FC2ブログ

Entries

ロンドンオリンピック・体操【種目別決勝3日目】

2012年8月8日(水)

ロンドンオリンピックこちら)開催中です。

体操競技は、7/28から予選が始まり、最終日は8/7(ロンドン時間)と言う長丁場です(こちら)。
〔参考〕2008年の北京オリンピック時に1人勝手に盛り上がってたブログは→こちら


昨日夜は、体操競技最終日の種目別決勝3日目でした。
男子:平行棒、鉄棒、女子:平均台、ゆかが行われました。

なお・・・。
初日に行われた団体予選(こちら)、これはこの種目別決勝の予選も兼ねていました。
ご存知の通り、日本男子は予選にミスを連発し、結果、種目別決勝に残れる結果を いつもより残しておらず、いつもにしては、日本選手の出場が少ないと言う結果になっています。
それは、予選6位の中国も同じです。
ちょっと残念
内村選手が鉄棒に出ないと言うのは、かなりな番狂わせですよねぇ・・・
本人も種目別用に 高難度の技を準備していたみたいですしね・・。


日本からは、平行棒田中佑典選手こちら)、田中和仁選手こちら)が平行棒に出場しました


男子・平行棒の出場選手はこちら(順位は予選の順位)。
初日に行われた団体予選(こちら)の上位9名が出場しています。
本来は8名ですが、8位が2名の為、9名となっています。
1位 日本 田中佑典選手
2位 日本 田中和仁選手
3位 中国 馮喆選手
4位 ロシア エミン・ガリボフ選手
6位 ドイツ マルセル・ニューエン選手
7位 ギリシャ バシレイオス・トラキディス選手
8位 メキシコ Daniel Corral Barron選手
9位 中国 張成龍選手
9位 フランス ハミルトン・サボ選手

内村航平選手(こちら)が5位で予選通過しているのですが、「1ケ国2名」と決まっているので、出場出来ませんでした

なお、去年の東京での世界選手権の順位はこちらです(こちら)。
1位 アメリカ ダネル・リーバ選手選手
2位 ギリシャ バシレオオス・ツォラキディス選手
2位 中国 張成龙選手


田中佑典選手&田中和仁選手、兄弟で頑張って欲しい

田中佑典選手は、私も会場で生観戦した(こちら)去年秋の東京での世界選手権(こちら)での団体決勝の最終種目の鉄棒で落下→銀(こちら)と言う引き金になってしまった為、今回のオリンピックでは、何より、田中佑典選手自身、何が何でもリベンジしたかったと思うのですが、結果、団体決勝では、自分に与えられた役割をちゃんち果たし、しっかりとリベンジ出来ていましたよね。
テレビにニュース系では、団体決勝・最終種目の内村選手のあん馬での着地ミスばっかりを取り上げていましたが、田中佑典選手は、平行棒も鉄棒もかなり高得点を出してたんですよ
でも、きっと「個人」でのメダルも欲しいでしょうし、今日、頑張って欲しい・・・。

去年の東京での世界選手権→今回のオリンピックの団体予選→団体決勝・・と、ドンドンと成長しているのが 見てても分かるので、今回の平行棒も 田中佑典選手の持っている力を全部出して、そして、結果がついてくればいいな・・と思っています。

田中和仁選手、2009年の世界選手権では 平行棒で銀メダルを獲得しており(こちら)、美しさには定評があります。
どうしてもオリンピックでメダルを取って欲しいんです、私
美しく、完璧な平行棒をオリンピックで披露して欲しい、そう思ってます。


そんな前情報を書きつつ、結果&観戦結果です。

1位は 中国・馮喆選手、2位は ドイツ・ニューエン選手、3位は フランス・サボ選手でした(こちら)。
田中和仁選手は 4位、田中佑典選手は 8位でした(こちら)。

こちら今日の新聞(一般紙)より。
2012080808050000.jpg


1位の馮喆選手、やはり、さすがな演技です
中国の選手は、各種目にスペシャリストが居ますが、今回も、馮喆選手、圧巻な演技でしたね~。

2位のニューエン選手。
個人総合では、内村航平選手に続いて2位だったニューエン選手(こちら)。
個人総合のオールラウンダーが種目別決勝でメダルを取る。
ホントに素晴らしい
今回の個人総合出場で 日本での知名度をかなり上げて、ネットでは「イケメン体操選手」としてかなり盛り上がってますよね


田中和仁選手は、3位・サボ選手との差が0.066点でしたので、ホントに惜しい4位です

田中和仁選手、大きなミスは無く、また、着地もキッチリと決めていましたし・・。

途中、2箇所位、倒立が横に行ったりと『あっ』と思う箇所がありましたが、あれが この『0.066点』の差になったのかも知れませんが、ん~~、かなり惜しい

田中佑典選手は、予選は1位で、Eスコア(技の出来栄え)が9.466点で、かなり完璧な出来でしたが、決勝では、ひじが曲がった所、倒立に入る時に、手が動いて、倒立が後ろに流れそうになったりと、ちょっとミスがあり、田中佑典選手自身では、悔いの残る種目別決勝かも知れないですね

2人とも、メダルの可能性は、かなりあっただけに、少し残念な部分はあります。
ホントに・・

私の個人的な種目別決勝の見方は、種目別決勝は、各種目のスペシャリストが見れる『若干、イベントみたいなもの』なんですよね。
なので、出ている選手が、思い切って、最高の演技をするのを楽しんで見る。
そして、誰が世界一かを決める。
ただ、日本人選手が出てるとなると、また、意味が変わるんで、純粋に楽しめないですがね・・

内村選手みたいに、どこか他で「個人」のメダルがある場合は、『こっちは思い切り、やったらいいじゃん』と思いますが、今回の田中兄弟は、「団体」のメダルのみなんで、『何とか、2人に「個人」のメダルを』と、見てる私も緊張してました。

でも、さすが、種目別決勝・・。
レベルは高いですね

種目別決勝では、小さなミスも、順位を大きく変えてしまいますし、より完璧に演技した選手が上に行く。
そんな結果かも知れませんね



その他の種目はこちら・・・・。

まず、男子・鉄棒の出場選手はこちら(順位は予選の順位)。
初日に行われた団体予選(こちら)の上位8名が出場しています。
1位 オランダ エプケ・ゾンダーランド選手
2位 中国 張成龍選手
3位 アメリカ ダネル・レイバ選手
4位 ドイツ  ファビアン・ハンブッヘン選手
5位 アメリカ ジョナサン・ホートン選手
6位 ロシア エミン・ガリボフ選手
7位 中国 鄒凱選手
8位 韓国 金志勲選手

なかなかスゴいメンバーが集まってますねぇ
1位のオランダ・ゾンダーランド選手はDスコア(技の難度)の非常に高い演技をする選手で、身長もかなり大きいので、かなりは迫力があります。

なお、去年の東京での世界選手権の順位はこちらです(こちら)。
1位 中国 鄒凱選手
2位 中国 張成龍選手
3位 日本 内村選手


そんな前情報を書きつつ、結果&観戦結果です。


1位 オランダ・ゾンダーランド選手、2位 ドイツ・ハンブッヘン選手、3位 中国・鄒凱選手でした(こちら)。
納得の3人ですね

1位のオランダ・ゾンダーランド選手は、身長も高く、演技もダイナミックに見えますし、しかも、毎回、高難度の連続で、毎回、すごく会場は沸く演技をするんですが、メダルまでなかなか結び付かなかったり、また、落下してしまったり、、と、なかなか上位に入れなかったんですが、今回、Dスコアを驚愕の7.9点まで上げて臨み、金メダルでした
オリジナリティのある構成で、最初に最高難度G難度「伸身コールマン」→「コバチ」→「コールマン」を連続して行ってましたよね。
「連続」と言う所が、迫力もありますよね

まあただ・・。
ゾンダーランド選手の場合は、離れ技の時に、足が割れたり、Eスコア的には、あまり高くないですが、それを上回るDスコアです。

ゾンダーランド選手自身、世界選手権も通じて、の金メダル。
おめでとうございます。


2位 ドイツ・ハンブッヘン選手、何か・・、うん・・、良かった~~と思いました

2008年北京オリンピックの鉄棒で銅メダルでしたが(こちら)、それ以降は、ケガがあったりして、ハンブッヘン選手らしい演技が見れなかった大会もありました。
また、2008年北京オリンピックの種目別鉄棒では、演技的には、多少失敗があった中のメダルだったので、出来たら完璧な演技でメダルを取って欲しかったかな・・とは思っていましたが、今回、大納得の内容で、そして。『復活』の銀メダル。
何だか嬉しかったですね~

3位の中国・鄒凱選手、2大会連続金メダルを狙い、Dスコアも7.9点を叩き出し、素晴らしい演技でしたが、1~2位には及ばず・・の銅メダル。
でも、おとといの種目別決勝・ゆかの金メダル(こちら)に続いてのメダル獲得、素晴らしいです。


わたし的には、いくら種目別決勝とは言え、高難度な技の連続だけではなく、やはり『美しい体操』であって欲しいんで、1位のオランダ・ゾンダーランド選手の演技中の足割れなんかは、かなり気になりますよね・・
2位 ドイツ・ハンブッヘン選手の方が きれいで好きだなとは思いますが・・。


ですが、今回は、まさに、種目別決勝の鉄棒を見たと言う ダイナミックな演技の連続でしたね。

この中で日本人選手が対等に演技をする・・。
これからまだまだDスコアを上げて挑戦しないといけませんね
大変だ・・・。



続いて、女子・平均台の出場選手はこちら(順位は予選の順位)。
2日目に行われた団体予選(こちら)の上位8名が出場しています。
1位 中国 眭禄選手
2位 ロシア ビクトリア・コモワ選手
3位 アメリカ ガブリエル・ダグラス選手
4位 中国 鄧琳琳選手
5位 アメリカ アレクサンドラ・レイズマン選手
7位 ロシア キセニア・アファナセワ選手
8位 ルーマニア カタリナ・ポノル選手
10位 ルーマニア ディアナラウラ・ブリマー選手

8/1に行われた個人総合(こちら)で1位のアメリカ・ダグラス選手、そして、2位のロシア・コモワ選手(こちら)の2名も出場、また、去年の東京での世界選手権のチャンピオンの中国・眭禄選手、また、アメリカ・レイズマン選手、ルーマニア・ポノル選手、、、かなりハイレベルな戦いが予想されそうですね。

なお、去年の東京での世界選手権の順位はこちらです(こちら)。
1位 中国 眭禄選手
2位 中国 姚金男選手
3位 アメリカ ジョーディン・ウィーバー選手


そんな前情報を書きつつ、結果&観戦結果です。

1位は 中国・鄧琳琳選手、2位 中国・眭禄選手、3位 アメリカ・レイズマン選手でした(こちら)。

1位の鄧琳琳選手は、2009年の世界選手権の平均台チャンピオン、また、2位の眭禄選手は、去年の東京での世界選手権の平均台チャンピオンでした。

今回の中国、種目別決勝は、どの種目でも素晴らしい結果ですね
「個人総合を捨て、団体・種目別にかける」、そんな中国の作戦が、全て、成功している結果です。
今日も2人とも安定感のある 素晴らしい演技でした。
中国の選手の平均台は、落ちそうにないし、見てて、安心しますよね。

レイズマン選手は、演技後には4位でしたが、コーチ陣からのDスコア(技の出来栄え)の見直し申請があり、審議の結果、0.1点上がりました。

結果、ルーマニア・ポノル選手と、得点は 同じ15.066点でしたが、得点が同じ場合は、Eスコアが高い方が上位に来るルールですので、レイズマン選手が3位になりました。
ま・・、これは仕方ない
レイズマン選手、今回の個人総合では、惜しくも4位でしたので、嬉しい銅メダルですね。

ポノル選手は、2004年アテネオリンピックの種目別の平均台のチャンピオンで、一度引退しましたが、復帰して、今回のオリンピックに挑んで来ました。
24才のポノル選手、一度引退しながら、現役復帰して、そして、種目別決勝でメダルを争える位置に居る事、何て素晴らしい



最後は・・。
女子・ゆかの出場選手はこちら(順位は予選の順位)。
2日目に行われた団体予選(こちら)の上位8名が出場しています。
1位 アメリカ アレクサンドラ・レイズマン選手
2位 ルーマニア サンドラ・イズバサ選手
3位 イタリア ベネッサ・フェラーリ選手
4位 ロシア キセニア・アファナセワ選手
5位 オーストラリア ローレン・ミッチェル選手
6位 アメリカ ジョーディン・ウィーバー選手
7位 ルーマニア カタリナ・ポノル選手
8位 ロシア アリーヤ・ムスタフィナ選手

ここの8名・・。
すごすぎるメンバーじゃないですかぁ
誰が1位になってもおかしくない、そんなメンバーです。
今回の種目別、女子のゆかが最終種目なのですが、最後を飾るにふさわしいメンバーですね

なお、去年の東京での世界選手権の順位はこちらです(こちら)。
1位 ロシア クセニア・アファナシェワ選手
2位 中国 眭禄選手
3位 アメリカ アレクサンドラ・レイズマン選手


そんな前情報を書きつつ、結果&観戦結果です。

1位は アメリカ・レイズマン選手、2位は ルーマニア・ポノル選手、3位は ロシア・ムスタフィナ選手選手です(こちら)。

1位のアメリカ・レイズマン選手は、この日に先に行われた平均台でも銅メダルで、1日に2つも、しかも1つは金メダルですね
今回の個人総合では、惜しくも4位でしたので、嬉しいですね。

何と、種目別のゆかでアメリカが金メダルを獲得するのは 初めてなんですって。
全然そんなイメージが無かったですが、団体や個人総合で優勝しているイメージが強いので、てっきり、種目別でも取っているとばかり思っていました。

2位のルーマニア・ポノル選手、この前に行われた平均台では、最初3位と発表され、その後、アメリカ・レイズマン選手側からの抗議でDスコアが見直しされ、結果、4位になってしまったので、今回のゆか2位、良かったですよね
24歳のポノル選手の大人な優雅な演技がとても印象的でした。

先程の平均台でも書きましたが、ポノル選手は、2004年アテネオリンピックの種目別の平均台のチャンピオンで、一度引退しましたが、復帰して、今回のオリンピックに挑んで来ました。
一度引退しながら、現役復帰して、そして、種目別決勝でメダルを獲得出来る位置に居る事、何て素晴らしい


今回、24歳のポノル選手の他に、種目別決勝初日(こちら)の跳馬で金メダルだった ルーマニア・イズバサ選手が22歳で、この2人が 見た目的にも 身長も大きく、大人な 優雅な雰囲気を醸し出していて、元気とパワーのある若い選手と、両方のタイプの演技が見られる 今日のゆかでした。

なお、イズバサ選手、最後の最後に失敗してしまい、残念ながら、メダルは獲得出来ませんでしたが、それまでがとっても良かったので、本当に残念です



と言う事で・・・・。
団体予選・決勝、個人総合、種目別決勝と、9日間で行われた 今回の体操競技。
日本選手のみなさんだけでなく、他の国の選手・監督・コーチのみなさん、大変お疲れ様でした
それぞれ、嬉しい・残念など色んな思いがあるとは思いますが、そんな演技も 見ていて、勇気とか感動を頂きました。
ありがとうございました。

一方、私も・・・かなり頑張った

夜中起きて、明け方まで観戦し、そして、ブログに書いて、そして、会社に行って・・と言うのを延々と繰り返してまして、しかも、会社もちょっと忙しかったので、大変でしたわ
ま、、、選手の大変さとは比べ物にはならないですが

「オリンピックまとめ」の記事は また後日書くとして、一旦、ここで締めたいと思います。
みなさんも長々とお付き合いいただき、ありがとうございました


ところで・・・。
体操のエキシビジョン「ガラ」はいつ行われるんでしょうねぇ・・

「ガラ」と言うのは、体操・新体操・トランポリンのメダリストの出場するショーのようなものです。
大体、1時間半~2時間位あるんですよ、確か。

前回の2008年の北京オリンピック(こちら)の「ガラ」は、体操競技は終わっていて、新体操はまだ終わっていないと言う頃に行われていたのですが、今回は一体、いつなんですかねぇ

2008年の北京オリンピックの時の「ガラ」の記事→こちら

北京の時には、通常では行われない 平均台での「音楽」をかけた演技とか、「ガラ」とは言え、、「3回ひねり」をする選手も居たりして 手抜きの無い演技で楽しませてくれる選手もたくさん居て、とっても楽しかったんですよねぇ

今回の鉄棒で2位だったドイツ・ハンブッヘン選手なんて、鉄棒で 5つの離れ技をしていて、実は、本番の種目別決勝より完成度が高かったと言う・・
テレビにツッコミましたよ、私・・

早く見たいですねぇ、「ガラ」。

'2012/8/12追記
今回は、「ガラ」、無いんですって
体操会場の「ノースグリニッジアリーナ」、他の競技で すぐに使用するみたいで、日程的に「ガラ」が出来ないそうです。
じゃぁ、種目別、元々2日間でやってたものを 何で今回、3日間でやったのか、そこら辺で調整出来なかっtたのかしら・・って話ですけどねぇ

かなり残念
内村選手が「ショー」的な演技をするの、見てみたかったなぁ・・・




スポンサーサイト



1件のコメント

[C1001] ガラ見たいです

はじめまして
体操選手団、日本に帰ってきましたね
ガラ、無いの?とネットサーフィン中にたどり着きました
通常、器械体操終わり、新体操前にあって、新体操はメダリストちゃうんかい!といいつつ楽しみにしてたのですが、残念です
  • 2012-08-10
  • 投稿者 : どみな
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索