FC2ブログ

Entries

世界体操【種目別決勝2日目】

2014年10月12日(日)

アップ済ですが(こちら)、現在、中国の南寧で2014年世界体操競技選手権大会こちら)が で開催されています。

本日、大会最終日の種目別決勝2日目が行われました。
男子は、跳馬・平行棒・鉄棒、女子は、ゆか・平均台です。

日本からの出場はこちら・・・。
男子跳馬・・白井健三選手(こちら
男子平行棒・・加藤凌平選手(こちら)、田中佑典選手(こちら
男子鉄棒・・内村航平選手(こちら
女子平均台・・寺本明日香選手(こちら

女子ゆかで、去年の世界体操 種目別で4位で、今回、メダルも期待されていた村上茉愛選手(こちら)は、10/5に行われた予選で手を付いてしまい、今日の決勝には進めませんでした


結果です。
演技順に書きます。

男子跳馬に出場した白井選手は 4位でした(こちら)。
3位との差、0.137点。
惜しいなぁ

種目別の跳馬は、2本跳んで、その平均を得点とします。
つまりは、2本、高い難度の技を跳ぶ必要があります。

世界チャンピオンの韓国のヤン・ハクソンが2本共、着地で失敗し、白井選手にチャンスもあったんですが、白井選手は2本目、『技の難度』を表すDスコアが、少し低めの技だったんで、ちょっと厳しいかなぁとは思ってて・・。
でも、今回、2012年のロンドンオリンピックの金・銀・銅メダルが勢揃いした熾烈な闘いだったんで、その中での白井選手の4位、大健闘&白井選手にとっては、次に繋がるいい経験だったかも知れないですねぇ


そして、女子の平均台。
寺本選手は、4位の大健闘(こちら
3位に わずか0.066点差と言う、実に惜しい点差

メンバーがねぇ、もう、そうそうたるメンバー
個人総合の金メダリストのアメリカのバイルズ、2位のルーマニアのヨルダケ、3位のアメリカのロス、去年のチャンピオンのロシアのムスタフィナ、段違い平行棒 金メダリストの中国のヤオ・ジンナン・・。
ここに並ぶだけで、こっちが緊張する
このメンバーで闘い、4位。
ホント、大健闘

今回の大会の寺本選手の平均台、予選では良かったですが、団体決勝、個人総合、共に落下があり、本来の力が発揮出来てなくて、表情も冴えなかったですが、ようやく満足した笑顔が見れましたね


続いて、男子の平行棒。
加藤選手が銅メダルでした(こちら)。


すごいスゴい
Dスコアも上げて、また、『技の正確性・美しさ』を表す『Eスコア』も良かった。
着地もピタリ

個人総合の銅メダルに続き、2つ目の個人でのメダルを狙った田中選手は5位でした。
途中、倒立がハマらなかった所があったり、着地が1歩出たりしましたので、仕方ない

平行棒で銀メダルだった アメリカのリーバ(笑)(笑)
私は、リーバを見ると、何故か、笑ってしまう(笑)(笑)(笑)
いや、リーバが・・と言うより、リーバのコーチが『お父さん(育ての親)』なんですが、リーバの演技中に リーバを上回る 派手な動きをするもんで、私、演技をしてるリーバより、『リーバパパ』の動きに目が行っちゃって・・(笑)
今回も、テレビ画面中央で演技をするリーバの奥、画面右下に小さく映る『リーバパパ』、動きが激しい(笑)
気になって仕方無かったわ

さかのぼる事 3年。
2011年の秋に東京で開催された世界体操(こちら)。
アップ済ですが(こちら)、私、種目別決勝戦を 会場で見ていたのですが、このリーバ、平行棒で金メダルを取りました。
その時も、『リーバパパ』、もぉ、そりゃ大変(笑)
今回のようにテレビで小さく映ってる位ならまだいいですが、会場で同じ空間に居ると、うっかりあの激しい動きに気が取られる・・。
人間、動くものに目が行くからね(笑)
リーバの演技に集中出来なかった

今回、『リーバパパ専用カメラ』、無かった(笑)
リーバが着地した時とか、その後とか、普通に『リーバパパ』のアップやら走る『リーバパパ』を追うシーンがありましたけど・・。


そして、最終種目の鉄棒。

昨日もアップ済ですが(こちら)、去年のチャンピオン、また、2012年のロンドンオリンピックの鉄棒チャンピオンの 『技のデパート(笑)』・オランダのゾンダーランドと言う もう、超人&鉄人が居るもんで、ちょっとやそっとでは、そこは突破出来ない・・。

種目別は、団体や個人総合と レベルが違う演技をする選手が多く、特に、鉄棒は、それが顕著かな・・と思うのですが、オールラウンダーの内村選手が 彼らと闘う為に、『Dスコアを上げてチャレンジする』とインタビューで言っていました。
ゾンダーランドは、落下しない限り、金メダルだろうから、内村選手、2~3位に入ってくれたらなぁと思ってました。

結果は、銀メダルでしたぁ(こちら




あらスゴい

離れ技のカッシーナとコールマンを繋げてましたねぇ。
内村選手は普段、鉄棒で、離れ技のカッシーナとコールマンを繋げて行う事は無いですが、今回は、種目別決勝と言う事で、繋げて来ましたねぇ。
繋げても、乱れず、きれいでした

観客席に居る日本チーム、『航平』のうちわを持ってる・・


1列目、左に見切れてるのは、白井選手、その右で『航』を持つのが 野々村笙吾選手(こちら)、あと、右に見切れてるのは、亀山耕平選手(こちら)ですねぇ。

2列目には、女子の 石倉あづみ選手(こちら)、村上茉愛選手、笹田夏実選手(こちら)が見えますね。
内村選手の鉄棒の時、井上和佳奈選手(こちら)が両手を組み、拝んでる姿も見えました。

みんなが見守った内村選手の鉄棒でした


さて・・。
本日が最終日だった世界体操。
明日は、まとめます





スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索