FC2ブログ

Entries

北京オリンピック/体操の種目別決勝2日目

2008年8月19日(火)

昨日は種目別決勝の2日目でした。
男子 ⇒ 跳馬、つり輪
女子 ⇒ 段違い平行棒
です。

日本からは・・・、誰も出ませんでした絵文字名を入力してください
・・が、私はもちろん、見ましたよっ。

つうか・・・、昨日の夜、日本テレビ系でゴールデンタイムでの放送がありましたが・・・・、これって、誰かが出場すると踏んで、日テレは放送権を取った・・って・・事ですよね・・!?
「誰か」・・って、冨田洋之選手(こちら)ですよねぇ・・・、多分・・・。
あらぁ・・・、残念でしたねぇ・・・・・苦笑い

おととい、種目別1日目を見て・・・。
始まる前は・・・、

種目別は、とにかく、「スペシャリスト」の集まりですから、団体決勝や個人総合には出ていないけど、「この種目にかけてます」と言う選手の高難度の演技を見る事が出来るので、わたし的には、日本人がメダルを取る取らないに関わらず、楽しみにしています。

なんて書いてましたが(こちら)、やっぱり日本選手が出ると、相変わらずドキドキして、「着地止めてっ!!!
」とか「あ゙ーーーー!!!」とか言って、無条件に楽しむ・・とは行きませんでしたわ・・・笑2
日本選手が出てないと、比較的、楽には見れましたが・・・。


昨夜の日本テレビの中継で、1995年の世界選手権・団体2位、1996年のアトランタオリンピック代表の田中光くん(こちらこちら)が出てましたが・・・・。

相変わらず、声・・、高い。
相変わらず、何かウケる・・・。

そして、私・・、「民放」で、体操の大会中継を見たのが初めてなんですが、NHKに慣れている私は、まず、こんな時間(pm7時台)に放送していただいてるのが信じられないくらい嬉しいのと、民放なだけに、始まる前に流れる体操の映像が・・派手ですな~。
前回、「金」の威力は、デカいなぁ~~~。


【男子】

●つり輪

結果は、
1位:陳一氷(中国)
2位:楊威(中国)
3位:ボロビヨフ(ウクライナ)

でした~(こちら)。

いやいや…。
陳一氷、楊威のワンツーフィニッシュ、中国、すごいね。
陳一氷、予選もトップ通過でしたし、期待通りの1位でしたね。

私は、冨田選手の「つり輪」を見慣れているせいか、今回の種目別決勝に出場した選手の内、陳一氷以外は、演技が・・、少し「雑」に見えた部分もありつつ・・・。

陳一氷は、さすがの、「美しいつり輪」でしたね~~(こちら)。
「B得点」(技の正確性、美しさ)も1位でしたし、ミスも突っ込み所もなく、着地も決めて、非常に素晴らしい演技でした。

個人総合では、鉄棒で失敗してしまい、確か、個人総合に出た選手の最下位だった陳一氷、わたし的には、何とか、この「つり輪」で金を取って欲しかったもんで、陳一氷の演技、何でか・・、「お祈り」しながら見てましたよ。
着地まで決めた時には、「やった~~~」と。

良かったよ~~。

1位の陳一氷と、2位の楊威、得点差は0.725点です。
「A難度」(技の難しさ)は、2位の楊威の方が高い得点ですが、1位の陳一氷の「B得点」が高い為に、陳一氷のの演技が非常に素晴らしく見えたんで、実際の点差以上の差があるように、私には見えました。

・・つうかさ、陳一氷も楊威も、身長160センチやて~。
嘘~~。知らなかった~~。
私より小さいん・・?
見えない・・・・。
それだけ2人の演技が大きく見えると言う事なんですね~~。

しかし、ブルガリアのヨブチョフ、35才て・・・。
そんなに長い間、第一線で活躍出来るなんて、すごい精神力だね。

私のブログ「私と体操」(こちら)でも触れている、1995年の福井県鯖江市で開催された世界選手権にも出場した選手だそうです。

オリンピックや世界選手権など、体操の世界大会の実況・解説を聞いていると、この1995年の鯖江市での世界選手権の話題がたまに出るんですが、私としては、かなり嬉しいですよぉ。

今回の種目別決勝には、イタリアから2人、出場していますが、メダルには届きませんでしたが、イタリアは「つり輪」が得意みたいですね。

イタリアで「つり輪」・・、かつて、ユーリ・ケキと言う「つり輪」のスペシャリストの選手が居ましたね~~。
さっき書いた 1995年の鯖江市での世界選手権に来てましたよね。

懐かし~い。


●跳馬

日テレの放送・・・。

4人しか放送しないの、止めてくれん・・・?

結果は、
1位:ブラニク(ポーランド)
2位:ゴロツツコフ(ロシア)
3位:ブエル(フランス)

でした(こちら)。

1位のブラニク、去年の世界選手権の跳馬のチャンピオンです。
自身の名前のつく跳躍「ブラニク」を跳んでの金です。

しかも、31才・・。
すごいな~。

昨日アップしましたが(こちら)、日曜日にあった女子の種目別決勝・跳馬でも、33才のチュソビチナ(ドイツ)が銀メダルだったし、30才を過ぎても、第一線で活躍出来る選手・・、尊敬します。

3位のブエル、大会直前に、補欠から出場選手になったらしいですよ。
それでこの結果・・、素晴らしい。

去年とおととしの世界選手権の跳馬のチャンピオン・ルーマニアのドラグレスク、1本目の跳躍は、16.800点と、非常に高い得点だったのですが、2本目に失敗してしまい、メダルには届きませんでした(こちら)。

解説の小西さん、ドラグレスクの演技の前に、「ドラグレスクにメダルを取らせてあげたい」と言ってましたね。
オリンピックのメダルは、今まで無かったドラグレスク・・、小西さんもそう思うんですね。
私も思います。

小西さん、冨田選手にもですが、「メダルを取らせてあげたい」と思う選手がたくさん居るんでしょうね。
分かる分かる・・。


【女子】

●段違い平行棒

これまた、日テレの放送・・・。

3人しか放送ないやん・・・。
つまり、1位~3位のみ。
この編集パターン、止めて・・・。

結果は・・・、
1位:何 可欣(カ カキン)(中国)
2位:リューキン(アメリカ)
3位:楊 伊琳(ヨウ イリン中国)

でした(こちら)。

3人とも、団体決勝でも素晴らしい演技でしたが、団体決勝の順位を入れ換えた感じですかね。
団体決勝の種目別ランキングでは、リューキンが1位で、2位が楊 伊琳、3位が何 可欣でなかったでしたっけ・・?
私の記憶のみ・・で、今、書いてますが・・。
(まぁ~、団体決勝のランキングは、この種目別決勝には、全く無関係ですけどね・・)

1位の何 可欣と2位のリューキン、点数が全く同じでした。
『点数が同じ場合は、「B得点」の高い方を優先する』と言う「タイブレーク」が適用されるんですが、今回は、「B得点」まで同じ・・・。
この場合は、「B得点」の内容で決めるんやて。

で、結果は、何 可欣。

わたし的には、リューキンの演技の方が好きなんですけど、「採点競技」の難しい所で、見た目と採点は違う・・と言う事ですな。

何 可欣の演技、途中で、「イエガーの逆手」→「イエガー」と言う 何 可欣独特の演技が入るんですが、これが、難度的には、高いし、組み合わせ加点も入るんで、高い得点になるんですけど・・・。

「イエガーの逆手」→「イエガー」が、微妙に、「流れ」が止まるように見えてしまって、あと、「美しい体操」と言うより「変わった技をする雑技団」みたいに見えてしまい、あんまり好きじゃない・・・。
3位の楊 伊琳の方が好きですねぇ。
あっ、私個人の意見ですからね・・、中国体操のファンの方、何 可欣ファンの方、怒らないでね・・。

リューキン、足先まで、神経の行き届いた美しい演技、また、かつ、高難度の連続・・。
素晴らしかった。

オリンピックが始まる前にも話題になりましたが、何 可欣が「年齢詐称疑惑」のあった選手だったんですね(こちら)。


さてさて・・・・。
本日の種目別決勝3日目は・・・。
男子 ⇒ 平行棒、鉄棒
女子 ⇒ 平均台
です。

日本からは・・・、冨田選手と中瀬卓也選手(こちら)が鉄棒に、日本のエース・15歳の鶴見虹子選手(こちら)が平均台に出場します。

通常、種目別決勝って、2日間なんですよね。
今回、何で・・・か、3日間もあるんですけど・・・。
なので、これとこれは同じ日に演技・・ってのが、通常の世界選手権とかオリンピックとは、違っている訳で、それが多少なりとも、選手に影響しているようなんですよねぇ・・・。

おとといであれば、女子の跳馬・「ゆか」に中国の程菲(テイヒ)が出ましたが、跳馬・「ゆか」は普通だったら、別々の日に行なわれるらしいので、それが同日になってしまった程菲は、ちょっとアンラッキーだったかな・・と解説の方も言ってました。

冨田選手、種目別1日目と、3日目に出場なので、中1日開いて、身体も休められて、良かったのかな・・!?とは私の勝手な考えなんですけど・・。
開かない方がいいんですかねぇ・・・!?!?


さぁ・・・。
日本体操・北京オリンピック最終日です。
メダルがどうのこうのより、悔いの残らない 自分自身の納得の行く 最高の演技をして、締めくくっていただきたいです。

頑張れ!!!、ニッポン!!!!!!


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

まっちゃな旅人

福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

Extra

プロフィール

まっちゃな旅人

Author:まっちゃな旅人
福井県在住。
たまに海外旅行に行く事と、「体操競技」観戦、そして、「抹茶スイーツ」を始めとして、美味しいものを食べる事を楽しみにしている いたって普通の会社員です。。

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索