FC2ブログ

Entries

15年。

2010年1月17日(日)

昨夜、嵐の櫻井くん主演のドラマ『阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間・命と向き合った被災記者たちの闘い』を見ました。

今日で、震災から15年ですね。
あれから、15年経ったんですね。

私は、当時も今も福井県在住なので、実際に体験はしていませんが、あの日、福井はだったので、朝はいつもより早めに起き、とは言え、まだ布団の中で、うつらうつらしてる時間でした。

そうしたら、何だか妙に揺れ、『何・・』と思い、しばらくしたら、また同じように揺れ、『もう1回揺れたら、カバンを持って、あのコートを着て、とりあえず、から出よう』と思って布団の中に居ました。

次の揺れは無く、私はニュースで、関西地方で地震があった事をチラリと見ながら、いつもより早めにを出ました

出先ではは見れないので、その後の事は分からず、そうしたら、外から来た方が、『阪神高速が倒れてる』と。

私、『ちょっと~~、何言ってんの~~ 高速が倒れる訳ないじゃん』と、その方の冗談だと信じてなかったのですが、昼休みに付けたには、今まで見た事がない光景が映し出されていました

朝揺れた あの地震・・。
福井県であれだけ揺れたんだから、震源地は、相当酷い揺れだったんだ・・と知りました。

その地震から2ヶ月後、私は、神戸に行きました。

↓は、私自身、カメラを向けていいか悩みながらも、『記録』として、当時撮影した写真を、さっき、写メしたものです。
当時は、デジカメは無かったので・・。
多少の見にくさは、ご勘弁で・・

至る所にあった『頑張ろう神戸』の垂れ幕。
県外からのたくさんの救援用の車にも掛かっていました。
20100117182815

2ヶ月経っても、街中至る所にあったガレキの山。
20100117182850

20100117183429

居たのは4日間だったのですが、『震災ボランティア』として、神戸に居ました。

2ヶ月後でも、まだ電車は復旧していなくて、大阪からバスで神戸に入りました。
すごい数の方々が震災地域に向かうバスを待って居たのを覚えています。

私がしていた内容は、避難所になっている学校に行って、1人でお風呂に入れないお年寄りの入浴サポートをしたり、また、自宅で生活出来てはいるけど、ガスが来ていない為に、お風呂に入れないお宅で、避難所のお風呂まで入りに来れない方々(お年寄りなど)の入浴サポートを、その方のまで行き、したりしました。

みなさん、あまりお風呂に入れていなかった為、確か、自衛隊のサポートで、『大きなお風呂』を用意して、そこに、足を伸ばしながら入っていただきました。
中の写真は撮れないので、テントの外から。
20100117184053

自分で入れない身体の不自由な方々には、このように、横に寝て入れるお風呂に入っていただきました。
20100117184650

お湯は、こうやって沸かして入れてました。
20100117184435

他には、食事のサポートなどもしました。

神戸市内の移動は、自転車
行くの地図をもらい、見知らぬ土地で、延々と自転車をこいで行くんですが、道は地割れでガタガタ・・、崩れたやビルを横目に見ながら、自転車をこぐのは、結構、大変でした。
とは言え、私のこんな大変さは、被災者の方の苦労からしたら、足元にも及ばないんですが。

ある小学校の裏に行ったんです。

当時、火災の様子が、頻繁にで流れていましたが、私が学校の裏に見たある商店街、すっかり焼け落ちて、一面、焼け野原で、2ヶ月経った時にも、まだ、焦げた臭いがしていました。

一面焼け野原の神戸を、この目で見る事になるとは、想像もしていませんでした・・・。

今でも、たまに思い出す事があります。

新幹線のJR新神戸駅の近くにある ある小学校に行った時の事です。

その学校は、2ヶ月経った時にも、まだ避難所として、体育館や教室が使われて居て、たくさんの方が避難生活をされていました。

幼稚園年長さんか小学校低学年位の男の子が、やたら私達に絡んで来る事がありました。

私達は、何もない時は、遊んであげていました。

でも、何だか、本当に、やたら絡んで来るので、みんなで、『何でだろ』って話してました。

聞いた話では、その少年は、とにかく、不安で不安で仕方なかったんですって
誰かと一緒に居ないと、耐えられなかったそうです。

震災と言う恐怖は、あの小さな少年には、受け入れられなかった・・と言う事でですよね

あとは、『天井がある所で眠れない』と言う方も居ました。
天井が落ちて来そうで、怖くて寝れない・・と。

その他には、明るくないと、眠れないと言う方も居ました。

私達にはどうしてあげる事も出来ず、ただ聞いていた事を思い出します。

昨夜の櫻井くんのドラマの中で、『悲しんでいる人を撮り続ける事に、何の意味があるのか』と言う葛藤が描かれていました。

局、新聞に対して、そう思っていた被災者、また、メディア側で取材する方もそう言う思いは、誰もが持っていたのかも知れませんね。

また、消防やレスキュー、また、医者や看護師の中には、『助かる人から』、『可能性のある人から』を考え、目の前の 必死で自分に助けをを求める人に応えれず、目の前で息絶える方を置いて、向かわなければならかった方々もたくさんいらっしゃったと思います。
震災に遭われた方々だけでなく、この方々も、心に大きなキズを受けたと、何かで読みました。

私が簡単に言葉には出来ない部分もあるので、何とも言い表せないんですが・・。

結論も出ない話になってしまいましたが・・。

震災から15年。
6000人以上の方々が亡くなり、その数以上に多くの方々に被害を与え、今でもまだ、多くの問題があると聞き、まだまだ震災は終わっていないんだと知らされます。
あの震災で被害に遭われた方、また、大切な方々を亡くされた方、その方々にお悔やみ申し上げます。。。




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索