FC2ブログ

Entries

ロンドンオリンピック・体操【種目別決勝2日目】

2012年8月7日(火)

ロンドンオリンピックこちら)開催中です。

体操競技は、7/28から予選が始まり、最終日は8/7(ロンドン時間)と言う長丁場です(こちら)。
〔参考〕2008年の北京オリンピック時に1人勝手に盛り上がってたブログは→こちら


昨日の夜、種目別決勝2日目が行われました。
男子:つり輪・跳馬、女子:段違い平行棒が行われました。

なお・・・。
初日に行われた団体予選(こちら)、これはこの種目別決勝の予選も兼ねていました。
ご存知の通り、日本男子は予選にミスを連発し、結果、種目別決勝に残れる結果を いつもより残しておらず、いつもにしては、日本選手の出場が少ないと言う結果になっています。
それは、予選6位の中国も同じです。
ちょっと残念


日本からは、女子:段違い平行棒鶴見虹子選手こちら)が出場します。

本日の種目別決勝・段違い平行棒 には、2日目に行われた団体予選(こちら)の上位8名が出場しています。
出場選手はこちら(順位は予選の順位)。
1位 イギリス エリザベス・トウェドル選手
2位 中国 何可欣選手
3位 ロシア  ビクトリア・コモワ選手
4位 中国 姚金男選手
5位 ロシア アリーヤ・ムスタフィナ選手
6位 アメリカ ガブリエル・ダグラス選手
8位 ドイツ  エリザベト・ザイツ選手
9位 日本 鶴見選手

予選では 7位に中国・黄秋爽選手が居たのですが、「1ケ国2名」となっている為 出場出来ず、鶴見選手は9位だったのですが、出場資格が与えられました。

8/1に行われた個人総合(こちら)で1位のアメリカ・ダグラス選手、そして、2位のロシア・コモワ選手、3位のロシア・ムスタフィナ選手(こちら)の2名も出場ですね。
かなりハイレベルな戦いが予想されそうですね。

なお・・。
去年の東京での世界選手権の順位はこちらです(こちら)。
1位 ロシア  ビクトリア・コモワ選手
2位 ロシア タチアナ・ナビエワ選手
3位 中国 黄秋爽選手

鶴見選手は、2008年の北京オリンピック(こちら)の団体5位(こちら)メンバーで、2009年の世界選手権の個人総合3位(こちら)、段違い平行棒2位(こちら)の選手です。
ケガからようやく復帰し、オリンピックに間に合いました
最後を締めくくって欲しいですね。


そんな前情報を書きつつ、結果&観戦結果です。

1位は ロシア・ムスタフィナ選手、2位は 中国・何可欣選手、3位は イギリス・トウェドル選手でした(こちら)。

ロシア・ムスタフィナ選手は、ロシア勢としては、2000年シドニーのホルキナ(こちら)以来の金メダルです。

ホルキナの段違い平行棒、私、大好きでしたよ~。
引退してから大分経ちますが、ホルキナファンも、今も世界中に居ますし、日本女子の田中理恵選手(こちら)も目標に挙げている選手です。
また、今回、段違い平行棒で『ホルキナ飛び越し』を実施している選手も居ましたよね。

話がホルキナに行っちゃいましたが、個人総合では、銅メダルのムスタフィナ選手ですが(こちら)、今回の段違い平行棒での金メダル、良かったですよね。

2位は 中国・何可欣選手でした。
前回の2008年の北京オリンピックの金メダリストで、今回のDスコア7.1点。
さすがです。

そう言えば・・。
前回の2008年の北京オリンピックで、何可欣選手に『年齢サバ読み疑惑』(こちら)がありましたよね
今回20歳になってのオリンピック。
何可欣選手、何だか、『大人顔』になってるし。
もしかして、身長も少し、伸びてない

3位の イギリス・トウェドル選手、パワフルな大技の連続で、見ていて、女子の段違い平行棒とは思えない内容でしたよね。
最後、着地を決めていたら、1つ上の銀メダルだったかも知れませんね。


そして、鶴見選手は7位でした(こちら)。

こちら新聞(一般紙)です。
2012080808080000.jpg

2012080808070001.jpg

内容的には、他の選手と比べて、Dスコアがそれ程高くないので、メダルは元々厳しかったですが、でも、今回の段違い平行棒の演技、鶴見選手の力は100%出ていた そんな素晴らしい演技でしたよね。

鶴見選手は姿勢のきれいな体操をしますが、今回も十分に発揮出来ていた気がしました。

なお、種目別での入賞は、1984年のロサンゼルスオリンピックの7位以来だそうですよ。


なお、ロシア・コモワ選手は、バーに2回、足を当ててしまい、思うように点が出ませんでしたね。
5位でした。

コモワ選手は、失敗すると、みるみる内に泣き顔になって、へこんでしまい、見てるこちらも悲しくなるような表情ですよね。
だけど、、、コモワ選手に精神的な強さが加わると、もっと安定感のある素晴らしい選手になるのかも・・とも思いましたけどね・・・・。



そして、その他の2種目についてですが・・・。

男子・つり輪の出場選手はこちら(順位は予選の順位)。
初日に行われた団体予選(こちら)の上位8名が出場しています。
1位 中国 陳 一氷選手(こちら
2位 イタリア マッテオ・モランディ選手
3位 ロシア Aleksandr Balandin選手
4位 ブラジル アルトゥール ナバレッテ・ザネッティ選手
5位 ロシア デニス・アブリャジン選手
6位 プエルトリコ Tommy Ramos選手
7位 アルゼンチン フェデリコ・モリナリ選手
8位 ブルガリア Iordan Iovtchev選手

なお・・。
去年の東京での世界選手権の順位はこちらです(こちら)。
1位 中国 陳一氷選手
2位 ブラジル アーサー・サネッティ選手
3位 日本 山室光史選手(こちら

「陳一氷選手と言えばつり輪」、「つり輪と言えば陳一氷選手」と言われる位に圧倒的な強さを発揮しています。
つり輪のスペシャリストであり、世界選手権では、2006年から4連覇中で、北京オリンピックも含めると5連勝中です。

つり輪って、とにかく、力が必要な種目で、見てるこっちの力も入りますが、陳一氷選手のつり輪は、何だか安心してみていられると言うか、安定感もあり、「絶対大丈夫そう」と言う印象があります。
あと、私の完全な個人的思考ですが、陳一氷選手、とってもいい人そうで、前から「友達になりたい」と思っている選手です

また、去年の世界選手権で3位になった(こちら)山室選手は 予選23位で、決勝には進めませんでした


そんな前情報を書きつつ、結果&観戦結果です。

1位は ブラジル・ザネッティ選手、2位は 中国・陳一氷選手、3位 イタリア・モランディ選手です。

3選手共、素晴らしい演技で、1位と2位の差が0.1点、2位と3位の差が0.067と、かなりのハイレベルな闘いでしたね~~。

ザネッティ選手は、ブラジル体操界初のメダルだそうです。
予選よりDスコア(技の難度)をあげての決勝で、最後、着地で1歩出ましたが、最終演技者でいきなり優勝と言う結果でした。

陳一氷選手、敗れた~
私、陳一氷選手がつり輪で1位以外を取るのを初めて見ました。

陳一氷が1位だと信じて見てたんで(多分、本人もでしょうが・・)、かなりびっくり
予期しない事も起こるのも、さすが、オリンピックの種目別決勝ですね。

モランディ選手は、3回目のオリンピックで、初めてのメダル獲得です。


あと、ブルガリア・ヨブチェフ選手(こちら)。
6大会連続出場、つり輪では、5大会連続の種目別決勝出場の39歳です。
すごいなあ~~。

今回の結果は7位でしたが、でも、、2000年のシドニーオリンピックでゆか・つり輪で銅メダル、2004年のアテネオリンピックのつり輪で銀メダル、ゆかで銅メダル、世界選手権でも 地元・福井県鯖江市で開催の1995年~2009年まにでメダル獲得数13個 と言う輝かしい成績を残しています。


昨日の女子・跳馬に出場していた(こちら)ドイツ・チュソビチナ選手も37歳でしたが、短い選手生命の体操選手、その中でも、それだけ長い期間を 現役で続けられるのはスゴいですね。
精神力、体力に脱帽です。

ヨブチェフ選手今大会で引退し、「ブルガリア体操協会会長」に専念するそうです、
本当にお疲れ様でした。



そして、男子・跳馬の出場選手はこちら(順位は予選の順位)。
初日に行われた団体予選(こちら)の上位8名が出場しています。
1位 ロシア デニス・アブリャジン選手
2位 韓国 梁鶴善選手
3位 チリ Enrique Tomas Gonzalez Sepulveda選手
4位 アメリカ サミュエル・ミクラク選手
5位 アメリカ クリスチャン・トーマス選手
6位 ルーマニア フラビウシュ・コクジ選手
7位 スペイン イサク・ペレス選手
8位 ウクライナ Igor Radivilov選手

なお・・。
去年の東京での世界選手権の順位はこちらです(こちら)。
1位 韓国 梁鶴善選手
2位 ロシア アントン・ゴロツコフ選手
3位 日本 沖口誠選手(こちら

この跳馬は、日本の山室選手も出場を狙っていて、団体予選で2本跳んだ(種目別決勝を狙っている人は2本跳ぶ)のですが、2本目で失敗してしまい、結果、本日の決勝には 出場出来ませんでした

この韓国の梁鶴善選手の跳馬、去年の東京での世界選手権で金メダルでした(こちら)。
私、会場で見てましたが、凄かった
自身の名前の付いた技「ヤン・ハクセン」(前転とび前方伸身宙返り3回ひねり)を行い、素晴らしい跳越で、16.866点と言う 見た事も無い高得点を出していました。
会場もかなり盛り上がりましたねぇ

種目別決勝では、2本違う技を跳び、それを平均した点数で争います。


そんな前情報を書きつつ、結果&観戦結果です。

さすが種目別決勝と言うレベルの高い内容でしたね~~。
1位は 韓国・梁鶴善選手、2位は ロシア・アブリヤジン選手、3位は ウクライナ・ラジビロフ選手でした(こちら)。

韓国・梁鶴善選手、スゴかった。

1本目に、彼自身の名前が付いた技『ヤン・ハクソン』Dスコア7.4点をやってくれましたね。

そして、2本目は『ロペス』でDスコア7.0点で、Eスコア9.6点 合計16.600点と言う 素晴らしい結果で、納得の金メダルでした。

着地もビタリと決まり、最終演技者の2本目。
会場もかなり盛り上がりましたね。

現・世界チャンピオンがオリンピックでもチャンピオン。
無限の可能性を秘めた19歳。
おめでとうございます。


2位のアブリャジン選手、今日のつり輪で5位、昨日行われたゆかでは銅メダル(こちら)と、素晴らしい結果ですよね。

今回の跳馬を見ていて、世界のレベルは、かなり高いなあと思いました。

Dスコア7.00点を跳んでいる選手も沢山居ましたよね。

今の日本の跳馬だと、今回、初日の予選で失敗してしまい、種目別決勝には出れていませんが、山室選手、また、去年の世界選手権で銅メダルだった沖口選手が第一人者ですが、日本の跳馬も、まだまだ頑張らないといけませんねぇ。



さぁ・・・。
今日夜は、体操競技最終日の種目別決勝3日目です。
男子:平行棒、鉄棒、女子:平均台、ゆかが行われます。

田中佑典選手こちら)、田中和仁選手こちら)が平行棒に出場します

初日に行われた団体予選(こちら)では、1位が弟の田中佑典選手、そして、2位が田中和仁選手でしたので(こちら)、兄弟で頑張って欲しい

田中和仁選手、2009年の世界選手権では 平行棒で銀メダルを獲得してますが、どうしてもオリンピックでメダルを取って欲しいんです、私

美しく、完璧な平行棒をオリンピックで披露して欲しい、そう思ってます。








スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索