FC2ブログ

Entries

映画「蟹工船」を見ました。

2009年7月12日(日)

松田龍平さんの主演映画蟹工船(かにこうせん)」(こちら)を見ました。
g353100l.jpg

福井で上映されていないので、お隣りの石川県金沢市まで行き、旧『ルネス金沢』(もう閉鎖していますが)の敷地内にある『ユナイテッドシネマ金沢』(こちら)で見ました。
この「蟹工船」、「全国公開」のはずなのに・・・絵文字名を入力してください

「蟹工船」は、80年前に 雑誌『戦旗』で発表された小林多喜二の小説で、プロレタリア文学の代表作とされ、国際的評価も高く、いくつかの言語に翻訳されて出版されている作品だそうで、原作は、売り上げ160万部を突破しているそうです。

労働者の1人であり、リーダー的役割を演じているのが松田龍平さん、そして、労働者をこき使う冷酷な監督を西島秀俊さんが演じています。

ストーリー的には・・・。
北海道の先、カムチャッカ沖でカニを捕り、船上で加工缶詰を作る蟹工船の博光丸。
そこで働く労働者は、監督・浅川(西島秀俊さん)の暴力と酷使に耐えながら、低賃金で重労働についていていた。
そんなある日、労働者たちは一斉蜂起するが、力及ばなかった。
しかし、労働者たちの心に火がつき、再び支配する者に立ち向かおうとする。

です。

で・・・。
見た感想ですが・・・。
ん・・何かですね、私個人の感想を言いますと・・・。
個人的には「こう言う感じの映画なのね。。。」と言う感想ですかねぇ・・・・・絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください

松田龍平さんは、「労働者のリーダー的存在」と言う役に違和感は無かったと思いますねぇ。

ですけど、何て言うんですかね・・・。
うまく表現しにくいのですが・・。
原作を読んだ事が無いので、原作と比較してどうかはてなと言われると分からないのですが、そして、原作は、あくまでも「小説」なので、読み手が自由にイメージを膨らませる事が出来る事を考えると、これに限らず、「小説の映像化」には、どうしても、限界も無理もあるとは思うのですが・・・。

エラそうに言う訳では・・ないのですが、映画自体の出来は悪くは・・ないんだろう・・・とは・・思うのですが・・・、もう少し「膨らみ」はてなが欲しかったような気がしないでも・・・ない・・・はてなと言いますか・・・。
ま、私自身、「感性」が豊かかどうかは分からないので、私に伝わってきてないだけなのかも知れないとは思いますが・・・。

そして、私、この小説を全く読んだ事も無い状態で見たので、全く内容を知らなかったのですが、「蟹」が・・たくさん出てきた・・・笑
見た後、「カニ」の印象が残りましたねぇ。
私、勝手に、『「蟹」は何かの例えとして使われているのかしら・・はてな』って思ってて(無知ながら・・・)、「蟹」がホントに出てきたので、「蟹の話なの・・はてな」って思ってました笑2
最後のエンドロールで、協力「スギヨ」と出てたのが、ちょっとウケました笑2
「カニカマね・・・笑2」って。

ん、何かそんな感じの映画でした・・・・。

ちなみに、観客は少し年配の男性が多かった気がします。


わたし的には、映画より・・・・「『ルネス金沢』が無くなってるびっくり」って事の方が印象的でした・・・苦笑い
会社更生法の適用を申請し、2008/10に閉鎖したようです。


見る前の期待度 ★★★★★★☆☆☆☆
見た後の満足度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索