FC2ブログ

Entries

NHK杯開催&そして、オリンピック代表が決定!

2012年5月5日(土)

昨日、アップした通り(こちら)、昨日&本日と体操のNHK杯が開催されました(こちら)。

東京・代々木第一体育館での開催なので、テレビでの観戦でした。

8月に行われるロンドンオリンピックの日本代表決定競技会も兼ねていましたので、どの選手がオリンピック代表になるのか、楽しみにしていました

代表選考会としての結果はこちら・・(こちら)。
男子(こちら
内村航平選手こちら
田中和仁選手こちら
山室光史選手こちら
加藤凌平選手こちら
田中佑典選手こちら

女子(こちら
田中理恵選手こちら
美濃部ゆう選手こちら
寺本明日香選手こちら
鶴見虹子選手こちら
新竹優子選手こちら

みなさん、おめでとうございます


田中和仁選手&田中理恵選手&田中佑典選手。
体操界では 史上初の「3きょうだい」での出場です(こちら

今回の選考会では、4/7~8に行われた2次選考会(全日本選手権)の成績を持ち点とし、昨日・今日のNHK杯の点数が加味され、4日間の得点で、日本代表選手が決定されます。

男子は、ポイント制が導入されています。
田中和仁選手は 総合1位、山室選手は 総合ポイント、加藤選手(順大)はゆかでのポイントで 試合終了後には代表が決定していましたが、鉄棒での発表がなかなかなく、田中佑典選手と植松鉱治選手(こちら)、どちらが代表になるんだろう・・・とワクワクドキドキして待っていましたが、発表された結果は 田中佑典選手でした。
TV中継を見ていても、会場がどよめいていたのが聞こえましたねぇ。

私は 個人的に 植松選手にも 是非、代表になって欲しかったですし、また、田中佑典選手には、去年10月の世界選手権・団体決勝での 鉄棒落下により金メダルならず・・(こちら)の雪辱も 自分自身で晴らして欲しかったので、2人共代表になって欲しかったですが、そんな訳にも行きませんし・・・。
沖口誠選手(こちら)や小林研也選手(こちら)も・・と言い出すと、「5人」と言う枠に収まり切らないですが

女子は、全日本&NHK杯の成績上位5名がそのまま代表になっています。
去年の世界選手権の女子団体決勝の際の跳馬でのアクシデントで そのまま「無念の欠場」をしてしまった(こちら)飯塚友海選手(こちら)。
今回こそは・・・と思っていたのですが、昨日、腰痛による棄権が発表され(こちら)、代表の夢は叶いませんでした
笹田夏実選手(こちら)は あと一歩の所で ボイコットで不出場の1980年の「幻のモスクワ五輪代表」の母・弥生さんとの悲願である 代表には入りませんでした

ちなみに、男子代表の加藤選手は、お父さんは 内村選手・山室選手・田中佑典選手の所属するコナミ(こちら)の監督・加藤裕之さん(こちら)ですが、加藤監督自身は オリンピックに出場出来なかったので、「お父さんをオリンピックに連れて行きたい」と言う思いが 加藤選手にはあったそうです。
良かったですねぇ。
ま・・、「代表を自分のチームからより多く」と言う監督の思いと、「自分の息子に是非」と言う思いと、加藤監督、かなり複雑な心境ではあったでしょうねぇ

あとは、「才能は兄以上」と言われる田中佑典選手が 本番でもその強さを出せる事、まだ18歳の加藤選手の大舞台での経験不足を どのように持って行くか・・って所がキーですかね。
・・って、私、誰・・
いやね、、、田中佑典選手、去年10月の世界選手権・団体決勝での 鉄棒落下、私、会場で見てて、私は息が止まったし、会場中が悲鳴に近い状況だったので、何か、、心配で・・・・。
兄・田中和仁選手も、大舞台での鉄棒落下もポツポツあるんで・・・・。


女子は、鶴見選手、ホントもう、代表になれないかと思ってましたよ
アナタが居ないと困るのよ・・って思ってました。
いやぁ~、良かった


なお・・・。
代表は 今まで「6名」でしたが、ロンドンオリンピックでは「5名」になっています(こちら)。
団体総合予選は、「6-5-4制」と言い、6名の登録選手の中から各種目5名が演技し、その上位4名の得点合計が団体得点となっていました。
そして、団体順位8チームが団体決勝へ進出し、団体決勝では「6-3-3制」と言い、6名の登録選手の中から各種目3名が演技し、その全ての得点合計が団体得点となり、メダルを争っていました。
ロンドンオリンピックでは、団体予選を「5-4-3制」、団体決勝を「5-3-3制」で行います。
これは、一見、かなり厳しくは見えますが、ライバル・中国は、従来より 個人総合よりも種目別に強い選手に重きを置かれて代表になっている場合が多いので、オールラウンダーの多い日本には、ある意味、有利に働く部分もあります。
選手への負担は、かなり大きくはなりますが・・・。
今回の代表で、ゆかと鉄棒でポイント制になっているのも、中国への対応策でもあります。
ですが、ゆかと鉄棒のポイントで代表になった加藤選手・田中佑典選手、種目に強いとは言え、共に オールラウンダーですし、また、他の3選手もオールラウンダーですし、今回の5選手、イイカンジじゃないですかね


今回、女子・男子とTV中継が別々にあり(女子はNHK BS1)、結果、4時間近く見ていましたが、内村選手・田中理恵選手効果で、かなりの観客が居たのを テレビを通して見る事が出来ました。
その影響か、または、最近、世界選手権などの大会をフジテレビが中継していて、それを模倣してみたか、今までにない「採点方法」の図解・映像化、また、選手説明、また、会場内での実況&解説的なものもあったので、非常に見やすかったですよね。
(あの会場内での実況&解説的なものをしている男性、去年の世界選手権の時と同じ男性ですね)
会場内の大きなスクリーンにも 選手紹介が出てましたし。
この辺、今までのNHKでの体操中継には あまり無かったですが、体操は 採点方法が分かりにくいスポーツですし、体操自体よりも選手目当てで見ている観客に向けてのフォローが無いと、正直、「よく分かんない」で終わっちゃいますし、いい傾向です


余談ですが・・・。
加藤選手、演技と演技の間に バッグからおもむろに、こんなん出して来て食べてました。
IMG_0113.jpg

これは、「ブルボン」(こちら)の「ブランチュール ミニチョコレート 抹茶ミルク」(こちら)ですね
過去に このブログでもアップしています⇒こちら

アップ済ですが(こちら)、去年10月の世界選手権の男子団体決勝の時には、演技と演技の間に 内村選手と田中佑典選手が「明治製菓」(こちら)の「Green Tea」を食べていましたが、日本代表で、「抹茶スイーツ」流行ってる・・


いやいや・・・。
あと3ケ月、みなさん、とにかく、ケガなく頑張って欲しいです

去年10月の世界選手権では、会場で「手作り応援旗」(こちら)をテレビ中継で見ても分かる位振り振りして、「内村選手の前人未到の個人総合3連覇」を見届けましたけど(こちら)、8月のオリンピックでは、「験担ぎ」で、その旗を また出して来ようかな・・



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索