FC2ブログ

Entries

トルコ・イスタンブールへの旅〔35〕 食べたもの編≪8≫「MADO」に伸びるアイス「ドンドルマ」を。

2013年2月20日(水)

アップ済ですが(こちら)、わたくし、2012/12/28~1/3でトルコ・イスタンブールこちら)に行って参りました。
実は、1997年8月に トルコ周遊8日間の旅をしており、2回目のイスタンブールです。

昨日は『食べたもの編≪7≫ チャイ』でしたが(こちら)、今日は『食べたもの編≪8≫「MADO」に伸びるアイス「ドンドルマ」を。』です。

「トルコと言えば・・」の食べ物の1つに「伸びるアイス」がありますよね。
ドンドルマ」(こちら)と言いますが、トルコを紹介する番組、雑誌等では オスマントルコの衣装を来た男性が 白いアイスを お餅のように伸ばしているパフォーマンスを見掛けますよね。

元々は、カフラマン・マラシュ(こちら)と言う トルコ中央部の地域で作られてたアイスですが、今ではトルコ全土で食べる事が出来ます。

伸びる訳は、「サーレップ(サレップ)」(こちら)と呼ばれる山蘭の球根を乾燥させた粉末が入っているからです。

ただ・・・。
実は「ドンドルマ」とは、トルコ語で単に「凍らせたもの」という意味で、要は「アイスクリーム全般」をさします。
ですので、トルコに来て「Dondurma」と言う表示を見て、すぐに伸びるアイスを期待しては 駄目なんだそうです。
最近は、イタリアンジェラードや果汁入りのシャーベット的なアイスが流行って来ているので、伸びないドンドルマ率も 以前より高くなって来ているんだそうです。

日本と同じく「ドンドルマ」は、夏の食べ物と言う事で、冬に行った今回は 街なかの屋台で見かける事はありませんでした。
前回、トルコに行ったのは夏でしたので、かなり見掛けましたけどね・・・。
ですので、今回は、「MADO」(こちら)と言う店舗型のお店に行きました。
IMG_2673_20130211112552.jpg

本店をカフラマン・マラシュに構える「MADO」の「MA」は「マラシュ」の「マ」、「MADO」の「DO」は「ドンドルマ」の「ド」からだそうです。
「ドンドルマ」の原料である「サーレップ」は高級な為、巷のスーパー等には コーンスターチを使った「なんちゃってドンドルマ」が多いらしいのですが、「MADO」の「ドンドルマ」は、きちんと本物の「サーレップ」が使われています。
食べる時もナイフとフォークでいただくのが正式な形だそうです。

こちら「MADO」は、「ドンドルマ」専門店ではなく、スイーツ全般のお店です。
ケーキにトルコの伝統的なスイーツ系、ドリンク等々、普通の「カフェ」と言う感じですかね。
IMG_2966_20130211110534.jpg

IMG_2965.jpg

IMG_2964_20130211110529.jpg

お店の場所は、イスタンブール旧市街の 世界遺産の「スルタン・アフメット・ジャーミー(ブルーモスク)」(こちら)、「アヤソフィア」(こちら)、「トプカプ宮殿」(こちら)、「地下宮殿」(こちら)のすぐ近くにあるので、その観光の流れで来ているお客さんも沢山居ると思われます。

なお、、、私達、これらにも行っていて、記事をアップ済です。
「スルタン・アフメット・ジャーミー(ブルーモスク)」→こちら
「アヤソフィア」→こちら
「トプカプ宮殿」→こちらこちら
「地下宮殿」→こちら

1階にスイーツのディスプレイがあって、テイクアウトも出来、2階以上がイートインです。
IMG_2668.jpg

実に美味しそうなケーキです。
大きさはちょっと大きめです。
IMG_2670.jpg

いちごに照りがあって、美味しそう・・・。
IMG_2666_20130211112641.jpg

こちらはトルコの伝統スイーツです。
IMG_2674_20130211112647.jpg

こちらもです。
IMG_2675_20130211112649.jpg

この他にもトルコ伝統のスイーツも かなり沢山ディズプレイされていました。
トルコのカフェのショーケースには、ケーキ、ドリンクの他に、このようなトルコ伝統のスイーツも一緒に並んでいます。
日本だと、和菓子と洋菓子、一緒なカフェでは並ばないですよね。
そして、店の様子も、かなり欧米風です。

私達は2階でいただきました。
窓の外に少しだけ見えますが、真ん前にモスクがあって、ライトアップがキレイでした。
IMG_2963_20130211110527.jpg

メニューには沢山のスイーツがあって、とっても悩みましたが・・。
IMG_2956_20130211111233.jpg

「ここはやっぱり定番でしょ」と言う事で、こちら「Traditional MADO Ice Creams」(13トルコリラ〔日本円で650円〕)〔こちら〕にしました。
IMG_2955.jpg

メニューと大きく違う状態で出て来ましたねぇ
IMG_2958.jpg

ピスタチオは かかってますが・・・
IMG_2959_20130211111236.jpg

これを ナイフとフォークでいただきます。

私は、過去に何回か「ドンドルマ」を食べた事があります。
前回のトルコ旅行で2回、日本国内の万博系で数回。
それと 変わらない味でしたが、使っている牛乳の影響だと思いますが、ミルク成分が濃かった印象です。
また、こちらは 食感的には 今まで食べたのより、固めでした。
なので、伸びるかと言われると伸びないですが、ちょっと練ってみたりしたら、ちょっと伸びました。
「サーレップ」が入ると ちょっと粘り気のあるアイスになり、サクサクと「噛んで食べる」感じになります。

一緒に注文したレモネードです。
IMG_2961_20130211111238.jpg

「ドンドルマ」とレモネードで16.5トルコリラ(日本円で825円)でした。
トルコの物価からすると、ちょっと「よそ行き」のお店かもしれませんね。

尚、この「MADO」、他にもお店があります。
私も行った(こちら)新市街のメインストリート「イスティクラル通り」(こちら)にもありました。
どちらのお店も 清潔感のある 開放的なお店でした。

念の為ですが・・・。
2002年に「雪印乳業(現ロッテアイス)」(こちら)が「雪印トルコ風アイス」を出してましたよね(こちら)。
私も食べましたが、「全然違う」と ショックを受けた記憶が 鮮明にあります。
「伸びてる感じ」はいいとしても、味が全然違ったなぁ・・・。
日本のトルコ料理店や「ドンドルマ」の屋台で出す「ドンドルマ」は分からないですが、日本ではなかなか再現するのは難しいって事ですかねぇ。


明日は『食べたもの編≪9≫「Hafiz Musutafa」にトルコ伝統スイーツを〔1〕』です。



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索