FC2ブログ

Entries

ロンドンオリンピック・体操【男子個人総合】続き・・。

2012年8月2日(木)

ロンドンオリンピックこちら)開催中です。

体操競技は、7/28から予選が始まり、最終日は8/7と言う長丁場です(こちら)。
〔参考〕2008年の北京オリンピック時に1人勝手に盛り上がってたブログは→こちら


朝アップしました通り(こちら)、今日の夜中、男子個人総合が行われました。

結果はもう、朝から延々と報道されています通り、内村航平選手こちら)のオリンピックでの個人総合では 28年ぶりの金メダルでしたこちら
田中和仁選手こちら)は6位でした(こちら)。

本当におめでとうございます
田中選手も「入賞」ですね

朝、ブログをアップした後、色々と朝からテレビを見ていたのですが、今、午前中・日中の午後に放送されている「ワイドショー系」って、オリンピック一色なので、それらの番組で色々と出てましたねぇ。
その出っぷりに、ちょっと笑ってしまいましたけどね

会社や学校などで、どこかで集まって応援している映像が出て来たり、縁のある方が(恩師、知人、家族)等、色んな人が出て来て語り、過去映像を引っ張り出し、内村選手の軌跡、リベンジを これでもかっと言う位流してましたね。
ありがたい事ですねぇ、ホントに
でも、そのワッショイワッショイ感が、、、妙にウケる

で、私も会場で生観戦した(こちら)去年秋の東京での世界選手権(こちら)での「前人未到の個人総合3連覇」を達成した時の映像も頻繁に出て来ていますが・・。
個人総合の表彰式で、張り切って「手作り日の丸旗」(こちら)を振り振りしてる私も登場してる

思わぬ再登場
今見ると、かなり恥ずかしい


今日1日、すっごく気分が良かったんですよね。
何か、「本当に金メダルだったんだなぁ」とか「スゴイ人だなぁ」とか、しみじみしましたしねぇ

そして、私、今日午後から会社に行ったんですが、運転してたらこんな事に遭遇しました
2012080212370000.jpg

車のメーターの所にある走行距離の累計が出ている所です。
77777」ですよ~

こんな日にこんな事になるなんて、本当に、内村選手をお祝しているみたいですよね


そうそう・・・。
去年秋の東京での世界選手権、一緒に、男子個人総合&種目別決勝を見に行った友達。

その時には「体操は今まであまりしっかり見た事もないし、ルールも分からないけど・・・」と言ってたのですが、実際見て、そして、「前人未到の個人総合3連覇」の歴史的瞬間に立ち会い、「スゴイ所に居るよね、私」と感激していたんですけど、今回も、夜中、起きて、ちゃんと見てくれてるみたいです。

で、彼女から質問が来まして・・。

「今回の個人総合、中国の選手は何故出てないの」と。

そうですね。確かに。
それについて、こちらでも書いてみたいと思います

今回の個人総合には、初日に行われた団体予選(こちら)の上位24名が出場しています(こちら)。
その中に中国の選手が居ませんでした。
29位の郭偉陽選手が最高順位でした。

まず、中国は、初日の予選で6種目を演技している人が居なかったんですよね。
29位の郭偉陽選手と、あと、馮喆選手が一番多くて、5種目。
これでは、6種目の合計には勝てないので、結果、個人総合には出れない事になります。
各国の各選手の演技した種目と点数は→こちら

日本人男子は、6種目演技をした選手として、内村選手、田中和仁選手(こちら)、山室光史選手(こちら)の3人が居て、他の国も、大体2~3名がそうしています。

でも、中国はそうではなく、「各種目が得意な選手4名が演技をする」と言う作戦を取っていました。
つまり、『「団体」を勝ちに行っていた』と言う事になります。
なので、団体決勝を中国が圧勝したのは、その作戦の勝利でもあった訳です。

そして、この作戦だと、個人総合には出れませんが、その後にある 種目別決勝には出れます。
つり輪には、陳一氷選手(こちら)が(こちら)、鉄棒には 張成龍選手が(こちら)、平行棒には 馮喆選手&張成龍選手が(こちら)、ゆかには 鄒凱選手(こちら)が(こちら)出場します。

2008年の北京オリンピックでは、中国の楊威(ヨウイ)〔こちら〕が個人総合で優勝しています。
その時のブログは→こちら

それまでの中国のオリンピックでの個人総合でのメダルは、1984年のロサンゼルスオリンピックでの李寧が銅メダル、1996年のアトランタオリンピックでの李小双の金メダル、2000年のシドニーオリンピックでの楊威が銀メダル。
この方々です。

ちょいちょいとメダリストを送り出している中国ですが、最近は 団体・種目別にシフトチェンジしようとしてるんですかね。
その方が選手への負担も少なくなりますしねぇ・・・。

でも、体操における「オリンピックチャンピオン」は「個人総合優勝者」の事を指しているような気がするので、体操選手としては、やっぱ、個人総合を目指して欲しいなぁ・・とは思いますけどね


1996年のアトランタオリンピックでの個人総合・金メダリスト「李小双」で思い出しました。
私、この前年の1995年、名古屋市で開催された中日カップ(2004年大会を最後に休止。現在は「豊田国際体操競技大会」〔こちら〕)を見に行きました。
その時に、鉄棒だか、個人総合だかで、李小双が圧巻の演技で優勝しまして。
鉄棒で 離れ技をこれでもかと言う位に実施し、離れ技の度に 会場が大盛り上がり

私、友達と見に行ってたのですが、友達と大盛り上がりしまして、表彰式だったかなぁ。
客席から 李選手に向かって「リー~~~~~」と叫び、そうしたら、李選手が振り向き、2人で「コングラチュレーショ~~ン」と これまた叫び、満面の笑みで 両手を振りましたねぇ
李選手、手を振り返してくれましたけどね。

今思えば、呼び捨て・・みたいな。

そんな思い出もある体操の大会です。



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索