FC2ブログ

Entries

ロンドンオリンピック・体操【女子個人総合】

2012年8月4日(土)

ロンドンオリンピックこちら)開催中です。

体操競技は、7/28から予選が始まり、最終日は8/7と言う長丁場です(こちら)。
〔参考〕2008年の北京オリンピック時に1人勝手に盛り上がってたブログは→こちら


8/2(木)の夜中、女子個人総合が行われました。

女子は今回、個人総合でのメダルは厳しいと思っていたので、男子の競技なら夜中に ほぼ リアルタイムで見る所、録画したものを 今朝見ました。


エントリーしていたのは、こちら2名。
田中理恵選手こちら
寺本明日香選手こちら

個人総合には、2日目に行われた団体予選(こちら)の上位24名が出場しています。
ただ、「各国2名まで」と決まっており、日本からはこの2名が出場です。
寺本選手が予選8位、田中選手が予選23位でした。

演技順はこちら・・。
・寺本選手:段違い平行棒→平均台→ゆか→跳馬
・田中選手:ゆか→跳馬→段違い平行棒→平均台


結果は、寺本選手が11位、田中選手が16位こちら)でした。

こちら、今日の新聞(一般紙)です。
IMG_0938_20120804122845.jpg

IMG_0935_20120804122844.jpg


寺本選手、今回の団体予選・決勝、個人総合、全てノーミスの演技でしたね
個人総合も 非常に安定感があって、オリンピック初出場ながら堂々としていた演技で、これ以上は無いと言う演技だったなぁと思います。
立派な11位でした

今回の女子の解説の黒田真由さん(こちら)。
2005年&2006年の世界選手権で、2大会連続で種目別決勝・段違い平行棒で4位入賞され(2006年の時の記事は→こちら)、2008年の北京オリンピック(こちら)の団体5位(こちら)メンバーですが、黒田さんが「(この)器具でしっかり結果を出せる」と段違い平行棒の時に言っていたのですが、男子同様、女子も、「器具の違い」には 対応に苦しんでいたのかも知れないですねぇ


そして、田中選手。
ゆかでラインオーバー、跳馬でも大きく足が左に出て減点、平均台では多少のフラつきがあったりして、多分、田中選手自身は 満足が行っていない演技な所もあるのかも知れないですが、予選よりも7位上げ、また、日本女子で初めて「エレガンス賞」を獲得した(こちら)2010年の世界選手権の17位を1つ上回った結果でしたね

25歳にして初出場のオリンピック。
そして、きっと「何かの区切り」とするんじゃないかな・・と思う大会でしょうし、16位、素晴らしかったと思います

2選手とも、ケガの中、苦しい時期もあったと思いますが、本当に本当にお疲れ様でした


2選手はこれが最後の演技でしたが、日本女子としては、8/6(月)の種目別決勝段違い平行棒鶴見虹子選手こちら)が出場します。

鶴見選手は、解説の黒田さんと同様、2008年の北京オリンピックの団体5位メンバーで、2009年の世界選手権の個人総合3位(こちら)、段違い平行棒2位(こちら)の選手です。
ケガからようやく復帰し、オリンピックに間に合いました
最後を締めくくって欲しいですね。


さて、海外の選手ですが・・・。
1位は アメリカのガブリエル・ダグラス選手こちら)、2位がロシアのビクトリア・コモワ選手こちら)、3位がロシアのアリーヤ・ムスタフィナ選手こちら)でした(こちらこちら)。

アメリカのダグラス選手、黒人選手初のチャンピオンだそうです。


なお、個人総合には、2日目に行われた団体予選(こちら)の上位24名が出場していますが、「各国2名まで」と決まっており、去年の東京での世界選手権の個人総合チャンピオンである ジョーディン・ウィーバー選手(こちら)が 予選4位ながら 出場出来ないと言う残念な状況になっていました。
予選の全選手の得点と順位は→こちら

ルールですので仕方ないですが、アメリカの「層の厚さ」を感じますよね。
観客席で応援するジョーディン・ウィーバー選手が何回か映ってましたね。
ま・・。
その1列後ろに日本チームが居て、内村航平選手(こちら)、田中和仁選手(こちら)、田中佑典選手(こちら)、また、美濃部ゆう選手(こちら)、鶴見選手が見えました。
内村選手は、かなりぼーっと、日の丸旗を持ってましたけど・・

新竹優子選手(こちら)は、寺本選手について一緒に回っていたんですが、新竹選手って、他の大会でも かなりよくこの役割をやってますが、何でなんですかね・・


今回の アメリカ、ロシアのメダリスト名の3名、そして、4位のアメリカのアレクサンドラ・レイズマン選手を見ていると、ロシアとアメリカの体操って、全然違いますよね。
アメリカは、パワフルで 早さ・勢いもある、そして、演技後の喜び方も いかにもアメリカ人。
一方、ロシアは、優雅な体操の中に難しい技を入れている。
見てて、違いを楽しめました

なお、今回の金メダルのアメリカのダグラス選手、とっても可愛い選手ですねぇ。
女子の体操の大会では、欧米系・中国の選手が上位に来る事が多いので、白人・黄色人種が多いのですが、褐色の肌に紫のユニフォーム、そして、愛らしい笑顔が とっても印象的でした。

彼女を見ていると想い出すのが、同じ黒人選手のブラジルのドス・サントス選手(こちらこちら)。
とにかく、種目別のゆかに強い選手で、2003年の世界選手権では優勝、2004年のアテネオリンピックでは5位、2008年北京ではオリンピック7位でした。
黒人選手らしい「バネ」のある演技で、見てて、とても好きでした。
そんな懐かしい思い出を持って見てましたけど・・。


体操は一旦、お休みに入っています。
間に3日、「トランポリン」(こちら)が入り、次の試合は、8/5(日)の夜の種目別決勝1日目(男子:ゆか・あん馬、女子:跳馬)です。

日本からは、男子のゆか内村選手が出場します。

8/1の個人総合で 日本人で28年ぶり金メダルを獲得した(こちら)内村選手。

私も会場で生観戦した(こちら)去年秋の東京での世界選手権(こちら)の種目別決勝のゆかでは、金メダルを獲得しましたよね(こちら)。

G難度の「リ・ジョンソン」(後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり)〔Youtube映像→こちら〕を 「3回ひねって、あんなにきれいに出来る訳がない」と、審判が2回ひねりと誤審し、コーチからの抗議で再審され、金メダルを獲得した あの素晴らしいゆかを再び見せて欲しいです


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索