FC2ブログ

Entries

京都に行ってきました【3】 「ぎおん徳屋」のわらび餅

2010年8月5日(木)

昨日に引き続き(こちら)、先月行って来た京都の記事をアップします。

ぎおん徳屋」(こちら)のわらび餅を食べました。
IMG_0792.jpg

IMG_0793.jpg

IMG_0794.jpg

祇園の花見小路(こちら)の通りにある甘味処です。
IMG_0796.jpg

こちら店内です。
開店まもなく入ったので、まだ空いています。
IMG_0797.jpg

IMG_0799.jpg

舞妓さんのお名刺代わりの「うちわ」がたくさん飾ってあります。
IMG_0805.jpg

こちらが「本わらび餅」(1,200円)です。
そして、キレイな塗りの器と共に登場です。
IMG_0802.jpg

ちょっと暗くて申し訳ないです
IMG_0804.jpg

ここのわらび餅は、テレビ・雑誌で紹介されまくっているので、非常に有名です
このわらび餅は、見た目から既に、普通のわらび餅と全く違った食べ物と言う感じです。
たとえは非常に悪いですが、持ち上げた感じは、「スライム」に似てますかね。

このお店のわらび餅は、珍しい 高品質な「本わらび粉」を使っているそうです。
そして、注文を聞いてから、わらび餅を作り始めるんだそうです。
出来上がり直後はまだ温かいので、かき氷を敷いた皿の上にわらび餅がのって出て来ます。

高純度のわらび餅の場合、こうして、氷で冷やしたら、ドンドン品質が劣化するものらしいです。
だからこそ、氷の中で放置して冷やさず、出来立てを、こうして、すぐ氷につけて出す事で、一番美味しい状態で食べるようにしてあるそうです。
「劣化する前に食べる」と言う事なんですねぇ

わらび餅に和三盆が練りこんであるらしいので、そのままでも食べられるそうです。
お好みで、きな粉や黒蜜をかけて食べてもよしです。
きな粉は、かわいらしい型抜きをされていました。


何て言うんですかねぇ・・・。
ホントにお上品で、まさに京都と言う感じがするわらび餅でした。

「お持ち帰り」のわらび餅もあります。
6個入りで3,500円で、竹筒に入っています。
賞味期限は当日限りです。
こちらは練り上げて、すぐに黒蜜につけているらしいので、お店で食べるものとは違いますね。
やっぱりお店で出来たてを食べるのが一番だと思うので、京都にお越しの際は、是非ともお店に・・。


あと、メニューの中に「餅焼きぜんざい」と言うものがあり、この卓上で自分で焼いて入れます。
IMG_0798.jpg


★ぎおん徳屋
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-127
TEL:075-561-5554
営業時間:12:00~18:00
定休日:無休


【この旅のまとめ】
「リストランテ サンタ・マリア・ノヴェッラ ティサネリーア京都」にディナー →こちら
「よーじやカフェ」→こちら
「ぎおん徳屋」のわらび餅 →こちら
「珈琲家あさぬま 祇園店」→こちら
「八坂神社」→こちら



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索