FC2ブログ

Entries

二宮和也さん主演映画「大奥」を見ました。

2010年10月10日(日)

二宮和也さん主演映画「大奥」(こちら)を見ました。
大奥

私、基本的に「大奥」をテーマにした作品が好きで、2006年公開の仲間由紀恵さん主演の「大奥」(こちら)も初日に見に行ってますし(こちら)、また、TVドラマとか特集番組も欠かさずに近い位見てますし、去年、福井市立郷土歴史博物館で開催されていた「大奥展」も見に行ってますし(こちら)、来年のNHKの大河「江~姫たちの戦国~」(こちら)もかなり楽しみにしてます

今回は、「男女逆転」って事で、私の目指すものと若干違うのかも・・と思ったりもしたんですが、とりあえず、見に行って来ました。

ストーリーは・・。
江戸時代、男だけに感染するナゾの疫病がまん延し、日本の8割の男が死に絶えた。
女が要職に就き、男が体を売る男女が逆転した世の中に、ひとりの女将軍に3000人の美しい男たちが仕える女人禁制の大奥があった。
武士道を追い求める青年・水野祐之進(二宮和也さん)は、貧しい旗本の実家を救う為、またかなわぬ恋の相手・お信(堀北真希さん)への思いを断ち切るため、大奥にあがることを決意する。
ところが、大奥へ上がって間もなくして、七代将軍の家継が死去、紀州から八代・吉宗(柴咲コウさん)が推挙された。
吉宗は先代の側用人を全員罷免し、質素倹約を推し進める改革を断行。
水野は、その才能を見込まれ昇進、さらに吉宗に見初められ「ご内証の方」に。
しかし…。


この「大奥」、「男女逆転」と言う事が事実と違っているだけで、他はかなり忠実に再現されているそうですよ。
実際に、吉宗には、水野と言う御中臈(おちゅうろう)が居たみたいですね。
ちなみに、御中臈とは、将軍や御台所〔みだいどころ〕(正室)の身の回りの世話役です。
この御中臈の中から、将軍お手つきの側室が出る事になります。


映画の感想ですが、これが大奥かと言われると、まぁ、多少の違和感はありつつも、漫画「大奥」(こちら)が原作と言う事で、「エンターテイメント」としては、有りなのかも知れないですね
「大奥」の映像化を色々と見ていても、時代背景とか人物は色々あっても、基本設定はどうしても似てくるので、今回のこの「大奥」は、かなり新鮮でもありましたしね。

トータル的には、細かい事は考えなければ、まぁまぁ面白かったかなぁ・・とは思います。
一緒に行った友達は、嵐のファンなのですが、映画の感想以前に、「ニノ、可愛いなぁ」とかそっちの感想を述べていましたが、「大奥」について知識が全く無かったらしく、「役職とか仕組みとかの基本情報が全くないので、分からない所もあった」とも言ってましたけどね。
映画を見た後に、色々と説明して、ようやく理解できた所もあったみたいです。

とは言え、私は、何だか分からない、何かの違和感を多少は感じているので、「(普通の)大奥が好き」と言う方よりも、嵐のファンの方 向けの映画かな・・とは思いますし、男が男に・・と言うシーンもあるので、お子様はちょっと・・とは思いますかね

ファンの方には怒られるかも知れませんが、二宮和也さん演じる水野は、もっと「粋」で、男子が男子に憧れてしまうような シュッとした美少年のイメージがある方が良かったかなぁ・・とは思いますがね。
映画のインパクト的には、「国民的アイドル・嵐」を見込んでのキャスティングなんでしょうから、そこはまぁ、仕方ないんですけどね

これは漫画が原作で、この「吉宗編」は完結していて、結末は決まっているからどうにもならないんですが、私としては、「水野の子供を吉宗が産んで、将軍の父となって、吉宗が幕府の発展に貢献する」的な結末の方がより盛り上がって良かったかなぁ・・などとは思っていますがね。


劇中、水野は 吉宗に見初められ「ご内証の方」になる訳ですが、『未婚の将軍の場合、「ご内証の方」とは、上様に初めての夜伽の手ほどきをするという重大なお役目であると同時に、未通女である上様を破瓜して、そのお体にキズを付ける大罪人でもある。よって、ご内証の方は死なねばならぬ」と言うものだそうです。
これ、三代将軍・家光の頃から実際に行われていた事らしいですね。
すごい話ですねぇ
江戸時代の将軍には、将軍になった時点で、既に御台所が居た方も居るので、その場合の側室には、これは適用されないみたいですが・・。

あと、最後の方、吉宗が、「見栄え」の良い奥向きの女中達を集る指示を出し、みんな、「玉の輿にのるチャンスがやってきた」と舞い上がったもののも、「今日限り、そのほうたちにヒマをつかわす」と解雇され、江戸の町に戻らせ、結婚を薦めるシーンがありましたが、これも、実際にあった話だそうですね。
吉宗流の「大リストラ」だったそうですが、「不美人は、解雇されても人の妻になることもままならないが、容姿のすぐれた者は良縁も多いだろうから、殿中に置いておくのは好ましくない」と言う理由だそうで、なるほど・・とは思いますよねぇ。


でも、やっぱ、あれですね。
「大奥」は、御鈴廊下(将軍の生活の場である中奥から、御台所・側室の居室のある大奥への通路)の両脇や総ぶれ(「お目見得」以上の奥女中が部屋一杯に座って、将軍に挨拶をする)に豪華絢爛な着物をまとった「女性」がずらっと座っている方が 映像的に ものすごく迫力ありますね
私は仲間由紀恵さん主演の「大奥」の方が好きかな・・


見る前の期待度 ★★★★★★☆☆☆☆
見た後の満足度 ★★★★★★★☆☆☆


スポンサーサイト



7件のコメント

[C854]

私も友人と一緒に観てきましたよ。
まっちゃな旅人さんと同様に、「二宮くんがミスキャストだね」って話していました。
「松田翔太くんの方がよかったんじゃない」という結論に達しました(二宮くんファンの方、すみません…)
(コメントが不適切なら削除してくださいね)
  • 2010-10-12
  • 投稿者 : ちゃーた
  • URL
  • 編集

[C855] ちゃーたさん

こんばんわ。

ちゃーたさんも、「水野」には そう思われましたか・・。
松田翔太くん、背が高いし、「粋」なところが出そうで、いいかも知れないですね~。

(コメントはこのまま記載させていただきますね^^。)
  • 2010-10-12
  • 投稿者 : まっちゃな旅人
  • URL
  • 編集

[C856] いつものように一人映画です

ヲッサン一人はこの映画はちょっとキツイ(苦笑)

二宮くんは青の炎で蜷川幸雄監督に、
また硫黄島からの手紙ではクリント・
イーストウッド監督に絶賛された、とか
第59回ドラマアカデミー賞で主演男優賞を
受賞するなど、その演技には定評が
あるんですが・・・・

どうも私にはその上手さがよくわからんのです
どれもニノにしか見えませんけど~

まぁ素人の言うことなんで専門家の
おっしゃることの方が正しいんでしょう
けど


それはそうと、映画としては思ったより
楽しめました

いわゆるBL系というややおい系というか
そういう目線でキャーキャー言いながら
楽しむのがよろしいのではないかと



中村蒼くんがもうかわいくてねぇ
(そっちの趣味はありませんが)

彼はもっとぬぼーっとした感じとか、
逆にエキセントリックに走った演技しか
見てなかったので、ああ、こういうのも
できるんだ、と思って評価↑↑でした。
  • 2010-10-12
  • 投稿者 : Herr Katze
  • URL
  • 編集

[C857] Herr Katzeさん

こんばんわ。

いつも1人でご覧になるんですね。
今回のこの「大奥」は友達と見ましたが、私も結構、1人が多いです。
1人の方が映画に集中出来ますよね。

私は二宮くんのドラマ・映画をあまり見た事がなく、避けていた訳ではないのですが、あまり見る気が起きなかった・・と言うか、なので、今回、約2時間、ガッツリと見たのは 初めてかも知れないです。
「ニノの演技は上手い」と、私も周りから聞きますし、私も、下手だとは思わないのですが、Herr Katzeさんと同じく、私も、「そんなに絶賛される程なのかなぁ??」とは、多少は思います。

今回一緒に見に行った嵐ファンの友達も「何か違和感は感じる」とは言っていますし、Herr Katzeさんの前に書き込みをして下さった方、そして、このブログを読んで、「私もそう思う」と言うメールをくれた友人も居るので、今回の「水野」と言う役に関しては、いつもよりは「ハマってない」のかも知れないですね。

まぁでも、私が「海猿」を見て感じた「有り得ん」とまでは思わず、普通に まぁまぁ面白く見れた方なので、有りですかね^^。

そして、中村蒼さんですが、確かに、とても可愛らしかったですよね。
「大奥」の漫画の方を、チラッとだけ ネット立ち読みしたのですが、その中に出ていた漫画の方の役ととても合っていたように思います。


話は戻り、「海猿」、あの後、ものすごい勢いで「罵倒」する書き込みがありました。
私のあの延々と長い記事を2つも読んでいただいて、そして、長いコメントを書いていただいた・・と言う「海猿への思い」なのか、「私への怒り」なのか、そのパワーに ある意味 感心したのと、無視してもいいような私の記事に、ああやって、わざわざ書き込みまでしていただける位に熱心な「海猿」ファンが居ると言う事で、改めて、「海猿」ってすごい人気なんだなぁ~と思いました(苦笑)。
(正直、私も かなり手厳しく書いた所もあるんですけどね・・・。)


すごく余談なんですけど・・。
「死刑台のエレベータ」って、ご覧になりましたか?
私は見ていないのですが、Yahoo映画のレビューを見ると、ものすごく低評価と言うか、酷評されていて、私、逆に興味が沸いて来てしまって・・。
  • 2010-10-13
  • 投稿者 : まっちゃな旅人
  • URL
  • 編集

[C860] すばらしい熱意ですね

それを他所にむければ・・・
とは、こちらもブログ巡回して、長文書いてたり
いたしますので申しませんが

所詮作品の受け取り方なんて人それぞれ
なんですから、いちいち真に受けて真剣に
怒ってたら疲れるだろうにねぇ
とは思います


死刑台のエレベーター、福井では
公開されてないですよね?

プロットだけ見るとつまらなくなさそう
なんですがどうなんでしょう?

りメイクなので元作品の熱狂的なファンが
むちゃくちゃ酷評してる、ってのは
ないでしょうか
どうやらオリジナルはかなり名作のようですし
  • 2010-10-14
  • 投稿者 : Herr Katze
  • URL
  • 編集

[C862] Herr Katzeさん

私のブログも、映画の話題以外でも、割ときつめのコメントを書いていたりするので、快く思わない方もきっといるのだろうなぁ・・とは思いつつ、ただ、私のブログが、世間に影響も及ぼす事は全然ないので、思ったままを書くようにしてるんですけどね・・。
映画以外でも、「そう言うあなたが・・」と書き込みいただいた事もありますが・・。

ネットの記事って、真偽も分からないような色んな記事がありますし、「感想」的なものに関しては、色んな意見もありますので、私は「そう言う意見もあるのね・・」程度に見ていますし、そう思ってみるべきものかな?とも思っているんですが、みなさん、熱心ですね。。。


「死刑台のエレベーター」、ホントですね・・。
福井県では上映されてないですね・・。
ちょっと残念・・(苦笑)。

「あの本編からあの予告を作った人は天才」って書いてあるYahooユーザーレビューがいくつかあって、予告を見て「面白そうかも?」って思った私は 逆にかなり興味津々になってきました・・・。
WOWOWで入った時に見てみる事にします。
  • 2010-10-16
  • 投稿者 : まっちゃな旅人
  • URL
  • 編集

[C864] たまにそんな予告ありますね

一番いいシーン予告でやっちゃってるじゃーんみたいな

それ以上のシーンは本編になく
そして漏れなくつまらないのでした
  • 2010-10-17
  • 投稿者 : Herr Katze
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索