FC2ブログ

Entries

映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」を見ました。

2010年11月29日(月)

松嶋菜々子さんこちら)、ソン・スンホンさんこちら)出演映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」(こちら)を見ました。
ゴースト

これは、今から20年前の1990年に公開されたアメリカ映画「ゴースト ニューヨークの幻」(こちら)のリメイク版として制作されている映画です。
私は、当時はリアルタイムでは見ていませんが、公開の数年後かに、何かの企画モノ的な感じで上映されたものを映画館で見ています。

ストーリーはこちら・・。
若くして成功を収めた女実業家の星野七海(松嶋菜々子さん)は、ある晩、陶芸を学ぶために日本にやってきた韓国人青年ジュノ(ソン・スンホンさん)と出会う。
やがて二人は運命的な恋に落ち、優しさの中で愛を育み、二人だけの結婚式を挙げ 新しい生活をスタートさせる。
そんな幸せの絶頂で、七海は ひったくり犯のバイクにはねられ、命を落としてしまう。
まもなく七海の元へは天国からの迎えが訪れるが、自分の亡きがらを抱きしめて泣くジュノのそばを離れられず、ゴーストとして現世に留まることを選ぶ。


最初から「リメイク」と言われると、超名作である「ゴースト ニューヨークの幻」と比較してしまってガッカリしそうなのは目に見えているので、そこは「別モノ」と分離させて見ました。
なお、今回は、「ゴースト ニューヨークの幻」と全く同じ設定ではなく、亡くなるのが女性の方です。
また、2人が出会う前の所から描かれています。


見た感想ですが、まぁまぁいい映画ではあったと思います
「お美しい2人」のアップは なかなか絵になりましたよ。

ま、そもそも何故に男性が外国人である設定になったのかは疑問に思う所ではありますが、でも、韓国ドラマをほとんど見ない私には、逆に、男性役がソン・スンホンさんである事が新鮮だったり、また、言葉が「片言」である事が ある種、ストーリー全体にはプラスになってる感もあったかな・・とは思いました
日本人キャストだと、何だか難しそうな気がしないでも・・ない・・ような。何となく・・ですが・・。

そして、今回の映画で、やっぱ何より光っていたのは、霊媒師役の樹木希林さんこちら)と、先輩ゴースト役の芦田愛菜ちゃんこちら)ですかねぇ
樹木希林さん演じる霊媒師は、他に適役が誰も思いつかない位に相当ハマってましたねぇ
芦田愛菜ちゃんも同じくで、松嶋菜々子さんと2人のシーンでは、完全に、松嶋菜々子さんが食われてました


七海がゴーストになった後は、結構、惹き込まれる感じでしたが、それまでのシーン(2人の出会いのシーンとか、その後、結婚するまで)は、何だか言葉にしにくい「違和感」のようなものを感じましたかね
あくまでも、私個人の感想ですが、元々、松嶋菜々子さんの演技がそれ程得意ではないと言うのもあるのですが、いくら「松嶋菜々子」とは言え、37歳になった 2児の母である彼女が あの手のラブストーリーをする事に もう、ちょっと無理が出て来てるかな・・、見てる方も「」って思うかな・・と、映画を見てて正直思いましたかね・・。
ソン・スンホンさんが36歳だそうですので、30代始め位の女優さんの方が、見てて、すんなり見れたかなとは言う気は勝手にしてるのですが、じゃぁ誰がと言われるとあまり思いつかないんで、松嶋菜々子さんでいいんでしょうけどね・・。
女優オーラとか清潔感的なものは 今だ衰えず・・ですしねぇ。
松嶋菜々子さんには、ラブストーリーでなく、違った役、例えば母親の役とか、そっち方向をやってみたらいいのに・・とは思ってます。


あと、今回の映画は、主題歌を平井堅さんが歌っています。
そして、途中、「ゴースト ニューヨークの幻」でも登場する あの有名な「陶芸のシーン」(こちら)もあり、ま、それはいいんですが、その時に掛かるBGMが「ゴースト ニューヨークの幻」と同じ、ライチャス・ブラザーズ(The Righteous Brothers)の「アンチェインド・メロディ」(Unchained Melody)〔こちら〕を、平井堅さんが歌ってて、何だか・・ちょっと冷めちゃいました
あのシーンは、同じ曲を使わない方が良かったかも・・


・・と色々書きましたが、期待値よりは「★」1つ上で、下記のような感じです。
↓↓

見る前の期待度 ★★★★★★☆☆☆☆
見た後の満足度 ★★★★★★★☆☆☆






スポンサーサイト



4件のコメント

[C879] 見ました

思ったより評価高いですね

ゴースト~ニューヨークの幻の方は
まさに当時リアルタイムで見て
だだ泣きしたんで

実はかなり期待してたんです
泣けるかなぁ、と

いやちっとも泣けませんでした

なんで男女入れ替わっただけで
あんなに感情移入できなくなっちゃうんだろう

男性が韓国の方ってのも違和感が
あったし

やり手女性社長にしては安易に
仲良くなりすぎだし


期待が大きかった分失望した感じでした。

しかし、ほとんど設定おんなじなんですね。
元の作品まったく忘れてることに気づきました。
  • 2010-12-01
  • 投稿者 : Herr Katze
  • URL
  • 編集

[C881] Herr Katzeさん

「評価が高い」ですかね(笑)

元々、あまり期待してなかったから、落胆も少なかった・・かも知れないですね

悪くはないけど、「すごく良かった」訳でもない・・と言う感想ですかね。


Herr Katzeさんのおっしゃる突っ込みポイントは、私も同感ですね。

松嶋菜々子さんの演技力不足なのか、または、監督さんの演出が悪いのかは定かづはないですが、至る所に「違和感」は感じましたかね

まあでも、あんまり期待してなかったんで、「やっぱりな」と言う感じでしたかね・・
  • 2010-12-01
  • 投稿者 : まっちゃな旅人
  • URL
  • 編集

[C883] いまさらながら思い出した

昨日スマスマに芦田愛菜ちゃんが出てたんで
思い出したんですが、あそこのエピソードは
完結させてあげて欲しかった!

お母さんゴーストに迎えに来させて
あげればよかったのに

オリジナルの地下鉄ゴーストと違って
エピソード盛ったんだから


正直、一番泣いたのが芦田愛菜ちゃんが
お母さんに会いたいって泣き出す
ところだったので・・・
  • 2010-12-08
  • 投稿者 : Herr Katze
  • URL
  • 編集

[C884] Herr Katzeさん

私も実は、芦田愛菜ちゃんのシーンが一番グッと来ました。

「芦田愛菜ちゃん目線」の「ゴースト 母子ストーリー版」を見てみたいですね♪
  • 2010-12-11
  • 投稿者 : まっちゃな旅人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索