FC2ブログ

Entries

福井県立美術館で開催中の「『2011年NHK大河ドラマ特別展 「江~姫たちの戦国~」(福井展)』を。

2011年5月2日(月)

福井県立美術館こちら)で開催中の『2011年NHK大河ドラマ特別展 「江~姫たちの戦国~」(福井展)』(こちら)を見に行って来ました
2011050113070000.jpg

こちら、チケットです。
IMG_4562.jpg

こちら、チラシです。
IMG_4564_20110501170225.jpg

私、現在、NHKで放送中の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」(こちら)を毎週欠かさず楽しみに見ています

私、2008年の「篤姫」(こちら)は最後の方の5話位は見ましたが、大河ドラマを今まで1度も「全話」通して見た事が無く、「江」は始まる時点でかなり不安でしたが、CMも無く一気に見れるし、また、登場人物も超有名人ばかりなので、見飽きず、取り残される事無く、楽しく見れています。

去年4月の「越前時代行列」を見に行った時のブログでもアップしましたが(こちら)、私、「江」放送開始をかなり楽しみに1年間待っていたので、また、私は元々、江戸時代の「大奥」に関する事に興味があるので、2年前に 福井市立郷土歴史博物館(こちら)でやっていた「大奥展」(こちら)も見て来ましたし(こちら)、ドラマ共々、この『2011年NHK大河ドラマ特別展 「江~姫たちの戦国~」(福井展)』もかなり満喫して来ました

」は、元亀4年(1573年)、近江の戦国大名・浅井長政こちら)と織田信長こちら)の妹・こちら)の間に生まれました。
三姉妹の末っ子で、長女は茶々(淀・豊臣秀吉〔こちら〕側室)〔こちら〕、次女は(小浜藩主京極高次〔こちら〕正室)〔こちら〕です。

生後間もなく父を、11歳の時には 母と義父の越前北庄(今の福井市中心地)城主・柴田勝家こちら)を戦で失います。
その後、2度の結婚を経て、最後に2代将軍・徳川秀忠こちら)の正室となります。
秀忠との間には 2男5女に恵まれ、嫡男・家光こちら)は3代将軍となり、5女・和子(こちら)は御水尾天皇(こちら)に嫁ぎました。
そして、寛永3年(1626年)、江戸城で54歳の生涯を閉じました。

福井県民の方々には、越前北庄城主であった柴田勝家・お市は非常に馴染みのある歴史上の人物ですよね

江の3番目の夫であり、後に2代将軍となる徳川秀忠との間に生まれた家光は、最終的に、3代将軍になる訳ですが、徳川幕府265年の間に居た「正室」の中で、自分の生んだ男子が将軍になったのは この江のみだそうです。
また、江は、「将軍の妻」でもあり、「将軍の母」でもあり、また、自分の娘(5女・和子)を天皇に嫁がせているので「天皇の義母」でもあり、その後、和子が生んだ子供が天皇になっているので、「天皇の祖母」でもあります。
つまり、今の日本の天皇の先祖と言う事にもなりますね。
かなりなスーパーセレブぶり

今回の展覧会では、この江と 彼女を取り巻く人々の遺品や歴史資料、約150点を展示しています。

もちろん写真は撮れませんので、チラシに載っていた3つの展示物のご紹介をしますね。
チラシを撮ったものなので、そんなにキレイじゃないと思いますが・・・。

【市指定】淀消息 京極高次宛〔滋賀・知善院蔵〕
「消息」とは「手紙」の事で、江の姉・淀が 初の夫の京極高次に出した手紙です。
IMG_4570_20110501170224.jpg

【重要文化財】浅井長政夫人・お市像〔和歌山・高野山持明院蔵〕
IMG_4572.jpg

【重要文化財】青井戸茶碗 銘柴田(あおいどちゃわん めいしばた)〔東京・根津美術館蔵〕
柴田勝家が織田信長から拝領した茶碗。本県初公開。
IMG_4568.jpg

あと、チラシに写真がありませんでしたが、一番奥に、一番広いスペースを取って立派に大々的に展示してあった「崇源院宮殿(すうげんいんくうでん)」(こちらこちら)もありました。
「崇源院」(こちら)とは、江の法名です。
「宮殿」とは、仏像や位牌を安置する厨子の一種です。
当初は、徳川家康のものとされていましたが、修復の過程で崇源院の為に作られた事が判明しました。
内外前面にハスの花などの装飾が施されています。
江の息子・忠長(家光の弟)が亡き母の為に作ったものですが、これを作った事が後々、家光の怒りを買う事になる訳ですが・・・。

前述の2年前に見に行った(こちら)福井市立郷土歴史博物館でやっていた「大奥展」もなかなか見ごたえがありましたが、今回の『2011年NHK大河ドラマ特別展 「江~姫たちの戦国~」(福井展)』もかなり・・でしたよ
展示物もかなり多く、江、市、信長、秀吉、家康などが描かれた掛け軸、直筆の書状、調度品もかなりありましたし、また、賤ケ岳の合戦を描いた屏風(びょうぶ)など、福井ゆかりの品も多く並んでいます。
江が姉の初に宛てた直筆の手紙2点も展示してあります。

歴史上の有名な人物が多く絡む時代の展示なので、展示してあるものもかなり有名な方々のものも多いですし、今から400年以上前のものもあったりする訳ですが、そのようなものが今でもちゃんと見れる事にかなり感動をしました
戦争や1923年の関東大震災(こちら)が無かったら、もっともっと残っていたんでしょうねぇ。

あと、博物館・美術館によくある「音声ガイド」、今回は、NHK大河ドラマで、江の母役を演じている女優の鈴木保奈美さんが 3人の娘達の人生や周辺の人々を紹介する という趣向で、「本日はようこそお越し下さいました」という挨拶から始まり、母親目線での優しい語り口になっています。
私は今回、これを借りて(500円)回りました。
かなり良い感じです

今、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」を見ている方には勿論、オススメですし、また、そうでない方に取ってもとても興味深く見れる内容になっていると思うので、是非とも・・
「江~姫たちの戦国~」をご覧になっている方は、この人はドラマでは●○さんが演じてる人で・・とオーバーラップして見ると、より分かりやすいかも知れませんね
江、茶々、初、市、信長、秀吉辺りはすんなり入るんですが、京極龍子(こちら)とか 北政所(おね)〔こちら〕とかになって来ると、よく分かんなくなって来ちゃいそうなので、京極龍子は鈴木砂羽さん、北政所は大竹しのぶさん・・・と置き換えて見てました。

余談ですが、ドラマでは前田健さんが演じている 家康の次男であり、秀吉の養子である秀康(こちら)は、「結城秀康」となって、北ノ庄藩(福井藩)の初代藩主となります


私が行ったのは、昨日(日曜日)の午後で、GWの真っ只中の休日だった事もあり、かなり混んでましたねぇ。
わざわざ日曜日に行かなくても、今日とか平日に行けば良かった・・


それと・・・。
今日のpm7:30~8:43のNHK総合の「鶴瓶の家族に乾杯」(こちら)には、「江~姫たちの戦国~」で次女・初を演じる、水川あさみさん(こちら)が出演され(こちら)、柴田勝家の居城があった福井市を回るそうです。
楽しみですね
これ、私、雑誌(テレビ誌)を見てて、楽しみに待っていた放送なのですが、実は、ホントは、震災の直後に放送予定だった分なんです
震災で放送がなくなったのなぁって思っていたのですが、放送決定して良かったです
なお、再放送は、5/4(水)のpm1:05~2:20にあります。


◆福井県立美術館
住所:福井県福井市文京3‐16‐1
TEL:0776-25‐0452
開催期間:4/22(金)~5/29(日)
開館時間:午前9時から午後5時まで
 ※毎週金曜日は午後8時まで。
  入館はいずれも閉館30分前まで
休館日:5/9(月)、5/23(月)
観覧料:一般1,200円、大高生800円、中学生以下は無料


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索