FC2ブログ

Entries

ロンドンオリンピック・体操【男子団体決勝】続き・・。

2012年7月31日(火)

ロンドンオリンピックこちら)開催中です。

体操競技は、28日から予選が始まり、最終日は8/7と言う長丁場です(こちら)。
〔参考〕2008年の北京オリンピック時に1人勝手に盛り上がってたブログは→こちら


朝アップしましたが(こちら)、今日の夜中行われた男子団体決勝

最終種目のあん馬の内村航平選手こちら)の「下り技」に対する再審によって、4位→2位になった一件がありましたが・・・(こちら)。

私、今日、午前中休みで、朝、ブログをアップ(こちら)した後、色々とテレビを見てたんですよね。

私の中では、審判への抗議により、点数が変わる事は珍しい事ではなく、私も会場で生観戦した(こちら)去年の東京での世界選手権の種目別決勝1日目のゆか(こちら)、こちらでも 内村選手のDスコアへの抗議をし、金メダルになった事もありましたしね。

でも、テレビではそれを殊の外大きく取り上げ、それについて、かつてのメダリストに質問をし・・・ってやってるものが多くて・・・。

まぁ、、、確かに、4位→2位になっちゃう大きな変更だったので、それもそうなんですけど・・・。


でもですね、私、今回の団体男子、今回話題になっている内村選手のあん馬の件だけを見て、「残念な結果」と言うか「ちょっとすっきりしない結果」って言う印象を受けてしまっている方々も多いのではと思うと、それが残念でならないんですよね

今回の6種目、跳馬で、山室光史選手こちら)が足を痛めて離脱(こちら)とか、また、田中和仁選手こちら)があん馬で落下とか、そう言うミス・アクシデントはあったにしても、その他は、かなりいい演技だったし、加藤凌平選手こちら)&田中佑典選手こちら)は、予選よりもかなりいい演技だったし、田中佑典選手については、去年の世界選手権での 最終種目の鉄棒で落下→銀(こちら)と言う引き金になった事を 今回、ちゃんとリベンジ、いや、、、それ以上の出来だったし・・。

最後の最後にあった一件だけがクローズアップされて、みんなのいい演技のVTRが全然出ない・・
何か、スゴイ残念で仕方ない・・・。
何か、すごい嫌・・・。


こんな記事もあったりして・・。
こちら

審判のジャッジミス、そして、それを覆した事を 内村選手本人に聞いたって、、、仕方ない。


まぁでも、内村選手も試合後のインタビューで「正直2位でも4位でもあまり変わらなかった」(こちら)、そう言っていましたが、内村選手が 異議の出ない演技をすれば、何も問題は起きなかった訳で、それを少なからず、自分の責任であると感じているのかも知れないですねぇ。

これを説得力があるものにする為にも、明日の個人総合では、誰にも文句の言わせない演技をして欲しい。
そう思います

また、今日の悔しさを 明日の個人総合に向けて頑張って欲しい・・・。
が、、、今日、試合後のインタビューで、いつになく消極的と言うか、自信無さ気になっていたのが・・・ちょっと気がかり・・・



話は変わり・・。

朝、アップした通り(こちら)、私、今日は夜中1:30に起きて、録画で観戦してたんですよね。

そのまま4時過ぎまで ハラハラ・ドキドキしながら見て、どっと疲れ、そして、あん馬の再審で、体力を使い、更に疲れ、そして、NHK総合の生中継では放送されていなかった つり輪・跳馬の演技を TBSでの5:30からの中継の方で見て、ブログをアップして・・。
ってやっていたら、寝る時間が無くなって来て、そのままの流れで 午後から会社に行って・・・

1:30に起きる前には2~3時間しか寝てないので、完全に超睡眠不足ですよ・・。
会社で、「思考回路ゼロ」になって来て

今日の夜中には、女子団体決勝が行われ、前回の北京オリンピックの「5位」より上に進めるか と言う、またまた見ないといけない試合がありますし、私、いつ寝る・・

今週、仕事も忙しいし、、、困る・・・。







スポンサーサイト



ロンドンオリンピック・体操【男子団体決勝】

2012年7月31日(火)

ロンドンオリンピックこちら)開催中です。

体操競技は、28日から予選が始まり、最終日は8/7と言う長丁場です(こちら)。
〔参考〕2008年の北京オリンピック時に1人勝手に盛り上がってたブログは→こちら


昨日と言うか、今日の夜中、男子団体決勝が行われました。

エントリーしていたのは、こちら5名。
内村航平選手こちら
→日本のエース。もはや「世界のエース」で、私も会場で生観戦した(こちら)去年秋の東京での世界選手権(こちら)での「前人未到の個人総合3連覇」を達成した 世界中の体操ファン・体操関係者が認める 史上最強の体操選手。
田中和仁選手こちら
→「田中3きょうだい」の長男で、体操の倒立の美しさは日本一(「日本一」と言う事は、結果、世界一かも)。今回のキャプテン。平行棒が得意。
山室光史選手こちら
→内村選手の大学・社会人と、同じチームメイトで、去年秋の東京での世界選手権では、個人総合2位。つり輪のスペシャリスト。
田中佑典選手こちら
→「田中3きょうだい」の末っ子で、才能は兄以上とも言われる。鉄棒が得意。去年の世界選手権での「団体決勝・鉄棒での落下→金を逃す」の雪辱を果たせるか。
加藤凌平選手こちら
→最年少の18歳。お父さんは 今大会の加藤裕之コーチ(こちら)。お父さんの果たせなかったオリンピック出場を果たした若手注目選手。ゆかが得意。

決勝では、この5名の内、各種目3名が演技して、そのまま3名の得点を加算していきます。
予選は、演技した4人の上位3人の合計でしたので、この決勝は、失敗が出来ないと言う状況になります。
予選とは少し違いますね。
また、決勝には 予選の点数は持ち越さず、1からの戦いになります。


2004年のアテネオリンピック(こちら)で団体で金メダル、2008年の北京オリンピック(こちら)では銀メダルでしたね。
今回のオリンピックでは、再び、「表彰台の一番高い所」を目指して選手の皆さんも調整されて来たと思いますが・・・。
おとといアップしました通り(こちら)、予選5位通過と言う オリンピックは何が起こるかわからないと言うのが現れた結果となりましたねぇ。


話は多少逸れますが・・・。
2004年のアテネオリンピック、2008年の北京オリンピック、共に、団体決勝は あまりの緊張で、「生」(=結果を知らない状態)で見れず、結果を聞いてから見た位ですからね・・。
北京オリンピックの団体決勝の時、私、こんな事になってたんですねこちら
仕事中、大きく息を吐いて~、吸って~を繰り返して、そして、パソコンのディスプレイに向かって祈ってた・・んかぁ・・・

あと、去年秋の東京での世界選手権(こちら)時の記事(こちら)にもチラっと書きましたが、私、会場で生で団体決勝を見ていて、緊張のあまり息切れして来て、そして、熱が出て来て、そして、あまりに体力を使ったのか、最終演技の鉄棒の前には、不覚にも、眠くなって来ましたからね
そして、私、テレビ中継の端っこに 微妙に映り込んでるんですが、その中でも、胸の前で手を合わせ、祈っている映像がいくつも・・・

ただ、去年の東京での世界選手権の時に、熱出しながらも何とか「生」で見る事が出来たので、今回は大丈夫かなと言う思いと、あと、「ちゃんと見届けなきゃいけない感」で「生」で見よう、それが、「長年の体操ファン」としての責務だ(何の責任感・・)と思ったのですが・・・、結局、おとといの予選もそれが出来ず・・・。

まぁでも、今回、私の中では、予選5位と言う事で、多少、プレッシャーから放たれ(だから、何で私がプレッシャー・・)、生で見る事は出来ました。


って事で、観戦感想&結果です。

今日は、夜中1:30に起きまして、それから、録画しておいたものを追っかけ再生しながら見てました。

実は、直前まで、結果を聞いてから見るか、結果を知らないで見るか、かなり熟考し、結果、やはり、結果を知らないまま見る事にして、この時間に起きました


こちら、演技順です。
・つり輪→内村選手、田中佑典選手、山室選手
・跳馬→内村選手、加藤選手、山室選手
・平行棒→田中佑典選手、田中和仁選手、内村選手
・鉄棒→田中和仁選手、田中佑典選手、内村選手
・ゆか→田中和仁選手、加藤選手、内村選手
・あん馬→田中和仁選手、加藤選手、内村選手

NHK総合の生中継は、3種目めの平行棒の2人目の演技者・田中和仁選手からでした。
最初から放送してくれんかなぁ

3種目め・平行棒の2人目・田中和仁選手からは、日本人全員の演技は見れました。
後で、朝5:30から、TBS系で放送になっていた番組の方で、それまでを見ましたんで、一応、全演技は見ました。
(NHK総合で中継に入っていなかったつり輪・跳馬の演技は、TBSでの中継の方で見ました。)


結果は、2008年北京オリンピック、そして、去年の東京での世界選手権同様、2位でした(こちらこちら)。

こちら、8/1(水)の新聞(一般紙)です。
IMG_0902_20120802192536.jpg

IMG_0906_20120802192536.jpg

IMG_0907_20120802192535.jpg


おとといの予選のブログ(こちら)にも書きましたが、私の予想は、前から「2位」でしたので、わたし的には予想した通りかなと。
素直におめでとうと言いたいです


ただ、内容は、あまりに予想外な展開でしたねぇ

生中継開始直後に、2種目めの跳馬で、山室選手が足を痛めて離脱(こちら)と言う情報があり、得点を重ねられるはずだった跳馬で、しかも、跳馬のスペシャリストの山室選手がそうなった と言うのは、かなりな痛手・・

去年の世界選手権は、最終種目の鉄棒までは、安定してましたが、今回は、既に2種目め・跳馬でアクシデント発生と

また、最終種目があん馬と言う(わたし的には)心持ちをどうしていいか分からない最終種目と言う事もあり、見てるこちらも、調子が掴みにくい・・


わたし的には、おとといの予選(こちら)で、4人中3人が失敗した鉄棒が何より不安でした

おとといのブログ(こちら)にも書いていますが、やはり、鉄棒の「固さ」が予想以上みたいなんで、それを 限られた練習で合わせられたのかと。
そんな事を考えながら見てました。


最初の種目、つり輪。
3人とも素晴らしい演技で、何だかホッとしましたねぇ

続いて、跳馬。
加藤選手、内村選手は良かったですが、山室選手、着地でしゃがみ込んでしまい、足を痛めてしまいました(こちら
その前に、跳躍中も、既に、何かおかしかったですね。

おとといの予選(こちら)の時、2本目(種目別決勝を目指す人は、2本跳ぶ)も何かおかしかったし、何か違和感があったんでしょうかねぇ


そして、平行棒。
こちらも3人共素晴らしい演技でしたね
田中和仁選手、内村選手は着地で多少動きはしましたが、それまでは、良かったですし、最初の演技者の田中佑典選手は、かなり完璧に近かったんじゃないですかね


そして、鉄棒。
不安一杯だった鉄棒。
結果、鉄棒は、良かったと思います

田中和仁選手、途中、危なかった場面もありますが、まとめ、続いて演技した、田中佑典選手は、完璧に近い演技で、内村選手に繋げました。

去年の世界選手権では、最終種目の鉄棒で田中佑典選手が落下→銀(こちら)と言う引き金になった為、何より、佑典選手自身、何が何でもリベンジしたかったでしょうし、また、今回のオリンピックも「鉄棒のスペシャリスト」での代表入りでしたから、役目は、120%果たせたと思います。
得点も16.000点と、かなりな高得点でした

思えば、去年の世界選手権の団体決勝、それまで、「金」の可能性も十分あった流れだった中での佑典選手の落下・・。
私、会場で見てて、会場中が悲鳴で包まれ、私の身体中の血の気がす~っと引いたのを今だに覚えてます(こちら)。

今回、結果が出せて良かったよ・・。
本当に


続いて、ゆか。

「スペシャリスト枠」での出場権を獲得した加藤選手。
キッチリと役割を果たして、最後まで素晴らしい演技でした


で、最終種目のあん馬。
この時点で、1位の中国との差が2.577点、3位のウクライナとの差が3.760点。

跳馬のアクシデントはあったにせよ、団体決勝で大事なのは、「大きな失敗をしない事」であり、ここまでは良しと。
わたし的に、「銀」を確信して迎えたあん馬。


まさかここから、大波乱があるとは・・


本当は山室選手が1人目の演技をする筈だったんですが、跳馬でのアクシデントで、田中和仁選手が演技する事になり、急な変更だったのもあるんでしょうねぇ。
落下してしまいました

まあでも、あとの2人は大丈夫だろうし、点差を考えたら、銀は大丈夫と確信してました。

2人目の加藤選手、予選同様、初代表ながら、落ち着いて、いい演技でした。

そしで、日本団体決勝、最後の演技者・内村選手。

思い起こせば、2008年北京オリンピックの個人総合。
あん馬で2度も落下し、でも、その後の大会では、何年間もずっと安定していたはずなのに、おとといの予選でも、まさかの2回落下(こちら)。

バランスを崩したら、立て直しが難しいあん馬ですし、本当に気が抜けない種目ですが、内村選手、確実に進め、ようやく終わりにさしかかり・・、最後、下りで、まさかのバランス崩し
落下はしなかったにしても、かなり危険な雰囲気・・

だけど、点差を考えたら、これでも大丈夫と思ってたら・・。

画面に出た点数、そして日本の順位は「4位」。
内村選手も、他の日本人選手も唖然とし、私も・・あまりにびっくりして、テレビ画面から目が離せない・・

まさかまさかの展開で・・。
信じられない
あり得ない

テレビの前で愕然としていたら、実況で、「加藤コーチと森泉コーチが審判に抗議に行っていますので、順位は確定ではありません」と。

どうも、内村選手のあん馬の下り技の認定がされていないとコーチ陣が判断し、審判に抗議に行ったみたいです。

最後、失敗した事により、下り技まで 指定された内容で行われていない→Dスコアが下がる と言う判定がされたようなんですが、「下り技はちゃんと実施している」と審判へ抗議していたようです。

待ってる間、長く感じましたねぇ

テレビ画面には、下り技がリプレイされ、確かに、見てると、「下り技」は実施してるようには見えるなあ・・と。
ただ、それを審判が認めるかどうかは分からないですからね。

審判サイドでも「パソコン」での審議をしてて、テレビ画面に見える そのパソコンの画面を見てる限りでは、実施してるようには見える。

で、約15分後に、抗議が認められて、日本は2位に上がりました

あの下り技が認められるか認められないかで、0.7点違ってくる→メダルの色も左右する。
そんな緊迫した雰囲気の15分間。
かなり・・疲れた

結果、認められて良かった。
審判、ちゃんとしてくれよ~と思いましたがね。

日本が2位に上がる事で、3位だったウクライナが4位に下がる訳で・・。
ウクライナにしたら、ガッカリですよね・・。
ガッカリで済まない・・

まあ・・でも・・。
正当に判断されるべきものは、きちんとされなければならないので、これもある意味、仕方ないんですが・・。

何だかすっきりしない銀メダルだなあとは思いますがね・・。

内村選手も試合後のインタビューで「正直2位でも4位でもあまり変わらなかった」(こちら)、そう言っていました。
言いたい事は、分からんでもない・・。

でも、この日を迎えるに辺り、選手5名の後ろには、何百人、何千人の人が関わり、応援し、表彰台に立つ事を切望していた方々が沢山居るんです。
その方々の思いを「表彰台」に乗る事で叶える事が出来る と私は思っています。
結果が全てでは 勿論・・・無いですが、でもそれにより、報われる人が居て、そして、その結果に憧れるちびっ子が居る。
内村選手の気持ちは分かる。
でも、内村選手もその辺も考えて言って欲しかったなぁと思ったインタビューでもありましたね

そう言えば、、、思い起こしてみたら・・・。
去年の東京での世界選手権の種目別決勝1日目のゆか(こちら)、こちらも 内村選手のDスコアへの抗議をしましたが、その時にも森泉コーチが頑張ってくれましたよね。
今日、森泉コーチも「何とかメダルを持って帰りたい」、そう思って抗議していたらしいですよ。
ありがとう・・・、森泉コーチ。


で・・。
結果、1位中国、2位が日本、3位がイギリスでした。

中国は、前回2008年北京オリンピックに引き続き優勝、また、イギリスは、何と100年ぶりのメダルだそうです

イギリスの応援で、観客席に、ウィリアム王子(こちら)、ヘンリー王子(こちら)が居ましたね。
キャサリン妃(こちら)は見当たらず。


最終的には、1位の中国と2位の日本の点差は、4.045点差。

山室選手の跳馬の失敗で、マイナス1~2点、田中和仁選手のあん馬の落下で、マイナス1点。
これらが無かったとして(←この「たられば」は、体操では考えても意味が無いのは、十分承知してます)、あとは、着地やら実施面が上手く行ったとしたら、抜けた点差ですが、でも、そんな中でも大きな失敗をしない中国。
やっぱり中国の壁は厚かったですねぇ
選手それぞれがミスなく、仮にミスをしてもリカバリーしてましたよね。

やっぱり中国は強かった
それを再認識した日でした。

一方、日本の5人もよく頑張ったと思いますよ~

あれだけバタバタだったおとといの予選(こちら)から、精神的に立て直し、予選よりも遥かに雰囲気よく試合も進めていたように見えましたし。

予選中の内村選手、テレビで見てる私でさえ、イラッとする位な ふてくされた雰囲気をかもし出し、『それが「世界チャンピオン」が出す雰囲気かよ』と思いましたしねぇ。
でも今日は、笑顔も見れて、ポジウム(演技台)の下りて、みんなで「ガッツポーツ」をお互い「コツン」と合わせて、始終、雰囲気よく見えました。


日本みんなが期待し、そして、選手・コーチが目指した「金」はならなかったですが、でも私は、「良かったよ」・「おめでとう」と選手に声を掛けたいです。

そんなみんなの「思い」は、次の2016年リオデジャネイロオリンピックに繋げたい、そんな気がしました


今回、加藤選手が大健闘でしたよね
世界選手権の出場経験もないままの オリンピック初出場。

今回、加藤選手が出場した種目は、ミス無く、演技を進めていました。
おとといの予選で 内村選手達が崩れて行く中でも、それは変わらず・・・。
見ていて安心出来る演技でしたし、非常に落ち着いているように見えました。
これからが期待大の18歳の登場ですね


あと・・。
跳馬でケガをした山室選手、医務室に運ばれる際、冨田洋之コーチ〔2004年のアテネオリンピック・団体決勝の鉄棒で「伸身の新月面は栄光への架け橋だ~」と言う実況と共に着地を決め、金メダルを獲得、また、2008年の北京オリンピックでも団体銀を獲得した かつての世界チャンピオンですね〕(こちら)におんぶされてて、何故か、微妙に笑ってる
冨田コーチがおんぶしてるのも、何かウケるし、その冨田コーチにおんぶされつつ微妙に笑う山室選手も、何かウケる

山室選手、あさっての個人総合に出場資格がありますが、、、どうなんでしょうねぇ。
表彰式の時も、田中兄弟に支えられての入場でしたし、そのまま出場出来るのか、誰か(田中和仁選手)が出るのか・・。
気になりますね。


会場にはたくさんの「日の丸」がありましたねぇ
イギリスに日本から応援に行った方、イギリスに住んでいる方、たくさん応援に行ってたんでしょうね。

テレビ画面で見ると、「国旗」って目立ちますね
特に、日本の旗は、真っ白な部分がたくさんあるせいか、より目立ちますね。(贔屓目か・・
去年の世界選手権での、私の「手作り日の丸」(こちら)、テレビ画面でも目立ってたしね


そうそう、今回の表彰台・・・。
ちいさっ
団体の5名、まっすぐ乗れないじゃないか
3ケ国の選手共、「どうやって乗る」的な打ち合わせしてましたもんね


私、夜更けに1人で見てまして。
テレビ画面に祈るわ、口から出る言葉は、「とめて」とか、「掴んで」とか、「うっ」とか「あっ」とか、かなり怪しい

はあ・・。
夜中から疲れた


内村選手自身はきっとかなりその悔しさを感じていると思います。
その悔しさを 明日の個人総合に向けて頑張って欲しい・・・。
今日、試合後のインタビューで、いつになく消極的と言うか、自信無さ気になっていたのが・・・ちょっと気がかり・・・

さぁ・・・。
世界中が期待する「内村選手」、本当に期待したいですね。


さてさて・・・。
長々と書いてきましたが・・。
そろそろ締めます。

今回、「金」はならなかったですが、この日の為に 選手だけじゃなく、コーチ陣、そして、日本体操界が真摯に取り組み、そして支え、そんな4年間の毎日があった事を忘れてはいけないと思います。
私は「銀」、立派だと思いますし、選手達に拍手と、そして、お礼を送りたいと思います

もう1つ、書いてみました→こちら


さて、今日の夜中には、女子団体決勝が行われます。
前回の北京オリンピックの「5位」より上に進めるか、是非、期待しましょう



ロンドンオリンピック・体操【女子団体予選】

2012年7月30日(月)

ロンドンオリンピックこちら)開催中です。

体操競技は、28日から予選が始まり、最終日は8/7と言う長丁場です(こちら)。
〔参考〕2008年の北京オリンピック時に1人勝手に盛り上がってたブログは→こちら


今日の明け方、女子団体予選が行われました。

エントリーしていたのは、こちら5名。
田中理恵選手こちら
→25歳の 遅咲きながらも日本のエース。美しい体操が持ち味の「田中3きょうだい」の真ん中。今回のキャプテン。
美濃部ゆう選手こちら
→パワーのある体操が特徴の 頼れるお姉さん的存在。
寺本明日香選手こちら
→小さな体から出るパワフルな演技が特徴。去年秋の東京での世界選手権(こちら)の団体予選では 決勝に繋げるキーパーソンとなり注目を集めた女子高生。
鶴見虹子選手こちら
→日本のエースの2枚看板の1人。ケガから回復し、出場権を獲得。全日本選手権6連覇の記録を持つ。
新竹優子選手こちら
→ミスが少なく、安定感のある 頼れるトップバッター。

鶴見選手&新竹選手&美濃部選手が前回の北京に続き2大会連続出場で、田中選手&寺本選手は初出場です。
前回の北京オリンピックではエントリーは6名でしたが、今大会は5名です。
そして、この予選では、5名の内、各種目4名が演技して、上位3名の得点を加算していきます。

女子の目標は、まずは予選通過ですね。
前回の北京オリンピックでは団体5位でしたので、今回はそれよりも順位を上げるべく、まずは予選で勢いをつけて・・ですね。

と言う事前情報を書いて、、、観戦結果です。


放送日程では、早朝4時からの放送と言う事で、タイマー予約して、4時過ぎに起きまして・・。

予定にあったNHK総合&日テレの録画を早送りで見て・・。

あら
無い・・。
「ダイジェストの放送なんかな」と思い、色々用事をしていたんですが、一向に始まらず。。

念の為にネットで日程検索してみたら・・。
何と「NHK-Eテレ」に変更になってるし・・

チャンネル合わせたら「LIVE」って出てて、しかも、2種目終わってるし・・

え~~
ちょっとと思いつつ、仕方ないんで、そちらを見ました


日本女子団体、6位で決勝進出です
おめでとう

そして、8/2の個人総合には、寺本選手、田中選手が、また、8/6の種目別決勝の段違い平行棒には、鶴見選手が出場決定しました

ゆか、跳馬の2種目、また、録画で流れた寺本選手の平均台、また、鶴見選手の段違い平行棒しか見れていないんで、全体の感想は分からないんですが、見た限りの感想では、すごく雰囲気よく、選手みんながベストを尽くして演技が出来ていた気がします

寺本選手、去年秋の東京での世界選手権を思い出すような力強い、頼り甲斐のある演技でしたし、また、新竹選手は、トップバッターを勤めた3種目で、安定感のあるしっかりと役割を果たし、田中選手もゆかで、鶴見選手も段違い平行棒で 彼女らしい演技が見れました

4位までは、アメリカ、ロシア、中国、ルーマニアと言う「4強」が占め、ここに入るには、やはり、なかなか厳しいですが、ですが、5位にイギリス、そして、6位に日本と、大健闘でしたよね

前回の北京オリンピックでは、決勝で5位でしたので、それを目指して頑張って欲しいですね


決勝進出を決めた選手達が、観客席に向かって手を振っていたんですが、その時に映ったのが、男子のコーチ陣で。

立花監督、加藤コーチ、森泉コーチ、そして、冨田コーチ(こちら)でした。

冨田コーチは、2004年のアテネオリンピック・団体決勝の鉄棒で「伸身の新月面は栄光への架け橋だ~」と言う実況と共に着地を決め、金メダルを獲得、また、2008年の北京オリンピックでも団体銀を獲得したかつての「選手」ですが・・、「コーチ」として観客席からの応援姿。
何だか新鮮

そして、その4人が日の丸を振り振りしてたのが、ちょっとウケました

男子選手達は、さすがに見えませんでしたが・・。
ま、今夜、団体決勝なんで・・ね。

あと、会場全体をカメラが映していた中に、小さく、内村航平選手(こちら)のご両親が見えましたね。

今回も来られてるんですね

私が見に行った去年秋の東京での世界選手権でも、冨田「コーチ」は会場に来られていましたし、田中佑典選手に付いて、競技中、一緒に回っていたりしましたので、わたし的には何回かは「コーチ」として見た事がありますが、まだまだ見慣れないです

また、内村ママも、去年秋の世界選手権の会場で実際見ましたし、また、偶然、地下鉄の駅で会い、それが個人総合の3連覇の翌日だったもんで、お祝いを言いたくて、うっかり「お母さん」と声を掛けてしまいましたけど、私・・(笑)

内村ママ、世界選手権の会場でもパワフルに応援されていたのが印象的でした~~。


ただ今、6:30。
そろそろ会社に行く準備しようかな・・。


さて、今日の夜中には、男子団体決勝が行われます。
さぁ・・・。
悲願の「金」なるか・・・・


ロンドンオリンピック・体操【男子団体予選】

2012年7月29日(日)

ロンドンオリンピックこちら)開催中です。

体操競技は、昨日28日から予選が始まり、最終日は8/7と言う長丁場です(こちら)。
〔参考〕2008年の北京オリンピック時に1人勝手に盛り上がってたブログは→こちら


昨日と言うか、今日の夜中、男子団体予選が行われました。

エントリーしていたのは、こちら5名。
内村航平選手こちら
→日本のエース。もはや「世界のエース」で、私も会場で生観戦した(こちら)去年秋の東京での世界選手権(こちら)での「前人未到の個人総合3連覇」を達成した 世界中の体操ファン・体操関係者が認める 史上最強の体操選手。
田中和仁選手こちら
→「田中3きょうだい」の長男で、体操の倒立の美しさは日本一(「日本一」と言う事は、結果、世界一かも)。今回のキャプテン。平行棒が得意。
山室光史選手こちら
→内村選手の大学・社会人と、同じチームメイトで、去年秋の東京での世界選手権では、個人総合2位。つり輪のスペシャリスト。
田中佑典選手こちら
→「田中3きょうだい」の末っ子で、才能は兄以上とも言われる。鉄棒が得意。去年の世界選手権での「団体決勝・鉄棒での落下→金を逃す」の雪辱を果たせるか。
加藤凌平選手こちら
→最年少の18歳。お父さんは 今大会の加藤裕之コーチ(こちら)。お父さんの果たせなかったオリンピック出場を果たした若手注目選手。ゆかが得意。

内村選手のみが前回の北京に続き2大会連続出場で、残り4名の選手は初出場です。
前回の北京オリンピックではエントリーは6名でしたが、今大会は5名です。
そして、この予選では、5名の内、各種目4名が演技して、上位3名の得点を加算していきます。


この予選、「予選」だからと言って安心してはいけません。
この予選の上位12チームが、8/1の決勝に進むのですが、予選の順位で、決勝のローテーションの順番が変わります。
1~2位に入れば、ベストのローテーション(ゆか→あん馬→つり輪→跳馬→平行棒→鉄棒)のグループになります。
また、個人総合・種目別決勝の予選も兼ねています。
個人総合は上位24名(1ケ国2名まで)、種目別決勝は各種目の上位8名(1ケ国2名まで)に出場権が与えられます。
ですので、「予選」はとても重要です。

なお、この出場権は、「国」に与えられるもので、「個人」に与えられるものではないので、例えば、個人総合に「日本に2名」出場資格が与えられた場合、誰が出るかは自由です。


・・と言う事前情報を書いて、、、観戦結果です。

23:30からの生中継でしたが、録画をして、早起きして見ました。
そして、え゙ぇ~~と言う結果ですねぇ
5位での決勝進出です(こちら)。

こちら、月曜日の新聞(一般紙)です。
IMG_0881.jpg

IMG_0884.jpg


2004年のアテネオリンピック(こちら)、2008年の北京オリンピック(こちら)、男子団体決勝は、あまりの緊張で生で見れず、結果を聞いてから見ましたが、私も見に行った去年の東京での世界選手権は、何とか生で見れた(←会場で見てたから、生は当たり前ですが)もんで(←とは言え、緊張で熱が出ましたが)、今日の予選も、結果を知らずに見始めましたが・・。

今回のローテションは、鉄棒→ゆか→あん馬→つり輪→跳馬→平行棒と言う事で、それを最初に聞いた時点で、「最初に鉄棒ってキケン」と思いました。
落下の危険性の高い種目が最初と言うのもありますが、体操は国による「器具」の差があり、鉄棒の「しなり具合」もかなり差が出る→離れ技でバーを掴み損ねる と言う事が多々あるので、わたし的には、最初は避けて欲しかったなぁと。

その嫌な予感が的中しましたねぇ

内村選手を始め、みんながあまりに失敗するんで、ドキドキして見ていられなくなり、3種目めで、ネットニュースを見て、結果を見て、再び、観戦しました

内村選手&田中和仁選手はあん馬、鉄棒で落下、田中佑典選手も鉄棒で落下、田中和仁選手はゆかで「すべる」、跳馬では山室選手が着地で大きく減点・・と。
ここまで失敗するって・・と

わたし的には、「失敗しない」のは一番にしても、6種目×4名=24回の演技がある訳で、「失敗しない」と言うのはやはり無理なので、失敗してもチームの雰囲気を悪くせず、みんなでカバーし合う事が大事と思ってて。
内村選手、多分、自分に腹が立つと言うか、今までに無い経験に落ち込んでいるのかも知れないですし、試合後の会場でのインタビュー(こちら)でも、珍しく動揺してたように見えたんで、それが競技中に表に出てたように見えましたねぇ。
でも・・、個人総合ならそれでいいけど、団体は雰囲気が大事なんだし、オリンピック経験者は、自分1人なんだから、自分が失敗したからと言って、競技中もムッってなってると言うか、ふてくされたようにしてるのはどうよと、テレビ見てて思いましたねぇ

今回の山室選手の跳馬みたいに、失敗しても、ポジウム(演技台)下りたら、笑顔で喋ったり、最初の鉄棒で同じく落下してしてしまった田中佑典選手が 最後の平行棒で高得点を出し、カメラに向かって笑顔で「イェ~イ」ってやっててるの見てたら、内村選手もそうしなさいよ、「世界王者」なんだし、もっと何かあるでしょって、私、見てて、ちょっとイラってしてしまいましたよ
気持ちは分かるんで、、、、内村選手、明日夜の決勝までに、とにかく、、、精神的な所を立て直して欲しいなぁ

そんな中、最年少18歳の加藤選手のほんわか・穏やかな様子を見てると、2004年のアテネオリンピック・団体決勝の鉄棒で「伸身の新月面は栄光への架け橋だ~」と言う実況と共に着地を決め、金メダルを獲得、また、2008年の北京オリンピックでも団体銀を獲得した冨田洋之さん(こちら)を思い出し、和んでました。
加藤選手は、今、順天堂大学なのですが、ここの体操部のコーチは冨田くんなんで、同じ系統ですねぇ。
ま、、、冨田くんの場合、「ほんわか」と言うより、「ぼ~~」と言う表現が近い気がしないでもないですが・・・
今回、加藤選手は、世界選手権の出場経験がないまま10代でオリンピックに出場する と言う 大変な事になっている選手ですが、でも、見てて 非常に安心する演技でしたねぇ(こちら)。
そこら辺も冨田くんに似てる・・。

私の個人的な意見ですが、今回、団体は『みんながベストを尽くせば「金」が取れる』と言うメンバーで、逆に言えば、普通ではちょっと厳しい(それは、正直、2008年北京オリンピックも、あと、去年の東京での世界選手権も、そうだったと思いますが)と思っていて、チームに「勢い」が付けば強い、逆に言えば、崩れる時には大きく崩れる とも言えるので、とにかく、明日夜の決勝には、今回の失敗を引きずらず、とにかくとにかく雰囲気を良くして挑んで欲しいと切に願います
決勝には、予選の点数は持ち越さず、1からの戦いになるんで・・ね。

あと、気になるのは、「器具」ですね。
日本製より硬さのあるフランス・ジムノバ社の器具を使っているそうです。
内村選手が、試合後の会場でのインタビューでも鉄棒での落下について「失敗の原因がわかりません」と言っていたのも、その辺りの器具の関係もあるのかも知れないですが、「分からない」って言うのが、かなり不安。
ゆかも新品のものらしく「すべる」らしいですし。

なお、明日の決勝は、5~6位の日本・中国は、つり輪→跳馬→平行棒→鉄棒→ゆか→あん馬 と言うローテションになります。
実は、選手にとって、ローテーションって重要だったりしますし、今まであまり見た事のないローテーションなので、選手のみなさんも調子が掴めない部分もあったりしそうですし、予選突破しても、かなりな不安を残す予選となりましたねぇ。


予選が終了し、個人総合・種目別決勝の出場権も確定しました。
個人総合:内村選手(9位)、山室選手(18位)→こちら
※ 田中和仁選手は予選22位ですが、1ケ国2名までなので、出場出来ません。
種目別決勝
・ゆか:内村選手(2位)→こちら
・平行棒:田中佑典選手(1位)、田中和仁選手(2位)→こちら
※ 平行棒は、内村選手は予選5位ですが、1ケ国2名までなので、出場出来ません。

個人総合、内村選手は予選9位なので、今回、第2ローテーションで、あん馬→つり輪→跳馬→平行棒→鉄棒→
ゆか と言うローテションです。
内村選手にとって、なかなか無いローテーションですよね。
最初にあん馬ってのも・・・、ちょっと、、いや、かなり不安・・。

予選でミスをすると、その先に影響する・・・。
如実に現れた感じですね・・・。


ところで・・。
全ての予選が終わり、結果、日本は団体5位ですが、何と、2008年の北京オリンピックでの金メダル・中国が日本より下位の6位です。
今回、予選は3つの時間に分けてで行われており、中国の演技は別グループなので、全く見れていないのですが、何が起きたんでしょうねぇ。

また、去年秋の東京での世界選手権の個人総合で 内村選手に続いて第2位だった ドイツのボイ選手(こちら)。
日本にもファンが多い彼ですが、彼も何故か、、、予選17位で、かなり出遅れてますねぇ。
しかも、ドイツは、ボイ選手の上にハンブッヘン選手〔←こちらも、日本にもファンが多い(私も割と好き)〕、またグエン選手の計2名、ドイツの選手が居るので、このままだとボイ選手は個人総合に出場出来ない・・・
とは言え、誰を出場させるかは分からないので、ハンブッヘン選手とボイ選手が出場する事になるかも知れませんね。

日本も 前回の北京オリンピックでは、予選の結果では、内村選手と坂本功貴選手〔こちら〕(今年引退)の2名が上位でしたが、実際の個人総合には、坂本選手ではなく、冨田くんが出場してますんでねぇ。


あと・・・。
去年の東京での世界選手権の記事でも書きましたが(こちら)、私達を含め、会場内の話題をさらった「アニマル浜口」を彷彿とさせる アメリカのダネル・レイバ選手(こちら)のパパコーチ、どうやら「アメリカチーム」としてのコーチではないらしく、昨夜は登場して来なかったです。
何だか少し残念

ダネル・レイバ選手、今回、予選1位で通過してますし、きっと、彼のコーチなんだろうし、きっと個人総合ではまた登場し、「アニマル浜口」ぶりをいかんなく発揮し、会場の話題や笑いをさらいそうですね


いやいや・・・。
やっぱり、オリンピックは怖い
そんな日曜日の朝です。


さて、今日の夜中には、女子団体予選が行われます。
女子の目標は、まずは、「予選突破」です




ロンドンオリンピック開幕!

2012年7月28日(土)

本日、ロンドンオリンピックこちら)開幕ですね。

今日は開会式ですが、体操競技は、今日28日から予選が始まり、最終日は8/7と言う長丁場です(こちら)。

具体的にはこんな日程です(下記はロンドン時間。日本時間は、プラス8時間なので、放送時間は、生中継の場合は、下記の夜中放送が多いですかね。)。
7/28(土)男子団体予選
7/29(日)女子団体予選
7/30(月)男子団体決勝
7/31(火)女子団体決勝
8/1 (水)男子個人総合
8/2 (木)女子個人総合
8/5 (日)種目別決勝1日目(男子:ゆか・あん馬、女子:跳馬)
8/6 (月)種目別決勝2日目(男子:つり輪・跳馬、女子:段違い平行棒)
8/7 (火)種目別決勝3日目(男子:平行棒・鉄棒、女子:平均台・ゆか)


実際の中継日程はこちら・・(こちら)。
(以下以外にも、日中の録画放送等もあるので、実際は新聞・ネット等でご確認下さい)
7/28(土)男子団体予選
  23:30~24:25 NHK-Eテレ
  24:25~26:00 NHK総合
7/29(日)女子団体予選
  25:00~27:30 日本テレビ
  28:00~29:30 NHK総合
7/30(月)男子団体決勝
  24:25~27:20 NHK総合
7/31(火)女子団体決勝
  24:10~26:30 NHK総合
8/1 (水)男子個人総合
  24:30~27:35 日本テレビ
  24:30~27:15 NHK-BS1
8/2 (木)女子個人総合
  24:10~26:25 NHK総合
8/5 (日)種目別決勝1日目(男子:ゆか・あん馬、女子:跳馬)
  21:50~24:15 NHK総合
8/6 (月)種目別決勝2日目(男子:つり輪・跳馬、女子:段違い平行棒)
  21:50~24:15 NHK総合
8/7 (火)種目別決勝3日目(男子:平行棒・鉄棒、女子:平均台・ゆか)
  22:00~25:05 日本テレビ
  22:00~25:00 NHK-BS1

種目別決勝ですが、普通、男子の鉄棒が最終種目になりますが、今回は、女子のゆかみたいですね。
何故だ・・

今回は時差が8時間あるので、生放送される場合、夜中、明け方になりますね。
そう言えば、2004年のアテネオリンピックの時にも朝起きて見てましたねぇ・・・。
2008年の北京オリンピックの時には、時差があまりなかったので、夜に見てましたねぇ。
ブログもこんな感じで盛り上がって書いてました⇛こちら


オリンピック、私はいつも体操しか見ませんが、多くの方々は色々見ると思いますので、暑さで体力が落ちている時期ですし、寝不足には気をつけて、観戦して下さいね~

選手の皆さん、ケガには気をつけて、そして、自分自身の力を十分発揮して、そして、みなさんが笑顔で帰国出来るといいですね。
ガンバレニッポン







中国の「啤酒」。

2012年7月27日(金)

アップしております通り(出張日記まとめ → こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら


現地でアップ済ですが(こちら)、「宝龍城市広場」と言うショッピングモール内にある「カルフール(家楽福)新区宝龍店」(こちら)に行って来ました。
現地では、「カルフール」では通じず、「ジャンルーフー」と言うと通じるそうです。

そこで、こちらのビールを買って来ました。
左は 黒龍江省の「哈爾濱啤酒(Harbin Beer)」で、左が 広東省の「藍帯啤酒(Blue Diamond Beer)」です。
IMG_0788_20120715132317.jpg

こちら裏。
左側は同じですが、右側の缶はこんなデザインです。
IMG_0789_20120715132316.jpg

私自身はビールを飲まないので、これは、ビール好きなお友達へのお土産です。

「ビール」は中国語で「啤酒」と書きます。
ただ、現地ではそれを知らなかったので、「これはビールか・・」と思い、念の為、そこら辺に居たスタッフの方に「Beer・・・」と聞いたのですが、全く通じず・・。
「私の発音が悪いのか・・」と思い、再度チャレンジしましたが、やっぱりダメで・・。

中国は、英語が通じないですが・・と言っても、ちゃんとした文章の英語の事ではなく、「単語」が通じないんですが、「ビールもだったか・・」と思いました。
それは以前、上海に行った時(こちら)に実感してて、「BIG」すら通じず・・と言う事がありました。
日本だと、日本語になっている英語も多いので、「単語ベース」では割と通じると思うんですよね。

で、ビールなのか、例えば、チューハイなのか、発泡酒なのか、、そこが全く分からず困っていると、近くに、日本でもお馴染みの「青島ビール」を見掛け、それに「青島啤酒」と書いてあったので、「啤酒」=「ビール」と言う事が判明し、私の疑問は解決しました

ちなみに、こちらスーパー価格で、左の方が2.2元(日本円で約30円)右の方が4.2元(日本円で約55円)です。
お安いですね~。


中国の「雀巣珈琲」

2012年7月26日(木)

アップしております通り(出張日記まとめ → こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら


現地でアップ済ですが(こちら)、コンビニで、こんな飲み物を買いました。
2012070212500000.jpg

多分、、、絵からするに「コーヒー」かと思い、買ってみました。
確か、、、60円位だったかなぁ。

雀巣珈琲」って・・と思って調べてみたら・・。
何と、「ネスカフェ」でした
何で「スズメの巣」なんですかねぇ。

で、味は、想像通り、コーヒーでしたが、日本のこの手のタイプのものとは かすかに違う味がしました。


中国・無錫でもらった「卵」

2012年7月25日(水)

アップしております通り(出張日記まとめ → こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら


現地でアップ済ですが(こちら)、6/22の中国の「端午の節句」に食べるらしい「卵」、かなりメジャーなものらしく、うちの会社では、社員全てに箱入りが配られるらしく、それを1つもらって帰って来たので、先日、食べてみました。

鹹蚤(シェンタン)」と言って、アヒル卵の塩漬け(茹で卵)です。
IMG_0808_20120715125835.jpg

パッケージ裏です。
IMG_0811.jpg

殻を剥いてみました。
ニワトリの卵より少し大きめで、色が多少グレーです。
IMG_0813.jpg

切ってみました。
何か、、出てる・・・
IMG_0815.jpg


卵ってトコが、ちょっと勇気要るなぁ
まぁでも、中国ではかなり普通に食べているものらしいので、味は問題ないんでしょうねぇ。

聞いた所、「塩気があるので、お粥と一緒に食べると美味しい」と言うので、わざわざお粥を作って食べてみました。


で、、味ですが・・。
まず、、白身の部分ですが、ニワトリの卵だと、「ツルン」としてますが、こちらは、ちょっとザラザラした舌触りです。
黄身の部分は 味がついてて、ちょっとクセがありますが、マズいって事は ないですね。
全体的に味が濃いので、確かに「お粥」に合うかも・・・。

ま、ま、それなりに美味しくいただけました


なお・・。
こちら、「中華ちまき」にも入れるそうです。
中国では、『端午の節句に「ちまき」を食べると無病息災で過ごせる』と言われているそうです。
日本では「ちまき」と言うと、お菓子(餅)を思い浮かべますが、「中華ちまき」には こんな珍しい卵が入っているんですね~。
日本では あまり馴染みのないアヒルの卵ですが、アヒルの卵にはニワトリの卵より鉄分が多く含まれ、ビタミンAは1.5倍、B1は3倍も含まれているそうですよ。





「サークルK・サンクス」の「抹茶メロンパン」

2012年7月24日(火)

サークルK・サンクス」(こちら)の「抹茶メロンパン」を買いました。
IMG_0801.jpg

こちらは、近畿地方と東海地方の一部で、6/19~4週間のみ販売のパンです。
上林春松本店」(こちら)の監修のコラボパンです(こちら)。
こちら「上林春松本店」は、永禄年間の創業以来450年間茶業を営んでいるお店だそうです。
450年って・・・、1560年頃ですよ。
日本は、、、戦国時代ですよ。

かなり「抹茶色」
IMG_0804_20120715121947.jpg

抹茶ミルククリームがサンドしてあります。
IMG_0807.jpg


1つ135円です。
なお・・。
「抹茶クリームパン」もあるらしいんで、探してみようと思います





市川実日子さん主演映画「レンタネコ」。

2012年7月23日(月)

市川実日子さんこちら)主演映画「レンタネコ」(こちら)を見ました。
レンタネコ

私の好きな 小林聡美さん主演「かもめ食堂」(こちら)・「めがね」(こちら)、もたいまさこさん(こちら)出演「トイレット」(こちら)の荻上直子さんこちら)の監督作品です。
荻上直子監督作品はかなり見ています

ストーリーはこちら・・。
サヨコ(市川実日子さん)は、都会の片隅にある平屋の一軒家で 数えきれない程の猫たちと一緒に暮らしている。
幼い頃から人間よりも猫に好かれる子供だった彼女の状況は 今も変わらず、サヨコは 占い師などの数ある肩書とは別に ある仕事をやっていた。
それは、寂しい人に猫を貸し出す「レンタネコ」と言う一風変わった商売だった。
「ネコを貸す事にふさわしい条件が揃っているか」を独自に審査した上で、心寂しい人たちとネコを引き合わせてる。
夫と愛猫に先立たれた老婦人や単身赴任中の中年男、自分の存在意義に悩むレンタカー屋の受付嬢、とある組織から追われる男など、サヨコは様々な人にネコを貸し出して行く・・・。

です。

私自身、ネコは苦手なのですが(見てる分にはいいのですが、触れない)、映画自体は、ほんわかした雰囲気そうだったので、見に行って来ました。

これ、私の好きなタイプの映画です
話がドンドン変わって行く感じの展開がある訳では無いのですが、市川実日子さんさん演じるサヨコとネコ達の雰囲気がイイカンジですし、また、市川実日子さんの着ている服も可愛いですよね。
(市川実日子さんだから似合っている気もしますが・・)
ネコと一緒に住むのもいいのかもなぁ・・なんて思ったりしましたが、触れないので、ダメですけどね
あと、途中途中登場する「お隣りの奥さん」役の小林克也さん(こちら)が 妙に面白い・・

なお、この映画、全国的には、5/12に公開になってるのですが、福井県では、8/17まで「メトロ劇場」(こちら)にて上映しています。
興味のある方はお早めにどうぞ。


見る前の期待度 ★★★★★★★☆☆☆
見た後の満足度 ★★★★★★★★☆☆




「サークルK・サンクス」/「シェリエドルチェ」の「抹茶エクレア」

2012年7月22日(日)

サークルK・サンクス」(こちら)の「シェリエドルチェ」シリーズ(こちら)の「抹茶エクレア」を買いました。
IMG_0796_20120715121949.jpg

去年は「抹茶ダブルエクレア」と言う名前で出ていました。
去年のブログ⇛こちら
去年は、ホイップクリームと抹茶カスタードクリームがダブルで入っていましたが、今年は、抹茶カスタードクリームのみになりました。

IMG_0795.jpg

アッツい中買って来たので、「汗」かいてます
IMG_0798_20120715121948.jpg

中身は全部「抹茶色」。
IMG_0800.jpg

1つ126円と言うお手頃価格です。
また食べてみたいお味です




「ヤマザキ」の「薄皮 小倉&抹茶クリームパン」

2012年7月21日(土)

こちら「ヤマザキ」(こちら)の「薄皮 小倉&抹茶クリームパン」です。
IMG_0744.jpg

つぶあんパンの餡を 更に抹茶クリームでくるんだものです。
美味しいんですが、私の個人的感想では、抹茶クリームがもっとガツンと来てもいいような・・。
小倉餡の印象の方が強く、「いつものあんパン」に近くなってる感がありましたねぇ。

スーパー価格で5個入りで98円でした。
(なので、贅沢は言えないですかね



「京都レマン」の「もちスイーツ宇治金時」

2012年7月20日(金)

京都レマン」(こちら)の「もちスイーツ宇治金時」を買いました。
IMG_0756.jpg

この「京都レマン」は、スーパー・通販など業務用の商品を取り扱っている会社みたいですね。

以前、こんなのをアップしています。
これと同じですよね、多分。
「禅 もちスイーツ 宇治抹茶」⇛こちら

柔らかそうなお餅です。
IMG_0764.jpg

かじりかけ・・で申し訳ないですが、中身はこんな感じです。
IMG_0768.jpg

柔らかお餅の中に、空気感の多めの抹茶クリームと小豆が入っています。
小豆の量は、多少多めな感じがしました。
美味しいですが、個人的好みでは、もう少し小豆を抑えてもいいかな・・と、前回同様な感想です。

スーパーで購入し、1つ108円でした。



「OHAYO」の「純生牛乳プリン 抹茶」

2012年7月19日(木)

OHAYO」(こちら)の「純生牛乳プリン 抹茶」(こちら)を買いました。
2012062107170000.jpg

2012062107170001.jpg

2012062107180000.jpg

HPによると『牛乳本来のおいしさにこだわった風味豊かな抹茶プリンです。ジャージー乳を贅沢に使用し、クリームを加えることで濃厚でリッチなおいしさに仕上げました。口に入れたときの“とろり”としたなめらかな口どけをお楽しみください。』との事です。
京都産宇治抹茶を使用しているそうです。

底に カラメルは入っていません。
プリン自体は、モチっとしていて、滑らかですが、あっさりしていて、美味しかったです

スーパーで購入し、1つ118円でした。

「モンテール」の「抹茶黒糖ロール」

2012年7月18日(水)

モンテール」(こちら)の「抹茶黒糖ロール」(こちら)を買いました。
IMG_0758.jpg

スーパーのチルドコーナーでよく見かけるスイーツですよね。
1パック378円でした。
HPによると、「ふんわりもっちり和風仕立てのロールケーキです。オリジナルホイップに黒みつをブレンドした黒糖クリームを、ふんわりもっちり食感の抹茶生地で巻き上げました。食べやすいサイズの4カット入りです。」との事です。

中身の写真を・・うっかり撮るのを忘れて食べてしまいました・・・

既に4つにカットされているので、カットする際、バタバタになってしまう事もなく、嬉しいですよね。
ロールケーキの生地はもっちりしていて、クリームは 黒糖の風味がします。
黒糖って、やや「トゲ感」が出る時があり、私はあまり好きではないのですが、これは「風味」程度なので、食べやすく、とても美味しいロールケーキでしたよ


販売期間は、7/31までだそうですので、気になる方はお早めに・・・。

育ってます^^。

2012年7月16日(月)

先月アップ済ですが(こちら)、ゴーヤ、モリモリ育ってます
IMG_0791_20120715115051.jpg

先月のブログ(こちら)に書いた通り、去年と違って、午前中の日当たりが良い場所に植えているせいか、育ち具合がかなり大きい気がします。
売ってるゴーヤ位はありますよっ。
IMG_0792_20120715115051.jpg

続々育ってます。
IMG_0793_20120715115050.jpg

IMG_0794_20120715115050.jpg


まだまだ「小ゴーヤ」があるんで、「彼ら」の成長も楽しみです




体操・内村航平選手の「ミラクルボディー」。

2012年7月15日(日)

今月は、いよいよロンドンオリンピック開幕ですね。

体操界では、金メダル確実として、男子の内村航平選手こちら)がかなり注目を集めています。

「期待してくれていいです」とか「期待されれば、よりヤル気が出ます」とか言っちゃってますが、何が起こるか分からないオリンピック・・・。
そんな強気、聞いてるこっちが緊張するわ


体操関係では、内村選手と共に、女子の田中理恵選手(こちら)も、色々とテレビでも特集されていますが、今日の夜21:00~22:00で、NHK総合の「ミラクルボディー」(こちら)で特集があります。

「内村航平 驚異の“空中感覚”」と言うテーマで、世界中の体操関係者が口を揃えて「史上最強の体操選手」と言う内村選手の体・技を 科学的に分析した番組のようなので、興味有る方、ご覧下さい

なお、再放送は、21日(土)の25:20~26:20(夜中なんで、日時的には22日〔日〕の1:20~2:20)にあります。
見逃した方は、こちらをどうぞ。




中国・無錫 出張日記〔記事まとめ〕

2012年7月15日(日)

アップしております通り(こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら


今日は記事をまとめます。

空港・飛行機
〔行き〕
セントレアに向かっています。⇛ こちら
セントレアにて・・。⇛ こちら
では、行って参ります。⇛ こちら
ひとまず、中国・上海に到着。⇛ こちら
中国・無錫出張日記〔行きの飛行機・空港〕⇛ こちら

〔帰り〕
中国・無錫6日目⇛ こちら
中国・上海/浦東国際空港にて。⇛ こちら
中国・上海。いよいよ。⇛ こちら
飛行機が・・・。⇛ こちら
無事に帰国。⇛ こちら
中国・無錫出張日記〔帰りの飛行機・空港〕⇛ こちら

ホテル
ホテルに着いた。⇛ こちら
中国・無錫3日目⇛ こちら

食べ物
中国・無錫にて・・・。⇛ こちら
今日からお仕事・・・。⇛ こちら
中国・無錫にて(2日目終わり)⇛ こちら
中国・無錫5日目⇛ こちら
中国・無錫出張日記〔夕食の中華〕⇛ こちら
中国・無錫出張日記〔夕食の無錫料理〕⇛ こちら

買い物
中国・無錫4日目⇛ こちら
中国・無錫6日目(最終日)⇛ こちら
中国・無錫出張日記〔スーパー&コンビニ〕⇛ こちら

その他色々
中国・無錫出張日記〔街なか・色々〕⇛ こちら


今回も長々とお付き合いいただき、ありがとうございました
スーパー&コンビニで買って来た色々は、食べた後に、またアップして行きます



中国・無錫 出張日記〔街なか・色々〕

2012年7月14日(土)

アップしております通り(こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら


昨日の「スーパー&コンビニ」(こちら)に続き、今日は、昨日まででアップしていない「その他色々」です。


上海⇛無錫は高速道路で移動しました。
現地でアップ済ですが(こちら)、高速の雰囲気が、、妙に、日本の高速に似てるんですよねぇ。

看板の色合いとか、全体的な作りとか・・・。
01-無錫へ2

看板を見ると、日本には無い 中国の漢字も多いので、よく見ると、「異国」ではあるんですが・・・。
01-無錫へ3

高速の周りにも住宅があり、まぁただ、ここまでの高層マンションが延々と続く景色は、日本には無いですかねぇ。
少なくとも、北陸道には・・無い
01-無錫へ4

4車線と言う点は、日本とはちょっと違いますが(少なくとも、北陸道とは・・)、でも、雰囲気は似てますよね。
02-上海の空港へ1

料金所です。
02-上海の空港へ2

高速に乗っている時に見つけたんですが、遊園地ですかね。
観覧車が見えました。
02-上海の空港へ3-1

日本だと、観覧車の乗る所は、丸い支柱の「下」にぶら下がっていますが、ここのは「上」に乗っています。
結構怖いかも・・。
02-上海の空港へ3


これ、上海の空港に向かう途中に運転手さんが寄ったガソリンスタンドです。
06-GS1.jpg

日本のGSにもありますが、コンビニ併設です。
06-GS2.jpg

06-GS3.jpg

何故か、外で、水をケースで売っています。
06-GS4.jpg


こちら中国の「元」です。

まず、、、紙幣。
左上から、1元、5元、10元、20元、50元、100元です。
1元は、約13円位です。
08-お金1

表の男性は、毛沢東(こちら)です。
初代中華人民共和国主席で、日中戦争後の国共内戦では蒋介石(こちら)率いる中華民国を台湾に追いやり 中華人民共和国を建国した人物で、死去するまで最高指導者の地位に居ました。
現代世界史において、大きな業績を遺した人物とみなされています。

こちら裏です。
08-お金2

そして、こちらはコインです。
左から1角、5角、1元です(上が表、下が裏)。
08-お金3

1元=10角です。
1元は、コインも紙幣も両方ある訳ですが、日本にはそのような事は無いですから、珍しいですよね。

私が無錫に居て感じた物価の感覚は、食料品で言うと、日本の1/3~1/4位ですかねぇ。
ローカルのものを買うか、外国資本のものを買うかで、かなり違うのですが、ローカルのものであれば、かなり安い感覚を持ちました。
一方、日本からの輸入品、または、日本が中国で作っている「グリコ」とか「日清」などのものは、割高になって、日本で売っている価格とあまり変わらない気もします。


明日は、記事をまとめます。



出張日記まとめ ⇛ こちら




中国・無錫 出張日記〔スーパー&コンビニ〕

2012年7月13日(金)

アップしております通り(こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら


昨日の「夕食の無錫料理」(こちら)に続き、今日は、「スーパー&コンビニ」です。


「まっちゃな旅人」をよく読んで下さっている方にはお馴染みですが、旅行に行った時には、ローカルなスーパー・コンビニに行く事を楽しみにしています。

無錫でアップしております通り(こちら)、「宝龍城市広場」に行って来ました。
04-宝龍城市広場1

ここはショッピングモールで、値段は 他のショッピングモールに比べると少し高めの感があるそうですが、「パークソン(百盛百貨店)」(こちら)と言うショッピングセンター、映画館、レストラン、ファストフードも有り、かなり賑わっていました。

その中にある「カルフール(家楽福)新区宝龍店」(こちら)です。
現地では、「カルフール」では通じず、「ジャンルーフー」と言うと通じるそうです。
04-宝龍城市広場2(カルフール)

「カルフール」とは、フランス資本のスーパー・ショッピングセンターですね。
日本にも「カルフール」がありましたが、今時点では、「カルフール」と言う名前では、残ってないですよね。

以前(2006年12月)、UAE・ドバイに行った時に、ドバイ市内のショッピングセンター「CITY CENTER」(こちら)内の「カルフール」に行った事があります(こちら)。

こちら店内です。
日本にはあまりないですが、海外に行くと、この手のエスカレーターってよくありますよね。
04-宝龍城市広場2(カルフール)3

無錫でアップしております通り(こちら)、「カルフール」内、至る所に店員さんが居て、店内の写真は、残念ながら撮れませんでした

無錫でアップしております通り(こちら)、「カルフール」内には、電化製品、生活雑貨、食品は、お菓子、飲み物、肉・魚、野菜、果物、米、調味料、乳製品、パン、冷凍食品、ケーキ、アイス等々、日本のスーパーと変わらない品揃えで、品揃えは、かなり豊富で、売り場面積も、かなりな広さがありました

フランス資本とは言え、置いてあるものは、ローカルメーカー中心で、アジアのスーパーだと、日本の食品もかなりあったりしますが、この「カルフール」は、ローカルのものが大半をしめていました。

お客さんも、ほとんどがローカルで、私達みたいな外国人には、見る限りでは、遭遇してないです。


そして、こちらは、ローカルのスーパー「天恵超市」です。
05-天恵超市01

朝の8時前には普通に営業しており、ローカルな方々で賑わっていました。
こちらは店内を色々撮れたので、アップします。
「カルフール」より、かなりガチャガチャしていました。
05-天恵超市02

こんな風にケースに入ったままで、欲しいだけ取って行くスタイルです。
05-天恵超市03

卵なんですが、ちょっと普通の生卵じゃない感じ・・
詳細は不明・・。
05-天恵超市05

これ、「中国っぽいなぁ」と思ったものなんですが、こんな風に、普通に「皮」や「生麺」が並んでで、お客さんが好きなだけ、袋に入れてました。
ただ、フタ付きケースでもないし、そのまま置いてあるんで、数時間後には、カピカピになってそうですが
05-天恵超市04

こちらはインスタント麺のコーナーです。

05-天恵超市08

お菓子コーナーです。
下の方の青いものは、「オレオ」(こちら)です。
日本にはない形状・味もありましたねぇ。
05-天恵超市07

クラッカー系です。
05-天恵超市06

スナック菓子の袋入りコーナーです。
ちょっとボケましたが・・。
05-天恵超市09

ドリンクコーナーです。
05-天恵超市10

05-天恵超市11

こちらは本当に普通のローカルの方々が行っているスーパーだと思うのですが、お値段設定も、無錫滞在中で見た中で一番安かったです。
水(500ml)は、1元(日本円で約13~14円)だったんで、今まで買った中では、一番安いかったです。


こちら、無錫市内にあったコンビニ「喜士多」(こちら)です。
08-コンビニ

2006年に上海に行った時(こちら)、上海市内には、「ローソン」(こちら)、「ファミリーマート」(こちら)がありました(こちらこちら)。
私の行動範囲にあったコンビニは、この「喜士多」だったんですが、上海から車で2時間強の無錫には、まだ「ローソン」、「ファミリーマート」は無いみたいですね
これだけ大きな都市で、日本企業も多いですし、近い内に、出来そうですね。

なお、「喜士多」の中は、普通の日本のようなコンビニです。


色々買って来た食べ物は、食べた後にアップして行きたいと思います。



出張日記まとめ ⇛ こちら



中国・無錫 出張日記〔夕食の無錫料理〕

2012年7月12日(木)

アップしております通り(こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら


昨日の「夕食の中華」(こちら)に続き、今日は、「夕食の無錫料理」です。


5日目の夜、「無錫料理」を食べに行きました。
職場のローカルスタッフより、「ドンナリョウリガ タベタイデスカ・・」と聞かれ、この先も 多分、、食べる機会は無いであろう「無錫料理」にしました。

「無錫料理」のイメージって、全く無いですよね。
中国には「北京料理」、「四川料理」、「広東料理」等など、沢山の地方の料理ありますが、海に近い方は、辛さ控えめ、色も白っぽい、内陸に行くに従い、味が濃く、辛く、色も茶色くなると言うイメージがあり、無錫は上海に近いので、色は白なのかな・・と想像する位で・・。
で、「無錫料理は甘辛い味が特徴」との事です。


行ったのは、「無錫八百伴(ヤオハン)」7階にある「外婆家」(こちら)という中華料理店です。
02-食事5日目-01

02-食事5日目-02

「八百伴」(こちら)は、元々は日本のお店ですよね。
私は行った事は無いですが、世界に何店舗もありますよね。
こちらの「無錫八百伴」、店内も かなりキレイで清潔感があり、ブランド店も沢山ある オシャレなデパートと言う雰囲気でした。

「外婆家」、、、どう言う意味なんでしょうかねぇ。
02-食事5日目-03

個室で、円卓を2テーブル使いました。
02-食事5日目-04

真ん中にあるのは、梨とマンゴーのフレッシュジュースです。
「すりつぶしたまま」と言う感じで、果実たっぷりで、美味しかったです。
02-食事5日目-05

「中国では、食べきれない位に出すのがおもてなし」と言うのを まさに体験しました。
次から次へと、出て来る出て来る、、、
ドドンとアップします。

最初にテーブルに置いてある 前菜的な料理です。
「ピータン」に辛いソースがかかったものです。
02-食事5日目-06

何の魚かは分からないですが、蒸し物です。
ちょっと癖がある感じの魚かな・・とは思いました。
02-食事5日目-07

鶏もも肉の蒸し物です。
02-食事5日目-08

コリコリした中華クラゲのような酢の物です。
02-食事5日目-09

米粉か何かの麺です。
うどんよりも固く、初めて食べる食感でした。
02-食事5日目-10

魚の燻製のようなものです。
02-食事5日目-11

普通のシーザーサラダです。
野菜不足になっていたので、モリモリ食べました。
02-食事5日目-12

牛肉の茹でたようなものです。
パッと見では気づかなかったですが、食べたらピリっと辛かった。
02-食事5日目-13

殻付きエビの唐揚げです。
想像する通りの味です。
日本でもよくありそうなもので、これは全く違和感無く食べれました。
02-食事5日目-14

アサリのピリ辛蒸しです。
見た目の通り、かなり辛い・・。
02-食事5日目-15

羊肉のスパイス焼きです。
中近東で食べた味がしました。
スパイスがかなり効いていますが、羊の臭みみたいなものは残ってました。
02-食事5日目-16

小エビの炒め物です。
これ、食べるの忘れましたので、味は不明・・。
02-食事5日目-17

これが出て来た時に、ローカルの方が「これは無錫料理です」と言ってました。
多分、、ですが、甘辛く煮た豚肉で、食べると、繊維にそってホロホロと崩れる感じです。
濃い味でしたねぇ。
02-食事5日目-18

これ、食べるの忘れましたので、素材&味は不明・・。
02-食事5日目-19

ヒラメのような白身魚を揚げてネギ油のようなものがかかってました。
身は、もっちり濃厚な食感でした。
02-食事5日目-20

突然出て来たデザートです。
モチモチした甘いお餅のようなものに、ナッツ系の細かいものがまぶしてあります。
02-食事5日目-21

デザートが出て来たので終わりかと思ったら、まだまだ続きました

多分、、、ですが「無錫排骨(むしゃくはいこつ、ウーシーパイグー)」と言うもので、豚の骨付きばら肉を甘辛く煮た中華料理で、無錫料理の代表のようです。
スペアリブのようなイメージです。
02-食事5日目-22

こちら、「カエル肉」のスープと言うか、蒸し煮のようなものです。
鶏モモ肉を もっと柔らかくしたような食感でした。
02-食事5日目-23

貝の蒸し物です。
何の貝かは分からないです。
02-食事5日目-24

茶碗蒸しです。
02-食事5日目-25

インゲンの炒め物です。
日本でも出て来そうな違和感の無い味です。
02-食事5日目-26

「清香豆花羹(Scent bean cud pudding soup)」と言う 豆腐のさっぱり中華スープです。
とろみがあって、「辛くない麻婆豆腐」をまろやかに薄めた感じで、飲みやすいスープです。
02-食事5日目-27

最後です。
温かいデザートスープです。
小さな白玉が入っていて、黄色いものは何かわかりませんでしたが、卵スープに入っているとき卵のような食感でした。
すいかが温かくなってました
02-食事5日目-28


食べた事の無いもの、また、日本で食べる中華料理には無いものが割と多く、これが「無錫料理」なのか、「本場の中華」なのかは分からないですが、なかなかパワーのあるお料理でしたねぇ
そして、この量は、さすがに、、、食べ切れん・・

なお、このコースのお値段ですが・・。
15人で1,680元でした。
日本円で21,840円位ですかね。
この日の人数が15人でしたので、1人1,500円位です。
安いですねぇ
日本でこれ位だと、4~5,000円はしますよね


食べた帰り、通りを歩いてる途中に撮りました。
ま、ボケましたが・・・。
無錫のネオンは、基本的に派手です。
05-通り(その他)1

こちらは一方、お店に入る前に撮った通りの写真。
日本と変わらない街の風景です。
05-通り(その他)4



出張日記まとめ ⇛ こちら





中国・無錫 出張日記〔夕食の中華〕

2012年7月11日(水)

アップしております通り(こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら


昨日の「帰りの飛行機・空港」(こちら)に続き、今日は、「夕食の中華」です。


着いて2日目、会社1日目の夜、職場の日本人出向者と一緒に、中華を食べに行きました。
こちら「匡記餃子」です。
01-食事2日目-01

ここは、無錫市新区こちら)と言う 地方行政区で、日本を始め、多くの海外企業が進出しているエリアにある「暇日広場」にある水餃子のお店です。
メニューには 色々な種類の水餃子があり・・と言う話ですが、メニューが完全に中国語なので、私はさっぱり分からず、会社の日本人出向者の方にお任せしました

水餃子の種類には、セロリ、白菜、ニラ、椎茸、えのき、豚肉等があるそうです。
餃子以外のメニューも沢山あり、中華料理の為、割と油っこかった印象がありますが、思うよりは 食べやすかったとは思います。
私が行った時には、周りは中国人の方ばかりのように感じましたが、日本人の間では、結構人気のお店だそうで、平日のお昼時になると、満席になる事もよくあるそうです。

テーブルには、コップ、皿等がこんな感じで「キレイにしてありますよ」的なパッケージになっていました。
01-食事2日目-02

ま、だからと言って、キレイになっているか・・は分からないとの事ですけどね

ネギ系の葉っぱの炒めものです。
割と「辛味」もある葉っぱでした。
01-食事2日目-03

セロリ、きくらげ、タケノコの炒め物です。
「赤いもの」があるので、パプリカかと思ったら、ぶつ切りの唐辛子でした
01-食事2日目-05

「酸辣湯」のスープです。
日本でもお馴染みの味付けで、コショウが割と効いたタイプです。
01-食事2日目-06

で、こちらが水餃子です。
豚肉系ですかねぇ。
01-食事2日目-04

こちらは、ちょっと肉の味が違いました。
さっきのよりは「肉っぽい感じ」の肉です。
01-食事2日目-07

揚げた豚肉に 濃いあま~いタレのかかったあんかけのようなものです。
黄色いのはパイナップルです。
01-食事2日目-08

一方、こちらは多分、鶏肉の揚げたものに 醤油系ベースのタレのかかったあんかけです。
01-食事2日目-09

スイカです。
01-食事2日目-10

味は美味しかったです
揚げたお肉のあんかけ風のものは、甘~かったり、衣が「かなり油吸ってそう」だったりして、若干、「濃ゆい感じ」&「たくさん一気には食べれない感じ」&「ご飯と一緒に食べたい気分になる感じ」はしましたが、水餃子は、皮がモチモチ・プリプリしていました
店内はローカルの方が多く、彼らの喋り口調は 日本人からすると「ガチャガチャ」してるようにも聞こえますし、店内はかなり賑やかな印象を受けましたよ。


なお、このお店がある「暇日広場」では、色んなイベントも催されているようですね。
こちら一帯は、日本料理屋、韓国料理などの飲食店が多く集まっている「無錫新天地」と言う地区です。
03-街中(日本レストランの集まっている地区)4

老若男女が 何故かダンスを毎日・・・。
週末とかじゃなく、毎日してるんです。
03-街中(日本レストランの集まっている地区)3

普通、この手の広場でダンスと言えば、日本だと、20代の方々が多いですが、ここは本当に色んな世代の方々が 色んなダンスをしていました。
お祭りとかじゃないみたいで、会社の日本人出向者いわく、「よく分かんないですが、毎日やってます」との事です。

03-街中(日本レストランの集まっている地区)1

03-街中(日本レストランの集まっている地区)2

「J's」と言う 日本食を扱っているお店です。
中に入りましたが、やっぱり少し割高です。
03-街中(日本レストランの集まっている地区)5

こんな風に 日本語の看板がズラリと並び、まさに、日本の飲み屋横丁を彷彿とさせる通りです。
日本のサラリーマンが普通に歩いてそうですよね。
03-街中(日本レストランの集まっている地区)6

初日は、この横丁風の中の「居酒屋」に行き、何故か、「肉じゃが」とか「冷奴」とか食べましたけどね


私、広場で夜な夜な毎日ダンスを繰り広げるこのローカルの方々を見て、「ここはかなり治安が良い街だな」と思いましたねぇ。
大人だけじゃなくて、小さい子供が 夜でも走り回ってますし。



出張日記まとめ ⇛ こちら



中国・無錫出張日記〔帰りの飛行機・空港〕

2012年7月10日(火)

アップしております通り(こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら


昨日の「行きの飛行機・空港」(こちら)に続き、今日は、「帰りの飛行機・空港」です。


現地でもちょいちょいアップしていました。
中国・無錫6日目。⇛ こちら
中国・上海。いよいよ。⇛ こちら
飛行機が・・・。⇛ こちら
無事に帰国。⇛ こちら

ですので、これ以外の内容をアップして行きます。


こちら、上海の浦東国際空港(こちら)です。
タクシー内から撮影したので、ちょっと見えづらい構図ですが・・・。
04-復 上海へ03

04-復 上海へ04

こちらでタクシーを降りました。
05-復 上海_浦東国際空港02

05-復 上海_浦東国際空港03

こちら乗る飛行機です。
ANA便です。
愛知県の中部国際空港(こちら)、通称「セントレア」行きです。
05-復 上海_浦東国際空港16


で、、、無事に機内に入り、スタンバイも終えて、後は飛び立つだけ・・・と言う状況だったのですが・・。
「飛行機が・・・。」と言う記事でアップ済ですが(こちら)、このまま飛行場にとどまる事、2時間半・・・。

機長からの連絡では、「出発する飛行機がたくさんで、混んでるから」と言う事で、機内に軟禁状態のまま、閉じ込められました。
機長のアナウンスの後に滑走路を見てみたら、こんな風に、「待機中」の飛行機が並んでました。
05-復 上海_浦東国際空港17

浦東国際空港の規定なのか、世界的な規定なのかは分かりませんが、離発着の時間は10分開けないといけないとの事で、最初アナウンスがあった時には、「最低1時間は遅れる&但し、いつ飛ぶかも未定」との事でした。
そこまで遅れるのが分かってるんだから、機内に入る前に教えてくれよと思いますけどねぇ

で、会社の人に「遅れています」の報告メール書いたり(機長からのPRで、「機内での携帯電話の使用は許可します」との事で使ってました)、本を読んだりしてて、飽きて来たので寝たんですが、気づいたら、飛び立ってました


そして、機内食はこちらです。
炊き込みご飯、煮物、前菜(みたいなもの)、山菜の炒め煮(みたいなもの)、茶そば、チョコレートです。
06-機内食1

炊き込みご飯は、「揚げ」入りでした。
06-機内食2

昨日のブログにも書いていますが(こちら)、私は機内食が苦手で、食べると、何故か毎回、吐いてしまうんですが、今回はセントレアまでと短い事と、行きも大丈夫だった事、国内航空会社の機内食で、妙に美味しそうだったので、少し、様子を見ながら、食べてみました。
全部食べると危険そうなので、2/3位食べました。
結果、大丈夫でした


機内から夕日を撮ってみました。
07-機内1

着陸も近い時間に撮りました。
写真では見えてないかも知れませんが、陸地も少し見えています。
07-機内2

到着の案内板です。
一番上が私が乗っていた便です。
16:40着予定が 18:37着になりました。
08-セントレア1


ホントは、16:40にセントレアに着いて、空港内で夕食食べたり、足ツボしたりしてから帰ろうと思っていたんですが、到着後、そのままJR名古屋駅直行と言う形になってしまいました



出張日記まとめ ⇛ こちら


中国・無錫 出張日記〔行きの飛行機・空港〕

2012年7月9日(月)

アップしております通り(こちら)、わたくし、先月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら

6/29(金)の夜に自宅に着き、翌週は 仕事もバタバタし、このブログも しばしお休みをいただいておりましたが、今日から再開したいと思います。


今回、愛知県の中部国際空港こちら)、通称「セントレア」から上海に向かいましたが、今日は、行きの空港・飛行機関係の記事をアップしたいと思います。

空港でもちょいちょいアップしていました。
セントレアに向かっています。⇛ こちら
セントレアにて・・。⇛ こちら
では、行って参ります。⇛ こちら
ひとまず、中国・上海に到着。⇛ こちら

ですので、これ以外の内容をアップして行きます。


まず・・・。
セントレアにて・・・。

こんな朝ごはんを食べました。
おかゆと麺の店 粥餐庁』(こちら)です。
全国に6店舗あるお粥のお店です(こちら)。
01-セントレア10

「蒸し鶏のさっぱり梅肉ソースのお粥」をいただきました。
01-セントレア11

「セントレア」には「ちょうちん横町」のような雰囲気で、飲食店が並んでいます(こちら)。
この辺は、関西国際空港(こちら)とは かなり違う雰囲気です。


こちら、乗る飛行機の載っている掲示板です。
上から7行目のANAの上海便です。
01-セントレア02

英語版。
01-セントレア01

こちら搭乗口まで来ました。
01-セントレア12

こちら機内食です。
日本の航空会社(ANA便)と言う事で、安心出来る&お馴染みな味が想像出来る見た目ですね。
左から、シーフードドリア、サラダ、魚介のマリネ、スイーツ、パンです。
02-機内食1

シーフードドリアをアップに・・。
エビ、ホタテ、イカなどが入っており、下はケチャップライスです。
02-機内食2

デザートは、抹茶のカップケーキです。
「まっちゃな旅人」としては、嬉しいスイーツです
02-機内食3

このブログでもアップ済ですが、私は機内食が苦手で、食べると、何故か毎回、吐いてしまうんですが、今回は上海までと短い事と、国内航空会社の機内食で、妙に美味しそうだったので、少し、様子を見ながら、食べてみました。
全部食べると危険そうなので、1/3位食べました。
結果、大丈夫でした


セントレア⇛上海、2時間半位だったのですが、近いですねぇ・・・・・。



出張日記まとめ ⇛ こちら


Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索