FC2ブログ

Entries

生田斗真さん主演「脳男」を見ました。

2013年2月10日(日)

【ネタバレあります】

わたくし、2012/12/28~1/3でトルコ・イスタンブールこちら)に行って参りました。
ずっと、その旅行記をアップしていますが(こちら)、今日は、違う話題をアップをアップします。

生田斗真さん主演「脳男」(こちら)を見ました。
脳男

ストーリーはこちら・・。
中部地方で名古屋の次に大きい愛宕(おたぎ)市で、連続爆破事件が発生する。
警察が容疑者として辿り着いたのは、緑川紀子(二階堂ふみさん)。
残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介さん)は 犯人の居所を突き止めるが、アジトに踏み込むと、そこには既に、緑川と格闘している男が居た。
身元不明の鈴木一郎(生田斗真さん)と言う男だった。
彼はその供述内容から共犯者と見なされた一郎は、犯行が常軌を逸したものだった為、精神鑑定を受ける事に。
担当となった精神科医・鷲谷真梨子(松雪泰子さん)は感情を表さない一郎に興味を持ち、彼の過去を調べ始めるが・・。



感想ですが・・。

この映画「PG12」と言う年齢制限がある映画で、ストーリー的に 殺人の話なので、そのせいかな・・と思っていたのですが、殺人は殺人でも、舌を切ったり、目玉を繰り抜いたりするシーンがあって、見てて、「お゙」と。
この辺が「PG12」って事だったのね・・と。

今回の映画は「美しき殺人鬼」と言う表現もありましたが、確かに、そうですねぇ。
相変わらず、アップに耐えるお顔で・・・。
余談ですが・・、生田さん演じる「鈴木一郎」の子供時代の子役の子も美少年でした
こちら

鈴木一郎は感情が無く、痛みも感じない殺人鬼と言うキャラクターですが、ただ、殺人鬼とは言っても、見た目的に気持ち悪い 不気味な殺人鬼ではなく、その美しい無表情が 逆に不気味さを出している所があって、佇まいもあって、説得力のある殺人鬼でしたねぇ。

江口洋介さん演じる刑事の茶屋、松雪泰子さん演じる精神科医・鷲谷が 感情がある役なので、逆に、両方が際立つ感じもしました。
また、二階堂ふみさん演じる緑川、そして、その相棒の 太田莉菜さん演じる水沢、この2人も エキセントリックな役で、実にハマってましたねぇ。


この作品は、2000年に 第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於さん(こちら)の同名小説を映画化したものですが、主人公が かなりな難役で、なかなか映画が進まなかったそうです。
確かに、、、しっかりした演技・展開で実写化しないと、安っぽい作品になってしまいそうですしね。

今回、総合病院を全館、爆破したり、街なかで バスを爆破したり、普通の道路でもカーチェイス&爆破・・と、派手なシーンも多いんですよね。
私、あんまりドッカンドッカンした作品とか、殺人ものはあまり好きではないので、あまり普段は見ないのですが、でも、この作品、思ったより面白かったと思いましたし、と言うか、「面白かった」と言うと ちょっと単純過ぎな表現になっちゃいますが、非常に惹きつけられる展開でしたし、「悪に裁きを下す殺人」と言う 通常ではあり得ない設定を「それも有りなのかも」と思わせてしまうような、こちらの「善悪」もおかしくさせるような、そんな作品で、「よく出来た映画だったのでは」と思いましたねぇ。
上から目線ですが・・・
爽やかな役の多い生田さんの 新境地になるような作品だったのでは・・と思います


見る前の期待度 ★★★★★★★☆☆☆
見た後の満足度 ★★★★★★★★☆☆


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索