FC2ブログ

Entries

トルコ・イスタンブールへの旅〔26〕 観光地編≪17≫ ショップ

2013年2月11日(月)

アップ済ですが(こちら)、わたくし、2012/12/28~1/3でトルコ・イスタンブールこちら)に行って参りました。
実は、1997年8月に トルコ周遊8日間の旅をしており、2回目のイスタンブールです。

おとといは『観光地編≪16≫ 路面電車(トラム)』でしたが(こちら)、今日は『観光地編≪17≫ ショップ』です。

イスタンブールは 世界で唯一、アジア(アナトリア半島)側とヨーロッパ(トラキア地方)側の両方の2大陸にまたがっている都市です。
また、ヨーロッパ側も 歴史遺産地区の旧市街と、かつての外国人居留地の新市街の2つに分かれています。

旧市街を歩いていると、「トルコらしいなぁ」と思うグッズを売っているお店が沢山あります。

この「モザイクガラスランプ」(こちら)は、街なかのお店でも沢山売っていて、レストランの天井からぶら下がっていたりして、非常に人気のあるお土産です。
IMG_2639-1.jpg

形も吊り下げ式、スタンド式、小さなキャンドルホルダー式など様々あります。
元々トルコには「トルコランプ」の伝統があり、モスクの天井からつるされているのも 全てガラスのランプでした。

私が前回トルコに行った時には、全く見かけていないので、何故かと思っていたら・・。
これ、10年位前から盛んに作られるようになったものだそうです。
今回、これを買って来たので、また後日アップします。
IMG_2408_20130210103807.jpg

IMG_3053_20130210105226.jpg

これもちょいちょい見掛けたのですが、実際の用途がよく分からなかったです。
IMG_2461-1.jpg

陶器製で テニスボール位の大きさです。
トルコでは、このチューリップの絵が描かれたものが非常に多いです。
チューリップの原産地は オランダではなく、実はトルコで(こちら)、トルコの国花はチューリップです。
日本のチューリップと少し違い、先がラッパみたいに開いています(こちら)。
IMG_2461_20130210103809.jpg

こちら、イスラム教の国で多く見掛ける「水タバコ」(こちら)です。
IMG_2869_20130210103815.jpg

要するに「タバコ」なんですが、一般的な「紙巻きタバコ」より煙くないです。
私、1回、ドバイで試しに吸った事があるんですが、専用の香り(フレーバー)のする空気と言う感じです。
私が吸った時には、りんご味か何かの甘い味でした。

「フレーバー付けがされたタバコの葉に炭を載せて熱し、出た煙をガラス瓶の中の水を通し吸う」という基本的な構造です。
一般的な物は、約60~80cmで、大きい物では1mを超すものあります。
フレーバーには、私が吸ったりんご等の果物から、スパイス、花、コーヒー、ガムなど多くの種類があるそうです。

1回の燃焼時間が1時間程度と長く、重さもあり、気軽に持ち運びは出来ず、紙巻きタバコが普及している地域ではあまり知られていないです。
でも、煙が水を通る間に多少冷やされる事もあって、昼間の気温が高いインドや中近東で人気があるそうです。
特に中近東では喫茶店に置いてあることが多く、昼間から喫茶店で男性が水たばこを嗜む姿を よく見かけます。
とは言え、最近は、、、西洋化している国も多いので、減って来てはいると思いますが、でも、私が イスタンブール滞在中に行ったチャイ(紅茶)のお店では、10~20本位がスタンバイされていて、私がそのお店に居る間にも 注文が来てましたねぇ。

こちら、バッグです。
IMG_2462-1.jpg

ウズベキスタンの伝統手刺繍「スザンニ」の技法を用い、裁断から刺繍まで全て手仕事で仕上げたオリジナルバッグだそうです。
西洋と東洋の交差する国トルコには、遠い昔から 中央アジアからの文化や伝統が持ち込まれ、トルコ文化の一部となっています。
IMG_2462_20130210105221.jpg

IMG_3054.jpg

こちらは、イスラム教のモスク等に描かれているコーランの一節を書いたものです。
こちらは金箔が張ってあります。
IMG_3052_20130210105224.jpg

こちらはチャイ(紅茶)のセットです。
IMG_3056_20130210110314.jpg

この小さめのガラスに入れたチャイを トルコ人は 本当に良く飲みます。
10杯20杯は当たり前のようです。
チューリップ型で、強化ガラスで出来ているので、丈夫です。
こちら、比較的一般的なデザインです。
手持ち付きのお盆に載っていますが、バザール等では、この状態で チャイを運んでいる姿を よく見掛けました。

こちら、トルココーヒー(こちら)用のもので、中央のものは、「ジェズヴェ(Cezve)」と呼ぶコーヒー用の鍋で 銅でできたヒシャク型で、木の把手が付いています。
周りのデザインが色々で可愛いです。
この鍋1回が1人分です。
IMG_3055.jpg

日本では有名なトルココーヒーですが、現地では、コーヒーよりもチャイの方が一般的で、トルココーヒーは、ちょっと「おもてなし感」のある飲み物のようです。
尚、イタリアのエスプレッソは、トルココーヒーが元になっています。


以上、旧市街の街なかで見掛けたショップをお送りしましたが、新市街は また違う雰囲気のお店が多いです。
どっちかと言うと、西洋風なお店ですかね。


明日は『観光地編≪18≫ スーパー』です。



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索