FC2ブログ

Entries

成田空港にて。

2012年12月28日(金)

今日の夜中にアップしました通り(こちら)、わたくし、今年の年末年始はトルコ・イスタンブールこちら)で過ごします。

アップ済みですが、今朝、リニューアルした東京駅を見て来て、今は、千葉の成田国際空港こちら)におります。




海外旅行は 毎回、大阪の関西国際空港(こちら)から出発する事がほとんどで、成田空港は滅多に来ないですが、今回は、「トルコ航空」(こちら)の直行便の便数が多い 成田空港にしました。

夜中のメールで書いた通り、トルコ航空は、前回のトルコの旅でも乗りましたが、なかなかな航空会社で、「スカイトラックス社」の選ぶ「2010年 エコノミークラスの最高のもてなしを提供する航空会社ランキング」で「世界で最高のもてなしを提供する航空会社」 として第1位に輝いています(こちら)。
また、同じく「スカイトラックス社」の「2012年 エコノミークラスの機内食ランキング」では2位を獲得しています。


チェックインも済んたので、今は友達とお茶してます。

こちら飛行機チケットです。


成田発12:55で、イスタンブールまでの飛行時間は 12時間15分です。
12時間超の飛行時間は かなり久しぶりなので、多少の気合を入れています


では、行って参ります。
もしかして、現地でアップするかも知れませんが、一応・・・、年末最後のアップと言う事で・・・。

みなさん、今年も読んでいただいてありがとうございました。
来年もよろしくおねがいします。



スポンサーサイト



東京に向かっています。

2012年12月28日(金)

ただ今、AM2時でございます
わたくし、東京に向かう高速バスの中です。
IMG_2320_20121223133452.jpg

毎年、年末年始は 海外で過ごしますが、今年は トルコ・イスタンブールこちら)です。

トルコに行くのは、2回目です。
以前行った時には、トルコの周遊で、イスタンブール(こちら)の他に、世界遺産の奇岩地帯「カッパドキア」(こちら)、同じく世界遺産の石灰棚の「パムッカレ」(こちら)、都市遺跡「エフェス」(こちら)等々を回る8日コースでした。
ま・・、最終日、飛行機が飛ばす、結局、9日間のツアーでしたが・・。

過去にこんな記事もアップしています。
トルコ旅行記①『憧れのトルコに・・・』 → こちら
トルコ旅行記②『観光編【イスタンブール〔1〕】』→ こちら
トルコ旅行記③『観光編【イスタンブール〔2〕】』→ こちら
トルコ旅行記④『観光編【その他地域】』→ こちら
トルコ旅行記⑤『食べ物【料理編】』→ こちら
トルコ旅行記⑦『ちょっとしたトラブル・・・?』→ こちら
海外のお土産《32》【トルコ】(1)「キリム」のバッグ → こちら
海外のお土産《33》【トルコ】(2)「キュタフヤ陶器」のコーヒーカップ → こちら
海外のお土産《34》【トルコ】(3)「チャイグラス」→ こちら
海外のお土産《35》【トルコ】(4)「ボンジュウ」→ こちら
海外のお土産《36》【トルコ】(5)「カッパドキア」のオブジェ → こちら
海外のお土産《37》【トルコ】(6)「トルコ絨毯」→ こちら
トルコの切手 → こちら

私のトルコへの思いは、「トルコ旅行記①『憧れのトルコに・・・』」(こちら)を読んでみて下さいな。

今回、2回目な訳ですが・・。
私、「もう1回、トルコに行ってみたい」とずっと思っていたのですが、でも、仮に一緒に行く人が「初めてのトルコ」だったとしたら、「やっぱり周遊がいいのでは・・」と思っていて、仮に2回目に行く事があれば、それは、一緒に行く人も2回目か、それか1人だな・・って思ってました。
今回一緒に行く友達は、毎年一緒に行っている人なのですが、日程の関係上、周遊は無理で、でも、イスタンブールには行ってみたいとの事で、私の2度目のトルコが実現しました

イスタンブールは トルコの首都ではありませんが、・・、そう、ここみなさんが意外と思い違いしている所で、トルコの首都は 内陸にある「アンカラ」(こちら)と言う街です。
アンカラには イスタンブールの1/4程度の人口しか住んでいませんが、れっきとした首都です。

話をイスタンブールに戻し・・・。
イスタンブールは 世界で唯一、アジア(アナトリア半島)側とヨーロッパ(トラキア地方)側の両方の2大陸にまたがっている都市です。
世界遺産も多く、「スルタン・アフメット・ジャーミー(通称:ブルーモスク)」(こちら)、「アヤソフィア」(こちら)、「トプカプ宮殿」(こちら)、「地下宮殿」(こちら)を含んだ「イスタンブール歴史地域」が世界遺産指定を受けています。
また、「グランドバザール」(こちら)、「エジプシャン・バザール」(こちら)などのバザールも有名ですし、世界3大料理の1つに数えられているトルコ料理、また、最近人気の可愛い雑貨等々、楽しめるスポットの多いイスタンブールです。

私は前回、観光地はひと通り回っていますが、今回はそれに加え、もっと地元民ちっくな旅をしたいと思っています。


なお・・・。
今回は、ツアーではなく、自分達で 飛行機とホテルを取っています。
ホテルはネットで色々と見て、2箇所、宿泊します。

その内の1つは「ペラパレスホテル」(こちらこちら)と言うホテルです。
こちらは、100年以上前の1892年に建てたれたもので、欧州を走る「オリエント急行」(こちら)の最終駅・シルケジ駅を降りた 上流階級の乗客達が宿泊する為に建てられ、作家 アガサ・クリステイ(こちら)や 『誰がために鐘は鳴る』&『老人と海』で有名な作家 アーネスト・ヘミングウェイ(こちら)、スウェーデン生まれのハリウッド女優 グレタ・ガルボ(こちら)、アメリカ大統領夫人 ジャクリーヌ・ケネディ(こちら)、歌手のフリオ・イグレシアス(こちら)、また、1923年にトルコ共和国が建国されましたが、その立役者である トルコ建国の父であり、初代大統領である ケマル・アタテュルク(こちら)、各国王室関係等、著名な人々が利用した由緒あるホテルです。
アガサ・クリステイは、ここを定宿としており、あの『オリエント急行殺人事件』(こちら)もこのホテルで執筆したそうで、その部屋は「アガサルーム」として残されています。
格式がありながら、トルコ人特有の優しい対応が心地よい、老舗のホテルです。
日本で言うと、東京の「帝国ホテル」(こちら)のようなホテルですかね。

そんな由緒あるホテルに宿泊出来るのは・・・、本当に楽しみです
まぁただ、今回、全部でホテルには5泊するんですが、5泊全部を「ペラパレスホテル」にすると、とんでもなく高額になるので、2泊だけにして、3泊は別のホテルにします


あ、そうそう。
私はいつも 大阪の関西国際空港(こちら)から出発する事がほとんどですが、今回は、千葉の成田国際空港こちら)です。

飛行機チケットを取る時に、関空発で探していたのですが、日程の関係上、関空→イスタンブールの直行便が無く、乗り継ぎしか無かったんですが、その乗り継ぎも どれもちょっと不便で・・。
って事で、国内で移動してしまって、成田から直行便で行けばいいのでは・・と言う事になり、成田→イスタンブールの「トルコ航空」(こちら)直行便で取りました。
お値段も 年末年始の割に 意外とお得だったので

トルコ航空は、前回のトルコの旅でも乗りましたが、なかなかな航空会社で、「スカイトラックス社」の選ぶ「2010年 エコノミークラスの最高のもてなしを提供する航空会社ランキング」で「世界で最高のもてなしを提供する航空会社」 として第1位に輝いています(こちら)。
また、同じく「スカイトラックス社」の「2012年 エコノミークラスの機内食ランキング」では2位を獲得しています。

成田発12:55で、イスタンブールまでの飛行時間は 12時間15分です。
12時間超の飛行時間は かなり久しぶりですねぇ


って事で、そんなこんなで 東京に向かっています。
東京駅に着いて、そこから、「成田エクスプレス」で成田空港に向かいます。

なお、東京駅で、今年9月に新しくなった東京駅舎(こちら)でも見て来ようと思います。

では、また後で・・・・。








鯖江市「スイーツ&カフェBlanc Yamahatsu」に。

2012年12月27日(木)

鯖江市「スイーツ&カフェ Blanc(ぶらん) Yamahatsu」(こちら)に行きました。

こちらに来るのは3回目です。
お店の詳細は 以前のブログを見て下さい
前々回のブログ → こちら
前回のブログ → こちら

今回はこちらをいただきました。
IMG_2253.jpg

和栗のロールケーキです。
IMG_2255.jpg

ロールケーキの中のクリームにも 栗の角切りが入っていて、上に モンブランの上にのっているような 栗の長細い裏ごし がのっていて、そして、最後に、栗の甘露煮がのっています。
栗・栗・栗です。

こちらはお友達の 何故かここで「抹茶セット」
IMG_2256.jpg

生菓子は 季節感を表現しているものが多いですが、これは何ですかねぇ
IMG_2258_20121222194751.jpg

私、生菓子が好きなんで、実は これもちょっと食べてみたかった


★スイーツ&カフェ Blanc Yamahatsu
住所:福井県鯖江市丸山町2-7-13
TEL:0778-42-8575
営業時間:10:00~20:00(L.O19:00)
定休日:火曜日

鯖江市「ビリオン珈琲」でランチ。

2012年12月26日(水)

鯖江市「ビリオン珈琲」(こちら)で、ランチしてきました。
IMG_2276_20121222195903.jpg


「ビリオン珈琲」、ここの 福井市の開発店(こちら)には、以前に4回行っています。
こちらこちらこちらこちら

鯖江店(こちら)は、今年の9/5にオープンしました。
いっつも車がたくさん停まっていて、混んでるみたいですねぇ。

店内は 開発店同様、オープンな雰囲気で、清潔感のある おしゃれな感じです。
座席数は104席で、座敷もあるそうです。

私達は壁に向かった横並びの席でした。
こちら壁。
IMG_2270.jpg

ランチメニューは色々あります(こちら)。
IMG_2272.jpg

こちら秋限定ランチメニュー。
行ったのは 10日程前でしたが、まだ「秋メニュー」健在でした。
IMG_2267.jpg

どれも惹かれましたが・・。
こちらにしました。
「完熟トマトのリゾットランチ」(980円)です。
IMG_2269_20121222195908.jpg

サラダ、ハッシュドポテト、ドリンク付きです。
・・と言うか、料理、中身、並び、皿柄等、ほぼ写真と一緒で出て来た・・。
IMG_2265_20121222200723.jpg

ポルチーニを使ったトマトソースだそうです。
ポルチーニは、イタリア料理でよく使われるキノコです。
IMG_2266.jpg

なお、こちらでは モーニングもあります。
ドリンクの注文で クロワッサンかトーストと ゆで卵が付いて来ます。
IMG_2274.jpg

居心地も良さそうですし、また行ってみたいと思います。


★ビリオン珈琲 鯖江店
住所:福井県鯖江市小黒町3丁目901
電話番号:0778-53-1111
営業時間:7:30~24:00
定休日:年中無休


越前市「福井酒家 五膳屋」に夕食

2012年12月25日(火)

越前市「福井酒家 五膳屋」(こちら)に夕食を食べに行きました。
IMG_2277_20121222192035.jpg

出来て、まだ数ケ月の新しいお店です。

店内は「ちょっとこじゃれた居酒屋風」と言う感じですかね。
カウンターが4~5席と、靴を脱いで上がるテーブル席6~7個あります。
IMG_2279.jpg

こちらの「6品2,500円」にしました。
IMG_2291_20121222192037.jpg

マリネと言うか南蛮漬ですかね。
下にお魚の揚げたものがあります。
IMG_2280_20121222192157.jpg

刺身4種です。
甘エビ、ブリ、マグロ、鯛・・とかですかね。
IMG_2283_20121222192159.jpg

鍋です。
下にお魚があって、豆腐、えのき、人参、ネギ、春菊他です。
IMG_2285.jpg

焼き魚です。
ムツですかね。
横の昆布の佃煮、思いの外、わさびが利いていてビックリ
IMG_2287.jpg

天ぷらです。
エビ、ナス、ししとう、一番下のは何だったかなぁ・・・。
IMG_2289.jpg

おろしそばです。
IMG_2292.jpg

なお・・。
7品3,000円になると、これに デザートが付くそうです。

美味しくいただけました。
「居酒屋」と言うよりも 多少、ちょっとしたカジュアルな小料理屋さんにも少し近い感じで、大人の方でもゆっくりと食事を楽しめるお店かなと思います。
ランチもあるので、また、昼に行くのもいいですね。

何故か最初に「おしぼり」が出て来ず、後半になって「おしぼりいただけますか」とお願いしたら出て来ました。
また、この「宴会コース」、オーダーしたら、「予約のみです」と言われたのですが、「予約した時には そんな事言ってなかったけど・・」と思っていたら、その後、「やっぱり大丈夫です」と言われました。
ちょっと しっかりとは思いましたが、ま、「もう来ない」と思う程では無かったですがね。


★福井酒家 五膳屋
住所:福井県越前市上太田町29-15-1 カワイビル1階
TEL:0778-25-4455
営業時間:11~14時、17~23時
定休日:火曜日


鯖江市のイタリアン「caffe il REGALO(カッフェイルレガーロ)」

2012年12月24日(月)

鯖江市のイタリアン「caffe il REGALO(カッフェ イル レガーロ)」(こちら)にランチに行って来ました。

住宅地の中にある 白い建物のお店です。
店内も、白をベースにした コンクリートづくりのお店で、清潔感がありました。

1年半前位にも行った事があります。
お店の外観は、前回のブログを見て下さいませ。
こちら

今回は4人で行ったのですが、1人1,800円のコースにしました。

まず、前菜盛り合わせ。
IMG_2232_20121222184015.jpg

エビとイカ、ホタテのマリネです。
IMG_2234_20121222184017.jpg

キッシュです。
IMG_2235_20121222184018.jpg

鴨です。
ソースはバルサミコ酢ベースですかね。
IMG_2236_20121222184020.jpg

冷たいじゃがいも(確か・・ですが)のスープです。
IMG_2238_20121222184022.jpg

パスタは3種類の中から2種類選べ、私達はこちらを・・。
ラザニアです(写真は4人分)。
IMG_2239_20121222184219.jpg

そしてこちらは アサリと白菜のアーリオ・オーリオです。
「アーリオ・オーリオ」とは、ニンニクをオリーブ-オイルに入れ、弱火で加熱して香りと風味を移したものです(こちら)。
IMG_2245.jpg

こちらリゾットです(写真は4人分)。
ムール貝と小松菜のクリームリゾットです。
IMG_2244.jpg

ピッツァです(写真は4人分)。
何だったけな、、、トマトベースのピッツァでした。
IMG_2241_20121222184223.jpg

自家製パンです。
IMG_2240_20121222184221.jpg

こちらデザートです。
IMG_2246_20121222184822.jpg

ティラミスです。
IMG_2248_20121222184824.jpg

パウンドケーキとバニラアイスです。
IMG_2250.jpg

ドリンクは、ホットコーヒーにしました。
IMG_2251.jpg


私は 若干 薄味好きなので、ピッツァとラザニアが ちょっと味が濃かったかなとは思いましたが、色々と食べれて、盛りだくさんで楽しめました。


前述の「1年半前に行った」ですが、その時には、オープンしたてで、お店のスタッフさんも若干、まだ慣れていない感じもしたのと、あと、私達に料理を運んで下さるスタッフさんのエプロン下が あまり清潔感の無いジーンズだったので、それがどうなったのか・・と言うのも観察しました

その点は、今回はあまり気にはならなかったですかね。
料理も1つ1つ説明していただきましたし。


★caffe il REGALO(カッフェ イル レガーロ)
住所:福井県鯖江市吉江町411-1
電話:0778-29-1823
定休日:火曜日
営業時間:10時~22時
 ランチタイム→11:30~14:30
 ディナータイム→18:00~22:00





谷原章介さん主演舞台「こどもの一生」を観劇

2012年12月23日(日)

先週の日曜日(16日)、越前市の「越前市文化センター」(こちら)で 舞台「こどもの一生」(こちら)を観劇して来ました。
photo-kodomo2.jpg

IMG_2313_20121222175024.jpg

この作品は、2004年に亡くなった 小説家・戯曲家である 中島らも さん(こちら)の本で、主演は 谷原章介さんこちら)、共演に中越典子さんこちら)、鈴木砂羽さんこちら)、そして、我らがTEAM NACS(こちら)の戸次重幸さんこちら)が出演です。

「こどもの一生」は、1990年、演出家G2(こちら)が、当時 小説家として飛ぶ鳥を落とす勢いであった 中島らも さんに「今と言う作品を切り取った舞台脚本を書いて欲しい」と依頼したのが始まりだそうです。
中島らもさんは、当時、時代のキーワードとなっていた「テクノストレス」「精神カウンセリング」「ヴァーチャル・リアリティ」と言ったテーマを組み込み 本作を創作したそうです。
初演は1990年7月です。
今回の再演では、「リメイク版」として、現代の上演にあわせた脚本改訂を行い、演出は 初演と同じくG2が担当し、新しい「超一級のB級ホラー作品」が再び誕生したそうです。


戸次重幸さん、、、いや、シゲちゃんが わざわざ福井にお越しいただけるとなれば、行かない訳には行きませんねぇ

参考ですが・・。
なお・・・、「TEAM NACS」の舞台は、過去に2回見ています。
2009年「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」(こちら)。その時の記事は⇒こちらこちら
2012年「WARRIOR ~唄い続ける侍ロマン>」(こちら)。その時の記事は⇒こちらこちら


ストーリーはこちら・・。
舞台は、瀬戸内海に浮かぶとある小さな島。
登場人物は、そこで隔離状態にされた「ストレス障害」患者達と治療スタッフ2人。
個性的な患者達に混じり、島の開発を目的に 患者に成り済まし 潜入した開発会社社長・三友とその秘書・柿沼。
ストレス治療の為に「こども返り」してゆく患者たち。
こどもになった患者たちはひょんな事から「山田のおじさんごっこ」という遊びを始めるが・・・。
それは、恐怖の始まりだった。



感想ですが・・。
私、中島らも さんの作品は 読んだ事が無いのですが、テレビ情報から伝わる感じでは、「ちょっと変わった人」と言う印象が かなり強く、それっぽい個性的なストーリーの舞台と言う感じですかね。
設定自体も変わっていて、最後、「そう言う事なの・・」と言うエンディングでしたね。


今回、初めて、谷原章介さんを生で見ました
テレビで見るのと同じ、爽やかで、背も高くてカッコよくて、シュッとした方でしたねぇ
最後、カーテンコールで、キャスト1人1人が話をしたんですが、谷原章介さんは「ブランチで~す」と言ってました。

そして、笹本玲奈さん(こちら)は、「昨日、初めて『越前ガニ』を食べました~」と言ってました。
笹本玲奈さんのブログに、公演後のJR武生駅での写真が出てました。
こちら
写真の後ろに写ってる建物、、、「アルプラザ武生」ですねぇ
お見送り、行けば良かったなぁ・・。

そして、TEAM NACSの舞台ではないシゲちゃんを見るのは新鮮でしたが、シゲちゃんも相変わらず イケメンで
挨拶の最後は シゲちゃんだったのですが、ひときわ「シゲちゃ~ん」の声援が多く、TEAM NACSのファンの方が多く来ていたんだなぁって思いました。

私、「シゲちゃ~ん」と張り切って叫ぶ意気込み満載で行ったのですが、私の声が全然届かない位の声援の多さで・・・。
翌日のシゲちゃんのツイッターを見たら、「随分多くのNACSファンの方々が劇場に足を運んでくれた」と書いてあった(こちら)ので、福井公演でもそうだったと言う事ですね。
こんな地方都市でもシゲちゃんを応援に たくさんの方々が来られている事に、ちょっと嬉しく思いました

ま、その声援の多さのせいで、他のキャストが「やってられんわ」のフリをして、ステージ上から去って行く、そして、シゲちゃんがそれを追う と言う「ミニコント」も繰り広げられてましたが


今回、何故か、この福井公演が 千秋楽と言う事で・・。

千秋楽だから・・なのか、カーテンコールの時に こんなのがパァーンって、両サイドから飛んで来ました。
コンサートで降って来るのと同じリボンですね。
IMG_2316.jpg

しかし・・・。
今回は 全国7公演(東京・大阪・福岡・岡山・広島・名古屋・福井)での開催で、何故に 福井公演が最後だったのか・・。
観客の私達は「何故」って思ってましたが、カーテンコールの時に 挨拶で 山内圭哉さん(こちら)が「今日の福井公演で最後な訳ですが、キャスト一同、腑に落ちておりません」的なコメントをおっしゃっていて、会場内大爆笑でしたが
やっぱりキャストも・・と。

「越前ガニ」のシーズンですし、カニが食べたかったんですかねぇ・・



勝山市「はや川」の「羽二重くるみ」

2012年12月22日(土)

勝山市「はや川」(こちら)の「羽二重くるみ」(こちら)を買いに行きました

このブログにも、過去にも登場していますが(こちらこちらこちら)・こちら)、福井県の名産お菓子の中でも「ベスト3」に入る位の美味しいお菓子です。

福井県でも、扱っているお店がかなり少なく、勝山市の本店か、あとは、JR福井駅内の「プリズム福井」(こちら)位だと思います。
今回は、「プリズム福井」に買いに行きました。

こちら、6個入りで630円のお箱です。
IMG_1964.jpg

IMG_1967_20121209163348.jpg

IMG_1968_20121209163350.jpg

IMG_1971_20121209163351.jpg

香ばしいクルミの入った羽二重餅をしっとりとしたシュークリームの皮でサンドしています。
IMG_1973_20121209163353.jpg

横から見た所・・。
IMG_1975.jpg


私、買いに行った日、知人のもの含めて、2箱購入しましたの。
そうしたら、こんな「端っこ」をおまけでくれました
IMG_2027_20121209163851.jpg

何だか、ちょっと嬉しい。
ま、餅が「一体化」してて、ちょっと食べにくかったですけど
IMG_2031.jpg

周りにこの事を話した所、「2箱以上買うと、くれる場合が多い」との事でした。
私は 買っても1箱なので、今までもらった事は無かったですが、嬉しいサービスですね






「上海グリコ」の『ムースポッキー 抹茶』

2012年12月21日(金)

アップしております通り(出張日記まとめ → こちら)、わたくし、6月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら

その際購入して来たお菓子をアップしたいと思います。
今まで色々アップして来ましたが、これがラストです。

現地でもアップ済ですが(こちら)、「日本でもお馴染み「グリコ」(こちら)の中国会社「上海グリコ」(こちら)の『ムースポッキー 抹茶』を買って来ました。
IMG_1891.jpg

「慕思」で「ムース」なんですねぇ。
箱の質感が 光沢があって、高級感もあります。

IMG_1893_20121209162123.jpg

2袋入っています。
IMG_1896.jpg

こちらです。
ちょっと溶けてしまっていますが、いつの暑さでこうなったのか・・。
IMG_1898_20121209162126.jpg

IMG_1900_20121209162128.jpg

半分に割ってみると、こんな感じ。
割としっかりとした厚みのチョコがコーティングされています。
IMG_1902.jpg

お値段は、7.5元(日本円で約113円)です。
日本資本のメーカーと言う事で、少し割高です。
私は日本食をたくさん取り扱っているスーパーで買った事もあり、より 割高になっている所もあります。
現地のスーパーで買えば、もう少し安いと思います。


味は・・ですね・・・。
今までアップしていた「上海グリコ」のポッキーやプリッツは かなり美味しかったのですが、これはそうでもない・・。
抹茶チョコの部分が、ぼんやりした味で、味がよく分からない・・。
パッケージの高級感もあって、かなり期待したのですが・・ねぇ・・・。
残念・・・。
芯の部分のプリッツは 普通に美味しかったと思うんですが・・・。



「ブルボン」の「ミニビット 抹茶」

2012年12月20日(木)

ブルボン」(こちら)の「ビットシリーズ」(こちら)の「ミニビット 抹茶」(こちら)を買いました。
今年4月に出ているので、今更のアップですが・・・。
IMG_1611_20121209161208.jpg

IMG_1613_20121209161300.jpg

HPによると『ミルクチョコレートの中に 香り高い抹茶チョコレートを閉じ込めました。ミルクチョコレートのミルク感と 宇治抹茶のバランスの良い味わいをお楽しみください。』との事です。
IMG_1906.jpg

こんな感じ。
IMG_1615_20121209161210.jpg


「ビットシリーズ」って、基本的に、どれも美味しいですよね

希望小売価格は114円だそうですが、私はもっと安く買いました。



おみやげで貰った 「明治制果」のチョコ「MEIJI HI MILK CHOCOLATE」

2012年12月19日(水)

「明治」(こちら)の中国会社「明治制果」(こちら)のチョコ「MEIJI HI MILK CHOCOLATE」をお土産でいただきました。
IMG_1792_20121209171107.jpg

「牛?」で「ミルク」、「巧克力」で「チョコレート」の意味です。
IMG_1794.jpg

「繋がってる板チョコじゃなく、バラバラになった6個入りだよ」って事ですね。
IMG_1871.jpg

IMG_1865_20121209171110.jpg

非常に整然と並んでいて、日本と変わらないクオリティの見た目ですよね
IMG_1868_20121209171112.jpg

IMG_1870.jpg

味はこれまた 日本と変わらないクオリティでした。
美味しかったです


中国土産の「上海グリコ」の「ダブルプリッツ/ストロベリーミルク」

2012年12月18日(火)

中国土産で 日本でもお馴染み「グリコ」(こちら)の中国会社「上海グリコ」(こちら)の「ダブルプリッツ」(こちら)の「ストロベリーミルク」をいただきました。
IMG_1796_20121209165334.jpg

なお、「格力高」で「グリコ」、「百力滋」で「プリッツ」、「双?(双層)」で「ダブル」、「草莓」は「いちご」、「牛?」で「ミルク」です。

パッケージより・・。
IMG_1806_20121209165341.jpg

IMG_1798_20121209165336.jpg

アップしております通り(出張日記まとめ → こちら)、わたくし、6月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
その時に 今回と同じ「ダブルプリッツ」を2種類買って来ていました。
その時のブログは・・。
抹茶香草(抹茶バニラ)味→こちら
ブルーベリー味→こちら

これらはとても美味しかったので、今回も ちょっと期待して食べました。

IMG_1803.jpg

アップで・・。
2層になっているの、分かります・・
IMG_1805.jpg

今回も美味でございました

ファミレス「ジョイフル」の「ミニ抹茶パフェ」

2012年12月17日(月)

ファミレス「ジョイフル」(こちら)の「ミニ抹茶パフェ」を食べました。
2012110315560000.jpg

こちらメニューの写真ですが、お値段は、何と299円なんですよっ
2012110315560001.jpg

何か、安くないですか・・

他にもこんなのが・・。
「お抹茶パフェ」(399円)です。
2012110315570001.jpg

こちらは、「抹茶白玉アイス」(199円)です。
2012110315570000.jpg

どっちも安い。
イメージ的には、あと50~100円位高くても、「そんなもんかな」って思う価格設定ですよねぇ。
でも、「ジョイフル」って、他のメニューも 何だかリーズナブルで、ちょっとビックリ・・・。


なお、福井県内には、「福井南店」(こちら)の1店のみで、国道8号線の「ゲンキー」&「ダイソー」の所にあります。


★ジョイフル福井南店
住所:福井県福井市下河北町5字島田1-1
TEL:0776-39-1500
営業時間:24時間


「井村屋」の「和匠菓選 あずきカップ 抹茶」

2012年12月16日(日)

井村屋」(こちら)の「和匠菓選 あずきカップ 抹茶」(こちら)を食べました。
IMG_1879.jpg

HPによると、『小豆の風味と粒感が際立つ、匠の味をゆっくり楽しめるカップアイスです。抹茶の程良い渋みと、つぶあんのまろやかな甘さが味わえます。京都産宇治抹茶・北海道産小豆を使用しています。』との事です。
IMG_1881.jpg

すくってみました。
甘納豆を使っているとの事です。
珍しいですよね。
IMG_1882_20121209151412.jpg

こちらは、つぶあんです。
IMG_1889.jpg

スーパー価格で 1つ98円でしたが、お値段の割には・・と言うと失礼ですが、アイスも滑らかで美味しく、なかなかコスパも良い感じですかね・・




福井市のケーキ屋「サルバドニカ」へ。

2012年12月15日(土)

福井市のケーキ屋「サルバドニカ」(こちら)に行きました。
IMG_2084_20121209142821.jpg

IMG_2085_20121209142823.jpg

IMG_2086.jpg

3年前にも行った事があります。
こちら

今回初めて、テラスの方に出てみました。
一応、寒くはないのですが、この日は雪が降っていたので、コートは着たままで、ひざ掛けも掛けてましたけどね。
IMG_2087.jpg

IMG_2088.jpg

店内もケーキも焼き菓子も、クリスマス一色でしたねぇ。
クリスマスケーキの注文用紙も置いてあって、どれも、美味しそうでした。

こちら、私がオーダーした 紫芋とゴマのタルトです。
IMG_2090_20121209143151.jpg

全部、紫です。
IMG_2096_20121209143156.jpg

カフェオレです。
IMG_2095_20121209143154.jpg

こちら、お友達の・・何だったけな、、イチジクとチーズのタルト・・だったかな。
IMG_2092.jpg

日が落ちて来た頃には、店内もライトが付いて、落ち着いた雰囲気になっていました。
ガラスが前にあって、焦点が合わない写真ですが・・・。
IMG_2099_20121209143158.jpg


★サルバドニカ
住所:福井県福井市花堂東2-508
TEL:0776-33-1394
営業時間:12:00~24:00
定休日:月曜(祝日の場合は営業)




福井市「る・こんとわれぞん」にランチ。

2012年12月14日(金)

福井市「る・こんとわれぞん」(こちら)にランチに行きました。
こちら、10/17にオープンしたばかりのお店で、手作りデリ&ホームメイドケーキのカフェです。
IMG_2062.jpg

IMG_2063_20121209134930.jpg

こちらは、江守中の「100満ボルト」の横にあります。
以前、「クレヨン」と言う喫茶店があった所ですね。
外観を見る限りでは、お店もそのまま使ってる感じがしますが・・。

なお、「デリ」とは、「デリカテッセン」の事で、日本風に言うと「惣菜」ですね。
おしゃれな洋風惣菜と言う感じでしょうかね。
欧米のお店ではよく出て来てるイメージがありますし、デリのテイクアウトのお店も結構ありますよね。

こちら店内です。
IMG_2083.jpg

カウンターの所は フランスの「ル・クルーゼ」(こちら)のお鍋「ココット」(こちら)の大小、様々な色がディスプレイされていて、とてもキレイでした。
また、その上の方には大きな黒板もあって、メニューも書いてあり、可愛い雰囲気のお店でしたよ。
また、入って右の方のエリアでは、パン教室も開催されていました。

食事メニューとしては、こちらです。
5種のデリココット(サラダ・スープ・パン付)
ビーフシチュー(サラダ・スープ・デリココット1種・パン or ライス付)
リヨン風クネル(サラダ・スープ・デリココット1種・パン付)
手作りキッシュとスープ(サラダ・デリココット1種付)
ハンバーグ(サラダ・スープ・デリココット1種・パン or ライス付)
骨付きチキンのカレー(サラダ・デリココット1種付)
牛肉と野菜のトマトクリーム煮(サラダ・デリココット1種付)
IMG_2066.jpg

私は、「リヨン風クネル」(1,180円)にしました。
IMG_2068.jpg

「クネル」とは、西洋風のすり身だんごの事です。
鶏肉・子牛肉・魚・甲殻類などをすり身にして、つなぎに卵・小麦粉・パン粉・牛乳などを加え、だんご状にてゆでたり蒸したり焼いたりしたもので、今回のクネルは、白身魚です。
で、「リヨン風」とは、フランスのリヨン地方のスタイルの料理の事ですが、玉ねぎを使う料理が多いそうです。

こちらが「クネル」です。
甲殻類の殻にトマト、ワイン、香味野菜などを入れて煮込み、こして作った「アメリケーヌソース」とチーズ、そして、白身魚のふわふわなクネルが入っています。
IMG_2073.jpg

アップで。
IMG_2074_20121209135925.jpg

「クネル」がかなり軽い食感でした。
アメリケーヌソースから甲殻類の殻の風味がかなりして、濃ーいソースでした。

そして、一緒に付いてくるデリ(キッシュ)です。
里芋、ベーコン入りです。
IMG_2078_20121209140351.jpg

サラダとスープ(チキン)です。
IMG_2064.jpg

パン(フランスパン)です。
こちらは2人分です。
IMG_2077.jpg

食後のドリンクです。
私はコーヒーにしました。
左の「ル・クルーゼ」の「ココット」には、角砂糖が入っています。
IMG_2082.jpg

こちらはお友達の「ビーフシチュー」です。
こちらも「ル・クルーゼ」の「ココット」に入っています。
IMG_2070_20121209140930.jpg

美味しそうな色ですねぇ・・。
IMG_2072.jpg

これ、、、「ル・クルーゼ」で出て来るメニューが他にもあるんでしょうが、「ル・クルーゼ」って、かなり重いですし、洗ったり、運んだりするだけでも、かなりは重労働ですねぇ。
見てる分には、カラフルでいいですが・・・。

このお店には、「カヤトースト」がありました(こちら)。
以前のブログにアップした事がありますが(こちら)、2011/12/28~1/2とマレーシアに行った際、(こちら)、「カヤ」を買って来ました。
ココナッツミルク、卵、砂糖で作られるもので、トーストにぬるジャムとして有名なものです。
見た目のイメージよりも美味しくて、「また食べてみたい」と思っていたので、ここで出会えるとは、ちょっと意外でした。


このお店、雰囲気もまぁまぁ良くて、良かったと思います。
1つ言うのであれば、BGMがデカ過ぎる
席の前に居る友達の声も 時々聞こえにくい位・・。
お店の方に「小さくしてもらえますか」とお願いした後、一旦小さくはなるのですが、気がつくと、また元に戻っている・・・。
何で元に戻る・・と思いました


住所:福井県福井市江守中町7-29-5
電話:0776-50-2753
営業時間:11:30~22時
定休日:毎週火曜日、第2&4水曜日



越前市「クロスティ」でモーニング。

2012年12月13日(木)

越前市「クロスティ」(こちら)でモーニングして来ました。

田園風景の中にポツンとある おしゃれなウッディ調のお店です。
IMG_2015_20121209132010.jpg

IMG_2014.jpg

IMG_2011.jpg

IMG_2012.jpg

IMG_2010.jpg

IMG_2009.jpg

この木製プレートによると、2000/7からの営業だそうです。
上方に、ちょっと雪がありますね。
IMG_2013_20121209132143.jpg

過去にもアップしています。
2007/5なので、5年半ぶりに行ったんですねぇ・・・。
こちら

こちら店内です。
クリスマスツリーも飾ってありました。
IMG_1987.jpg

IMG_1988.jpg

IMG_1996_20121209132446.jpg

お店の中からお庭を見ると、こんな感じ。
IMG_1989_20121209132139.jpg

行った日は、先月のある金曜日の朝でして、モーニングをいただきました。
IMG_1985.jpg

IMG_1979_20121209133157.jpg

・・とは言え、「モーニングセット」に入っている食パンを「黒胡麻きな粉トースト」に変更しようとしたら、それは出来ないとの事で、モーニングではなく、普通のメニューとして選びました。

「黒胡麻きな粉トースト」のセットで840円です。
IMG_1993_20121209133201.jpg

アップで。
IMG_1995.jpg

一緒に行ったお友達は「コバラセット」(780円)にしました。
サラダとカフェ・パン(中華蒸しパンのようなもの、)そして、デザート(ミルクプリン風なもの)、飲み物が付いています。
IMG_1990.jpg

食後にケーキをいただきました。
IMG_1981.jpg

私は、抹茶のロールケーキです。
IMG_1997_20121209133501.jpg

ケーキセットは、2~3杯飲める「トラジャポット出しのセット」で、1,000円です。
(通常のサイズのコーヒーだと ケーキセットは700円)
IMG_2003_20121209133504.jpg

こちら、お友達のチョコケーキです。
IMG_2001_20121209133503.jpg

こちら、たくさんのメニューがあって、どれもとても美味しそう・・。
こちらランチメニューです。
パスタ・カレー・オムライスなどなど、サラダ・ドリンク付きで980円だそうです。
IMG_2008.jpg
IMG_2005_20121209134312.jpg

ピザトーストです。
IMG_1986_20121209134134.jpg

カレー・ハヤシライスです。
IMG_1983_20121209134131.jpg


☆クロスティ
住所:福井県越前市家久町37-1-2
TEL:0778-21-5440
営業時間:8:30~18:30
定休日:月曜日

※ 子連れ不可




「明治」の「メルティーキッスホイップス 淡雪抹茶」

2012年12月12日(水)

明治」(こちら)の「メルティーキッス(Melty kiss)」(こちら)から「メルティーキッスホイップス(Melty kiss Whips)淡雪抹茶」(こちら)が出ています。
IMG_2018.jpg

今までアップしている「メルティーキッス」の抹茶はこちら・・。
2008/2「メルティーキッス 抹茶」→こちら
2010/11「メルティーキッス 濃抹茶」→こちら
2011/3「メルティーキッス とろける抹茶」→こちら
2011/11「メルティーキッス 濃抹茶」→こちら
2012/2「Fran(フラン)Meltykiss仕立て<とろける抹茶>」→こちら

HPによると、「ホイップしたクリーミーな味わいのチョコ層の間に濃い味わいのチョコクリーム層をはさみ、表面をホワイトチョコパウダーで包んだ3層のホイップショコラです。チョコのホイップ感をアップさせ、よりふんわりとなめらかな口どけにし、また、パッケージはケーキ箱をイメージした形状で正面に3粒の商品をふわりと宙に浮かせ、背景に舞い降りる雪をあしらい、色合いは淡いやさしい基調で全体をまとめました。」との事です。
IMG_2123_20121209125315.jpg

13個入りです。
IMG_2124_20121209125317.jpg

IMG_2126.jpg

いつもの「メルティーキッス」よりは 少し大きめで、形は直方体ですね。
IMG_2133_20121209125320.jpg

抹茶の間に抹茶が挟んであります。
IMG_2131_20121209130100.jpg

いつもの「メルティーキッス」は、割と濃い感じで、大人なチョコのイメージですが、こちらは ちょっとホワっとしていると言うか、優しい抹茶の味がします。

1箱210円です。



「パスコ」の「ベーグル 抹茶&ホワイトチョコ」

2012年12月11日(火)

パスコ」(こちら)の「ベーグル 抹茶&ホワイトチョコ」を買いました。
IMG_1953_20121209124109.jpg

こちらのベーグルは、関西・中部限定で先行発売していたもので、好評だった事から、12/1より関東エリアでも発売を開始したそうです(こちら)。

IMG_1960_20121209124111.jpg

『抹茶風味のソフトでむっちりした生地に、ホワイトチョコを練りこんで焼き上げました。抹茶の和の味わいと香りにホワイトチョコレートのやさしい甘さがよく合います。濃厚な牛乳と一緒に食べるのもオススメです。』との事です。
IMG_1962_20121209124112.jpg

ベーグルって、他のパンと比較すると、割と甘さ控えめで、食感ももっちりしてて、そのままでも美味しいですし、なかなかいいですよね

1つ105円です。






「チロルチョコ」の「ミルキー ソフトキャンディ」

2012年12月10日(月)

チロルチョコ」(こちら)から「ミルキー ソフトキャンディ コーヒーヌガー風味クリーム」(こちら)&「ミルキー ソフトキャンディ きなこもち風味クリーム」が出ています。

昨日に引き続きのアップで(こちら)、こちら、「不二家」(こちら)の「ミルキー」(こちら)とのコラボ商品です。
セブンイレブン」(こちら)にて発売中です。

「コーヒーヌガー風味クリーム」です。
IMG_2025_20121209120932.jpg

IMG_2114_20121209123302.jpg

外側のソフトキャンディはミルキー味です。
程よい柔らかで、ミルキーそのものの味わいです。
中心に入っているクリームは、ちょっとだけビターのコーヒークリーム風味で、甘いコーヒーの味です。
IMG_2116.jpg

ある方のブログを読んでいたら、「ほとんど『不二家』の『ソフトエクレアコーヒー味』と まんま同じ」との事でしたけど・・。

こちらは、「きなこもち風味クリーム」です。
IMG_2023_20121209120930.jpg

袋を開けたら、フワっときなこの香りがします。
IMG_2118_20121209123306.jpg

きなこ色です。
IMG_2120_20121209123307.jpg

どちらも美味しくいただきました。
が、チロルかと聞かれると、毎度ながら、そこはよく分からない


共に105円で9個入りでした。




「チロルチョコ」の「ミルキー」

2012年12月9日(日)

チロルチョコ」(こちら)から「ミルキー」(こちら)&「いちごミルキー」(こちら)が出ています。
不二家」(こちら)の「ミルキー」(こちら)とのコラボ商品で、「セブンイレブン」(こちら)にて発売中です。

こちら「ミルキー」。
IMG_2019.jpg

「ホワイトチョコにミルキー風味ヌガーを入れて、 味・食感ともにミルキーを再現しました。」との事です。
IMG_2054_20121209115506.jpg

半分に割った所です。
ヌガーが、ホントに「ミルキー」味してます。
IMG_2056_20121209115507.jpg

こちら「いちごミルキー」。
IMG_2021_20121209115505.jpg

「いちご風味チョコにミルキー風味ヌガーを入れて、 味・食感ともにいちご味のミルキーを再現しました。」との事です。
IMG_2058_20121209115509.jpg

IMG_2059_20121209115628.jpg

1つ32円でした。


明日も引き続き、「ミルキー」とコラボした「チロル」をアップします。






「サークルKサンクス」の「甘納豆チョコ 抹茶味」

2012年12月7日(金)

サークルKサンクス」(こちら)の「自慢の一品」シリーズの「甘納豆チョコ 抹茶味」を買いました。
IMG_1775_20121104170609.jpg

IMG_1779_20121104170608.jpg

2012110420340000.jpg

どこがマイナス・・って事ではないですが、ん・・75点・・。

1袋120円です。


「ニチレイ」の「今川焼 抹茶クリーム」

2012年12月5日(水)

冷凍食品の「ニチレイ」(こちら)の「今川焼」から「抹茶クリーム」(こちら)が出ています。
IMG_1761.jpg

ん・・・。
何だか、かなり嬉しい

『北海道産生クリームと京都宇治抹茶を使用しております。コクがありなめらかなクリームが特長です。』との事です。

食べ方は、パッケージには3種類書いてあって、「レンジで温める」・「オーブントースターで焼く」・「自然解凍する」で、こちらは、まず、レンジで温めたものです。
IMG_1762_20121104170609.jpg

レンジで温めているので、皮は柔らかしっとりです。
中は、こんなに鮮やかな緑色で、とっても美味しそうです。
IMG_1765_20121104170609.jpg

アップで・・・。
IMG_1767_20121104170609.jpg

オーブントースターで温めて食べたバージョン、自然解凍バージョンも試してみましたが、結果、レンジで温めた後にオーブントースターで加熱すると、皮がパリッとしていいかも・・
抹茶クリームもトロトロ滑らかです。

4割引位で買ったので、5個入り226円でした。


中国土産〔「卡夫(KRAFT)」の「王子ビスケット」〕

2012年12月3日(月)

アップしております通り(出張日記まとめ → こちら)、わたくし、6月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら

現地でアップ済ですが(こちら)、「宝龍城市広場」と言うショッピングモール内にある「カルフール(家楽福)新区宝龍店」(こちら)に行って来ました。
なお・・、現地では、「カルフール」では通じず、「ジャンルーフー」と言うと通じるそうです。

そこで、こちらのお菓子を買って来ました。
IMG_1161.jpg

卡夫(KRAFT)」(こちら)の「王子ビスケット」です。
上から、チョコ味、イチゴ味、ミルク味です。

なお、、、こちら・・・。
私が2006年に上海に行った時(こちら)にも買って来た事があります。
こちら

私、1999年にも上海に行っているのですが、その時に最初に買って、2006年の時にも買って、今回も買って・・と、わたし的には、中国の定番お土産お菓子です

パッケージには「王子様」がデザインされています。
IMG_1163.jpg

IMG_1167_20120916115602.jpg

ネットで検索すると、こんなキャラクターが居るんで、コラボ的な感じなんですかねぇ。
こちら

こちら、チョコ味の中身です。
ビスケットにクリームが挟んであって、日本にもよくある「昔からある 懐かしい味系」のお菓子です。
「王冠」のくり抜きです。
IMG_1186.jpg

こちらのくり抜きは「剣」ですかねぇ。
IMG_1187.jpg

こちらはイチゴ味です。
IMG_1169_20120916115602.jpg

こちらはミルク味です。
IMG_1202.jpg

6年ぶりに食べましたが、なかなか美味しく、飽きの来ない味で、美味でございました






中国土産〔「Oishi(上好佳)」の「鲜虾条」〕

2012年12月1日(土)

アップしております通り(出張日記まとめ → こちら)、わたくし、6月、出張で中国・無錫〔むしゃく〕こちら)に行ってました(6/24〔日〕~6/29〔金〕の6日間)。
無錫のちょっとした説明を書いた過去の記事は→こちら

現地でアップ済ですが(こちら)、「宝龍城市広場」と言うショッピングモール内にある「カルフール(家楽福)新区宝龍店」(こちら)に行って来ました。
なお・・、現地では、「カルフール」では通じず、「ジャンルーフー」と言うと通じるそうです。

そこで、こちらのお菓子を買って来ました。
IMG_1172_20120916114155.jpg

Oishi(上好佳)」(こちら)の「鲜虾条」(こちら)です。
IMG_1177_20120916114155.jpg

ま・・。
早い話、日本の「カルビー」(こちら)の「かっぱえびせん」(こちら)っぽい感じですね
これ、中国だけじゃなく、シンガポールでも売ってるようなので、アジア全体で売ってるんですかねぇ。

エビのパッケージの感じも、、、似ちゃってます
IMG_1175.jpg

見た目も似てます。
IMG_1179.jpg

味はですね、普通に美味しいです。
ノンフライなので、とてもサクサクとパクパクと食べれちゃいますよ

食感的には、日本の「かっぱえびせん」より軽いです。
そして、香りに「殻感」がします。
「殻感」なんて日本語は無いですが、殻を香ばしく焼いた感じの香りがします。

1箱2.4元(日本円で約31円)です。



Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索