FC2ブログ

Entries

北京オリンピック/体操の女子団体決勝

2008年8月13日(水)

今日は、女子団体決勝でした。

いやぁぁぁぁぁ~~
良かったぁ~~~HeartHeartHeart
女子・団体決勝で5位入賞(こちらheart03heart03heart03

北京に行くまでは、12年ぶりの「団体」での出場、昨日までは、「予選通過が24年ぶり」って大喜びしていたのに、5位とは・・・・
私、見てて、涙が出ましたよぉ~茗茗
夢のような結果です膃

1968年のメキシコオリンピックで4位になった以来の好成績らしいですよぉ腟究
40年ぶり・・なんですねぇ・・・。
予選通過が24年ぶりってだけで、「記憶にない」状態ですし、1968年のメキシコオリンピックなんて、私・・・まだ生まれてないし・・・・膃

でもまぁ、思い起こせば、今年5月のNHK杯(兼 オリンピック日本代表決定競技会)の時のブログ(こちら)でも書きましたが、今回の女子は、なかなかいい感じのメンバーだなぁ・・って思ってたんですよね
塚原千恵子監督を中心に色々と強化をしてきたようですし、日本女子体操界が一丸となった結果ですね。
おめでとうございます


今回の日本女子の各種目での出場メンバーはこちらです。(番号は演技順)
個別の得点は ⇒ こちらを・・・。

【ゆか】
①新竹優子選手(こちら
②鶴見虹子選手(こちら
③大島杏子選手(こちら

【跳馬】
①新竹選手
②上村美揮選手(こちら
③大島選手

【段違い平行棒】
①黒田真由選手(こちら
②鶴見選手
③大島選手

【平均台】
①黒田選手
②新竹選手
③鶴見選手

美濃部ゆう選手(こちら)は、決勝では、演技をしていません。

NHK BS1で生放送されていた映像では、放送されていない日本選手の演技があって、見れてないのがあるのですが腟究(鶴見選手の段違い平行棒、黒田選手&新竹選手の平均台)、見れた分だけ・・の感想になりますが、みなさん、とてもいい演技だったと思います
今回、大島選手以外は、初めてのオリンピックだったのですが、その決勝のトップバッターである新竹選手の「ゆか」、安定感があってキレイな演技だったと思うし、世界選手権で4位になった事もある(←あれ・・・、あと一歩でメダルだったのに、惜しかったなぁ・・)黒田選手の段違い平行棒、最年少ながら堂々とした演技の鶴見選手の平均台・・、みんな良かったと思います
大島選手の「ゆか」も、いつものように、笑顔の出た演技だったし、今回は、跳馬のみに出場のキャプテン・上村選手も、そして、決勝には出ていませんが、美濃部選手も・・・・、みんな自分の力を十分だしてたと思うし、それで5位入賞・・・、ホントに良かったです

今回、ベテラン(22歳で「ベテラン」も失礼・・膃鐚)の大島選手・上村選手に、最年少の日本のエース・鶴見選手、そして、私がイチオシしてた新竹選手・・などなど、6人のバランスも非常に良かったと思います。


さて、一方他の国は・・・・。

やっぱり中国は強かったぁ~
男子団体と共に「金メダル」です。

中国の程菲(テイヒ)選手こちら)、全ての国が全種目を終え、あとは、この程菲の「ゆか」の演技だけ・・・となり、13.075点を出せば、「金」と言う状況・・・。
普通に行けば、確実に「金」と言う状況で、でも、力を抜かずに、すばらしい演技を見せて、堂々の金メダルでしたねぇ

中国選手、いつもよりガッツリ、メイクしてましたなぁ・・・。
目の上もピカピカでしたで・・Heart


2位はアメリカでした。
リューキンの段違い平行棒・・・・、16.900点て・・・・、どんだけスゴイ演技なんだよって、思いましたねぇ。
予選では失敗したんですかね・・鐚
予選の演技は見てないので分からないのですが、今日の決勝は・・・スゴかった鐚鐚
この日の段違い平行棒の最高得点でした。
リューキンって、「ゆか」などを見ていると、非常に優雅な演技ですよねぇ。
同じアメリカの 去年の世界選手権の個人総合チャンピオンであるジョンソンの力強い演技とは、対象的と言うか、相対する2人がいい感じでチームの中に居る気がしました。

ジョンソンが「平均台」で、F難度の「抱え込み宙返り1回ひねり」を成功させ、G難度の降り技で16.175点と言う この日の平均台の最高得点でした。
10cmの台の上で「抱え込み宙返り1回ひねり」て・・・、どないやねん・・・膃
しかも、前の演技者が落下しているにも関わらず、落下を恐れず・・・、この演技内容・・・・。
スゴイ鐚

最後の「ゆか」で、最初の演技者のサクラモネが、背中まで付くような着地の失敗をしてしまったのが、非常に心残りでしたねぇ・・・羔


3位のルーマニア。
全員が初めてのオリンピックなんですってぇ腟究
9大会連続のメダル獲得だそうです


4位のロシア。
このブログでもちょいちょい登場している スベトラーナ・ホルキナが引退し、その影響もあるんですかねぇ・・・。
1952年のヘルシンキ以降、ロス(1984年)のボイコットを除き、ずっと獲得していたメダルを、今回、逃してしまったそうです・・・v
「みんな・・・無事に、ロシアに帰れる・・腟究鐚」って心配になりましたけど・・・茗


その他は・・・。
ブラジルのドス・サントス選手(こちら)の「ゆか」も相変わらず、躍動感のある迫力のある演技でしたねぇ。
彼女は、かなり長く国際大会に出場してますけど、24~25才だと思うんですよねぇ腟究腟究
すごくないですかぁ・・・sc04鐚
「伸身のムーンサルト」・・、女子最高難度の「G難度」ですってぇ・・・・・


会場に昨日、団体で銀メダルを獲得した日本男子チームが来てましたね。
来ていたのは、鹿島丈博選手(こちら)、坂本功貴選手(こちら)、沖口誠選手(こちら)、監督の具志堅さん、コーチの森泉さん、あと、あら・・、コーチでしょうか、斉藤良宏さん(こちら)もいらっしゃいました蕁
この先、個人総合・種目別に出場する冨田洋之選手(こちら)、内村航平選手(こちら)、中瀬卓也選手(こちら)は居ませんでしたね。
そりゃ・・そうだ・・・膃


昨日の男子団体決勝は、緊張のあまり、リアルタイムに見れず、結果を聞いてから、落ち着いて見てたんですが、女子は、比較的楽に見れるわ・・・と思ったはずなのに、始まってみると、やっぱり・・・手に汗握り、「あ゙ーーーーー」とか「ぎゃーーーーー腟究」とか言いながら見てるから、あんまり変わらなかったですね・・腟究


さてさて・・・。
明日は、昼過ぎから男子の個人総合です。
日本からは、冨田選手と内村選手が出ます。
たぶん・・・なんですけど、中国の楊威、陳一氷、ドイツのハンビュヘン、韓国のキム・デウン、ロシアのホロホロディン・・・などなど、顔なじみのメンバーが出場すると思われます。
前回のアテネのチャンピオンであるアメリカのポール・ハム(こちら)は、ケガの為、今回出場していませんが、韓国のキム・デウンは今回も出ると思われます。
また、楊威は、前々回のシドニーで2位で、前回はメダルを取れませんでしたので、今回は、かなり気合が入っていると思いますよね。
今回、予選では、1位通過ですし・・・。
つうか、楊威、どんだけの期間・・、世界の第1線で活躍してるんだよっ・・腟究

明日も張り切って見ますよぉ・・・
・・・つうか、忙しいんですけど・・・毎日・・・膃

ちなみに・・・・。
NHKでの放送日程は ⇒ こちら




スポンサーサイト



6件のコメント

[C256]

女子団体、本当によかったですよね。
予選の時よりみんな落ち着いて演技してましたね。
24年ぶりの決勝・・・それって森尾麻衣子さんんが代表だった時ですね。床で種目別決勝に残ってたのですよ
男子は森末慎二さんがオール10点で金メダル取った時です。
自分が体操をやってた時だから、何度もビデオを見たのを覚えてます
明日は個人総合。富田さんが出ることになって、またあの美しい演技が見られるのが嬉しいです。
  • 2008-08-13
  • 投稿者 : うさぎ
  • URL
  • 編集

[C257] 1984年のロサンゼルスですね~(^O^)

私、1984年のロサンゼルスオリンピックは、かなり曖昧な記憶なんですよね~

森末さんの種目別の鉄棒の演技を、たまたま見てた位だったと思います…

今回の監督である具志堅さんの個人総合の演技は、多分見てないような…


森尾麻衣子さんのも同じく…で…
名前を知っていた位ですねぇ。

森尾麻衣子さんは、解説で『佐藤麻衣子さん』として出ていらっしゃる(最近は、あまりないですよね…)のを知っている位デス…

私の記憶は、1988年のソウルオリンピックからですね

池谷&西川の清風コンビです

懐かし~~い


明日も、みんな、持っている力を十分発揮して、満足の行く演技をしていただきたいですね
  • 2008-08-13
  • 投稿者 : まっちゃな旅人
  • URL
  • 編集

[C258]

まさしく日中露三ヵ国連合軍の勝利でしたね。日本人純血主義の限界を悟って大胆に方向転換した日体協の英断が功を奏しました。欧米に比べればまだまだですが、体操女子選手達の技術力や体格もけっこう向上したようですね。これからもアメリカ、ルーマニア、ロシアや中国からコーチを積極的に招聘して器械体操先進国の指導方法を選手達に導入するべきです。5位の上はもう米・中・露・ルーマニアの四天王しかないわけです。5位を守るのも大変ですし、5位以上を狙うのはもっと至難でしょう。次の世界選手権では不本意に終わった欧米のチームが雪辱を期して挑んでくるでしょう。日本はベテラン重視主義で実績のある選手をいつまでも第一線に立たせ続けるクセがあります。しかし日本の指導者層は積極的な新人投入によって選手の新陳代謝を盛んにしボトム層の拡大と底上げを進めていかなければなりません。日体協には保身に走らず敢えてリスクを冒して新人を抜擢する決断力を求めたいと思います。

[C259] ツシマさんへ

確かに・・・、「日中露」ですね。
私、女子のコーチまでは把握してなかったんですが、今までは日本人コーチだけで指導してたんですねぇ。

男子は、かつて、塚原くんに、父である光男さんのライバルであった ロシアのアンドリアノフさんをコーチに迎えていたましたが、でも、これも、非常に珍しいですよね。

「新人投入」は、それはそうかも知れませんね。
今回は、鶴見選手が15歳と若手ですから、次のロンドンでは、この鶴見選手と、そして、4年間で出てくるであろう若い選手達を中心にしたチーム作りがされるのでしょうか・・。

とりあえずは、今日の個人総合を楽しみにしましょう。
  • 2008-08-15
  • 投稿者 : まっちゃな旅人
  • URL
  • 編集

[C260]

団体の成績で調子が良い時の日本女子の実力がおおよそわかりました。鶴見選手は大体10位から20位くらいのランクのようです。つまり米中露ルーマニアx2人=8人+αのすぐ下です。団体で日本と同等程度のライバルチームでさらに傑出したフェラーリとかバルボサとかに比べると何が足りないのかということでしょうね。個人総合で日本が10位以上に食い込むのは米中露ルーマニアの四強の一角を崩す努力が必要だということです。体操人気を盛り上げて選手層が厚くしないといけないですね。アメリカなんか女子体操は準国技並の超人気でクラブは星の数ほどあって、体操競技部のある大学がまた数えきれないほどあります。大学NCAA選手権なんか超激戦です。また多くの中学高校の選手が体操推薦でスタンフォードとかUCLAとか結構いい大学に奨学金付きで進学できてしまうところもアメリカの素晴らしいところで、アメリカが世界最強の所以です。日本も真似したいところですが・・・。

[C267] ツシマさんへ

そうですね。

日本はまだまだ・・ですね。

以前、世界選手権に出場されたこともある体操選手の方と話す機会があって、「中国はねぇ・・・、体操への国のシステムがすごいんだよねぇ」って言ってたんですが、アメリカにしても、体操に対してそこまでのシステムになっているんだから、強くて当たり前ですよね。

逆に、この状態で日本がこの成績なんだから、システムをよりきちんとしたら、もっとすごくなるんじゃないか・・?っても思いますよね。

ナショナルトレーニングセンターが出来て、ずいぶんと進んできたなぁ・・っては思うし、オリンピックの度に、使う器具と同じものを入れて練習している・・と言う事も聞いてますので、以前より、かなり環境は良くなってきているとは思うのですが、もっと「底辺」からその環境を・・・っては、正直思うのですが・・・。

体操がもっと「メジャーなスポーツ」へ昇格しないと・・・ダメなのかも知れないですねぇ・・。
  • 2008-08-17
  • 投稿者 : まっちゃな旅人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索