FC2ブログ

Entries

再び、京都に・・/「アサヒビール大山崎山荘美術館」

2009年9月28日(月)

昨日(こちら)に引き続きのアップですが、8月の京都滞在中(こちら)には行けなかった所に行くべく、再び京都に行って来ましたグー!

前から行ってみたかった「アサヒビール大山崎山荘美術館」(こちら)です音符
IMG_6724.jpg

IMG_6725.jpg

私、8月のお盆明け~月末まで、仕事で京都におりましたが、行く前に、その話を知人にした所、『「大山崎山荘」に行って来なよぉ音符』と言われたのですが、時間的に無理で、今回行く事にしました。

ここは、大正から昭和初期にかけて、実業家・加賀正太郎氏によって昭和初期に完成させた三階建てのイギリス・チューダー様式の「大山崎山荘」(登録有形文化財)を本館として、建築家・安藤忠雄氏(こちら)設計による新館(1995年竣工)とともに公開している アサヒビール運営による私立美術館です。
山荘は、戦後に荒廃していたそうですが、保存運動が高まり、1996年に今日のように私立美術館として再生されたそうです。
山荘の建物や内装は、建設当時のクラシックな姿に修復されています。

JR京都駅から5駅、JR大山崎駅で降ります。
IMG_6800.jpg

駅の前からは、美術館までの無料バスがあるので、それに乗ります。
乗らなくても、歩いて行ける距離ですが、「傾斜」があるので、バスにしました。
IMG_6795_20090922132716.jpg

バスを降りて、このトンネルをくぐります。
IMG_6719.jpg

このトンネルは「琅玕洞(ろうかんどう)」(こちら)と言い、昭和初期に作られたもので、岩盤をくり抜いて作られた 煉瓦造躯体のフラットアーチ形をしています。
IMG_67191.jpg

そして、このような緑豊かな坂道を歩き・・・・。
IMG_6783.jpg

IMG_6792.jpg

「大山崎山荘旧車庫(京都府休憩所)」(こちら)が左手に見えます。
IMG_6791.jpg

こちらも昭和初期に作られたもので、鉄筋コンクリート造の1階の前方に張り出して木造2階をのせ、軒&螻羽を大きく出した切妻造と言う構造です。
現在は、無料休憩所になっていて、無料のコインロッカーもあります。
IMG_67911.jpg

・・で・・・、ようやく入り口(「本館」〔こちら〕)に到着します。
IMG_6771.jpg

IMG_6770.jpg

中は撮影禁止の場所も多いので、撮れた場所だけ・・・・。
IMG_6759.jpg

IMG_6760.jpg

IMG_6763.jpg

階段の踊り場にあるこのステンドグラスは、窓枠が「木」で出来ているそうです。
IMG_6741.jpg

こちら機械仕掛けの大きなオルゴールです。
タイミングが合わず、音色は聞けませんでしたが・・・。
IMG_6761.jpg

そして、こちらがトイレのドアにあったプレートです。
時代を感じる雰囲気です。
IMG_6743.jpg

こちら、安藤忠雄氏設計の「新館」への通路です。
本館とは打って変わって、非常に現代的なコンクリート造りです。
IMG_6764.jpg

新館では、印象派のクロード・モネ〔1840~1926年〕(こちら)の代表作として知られる『睡蓮』(こちら)の連作を展示しています(こちら)。

「睡蓮」の絵が3枚、また、他に「アイリス」、「日本の橋」などの展示もありました。
白内障で、あまり目が見えなくなった時代の「睡蓮」もありました。

敷地面積が約5500坪もある庭園では、季節ごとに、数多くの植物を楽しむ事が出来ます。
IMG_6732.jpg

上記写真の左上にある建物「大山崎山荘栖霞楼(物見塔)」(こちら)は、現在非公開ですが、山荘で最初に建てられたものだそうです。
当初は「白雲楼」と呼ばれていたそうで、 昭和になって「栖霞楼」に名前を変えたそうです。
加賀正太郎は、ここの最上階から工事を見守り、指示を出したそうです。
IMG_6739.jpg

IMG_6781.jpg

IMG_6777.jpg

また、テラスに面した部屋は、淀川や京都盆地を見下ろすカフェになっています(こちら
IMG_6745.jpg

IMG_6751.jpg

メニューはこちら。
ここのケーキ・焼き菓子は、大阪の「リーガロイヤルホテル」(こちら)のものだそうですよぉオレンジのきらきら
IMG_6753.jpg

私は「ショコラケーキ」(350円)とホットコーヒー(450円)にしました。
クッキーも付いてきます。
IMG_6755.jpg

ショコラケーキが「紙型」に入っているのが、若干いただけないですが絵文字名を入力してください、味は、しっとりしていて美味しかったです顔
また、使っている食器(ケーキの皿とコーヒーカップ)は、イギリスの陶磁器メーカー「ウエッジウッド」(こちら)でした。
この山荘が、イギリス・チューダー様式と言う事で、食器もイギリス・・なんですかね・・はてな

テラスからは、京都の町並みが見えます。
天気も良い事もあり、非常にキレイです音符
IMG_6747.jpg

IMG_6746.jpg

ちなみに、このカフェを外から見ると、この場所にあります。
IMG_6768.jpg

余談ですが・・・。
私、特に「建築」に興味がある訳ではないのですが、新館を設計した安藤忠雄氏の作品を、いくつか見た事があります。
兵庫県淡路市にある「淡路夢舞台」(こちら)と「本福寺水御堂」(こちら)です。
今回の「新館」もですが、比較的、コンクリート打ち放しの作品が多いですよねはてな
「本福寺水御堂」は、平安後期に創建されたと伝えられる寺院なんですが、ハスや水練が咲き乱れる人工池の真下に本堂があり、池を2分割したような 非常に変わった コンクリート打ち放しの作り(こちら)で、とてもお寺には見えませんでしたねぇ・・・。

今回、色々調べてみたら、東京・渋谷の「表参道ヒルズ」(こちら)、大阪の「ユニバーサルシティ駅」(こちら)などもそうなんですね。
あと、現在建設中の 第2の「東京タワー」と言われる「東京スカイツリー」(こちら)も・・なんですねぇ・・。
さすが、世界で活躍する安藤忠雄氏ですね!!!

ちなみに・・・・。
JR山崎駅の真横に、コンビニ「デイリーヤマザキ」(こちら)が・・・。
「やまざき」が かかってます・・・笑はてな
IMG_6797.jpg

「アサヒビール大山崎山荘美術館」・・・。
建物も景色もとても素敵でしたOK


★アサヒビール大山崎山荘美術館
住所:京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3
TEL:075-957-3123(総合案内)
開館時間:10時~17時
閉館日:月曜日



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索