FC2ブログ

Entries

フィンランド滞在記【34】まとめ〔1〕

2010年7月4日(日)

昨日(こちら)まで、誕生日休暇で行って来たフィンランド・ヘルシンキ滞在記をアップしておりました

今日は、この旅をまとめたいと思います。


2006年に小林聡美さん主演で制作・公開された オールフィンランドロケの映画「かもめ食堂」(こちら)、私、この映画が大好きで、「フィンランドに行ってみたい」と思ったのも、この映画の影響で、劇中に出て来る 小林聡美さん演じるサチエが営む「かもめ食堂」として登場したレストラン「カハヴィラ・スオミ(Kahvila Suomi)」(こちら)が、ヘルシンキに今も営業しているので、いつか、このお店にも行ってみたいと思っていました

とは言え、フィンランドって、周りに行った事がある人があまり居なくて、私自身もあまり印象がありませんでした。
映画と実際では雰囲気も違うでしょうし・・・。

そんな時に、「誕生日休暇」を取る事が出来たので、1人で行って来た訳ですが・・。

ヘルシンキは、とても素敵な街でした

「かもめ食堂」の世界観が、比較的そのままな感じがしました。
また、私が行った時期は、日本の連休にもカブっていないせいか、街なかに、日本人がほとんど居ない(アジア人すら、あまり居ない)し、「観光地に来た」と言う感覚より、ヘルシンキの素を見れた気がします。

私が街なかをぶらぶらして感じたヘルシンキは、いい意味でシンプルな街で、街を歩いている方々(恐らく、かなりの割合が地元の方)のファッション・化粧を見ても、過度なものではないのに、すごく似合っていて、日本人に多い 不自然にメイクし過ぎな人も居ないし(・・って、フィンランドの方は、元々、目鼻立ちがはっきりしてるから必要が無いんでしょうが・・)、自然な感じが、とても好印象でした


そして、皆さんが思っている「フィンランドって、寒いの・・」ですが・・。
私が行ったヘルシンキは、フィンランドでも一番南にあり、海に面しています。
東京の緯度36度、北海道・稚内市(最北端)の45度に対して、ヘルシンキは緯度60度なので(北極圏は緯度66度)、ヘルシンキは寒い都市と思われがちですが、実際は、メキシコ湾から注がれる暖流のおかげで温暖な気候で、四季もはっきりしています。

私が行った5月中旬の日中の最高気温は、20度を超えていて、かなり暑かったです
汗ダクダクでしたし・・。
ちなみに、夏の最高気温は、25度を超えるそうですよ。
日差しも強いので、体感温度は より高く感じるそうです。


そして、「北欧=白夜」と言うイメージもありますよね
「白夜」(こちら)は、北半球では 夏に起こる 真夜中になっても薄明、または太陽が沈まない現象の事ですが、緯度が66.6度以上の地方で起こるそうなので、ヘルシンキでは、白夜には ならないようです。
フィンランドでも、もっと北の方に行けば、白夜だったのかも知れませんけどね。
ですが、私が行った5月中旬では、pm10時頃になって、ようやく暗くなり始める感じで、朝はam4時頃に日が昇り始めてました。
1日がかなり長く感じますよねぇ。


そして、「北欧=オーロラ」と言うイメージもありますよね
「オーロラ」(こちら)は、北極または南極の近くで見る事ができる、太陽の放出物質と地球の磁場が織りなす地球電磁気学的現象の事で、緯度が、大体65度から80度で見れます。
・・と言う事で、ヘルシンキでは見る事が出来ません。

あと、「オーロラ=冬」って言う印象ってありませんか・・
オーロラ自体は、実は、一年中出現しているんですって
ですが、発光される光が私達の目で見えるか見えないか・・の問題で、夏の期間は辺りが暗くならない為、「オーロラを 人間の目で見ることが出来ない=見れない」と言う事になるのです。
ですので、一般的には、午後11時には暗くなる 8月下旬から4月頃までがオーロラ鑑賞に適しているみたいですよ。
ですので、みんな、暗い時間がより長い「冬」に鑑賞しに行く訳ですねぇ。


フィンランドの観光地、見所・・と言えば・・。
多分、思いつく事と言えば、さっきの「オーロラ」とか、あと「サンタクロース」、「ムーミン」・・とかですよね。

「サンタクロース村」(こちら)がフィンランド北部のロヴァニエミ市近郊・北極線上にあり、ここには、サンタクロース・オフィス、サンタクロース郵便局、クリスマスグッズの店などが建てられており、毎年、世界中から何十万人もの人々が訪れるフィンランド随一の観光スポットだそうです。
サンタクロース村では、毎日サンタクロースに会う事が出来、また、サンタクロース郵便局では、事前に申し込むと、エアメールでクリスマス前にサンタクロースから手紙が届くそうです

「ムーミンランド」(こちら)が、フィンランド南西の港町ナーンタリにあります。
「ムーミンランド」は街中にあるのではなく、ひとつの島が丸ごとテーマパークになっているそうです。
ヘルシンキ市内にも「ムーミンショップ」があったり、また、「観光編〔10〕(郵便局)」でアップしましたが(こちら)、切手にデザインされていたり、スーパー&コンビニでも、ムーミンのキャラクター達がデザインされたお菓子が普通に売っていたり・・と、「国民的スター」のようです。

あとは・・。
フィンランドと言えば、ガムでもお馴染み「キシリトール」(こちら)とか、「サウナ」の発祥地だったり(こちら)・・と、色々あります。

ですが、世界的に有名な観光地が目白押し・・と言う訳でも無いですし、ヘルシンキ自体は、街がそれ程大きくないので、観光地を見て回るのにも、そんなに日数は掛かりませんし、「観光に忙しい」と言う事にはならないので、ブラブラして「地元の生活を見てみる」とか、そんな楽しみ方もあるかも知れませんね


最後に、是非ともここに書いておきたいのですが、治安です。
フィンランドって、安全な国かそうでないか・・と言うと、超安全です。
ネットで見ても、「夜、女性1人でも出歩けます」って書いてあるものもありました。
もちろん、どんな国でも犯罪は起こりますので、絶対に安全な国はありませんが、世界の中でもかなり治安のいい国であると言うのは間違いないようです。

フィンランド・ヘルシンキ滞在記の中でもちょいちょいアップしておりますが、「物価の高さ」・・。
「ALV(付加価値税)」っと言う、日本で言うと「消費税」のようなものがあり、食料品にかかる税率は17%、最高は22%まで掛かっています。
フィンランドは、教育、医療、福祉が充実し、女性の社会進出が当たり前で、老後の不安に駆られる事もない。
先進国を初めとする世界41ヶ国・地域で実施の「経済協力開発機構(OECD)」による「国際的な学習到達度調査(PISA)」では、2004年・2007年に、フィンランドが総合1位となったそうです。
また、政治がクリーンで、税金の使途の透明性が高いそうです。
そのような国だからこそ、税金が高くても、でも、その税金がちゃんと国民に還元されている実感があるからこそ、それに大きな反発も起きない・・って事なんですかね・・
ちなみに、合計のGDPは、人口が少ないから目立ちませんが、一人一人の稼いでる額では、日本を抜いてるらしいですし、世界トップクラスだそうです。
そんな国は、生活レベルも高いでしょうし、安全なんですかねぇ・・(推測ですが)


と言う感じです。
フィンランドについて、ちょっとイメージ出来ましたか・・

明日はホントに最後、ブログの記事をまとめます。


旅のまとめ → こちら


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索