です。
3つの最高神の1つで 世界を維持する役目があるとされる「ヴィシュヌ神」(こちら)とか、太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕を持った 商業の神・学問の神「ガネーシャ」(こちら)辺りですね。
IMG_8321_20120115114522.jpg

IMG_8324_20120115114716.jpg

こんな感じでキレイな像が飾られています。
この装飾、屋根などに施されているヒンドゥー教の聖人像は、どれ1つとして同じものはないのだそうです。
IMG_83201.jpg

左の方をアップにしました。
「ガネーシャ」ですかね。
IMG_8320_20120115114522.jpg

ちなみに・・・。
「ガネーシャ」はですね、私、インドに行った時(こちら)に、置物を買って来ましたよ(こちら)。
インドもヒンドゥー教ですが、「ガネーシャ」は、インドでも 一番人気の神様です。
お店の入り口には、必ずと言っていい程、この「ガネーシャ」の絵が描いてあったり、また、置物が置いてあったり。
あとは、いろんなグッズもあります。


中には、金と宝石で装飾されたヒンドゥー教の女神・マハ・マリアマンが祀られています。
IMG_8325_20120115121331.jpg

観光客と思われるのは私達位で、あとは、ヒンドゥー教徒の方々ばかりでしたねぇ。
12/31の朝9:30頃に行ったのですが、中で、みんな普通に ご飯を広げて食べてましたわ。
IMG_8327.jpg

インドと言えば、民族衣装の「サリー」(こちら)が有名ですが、みなさんカラフルなサリーを着てましたねぇ


こちら「ガネーシャ」ですが、何故か「ピース」してますけど、これには何か意味があるんでしょうか・・
ちょっとウケる・・
IMG_8326.jpg


装飾の立派な 派手派手寺院でした


次回は、「観光編≪3≫ オールドタウン〔3〕関帝廟」です。



マレーシアの旅【10】/観光編≪1≫ オールドタウン〔1〕マスジット・ジャメ

2012年1月21日(土)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『ホテル編≪5≫ スパ』(こちら)に引き続き、今日は、『観光編≪1≫ オールドタウン〔1〕マスジット・ジャメ』です。

クアラルンプールにある「マスジット・ジャメ」(こちら)とは、スランゴール州のスルタンが1909年に建てた 市内最古のイスラム教のモスクの1つです。
国内で1・2を争う美しいモスクで、完成までに2年の歳月を要したそうです。
1965年に「マスジッド・ネガラ(国立モスク)」(こちら)が完成するまで、市内の主要モスクだったそうです。
回りをヤシの木々に囲まれていて、北インドのムガール建築の影響を受けた(ムーア様式)異国情緒たっぷりのクラシックなイスラム調の白い建物です。
夜景が圧巻だそうです。

IMG_8299_20120115111036.jpg

礼拝時間以外は見学可能なのですが、見学の際、女性はスカーフと上着を着用しなければいけません(貸出あり)。
(男性もショートパンツや袖無しシャツの場合は、上着を着用する必要があります。)
靴も脱いで入ります。
IMG_8280_20120115111036.jpg

こんな感じで書いてあります。
IMG_8281_20120115111035.jpg

・・・って事でこんな感じに仕上がりました。
意外に似合ってました
IMG_8284_20120115111035.jpg

バックショットはこちら。
IMG_8295.jpg

一緒に行った友達は、身長が150センチも無いので、ズルズル引きずってました

「ヤシの木の中のモスク」って言うのも趣ありますよね。
IMG_8300.jpg

IMG_8301_20120115111834.jpg

IMG_8298_20120115111834.jpg

IMG_8285_20120115111834.jpg

IMG_8297_20120115111834.jpg


こちらモスク内部です。
朝8:30頃に入ったので、閑散としてました。
IMG_8286_20120115112911.jpg

暑い日なんかは、床が冷たくて、気持ち良さそうですよね
IMG_8288.jpg

イスラム教は、男女の区分けがはっきりしているので、お祈りをする場所も分かれています。
「こちらが女性エリアです」って書いてあります。
IMG_8287.jpg

IMG_8289_20120115112911.jpg

IMG_8290_20120115112911.jpg

IMG_8292.jpg


「泥の交わる地点」を意味するクアラ・ルンプールの語源となったクラン川とゴンバック川が交わる地点にあります。
こちらがその交わるポイントです。
IMG_8302_20120115110345.jpg

クラン川とゴンバック川、もっと大きな川かと思っていたら、「用水路」みたいでしたわ


明日は、「観光編≪2≫ オールドタウン〔2〕スリ・マハ・マリアン寺院」です。



マレーシアの旅【9】/ホテル編≪5≫ スパ

2012年1月20日(金)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『ホテル編≪4≫ ショップ』(こちら)に引き続き、今日は、『ホテル編≪5≫ スパ』です。

アップ済ですが(こちら)、宿泊したホテルは、5つ星ラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル ホテル クアラルンプール」(こちら)です。
私が泊まってみたかったホテルです

私と一緒に、毎年の年末年始に海外旅行に行く友達、いつも割といいホテルに泊まるのですが、そこで、ホテル内の「スパ」に行くのを楽しみにしています

過去にアップした記事
カンボジア/アンコールワット → >「ル メリディアン アンコール」(こちら)にて(こちら


今回は、ホテル内の その名も「The SPA」(こちら)に行きました。
IMG_8633_20120115103321.jpg

IMG_8561_20120115103321.jpg


HPに記載の「売り」としては、こちらです。
8室のトリートメント ルームを持つ、ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル。
8室のトリートメント ルーム
2室のVIPカップル スイート
プライベート コンサルティング ルーム
ヒート&ウォーター オアシス:スチーム ルーム、ドライ サウナ、ホット&コールド ジャグジー
リラクゼーション ラウンジ
お客さまに心からご満足いただくことをモットーとしています
スパ キッチン
だそうです。

ちなみに・・・。
日本から メールで予約して行きました


まず・・・、こちらに通されます。
IMG_8636_20120115103321.jpg

ヒーリング系の音楽がかかっています。
IMG_8637_20120115103321.jpg

ジンジャーハニーティーが出ました。
IMG_8639_20120115103320.jpg

こちらロッカーです。
IMG_8640.jpg

写真はここまで・・・です。


私達は、それぞれ別の部屋に通されて、2時間のコースのエステをしました。

お値段的には、2時間で16,000円位ですかね。
ヘッドマッサージから足先までだったのですが、この手の高級スパでのマッサージって、どっちかと言うと、「リラクゼーション」がメインで、強さは比較的弱めな場合が多いのですが、今回は、割と強めにしっかりやってくれました

非常にリラックスして、とても快適でしたぁ
1/1の午後に行ったのですが、いい元旦になりました


明日は、「観光編≪1≫ マスジット・ジャメ」です。


マレーシアの旅【8】/ホテル編≪4≫ ショップ

2012年1月19日(木)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『ホテル編≪3≫ 朝食』(こちら)に引き続き、今日は、『ホテル編≪4≫ ショップ』です。

アップ済ですが(こちら)、宿泊したホテルは、5つ星ラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル ホテル クアラルンプール」(こちら)です。
私が泊まってみたかったホテルです

ホテル内のロビーフロアには、美味しそうなスイーツが並ぶラウンジカフェとショップがありました

こちら、ラウンジカフェです。
IMG_8098_20120115095503.jpg

上から撮ってみました。
IMG_8547_20120115095503.jpg

ショーケースの中のスイーツ達。
いちごのタルトです。
ちょっとボケちゃいましたが、いちごがツヤツヤです。
IMG_8073.jpg

コレ、なんですかね。
直径7~8センチ位ありましたが、おっきなマカロンみたいな感じですかね。
IMG_8074.jpg

そして、右はチョコですが、左の方・・・、これはかなりナゾです。
何なのか、よく分からないですが、でも、カラフルでキレイですし、「ツルン」ってしてそうですよね
IMG_8072_20120115100334.jpg

こちらエクレアですが、上に「マンダリン オリエンタル ホテル」のマークである「扇」の形をしたチョコがのってます。
IMG_8100.jpg


こちらはショップの方です。
上の方がマカロンをタワー状にディスプレイしたもの、その下にパン、その下にはショーケースに入ったケーキがあります。
IMG_8066_20120115095502.jpg

上の方をアップに・・。
マカロンタワーとパンです。
IMG_8068.jpg

下の方のケーキです。
IMG_8067_20120115095502.jpg

こちら、想像するに マシュマロ系のフワフワしたお菓子かな・・と。
IMG_8069.jpg

こちら、想像するに ゼリーの回りに砂糖をまぶした系のお菓子かな・・と。
IMG_8071_20120115101209.jpg

チョコレートですね。
IMG_8070.jpg


それぞれ、お値段はチェックしてはいないですが、そこそこのお値段はしそうですよね。。。


明日は、「ホテル編≪5≫ スパ」です。

マレーシアの旅【7】/ホテル編≪3≫ 朝食

2012年1月18日(水)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『ホテル編≪2≫ 客室紹介』(こちら)に引き続き、今日は、『ホテル編≪3≫ 朝食』です。

アップ済ですが(こちら)、宿泊したホテルは、5つ星ラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル ホテル クアラルンプール」(こちら)です。
私が泊まってみたかったホテルです


朝食は ホテル内のレストラン「Mosaic(モザイク)」(こちら)でいただきます。
去年9月にオープンしたレストランで、日本のスピン・デザインスタジオ(こちら)がインテリアデザインを手掛けたそうです。
IMG_8099.jpg

レストラン内です。
IMG_8076_20120108185820.jpg

IMG_8273_20120108185819.jpg

ちょっと見にくいですが、ショーケースの中にはたくさんの皿がディスプレイされています。
IMG_8272_20120108185820.jpg

am7時前なので、外はまだ暗いです。
IMG_8075_20120108185819.jpg


こんな感じのラインナップです。

まずは、、、パンです。
ノーマルな食パン、ライ麦系のパン、、、等々です。
全部で8種類あります。
IMG_8077_20120108190306.jpg

デニッシュ系、クロワッサン、パウンドケーキ系です。
こちらも、全部で8種類あります。
IMG_8078_20120108190305.jpg

左からワッフル、フレンチトースト、パンケーキです。
ワッフルは「」です。
IMG_8079_20120108190305.jpg

こちらは、ホテルではお馴染みの「お好みの卵料理を調理してくれるコーナー」です。
IMG_8268_20120108190305.jpg

ここから具を選ぶのですが、トマト、チーズ、ハム、玉ネギ、ピーマン、マッシュルームなどがあります。
手前左の「肉」は何・・・
IMG_8265_20120108190305.jpg

こちらは、焼きトマト、焼きアスパラ、ソーセージ、ジャーマンポテトです。
IMG_8266_20120108190305.jpg

サラダコーナーです。
奥は野菜スティックです。
IMG_8084.jpg

ハム、サラミ系のコーナーです。
皿の上は、実にキレイに並んでます。
IMG_8081_20120108190853.jpg

中央はスモークサーモンですが、左右は・・何だ・・っけ・・。
こちらも同じく、、、皿の上は、実にキレイに並んでます。
IMG_8264_20120108190853.jpg

シリアルコーナーです。
全部で10種類位ありました。
IMG_8082.jpg

こちらは、ジャム、メープルシロップ、はちみつのコーナーですが・・。
ここには、「蜂の巣」そのものが置いてあり、そこから垂れてくる蜂蜜を食べる事が出来ます。
IMG_8083.jpg

フルーツコーナーです。
日替わりで、常時10種類以上あります。
皿の上は、実にキレイに並んでます。
IMG_8085_20120108190853.jpg

フルーツコーナーの横には、スムージー・ミルクコーナーがあります。
IMG_8263_20120108191447.jpg

これは、、、多分、オートミールじゃないですかね。
日替わりで、オートミールの種類が変わってました。
IMG_8086_20120108191447.jpg

写真を撮っていないですが、マフィンコーナーもありましたねぇ。


そして、ここからは、アジアンなコーナーです。

まずは・・・、中国。
お粥です。
手前には、トッピングも色々あります。
IMG_8093.jpg

そして、点心(飲茶)です。
シュウマイ、甘系の中華まん等が、それぞれ数種類並んでいます。
IMG_8269_20120108191833.jpg

日によって、中身が多少変わっています。
IMG_8090_20120108191833.jpg

こちらはマレー料理で、右から、ナシゴレン(ご飯や野菜をオイスターソースとチリ等の薬味で炒めたピリ辛のマレー風チャーハン)、ミーゴレン(野菜やシーフード等をオイスターソースとチリ等の薬味で炒めたピリ辛のマレー風焼きそば)、ミーフンゴレン(ミーゴレンのビーフンを使ったもの)です。
IMG_8094_20120108191833.jpg

なお・・・。
「ゴレン」が炒める、「ミー」が麺と言う意味です。


こちら、インドコーナーで、カレーです。
IMG_8097_20120108192755.jpg


こっちは、、、日本ですかね。
奥は、茶碗蒸しと焼きうどんです。
手前の2つは、、何なんだ・・・。
IMG_8080.jpg

写真は無いですが、味噌汁もあった記憶があります。


そして・・・、こちらが私の朝食です。

まず1日目。
食パン、クロワッサン、ワッフル、パンケーキ、フルーツ(スイカ、パイナップル、パパイヤ、ドラゴンフルーツ、洋なし、パパイヤ等)、フレッシュオレンジジュース、コーヒーです。
IMG_8088_20120108192755.jpg

続いて、点心ですが、シュウマイ4種類、甘系の中華まん3種、シューマイの具が湯葉で巻いてあるものです。
IMG_8092_20120108192755.jpg

そして、2日目です。
デニッシュ(ベリー系)、マフィン、パン、オムレツ、ソーセージ、焼きアスパラ、ジャーマンポテト、(スイカ、パイナップル、パパイヤ、ドラゴンフルーツ等)、スモークサーモン、サラダ(レタス、トマト、チコリ、きゅうり、人参等)、コーヒーです。
IMG_8271_20120108192755.jpg

3日目です。
お粥、フレンチトースト(ベリー添え)、ベーグル(カマンベールチーズ添え)、シリアル、カットフルーツシロップ漬け、スターフルーツ、フレッシュキウイジュース、コーヒーです。
IMG_8541.jpg

続いて・・。
クロワッサン、点心(蒸しシュウマイ2つ、シュウマイ2種、甘系中華まん1つ、他)、いちごスムージーです。
IMG_8544_20120108192755.jpg


いやぁ・・、かなり食べました
あと2日位居たら、制覇できたかも・・・


明日は、「ホテル編≪4≫ ショップ」です。


マレーシアの旅【6】/ホテル編≪2≫ 客室紹介

2012年1月17日(火)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

前回の『ホテル編≪1≫ ホテル紹介』(こちら)に引き続き、今日は、『ホテル編≪2≫ 客室紹介』です。

前回アップした通り(こちら)、宿泊したホテルは、5つ星ラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル ホテル クアラルンプール」(こちら)です。
私が泊まってみたかったホテルです


まずは・・・。

こちらエレベータですが・・・。
IMG_8226_20120108180728.jpg

このカードキーを入れないと、自分の階には止まれません。
IMG_8261_20120108180328.jpg

廊下。
IMG_8014_20120108180728.jpg

客室内です。
IMG_8001_20120108180329.jpg

IMG_8002.jpg

こちら、ミニバーです。
IMG_8008.jpg

デスクですが・・・。
IMG_8005.jpg

写真上のボックスには、こんな文房具が入っていました。
右の方の黒いものは、自動巻取り式の「LANケーブル」ですねぇ。
会社でも似たようなものを使ってますが、これいいなぁ・・・、欲しいなぁ・・と思いましたねぇ。
(持って帰ってないですよ
IMG_8006_20120108180328.jpg

バスルームです。
IMG_8003_20120108182320.jpg

IMG_8004.jpg


こちら、部屋から見た外の景色です。
ビルだらけです。
IMG_8277.jpg

IMG_8279_20120108180725.jpg

前回の『ホテル編≪1≫ ホテル紹介』(こちら)で外の噴水をアップしましたが、部屋の真下が その噴水でした。
IMG_8278_20120108180725.jpg


毎日1本ずつ置いていただけるミネラルウォーターです(無料)。
IMG_8009_20120108181146.jpg

「マンダリン オリエンタル ホテル クアラルンプール」のオリジナルです。
IMG_8013_20120108181146.jpg


そして、こちらは「ウェルカムフルーツ」です。
「グァバ」(こちら)です。
IMG_8007_20120108181146.jpg

ホテルにはよくあるサービスですが、これ、、、滞在中、ずっと置きっぱなしにしてあるものかと思っていたので、食べなかったら、翌日撤収されてしまい、翌日はこちらが置いてありました。
「洋なし(フレグラント ペア)」です。
食べてみたら、「ラ・フランス」よりももっとシャリシャリしてて、「水分の少ない梨」と言う感じでした。
IMG_8227_20120108181146.jpg

3日目は「マンダリン」(みかん)です。
見た目・味とも、日本のみかんとほぼ同じですが、中の皮が 日本のものより厚いです。
IMG_8479_20120108181146.jpg

4日目は、2日目と違う種類の「梨」でした。
こちらも2日目の洋なしに似てました。
IMG_8632.jpg

毎日変わるとは思わなかった・・


余談ですが・・・。

テレビでは世界各国のチャンネルが見れたのですが、NHKもありました。
「NHKワールド」(こちら)と言うもので、こう言う風に海外のホテルとか、また、海外に住む日本人向けに放送されているものですが、日本で見るものとは多少違っています。
イメージで言うと、NHKの総合・教育・BSが混ざった感じプラス、海外のみに放送されている内容もあった気がします。

年末年始に海外旅行に行って、ある程度の大きなホテルに泊まると、かなりの確率で「紅白」に遭遇します
去年、ニューカレドニア・ヌメアでも見ましたし、メキシコ・メキシコ・シティでも見ましたねぇ。

「NHKワールド」では、「紅白」もちゃんと「生放送」しているので、時差のあまりない地域だと、夜に、日本に居る時と同じ「もうすぐ年が明けるなぁ・・」と言う雰囲気で見る事が出来ますし、また、翌朝には 早速 再放送をしていたりするので、出掛ける準備をしながら見てると、実はほぼ全部見てる・・と言う事になる事もあります
今回のマレーシアでも、1/1の朝から再放送してました。

今回、マレーシアと日本は、時差が1時間。
日本の方が早いので、紅白を見終わって、NHKの「ゆく年くる年」を見てから、カウントダウンの花火を見に行ったので、2回年明けした感じです

こちら、テレビ画面を撮影してみました
嵐さんです。
IMG_8564_20120108195814.jpg

IMG_8565.jpg

IMG_8566_20120108195813.jpg


明日は、『ホテル編≪3≫ 朝食』です。




映画『ロボジー』を見ました。

2012年1月16日(月)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

旅日記をアップしておりますが(こちら)、昨日・今日は一旦休憩し、先日見た映画の記事を書きたいと思います。

五十嵐信次郎さん主演映画『ロボジー』(こちら)を見ました。
ロボジー

ロボジー②

五十嵐信次郎さんと言うと誰か分かりませんが、ミッキー・カーチスさん(こちら)ですね。

ストーリーは・・・、
弱小家電メーカー「木村電器」の落ち窓際社員、小林弘樹(濱田岳さん)・太田浩二(川合正悟さん〔チャン・カワイさん〕)・長井信也(川島潤哉さん)の3人組は、ワンマン社長から、企業広告を目的に 流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。
近く行われるロボット博での企業広告が目的だ。
しかし、ロボット博まであと1週間というところで、制作途中のロボット「ニュー潮風」が木っ端みじんに大破!
窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れて 急場をしのぐ計画を立る。
ロボットの外装にぴったり収まる人間を探す為、架空のオーディションが開かれ、仕事をリタイアして久しい 独り暮らしの老人・鈴木重光(五十嵐信次郎さん)が選ばれる。
この 最近周囲から痴呆を疑われている 73歳の頑固老人・鈴木をロボットの中に入れた所、鈴木の勝手な活躍により、ロボットが大評判に。
世界中から注目を浴びてしまい・・・。
更には、「ニュー潮風」に恋をした ロボットオタクの女子大生・佐々木葉子(吉高由里子さん)も巻き込み、事態はあらぬ方向へと突き進む・・・。

です。


見た感想です。
かなり笑えました

五十嵐信次郎さん、吉高由里子さん、濱田岳さん、川合正悟さん、川島潤哉さん、それぞれみなさんがイイ味を出してて、「ニュー潮風」もいい感じです。

色々と深く考えずに楽しめる映画だと思います


見る前の期待度 ★★★★★★★★☆☆
見た後の満足度 ★★★★★★★★☆☆




オダギリジョーさん& チャン・ドンゴンさん主演『マイウェイ 12000キロの真実』を見ました。

2012年1月15日(日)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日まで旅日記をアップしておりましたが(こちら)、今日・明日は一旦休憩し、映画の記事を書きたいと思います。


オダギリジョーさんこちら)、 チャン・ドンゴンさんこちら)主演の『マイウェイ 12000キロの真実』(こちら)を見ました。
チラシ

ストーリーはこちら・・・。
1938年京城(日本統治時代の韓国・ソウル)。
何不自由ない生活を送る長谷川辰雄(オダギリジョーさん)は、使用人として一家に雇われた少年ジュンシク(チャン・ドンゴンさん)と出会う。
第2のソン・ギジョンを夢見る朝鮮の青年ジュンシクと日本最高のマラソン代表選手、辰雄。
幼い頃から互いに競争意識を持っていた2人。
境遇は違えど、共に走ることが好きな2人は良きライバルとして成長し、朝鮮と日本を代表する世紀のライバルとして成長する。
しかし、次第に国同士の戦いとなり、憎しみ合うようになって行く。
そして、ロンドンオリンピックの選考会でのある事件をきっかけに、2人の人生は大きく変化してしまう・・。
そんなある日、ジュンシクは予想もしない事件に見舞われ、日本軍に強制徴収される。
それから1年後、ジュンシクは 日本軍の大将となった辰雄と運命的な再会を果たし、彼の指揮下で戦う事に。
どんな時も走る事を忘れなかったジュンシクと、走る事よりも国の為に生きる事を選択した辰雄の距離は 益々離れて行き…。
第2次世界大戦という巨大な渦巻きに投げられた2人の青年は、中国とソ連、ドイツを経てノルマンディに達する12,000kmの終わらない戦争を体験していくのだが…。

です。


私、何の事前情報も無く見に行った事もあり、見てて、どう進んで行くのか 全然わかりませんでしたけどね
ま、それはそれでいいんですけどね。
ストーリーを かなり知って見ると、色んな先入観もありますので・・ね・・。


見た感想ですが・・・。
(あくまでも私の一個人の感想なので、「そう言う意見もある」と言う程度で・・)

これ、実話を元にした映画だそうですね(どこまでが実話かは 分からないですが)。
なので、ストーリー的なもの(結末も含め)は、これで変えようがないんだとは思うのですが・・・。
ただ、、、戦闘シーンが異常に多く、そして、人を殺すシーン、虐待に近いシーン がかなり残虐・リアルで、眼を覆いたくなるようなシーンも多くて、見てて、ちょっとしんどくなって来てしまいました
映画館から出て、エレベータで降りる時のエレベータ内がシーーーンと無言になった位

オダギリジョーさん、 チャン・ドンゴンさんは、役としてキチンと成立していたとは思うんですよね。
戦闘のシーンも、非常に細かく、リアルに描かれているので、「戦争」と言うものを考えるきっかけになるとも思いますす。

この映画は、2人の「友情」も描かれているのですが、先程も書きました通り、人を殺すシーン&虐待シーン が かなり残虐・リアルで、シーンが長いので、見てる途中も、見た後に「何だかな・・」って気分になってしまって、友情部分の印象が残りにくい気がしましたねぇ・・。

私、見てて、途中から、「これは日本映画では無い・・」って思って。
日本映画でも、戦争映画は多いですが、でも、日本人監督さんが作ると、同じ題材でも、もっと違う作り方をしそうな気がしてて、例えば、戦闘シーンをリアルに描く事よりも、友情の方に主眼をおいて描く気がする・・と言うか。
もちろん、本当の戦争を再現しようとすると、残虐になるのは当たり前なので、友情の方に主眼をおくと言うのは、事実を伝えていないと言う事にもなるんですが・・。

そして、「これは韓国映画なのかしら・・」って思って来ました。

と言うのも、1999年に公開され、日本でも大ヒットした韓国映画「シュリ」(こちら)、また、TBS系で2010年に放送された韓国ドラマ「アイリス」(こちら)などを見てても、割と、人を殺すシーン&虐待シーン&闘うシーンって、リアルに そして、それに 割と時間を割いてる印象があって、「韓国作品って、そうなのかなぁ・・」って漠然と思ったから・・なのですが、映画を見終わって、この映画の監督さん情報を見たら、ソン・ジェギュさんと言う方で、前述の「シュリ」の監督さんでしたわ。
「シュリ」の監督さんと同じであれば、何となく納得・・・。
(私、「シュリ」は割と好きな作品で、映画館でも見ましたし、テレビで放送された時にも見た映画です)

ちなみに・・。
私、2005年に公開された韓国映画「サマリア」(こちら)を映画館に見に行ったんですが、ストーリー的には、援助交際をしている 2人の女子高生の友情物語なのですが、ラストは 想像していなかった位「えーーーーーーーー」って言う残虐な終わり方で、ビックリした記憶がありますが、今回の「マイウェイ」を見て、「思わぬ展開、結末になる可能性があるので、韓国映画を見る時には、ちょっと注意しよう・・」って思ったり・・・


話は逸れましたが・・・。
映画を見た後に、「マイウェイ」の番宣番組を見たのですが、数分間で流れるあらすじを見た印象と、実際の映画を見た印象がちょっと違うので、「2人の友情モノ」と思って見に行く方は要注意かも・・・

・・こんな感じ・・・。


見る前の期待度 ★★★★★★★☆☆☆
見た後の満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆





マレーシアの旅【5】/ホテル編≪1≫ ホテル紹介

2012年1月14日(土)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『飛行機編≪4≫ 帰り/マレーシア⇒関空』(こちら)に引き続き、今日は、『ホテル編≪1≫ ホテル紹介』です。


出発前に関空でアップした記事でもアップ済ですが(こちら)、宿泊したホテルは、5つ星ラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル ホテル クアラルンプール」(こちら)です。

去年のブログにもアップ済ですが(こちら)、私、1年位前に 中山美穂さん(こちら)主演映画「サヨナライツカ」(こちら)を見ました。
この映画の中で重要なシーンとして登場するのが「マンダリン オリエンタル ホテル」で、劇中では、タイ・バンコクのものですが、コレを見て、「『マンダリン オリエンタル ホテル』にいつか泊まってみたい」と思っていました。

クアラルンプールにもあると言う事で、今回、こちらに宿泊する事にしました
私が申し込んだツアーで泊まれるホテルの中では、一番高い設定でした


まずは外観部分から・・。
ホテルの位置的に、全体を撮れる場所がなかなか無く、ちょっと中途半端になってしまいましたが・・。
IMG_8059_20120108165851.jpg

ホテルの前には噴水があります。
色んな色でライトアップされます。
IMG_8062_20120108165851.jpg

IMG_8063.jpg

IMG_8065.jpg

こちらエントランスです。
IMG_8020.jpg

アップにしました。
常に「ドアマン」が居るので、自分で開ける必要はありません。
IMG_80201.jpg

ちなみに・・・・。
ドアマンは、制服が何種類かあるような感じだったのですが、この方が、一番ランクが高そうな制服でしたので、撮らせていただきました。
帽子が「マンダリンオリエンタル」のマークのものをかぶっているのは、このタイプの方だけでしたので・・・。
他の方々は三角形のもので、日本人からすると「幽霊」が頭に付けている あの白い感じのものでした・・・(色は白ではないですが・・)
IMG_8642.jpg

こちらが「マンダリンオリエンタル」のマークです。
IMG_8021_20120108170252.jpg

IMG_8019.jpg

世界的に権威ある格付機関「アメリカン・アカデミー・オブ・ホスピタリティー・サイエンス」の「ファイブスター・ダイヤモンド・ アワード」の「5つ星」を獲得したようです。
IMG_8546_20120108170252.jpg

ちなみに・・・。
「マンダリン・オリエンタル」は、日本で唯一、東京・日本橋にありますが、この「マンダリン・オリエンタル東京」(こちら)は、史上初となる「6ツ星」ホテルの称号を獲得しているそうです。


こちらフロントです。
IMG_8018.jpg

IMG_8017.jpg

こちらラウンジカフェです。
IMG_8015_20120108171949.jpg

宝塚みたいな階段。
IMG_8262_20120108171948.jpg

もちろん、生花です。
IMG_8016.jpg


深夜、このロビーに行ってちょっと驚いたのですが・・・。
深夜~朝に掛けて、フロント前のテーブルに 無料のコーヒー、紅茶などが置いてあり、自由に飲めるようになっていました。
以前、フィンランドのヘルシンキで泊まったホテルでも このようなサービスをしていましたが(こちら)、「ホテルのサービス」としてそう言うものがあるんだとは思うのですが、ホテル規模がこちらの方が遥かに大きいですし、この規模のホテルでのこのサービスは、ちょっと意外でしたが、とても嬉しいサービスですね
残念ながら、私は利用する機会は無かったですが・・・。


こちら、3階にあるプールです。
普通、プールって1階にあるものですが、このホテルは、超 街中にあるから・・なんですかね。

ですが、3階と言う割に、高い場所にある気がしますよね。
向かいにある高層ビルがプールの水面に映っています。
IMG_8551.jpg

IMG_8548.jpg

SMAPの「ソフトバンク」のCM(こちら)でも話題になった シンガポールの話題のカジノ複合リゾート「マリーナ・ベイ・サンズ」のプール(こちら)っぽく、水面が垂直になって、向こうに落ちそうですよね。
実際はそうはならないでしょうが・・・。
IMG_8550_20120108172358.jpg

IMG_8549.jpg

IMG_8552_20120108173059.jpg

横には、バーもあります。
IMG_8553_20120108173058.jpg

プールサイドにあった植え込みに咲いていた花です。
「ブーゲンビリヤ」(こちら)ですね。
IMG_8554_20120108173058.jpg

IMG_8556_20120108173058.jpg

IMG_8558.jpg

3階にはテニスコートもあります。
あと、ジム、スパ、そして、場所は見つけれませんでしたが、スカッシュ(こちら)のコートもあるようです。
IMG_8560_20120108173701.jpg


「マンダリン オリエンタル ホテル」は、香港を拠点に置いている アジアを代表する 世界的に有名な高級ホテルチェーンですが、欧米系、日系のホテルとは少し違う 名前の通りの「オリエンタル」な雰囲気が すごくステキなホテルでした
いつか本当に「マンダリン オリエンタル ホテル バンコク」に宿泊したいです

ちなみに・・・。
「マンダリン オリエンタル ホテル バンコク」は、チャオプラヤー川沿いにあり、水面とほぼ同じ高さに立っているホテルなのですが、たまたま、「バンコクに住んでいて、クアラルンプールに旅行に来た」と言う方とお話しする機会があったのですが、例のタイの洪水で 「マンダリン オリエンタル ホテル バンコク」はどうなったか聞いたら、「全然問題なく営業してます」との事でした。
良かった


次回は、「ホテル編≪2≫ 客室紹介」です。



マレーシアの旅【4】/飛行機編≪4≫ 帰り/マレーシア⇒関空

2012年1月13日(金)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『飛行機編≪3≫ バンコクの空港で「ミスド」に』(こちら)に引き続き、今日は、『飛行機編≪4≫ 帰り/マレーシア⇒関空』です。


こちら、マレーシア・クアラルンプールのクアラルンプール国際空港こちら)です。
IMG_8675_20120108160407.jpg

IMG_8674_20120108160407.jpg

上記の写真では分からないですが、クアラルンプール国際空港は、「森の中の空港」のテーマの下、日本人建築家である 故・黒川紀章氏(こちら)が設計に携わり、建物と森林との調和が随所に見られる造りになっています。
空港内に背の高い木が植えてあったりします。

搭乗口までは、シャトルが運行しています。
IMG_8676_20120108160407.jpg

IMG_8677_20120108160407.jpg

IMG_8678_20120108160407.jpg

IMG_8679.jpg


「飛行機編≪2≫行き/関空⇒マレーシア 」(こちら)でも書きましたが、関空⇔マレーシア・クアラルンプールは、「マレーシア航空」(こちら)の直行便がありますが、今回、私達は、出発日&ツアー日数の関係上、タイ・バンコクで乗り継ぐ「タイ航空」(こちら)を利用しました。

まず・・・。
最初に乗るのは、マレーシア・クアラルンプール⇒タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港こちら)行きのタイ航空:TG0418便 21:00発です。
約2時間のフライトです。
IMG_8681.jpg

IMG_8688.jpg

かなり大きな飛行機だったのですが、ホントにガラガラでした。
1/1と言う事もあったんですかねぇ・・。
みんな席を移動してましたし、私も空いている席に移動し、しかも、3席使って、横になって寝てました。
IMG_8684_20120108160752.jpg


こちら機内食です。
「飛行機編≪2≫行き/関空⇒マレーシア 」(こちら)でも書きましたが、私は機内食を食べないので、まず、機内食自体を貰わないのですが、友達のを撮影しました。
IMG_8690_20120108160752.jpg

チキンとパスタ系、ツナサラダ、ケーキです。
あまり美味しいものでは無かったみたいです


タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港で、関空行きに乗り換えます。
IMG_8691.jpg

「飛行機編≪2≫行き/関空⇒マレーシア 」(こちら)でも書きましたが、このスワンナプーム国際空港、旅客ターミナルビルの総床面積が563,000㎡もあり、世界一の広さを誇っています。
日本の成田国際空港(こちら)の約3倍あります。

空港内もめちゃくちゃ広く、ホントにしんどい・・・。
超疲れるって・・・。

行きの時には、かなり時間があった(3時間半位)があったので、空港内をタラタラ歩いてましたが、今回は、乗り継ぎ時間が1時間位しかない・・。
なので、しっかりスタスタ歩いたので、余計疲れた・・

ですので、行きは、ショッピングしたり、昨日アップしました通り(こちら)、「ミスド」に行ったりしてましたが、今回は、乗り継ぎの為に 搭乗口に向かって、ただ歩いてただけです。


乗る飛行機は、23:15発のタイ航空:TG622便です。
約5時間のフライトです。
関空には、1/2のam6:25着です。
IMG_8692.jpg

タイ語バージョン。
IMG_8693.jpg

こちら機内食です。
お粥(エビ入り)、フルーツ、パン、ヨーグルトです。
IMG_8694_20120108161419.jpg

先程も書きました通り、私は機内食を食べない主義です。
「飛行機編≪2≫行き/関空⇒マレーシア 」(こちら)でも書いておりますが、私は、機内食を食べると吐いてしまうんですよ
行きも、うっかり食べちゃったんで、吐いちゃいましたし・・。
飛行機に酔っている訳ではないのですが、機内の気温が肌に合わないのか、調整が出来ず、寒くなって来て、気分が悪くなって、結局吐いてしまいます。
吐けば全然元気になるので、飛行機に酔ってるんじゃないんですよねぇ。
結構な割合で吐いてしまうので、今はもう「食べる=吐く」と条件反射で思い込んでしまって、食べない事にしていますのですが、飛行時間もあと1時間位と言うで、何とか乗り切れそうと思った事と、「美味しそうなお粥だ~」と思って、今回は食べました。

機内食自体は、非常に美味しくいただきました。
珍しく全部が美味しい機内食で、完食したんですよ。

ですが、、、、着陸体制に入った辺りで、気分が悪くなって来て、食べたもの全部吐いてしまいました
今回、行きも帰りも吐いちゃいましたねぇ・・・。
も~、次から絶対食べない

・・と、ちょっと汚い話になってしまいましたが、、、、、この後、関空で普通に「オムライス」食べましたよ

アジアであれば飛行時間が短いから「機内断食」も出来ますが、欧米だったら10時間以上乗らないといけないし、これからどうしようかなぁ・・・


・・と、今後への不安材料を残しつつ、明日は『ホテル編≪1≫ ホテル紹介』です。







マレーシアの旅【3】/飛行機編≪3≫ バンコクの空港で『ミスド』に

2012年1月12日(木)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『飛行機編≪2≫ 行き/関空⇒マレーシア』(こちら)に引き続き、今日は、『飛行機編≪3≫ バンコクの空港で「ミスド」に』です。


昨日アップした中に書いていますが(こちら)、乗り継ぎで行った タイ・バンコクスワンナプーム国際空港こちら)で、「ミスタードーナツ」を見掛けました。

「ミスタードーナツ スワンナプーム国際空港店」ってトコですかね。
IMG_7988.jpg

日本のミスドには無い、まるで「マック」(こちら)のようなメニューです
IMG_79951.jpg

アップにしました。
パン、スクランブルエッグ、ハム・ベーコン系・ドリンクのセットです。
3つ目なんて、「ドリンク」として 500mlの牛乳パックですよ
お値段は、上から 約510円、約570円、約570円です。
IMG_79952.jpg

そして、こっちなんて、「ドトール」(こちら)か「サブウェイ」(こちら)かってトコですよね。
サンドイッチ置いちゃってますもん
IMG_79953.jpg

斜めからなので見えないと思いますが、手前のショーケースには、ハンバーガーとか ビールもありましたよ。
IMG_7985_20120108145159.jpg

そして、色んなセットメニューがあるのですが、「このドーナツとこのドリンク」って最初から決まってるんですよね。
一番奥に書いてあるセット(コーヒーと ドーナツは何か分かりませんが、一番お安いノーマルなものですかね)で、日本円で220円です。
IMG_7987_20120108145159.jpg

最初から6個、9個、12個で箱売りしてるんですね。
お値段は、6個⇒630円、9個⇒950円、12個⇒1,200円です。
IMG_7986_20120108145159.jpg

お値段は、日本並ですよね。
「空港価格」と言うのもあるのかも知れないので、街中にあるミスドがどう言う価格設定なのかは分からないですが、物価から考えると、かなり高いファストフードですねぇ。


そして、ショーケースのドーナツ達・・。
IMG_79761.jpg

左上。
形が「風車」です。
コーティングの「厚み」がスゴイですよね。
IMG_79762.jpg

右上。
こちら、以前あった「ツイスト」っぽいですよね。
IMG_79763.jpg

左下。
こちらも、コーティングの「厚み」がスゴい上に、何かスゴいトッピングですよねぇ
もはや、「ミスド感ゼロ」
IMG_79764.jpg

右下。
こちらも同じく・・・
「オレオ」(こちら)のってますよ・・。
IMG_79765.jpg

そして、こちらも・・・。
IMG_79771.jpg

左上。
これはさっきの左下の「オレオ」がトッピングされたものと同じですね。
IMG_79772.jpg

右上。
IMG_79773.jpg

左下。
こちらは日本でもお馴染みの「ボン・デ・リング」(こちら)ですね。
チョココーティングにアーモンドクラッシュがトッピングされてます。
IMG_79774.jpg

右下。
同じく「ボン・デ・リング」で、ストロベリーチョコのコーティングです。
IMG_79775.jpg

こちらも・・・。
IMG_79781.jpg

左上。
これ、日本の「チョコリング」(こちら)っぽいですよね。
IMG_79782.jpg

右上。
これはまさに、日本にもある「ハニーディップ」(こちら)です。
IMG_79783.jpg

左下。
IMG_79784.jpg

右下。
カスタードクリームかレモンクリームですかね。
IMG_79785.jpg


ん・・・。
日本には無い パンチの効いたドーナツがズラリですねぇ
日本のサイズより少し大きめで、1つ1つのお値段は 100~125円位ですかね。
そして、コーティングやトッピングがインパクトあり過ぎ
コーティングは 厚みがある上に乾燥していない風なので、食べる時に手とか口に付きそうな感じです。


そして、私はこちらを・・・。
モーニングセットの②(パン、スクランブルエッグ、ベーコン、オレンジジュース)〔570円〕と、「ボン・デ・リング」のストロベリーチョコのコーティング(105円)です。
パンは、デニッシュ系に近い感じですかね。
IMG_7979_20120108153700.jpg

IMG_7982_20120108153700.jpg

オレンジジュースは「果肉」が入っていて、量も割とありました。
「ボン・デ・リング」は、食感は日本のものと同じですが、コーティングが厚めな上に、チョコが固まっていないので、手にベチャベチャついて、食べにくい
まぁでも、美味しかったですし、メニューもなかなか面白くて良かったですよ

こちらは友達のカフェラテ(だったか)と何か忘れましたが、ドーナツです。
IMG_7983_20120108153700.jpg

少しドーナツをもらいましたが、日本で言う「シュガーレイズド」(こちら)に近い感じです。
かなりふんわりしていましたよ。
カフェラテも、泡の感じが、ちょっとオシャレですよね。


明日は、「飛行機編≪4≫ 帰り/マレーシア⇒関空」です。


マレーシアの旅【2】/飛行機編≪2≫ 行き/関空⇒マレーシア

2012年1月11日(水)

アップ済ですが(こちら)、2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『飛行機編≪1≫ 関空にて』(こちら)に引き続き、今日は、『飛行機編≪2≫ 行き/関空⇒マレーシア』です。


関空⇒マレーシア・クアラルンプールは、「マレーシア航空」(こちら)の直行便があります。
ですが、今回、私達は、出発日&ツアー日数の関係上、タイ・バンコクで乗り継ぐ「タイ航空」(こちら)を利用しました。

「タイ航空」・・・。
かなり久しぶりな気がします。
もしかして、、、1995年に行った タイ/プーケット振りかも・・。

「タイ航空」って、イメージカラーが紫で、非常に良い印象があります。
CAの方々が、民族衣装の「チュッタイ」(こちら)を着て、そして、胸の前で手を合わせて「サワッディー」(こんにちは)・「コップ・クン・カー」(ありがとう)と言われると、「可愛い」って思いますよね(←おっさんかっ)。


まず・・・。
最初に乗るのは、関空⇒タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港こちら)行きのタイ航空:TG673便 0:30発です。
電光掲示板によると、0:30発が0:20発に変更になってますね。
IMG_7959.jpg

こちら英語版。
IMG_7958_20120108133321.jpg

関空は 24時間空港とは言えども、このバンコク便が最終便になります。
なので、多くのお店も閉まってしまい、関空内は閑散としてましたよ・・。
(上記の電光掲示板でも、バンコク便の後は、9時発の韓国・済州行きになってますね)


深夜でも開いているお店は少しあるので、乗る前に、「がんこ寿司 国際ゲート店」(こちら)でこんな食事をしました。
22:30頃に「肉うどん」を食べました。
何故か・・、ポテトフライまで・・・。
IMG_7961.jpg

IMG_7962.jpg

こちら、お友達の「きつねうどん」。
IMG_7964_20120108133316.jpg


いよいよ出発です。
こちら搭乗口です。
飛行時間は、約5時間半です。
IMG_7966_20120108133315.jpg


こちら機内食です。

最初に出るのは、深夜便ですので、軽食です。
おにぎり(日高昆布)とサンドイッチです。
IMG_7967_20120108134406.jpg

ま・・・。
私は、機内食を食べると(お行儀が悪いですが・・)吐いてしまうので、食べませんでしたが・・
飛行機に酔っている訳ではなく、また、機内食が悪いのではなく、機内の気温がどうも肌に合わないのか、調整が出来ず、寒くなって来て、気分が悪くなって、結局吐いてしまいます。
結構な割合で吐いてしまうので、今はもう「食べる=吐く」と条件反射で思い込んでしまって、恐ろしくて食べれないです
食べなければ、全然快適なので、食べない事に決めています。
吐けば、何事も無かったかのように、すっかり元気になるんですけどね・・・。


そして、こちらは着陸前に出る「朝食」的な意味合いの食事です。
フレンチトースト、ソーセージ、フルーツ、ヨーグルト、パンです。
IMG_7970_20120108134406.jpg

私はパン(クロワッサン)だけ頂きました。
ま、これも結局食べてないですが・・・・。
IMG_7972_20120108134406.jpg


そして・・・。
タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港に到着しました
現地時間は am4:25です。
IMG_79741.jpg

この看板見えますかね・・
「Transfer Counter EAST 920m」と書いてあります。
アップにしました。
IMG_7974_20120108135523.jpg

このスワンナプーム国際空港、「スワンナプーム」とは「黄金の土地」の意味だそうで、ここは、2006/9に開港した 24時間稼動の空港です。
旅客ターミナルビルの総床面積が563,000㎡もあり、世界一の広さを誇っています。
日本の成田国際空港(こちら)の約3倍あります。

空港内も・・・広いって広いって・・・・。
920mを 自力で歩くか、または、たまにある「動く歩道」に乗るか・・。
超疲れるって・・・。

私、2009年年末に行ったカンボジアでも、このスワンナプーム国際空港に乗り継ぎで行きましたが(こちら)、その時にも歩いても歩いても目的地に着かなかった記憶があり、今回も・・でした

あんまりデカ過ぎるのも、正直どうかと思うけど・・・・


タイの雰囲気満載な こんなディスプレイもありました。
IMG_7990_20120108135523.jpg

IMG_7991.jpg

IMG_7992.jpg

IMG_7993_20120108135523.jpg


このスワンナプーム国際空港は、24時間稼働の空港で、私が着いたam4:25でも、フルパワーでお店(免税店・レストラン・カフェ等)が開いてました。
(関空は、24時間稼働とは言え、こうではないですからねぇ・・。)

ミスタードーナツ」もあります。
「ミスタードーナツ スワンナプーム国際空港店」ってトコですかね。
こちらに行ってみたので、明日、アップしたいと思います
IMG_7988.jpg


他にも、日本食のお店で、こんなショーケースを発見・・。
IMG_7989_20120108140601.jpg

「カツ丼」です。

左の世間一般の「カツ丼」(卵でカツをとじる)はいいにしても、右には、日本でも稀な「ソースカツ丼」までありますよ
福井県は「ソースカツ丼」が有名なので(こちら)、タイで この「ソースカツ丼」に遭遇するとは思いませんでしたねぇ
ただ、福井の「ソースカツ丼」は、ご飯とカツの上にキャベツの千切りは載っていないので、これは福井じゃない地域の「ソースカツ丼」ですかね。

ちなみに、日本円ベースでのお値段は、左の「カツ丼」は約710円、左の「ソースカツ丼」は約580円です。
タイの物価からしたら、超高級料理ですねぇ。


そして・・・。
次に乗る飛行機は、タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港⇒マレーシア・クアラルンプールのクアラルンプール国際空港こちら)です。

こちら搭乗口近くのエリアです。
かなり近代的で開放的
IMG_7996_20120108140601.jpg

タイ航空:TG415便am8:45発です。
飛行時間は2時間位です。
IMG_7998_20120108140557.jpg

こちら、タイ語バージョン。
IMG_7997_20120108140558.jpg


こちら、機内食です。
「朝食」的な意味合いなので、軽めです。
チキンとキノコのお粥、フツーツです。
IMG_8000_20120108140557.jpg

珍しく、この機内食は食べました。
お粥だったので、美味しく頂きました


ちなみに・・・。
クアラルンプール国際空港は、「森の中の空港」のテーマの下、日本人建築家である 故・黒川紀章氏(こちら)が設計に携わり、建物と森林との調和が随所に見られる造りになっています。


明日は、先程書きました通り、、、「飛行機編≪3≫ バンコクの空港で『ミスド』に」です。









マレーシアの旅【1】/飛行機編≪1≫ 関空にて

2012年1月10日(火)

アップ済ですが(こちら)、2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

ブログは少しお休みをいただいておりましたが、本日より再開します。


マレーシアには、私、まだ10代の頃に行っていまして、しかも、人生最初の海外旅行がタイ&マレーシアの8泊10日と言うものだったんです。
ですが、純粋な観光ではなく、研修と言うか、交流会メインと言うか・・で、昼間に視察的()なもの、夜は現地の日本語を習っている方々との交流会・・などのイベントが目白押しで、その合間にしたはずの観光の記憶が無く・・・
交流会での「出し物」の練習とかもしましたよ・・
観光地の写真はあっても、記憶は無い・・・。
印象として残っているマレーシアは「イメージよりもかなりキレイな街だった」と言う事のみでしたねぇ。

・・と言う事で、私の中では、「初・マレーシア」と言う事にしておきます


では、記事をドドンとアップします。
いつもの通り、細々とアップしますので、さぁ・・・、いつ終わるでしょうねぇ


今日は、まずは関空からの出発から・・・。

アップ済ですが(こちら)、前から気になっていた関空展望ホール『Sky View(スカイビュー)』(こちら)に行って来ました。

「Sky View」は、飛行機の離発着を見れるポイントです。
昼は頭上をかすめるように飛行する、航空機の離着陸が間近で楽しめるベストビュー ポイントで、夜は、宝石をちりばめたようなエアポートイルミネーションが彩る光の世界が広がります。
あとは、「初日の出スポット」として、毎年多くの方が来場するそうですよ。

「Sky View」へのアクセスは、旅客ターミナルビルからは 1番のりば からシャトルバスが出ていて、片道大人100円です(こちら)。
IMG_7931_20120108123729.jpg

IMG_7933_20120108123729.jpg

IMG_7937_20120108123729.jpg

IMG_7947.jpg

IMG_7938_20120108123729.jpg

こちらが外に出る出入り口なのですが、ガラス張りになっているので、飛行機がスタンバイしたら外に出る・・と言う事も出来ます。
掲示板もあって、飛行機の離発着の時刻も分かるようになっています。
冬とか夏なんかはその方がいいですよね。
IMG_7939_20120108123729.jpg

外から中を見ると、こんな感じ・・・。
IMG_7943.jpg

こちらがその景色です。
滑走路にライトが付いています。
画像右手の建物が旅客ターミナルビルです。
その上方には、三日月も見えています。
IMG_7942.jpg

肉眼で見ると、割とキレイなんですが、写真に撮ると、イマイチよく分からないですね

旅客ターミナルビルの方を撮影。
IMG_7952_20120108124036.jpg

こちらのベルは・・・。
IMG_7953_20120108124036.jpg

滑走路を臨む展望デッキでの挙式プランと「レジェンド・オブ・コンコルド」(こちら)での披露宴プランと言うのがあります(こちら)。
飛行機好きな方にはいい結婚式ですよねぇ。
デッキも割と広めですし、爽快な景色の中での結婚式が出来そうですね

飛行機の離発着の写真も撮ってはみたのですが、イマイチ キレイに撮れてないので、写真は載せないでおきます。


空港によっては、旅客ターミナルビル自体に展望デッキがあり(その方が多いですかね)、右から左(または逆)に飛行機が飛んで行くと言う光景が多いのかなと思いますが、ここ関空は別の建物になっているので、少し遠めには なるかも知れませんが、出発する飛行機は、「Sky View」の真上を飛んで行くので、かなり迫力があります。
私が展望デッキに居た30~40分位の数本の飛行機が出発して行きましたが、、、でも、夜はよく見えないですねぇ
飛行機の羽根の部分にライトが付いているので、それが見える感じ・・
まだ明るい時間帯の方が楽しめるかも知れませんねぇ

私が「Sky View」に行った時間が少し遅めでしたので、お客さんはパラパラでしたが、飛行機の離発着の多い日中、あと、夕暮れ時なんかは割と賑わってるんでしょうねぇ。
関空の午前中って、かなりの便数が出発しますしねぇ。


アップ済ですが(こちら)、こんな施設もあります。
スカイミュージアム(こちら
「関空の歴史を知るエリア」、「関空の仕組みを知るエリア」、「空と空港の仕事を知るエリア」、「飛行機の事を知るエリア」、「アトラクション エリア」にわかれ、関西国際空港や飛行機に関する色々な事を楽しく学ぶ事が出来ます。

レジェンド オブ コンコルド(こちら
イギリスとフランスが共同開発し、2003/10に引退した「超音速旅客機コンコルド」(こちら)の日本最終フライト地が関空だったことにちなんで誕生したレストランです。
店内装飾をコンコルドのイメージで統一していて、飛行機の離着陸を間近に眺めながら、また、夜はライトアップした幻想的な風景を眺めながら、ゆったりとした気分で食事をいただけます。
また、各種機内食メニュー・ファーストクラスフルコースもいただけます。

スカイショップタウン(こちら
航空関連商品が買えます。
エアライングッズ、コレクター必見の航空機模型などバラエティにとんだアイテムがずらりと並んでいて、品揃えはかなり充実しています。

関空にお越しの際は、是非どうぞ


明日は、「飛行機編≪2≫ 関空⇒マレーシア」です。




そろそろ復活したいと思いますが・・・。

2012年1月9日(月)

アップ済ですが(こちら)、2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

ブログは少しお休みをいただいておりましたが、そろそろ再開したいと思います。


旅日記の前に・・・・。

今夜のテレビ朝日「報道ステーション」(こちら)で、内村航平選手こちら)が取り上げられます。

12/19にアップしましたが(こちら)・・・。
本来は、12/19に放送予定でしたが、延期になっていました

興味のある方はどーぞー

時間は、21:54~23:10のどこか・・で、「内村航平選手の強さの秘密に迫る」だそうです。


今年はいよいよオリンピックイヤーですね

代表選考会は、春の全日本選手権(4月)とNHK杯(5月)で行われますので、まだ、内村選手しか決まっていませんが、出場する男子選手も女子選手も、まずはみなさん、ケガなく・・・・と言うのが願いですね。



大阪・関西空港に到着!!

2012年1月2日(火)

みなさま、あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします


アップ済ですが(こちら)、2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

1時間位前に、大阪・関西空港に到着しました


今から、友達とご飯を食べます。
そして、関空内にある リラクゼーション店で パンパンになった足にフットマッサージをしてもらってから、福井に向けて帰りたいと思います。
IMG_7769_20111218150319.jpg


しばしお休みをいただき、週末に、旅日記をアップしたいと思います







Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索