FC2ブログ

Entries

トルコ・イスタンブールへの旅〔32〕 食べたもの編≪5≫「ロカンタに朝ごはん」

2013年2月17日(日)

アップ済ですが(こちら)、わたくし、2012/12/28~1/3でトルコ・イスタンブールこちら)に行って参りました。
実は、1997年8月に トルコ周遊8日間の旅をしており、2回目のイスタンブールです。

昨日は『食べたもの編≪4≫「濡れバーガー」』でしたが(こちら)、今日は『食べたもの編≪5≫「ロカンタに朝ごはん」』です。

ロカンタ」(こちら)とは、日本で言うと、「定食屋」的なものです。
ロカンタの多くでは、煮込み料理やサラダ等 各種が置いてあるガラスケースがあり、そこから食べたいものを選んで注文するシステムです。
ですので、言葉の分からない 旅行者も難しいメニューと格闘する事なく、目で見て選べるので 楽です。
値段も手頃で、いわゆる家庭料理的なものが多く、「トルコの母の味」を覗いてみたい人にはお勧めです。
旅行中、何店舗も見ましたが、置いてある料理は、ガイドブックに載っているようなものが中心で、お店によって大きな違いは無かったように思います。

私も行きましたが(こちら)、新市街のメインストリート「イスティクラル通り」(こちら)や 通りを入った路地にも 沢山のお店があり、私達は今回、「イスティクラル通り」沿いの「PiKNiK」に行きました。
IMG_3263_20130210164147.jpg

IMG_3262.jpg

こちら店内です。
IMG_3257_20130210164335.jpg

開店してすぐの朝に行ったのか、並んでいるものは、ほとんどがまだ、キレイに並んでいる状態でした。
IMG_3261_20130210164143.jpg

「タウック・ソテ」でいいんですかね
チキン(骨付き)とトマトの煮込みです。
IMG_3261-2.jpg

左奥は「サーデ・ピラウ(Sade Pilav)」と言うオーソドックスなピラフで、バター風味で松の実が入っているものです。
手前左は「ターゼ・ファスリエ(Taze Fasulye)」でしょうかね、いんげん豆のトマト煮込みです。
手前右は「クル・ファスルエ(Kuru Fasulye)」(こちら)で、トルコ定番の白インゲン豆の煮込みで、「サーデ・ピラウ」に載せて食べる事も多いそうです。
IMG_3261-1.jpg

こちらはトマト煮込みでしょうねぇ。
IMG_3261-3.jpg

IMG_3260.jpg

これは、手前は何ですかねぇ・・
ヨーグルトで和えた サラダでしょうか。
奥は、多分、、、ですが、「マントゥ(Mantı)」(こちら)と言う トルコ風ラビオリだと思います。
小麦粉を練って作った皮に肉餡を包んだものをゆでて、にんにくヨーグルトをかけて食べます。
IMG_3260-3.jpg

ヨーグルトと言えば、日本ではブルガリアのイメージがありますが、実は、トルコが起源で、トルコ人は本当によく ヨーグルトを食べます(こちら)。
野菜にかけたり、合えたり・・は、日本でもありますが、肉料理やトルコ風のラビオリにかけたり、スープに入れたり・・と、本当によく食卓に登場します。

何かは分からないですが、ペースト状のものですねぇ。
IMG_3260-4.jpg

手前は 揚げたナスをトマトソースで和えたものっぽいですね。
「トゥルル(türlü)」(こちら)と言う野菜煮込みでしょうか。
奥は、こちらもヨーグルトですが、もしかして、「ジャジュク」と言うキュウリのヨーグルト和えかも知れません。
IMG_3260-1.jpg

これで1皿です。
この単位で選びます。
IMG_3260-2.jpg

こちらはサラダコーナー。
IMG_3259.jpg

デザート、ドリンクコーナーです。
お酒は置いていないそうです。
IMG_3258_20130210164336.jpg

「フルン・スュトラッチ(Firin Sutlac)」(こちら)と言う ミルクと卵を使った トルコ風ライスプディングですかね。
IMG_3258-2.jpg

チョコプリンです。
IMG_3258-1.jpg

こちらは「アシュレ」(こちら)と言うもので、「ノアの箱船プディング」とも言われています。
旧約聖書の創世記において、大洪水から逃れ、アララト山に到着したノアが 箱舟の食材をかき集めて作った とされています。
ドライフルーツ、豆、小麦を使って作ったプリンとスープの間のようなお菓子で、甘いものが多いトルコ菓子の中では、比較的甘さが抑えてあります。
IMG_3258-3.jpg

・・・って事で、こちらにしました。
これで2人分です。
全部で23.25トルコリラ(日本円で1,163円)です。
IMG_3248_20130210164333.jpg

パンは料金には含まれず、無料です。

こちらは、定番の食べ物で、「ビベル・ドルマス(Biber Dolması )」(こちら)と言って、ピーマンの肉詰めです。
「ドルマ」が「詰める」と言う意味です。
IMG_3251_20130210164631.jpg

中身をアップしました。
お米も入っていて、トマトベースです。
IMG_3255_20130210164635.jpg

そして、こちらも定番の「イズミル・キョフテ」です。
IMG_3252_20130210164632.jpg

「キョフテ」(こちら)とは、トルコ風のハンバーグの事です。
イズミル(イズミール)は、エーゲ海地方にある トルコの第3の都市で、「イズミルキョフテ」は、キョフテを煮込んだ後に トマト味を加えて、ジャガイモを添えたものです。

そして、こちら、名前は分からないですが、野菜(ズッキーニ、いんげん、ナス、じゃがいも、人参)をトマトベースで煮込んだものです。
IMG_3250.jpg

こちら、ヨーグルトです。
ちょっと濃厚で、固さ的には チーズを柔らかくしたようなイメージです。
IMG_3254.jpg

「ロカンタ」に行けば、トルコ料理は網羅出来そうな位の種類の豊富さですが、どれもとても美味しく、私達日本人の口に合いました。

こちらは他の「ロカンタ」ですが、見ていてもキレイな位に トルコ料理がディスプレイされています。
IMG_2760_20130211144640.jpg

野菜も沢山摂れるし、旅行中には嬉しいですよね。
IMG_2761.jpg


明日は『食べたもの編≪6≫「フォーシーズンズ イスタンブール アット ザ ボスポラス」にアフタヌーンティー』です。




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索