FC2ブログ

Entries

マレーシアの旅【35】/食べ物編≪3≫ ショッピングモールのフードコート&レストラン

2012年2月25日(土)

2011/12/28~1/2と マレーシアの首都クアラルンプールと、世界遺産にも指定されている古都マラッカこちら)に行って参りました。

昨日の『食べ物編≪2≫ ホテル「ザ・リッツ・カールトン クアラルンプール」のアフタヌーンティー』(こちら)に引き続き、今日は、『食べ物編≪3≫ ショッピングモールのフードコート&レストラン』です。


クアラルンプール市内には、たくさんの複合ショッピングセンターがあります。
その中には必ずと言っていい程、フードコートがあります。
どれも非常に大きくて、マレー料理、中華料理、日本料理、韓国料理、インド料理、ファストフード、デザート系等々、たくさんの種類があって、現地の方々非常に人気があります。
また、私達のような観光客にとっては、食べ物やメニュー表が目の前にあって、指をさせばいいので、とても気楽に、また、お手軽な価格で現地の食べ物を楽しめるスポットですよね。


アップ済ですが(こちら)、KLCC地区にある「スリアKLCC(スリア・クアラ・ルンプール・シティ・センター)」(こちらこちら)、ここのフードコートは、開放感があり、キレイで、かなり広いかったです。
家族連れ、カップル、友達同士、観光客等々、たくさんのお客さんが居ました。
IMG_8233.jpg

中央にテーブル・椅子があって、その周囲にたくさんのお店があります。
IMG_8234_20120218160847.jpg

IMG_8238.jpg


ひと通り見た中で、私はこのお店にしました。
IMG_8240_20120218161030.jpg

こちらです。
IMG_8230_20120218161030.jpg

チキンライス〔海南鶏飯(ハイナン・チキンライス)〕」(こちら)と言うものです。
確か・・・6RM(日本円で145円)位でした。

日本のチキンライスとは全く異なるもので、茹で鶏とその茹で汁で炊いた白米を共に皿へ盛り付けた マレーシアやシンガポール、タイなどの東南アジア周辺地域で一般的な料理です。
中国・華僑の移民から発祥した料理だそうです。
私、以前、シンガポールの屋台でも食べた事があります。

見た目同様、味も非常にシンプルな料理です。
ご飯は、日本のものより 若干パラっとしています。
IMG_8232_20120218161030.jpg

こちらは友達のオーダーです。
IMG_8239.jpg

左上の「PENENG Prawn noodle」(訳すと、「ペナンエビソバ」)を注文しました。
8.8RM(日本円で220円)です。
IMG_8241_20120218160846.jpg

エビの入った細麺のピリ辛味と言う感じですかね。
「エビソバ」とは言え、鶏肉の割いたものの方が多く見えますが・・。
IMG_8244_20120218161030.jpg

IMG_8249_20120218161030.jpg

また、同じ店で、「エッグタルト(蛋挞〔タンタァ〕・蛋塔〔タンタア〕)」(こちら)も買いました。
2個で、2.2RM(日本円で55円)です。
IMG_8243_20120218160846.jpg

「エッグタルト」は中華圏でよく見掛けますが、本来、中国のお菓子ではなく、実はポルトガルからマカオ、香港を通して中国全土に広まったお菓子だそうです。
「エッグタルト」、かなり美味しいですよねぇ。
IMG_8246_20120218161029.jpg


そして・・・、次は・・・。

KLCCエリアと並び、クアラルンプールで賑わっている「ブキッ・ビンタン」(こちら)と言うエリアにある「ロット10」(こちら)です。
2010年8月にオープンした グリーンの建物が目印のショッピングセンターで、繁華街のブキッ・ビンタンでは ランドマーク的な存在となっています。
こちらも、既にアップ済(こちら)・・・。

こちらのフードコートも、非常に広く、お店の種類も多かったですねぇ。
先程書いた「スリアKLCC」よりガチャガチャした感じで、ローカル感が味わえます。

ここでは、こちらのお店で・・・。
IMG_8593_20120218163401.jpg

写真中央の こちらを頂きました。
IMG_8591_20120218163401.jpg

またまた「エッグタルト」ですが、こちらは抹茶です。
こちらは、先程の「スリアKLCC」のより ちょっとお高めで、税込で 1.8RM(日本円で45円)です。
IMG_8595_20120218163401.jpg

抹茶感もある とろっとしたタルトで、非常に美味でした


また、ショッピングセンター内には、フードコート以外にも レストランも多く、その中で「スリアKLCC」の中のこちらに行きました。
「COFEE&SPICE」(こちら)と言うお店です。
IMG_8039.jpg

店内は、現地の方々で かなり賑わっていました。
IMG_8024_20120218163859.jpg

私はこちら「アッサムラクサ」にしました。
12.9RM(日本円で323円)です。
なお、こちら、食べてる途中のような量に見えてるかも知れませんが、これが運ばれて来た時の量です。
IMG_8025_20120218163859.jpg

「ラクサ」(こちら)とは、香辛料が効いた麺料理の事で、中華系の子孫を意味する「ババ・ニョニャ」の料理を代表する食べ物です。
「カレーラクサ」と「アッサムラクサ」があり、今回、私は「アッサムラクサ」の方をいただきました。

麺は、少し透明なタイプで、米粉を使っているので、若干、もっちりしています。
IMG_8030.jpg

卵、魚、チキン、野菜が入っていて、スープは、魚のダシがかなり効いていて、酸っぱ辛いです。
酸っぱいのは「タマリンド(こちら)ジュース」、辛いのは「トウガラシ」が使われているからだそうです。
スープの味は、割と濃い目です。
IMG_8027.jpg

ちなみに・・・。
「ラクサ」は、スープに イスラム教徒に禁じられている豚肉が使われていないので、イスラム教徒でも食べても差し支えない料理とされ、イスラム教徒の多いマレーシア全土で食べられている料理となったそうです。

そして、こちらが友達の「ナシゴレン」(こちら)です。
4.5RM(日本円で113円)です。
IMG_8032.jpg

こちらは日本でもお馴染みですね。
インドネシアやマレーシアの代表的な料理で、焼き飯です。
(インドネシア語&マレー語で、nasiは「ご飯」、gorengは「揚げる」の意味)
私のイメージでは、卵は目玉焼き、そして、ご飯も、もっと茶色く水分があるのですが、これは、それよりアッサリ気味ですね。

そして、2人でオーダーした「サテ」(こちら)です。
14.9RM(日本円で373円)です。
IMG_8035.jpg

東南アジア諸国で広く食べられている串焼き料理で、日本の焼き鳥に似ています。
チキンのサテだったのですが、鶏肉が使用される場合は「サテ・アヤム」と言うようです。

写真左上にある「サテソース」は、ピーナッツベースの濃いめの味付けです。
また、右上にある白い大根のようなものは、芋のような食感でした。

こちら、ちょっとボケましたが・・。
サテソースを付けてみました。
IMG_8038_20120218170113.jpg

以前、インドネシア・バリ島に行った時に、「ナシゴレン」&「サテ」、共に食べた事がありますが、日本人にも非常に食べやすい料理ですよね。


今回、色々アップしてみましたが、どれも非常に美味しかったです。
違和感なく食べる事が出来、オススメです



明日は『食べ物編≪4≫ 「River View Seafood Restaurant 港景海鮮酒樓」で食べた海鮮料理』です。

スポンサーサイト



Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索